YFD
工廠用浮きドック(非自走)

※1920年7月17日、艦種記号YFDが各艦に与えられる
排水量:18,500t 全長:152.93m 幅:30.48m 吃水:1.98m(empty)
↑USS Jason (AV-2). In the Dewey Drydock, at Olongapo, Philippine Islands, on 9 March 1932. USS Canopus (AS-9) is in the upper right, with four submarines moored alongside. The outboard submarine is S-38 (SS-143). Photograph from Department of the Navy collections in the U.S. National Archives.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
デューイ Dewey YFD-1 メリーランド・スチール社 ◎1905初め 起工
◎1905/6/10 進水
◎1905/12/28〜1906/7/9 ルソンへ曳航
◎1942/4/8 スービック湾にて日本軍に拿捕されるのを防ぐため沈没処分、後に日本軍に引き揚げられる
後にアメリカ軍の攻撃により沈没


↑Floating Drydock YFD-2. Arrives at Pearl Harbor, Hawaii, on 23 August 1940, after being towed from New Orleans, Louisiana. It is still marked "U.S. Naval Station New Orleans, La". USS Osceola (YT-129) is in the right foreground, assisting. One of the other tugs is probably USS Sunnadin (AT-28). An unidentified destroyer seaplane tender (AVD) is tied up at the Ford Island fuel dock, in the left center. Visible in the distance, moored on the other side of Ford Island, are (from left to right): USS Yorktown (CV-5), two destroyers, USS Wright (AV-1) and two light cruisers. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-2 1941/12/7 真珠湾にて日本海軍機の爆撃により沈没、後に引き揚げられ修理


※データは中型浮きドック(非自走)AFDM-1級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-3 1986/9/1 ◎後に艦種を中型浮きドック(非自走)(AFDM-1)に改める
YFD-4 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/10 ◎1943/1 起工
◎1942/10 引き渡される
◎1945 艦種を中型浮きドック(非自走)(AFDM-2)に改める


※データは中型浮きドック(非自走)AFDM-3級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-6 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/12 2000/11/15 ◎1943/1 起工
◎1943 艦種を中型浮きドック(非自走)(AFDM-3)に改める
YFD-21 エヴァレット・パシフィック・シップビルディング社 1943/2 1997/8/22 ◎1945 艦種を中型浮きドック(非自走)(AFDM-5)に改める
YFD-62 エヴァレット・パシフィック・シップビルディング社 1997/8 1997/8/21 ◎1944/6 引き渡される
◎1945 艦種を中型浮きドック(非自走)(AFDM-6)に改める
YFD-63 エヴァレット・パシフィック・シップビルディング社 1997/8 ◎1945/1 引き渡される
◎1945 艦種を中型浮きドック(非自走)(AFDM-7)に改める
YFD-64 シカゴ・ビルディング&アイアン社 1944/11/28 1946/6/8 1997/8/22 ◎1946/8/1 艦種を中型浮きドック(非自走)(AFDM-8)に改める
YFD-65 シカゴ・ビルディング&アイアン社 ◎後に艦種を中型浮きドック(非自走)(AFDM-9)に改める
YFD-67 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 ◎1945/1/1 引き渡される
◎1945 艦種を中型浮きドック(非自走)(AFDM-10)に改める


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-7 ◎1980/5/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-8 ◎1981/12/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-9 ◎1979/10/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-15


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-23 ◎1985/2/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-34


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-42 ◎1969/3/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却


軽荷排水量:4,200t 全長:125.57m
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-54 General Constr. Co. 2004/6/22 ◎1943/4/1 引き渡される


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-55 ◎1973/9/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却


軽荷排水量:4,200t 全長:125.57m
↑"Docking Test of YFD-60."; 26 May 1944; photographer unknown. Here Pamlico serves as a test-bed for the floating drydock YFD-60. Other than her war-time gray paint, note how little her appearance has changed over the years.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-60


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-68 1989/1/15 ◎1990/10/10 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却


軽荷排水量:5,900t 全長:182.27m
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-69 カイザー社 2004/2/27 ◎1945/4/1 引き渡される
YFD-70 Columbia Constr. Co. 2007/3/29 ◎1945/7/1 引き渡される
YFD-82


※データは小型浮きドック(非自走)AFDL-1級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YFD-83 Foundation Co. 2006/4/4 ◎後に艦種を工廠用浮きドック(非自走)(YFD-83)に改める
◎除籍後、General Services Administration(GSA)に移管


Update 09/07/11