AD
駆逐艦母艦

※1920年7月17日、艦種記号ADが各艦に与えられる
※データは特務巡洋艦ディキシー級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ディキシー
12
Dixie AD-1 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1898/4/19 1922/6/30 ◎1909/2/2 再役、艦種を駆逐艦母艦に改める
◎1920/7中旬 フィラデルフィア海軍工廠にて保管(~1921/4初め)
◎1922/9/25 解体のため売却
プレーリー
12
Prairie AD-5 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1898/4/8 1922/11/22 1922/11/22 ◎1917末 駆逐艦母艦に改装、艦種を駆逐艦母艦に改める
◎1923/6/22 解体のため、オークランドのLouis Rothernbergに売却
バッファロー Buffalo AD-8 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1898/9/22 1922/11/15 1927/5/27 ◎1918 フィラデルフィア海軍工廠で駆逐艦母艦に改装(~1918/6)、艦種を駆逐艦母艦に改める
◎退役後、Barracks Shipとなる
◎1927/9 売却


排水量:7,150t 全長:127.17m 幅:16.58m(16.59mともいわれる) 吃水:6.09m 主缶:バブコック&ウィルコックス缶2基 主機/軸数:パーソンズ式ギアード・タービン1基/1軸 出力:4,000馬力 速力:15.0kt 兵装:51口径127㎜単装砲8基、50口径76㎜単装対空砲1基、3ポンド砲2基~3基、457㎜単装魚雷発射管1基(後に51口径127㎜単装両用砲2基、50口径76㎜単装両用砲4基、40㎜連装対空機銃2基) 乗員:397名(後に士官34名、下士官兵391名)
※8tクレーンを搭載
↑USS Melville (AD-2). Steams past Yerba Buena Island, in San Francisco Bay, California, circa 1930. Collection of Lieutenant Ralph F. Nourse, donated by Lieutenant Commander J. R. Bradley, 1961. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
メルヴィル
12
Melville AD-2 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1915/12/3 1946/8/9 1947/4/23 ◎1913/11/11 起工
◎1915/3/2 進水
◎1916頃(1917初め?) 入渠
1917/7/26 パナマにてボイラー爆発事故により損傷
◎1948/3/30(1948/8/19?) 解体のため、ボルティモアのPatapsco Scrap Corp. に売却(売却額$332,124.00、沿岸機雷敷設艦ワサック Wassuc(CMc-3)と雑役艦サン・クレメンテ San Clemente(AG-79)のセットで)
◎Queenstown 1917-1918.


軽荷排水量:8,325t 満載排水量:12,450t 全長:147.24m 幅:18.62m 吃水:7.46m 主機/軸数:ギアード・タービン1基/1軸 出力:7,000馬力 速力:13.5kt 兵装:38口径127㎜単装砲4基、40㎜2連装機銃2基、20㎜連装機銃6基 乗員:514名
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12
↑USS Dobbin (AD-3). Off the Philadelphia Navy Yard, Pennsylvania, probably in 1925. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ドビン Dobbin AD-3 フィラデルフィア海軍工廠 1924/7/23 1946/9/27 ◎1946/12/24 海事委員会に移管
Pearl Harbor (4 killed).
ホイットニー Whitney AD-4 チャールズタウン海軍工廠 1924/9/2 1946/10/22 1947/1/22 ◎1946/11/21 海事委員会に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1948/3/18 解体のため、Dulien Ship Products Co. に売却
◎Atlantic Fleet 1924-1932. Pacific Fleet 1932-1946. Pearl Harbor.


※データは特務巡洋艦パンサーの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
パンサー
12
Panther AD-6 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1898/4/22 1922/5/10
(1922/5/16?)
1922/8/22 ◎1917/4 艦種を駆逐艦母艦に改める
◎1923/3/24 解体のためフィラデルフィアのTioga Steel Co. に売却


※データは給炭艦ハンニバル級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
レオニダス
12
Leonidas AD-7 S. P. Austin & Sons, Ltd. 1898/5/21 1921/11/28 1921/11/28 ◎1917/10/30 ポーツマス海軍工廠で改装、駆潜艇兼駆逐艦母艦に艦種を改める
◎1922/6/5(1922/6/6?) ワシントンD.C. のAmmunitions Products Corp. に売却され商船Elizabeth Hollandとなる
◎後に解体のため売却


軽荷排水量:5,690t 満載排水量:8,900t 全長:128.07m 幅:16.18m 吃水:8.68m 主機/軸数:レシプロ蒸気機関1基/1軸 出力:3,400馬力 速力:13.0kt 兵装:51口径127㎜単装砲4基(後に50口76㎜単装砲4基に換装)、40㎜連装機銃2基、20㎜単装機銃16基 乗員:471名
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ブラック・ホーク
12
Black Hawk AD-9 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1918/5/15 1946/8/15 1922/11/22 ◎1917/12/3 1913年進水の商船Santa Catalinaを取得し改装
◎1920/11 艦種記号AD-9を与えられる
◎1942/11/4 サン・フランシスコにてオーヴァーホール(~1943/3/16)
◎1947/9/4 海事委員会に移管


排水量:7,175t 全長:136.33m 幅:16.58m 吃水:8.90m 速力:12.5kt 兵装:127㎜砲8基 乗員:552名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ブリッジポート Bridgeport AD-10 ブレーマー・フルカン 1917/8/25 1924/11/3 ◎駆逐艦母艦として就役
◎1924/11/3 チャールズタウン海軍工廠にて予備艦隊に編入
◎除籍後、War Shipping Administrationに移管
◎1942/2 貨物船となる
◎1943/9 陸軍病院船に改装
◎1944/8 竣工、ラークスパー Larkspurと改名


軽荷排水量:6,250t 満載排水量:13,925t(AD-12は10,000t) 全長:129.20m(AD-12は128.93m) 幅:16.45m(AD-12は16.55m) 吃水:8.29m(AD-12は6.30m(平均)) 主機/軸数:ギアード・タービン1基/1軸 出力:2,500馬力 速力:10.5kt 兵装:127㎜砲4基、76㎜砲2基(AD-11のみ)、40㎜連装機銃4基(AD-12のみ)、20㎜連装機銃6基(AD-12のみ) 乗員:481名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アルタイア Altair AD-11 スキナー&エディー社 1921/12/6 1946/6/21 1946/7/21 ◎1919 貨物船エディスト Edistoを改装、識別番号船(ID-4156)として就役
◎1921/10/29 United States Shipping Boardから海軍に移管
◎1921/11/2 アルタイアと改名
◎除籍後、海事委員会に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1948/3/9 解体のため、ナパのBasalt Rock Co. に売却
デネボラ Denebola AD-12 スキナー&エディー社 1921/11/28 1946/4/10 ◎1921/11/4 1919年建造の貨物船エッジウッド EdgewoodをUnited States Shipping Boardに移管、フィラデルフィア海軍工廠で改装
◎1924/8/9 退役、フィラデルフィア海軍工廠にて保管
◎1940/4/6 再役
◎1946/7/1 海事委員会に移管


軽荷排水量:6,250t 満載排水量:10,000t 全長:129.20m 幅:16.55m 吃水:6.30m(平均) 主機/軸数:ギアード・タービン1基/1軸 出力:2,500馬力 速力:10.5kt 兵装:50口径76㎜単装砲4基、40㎜連装機銃4基、20㎜連装機銃6基 乗員:482名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
リゲル Rigel AD-13 スキナー&エディー社 1922/2/24 1946/7/11 ◎1921/11/16 1918年建造のエッジコム EdgecombeをUnited States Shipping Boardから海軍に移管、改装
◎1941 艦種を基地工作艦(ARb-1)に改める
◎1941/4/10 艦種を工作艦(AR-11)に改め、ブレマートンにてオーヴァーホール


軽荷排水量:14,037t 満載排水量:16,500t(AD-17~AD-19は17,176t) 全長:161.72m 幅:22.34m 吃水:7.49m 主機/軸数:蒸気タービン2基/2軸 出力:12,000馬力(AD-17~AD-19は11,300馬力) 速力:18.0kt(AD-17、AD-19は最大19.5kt、AD-18は19.6kt) 兵装:38口径127㎜単装砲4基(戦後逐次撤去)、40㎜機銃4基(AD-17、AD-19は40㎜連装機銃4基、AD-18は40㎜機銃8基)、20㎜機銃23基(AD-17~AD-19) 乗員:1,262名(AD-17、AD-19は1,076名、AD-18は1,050名)
↑Prairie (AD-15) underway, date and place unknown. Marine Photos, San Diego CA. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ディキシー Dixie AD-14 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1940/4/25 1982/6/15 ◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
プレーリー Prairie AD-15 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1940/8/5 1993/3/26 1993/3/26 1942/5/29 大西洋にて哨戒砲艦スプリー Spry(PG-64)の誤った砲撃により損傷、後にボストンにて修理
◎1943春 オーヴァーホール
◎1993/4/1 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
ピードモント Piedmont AD-17 タンパ・シップビルディング社 1944/1/5 1982/9/30 1986/8/6 1944/11/10 アドミラルティ諸島のシーアドラー湾にて給兵艦マウント・フッド Mount Hood(AE-11)の爆発事故により損傷
◎1982/10/18 トルコに貸与されDerya(A576)と改名(12345678910
◎後にオーヴァーホール
◎1988 Gölcük Naval Shipyardにて入渠
◎1994 除籍
シエラ Sierra AD-18 タンパ・シップビルディング社 1944/3/20 1993/10/15 1993/10/15 ◎1962/3/27 ノーフォーク海軍造船所にてFRAM II改装(~1962/9/15)
◎1995/8/25 解体のため売却
ヨセミテ Yosemite AD-19 タンパ・シップビルディング社 1944/3/26 1994/1/27 1994/1/27 ◎除籍後、国家防衛予備船隊に編入
◎2003/11/18 標的として沈没


軽荷排水量:11,755t 満載排水量:16,600t 全長:149.96m 幅:21.18m(21.25mともいわれる) 吃水:8.30m(8.38mともいわれる) 主缶:フォスターホイーラーD型缶2基 主機/軸数:ジェネラル・エレクトリック式蒸気タービン1基/1軸 出力:8,500馬力 速力:18.0kt(18.4ktともいわれる) 兵装:38口径127㎜単装両用砲4基(後に38口径127㎜単装両用砲2基を撤去)、40㎜連装機銃3基、20㎜4連装機銃2基 乗員:826名(857名ともいわれる)
C3-S-A2型貨物船を改装
※80tクレーンを搭載
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
カスケード Cascade AD-16 ウェスタン・スチール&パイプ社 1943/3/12 1974/11/22 1974/11/23 ◎1942/9/11 海軍に移管、サン・フランシスコのMatson Navigation Companyで駆逐艦母艦に改装、艦種を駆逐艦母艦(AD-16)に改める
◎1943/3/26 メア・アイランドにてオーヴァーホール(~1943/4/27、12
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/6/2 沖縄群島への強襲、占拠(~1945/6/30)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(~1946/3/27)
◎1947/2/12 フィラデルフィアにて退役、保管
◎1951/4/5 再役
◎1965/10 ボストン海軍工廠にてFRAM改装
◎1975/9/2(1975/10/1?) 海事局に移管、Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却


軽荷排水量:8,560t 満載排水量:14,800t(18,900tともいわれる) 全長:149.96m 幅:21.03m 吃水:8.71m 主缶:フォスターホイーラーD型缶2基 主機/軸数:ド・ラヴァル式ギアード・タービン1基(AD-21はジェネラル・エレクトリック式ギアード・タービン1基)/1軸 出力:8,500馬力 速力:17.0kt(18.4kt(公試)ともいわれる) 兵装:38口径127㎜単装両用砲1基、50口径76㎜単装両用砲4基、40㎜連装機銃2基、20㎜連装対空機銃20基(AD-21は38口径127㎜単装両用砲1基、50口径76㎜単装両用砲4基、40㎜連装機銃2基、20㎜連装対空機銃8基) 乗員:士官63名、下士官兵795名(AD-21は士官、下士官兵合わせて864名)
※30tクレーンを搭載
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ハムル
12
Hamul AD-20 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1941/6/14 1962/6/9 1963/7/1 ◎1942/6/2(1943/1/7?) 艦種を駆逐艦母艦(AD-20)に改める
◎1944晩秋? ブルックリン海軍工廠にてオーヴァーホール(~1944/12下旬)
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/5/10 沖縄群島への強襲、占拠(~1945/6/30)
◎1946 退役
◎1947 再役
◎1950/7/17 プリマスにて退役
◎1950秋 再役
◎1953/3/19 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Third Korean Winter)
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1975/10/16 解体のため、Levin Metals Corp. に売却
◎1975/12/2 Levin Metals Corp. に引き渡される
◎1976 解体
◎Taiwan Straits Dec 1958.
マーカブ Markab AD-21 インガルス・シップビルディング社 1941/6/15 1976/9/1 ◎1942/1/24 艦種を駆逐艦母艦(AD-21)に改める
◎1947/1 退役、オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1952/2/26 再役
◎1955/7/31 チャールストンにて退役
◎1960/4/15 艦種を工作艦(AR-23)に改める


軽荷排水量:8,165t 満載排水量:16,635t 全長:141.73m 幅:21.03m 吃水:8.22m 主缶:バブコック&ウィルコックス缶2基 主機/軸数:ギアード・タービン2基/1軸 出力:8,500馬力 速力:19.4kt 兵装:38口径127㎜単装砲1基、50口径76㎜単装砲4基、40㎜機銃4基、20㎜機銃20基 乗員:826名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
クロンダイク Klondike AD-22 トッド・パシフィック造船所 1945/7/30 1960/2/20 1974/9/15 ◎C3型貨物船を取得し改装
◎1944/8/12 進水
◎1946/11/30 退役、サン・ディエゴにて保管
◎1959/7/15 再役
◎1960/2/20 艦種を工作艦(AR-22)に改める
アーケイディア Arcadia AD-23 トッド・パシフィック造船所 1945/9/13 1968/6/28 1973/7/1 ◎C3型貨物船を取得し改装
◎1944/3/6 起工
◎1944/11/19 進水
◎1945/12~1946? 退役
◎1947/2/7 チャールストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎1951/8/1 再役
◎1968/11/15 James Riverにて国家防衛予備船隊に編入
◎1969/6/30 海事局に移管
◎1975/10 解体のため、San JoseのLevin Metalsに売却
エヴァーグレーズ Everglades AD-24 トッド・パシフィック造船所 1951/5/25 1970 1989/5/24 ◎C3型貨物船を取得し改装
◎1944/6/26 起工
◎1945/1/28 進水
◎1946/5/23 完成
◎1947/5/15 サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1990/7/2 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
フロンティア Frontier AD-25 トッド・パシフィック造船所 1946/3/2 1968/6/28 1972/12/1 ◎C3型貨物船を取得し改装
◎1945/3/25 進水
◎1947/9/29 退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1951/11/11 再役
◎1952/12? ピュージェット・サウンド海軍造船所にてオーヴァーホール
◎1965初春 入渠
◎退役後、海事局に移管(~1975/4/22)
◎1975/4/18 Zidell Explorations, Inc. に売却(売却額$350,616.99)


軽荷排水量:11,755t(AD-29は8,165t、AD-36は8,091t) 満載排水量:16,880t 全長:149.96m 幅:21.21m 吃水:8.53m 主機/軸数:ギアード・タービン1基/1軸 速力:18.0kt(AD-29は19.0kt) 兵装:38口径127㎜単装砲2基(AD-36は38口径127㎜単装砲1基)、40㎜機銃8基(AD-29、AD-36はなし)、20㎜機銃22基(AD-28、AD-31は20㎜機銃12基、AD-29、AD-36はなし) 乗員:1,035名(AD-27、AD-28は962名、AD-28は977名、AD-31は1,017名、AD-28は859名)
↑Shenandoah (AD-26) underway, date and place unknown. US Navy photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
シェナンドー Shenandoah AD-26 トッド・パシフィック造船所 1945/8/13 1980/4/1 1980/4/1 ◎C3型貨物船を取得し改装
◎1944/9/16 起工
◎1945/3/29 進水
◎1982/3/1 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
イエローストーン Yellowstone AD-27 トッド・パシフィック造船所 1946/1/16 1974/9/11 1974/9/12 ◎C3型貨物船を取得し改装
◎1944/10/16 起工
◎1945/4/12 進水
◎1946初め ピュージェット・サウンド海軍造船所にて修理
◎除籍後、海事局に移管
◎1975/9/2 解体のため、Luria Bros. Co., Inc. に売却(売却額$601,666.78)
グランド・キャニオン Grand Canyon AD-28 トッド・パシフィック造船所 1946/4/6 1978/9/1 ◎C3型貨物船を取得し改装
◎1945/4/27 進水
◎1963/6下旬 イースト・ボストンのベスレヘム・スチール社造船所にて近代化改装(~1964/1/3)
◎艦種を工作艦(AR-28)に改める
アイル・ロイヤル Isle Royal AD-29 トッド・パシフィック造船所 1962/6/9 1976/9/15 ◎C3型貨物船を取得し改装
◎1944/12/16 起工
◎1945/9/19 進水
◎1946/7/2 サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎除籍後、海事局に移管
◎1977/12/1 解体のため売却
グレート・レイクス Great Lakes AD-30 トッド・パシフィック造船所 ◎1944/8/12 艦種を駆逐艦母艦(AD-30)に改める
◎1945/4/16 起工
◎1946/1/7 建造中止
タイドウォーター
123
Tidewater AD-31 チャールストン海軍工廠 1946/2/19 1971/2/20 ◎C3型貨物船を取得し改装
◎1944/8/12 艦種を駆逐艦母艦(AD-31)に改める
◎1944/11/27 起工
◎1945/6/30 進水
◎1946 退役、チャールストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎1951/10/2 再役
◎1953/8/12 ノーフォーク海軍造船所にてオーヴァーホール(~1953秋)
◎1962/6 ノーフォーク海軍造船所にてオーヴァーホール(~1969春?)
◎1971/2/20 インドネシアに貸与されDumai(652)と改名
◎1980/3/1 インドネシアに売却
◎1984 除籍
ニュー・イングランド New England AD-32 タンパ・シップビルディング社 ◎1944/8/12(1944/8/14?) 艦種を駆逐艦母艦(AD-32)に改める
◎1944/9/2 ニュー・イングランドと命名
◎1944/10/1 起工
◎1945/8/12 建造中止
◎1946/4/1 進水
カノーパス Canopus AD-33 メア・アイランド海軍工廠 ◎1944/9/27 艦種を駆逐艦母艦(AD-33)に改める
◎1945/3/15 起工
◎1945/8/12 建造中止
アローヘッド Arrowhead AD-35 海軍工廠ピュージェット・サウンド ◎艦種を駆逐艦母艦(AD-35)に改め、アローヘッドと改名
◎1944/12/1 起工
◎1945/8/12 建造中止
ブライス・キャニオン Bryce Canyon AD-36 チャールストン海軍工廠 1950/9/15 1981/6/30 1981/6/30 ◎工事中の船体をチャールストン海軍工廠に移動。艦種を駆逐艦母艦(AD-36)に改め、ブライス・キャニオンと改名
◎1945/7/5 起工
◎1946/3/7 進水
◎除籍後、海事局に移管
◎1982/4/1 解体のため売却


※データは工作艦アルコアの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アルコア Alcor AD-34 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1941/9/4 1946/8/5 1946/8/28 ◎1944/11/6 艦種を駆逐艦母艦(AD-34)に改める
◎1946/8/6 解体のため売却


軽荷排水量:13,458t(AD-41は13,315t、AD-42は13,526t、AD-43、AD-44は13,482t) 満載排水量:20,132t(AD-41は20,263t、AD-42は21,916t、AD-43、AD-44は20,429t) 全長:195.98m(AD-41、AD-43、AD-44は195.68m) 幅:25.90m 吃水:9.14m(制限、AD-41は8.22m、AD-42~AD-44は7.62m) 主缶:缶2基 主機/軸数:蒸気タービン1基/1軸 出力:20,000馬力 速力:20.0kt+(AD-41~AD-43は20.0kt) 兵装:38口径127㎜単装砲1基(AD-37、AD-38、AD-41のみ。後に撤去)、40㎜機銃2基、20㎜機銃4基(AD-41~AD-44は20㎜機銃2基) 乗員:1,056名(AD-38は1,806名、AD-41~AD-44は1,500名)
※駆逐艦母艦と艦種名にかかわらず、原子力からガス・タービン推進を含む巡洋艦やフリゲイト等一般の水上戦闘艦の支援が可能で、ミサイル駆逐艦クラスなら同時に6隻までを横付けして同時に支援出来る
※後部にDASH格納庫を新造時から装備しない等一部変更があり、AD-41以降をイエローストーン級ともいわれる
※後にDASH格納庫は修理工場に改める。AD-39、AD-40はそれぞれ1969年度、1973年度で建造が認められたが、他艦の予算不足を補う為等の理由でキャンセルされている
↑Shenandoah (AD-44) underway, place and date unknown. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サミュエル・ゴンパース
12
Samuel Gompers AD-37 ピュージェット・サウンド海軍造船所 1967/7/1 1995/10/27 1999/4/7 ◎1964/7/9 起工
◎1966/5/14 進水
◎退役後、ポーツマスにてNaval Inactive Ship Maintenance Facility(NISMF)により係船
◎1999/4/7 海事局に移管
◎2003/7/22 標的として沈没
ピュージェット・サウンド Puget Sound AD-38 ピュージェット・サウンド海軍造船所 1968/4/27 1996/1/27 ◎1965/2/15 起工
◎1966/9/16 進水
◎退役後、フィラデルフィアにてNaval Inactive Ship Maintenance Facility(NISMF)によりカテゴリー“B”保管
AD-39 ◎未着手のまま建造中止
AD-40 ◎1974 未着手のまま建造中止
イエローストーン Yellowstone AD-41 ナショナル・スチール&シップビルディング 1980/6/28 1996/1/31 1999/4/7 ◎1977/6/27 起工
◎1979/1/27 進水
1986/9/22 ヴァージニアにて給油艦トラッキー Truckee(T-AO-147)と衝突
◎除籍後、James Riverにて国家防衛予備船隊に編入
◎2001/7/28 海事局に移管
アカディア Acadia AD-42 ナショナル・スチール&シップビルディング 1981/6/6 1994/12/16 ◎1978/2/14 起工
◎1979/7/28 進水
◎1985/8 サン・ディエゴにてオーヴァーホール(~1985/12中旬)
◎退役後、真珠湾にてNaval Inactive Ship Maintenance Facility(NISMF)によりカテゴリー“B”保管(123
◎2010/9/20 ヴァリアント・シールド演習に、標的として沈没(12345
ケープ・コッド Cape Cod AD-43 ナショナル・スチール&シップビルディング 1982/4/17 1995/9/29 1999/4/7 ◎1979/1/27 起工
◎1980/8/2 進水
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入(12
◎2012/3 解体のため、 BrownsvilleのESCO Marineに売却
◎2012/3/30 BrownsvilleのESCO Marineへ曳航
シェナンドー Shenandoah AD-44 ナショナル・スチール&シップビルディング 1983/8/15 1996/9/13 1999/4/7 ◎1980/8/2 起工
◎1982/2/6 進水
◎2001/7/28 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入(12
AD-45 ◎未着手のまま建造中止
AD-46 ◎未着手のまま建造中止


Update 17/02/25