戦闘機、戦闘攻撃機

※FYは会計年度 Fiscal Yearの略。kNは1kN=102.0sf=102.0s
ロッキード社/ボーイング社/ジェネラル・ダイナミックス社フォート・ワース部門(現ロッキード・マーチン社/ボーイング社)製 初飛行:1990年9月29日(YF-22A初号機) F-22Aデータ=全幅:13.56m 全長:18.92m 全高:5.00m 翼面積:78.04u 空虚運用重量(推定値):14,365s 最大離陸重量(推定値):約27,126s パワープラント:アフターバーナー使用時定格推力155.69kNのプラット&ホイットニー製F119-PW-100ターボファン・エンジン2基 飛行最大速度:1,862q/h(推定値、高度9,144m、アフターバーナー使用時)、1,677q/h(推定値、高度10,972m、アフターバーナーを使用しない超音速巡航時) 制限マッハ数:1.7(推定値、高度9,144m、アフターバーナー使用時)、1.58(推定値、高度10,972m、アフターバーナーを使用しない超音速巡航時) 実用上昇限度(推定値):15,240m 戦闘行動半径:1,200q 兵装:機関砲:M61A2ヴァルカン20o回転式機関砲1門 空対空ミサイル:AIM-120 AMRAAM、AIM-9サイドワインダー 精密誘導兵器(PGM)、無誘導弾薬:9,072sの投棄可能兵装を主翼下4ヶ所のハードポイントに携行 乗員:1名
※1991年、空軍の先進戦術戦闘機(Advanced Tactical Fighter: ATF)にYF-22Aが選定された。当然、海軍先進戦術戦闘機(Naval Advanced Tactical Fighter: NATF)計画もF-22をベースに進む予定だったが、国防予算削減のあおりを受けて空海軍の同時開発を断念した。空軍向けのF-22の開発は先行され、海軍型の開発着手は先送りされた後に消え去った
※当時、ロッキード社が提案してした海軍型は、F-14の様に可変後退翼を採用している
※F-22は、2002年9月17日にF/A-22と制式名称を改めた(公式文書では“F/A-22”ではなく“FA-22”)が、2005年12月13日に制式名称をF-22にもどす
※ステルスの歴史は、ピョートル Y. ウフィムツェフというロシア人学者が1950年代後半に、新しいレーダー断面積(RCS)解析法を編み出す。これを物理光学的解析理論という(ようするにエッジの角度によって物理光を逸らすこと)。彼の理論はソヴィエト物理学会に発表される。しかし、専門家以外誰にも注目されず、ソヴィエト当局も機密指定にもしなかった。1971年、物理光学的解析理論はアメリカ空軍ライトパターソン基地内の研究所が、ロシア語から英語に翻訳して発表。1975年、この理論をロッキード社のレーダー専門家が注目。そしてステルス機開発に乗り出した。因に飛行機を肉眼で見えなくする研究は1913年に、当時のアメリカ陸軍省が行っている。高度300mで、飛行中に肉眼で発見出来ないようにするというのが目標。機体の骨組みに羽布の代わりに、透明なセルロイドを貼ることを試みた
↑F-22A

↑Another possible NATF design. Image courtesy of F-16.net.


※海軍は1984年にF-117をテストしたが、それは空母上での使用に適していないと判断した。1990年代初頭に、ロッキード社はキャンセルされたA/F-Xプログラムの代わりとして海軍にシーホーク Seahawkと呼ばれるF-117のアップグレード、艦載型を提案。計画ではバブル・キャノピー、急激な後退翼、追加された水平尾翼、艦上機としての機体及び脚強化、F414ターボファン・エンジン、必要に応じてハードポイントを装着し、空対空能力を備えた新しい地上攻撃レーダーも搭載、AIM-120 AMRAAMも運用可能。1993年に夜間任務が主になる事と単一任務機である事を理由に拒否される。発展型計画にA/F-117Xがあった
※空軍のF-117Aのポピュラー・ネーム(アメリカ軍機の公式ニックネーム)はナイト・ホーク Night Hawkだが、頻繁に使用されるのはナイトホーク Nighthawk

↑F-117A

↑A proposed F-117N. Image courtesy of F-16.net.


ロッキード・マーチン社/ノースロップ・グラマン社/BAEシステムズ社製 初飛行:2000年10月24日(X-35A) F-35Bデータ=全幅:10.66m(C型は13.10m) 全長:15.59m(C型は15.67m) 全高:4.34m(C型は4.44m) 翼面積:42.73u(C型は62.05u) 空虚運用重量:14,651s(C型は15,785s) 最大離陸重量:27,215s(C型は31,751s) パワープラント:アフターバーナー使用時定格推力191.35kNのプラット&ホイットニー製F135-PW-400推力偏向式排気口付きターボファン・エンジン1基(C型)、垂直離着陸時180.8kN(ロールスロイス製揚力ファンにより83.1kN、主エンジンのロールスロイス製推力偏向排気口により83.1kN、主翼付け根部2ヶ所のリアクション制御排気口により14.6kN)のプラット&ホイットニー製F135-PW-600ターボファン・エンジン1基(B型) 制限マッハ数:1.6 実用上昇限度:15,240m(Block 3F) フェリー航続距離:1,666q(C型は2,222q) 戦闘行動半径:833q(C型は1,111q) 兵装:機関砲:GAU-22/A 25o回転式機関砲1門(A型のみ、B型、C型は取り外し式機関砲ポッド) 投棄可能兵装:機内搭載にはAIM-120 AMRAAM2発、1,000lb(453s)GBU-31または2,000lb(907s)GBU-32 JDAM2発を含む 乗員:1名 ユニット・コスト:$104,000,000(F-35B、低率量産)、$116,000,000(F-35C、低率量産)
※1996年頃に統合攻撃戦闘機(Joint Strike Fighter)計画が誕生し、1996年11月16日に概念実証計画(CDP)に進む担当会社として、ボーイング・チームとロッキード・マーチン・チームが選ばれた。計画機名称は、ボーイング・チームにはX-32、ロッキード・マーチン・チームにはX-35が与えられる。2001年10月26日にロッキード・マーチン・チームが勝者に選定され、次のシステム開発及び実証(SDD)段階(これまでは技術、製造、開発(EMD)と呼ばれていた)に進む事になった。そして、X-35からF-35に制式名称を改めた
※X-35の初期構成は1997年中期に確定した仕様220と呼ばれるものであったが、最終的なJSF設計(仕様230)に至るまでさらに変更が加えられた。提示されている基本型は、X-35A(アメリカ空軍向けの通常離着陸(CTOL)仕様機)、X-35B(アメリカ海兵隊及びイギリス海/空軍向けの短距離離陸垂直着陸(STOVL)仕様機)、X-35C(アメリカ海軍の艦載(CV)運用仕様機)の3種類
X-35Bの後方排気ノズルは、ロシアのヤコヴレフYak-141でも採用された3BSN(3 Bearing Swivel Nozzle)と呼ばれる技術データが提供されるもすでにアメリカ海軍でも1970年にコンヴェア社(後のジェネラル・ダイナミックス社)で、超音速STOVL機の設計として研究された事もあるものでX-35Bに導入済み
※国防総省は、2006年7月7日にF-35の公式愛称をライトニングII Lightning IIと命名
↑X-35A
↑F-35B
↑Yak-141
↑Naval Air Station, Patuxent River, Md. (Feb. 10, 2001) -- The naval variant of the Joint Strike Fighter, X-35C, arrives at Naval Air Station Patuxent River, Maryland, flown by U.S. Marine Corps Major Art "Turbo" Tomassetti, a strike test pilot for Lockheed Martin. U.S. Navy photo by Vernon Pugh. (RELEASED)
↑PATUXENT RIVER, Md. (Feb. 26, 2011) - An F-35B test aircraft completes its 100th flight with Lockheed Martin test pilot David "Doc" Nelson at the controls. The F-35B is the Marine Corps variant of the Joint Strike Fighter and is capable of short take offs and vertical landings. The aircraft is undergoing testing and evaluation at Naval Air Station Patuxent River. U.S. Navy photo courtesy of Lockheed Martin by Michael D Jackson. (Released)
↑WASHINGTON (Nov. 2, 2014) - A graphic describing the F-35C Lighting II carrier variant joint strike fighter. U.S. Navy photo. (Released)

↑Image courtesy of Shipbucket.

↑Image courtesy of Shipbucket.
FY Block No. Bu.No.
()内は製造番号
機数、備考1 備考2
Bu.No. 直後の()内の
番号は最初は製造番号、
次はモデックス・ナンバー
F-35B 168057〜168062
(c/n BF-06〜BF-11)
◎6機 ◎168057(VM-01)は2012年1月11日にVMFAT-501へ引き渡される
◎168058(VM-02)は2012年1月19日にVMFAT-501へ引き渡される
◎168059(VM-03)は2012年1月11日にVMFAT-501へ引き渡される
◎168060(VM-04)は2012年5月10日にVMFAT-501へ引き渡される
◎168061(VM-05)は2012年5月10日にVMFAT-501へ引き渡される
◎168062(VM-06)は2012年5月15日にVMFAT-501へ引き渡される
F-35B 168308〜168314
(c/n BF-12〜BF-18)
◎7機 ◎168308(VM-07)はVMFAT-501へ引き渡される
◎168309(VM-08)はVMFAT-501へ引き渡される
◎168310(VM-09)はVMFAT-501へ引き渡される
◎168311(VM-10)は2012年9月27日にVMFAT-501へ引き渡される
◎168312(VM-11)は2012年10月19日にVMFAT-501へ引き渡される
◎168313(VM-12)は2012年10月4日にVMFAT-501へ引き渡される
◎168314(VM-13)は2012年11月6日にVMFAT-501へ引き渡される
F-35B 168717〜168732
(c/n BF-19〜BF-34)
◎16機 ◎168717(VK-15)は2012年10月にVMFAT-501へ引き渡される。2014年10月9日にエドワーズ空軍基地のVMX-22へ(MV-05)
◎168718(VK-16)は2012年11月16日にVMFA-121へ引き渡される
◎168719(VK-01)は2012年10月にVMFA-121へ引き渡される
◎168720(c/n BF-22、VK-02)は2012年12月にVMFA-121へ引き渡される
◎168721(VK-03)は2013年5月22日にVMFA-121へ引き渡される
◎168722(VK-04)は2013年3月にVMFA-121へ引き渡される
◎168723(VK-05)は2013年3月にVMFA-121へ引き渡される
◎168724(VK-06)は2013年5月22日にVMFA-121へ引き渡される
◎168725(VK-07)は2013年3月にVMFA-121へ引き渡される
◎168726(VK-08)はVMFA-121へ引き渡される
◎168727(VK-09)はVMFA-121へ引き渡される
◎168728(c/n BF-29、VK-10)はVMFA-121へ引き渡される。。2016年6月にビューフォート海兵航空基地のVMFAT-501へ
◎168729(VK-11)はVMFA-121へ引き渡される
◎168730(VK-12)は2013年9月にVMFA-121へ引き渡される
◎168731(VK-13)は2013年12月にVMFA-121へ引き渡される
◎168732(VK-14)はVMFA-121へ引き渡される
F-35C 168733〜168736
(c/n CF-06〜CF-09)
◎4機 ◎168733(NJ-101)は2013年4月24日にVFA-101へ引き渡される
◎168734は2013年4月23日にVFA-101へ引き渡される
◎168735は2013年8月2日にVX-23へ引き渡される
◎168736は2013年11月7日にVFA-101へ引き渡される
F-35B 168838〜168840
(c/n BF-35〜BF-37)
◎3機
F-35C 168841〜168848
(c/n CF-10〜CF-17)
◎8機
F-35B 169023〜169028
(c/n BF-38〜BF-43)
◎6機 ◎169023(VM-10)はVMFA-501へ引き渡される
◎169024(VM-11)はVMFA-501へ引き渡される
◎169025(c/n BF-40)
◎169026(c/n BF-41)
◎169027(c/n BF-42)
F-35C 169029〜169035
(c/n CF-17〜CF-23)
◎7機 ◎169029(NJ-112)はVFA-101へ引き渡される
◎169030(NJ-113)はVFA-101へ引き渡される
◎169031(NJ-114)は2014年12月22日にVFA-101へ引き渡される
F-35C 169160〜169163
(c/n CF-24〜CF-27)
◎4機
F-35B 169164〜169169 ◎6機 ◎169167(c/n BF-47)
◎169169(c/n BF-49)
F-35B 169292〜169297
(c/n BF-50〜BF-55)
◎6機 ◎169294(c/n BF-52)
◎169296(c/n BF-54)
F-35C 169302〜169305
(c/n CF-28〜CF-31)
◎4機


Update 17/03/19