CG
ミサイル巡洋艦

※CG-15は欠番。COHはコンプレックス・オーヴァーホール(Complex Overhaul:包括修理)の略
※データは軽巡洋艦クリーヴランド級の項を参照

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
リトル・ロック
123
Little Rock CG-4 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1945/6/17 1976/11/22 1976/11/22 ◎1975/7/1 艦種をミサイル巡洋艦(CG-4)に改める
◎1976/5/2 Naplesにて修理(〜1976/5/7)
◎1976/10/1 フィラデルフィア海軍造船所にて不活性化工事
1977/6/1 バッファローのBuffalo & Erie County Naval & Military Park(旧名Buffalo Naval and Servicemen's Park)にて記念艦となる
◎1977/7 バッファローに到着、後に一般公開(12345678910111213141516
オクラホマ・シティ
12
Oklahoma City CG-5 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1944/12/22 1979/12/15 1979/12/15 ◎1975/7/1 艦種をミサイル巡洋艦(CG-5)に改める
◎除籍後、ピュージェット・サウンド海軍造船所にて保管(123
◎後にSuisun Bayにて予備艦隊に編入
◎1999/3/25 グアム島沖にて韓国海軍攻撃型潜水艦李阡 Lee Chun(Yi Chon?、SS-062)の標的として沈没
プロヴィデンス Providence CG-6 ベスレヘム・スチール社 1945/5/15 1973/8/31 1978/7/31 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-6)となる
◎1980/7/31 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
スプリングフィールド Springfield CG-7 ベスレヘム・スチール社 1944/9/9 1974/5/15 1978/7/31 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-7)となる
◎1980/3/11 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却


※データは重巡洋艦オレゴン・シティ級の項を参照
※軽荷排水量:13,000t 満載排水量:18,500t 主缶:バブコック&ウィルコックス缶4基 改装後の兵装:タロスSAM連装発射機2基、ターターSAM連装発射機2基、55口径203o3連装砲2基、アスロックSUM8連装発射機1基、324o3連装短魚雷発射管2基 搭載機:ヘリコプター2機
↑Albany (CG-10) in Boston harbor, 26 November 1968. Note the radical difference in her appearance after her conversion to a guided-missile cruiser from a gun cruiser.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
オールバニー Albany CG-10 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1946/6/15 1980/8/29 1985/6/30 ◎1958/11/1 艦種をミサイル巡洋艦(CG-10)に改める
◎1962/11/3 再役
◎1967/3/1 退役、ボストン海軍造船所にて近代化改装(〜1969夏)
◎1968/11/9 再役
◎退役後、ノーフォークにて予備艦隊に編入(123456
◎1990/8/12 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
ロチェスター
12
Rochester CG-13 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1946/12/20 1961/8/15 1973/10/1 ◎後に艦種をミサイル巡洋艦(CG-13)に改める(後に改装中止)


※データは重巡洋艦ボルティモア級の項を参照
※軽荷排水量:13,000t 満載排水量:18,500t 主缶:バブコック&ウィルコックス缶4基 改装後の兵装:タロスSAM連装発射機2基、ターターSAM連装発射機2基、55口径203o3連装砲2基、アスロックSUM8連装発射機1基、324o3連装短魚雷発射管2基 搭載機:ヘリコプター2機
↑USS Columbus (CG-12). Steaming off San Diego, California, 19 February 1965. Official U.S. Navy Photograph, from the collections of the Naval Historical Center.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
シカゴ Chicago CG-11 フィラデルフィア海軍工廠 1945/1/10 1980/3/1 1984/1/31 ◎1958/11/1 艦種をミサイル巡洋艦(CG-11)に改める
◎1959/7/1 サン・フランシスコ海軍造船所でミサイル巡洋艦に改装(123456
◎1964/5/2 サン・フランシスコ海軍造船所にて再役
◎1966/5中旬? 横須賀にて改装
◎1967/9上旬 駆逐艦母艦アイル・ロイヤル Isle Royale(AD-29)により修理改装(〜1967/10中旬)
◎1967/12下旬 スービック湾にて修理改装(〜1968/1/3)
◎1968/5中旬 サン・ディエゴにて入渠?
◎1968/7上旬 ロング・ビーチ海軍造船所にて修理、再塗装
◎1969/4下旬 佐世保にて修理
◎1969/9中旬 サン・ディエゴにて修理改装
◎1970/6中旬 修理、近代化改装(〜1970/8末)
◎1972/7上旬 修理改装
◎1972/8下旬 ロング・ビーチ海軍造船所にてCOH
◎1974/12中旬 サン・ディエゴにて修理
◎1975/9/9 サン・ディエゴにてMRA(〜1975/10/24)
◎1975末? 修理改装
◎1976/10中旬 サン・ディエゴにて修理(〜1977/2/23)
◎1978/3上旬 マニラにて修理
◎1978/7下旬 ロング・ビーチ海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1978/10/18)
◎1979/12中旬? サン・ディエゴにて不活性化工事
◎除籍後、ブレマートンのInactive Ship Facilityにて保管(〜1989/2/9)
◎1989/8/11 装備を撤去
◎1991/12/9 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため、ターミナル・アイランドのSouthwest Recycling, Inc. に売却
◎Vietnam Jun-Nov 1966, Nov 1967-Apr 1968, May-Aug 1969, Oct 1970-Feb 1971, Dec 1971-Jun 1972, Korea Jan-Mar 1968, Apr 1969. 
フォール・リヴァー
12
Fall River CG-12 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1945/7/1  1947/10/31 1971/2/19  ◎1958/11/1 艦種をミサイル巡洋艦(CG-12)に改めるも改装中止
コロンバス
12
Columbus CG-12 ベスレヘム・スチール社 1945/6/8 1975/1/31 1976/8/9 ◎1959/9/30 艦種をミサイル巡洋艦(CG-12)に改める
◎1962/12/1 再役
◎1977/10/3 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため、Brownsvilleのコンソリデーテッド・アンディ社に売却
◎後にポートランドにて解体
◎Quemoy-Matsu Apr 1962, Vietnam Sep-Oct 1964.
ブレマートン
12
Bremerton CG-14 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1945/4/29 1960/7/29 1973/10/1 ◎後に艦種をミサイル巡洋艦(CG-14)に改めるも改装中止


↑The CG design illustrated below had an displacement of 15,900 tons and could sail with an sustained speed of 32 knots. At 20 knots, the range would be 8,000 miles. The fire control radar would be an new phased array type, and the search radar would be the SPS-32/33 combination. She would have two Mk. 10 launchers on board for a total of 120 (80+40) Super Talos missiles and four Mk. 13 launchers on board for a total of 160 Super Tartar missiles. In addition, the ship would carry 8 ASROC in an Mk 16 ASROC launcher, 2 sets of tripple Mk. 32 SVTT Torpedo tubes, 18 Mk. 44 torpedoes and 2 Manned helicopters. The approximate cost would be $206 Million for the lead ship and $184 Million for the following ships. Image courtesy of Shipbucket.

↑In the event interim installations would become necessary, the same hull could also use two different arrangements. The first would use 4 Advanced Dish type radars for fire control, use only two Mk. 10 launchers with 120 (80+ 40) Super Talos missiles, so no MR missiles or Polaris. The other armament would be the same as the base ship. The lead ship would cost $163 Million and following ships would cost $141 Million. It should be noted that this interim installation does not exploit the full capability of the ships. Image courtesy of Shipbucket.

↑The second would use 8 Advanced Dish type radars for fire control, use two Mk. 10 launchers with 120 (80+ 40) Super Talos missilesand 2 Mk. 13 launchers for an total of 80 Super Tartar missiles. The other armament would be the same as the base ship. The lead ship would cost $211 Million and following ships would cost $189 Million. Image courtesy of Shipbucket.


軽荷排水量:5,670t 満載排水量:8,200t 全長:162.50m 幅:16.60m 吃水:7.60m 主缶:バブコック&ウィルコックス4基(CG-19〜CG-24はフォスターホイーラー缶) 主機/軸数:ジェネラル・エレクトリック式ギアード蒸気タービン2基(CG-19〜CG-22はド・ラヴァル式ギアード蒸気タービン、CG-23、CG-24はアリスチャルマー式ギアード蒸気タービン)/2軸 出力:85,000馬力 速力:32.7kt 航続力:20ktで8,000浬 兵装:ハープーンSSM4連装発射機2基、テリアSAM連装発射機2基(近代化改装時に撤去)、スタンダードER SAM連装発射機2基(近代化改装時に装備)、アスロックSUM8連装発射機1基、50口径76o連装両用砲2基(1980年代に撤去)、76口径20oCIWS2基(1980年代に装備)、324o3連装短魚雷発射管2基 乗員:士官18名、下士官兵359名

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
レイヒ Leahy CG-16 バス鉄工所 1962/8/4 1993/10/1 1993/10/1 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-16)となる
◎1987 近代化改装
ハリー E. ヤーネル Harry E. Yarnell CG-17 バス鉄工所 1963/2/2 1993/10/29 1993/10/29 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-17)となる
◎1987 近代化改装
◎1994/2/15 再び登録され、予備役に編入
◎1995/2/16 解体のため売却
◎1997/1/7 解体業者の契約不履行のため解体されず
ウォーデン Worden CG-18 バス鉄工所 1963/8/3 1993/10/1 1993/10/1 ◎1975/6/30 艦種をミサイル巡洋艦(CG-18)に改める
◎1987 近代化改装
◎2000/1/17 リムパック2000演習に、標的として沈没
◎Iran/Indian Ocean Apr-Jul 1980, Persian Gulf Jun-Jul 1987, Gulf War Oct 1990-Feb 1991.
デイル
12
Dale CG-19 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1963/11/23 1994/9/22 1994/9/22 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-19)となる
◎1987 近代化改装
◎除籍後、演習の標的として沈没
リッチモンド K. ターナー Richmond K. Turner CG-20 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1964/6/13 1995/3/31 1995/3/31 ◎1971/3/22 退役
◎1972/4/27 再役
◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-20)となる
◎1988 近代化改装
◎1998/8/9 標的として沈没
グリッドリー Gridley CG-21 ピュージェット・サウンド・ブリッジ&ドライドック社 1963/5/25 1994/1/21 1994/1/21 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-21)となる
◎1989 近代化改装
◎1994/1/21 予備役に編入
イングランド England CG-22 トッド・パシフィック造船所 1963/12/7 1994/1/21 1994/1/21 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-22)となる
◎1986 近代化改装
ハルゼー Halsey CG-23 サン・フランシスコ海軍造船所 1963/7/20 1994/1/28 1994/1/28 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-23)となる
◎1989 近代化改装
◎1994/3/7 予備役に編入
リーヴス Reeves CG-24 ピュージェット・サウンド海軍造船所 1964/5/15 1993/11/12 1993/11/12 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-24)となる
◎1988 近代化改装
1989/10/30 ディエゴ・ガルシア島南方海域にて艦載機の誤った爆撃により損傷(汎用航空母艦ミッドウェー Midway(CV-41)搭載のF/A-18が目標と誤認し225s訓練爆弾を投下)


軽荷排水量:5,340t(6,570tともいわれる) 満載排水量:7,900t(7,970t〜8,575tともいわれる) 全長:166.72m 幅:16.71m(CG-28は16.76m) 吃水:8.83m(CG-28は8.78m) 主缶:バブコック&ウィルコックス缶4基(CG-29〜CG-31、CG-33はコンバッション・エンジニアリング缶) 主機/軸数:ジェネラル・エレクトリック式ギアード蒸気タービン2基(CG-29〜CG-31、CG-33はド・ラヴァル式ギアード蒸気タービン)/2軸 出力:85,000馬力 速力:32.5kt(33.0ktともいわれる、CG-28は30.0kt(公試)) 航続力:20ktで7,100浬 兵装:テリアSAM/アスロックSUM連装発射機1基、54口径127o単装両用砲1基、50口径76o連装両用砲2基、533o連装魚雷発射管2基(1980年代にはハープーンSSM4連装発射機2基、スタンダードER SAM連装発射機1基、54口径127o単装両用砲1基、76口径20oCIWS2基、324o3連装短魚雷発射管2基) 乗員:477名(CG-28は418名)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ベルナップ Belknap CG-26 バス鉄工所 1964/11/7 1995/2/15 1995/2/15 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-26)となる
1975/11/22 シシリー島沖にて演習中に汎用航空母艦ジョン F. ケネディ John F. Kennedy(CV-67)と衝突し損傷(上構を大破)
◎1976/1 修理改装(〜1980/5)
◎1985/5 旗艦設備工事(〜1986/3)
◎1998/9/24 標的として沈没
ジョセファス・ダニエルス Josephus Daniels CG-27 バス鉄工所 1965/5/8 1994/1/21 1994/1/21 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-27)となる
◎1991 近代化改装
◎1999/2/10 解体のため売却
ウェインライト Wainwright CG-28 バス鉄工所 1966/1/8 1993/11/10 1993/11/10 ◎1975/6/30 艦種をミサイル巡洋艦(CG-28)に改める
◎1978/2下旬 チャールストン海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1979/3)
◎1991 近代化改装
◎1999/2/10 解体のため売却
◎Lebanon Sep-Oct 1982, Libya Feb-Jun 1988.
☆CG-28の撃沈、撃墜スコア(以下の艦船、航空機)
・1988/4/18 イラン海軍哨戒艇Joshan(P225、ペルシャ湾にて撃沈(ミサイル・フリゲイト・シンプソン Simpson(FFG-56)フリゲイト・バグリー Bagley(FF-1069)と共同で))
・1988/4/18 イラン空軍F-4 1機(ペルシャ湾にて損傷を与える)
ジュエット Jouett CG-29 ピュージェット・サウンド海軍造船所 1966/12/3 1994/1/28 1994/1/28 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-29)となる
◎1988 近代化改装
◎1994/3/30 予備役に編入
ホーン Horne CG-30 サン・フランシスコ海軍造船所 1967/4/15 1994/2/4 1994/2/4 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-30)となる
◎1988 近代化改装
◎1994/3/17 予備役に編入
◎2008 リムパック2008演習に、標的として沈没
スタレット Sterett CG-31 ピュージェット・サウンド海軍造船所 1967/4/8 1994/3/24 1994/3/24 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-31)となる
◎1989 近代化改装
◎1994/5/12 予備役に編入
ウィリアム H. スタンドリー Wiliam H. Standley CG-32 バス鉄工所 1966/7/9 1994/2/11 1994/2/11 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-32)となる
◎1990 近代化改装
◎1994/3/31 予備役に編入
◎2005/6/23 珊瑚海にてTalisman Sabre 2005演習に、標的として沈没
フォックス Fox CG-33 トッド・パシフィック造船所 1966/5/28 1994/4/15 1994/4/15 ◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-33)となる
◎1989 近代化改装
ビドル Biddle CG-34 バス鉄工所 1967/1/21 1993/11/30 1993/11/30 ◎1971 オーヴァーホール
◎1975/6/30 ミサイル巡洋艦(CG-34)となる
◎1975 オーヴァーホール
◎1980 オーヴァーホール
◎1987/6 近代化改装
◎1995/4/15 解体のため売却
◎1997/1/6 解体業者の契約不履行のため解体されず



満載排水量:15,944t 全長:185.90m 幅:24.60m 吃水:8.20m 主機/軸数:統合電気推進 出力:119,680馬力 速力(計画):30.0kt 兵装:戦術型トマホークSLCM/発展型シー・スパロー短SAM(ESSM)/アドヴァンスト・ランド・アタック・ミサイル(ALAM)用VLS162セル、57o近接防御砲(単装)2基 搭載機:ヘリコプター2機もしくはヘリコプター1機と垂直発着艦戦術無人機(VTUAV)3機
※以上のデータはあくまでも計画値である。水上戦闘艦グループ SCF(Surface Combatant Family)の一部で建造隻数は未定。タイコンデロガ級の後継。ズムウォルト級ミサイル駆逐艦で検討されたステルス船体や電動機推進を含む統合電動システム(Integrated Power System)等をベースにする事になる。弾道ミサイル防衛機能を強化した対空戦を主任務にする為、ズムウォルト級の2周波数帯レーダー(Dual Band Radar)より高いレーダーを装備し、弾道ミサイル迎撃ミサイルとして新規開発中のKEI(Kinetic Energy Intercepter)を搭載する予定。計画当時、燃料価格高騰の為、ガス・タービンではなく原子力機関の案(CG(X)N)も出ている
※2010年に計画自体がキャンセル
↑Image courtesy of GlobalSecurity.org.

↑Image courtesy of Shipbucket.


Update 19/02/24