対艦ミサイル
ANTI−SHIP MISSILES

※INSはInertial Navigation System(慣性航法システム)、ARHはActive Radar Homing(能動レーダー追尾)の略
※マクドネル・ダグラス社(現ボーイング社)製
※RGM-84は艦上発射、UGM-84は水中発射(耐圧カプセルに納めて魚雷発射管から打ち出される)
※UGM-84Aは1977年就役、UGM-84Aは1981年就役。Block 1BはC型で1982年就役。Block 1CはD型で1985年就役。Block 1DはF型で1989年開発開始、1993年開発中止。Block 1GはG型
※ヴァリエーションにUGM-84E Sea-SLAMがあったがテストのみ。訓練弾はRTM/UTM-84
※データはRGM/UGM-84D
↑At sea aboard USS Thorn (DD-988) Jul. 21, 2003 -- The destroyer USS Thorn (DD-988) launches an RGM-84A “Harpoon” missile during Sink Exercise (SINKEX) 2003 off the coast of Virginia. U.S. Navy photo by Intelligence Specialist 1st Class Brian Smith. (RELEASED)
全長 直径 翼幅 発射
重量
推進 誘導 制御 弾頭 射程 備考
4.63m 0.343m 0.914m 690s 推力3.0kNのテレダイン/CAE製J402-CA-400ターボジェット1基 INS+ARH 空力フィン 榴弾221s 140q ◎弾頭はWDU-18/B


※巡航ミサイル
※ヒューズ・ミサイル・システムズ社(現レイセオン・システムズ社)製
※RGM/UGM-109B TASM(Tomahawk Anti-Ship Missile=通常弾頭の対艦用)
全長 直径 翼幅 発射
重量
推進 誘導 制御 弾頭 射程 命中
精度
備考
5.56m
(ブースター付き6.25m)
0.53m 2.61m 1,492s 推力2.7kNのウィリアムズ製F107-WR-400ターボファン1基 INS+ARH 空力フィン 榴弾454s 460q ◎1983年運用


Update 04/01/12