AGER
環境調査艦


※データは軽輸送艦カマーノ級の項を参照
※排水量:895t 兵装:20o連装機銃2基(AGER-1のみ)、12.7o機銃4基(AGER-2はトムソンM1短機関銃10丁、M1911A1拳銃7丁、M14ライフル1丁、手榴弾1個(1967年12月には12.7o機銃2基を設置)) 乗員:83名
プエブロ(AGER-2)の内部画像

↑USS Banner (AGER-1) under way 12 May 1969, location unknown. Banner was the sister ship of USS Pueblo (AGER-2) which was captured by North Korea in January 1968. US Naval History and Heritage Command Photo #: NH 68703-KN. Image courtesy of NavSource.

↑USS Pueblo (AGER-2). Off San Diego, California, 19 October 1967. Official U.S. Navy Photograph. Image courtesy of HyperWar.
↑USS Pueblo (AGER-2). Off San Diego, California, 19 October 1967. Official U.S. Navy Photograph. Image courtesy of HyperWar.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
バナー
12
Banner AGER-1 キワニー・シップビルディング&エンジニアリング社 1952/11/24 1969/11/14 1969/11/14 ◎1950/7/1 海軍に移管、軽輸送艦(T-AKL-25)となり軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行する
◎バナー(AKL-25)として就役
◎1967/6/1 艦種を環境調査艦(AGER-1)に改める
◎1970/6/5 解体のため、日本のMitsui & Co. に売却
プエブロ
1234
Pueblo AGER-2 キワニー・シップビルディング&エンジニアリング社 1967/5/13 ◎1967/5/2(1967/6/1?) 艦種を環境調査艦(AGER-2)に改める
◎1967秋 修理
◎1967/11中旬 真珠湾にて修理
◎1967/12 横須賀にて修理、保全(12.7o機銃を設置)
1968/1/5〜9 この間、横須賀〜佐世保間にて暴風により損傷(操舵装置の具合が悪くなる、精密高周波機器用の信号発信機も不調、暴風により方向探知器アンテナの一部も切断(「情報収集艦プエブロ号 日本海のミステリー(上)」(大日本絵画より)))
1968/1/11 佐世保水道にて艦内放送のスピーカーの調子が悪くなり始める(「情報収集艦プエブロ号 日本海のミステリー(上)」(大日本絵画より))
1968/1/23 北朝鮮近海にて北朝鮮海軍魚雷艇六〇一型3隻に拿捕(123
後に元山にて政治目的の記念艦となる(1234
◎Korea Jan 1968.
パーム・ビーチ
12
Palm Beach AGER-3 キワニー・シップビルディング&エンジニアリング社 1966/6/18 1969/12/1 1969/12/1 ◎1966/5/18 海軍に移管
◎軽輸送艦パーム・ビーチ(AKL-45)として就役
◎1967/5/2 ピュージェット・サウンド海軍造船所で環境調査艦に改装、艦種記号をAGER-3に改め、再役
◎1969〜1970 この間、Bayou La BatreのRalston Robertsonに売却
◎後にPanamanian Co. に売却され商船Oro Verdeとなる
後に麻薬密輸に巻き込まれてケイマン諸島にて座礁
◎後にケイマン政府により人工環礁のため沈没処分


※データはフリゲイト・グローヴァーの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
グローヴァー
12
Glover AGER-158 バス鉄工所 1965/11/13 1990/6/15 1992/11/20 ◎1960会計年度に計画を立案
◎1959/12/16 計画中止
◎1961会計年度にAGER-163として再計画
◎1963/7/29 起工
◎1965/4/17 進水
◎1965/10/22 引き渡される
◎ボストン海軍工廠にて就役、艦種を護衛調査艦(AGDE-1)に改める


Update 18/09/09