AR
工作艦

※1920年7月17日、艦種記号ARが各艦に与えられる
軽荷排水量:10,000t(10,620tともいわれる) 満載排水量:13,000t 全長:147.24m 幅:21.33m 吃水:5.51m(6.27mともいわれる) 主缶:Bureau modified ソーニクロフト缶2基 主機/軸数:パーソンズ式ギアード蒸気タービン/1軸 出力:7,000馬力 速力:16.0kt 兵装:38口径127o単装砲4基、50口径76o単装対空砲2基、6ポンド砲2基 乗員:466名(512名ともいわれる)
※船体部分は駆逐艦母艦ドビン級と同一
※容量8tのデリック2基搭載し充実した医療設備を持っていた
↑USS Medusa (AR-1) at anchor, date and location unknown. US Navy photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
メデューサ Medusa AR-1 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1924/9/18 1947/11/18 ◎1920/1/2 起工
◎1923/4/16 進水
1944/5 Buna Shoalにて座礁
◎1944/6 シドニーにて修理
◎退役後、海事委員会に移管
◎1950/8/24 解体のため、Zeidell Shipwrecking Co. に売却
◎Pacific Fleet. Pearl Harbor.


※データは駆逐艦母艦ブリッジポートの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ブリッジポート Bridgeport AR-2 ブレーマー・フルカン 1917/8/25 1924/11/3 ◎第一次大戦時、戦利船としてドイツから1901年建造の汽船Breslauを収集家が取得
◎後にUnited States Shipping Boardが取得
◎海軍に移管、工作艦に改装
◎1917/6/9 改装後、艦種を工作艦第2号に改め、ブリッジポートと改名
駆逐艦母艦として就役


※データは給炭艦ヴェスタル級の項を参照
※AR-3は兵装:38口径127o単装砲2基、50口径76o単装砲4基、40o機銃4基 乗員:737名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
プロメテウス Prometheus AR-3 メア・アイランド海軍工廠 1910/1/15 1946/7/1 1946/7/31 ◎1913/4/7 退役、工作艦第2号 Repair Ship No. 2に改装
◎1914/12/23 再役、プロメテウスと改名
◎1946/7/1 太平洋予備艦隊に編入
◎1946/7/31 海事委員会に移管され保管
◎1950/8/29 解体のため、ポートランドのZiedell Shipwrecking Co. に売却
ヴェスタル
12
Vestal AR-4 ニュー・ヨーク海軍工廠 1909/10/4 1946/8/14 1946/9/25 ◎1913/9/3 フィラデルフィア海軍工廠で工作艦第4号 Repair Ship No. 4に改装
◎退役後、太平洋予備艦隊に編入
◎1950/7/28 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
◎Mexican Intervention, 1914. Queenstown, 1917-1918. Pearl Harbor (1, 2), Okinawa.


軽荷排水量:9,140t 満載排水量:16,200t(17,000tともいわれる) 全長:161.54m 幅:22.35m 吃水:7.11m(最大7.92mともいわれる) 主缶:バブコック&ウィルコックス缶4基 主機/軸数:ロサンゼルス・シップビディング&ドライドック式ギアード蒸気タービン2基/2軸 出力:11,000馬力(11,535馬力ともいわれる) 速力:19.2kt 兵装:38口径127o単装両用砲4基、40o連装対空機銃4基 乗員:1,058名(士官53名、下士官兵1,244名ともいわれる、AR-8は士官、下士官兵合わせて1,158名)
※20tクレーンを搭載
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヴァルカン Vulcan AR-5 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1941/6/14 1991/9/30 1992/7/28 ◎1991/9/30 予備役に編入
エイジャックス Ajax AR-6 ロサンゼルス・シップビディング&ドライドック社 1943/10/3 1986/12/31 1989/5/16 ◎1986/12/31 予備役に編入
◎1997/5/23 解体のため売却
ヘクター Hector AR-7 ロサンゼルス・シップビディング&ドライドック社 1944/2/7 1994/7/1 ◎退役後、予備役に編入
ジェイソン Jason AR-8 ロサンゼルス・シップビディング&ドライドック社 1944/6/19 1995/6/24 1995/6/24 ◎1957/9/9 艦種を工作艦(AR-8)に改める
◎1966/3/4 ブレマートン海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1966/6上旬)
◎1968/7/25 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive-Phase V Campaign、〜1968/8/16)
◎1969/12/27 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Winter-Summer 1970 Campaign、〜1970/1/21)
◎1971/3/23 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive-Phase VII Campaign、〜1971/4/13)
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入(12
1986/2/10 真珠湾南西海域にて艦隊給油艦ウィラメット Willamette(AO-180)と衝突
◎2006/11/9 解体のため、BrownsvilleのMarine Metal, Inc. に売却
◎2007/1/8 BrownsvilleのMarine Metal, Inc. に引き渡される(123
◎Iran/Indian Ocean Dec 1980-Feb 1981, Libya Oct-Dec 1987, Aug 1989, Gulf War Jan-Apr 1991.


軽荷排水量:8,975t 満載排水量:14,000t 全長:149.50m 幅:21.18m 吃水:7.16m 主缶:バブコック&ウィルコックスheader-type缶2基 主機/軸数:ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック式ギアード蒸気タービン1基/1軸 出力:8,500馬力 速力:18.0kt 兵装:38口径127o単装両用砲1基、50口径76o単装両用砲1基、28o4連装機銃2基(後に38口径127o単装両用砲1基、50口径76o単装両用砲1基、40o連装対空機銃2基、20o連装対空機銃10基) 乗員:900名(903名とも士官40名、下士官兵884名ともいわれる)
C3型(改良)貨物船を改装
※30tクレーンを搭載
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
デルタ Delta AR-9 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1941/6/16 1970/6/20 1977/10/1 ◎1942/7/1 フィラデルフィアのクランプ・シップヤードで工作艦に改装(〜1943/3/3)、艦種を工作艦(AR-9)に改める
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1943/3/19 チュニジアにて作戦の任務(〜1943/6/22)
◎1943/6/23 チュニジアにて作戦の任務(〜1943/7/9)
◎1944/8/5 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1947/3/5 フィラデルフィアにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1950/11/1 再役
◎1952/9/10 朝鮮戦争中、戦域に割り当てられる(Korean Defense Summer-Fall 1952、〜1952/10/15)
◎1955/12/1 タコマにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1959/11/1 ブレマートン海軍造船所にて再役
◎1969/6/26 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnam Summer-Fall 1969、〜1969/7/27)
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1983/7/19 解体のため、Sabine Towing & Transportation Co. & Schnitzer Steel Products Co. に売却
◎1983/11/1 台湾のChi Shuu Hua Steel Co., LTD. へ曳航、後に解体
◎Tokyo Bay.
ブリアレウス Briareus AR-12 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1943/11/15 1955/9/9 1977/1/1 ◎1943/2/16 海軍に移管、ブルックリンのベスレヘム・スチール社で工作艦に改装、艦種を工作艦(AR-12)に改め、ブリアレウスと改名
◎1946/10/15 予備役に編入
◎1951/9/22 再役
◎1955/9/9 予備役に編入
◎1980/11/19 売却


排水量:12,250t 全長:135.63m 幅:18.28m 吃水:7.86m 速力:16.5kt 兵装:50口径76o砲4基、40o機銃2基、20o機銃8基 乗員:734名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アルコア Alcor AR-10 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1941/9/4 1946/8/5 1946/8/28 ◎1941/12/22 艦種を工作艦(AR-10)に改める
◎1944/11/6 艦種を駆逐艦母艦(AD-34)に改める


※データは駆逐艦母艦リゲルの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
リゲル Rigel AR-11 スキナー&エディー社 1922/2/24 1946/7/11 ◎1941/4/10 艦種を工作艦(AR-11)に改め、ブレマートンにてオーヴァーホール
◎1941/7中旬 真珠湾にて修理、改装
1941/12/7 真珠湾にて日本海軍機の攻撃により損傷
◎1941/12 損傷修理、改装(〜1942/4/7)
◎1946/7/12 海事委員会に移管
Pearl Harbor, Saidor, Western New Guinea.


軽荷排水量:7,826t(AR-14は6,266t) 全長:149.96m 幅:21.21m 吃水:8.41m 主機/軸数:ディーゼル 速力:16.5kt 兵装:38口径127o単装砲2基、50口径76o砲4基 乗員:921名
C3型(改良)貨物船を改装
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アンフィオン Amphion AR-13 タンパ・シップビルディング社 1946/1/30 ◎後に海軍に移管
◎1977/3/1 イランに売却
カドマス Cadmus AR-14 タンパ・シップビルディング社 1946/4/23 1971/9/14 1974/1/15 ◎後に海軍に移管
◎1971/9/14 予備役に編入
◎1974/4/22 台湾に売却されA521となる


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
デュカリオン Deucalion AR-15 シアトルタコマ・シップビルディング社 ◎1945/8/11 未着手のまま建造中止
マーズ Mars AR-16 ◎1945/8/12 未着手のまま建造中止


軽荷排水量:5,801t 満載排水量:10,920t(AR-21は14,250t) 全長:134.59m 幅:17.10m 吃水:6.70m 主機/軸数:レシプロ蒸気機関1基/1軸 出力:2,500馬力 速力:12.5kt 兵装:38口径127o単装両用砲1基、50口径76o単装砲3基、40o機銃4基、20o機銃12基 乗員:525名
EC2-S-C1型“リバティ・シップ”を改装
↑USS Laertes (AR-20). Photographed 1 April 1945 from a Naval Air Station, Norfolk, Virginia, aircraft flying at a 300-foot altitude. Official U.S. Navy Photograph, from the collections of the Naval Historical Center.
※緑枠はイギリスに貸与され戦後返還された艦
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ディリジェンス Diligence AR-18 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 ◎1944/8/16 海軍が取得し、艦種を工作艦(AR-18)に改める
◎1944 イギリスに貸与されディリジェンス(F.174)と改名
◎1946/1/29 イギリスより返還
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1973(1974?) Kaohsiung(Karachi?)にて解体
ザンサス Xanthus AR-19 ベスレヘム・スチール社フェアフィールド造船所 1945/5/9 1946春(1947?) 1962/9/1 ◎1944/8/16 海軍が取得
◎1944/12/6 艦種を工作艦(AR-19)に改め、ザンサスと改名
◎退役後、海事委員会に移管、James Riverにて係船
◎1974 クリーヴランドにて解体
ラエルテス Laertes AR-20 ベスレヘム・スチール社フェアフィールド造船所 1945/3/24 1954/2/26 ◎1944/9/28 海軍が取得し、ボルティモアのメリーランド・ドライ・ドック社で工作艦に改装、艦種を工作艦(AR-20)に改め、ラエルテスと改名
◎1947/1/15 退役、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1951/12/19 再役
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1961/8 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1972 タコマにて解体
ディオニサス Dionysus AR-21 ベスレヘム・スチール社フェアフィールド造船所 1945/4/28 1955/7/1 ◎1944/10/25 海軍が取得し、艦種を工作艦(AR-21)に改め、ディオニサスと改名
◎1947/1/31 退役、サン・ペドロにて太平洋予備艦隊に編入
◎1952/2/13 再役
◎退役後、オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
1978 主機はニューポート・ニューズのMariners Museumに寄贈、船体は解体


※データは駆逐艦母艦クロンダイク級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
クロンダイク Klondike AR-22 トッド・パシフィック造船所 1945/7/30 1960/2/20 1974/9/15 ◎1960/2/20 艦種を工作艦(AR-22)に改める
◎除籍後、海事局に移管
◎1975/5/8 売却


※データは駆逐艦母艦ハムル級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
マーカブ Markab AR-23 インガルス・シップビルディング社 1941/6/15 1976/9/1 ◎1960/4/15 艦種を工作艦(AR-23)に改める
◎1960/7/1 再役
◎除籍後、海事局に移管
◎1977/4/12 売却


※データは駆逐艦母艦シェナンドー級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
グランド・キャニオン Grand Canyon AR-28 トッド・パシフィック造船所 1946/4/6 1978/9/1 ◎艦種を工作艦(AR-28)に改める
◎除籍後、海事局に移管
◎1980/5/29 売却


Update 17/02/25