無人ヘリコプター

※FYは会計年度 Fiscal Yearの略
ジャイロダイン社製 初飛行:1959年(DSN-1) QH-50Dデータ=主ローター直径:6.09m 全幅:1.61m(ローター回転時) 全長:2.36m(ローター回転時) 全高:3.00m 重量(ASW任務時):1,056s パワープラント:出力272kWのボーイング製T50-BO-12ターボシャフト・エンジン2基 最大速度:148q/h 実用上昇限度:4,785m 戦闘行動半径:74.12q 兵装:精密誘導兵器(PGM):Mk. 43/Mk. 44/Mk. 46音響追尾魚雷 無誘導弾薬:Mk. 17核爆雷(QH-50のみ)
※1962年9月18日の3軍統一命名法によりDSNはQH-50になる
※DASHは無人対潜ヘリコプター(Drone Anti-Submarine Helicopter)の略
↑Undated picture of the DASH radio controlled ASW helicopter on the after small flight deck aboard destroyer James C. Owens (DD-776). Image courtesy of NavSource.
↑Image courtesy of GlobalSecurity.org.
FY Block No. Bu.No.
()内は製造番号
機数、備考1 備考2
Bu.No. 直後の()内の
番号は製造番号
DNS-1 001000〜001008
(c/n DS-1000〜DS-1008)
◎9機 1962年10月以降の名称はQH-50A
DNS-3 001009〜001099
(c/n DS-1009〜DS-1099)
◎91機 1962年10月以降の名称はQH-50C
QH-50C 001100〜001385
(c/n DS-1100〜DS-1385)
◎286機 001278〜001280は1966年11月に軍事援助計画(MAP)により海上自衛隊に無償供与(DS-1278〜DS-1280、1975年に全機運用終了)。001193〜001196、001382は1965年1月にジャイロダイン社にもどりQH-50Dに改造。残った機体は1995年に陸軍に移管(2006年5月に全機運用終了)
QH-50D 001386〜001758
(c/n DS-1386〜DS-1758)
◎373機 001482は1974年に陸軍に移管。001494は1966年11月に軍事援助計画(MAP)により海上自衛隊に無償供与(DS-1494、1977年に運用終了)。001717〜001719は1969年8月にジャイロダイン社にもどりQH-50Eに改造、YQH-50Eに改める。残った機体は1995年に陸軍に移管(2006年5月に全機運用終了) 001482は後にイギリスのサマーセットのWeston-Super-Marenのヘリコプター博物館に売却。2014年10月2日にWeston-Super-Marenに到着
◎001717はニュー・メキシコ州の陸軍倉庫内で処分待ち


Update 15/01/11