対空ミサイル
ANTI−AIR MISSILES

※INSはInertial Navigation System(慣性航法システム)、SARHはSemi Active Radar Homing(半能動レーダー追尾)、BPDMSはBasic Point Defense Missile System(基本型個艦防御ミサイル・システム)。IPDMSはImproved Point Defense Missile System(基本型個艦防御ミサイル・システム)。NSSMSはNATO Sea Sparrow Missile System(NATOシー・スパロー・ミサイル・システム)。VLSはVertical Launch System(垂直発射システム)。ESSMはEvolved Sea Sparrow Missile System(発展型シー・スパロー・ミサイル・システム)。DLはData Link(データ・リンク)。TVCはThrust Vector Control(推力偏向制御)の略
※レイセオン・システムズ社製
※1967年10月21日、イスラエル海軍駆逐艦Eliat(元イギリス海軍Z級駆逐艦Zealous R.39)の撃沈事件をきっかけにBPDMSとして急遽生産に移された。発射機はアスロックSUMのMk. 25 8連装発射機を流用、管制装置(イルミネーター)は手動だった
※ヴァリエーションはRIM-7E(1967年就役)、RIM-7F、RIM-7H(1973年から生産。Mk. 29 8連装発射機。改良型のIPDMS。管制装置はこのH型から自動。NSSMSブロックI)、RIM-7M/P(Mk. 29 8連装発射機の他、Mk. 41、Mk. 48 VLSからも発射可能。RIM-7Pの訓練弾はRTM-7P)、RIM-7R(ESSM。後にRIM-162。Mk. 41 VLSから発射)
↑Atlantic Ocean (Sept. 11, 2004) - A NATO Sea Sparrow missile is launched during a live fire Missile Exercise aboard the Nimitz-class aircraft carrier USS Harry S. Truman (CVN-75). Truman and embarked Carrier Air Wing Eight (CVW-8) are currently participating in carrier qualifications. U.S. Navy photo by Photographer's Mate 2nd Class Jason P. Taylor. (RELEASED)
↑Pacific Ocean (Oct. 31, 2004) - Fire Controlmen load a RIM-7 NATO Sea Sparrow missile during a launcher upload evaluation aboard the Nimitz-class aircraft carrier USS Abraham Lincoln (CVN-72). The RIM-7 Sea Sparrow is a medium-range, rapid-reaction, missile weapon system that provides the capability of destroying hostile aircraft, anti-ship missiles and surface missile platforms. Lincoln and embarked Carrier Air Wing Two (CVW-2) are currently deployed to the Western Pacific Ocean. U.S. Navy photo by Photographer's Mate Airman James R. McGury. (RELEASED)

↑ATLANTIC OCEAN (Oct. 8, 2015) - Sailors prepare to load a RIM-7P NATO Sea Sparrow surface-to-air missile into an Evolved Sea Sparrow Missile system aboard the amphibious assault ship USS Kearsarge (LHD-3). Kearsarge is deployed as part of the Kearsarge Amphibious Ready Group to the U.S. 5th and 6th Fleet area of operations as part of a regularly scheduled deployment. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist Seaman Tyler Preston. (Released)
全長 直径 翼幅 発射
重量
推進 誘導 制御 弾頭 射程 有効
射高
備考
3.65m 0.20m 0.62m 1,351s ハーキュリーズ製Mk. 58固体ロケット SARH 空力主翼 WAU-17/B榴弾39.00s 25.94q ◎1976年運用(M型)


※ジェネラル・ダイナミックス・ポモナ社(現レイセオン・システムズ社傘下スタンダード・ミサイル社)製
※SM-1MR(Standard Missile 1 Medium Range)。YRIM-66Aの飛行試験開始は1965年。RIM-66AはブロックI〜ブロックIV、RIM-66BはブロックV、RIM-66EはブロックVIがある。ブロックYのサブヴァリエーションにRIM-66E-1/3/7/8がある(E-3とE-8はSM-2と同じMk. 115弾頭)。他にブロックVIA(RIM-66E-5)とブロックVIB(RIM-66E-6)がある
※発射システムはMk. 13単装発射機、Mk. 11連装発射機、Mk. 26連装発射機
↑At sea aboard USS George Philip (FFG-12) Feb. 14, 2002 -- A RIM-66A Standard Missile 1 MR surface-to-air missile is launched from the ship's forward missile rail. during training exercises off the California coast. U.S. Navy photo by Photographer's Mate 2nd Class Kenneth Pace. (RELEASED)
全長 直径 翼幅 発射
重量
推進 誘導 制御 弾頭 射程 有効
射高
備考
4.47m 0.34m 1.07m 562s(A型)
630s(B型)
エアロジェットMk. 27デュアルスラスト固体ロケット(A型)
エアロジェットMk. 56デュアルスラスト固体ロケット(B型)
INS+指令+SARH 空力フィン 62.14s榴弾Mk. 51(continuous-rod warhead)(A型)
榴弾Mk. 90(blast-fragmentation warhead)(B型)
2.74q〜31.50q(A型)
2.74q〜46.30q(B型)
19.81q(A型)
24.38q(B型)
◎ブロックIII 1967年運用
◎ブロックIV 1968年運用
◎ブロックVI 1983年運用


※ジェネラル・ダイナミックス・ポモナ社(現レイセオン・システムズ社傘下スタンダード・ミサイル社)製
※SM-2MR(Standard Missile 2 Medium Range)。ブロックI(RIM-66C/D)とブロックII(RIM-66H/J)があり、ブロックIIはブロックIより全長が0.254mも長い。ブロックIIはブロックIに比べ、有効射程が約2.3倍伸びている。RIM-66D/Jはターター搭載艦の為のミサイル。
※発射システムはMk. 26連装発射機、Mk. 41 VLS(RIM-66H)
全長 直径 翼幅 発射
重量
推進 誘導 制御 弾頭 射程 有効
射高
備考
4.75m 0.34m 1.07m 621s エアロジェットMk. 56デュアルスラスト固体ロケット(ブロックI)
Thiokol Mk. 104固体ロケット(ブロックII)
INS+指令+SARH 空力フィン 113.39s榴弾Mk. 115(blast-fragmentation warhead) 2.74q〜164.59q 24.38q(C型) ◎1978年運用(C型、1983年まで生産)
◎1983年運用(ブロックII)


※General Dynamics Pomona社(現レイセオン・システムズ社傘下スタンダード・ミサイル社)製
※SM-1ER(Standard Missile 1 Extended Range)
※発射システムはMk. 10連装発射機
全長 直径 翼幅 発射
重量
推進 誘導 制御 弾頭 射程 有効
射高
備考
7.98m 0.34m
0.45m(ブースター)
1.07m
1.57m(ブースター)
1,342s 固体ロケット INS+指令+SARH 空力フィン 榴弾113.39s 6.40q〜73.15q 24.38q ◎1970年運用


※ヒューズ・ミサイル・システムズ社(現レイセオン・システムズ社)製
※1975年にF-14の搭載空対空ミサイル、AIM-54フェニックス(下の画像)を艦対空ミサイルとして使用する計画。1978年末に計画中止
↑AIM-54A "Phoenix" missile. DoD photo. Image courtesy of Designnation-Systems.Net.


※ジェネラル・ダイナミックス・ポモナ社(現レイセオン・システムズ社傘下スタンダード・ミサイル社)製
※SM-2ER(Standard Missile 2 Extended Range)
※発射システムはMk. 41 VLS
全長 直径 翼幅 発射
重量
推進 誘導 制御 弾頭 射程 有効
射高
備考
7.98m 0.34m
0.45m(ブースター)
1.07m
1.57m(ブースター)
1,342s 固体ロケット INS+指令+SARH 空力フィン 榴弾113.39s 6.40q〜182.88q 24.38q ◎1981年運用


※ジェネラル・ダイナミックス社(現レイセオン・システムズ社傘下スタンダード・ミサイル社)製
※アメリカとドイツが共同開発
※発射システムは21連装発射機Mk. 49。ヴァリエーションはブロック0(RIM-116A)、RIM-116Bブロック1(1993年に開発開始、2000年に生産開始)、ブロック1A、RIM-116Cブロック2(開発中)
↑ATLANTIC OCEAN (Oct. 22, 2013) - The multipurpose amphibious assault ship USS Bataan (LHD-5) fires a RIM-116 Rolling Airframe Missile (RAM). The RAM provides ships with self-defense against anti-ship missiles and asymmetric air and surface threats. Bataan and the 22nd Marine Expeditionary Unit (22nd MEU) are underway conducting routine qualifications. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Erik Foster. (Released)
全長 直径 翼幅 発射
重量
推進 誘導 制御 弾頭 射程 有効
射高
備考
2.79m 0.12m 0.43m 73.5s 固体ロケット PRH+IRH 空力カナード 榴弾11.33s 9.26q ◎1992年運用


※レイセオン・システムズ社製
RIM-7シリーズにはない艦上からのアップリンクによる中間期管制誘導のアップデート機能の他、遅延照射、間欠照射、全期間誘導等目標や作戦状況に応じて選択出来る新しい作動モードを導入
※発射システムはMk. 29旋回俯仰型8連装発射機、Mk. 41 VLS、Mk. 48 VLS。Mk. 41 VLSでは4発を1パックにまとめて1セルに装填、1発ずつ発射出来る

↑PACIFIC OCEAN (Aug. 24, 2014) - Sailors assigned to the combat systems department use a grove crane to lift an Evolved Sea Sparrow Missile (ESSM) during an ordnance handling evolution aboard the aircraft carrier USS Carl Vinson (CVN-70). Carl Vinson is underway off the coast of Southern California conducting carrier qualifications as part of a deployment to the western Pacific region. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Giovanni Squadrito. (Released)

↑Image courtesy of Shipbucket.
全長 直径 翼幅 発射
重量
推進 誘導 制御 弾頭 射程 有効
射高
備考
3.66m 0.203m
(前部)
0.254m
(後部)
280s 固体ロケット INS+DL+SARH 空力カナード+TVC 爆風破片型弾頭39s 30q〜50q ◎2004年運用


Update 15/10/10