攻撃機

※FYは会計年度 Fiscal Yearの略。kNは1kN=102.0sf=102.0s
グラマン社(現ノースロップ・グラマン社)製 初飛行:1960年4月19日(XA2F-1) 退役日:1997年 A-6E/TRAM(初期型)データ=全幅:16.15m 全長:16.69m 全高:4.93m 翼面積:49.13u 空虚運用重量:12,093s 最大離陸重量:26,581s(カタパルト発進時)、27,397s(陸上発進時) パワープラント:定格推力41.37kNのプラット&ホイットニー製J52-P-8Bターボジェット・エンジン2基 水平飛行最大速度(海面高度):1,036q/h 初期上昇率:2,323m/min 実用上昇限度:12,925m 航続距離(最大兵装搭載時):1,627q 兵装:精密誘導兵器(PGM):AGM-45シュライク、AGM-65マヴェリック、AGM-84ハープーン、AGM-84E SLAM、AGM-88 HARM、GBUレーザー誘導爆弾 無誘導弾薬:B28/43/57/61/83自由落下熱核爆弾、Mk. 80シリーズ汎用爆弾 乗員:2名 ユニット・コスト:$43,000,000(1998年時)
※社内呼称モデル128(G-128)
※1962年9月18日の3軍統一命名法によりA2FはA-6になる
↑A-6E Intruder assigned to the Thunderbolts of VA-176.
↑San Diego, Calif. (Jan. 10, 2004) -- Port of San Diego CEO Bruce Hollingsworth and a member of the aircraft museum, Roger Tubbesing, look over one of the aircraft aboard the decommissioned aircraft carrier Midway. The ship was temporarily moored at Naval Air Station North Island this past week so that preparations could be made to formally present the aircraft carrier to the city of San Diego. When commissioned on September 10, 1945 as USS Midway (CVB-41) she was the largest carrier ever put to sea. U.S. Navy photo by Photographer's Mate 2nd Class Katrina Beeler. (RELEASED)

↑Image courtesy of Shipbucket.
FY Block No. Bu.No.
()内は製造番号
機数、備考1 備考2
Bu.No. 直後の()内の
番号は製造番号
YA2F-1 147864〜147867 ◎4機 社内呼称モデルG-128Q。1962年以降の名称はA-6A。147865はEA-6Aのテストベッドに改造。147866、147867はNA-6Aに改造 ◎147864はプログラム初期段階にて墜落
◎147865は1980年3月21日にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0030として保管。2005年にCherry Point海兵航空基地にて展示
147867はペンシルヴェニア州SmethportのAllegheny Arms & Armor Museumにて展示
YA2F-1 148615〜148618 ◎4機 社内呼称モデルG-128Q。1962年以降の名称はA-6A。148615はEA-6Bのテストベッドに改造。148618はEA-6Aのプロトタイプに改造 ◎148616(c/n I-1)は1976年7月31日にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0004として保管
◎148618(c/n I-3)は1980年3月20日にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0028として保管。1994年現在、キー・ウェスト海軍航空基地の台座に据え付けてある
A2F-1 148619〜148626(キャンセル) ◎8機
A-6A 149475〜149486
(c/n I-4〜I-15)
◎12機 149475、149477、149478にEA-6Aに改造。149479はEA-6Bの第2開発機体に改造。149481はEA-6Bの航空力学デモンストレーターに改造。149482、149484、149485、149486はKA-6Dに改造。149484はNA-6Aに改造 149477は1978年以前に地上にて事故により損傷。後に除籍。後に標的として使用
◎149478は1976年8月23日にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0006として保管。後に現役に復帰
149482はホイッドビー・アイランド海軍航空基地にてゲート・ガードとなる
◎149484はF-14との空中給油テストのために空中給油機に改造
A-6A 149935〜149958
(c/n I-16〜I-39)
◎24機 149936、149937、144940、144942、144945、149951、149952、149954はKA-6Dに改造。149944、149949、149955、149957はA-6Bに改造。149948〜149950、149953、149955〜149957はA-6Eスタンダードに改造。149944、149946、149950はA-6Eに改造。149935はYEA-6Aに改造、後にNEA-6Aに改造 ◎149936は1990年9月24日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて5A0053として保管
◎149937は1993年4月7日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて5A0062として保管
◎149940は1993年4月30日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて5A0067として保管
149941は1983年9月30日にアリゾナ州Black Mountainsにて墜落(VA-34所属機)。乗員2名とも死亡
◎149943は1981年6月12日にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0006として保管。後に人工環礁のため沈没処分
◎149944(I-25)は1975年7月28日にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0002として保管。後に現役に復帰。1995年8月29日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて5A0164として保管。2002年6月14日除籍
◎149946は1979年1月15日にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0016として保管。後に人工環礁のため沈没処分
◎149949は1980年9月24日にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0046として保管。後に現役に復帰
◎149950は1979年2月1日にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0019として保管。後に現役に復帰。後に人工環礁のため沈没処分
◎149951は後にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0052として保管。後に現役に復帰
◎149953(I-34)は1993年5月28日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて5A0068として保管
149954は1985年8月1日にストール訓練中、コントロールを失い墜落(VA-85所属機)
◎149955は1976年3月12日にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0003として保管。後に現役に復帰。1996年11月21日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて5A0229として保管
◎149956は1978年11月7日にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0011として保管。後に現役に復帰。後に人工環礁のため沈没処分
◎149957は1979年1月24日にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0018として保管。後に現役に復帰。後に人工環礁のため沈没処分
◎149958は後に人工環礁のため沈没処分
A2F-1 151558〜151612
(c/n I-40〜I-82)
◎55機 社内呼称モデルG-128Q。1962年以降の名称はA-6A。151558〜151565、151591はA-6Bに改造。151558、151562、151564、151565、151573、151591、151593はA-6Eに改造。151566、151568、151570、151572、151575、151576、151579〜151583、151589はKA-6Dに改造。151595〜151600はEA-6Aに改造。151601〜151612はキャンセル ◎151558は1979年3月26日にMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて5A0022として保管。後に現役に復帰。後に人工環礁のため沈没処分
A-6A 155581〜155721
(c/n I-307〜I-447)
◎141機 155673 modified as development aircraft for A-6E later returned to A-6A configuration, but was again modified as A-6E. 155582〜155584, 155588, 155597, 155598, 155604, 155619, 155638, 155686, and 155691 converted as KA-6D tanker. 155628〜155630 modified as A-6B defense suppression aircraft. 155647, 155648, 155653, 155660, 155662, 155667, 155670, 155674, 155676, 155689, 155684, 155688 converted to A-6C night interdiction aircraft. Most A-6Cs later brought up to A-6E standards. 155581〜155586, 155588〜155592, 155595〜155600, 155602, 155604, 155606, 155608, 155610, 155612, 155615〜155617, 155619〜155621, 155623〜155625, 155627〜155633, 155625〜155638, 155642〜155646, 155648, 155649, 155651, 155653〜155662, 155664, 155665, 155667〜155670, 155672〜155676, 155678〜155685, 155687〜155689, 155692, 155694, 155695, 155697〜155699, 155702〜155704, 155706〜155708, 155710〜155719 brought up to A-6E standards. 155704は1996年6月3日に環太平洋合同演習(RIMPAC)にて標的曳航中、海上自衛隊護衛艦ゆうぎり(DD-153)により誤って撃墜。乗員は脱出

(↑海上自衛隊あさぎり型汎用護衛艦あさぎり(DD-151))
※メーカーが軍に提案したA-6各案
TA-6A ◎3座機仕様。提案のみ
モデル128-12(G-128-12) ◎1963年初め、A-4後継機として海軍軽攻撃機(VAL)計画に提案した機体。A-6Aの簡略化型ヴァージョンで並列複座から単座仕様となる。1964年2月11日にリング・テムコ・ヴォート(LTV、現トライアンフ・エアロストラクチャーズ社ヴォート・エアクラフト部門)社提案のモデル461(V-461、A-7)が採用される

↑Image courtesy of Shipbucket.


海軍先進戦術戦闘機(NATF)A-12の開発が中止された後、何社かがA-6及びF-14の後継機計画として性能を落としたNATFの派生型を提案。後に計画は次期先進攻撃戦闘機 Advanced/Fighter-Attack(A/F-X)と改名。これはグラマン社/ロッキード社/ボーイング社/ジェネラル・ダイナミックス社フォート・ワース部門(現ノースロップ・グラマン社/ロッキード・マーチン社/ボーイング社)の案

↑Image courtesy of aerospaceweb.org.


Update 17/05/14