SHIPBORN AIRCRAFT


※1922年〜1962年までの命名法
例えば
XF4B-1
Xは用途接頭記号、Fは用途記号、4は設計番号、Bはメーカー識別記号、1は型番号

HO2S-1
Hは用途接頭記号、Oは用途記号、2は設計番号、Sはメーカー識別記号、1は型番号

SB2C-4C
SBは用途記号、2は設計記号、Cはメーカー識別記号、4は型番号、Cは用途変更記号



用途接頭記号
X→試作
H→ヘリコプター
L→練習グライダー

用途記号
A→攻撃機
B→爆撃機
BF→爆撃戦闘機
BT→爆撃雷撃機
F→戦闘機
J→汎用機(時期によりUとダブる)
JR→汎用輸送機
N→練習機(〜1960、時期によりTとダブる)
O→観測機
OS→観測偵察機
P→哨戒機
PB→哨戒爆撃機
R→輸送機
S→対潜機
SB→偵察爆撃機
SN→偵察練習機
SO→偵察観測機
T→練習機(1960〜、時期によりNとダブる)
TB→雷撃爆撃機
TD→標的機
U→汎用機(時期によりJとダブる)
W→電子偵察機

メーカー識別記号(小さなメーカーを含めると識別記号は百数十あり、時期によって重なる)
A→ブリュースター
B→ボーイング
C→カーチス
D→ダグラス
E→セスナ
F→グラマン
G→グッドイヤー
H→マクドネル
J→ノース・アメリカン
L→ベル
M→マーチン
O→ロッキード(〜1950)
P→パイアセッキ/ヴァートル
R→ライアン
S→シコルスキー
T→ノースロップ
U→ヴォート
V→ロッキード
Y→コンソリデーテッド/コンヴェア

用途変更記号
A→水陸両用型もしくは艦載機の陸上型
B→特殊武装搭載型
C→アレスティング・ギア搭載型
D→ドロップタンク装備型もしくは標的機母機
E→電子機器搭載型
G→捜索救難型
H→病院機型
K→標的機型
L→サーチライト搭載型
M→ミサイル搭載型
N→夜間戦闘型もしくは全天候型
NL→夜間、寒冷地仕様
P→写真偵察型
Q→電子戦/偵察型
R→支援輸送型
S→対潜型
T→複座練習型
U→汎用型
W→特殊偵察型もしくは早期警戒型
※1962年〜の命名法(1962年9月1日施行)
例えば
RF-4B
Rは用途接頭記号、Fは用途記号、4は設計番号、Bは型番号

EKA-3B
Eは用途接頭記号、Kは用途接頭記号、Aは用途記号、3は設計番号、Bは型番号

AP-2H
Eは用途接頭記号、Pは用途記号、2は設計記号、Hは型番号



用途接頭記号
A→攻撃機
C→輸送機
D→標的機母機
E→特殊電子機器搭載
H→捜索救難
K→給油
O→観測
Q→無線誘導標的機
R→偵察
S→対潜
T→練習
U→汎用
V→高官輸送
W→気象偵察

用途記号
A→攻撃機/対地支援機
B→爆撃機
C→輸送機
E→特殊電子機
F→戦闘機
H→ヘリコプター
O→観測機
P→哨戒機
R→偵察機
S→対潜機
T→練習機
U→汎用機
V→垂直離着陸機
X→研究機
Z→飛行船

◎状況接頭記号(用途接頭記号と同じ使い方をする記号、特殊な状態にある事を表す記号)
G→飛行禁止/整備訓練機
J→臨時特殊試験用機
N→恒久特殊試験用機
X→試作機
Y→増加試作/先行量産型
Z→用廃機

































掲載している機体
攻撃機
AD/A-1スカイレイダー、A2Dスカイシャーク、A3D/A-3スカイウォーリア、A4D/A-4スカイホーク、A-12アヴェンジャーII、A-X(ジェネラル・ダイナミックス案)、AMモーラー、A2F/A-6イントルーダー、モデル674ナットクラッカー、A-X(グラマン案)、A-7コルセアII、A-X(ロッキード案)、AV-8ハリアー、ATA(ノースロップ案)、A-X(ノースロップ案)、AJ/A-2サヴェージ、A3J/A-5ヴィジランティ、A-X(ロックウェル・インターナショナル案)
電子戦機
EA-6Bプラウラー、EA-18Gグラウラー
偵察爆撃機
SBDドーントレス、SB2Uヴィンディケーター、SB2Cヘルダイヴァー、SB2Aバッカニア
雷撃爆撃機
TBDデヴァステーター、TBFアヴェンジャー、XTB2Dスカイパイレート
輸送機
C-2グレイハウンド、V-22オスプリー
早期警戒機
E-1トレーサー、E-2ホークアイ
戦闘機
戦闘攻撃機

FLエアラボニータ、XF3L、FB、F3B、XF8B、NGAD(ボーイング案)、F2Aバッファロー、F4Uコルセア、XF5U、F6Uパイレート、F7Uカットラス、F8U/F-8クルーセイダー、F8U-3クルーセイダーIII、V-484、XFY、モデル200、F6Cホーク、F9Cスパローホーク、F11Cゴスホーク、F11C-3ゴスホーク、XF14C、XF15C、F3D/F-10スカイナイト、F4D/F-6スカイレイ、モデル44、F2G、FF、F2F、F3F、F4Fワイルドキャット、XF5Fスカイロケット、F6Fヘルキャット、F7Fタイガーキャット、F8Fベアキャット、F9F/F-9パンサー、F9F/F-9クーガー、F11F/F-11タイガー、XF12F、F-111B、F-14トムキャット、NATF(ロッキード案)、F-117Nシーホーク、F-35ライトニングII、FD/FHファントム、F2D/F2H/F-2バンシー、F3H/F-3ディーモン、F4H/F-4ファントムII、F-15Nシー・イーグル、F/A-18ホーネット、F/A-18E/Fスーパー・ホーネット、FJ/F-1フューリー、XFV-12、NATF(ノースロップ案)、FRファイア・ボール、XF2Rダーク・シャーク、XF3R
攻撃ヘリコプター AH-1シー・コブラ、AH-1Wスーパー・コブラ、AH-64Nシー・アパッチ
輸送ヘリコプター HR2S/CH-37モハーヴィ、HRB/CH-46シー・ナイト、CH-53シー・スタリオン、CH-53Eスーパー・スタリオン、CH-53Kキング・スタリオン
捜索救難
ヘリコプター

HO4S/HRS/H-19、HH-65ドルフィン、MH-68スティングレイ
掃海ヘリコプター
無人ヘリコプター DSN/QH-50 DASH
対潜ヘリコプター HSS-2/SH-3シー・キング、SH-60シーホーク
練習ヘリコプター HTL/TH-13
汎用ヘリコプター
HUP/UH-25リトリーヴァー、HUS-1/UH-34シーホース、HU-1/UH-1イロクォイ、HU2K/UH-2シースプライト
空中給油機 MQ-25スティングレイ
観測機 OV-10ブロンコ、モデル48チャージャー、CL780
観測偵察機 OS2Uキングフィッシャー、OSE
偵察観測機
SOCシーガル、SO3Cシーガル/シーミュー
偵察機 SCシーホーク、RF-4BファントムII、RQ-8ファイア・スカウト、RQ-21ブラックジャック
対潜機、制海機
S2F/S-2トラッカー、S-3ヴァイキング
爆撃雷撃機
XBTC/XBT2C、XBTK
練習機
T-28トロージャン、T2J/T-2バックアイ、T-45ゴスホーク
汎用機
JFダック、J2Fダック
 研究機 X-32、X-47Bペガサス


↑WASHINGTON (Sept. 29, 2015) - An infographic depicting the composition of an aircraft carrier strike group. U.S. Navy photo illustration by Austin Rooney. (Released)

↑Image courtesy of Shipbucket.
1915年3月22日に海軍パイロットは、ネイヴィー・エア・パイロット Navy Air Pilotからネイヴァル・エヴィエーター Naval Aviatorと名称が変わる
各国の出版物での各航空機製造メーカーでの製造番号の表記は、c/n(construction number)、S/N(serial number)、MSN(manufacturers serial number)が引用されている。一般的に、アメリカの出版物はMSNを使用し、ヨーロッパの出版物はc/nを使用している様である。このサイトではc/nを使用する


付録


ヘルメットとジャージの異なる色の意味


イラストでみる世界航空宇宙史

姉妹サイト 「VANDY-1 VEHICLES」より


Photos by U.S. Navy, U.S. Naval Historical Center
Update 21/09/01