EC2−S−C1
“LIBERTY SHIP”


軽荷排水量 4,023t
満載排水量 14,250t
全長 134.63m
17.10m
吃水 8.44m
主缶 缶2基
主機 General Machinery Corp. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 11、MC hull 136、MC hull 138、MC hull 742、MC hull 743、MC hull 746、MC hull 1043、MC hull 1519、MC hull 1521はアラバマ・マリーン・エンジン式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 12、MC hull 56、MC hull 112、MC hull 130、MC hull 145、MC hull 146、MC hull 179、MC hull 190、MC hull 193、MC hull 195、MC hull 198、MC hull 238、MC hull 242、MC hull 245、MC hull 347、MC hull 348、MC hull 543、MC hull 547、MC hull 553、MC hull 560、MC hull 568、MC hull 656、MC hull 660、MC hull 665、MC hull 673、MC hull 675、MC hull 682、MC hull 745、MC hull 860、MC hull 877、MC hull 878、MC hull 881、MC hull 883、MC hull 1029〜MC hull 1031、MC hull 1035、MC hull 1038、MC hull 1041、MC hull 1042、MC hull 1044、MC hull 1045、MC hull 1048、MC hull 1056、MC hull 1058〜MC hull 1060、MC hull 1115、MC hull 1200、MC hull 1201、MC hull 1203、MC hull 1215、MC hull 1221、MC hull 1222、MC hull 1496、MC hull 1497、MC hull 1499、MC hull 1500、MC hull 1507、MC hull 1513、MC hull 1514、MC hull 1516、MC hull 1517、MC hull 1518、MC hull 1528、MC hull 1530、MC hull 1531、MC hull 1533、MC hull 1542、MC hull 1544、MC hull 1545、MC hull 1547、MC hull 1567、MC hull 1954、MC hull 1957〜MC hull 1960、MC hull 1962、MC hull 1965、MC hull 1966、MC hull 2304、MC hull 2316、MC hull 2321〜MC hull 2333、MC hull 2351、MC hull 2355、MC hull 2359、MC hull 2421、MC hull 2429、MC hull 2470、MC hull 2472、MC hull 2474、MC hull 2476、MC hull 2479、MC hull 2488、MC hull 2490、MC hull 2602、MC hull 2633、MC hull 2638、MC hull 2641、MC hull 2648、MC hull 2654、MC hull 2658、MC hull 2660、MC hull 2806、MC hull 2810、MC hull 2909はFiler & Stowell Co. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 19、MC hull 24、MC hull 26、MC hull 28、MC hull 29、MC hull 33、MC hull 36〜MC hull 38、MC hull 41、MC hull 43、MC hull 45、MC hull 46、MC hull 48〜MC hull 53、MC hull 55、MC hull 60〜MC hull 63、MC hull 137、MC hull 301、MC hull 302、MC hull 304、MC hull 307、MC hull 312、MC hull 340、MC hull 446、MC hull 771、MC hull 786、MC hull 791、MC hull 795〜MC hull 797、MC hull 799、MC hull 811、MC hull 814、MC hull 817、MC hull 863、MC hull 864、MC hull 866、MC hull 867、MC hull 876、MC hull 879、MC hull 915、MC hull 917、MC hull 921、MC hull 927、MC hull 930、MC hull 938、MC hull 942、MC hull 945、MC hull 949、MC hull 950、MC hull 958、MC hull 962、MC hull 965、MC hull 966、MC hull 969、MC hull 976、MC hull 977、MC hull 988、MC hull 997、MC hull 1007、MC hull 1021、MC hull 1462、MC hull 1766、MC hull 1775、MC hull 1784、MC hull 1790、MC hull 1793、MC hull 1803、MC hull 1808、MC hull 1815、MC hull 1828、MC hull 1837、MC hull 1841、MC hull 1844、MC hull 2412、MC hull 2417、MC hull 2589、MC hull 2593、MC hull 2601、MC hull 2610、MC hull 2617、MC hull 2619、MC hull 2624、MC hull 2625、MC hull 2632、MC hull 2637、MC hull 2642、MC hull 2644、MC hull 2645、MC hull 2647、MC hull 2649、MC hull 2657、MC hull 2661、MC hull 2667、MC hull 2670、MC hull 2671、MC hull 3065、MC hull 3067、MC hull 3070、MC hull 3079、MC hull 3083、MC hull 3088、MC hull 3090、MC hull 3093、MC hull 3097、MC hull 3102、MC hull 3118はWorthington Pump & Machinery Corp. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 21、MC hull 399、MC hull 400、MC hull 595、MC hull 626〜MC hull 628、MC hull 630、MC hull 858、MC hull 1548、MC hull 1551、MC hull 1573、MC hull 1576、MC hull 1586、MC hull 1589、MC hull 1590、MC hull 1592〜MC hull 1631、MC hull 1671、MC hull 1700、MC hull 1703、MC hull 1705、MC hull 1710、MC hull 1711、MC hull 1732、MC hull 1733、MC hull 1862、MC hull 1865、MC hull 1873、MC hull 1876、MC hull 1935、MC hull 1936、MC hull 1938、MC hull 1939、MC hull 1941、MC hull 1943、MC hull 1948、MC hull 1951、MC hull 1953、MC hull 2003〜MC hull 2098、MC hull 2102、MC hull 2104、MC hull 2111、MC hull 2137、MC hull 2142、MC hull 2161、MC hull 2230、MC hull 2245〜MC hull 2261、MC hull 2263、MC hull 2264、MC hull 2267、MC hull 2290、MC hull 2292、MC hull 2294〜MC hull 2301、MC hull 2420、MC hull 2422、MC hull 2423、MC hull 2426〜MC hull 2428、MC hull 2430、MC hull 2448、MC hull 2449、MC hull 2452〜MC hull 2454、MC hull 2456〜MC hull 2463、MC hull 2465、MC hull 2519〜MC hull 2537、MC hull 2544、MC hull 2545、MC hull 2568〜MC hull 2584、MC hull 2701、MC hull 2706、MC hull 2709、MC hull 2722、MC hull 2730、MC hull 2735、MC hull 2740、MC hull 2744、MC hull 2790、MC hull 2793〜MC hull 2795、MC hull 2797〜MC hull 2799、MC hull 2802、MC hull 2908、MC hull 2911〜MC hull 2932はIron Fireman Manufacturing Co. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 22、MC hull 34、MC hull 39、MC hull 42、MC hull 95、MC hull 142、MC hull 201〜MC hull 203、MC hull 205、MC hull 207、MC hull 315〜MC hull 317、MC hull 333〜MC hull 335、MC hull 341、MC hull 342はClark Bros. Co. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 35、MC hull 161、MC hull 165、MC hull 217、MC hull 610、MC hull 865はトレド・シップビルディング式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 47、MC hull 57、MC hull 349、MC hull 351、MC hull 770、MC hull 778、MC hull 790、MC hull 810、MC hull 823、MC hull 827、MC hull 882、MC hull 887、MC hull 922、MC hull 933、MC hull 941、MC hull 947、MC hull 1052、MC hull 1054、MC hull 1055、MC hull 1057、MC hull 1063、MC hull 1064、MC hull 1067〜MC hull 1070、MC hull 1072、MC hull 1073、MC hull 1460、MC hull 1525〜MC hull 1527、MC hull 1529、MC hull 1798、MC hull 2000〜MC hull 2002、MC hull 2189、MC hull 2200、MC hull 2204、MC hull 2432、MC hull 2434〜MC hull 2436、MC hull 2438、MC hull 2439、MC hull 2441〜MC hull 2443、MC hull 2445、MC hull 2446、MC hull 3021、MC hull 3023、MC hull 3031、MC hull 3040、MC hull 3044、MC hull 3047、MC hull 3051、MC hull 3054、MC hull 3056、MC hull 3061、MC hull 3063、MC hull 3071、MC hull 3075、MC hull 3077、MC hull 3080、MC hull 3082、MC hull 3092、MC hull 3095、MC hull 3103はヴァルカン鉄工所式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 54、MC hull 309、MC hull 769、MC hull 916、MC hull 920、MC hull 923〜MC hull 926、MC hull 934、MC hull 936、MC hull 944、MC hull 954、MC hull 960、MC hull 970、MC hull 971、MC hull 980、MC hull 989、MC hull 998、MC hull 1003、MC hull 1013、MC hull 1022、MC hull 1761、MC hull 1769、MC hull 1788、MC hull 1796、MC hull 1810、MC hull 1822、MC hull 1834、MC hull 1847、MC hull 2409、MC hull 2416、MC hull 2591、MC hull 2597、MC hull 2605、MC hull 2611、MC hull 2620、MC hull 2627、MC hull 2635、MC hull 2643、MC hull 2652、MC hull 2659、MC hull 2665、MC hull 2673はEllicott Machine Corp. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 66〜MC hull 68、MC hull 70〜MC hull 86、MC hull 88〜MC hull 90、MC hull 92〜MC hull 94、MC hull 241、MC hull 244、MC hull 246〜MC hull 248、MC hull 250〜MC hull 264、MC hull 278〜MC hull 284、MC hull 287〜MC hull 293、MC hull 295〜MC hull 297、MC hull 299、MC hull 300、MC hull 319、MC hull 321〜MC hull 332、MC hull 418〜MC hull 424、MC hull 429、MC hull 431、MC hull 433、MC hull 437、MC hull 439〜MC hull 441、MC hull 444、MC hull 445、MC hull 447〜MC hull 450、MC hull 453〜MC hull 455、MC hull 459〜MC hull 461、MC hull 463〜MC hull 466、MC hull 469〜MC hull 473、MC hull 476〜MC hull 482、MC hull 486、MC hull 487、MC hull 491、MC hull 492、MC hull 494〜MC hull 500、MC hull 503、MC hull 505〜MC hull 507、MC hull 510、MC hull 512〜MC hull 518、MC hull 520、MC hull 521、MC hull 524〜MC hull 526、MC hull 528、MC hull 530〜MC hull 534、MC hull 536〜MC hull 539、MC hull 541、MC hull 542、MC hull 631、MC hull 632、MC hull 634〜MC hull 639、MC hull 642〜MC hull 654、MC hull 657、MC hull 659、MC hull 661〜MC hull 664、MC hull 667〜MC hull 669、MC hull 676〜MC hull 678、MC hull 681、MC hull 683〜MC hull 739、MC hull 835、MC hull 838、MC hull 841、MC hull 843、MC hull 1027、MC hull 1032、MC hull 1036、MC hull 1099〜MC hull 1112、MC hull 1114、MC hull 1116、MC hull 1119、MC hull 1120、MC hull 1122、MC hull 1223〜MC hull 1228、MC hull 1229、MC hull 1231〜MC hull 1237、MC hull 1552〜MC hull 1554〜MC hull 1556、MC hull 1558〜MC hull 1561、MC hull 1563〜MC hull 1566、MC hull 1568〜MC hull 1572、MC hull 1574、MC hull 1575、MC hull 1577〜MC hull 1584、MC hull 1585、MC hull 1587、MC hull 1588、MC hull 1632〜MC hull 1645、MC hull 1647、MC hull 1648、MC hull 1651、MC hull 1653〜MC hull 1662、MC hull 1664〜MC hull 1670、MC hull 1672〜MC hull 1686、MC hull 1688、MC hull 1690、MC hull 1691、MC hull 1693、MC hull 1694、MC hull 1696〜MC hull 1699、MC hull 1702、MC hull 1704、MC hull 1708、MC hull 1712、MC hull 1714〜MC hull 1716、MC hull 1718、MC hull 1720、MC hull 1721、MC hull 1724〜MC hull 1726、MC hull 1729、MC hull 1730、MC hull 1854〜MC hull 1856、MC hull 1858〜MC hull 1860、MC hull 1863、MC hull 1864、MC hull 1866、MC hull 1868〜MC hull 1872、MC hull 1874、MC hull 1875、MC hull 1877〜MC hull 1879、MC hull 1910〜MC hull 1915、MC hull 2099〜MC hull 2101、MC hull 2105、MC hull 2107、MC hull 2108、MC hull 2112〜MC hull 2114、MC hull 2116、MC hull 2117、MC hull 2121、MC hull 2122、MC hull 2127、MC hull 2128、MC hull 2132、MC hull 2133、MC hull 2135、MC hull 2136、MC hull 2138、MC hull 2140、MC hull 2141、MC hull 2143、MC hull 2145〜MC hull 2149、MC hull 2151、MC hull 2152、MC hull 2154、MC hull 2156、MC hull 2158〜MC hull 2160、MC hull 2162〜MC hull 2164、MC hull 2166、MC hull 2168、MC hull 2170、MC hull 2172、MC hull 2175〜MC hull 2179、MC hull 2181、MC hull 2183、MC hull 2185〜MC hull 2187、MC hull 2225〜MC hull 2229、MC hull 2231〜MC hull 2244、MC hull 2262、MC hull 2266、MC hull 2269〜MC hull 2271、MC hull 2273〜MC hull 2279、MC hull 2281〜MC hull 2288、MC hull 2291、MC hull 2358、MC hull 2362、MC hull 2364、MC hull 2367、MC hull 2369、MC hull 2475、MC hull 2480〜MC hull 2484、MC hull 2538〜MC hull 2543、MC hull 2546〜MC hull 2567、MC hull 2684〜MC hull 2700、MC hull 2703、MC hull 2704、MC hull 2707、MC hull 2708、MC hull 2710、MC hull 2711、MC hull 2714、MC hull 2715、MC hull 2717、MC hull 2718、MC hull 2720、MC hull 2725、MC hull 2727〜MC hull 2729、MC hull 2731、MC hull 2733、MC hull 2734、MC hull 2736、MC hull 2739、MC hull 2741、MC hull 2743、MC hull 2745、MC hull 2747〜MC hull 2750、MC hull 2752〜MC hull 2757、MC hull 2759〜MC hull 2762、MC hull 2764〜MC hull 2769、MC hull 2771〜MC hull 2774、MC hull 2776〜MC hull 2781、MC hull 2783〜MC hull 2785、MC hull 2787、MC hull 2789、MC hull 2792、MC hull 2796、MC hull 2800、MC hull 2804、MC hull 2821、MC hull 2822、MC hull 2825、MC hull 2827〜MC hull 2831、MC hull 2833〜MC hull 2835、MC hull 2837〜MC hull 2839、MC hull 2841、MC hull 2843、MC hull 2845、MC hull 2866〜MC hull 2868、MC hull 2870〜MC hull 2874、MC hull 2877、MC hull 2940〜MC hull 2948、MC hull 2951〜MC hull 2954、MC hull 2956、MC hull 2963、MC hull 2964、MC hull 2967、MC hull 2969、MC hull 2971、MC hull 2972、MC hull 2976、MC hull 2978〜MC hull 2981、MC hull 2983〜MC hull 2986、MC hull 2989〜MC hull 2996、MC hull 2998〜MC hull 3003はJoshua Hendy Iron Works式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 96、MC hull 97、MC hull 100、MC hull 102、MC hull 103、MC hull 108、MC hull 110、MC hull 118、MC hull 266、MC hull 268、MC hull 270、MC hull 272、MC hull 274、MC hull 276、MC hull 831、MC hull 839、MC hull 849、MC hull 855、MC hull 857、MC hull 1944、MC hull 1949、MC hull 1956、MC hull 1963、MC hull 1964、MC hull 2361、MC hull 2425、MC hull 2431、MC hull 2614、MC hull 2628、MC hull 2650、MC hull 2672、MC hul 2675、MC hul 2677、MC hull 2910はNational Transit Company式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 120、MC hull 122〜MC hull 124、MC hull 126〜MC hull 129、MC hull 131、MC hull 132、MC hull 140、MC hull 144、MC hull 150、MC hull 267、MC hull 313、MC hull 314、MC hull 320、MC hull 856、MC hull 1025、MC hull 1039、MC hull 1040、MC hull 1050、MC hull 2450、MC hull 2451、MC hull 2455、MC hull 2464はアメリカン・シップビルディング式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 170、MC hull 172、MC hull 174、MC hull 176〜MC hull 178、MC hull 180〜MC hull 182、MC hull 184〜MC hull 186、MC hull 188、MC hull 189、MC hull 191、MC hull 192、MC hull 196、MC hull 197、MC hull 199、MC hull 229〜MC hull 233、MC hull 235、MC hull 236、MC hull 239、MC hull 240、MC hull 354、MC hull 425、MC hull 456〜MC hull 458、MC hull 462、MC hull 467、MC hull 468、MC hull 474、MC hull 475、MC hull 519、MC hull 522、MC hull 523、MC hull 527、MC hull 529、MC hull 535、MC hull 540、MC hull 546、MC hull 548、MC hull 550、MC hull 552、MC hull 556、MC hull 557、MC hull 559、MC hull 562、MC hull 565、MC hull 566、MC hull 569、MC hull 570、MC hull 573、MC hull 576〜MC hull 578、MC hull 582、MC hull 583、MC hull 585、MC hull 587、MC hull 589、MC hull 593、MC hull 594、MC hull 597、MC hull 599、MC hull 601、MC hull 603、MC hull 606、MC hull 608、MC hull 613、MC hull 615、MC hull 618、MC hull 621、MC hull 629、MC hull 840、MC hull 842、MC hull 844〜MC hull 848、MC hull 850〜MC hull 853、MC hull 859、MC hull 1037、MC hull 1046、MC hull 1047、MC hull 1049、MC hull 1113、MC hull 1117、MC hull 1118、MC hull 1121、MC hull 1557、MC hull 1562、MC hull 1591、MC hull 1646、MC hull 1649、MC hull 1650、MC hull 1652、MC hull 1663、MC hull 1687、MC hull 1689、MC hull 1692、MC hull 1695、MC hull 1706、MC hull 1707、MC hull 1709、MC hull 1713、MC hull 1717、MC hull 1719、MC hull 1722、MC hull 1723、MC hull 1727、MC hull 1728、MC hull 1731、MC hull 1857、MC hull 1861、MC hull 1867、MC hull 1937、MC hull 1940、MC hull 1942、MC hull 1945、MC hull 1946、MC hull 1955、MC hull 1961、MC hull 2103、MC hull 2106、MC hull 2109、MC hull 2110、MC hull 2115、MC hull 2118〜MC hull 2120、MC hull 2123〜MC hull 2126、MC hull 2129〜MC hull 2131、MC hull 2134、MC hull 2139、MC hull 2144、MC hull 2150、MC hull 2153、MC hull 2155、MC hull 2157、MC hull 2165、MC hull 2167、MC hull 2169、MC hull 2171、MC hull 2173、MC hull 2174、MC hull 2180、MC hull 2182、MC hull 2184、MC hull 2265、MC hull 2268、MC hull 2272、MC hull 2289、MC hull 2309、MC hull 2312、MC hull 2466、MC hull 2702、MC hull 2705、MC hull 2712、MC hull 2713、MC hull 2716、MC hull 2719、MC hull 2721、MC hull 2723、MC hull 2724、MC hull 2726、MC hull 2732、MC hull 2737、MC hull 2738、MC hull 2742、MC hull 2746、MC hull 2751、MC hull 2758、MC hull 2763、MC hull 2770、MC hull 2775、MC hull 2782、MC hull 2786、MC hull 2788、MC hull 2791、MC hull 2801、MC hull 2803、MC hull 2805、MC hull 2807、MC hull 2809、MC hull 2812、MC hull 2933〜MC hull 2939、MC hull 2955、MC hull 2957、MC hull 2958、MC hull 2960、MC hull 2962、MC hull 2965、MC hull 2975、MC hull 2977、MC hull 2982、MC hull 2987、MC hull 2988はWillamette Iron & Steel Corp. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 208、MC hull 209、MC hull 212、MC hull 215、MC hull 336、MC hull 768、MC hull 772、MC hull 774、MC hull 775、MC hull 784、MC hull 785、MC hull 787、MC hull 789、MC hull 792〜MC hull 794、MC hull 798、MC hull 800、MC hull 803、MC hull 807、MC hull 808、MC hull 813、MC hull 815、MC hull 818、MC hull 819、MC hull 821、MC hull 824、MC hull 826、MC hull 943、MC hull 953、MC hull 956、MC hull 961、MC hull 979、MC hull 993、MC hull 1459、MC hull 1461、MC hull 1492、MC hull 1792、MC hull 2188、MC hull 2192、MC hull 2193、MC hull 2195、MC hull 2198、MC hull 2199、MC hull 2201、MC hull 2205、MC hull 2206、MC hull 2208〜MC hull 2210、MC hull 2212、MC hull 2213、MC hull 2215〜MC hull 2220、MC hull 3004〜MC hull 3008、MC hull 3010〜MC hull 3013、MC hull 3015、MC hull 3017〜MC hull 3020、MC hull 3022、MC hull 3026、MC hull 3028、MC hull 3037〜MC hull 3039、MC hull 3041、MC hull 3042、MC hull 3045、MC hull 3046、MC hull 3048〜MC hull 3050、MC hull 3052、MC hull 3053、MC hull 3055、MC hull 3057、MC hull 3058、MC hull 3062はHarrisburg Machinery Corp. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 216、MC hull 339、MC hull 776、MC hull 777、MC hull 780、MC hull 783はDominion Engineering Works, Ltd. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 396〜MC hull 398、MC hull 504、MC hull 549、MC hull 555、MC hull 558、MC hull 561、MC hull 563、MC hull 564、MC hull 567、MC hull 571、MC hull 572、MC hull 574、MC hull 575、MC hull 579〜MC hull 581、MC hull 584、MC hull 586、MC hull 588、MC hull 590〜MC hull 592、MC hull 596、MC hull 598、MC hull 600、MC hull 602、MC hull 604、MC hull 605、MC hull 607、MC hull 609、MC hull 611、MC hull 612、MC hull 614、MC hull 616、MC hull 617、MC hull 619、MC hull 620、MC hull 622〜MC hull 625はOregon War Industries Inc. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 779はCanadian Allis-Chalmers, Ltd. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 781、MC hull 782はJohn Inglis Co., Ltd. 式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 1199、MC hull 2191、MC hull 2196、MC hull 2197、MC hull 2203、MC hull 2221、MC hull 2222、MC hull 2224はSpringfield Machine & Foundry Company式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 2354はHamilton Engineering Works式3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関

MC hull 204、MC hull 1701、MC hull 1846、MC hull 2280、MC hull 2997はメーカー不明の3-cyl. 三衝程蒸気レシプロ機関
軸数 1軸
出力 2,500馬力
速力 11.0kt
航続力 17,000浬
兵装 102o単装砲1基
37o機銃2基
20o機銃6基
乗員 44名、海軍軍人12名〜25名(MC hull 312は合衆国商船隊(United States Merchant Marine: USMM)航海士8名、合衆国商船隊船員38名、海軍武装警備隊(United States Navy Armed Guard: USNAG)士官1名、海軍武装警備隊下士官兵40名、戦車440両、ジープ2,840両、貨物9,000tを塔載)
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12
ジェレマイア・オブライエン(MC hull 806)のプロフィール

↑Image courtesy of Skylighters.
↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 造船所
記号
海事委員会
記号
建造所 引き渡された日 備考
J. L. M. カリー J. L. M. Curry 231 1 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/5/15 ◎1941/7/28 起工
◎1942/1/31 進水
◎1942/5/15 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのLykes Bros SS Co. が運航
1943/3/8 アイスランド沖にて疾風により沈没
ジョン・マーシャル John Marshall 232 2 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/5/31 ◎1941/8/18 起工
◎1942/2/21 進水
◎1955 海軍に移管、艦種を雑役船(YAG)に改める
◎後にハドソン川にて係船
◎1971 Bilbaoにて解体
ヘンリー・クレイ Henry Clay 233 3 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/6/30 ◎1941/10/1 起工
◎1942/4/23 進水
◎1967 Kearnyにて解体
アーサー・ミドルトン Arthur Middleton 234 4 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/7/8 ◎1941/10/20 起工
◎1942/5/3 進水
◎1942/7/8 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのLykes Bros SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
アリグザンダー H. スティーヴンス Alexander H. Stephens 235 5 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/7/23 ◎1942/1/31 起工
◎1942/5/22 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
トーマス・ヘイワード Thomas Heyward 236 6 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/7/31 ◎1942/2/21 起工
◎1942/5/31 進水
◎後にJames Riverにて係船
◎1977 Destin沖にて人工環礁のため沈没処分
ユダ P. ベンジャミン Judah P. Benjamin 237 7 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/8/15 ◎1942/4/25 起工
◎1942/7/1 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジェファーソン・デイヴィス Jefferson Davis 238 8 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/8/25 ◎1942/5/5 起工
◎1942/7/12 進水
◎1961 Bellinghamにて解体
トーマス・リンチ Thomas Lynch 239 9 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/8/31 ◎1942/5/22 起工
◎1942/8/2 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョエル・チャンドラー・ハリス Joel Chandler Harris 240 10 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/9/12 ◎1942/5/31 起工
◎1942/8/12 進水
◎1942/9 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのJ. H. Winchester & Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ナザネイアル・ベーコン Nathaniel Bacon 241 11 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/9/30 ◎1942/7/1 起工
◎1942/9/3 進水
◎1942/10 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのInternational Freighting Corp. が運航
1942/11/24 ニュー・ヨーク港にてEsso Belgiumと衝突し浜に引き上げられる、後に修理
1942/12/19 Civitavecchiaにて機雷により損傷、浜に引き上げられる、全損と認定
◎1946 解体のため、船体後部はイタリアの業者に売却。船体前部はCivitavecchiaの浜にて解体
◎1950 船体後部を購入し、バート・ウィリアムズ Bert Williamsの船体前部と接合、再建造
◎1951 GenoaのIndustriale Maritima Sp.A. に売却されBoccadasseと改名
◎1962(1963?) Speziaにて解体
イズリアル・プットマン Israel Putman 242 12 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/10/19 ◎1942/7/12 起工
◎1942/9/13 進水
◎1965 解体
ジョセフ・ホイーラー Joseph Wheeler 243 13 アラバマ・ドライドック&シップビルディング社 1942/10/31 ◎1942/8/2 起工
◎1942/10/11 進水
◎1942/11 War Shipping Administrationに移管されSavannahのSouth Atlantic SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
パトリック・ヘンリー Patrick Henry 2001 14 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1941/12/30 ◎1941/4/30 起工
◎1941/9/27 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
チャールズ・キャロル Charles Carroll 2002 15 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/1/19 ◎後にハドソン川にて係船
◎1971 Kearnyにて解体
フランシス・スコット・キー Francis Scott Key 2003 16 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/1/29 ◎1941/6/21 起工
◎1941/11/15 進水
◎1967 ポートランドにて解体
ロジャー B. タニー Roger B. Taney 2004 17 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/2/9 ◎1941/6/21 起工
◎1941/12/6 進水
◎1942/2 War Shipping Administrationに移管されモービルのWaterman SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
リチャード・ヘンリー・リー Richard Henry Lee 2005 18 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/2/20 ◎1941/7/15 起工
◎1941/12/6 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・ランドルフ John Randolph 2006 19 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/2/27 ◎1941/7/15 起工
◎1941/12/30 進水
◎1942/2 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのUnion Sulphur Co. が運航
1942/7/5 デンマーク海峡にて連合軍の機雷により沈没
船体前部を引き揚げるも結局引き揚げが失敗。Torrisdale Bayにて難破
ジョージ・カルヴァート George Calvert 2007 20 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/2/12 ◎1941/8/15 起工
◎1941/12/30 進水
◎候補生練習船アメリカン・マリナー American Marinerとして竣工
◎1946 マサチューセッツ海事アカデミーの実習船となる
◎1950 キングス・ポイントにて係船
◎1953/12 ハドソン川にて国家防衛予備船隊に編入(〜1957)
◎1958/6 ミサイル実験支援艦[ミサイル追跡艦]に改装
◎1959/1 改装後、陸軍のAdvanced Research Guided Missiles Agency(ARGMA)に移管、艦種をミサイル実験支援艦[ミサイル追跡艦]に改める
クリストファー・ニューポート Christopher Newport 2008 21 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/3/30 ◎1941/8/25 起工
◎1942/2/15 進水
1942/7/4 バレンツ海にてドイツ空軍機の雷撃により損傷、後にドイツ海軍潜水艦U457の雷撃により沈没(PQ-17船団所属)
カーター・ブラクストン Carter Braxton 2009 22 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/3/18 ◎1941/9/3 起工
◎1942/1/24 進水
◎1942/3 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのUnion Sulphur Co. が運航
◎1947 Union Sulphur Co. に売却されHerman Fraschと改名
◎1955 Terminal SS Co. (船主はニュー・ヨークのA. L. Burbank & Co.)に売却されCilco Rangerと改名
◎1956 ニュー・ヨークのNorth Atlantic Marine Co. に売却されMurray Hillと改名
◎1956 ニュー・ヨークのFairfield SS Corp. に売却
◎1957 パナマとリベリアのUniversal Tramp Shipping Co. (船主はニュー・ヨークのSeatraders, Inc.)に売却されSea Sprayと改名
◎1960 ギリシャの会社(船主はニュー・ヨークのSeatraders, Inc.)に売却されMelteiと改名
◎1968 台湾にて解体
サミュエル・チェイス Samuel Chase 2010 23 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/4/11 ◎1941/9/12 起工
◎1942/2/22 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョージ・ワイス George Wythe 2011 24 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/5/9 ◎1941/9/22 起工
◎1942/3/28 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ベンジャミン・ハリソン Benjamin Harrison 2012 25 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/3/13 ◎1941/9/27 起工
◎1942/1/24 進水
◎1942/3 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのCalmar SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
フランシス L. リー Francis L. Lee 2013 26 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/4/27 ◎1941/10/13 起工
◎1942/3/14 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
トーマス・ストーン Thomas Stone 2014 27 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/5/16 ◎1941/10/20 起工
◎1942/4/12 進水
◎後にJames Riverにて係船
◎1972 フィラデルフィアにて解体
リチャード・ブランド Richard Bland 2015 28 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/4/17 ◎1941/10/29 起工
◎1942/2/28 進水
◎1942/4 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican South African Lineが運航
1943/3/10 アイスランド北東海域にてドイツ海軍潜水艦U255の雷撃により沈没
ジョージ・カルヴァート George Calvert 2016 29 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/4/30 ◎1941/11/19 起工
◎1942/3/14 進水
◎1942/4 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのA. H. Bull & Co. が運航
1942/5/20 キューバ近海にてドイツ海軍潜水艦U753の雷撃により沈没
トーマス・ネルソン Thomas Nelson 2017 30 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/5/12 ◎1941/12/10 起工
◎1942/4/4 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのGrace Line, Inc. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・ウィザースプーン John Witherspoon 2018 31 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/4/23 ◎1941/12/10 起工
◎1942/3/4 進水
◎1942/4 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのSeas Shipping Co. が運航
1943/7/6 バレンツ海にてドイツ海軍潜水艦U255の雷撃により沈没(PQ-17船団所属)
ロバート・スレート・ペイン Robert Treat Paine 2019 32 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/5/5 ◎1942/1/6 起工
◎1942/3/28 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAgwilines, Inc. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、兵員輸送船に改装
セント・オラフ St. Olaf 2020 33 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/5/20 ◎1942/1/6 起工
◎1942/4/12 進水
◎1942 海軍に移管、艦種を病院船(AH)に改め、ジャスミン Jasmineと改名
イーセク・ホプキンス Esek Hopkins 2021 34 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/5/23 ◎1942/1/28 起工
◎1942/4/27 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ピーター・ミニュイト Peter Minuit 2022 35 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/5/27 ◎1942/1/28 起工
◎1942/4/23 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
アリグザンダー・メーコム Alexander Macomb 2023 36 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/6/2 ◎1942/2/18 起工
◎1942/5/6 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのA. H. Bull & Co. が運航
1943/7/3 北大西洋にてドイツ海軍潜水艦U215の雷撃により沈没
ヘンリー・セント G. タッカー Henry St. G. Tucker 2024 37 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/6/8 ◎1942/2/25 起工
◎1942/5/14 進水
◎1966 ニュー・オーリンズにて解体
イレーザー・ホイーロック Eleazar Wheelock 2025 38 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/6/5 ◎1942/3/4 起工
◎1942/5/11 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
トーマス・ラフィン Thomas Ruffin 2026 39 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/6/10 ◎1942/3/9 起工
◎1942/5/18 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのA. H. Bull & Co. が運航
1943/3/9 メキシコ湾にてドイツ海軍潜水艦U510の雷撃により損傷、Trinidadへ曳航、さらにモービルへ曳航、全損と認定、係船
◎1946 モービルにて解体
ウィリアム・ジョンソン William Johnson 2027 40 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/6/16 ◎1942/3/18 起工
◎1942/5/22 進水
◎1962 Panama Cityにて解体
リチャード・バセット Richard Bassett 2028 41 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/6/13 ◎1942/3/18 起工
◎1942/5/22 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのA. H. Bull & Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
オリヴァー・エルスワース Oliver Ellsworth 2029 42 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/6/22 ◎1942/3/31 起工
◎1942/6/4 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAgwilines, Inc. が運航
1942/9/13 グリーンランド海にてドイツ海軍潜水艦U408の雷撃により沈没
セオドア・フォスター Theodore Foster 2030 43 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/6/29 ◎1942/3/31 起工
◎1942/6/14 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジェームズ・ガン James Gunn 2031 44 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/6/26 ◎1942/4/6 起工
◎1942/6/8 進水
◎後にBeaumontにて係船
◎1970 ニュー・オーリンズにて解体
ジョン・ヘンリー John Henry 2032 45 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/7/6 ◎1942/4/14 起工
◎1942/6/18 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
サミュエル・ジョンストン Samuel Johnston 2033 46 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/6/30 ◎1942/4/14 起工
◎1942/6/14 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ウィリアム・マックレイ William MacLay 2034 47 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/7/7 ◎1942/4/25 起工
◎1942/6/22 進水
◎1967 Kearnyにて解体
ウィリアム・パターソン William Patterson 2035 48 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/7/13 ◎1942/4/29 起工
◎1942/6/26 進水
◎1957 試験的に改装、船種をEC2-G-8g型貨物船に改める、後にハドソン川にて係船
ルーサー・マーチン Luther Martin 2036 49 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/7/21 ◎1942/5/8 起工
◎1942/7/4 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ウィリアム・ワート William Wirt 2037 50 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/7/24 ◎1942/5/13 起工
◎1942/7/4 進水
◎1942/7 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのInternational Freighting Corp. が運航
1943 アルジェリア沖にて枢軸軍の爆撃により損傷、後に修理
◎1966 Kearnyにて解体
リヴァーディ・ジョンソン Reverdy Johnson 2038 51 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/7/25 ◎1942/5/15 起工
◎1942/7/10 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョン H. B. ラトローブ John H. B. Latrobe 2039 52 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/7/28 ◎1942/5/19 起工
◎1942/7/13 進水
◎後にSuisun Bayにて係船
◎1969 ポートランドにて解体
リチャード H. アルヴェイ Richard H. Alvey 2040 53 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/7/29 ◎1942/5/24 起工
◎1942/7/15 進水
◎1961 Beaumontにて解体
ジョン P. ポー John P. Poe 2041 54 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/7/31 ◎1942/5/24 起工
◎1942/7/25 進水
◎後にモービルにて係船
◎1972 Panama Cityにて解体
バーナード・カーター Bernard Carter 2042 55 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/8/8 ◎1942/6/6 起工
◎1942/7/29 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョン・カーター・ローズ John Carter Rose 2043 56 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/8/10 ◎1942/6/10 起工
◎1942/7/31 進水
◎1942/8 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican West African Lineが運航
1942/10/8 カリブ海にてドイツ海軍潜水艦U201U202の雷撃により沈没
アンドリュー・ハミルトン Andrew Hamilton 2044 57 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/8/17 ◎1942/6/15 起工
◎1942/8/6 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ベンジャミン・チュー Benjamin Chew 2045 58 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/8/21 ◎1942/6/15 起工
◎1942/8/10 進水
◎後に試験的に改装、船種をEC2-S-8a型貨物船に改める、後にモービルにて係船
ウィリアム・ティルマン William Tilghman 2046 59 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/8/18 ◎1942/6/20 起工
◎1942/8/7 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジェラード・インガソル Jared Ingersoll 2047 60 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/8/25 ◎1942/6/24 起工
◎1942/8/15 進水
◎1942/8 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican West African Lineが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ウィリアム・ロール William Rawle 2048 61 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/8/29 ◎1942/6/28 起工
◎1942/8/19 進水
◎1942/8 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのA. H. Bull & Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、兵員輸送船に改装
ホレース・ビニー Horace Binney 2049 62 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/8/31 ◎1942/7/5 起工
◎1942/8/25 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican Export Linesが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・サージェント John Sergeant 2050 63 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/9/5 ◎1942/7/6 起工
◎1942/8/21 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョン C. フレモント John C. Fremont 1 64 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/2/21 ◎1941/5/24 起工
◎1941/9/27 進水
◎1942/3 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのAmerican President Linesが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
トーマス・ペイン Thomas Paine 2 65 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/3/7 ◎1941/5/24 起工
◎1941/10/26 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ベンジャミン・フランクリン Benjamin Franklin 3 66 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/3/21 ◎1941/6/21 起工
◎1941/11/16 進水
◎1958 タコマにて解体
ジョン・ポール・ジョーンズ John Paul Jones 4 67 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/3/30 ◎1941/6/27 起工
◎1941/12/3 進水
◎後にモービルにて係船
◎1970 モービルにて解体
ポール・レヴィア Paul Revere 5 68 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/4/8 ◎1941/7/10 起工
◎1941/12/21 進水
◎1965 ニュー・オーリンズにて解体
ダニエル・ブーン Daniel Boone 6 69 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/4/15 ◎1941/7/17 起工
◎1942/1/14 進水
◎1943/12/3 海軍に移管、艦種を貨物輸送艦(AK-136)に改め、アラ Araと改名
ロバート・モリス Robert Morris 7 70 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/4/24 ◎1941/7/23 起工
◎1942/1/28 進水
◎後にJames Riverにて係船
◎1972 Bilbaoにて解体
サミュエル・アダムス Samuel Adams 8 71 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/4/28 ◎1941/7/31 起工
◎1942/1/31 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ネイザン・ヘイル Nathan Hale 10 72 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/5/7 ◎1941/9/29 起工
◎1942/2/4 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ゼブロン・パイク Zebulon Pike 13 73 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/5/9 ◎1941/10/27 起工
◎1942/2/24 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ヘンリー・ノックス Henry Knox 17 74 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/5/13 ◎1941/11/17 起工
◎1942/3/6 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのMatson Navigation Co. が運航
1943/6/19 Maldives沖にて日本海軍伊号第三七潜水艦の雷撃により沈没
エイブラハム・クラーク Abraham Clark 18 75 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/10 ◎1941/12/3 起工
◎1942/4/2 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのGrace Lineが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ウィリアム・フロイド William Floyd 19 76 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/5/23 ◎1941/12/22 起工
◎1942/4/8 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョン・ランドン John Langdon 20 77 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/20 ◎1942/1/14 起工
◎1942/4/14 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのMoore-McCormack Linesが運航
◎1944 ソヴィエトに貸与されTbilisiと改名
◎1977 ソヴィエトにて解体
キャレブ・ストロング Caleb Strong 21 78 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/5/27 ◎1942/1/28 起工
◎1942/4/16 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ペイン・ウィンゲイト Paine Wingate 22 79 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/5/29 ◎1942/1/31 起工
◎1942/4/21 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジェームズ・モンロー James Monroe 23 80 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/3 ◎1942/2/4 起工
◎1942/4/27 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
F. A. C. ミューレンバーグ F. A. C. Muhlenberg 27 81 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/13 ◎1942/2/24 起工
◎1942/5/13 進水
◎兵員輸送船に改装
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのLuckenbach SS Co. が運航
1944 Naplesにて爆撃により損傷、後に修理
◎1947 フランスに貸与されパリのChargeurs Reunisが運行、Robert d'Espagneと改名
◎1948 パリのCie. de Transportes Oceaniquesに売却
◎1954 パリのChargeurs Reunisに売却
◎1961 パナマとレバノンのAktis Cia. Nav., S.A. (船主はロンドンのTharros Shipping Co.)に売却されAgapiと改名
◎1964 ロンドンのPegasus Ocean Services, Ltd. に売却
1966 難破、炎上、後に大阪にて解体
ジョン B. アッシュ John B. Ashe 28 82 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/16 ◎1942/3/6 起工
◎1942/5/16 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのAmerican-Hawaiian SS Co. が運航
◎1946 陸軍省に移管、中国国民党に貸与
◎1946 China Merchants SN Co. に売却されHai Huangと改名
◎1947 上海にて中国国民党が取得、後にChina Merchants SN Co. に売却
◎1962 台湾にて解体
エバート・ベンソン Egbert Benson 32 83 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/24 ◎1942/4/2 起工
◎1942/6/3 進水
◎後にハドソン川にて係船
◎1970 Kearnyにて解体
アイザック・コールズ Isaac Coles 33 84 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/26 ◎1942/4/8 起工
◎1942/6/7 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
スティーヴン・ジョンソン・フィールド Stephen Johnson Field 34 85 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/28 ◎1942/4/14 起工
◎1942/6/9 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのAmerican-Hawaiian SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョセフ・マッケンナ Joseph McKenna 35 86 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/30 ◎1942/4/16 起工
◎1942/6/12 進水
◎1962 ボルティモアにて解体
ウィリアム M. スチュワート William M. Stewart 36 87 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/7/6 ◎1942/4/21 起工
◎1942/6/14 進水
◎1961 ボルティモアにて解体
ウィリス・ヴァン・ディヴァンター Willis Van Devanter 37 88 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/7/10 ◎1942/4/27 起工
◎1942/6/19 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
フランシス・パークマン Francis Parkman 41 89 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/7/21 ◎1942/5/13 起工
◎1942/6/29 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・フィスケ John Fiske 42 90 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/7/25 ◎1942/5/16 起工
◎1942/7/3 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョージ・バンクロフト George Bancroft 46 91 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/8/4 ◎1942/6/3 起工
◎1942/7/15 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジェームズ・フォード・ローズ James Ford Rhodes 47 92 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/8/6 ◎1942/6/7 起工
◎1942/7/19 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ウィリアム H. プレスコット William H. Prescott 48 93 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/8/10 ◎1942/6/9 起工
◎1942/7/21 進水
◎後にモービルにて係船
◎1972 モービルにて解体
ヒントン R. ヘルパー Hinton R. Helper 49 94 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/8/13 ◎1942/6/12 起工
◎1942/7/24 進水
◎1961 ボルティモアにて解体
サム・ヒューストン Sam Houston 1 95 ヒューストン・シップビルディング社 1942/5/27 ◎1941/7/18 起工
◎1942/3/29 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されモービルのWaterman SS Corp. が運航
1942/6/28 ヴァージン諸島北東海域にてドイツ海軍潜水艦U203の雷撃により沈没
デイヴィー・クロケット Davy Crockett 2 96 ヒューストン・シップビルディング社 1942/6/2 ◎1941/7/18 起工
◎1942/4/19 進水
◎後にSuisun Bayにて係船
◎1969 Peter Kiewit Sons Co. に売却され沖合配管工艀に改装
◎1988 タコマにて係船
◎1999 シアトルのGeneral Constructionに売却されflat bargeに改装
◎2002 Camasにて係留
マシュー・マウリー Matthew Maury 3 97 ヒューストン・シップビルディング社 1942/6/17 ◎1941/7/25 起工
◎1942/4/29 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのLykes Bros SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ウィンフィールド・スコット Winfield Scott 4 98 ヒューストン・シップビルディング社 1942/6/22 ◎1941/7/25 起工
◎1942/5/12 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
マイケル J. ストーン Michael J. Stone 5 99 ヒューストン・シップビルディング社 1942/6/30 ◎1941/10/23 起工
◎1942/5/22 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのLykes Bros SS Co. が運航
1945/2/17 ジブラルタルにてドイツ海軍潜水艦U300の雷撃により損傷、後に修理
◎1960/3 ボルティモアにて解体
デイヴィッド S. テリー David S. Terry 6 100 ヒューストン・シップビルディング社 1942/7/16 ◎1941/10/23 起工
◎1942/5/29 進水
◎後にハドソン川にて係船
◎1971 Bilbaoにて解体
ベンジャミン・ボーン Benjamin Bourn 7 101 ヒューストン・シップビルディング社 1942/8/4 ◎1942/4/3 起工
◎1942/7/3 進水
◎1969 ニュー・オーリンズにて解体
ダニエル・キャロル Daniel Carroll 8 102 ヒューストン・シップビルディング社 1942/8/11 ◎1942/4/24 起工
◎1942/7/11 進水
◎1942/8 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのJ. H. Winchester & Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ニコラス・ジルマン Nicholas Gilman 9 103 ヒューストン・シップビルディング社 1942/8/19 ◎1942/5/4 起工
◎1942/7/25 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
サミュエル・グリフィン Samuel Griffin 10 104 ヒューストン・シップビルディング社 1942/8/26 ◎1942/5/18 起工
◎1942/8/2 進水
◎1942/8 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのSeas Shipping Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
トーマス・ハートリー Thomas Hartley 11 105 ヒューストン・シップビルディング社 1942/8/31 ◎1942/5/26 起工
◎1942/8/12 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ダニエル・ハイスター Daniel Hiester 12 106 ヒューストン・シップビルディング社 1942/9/15 ◎1942/6/9 起工
◎1942/8/22 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ベンジャミン・ハンティントン Benjamin Huntington 13 107 ヒューストン・シップビルディング社 1942/9/30 ◎1942/7/4 起工
◎1942/9/11 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョン・ローレンス John Laurance 14 108 ヒューストン・シップビルディング社 1942/10/8 ◎1942/7/13 起工
◎1942/9/18 進水
◎1963 Panama Cityにて解体
サミュエル・リヴァモア Samuel Livermore 15 109 ヒューストン・シップビルディング社 1942/10/20 ◎1942/7/27 起工
◎1942/9/22 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ヒューストン・ヴォランティアーズ Houston Volunteers 16 110 ヒューストン・シップビルディング社 1942/10/28 ◎1942/8/3 起工
◎1942/10/6 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
A. P. ヒル A. P. Hill 17 111 ヒューストン・シップビルディング社 1942/10/31 ◎1942/8/13 起工
◎1942/10/15 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジェームズ・ロングストリート James Longstreet 18 112 ヒューストン・シップビルディング社 1942/11/20 ◎1942/8/24 起工
◎1942/10/31 進水
◎1942/8 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのInternational Freighting Corp. が運航
1943/10/27 ニュー・ジャージ沿岸にて難破
◎後に離礁、ニュー・ヨークへ曳航
◎分解されて、Cape Cod bayにて標的船となる(25年以上に渡って使用)
ジョセフ E. ジョンストン Joseph E. Johnston 19 113 ヒューストン・シップビルディング社 1942/11/30 ◎1942/9/15 起工
◎1942/11/16 進水
◎1969 Kearnyにて解体
J. E. B. スチュアート J. E. B. Stuart 20 114 ヒューストン・シップビルディング社 1942/12/8 ◎1942/9/22 起工
◎1942/11/20 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン B. フッド John B. Hood 21 115 ヒューストン・シップビルディング社 1942/12/19 ◎1942/10/5 起工
◎1942/12/2 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
フィッツハー・リー Fitzhugh Lee 22 116 ヒューストン・シップビルディング社 1942/12/30 ◎1942/10/12 起工
◎1942/12/12 進水
◎1942 ビッグ・フット・ウォーレス Big Foot Wallaceと改名、War Shipping Administrationに移管
◎1945 係船
◎1946 再役
◎1952 モービルにて係船
◎1965 Panama Cityにて解体
アメリア・イアハート Amelia Earhart 23 117 ヒューストン・シップビルディング社 1942/12/31 ◎1942/10/19 起工
◎1942/12/18 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されボルティモアのMerchants & Miners Transp. Co. が運航
◎後にニュー・オーリンズのLykes Brosが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
チャンプ・クラーク Champ Clark 24 118 ヒューストン・シップビルディング社 1943/1/14 ◎1942/11/2 起工
◎1942/12/30 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョセフ T. ロビンソン Joseph T. Robinson 25 119 ヒューストン・シップビルディング社 1943/1/16 ◎1942/11/17 起工
◎1943/1/6 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ウィリアム C. C. クライボーン William C. C. Claiborne 1 120 デルタ・シップビルディング社 1942/5/31 ◎1941/10/1 起工
◎1942/3/28 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
T. J. ジャクソン T. J. Jackson 2 121 デルタ・シップビルディング社 1942/6/25 ◎1941/10/16 起工
◎1942/4/23 進水
◎1960 ボストンにて解体
トーマス B. ロバートソン Thomas B. Robertson 3 122 デルタ・シップビルディング社 1942/7/7 ◎1941/11/6 起工
◎1942/5/9 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
エイブラハム・ボールドウィン Abraham Baldwin 4 123 デルタ・シップビルディング社 1942/7/21 ◎1941/12/22 起工
◎1942/5/16 進水
◎後にモービルにて係船
◎1976 Horn Islandにて人工環礁のため沈没処分
セオドリック・ブランド Theodoric Bland 5 124 デルタ・シップビルディング社 1942/7/29 ◎1942/1/19 起工
◎1942/5/30 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ベンジャミン・コンティー Benjamin Contee 6 125 デルタ・シップビルディング社 1942/8/7 ◎1942/2/2 起工
◎1942/6/15 進水
◎1942/9 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのMississippi Shpg. Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョージ・ゲイル George Gale 7 126 デルタ・シップビルディング社 1942/8/19 ◎1942/4/1 起工
◎1942/7/15 進水
◎後にピュージェット・サウンドにて係船
◎1970 ポートランドにて解体
ウィリアム B. ジリス William B. Giles 8 127 デルタ・シップビルディング社 1942/8/29 ◎1942/4/25 起工
◎1942/7/30 進水
◎1942/8 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのMississippi Shpg. Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
ジョナサン・グロウト Jonathan Grout 9 128 デルタ・シップビルディング社 1942/9/5 ◎1942/5/11 起工
◎1942/8/8 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ダニエル・ヒュージャー Daniel Huger 10 129 デルタ・シップビルディング社 1942/9/12 ◎1942/5/17 起工
◎1942/8/9 進水
◎1942/9 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのMississippi Shpg. Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョージ・レオナルド George Leonard 11 130 デルタ・シップビルディング社 1942/9/19 ◎1942/5/31 起工
◎1942/8/20 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
アンドリュー・ムーア Andrew Moore 12 131 デルタ・シップビルディング社 1942/10/11 ◎1942/6/16 起工
◎1942/9/7 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョサイア・パーカー Josiah Parker 13 132 デルタ・シップビルディング社 1942/10/21 ◎1942/7/16 起工
◎1942/9/26 進水
◎1942/10 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのMississippi Shipping Co. が運航
◎1947 フランスに貸与されパリのSoc. Nationale d'Affretementsが運行、Epinalと改名
◎1950 パリのCie. Havraise de Nav. a Vapeurに売却
◎1963 パナマとリベリアのMargalante Cia. Nav. (船主はロンドンのMavroleon Bros)に売却されDekaと改名
◎1964 日本のAioi(相生?)にて解体
トーマス・スコット Thomas Scott 14 133 デルタ・シップビルディング社 1942/10/31 ◎1942/8/1 起工
◎1942/10/10 進水
◎1942/10 War Shipping Administrationに移管されモービルのWaterman SS Co. が運航
1945/2/17 Kilden Island南西海域にてドイツ海軍潜水艦U968の雷撃により沈没
ジョシュア・シーニー Joshua Seney 15 134 デルタ・シップビルディング社 1942/10/29 ◎1942/8/9 起工
◎1942/10/9 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
トーマス・シンニックソン Thomas Sinnickson 16 135 デルタ・シップビルディング社 1942/11/5 ◎1942/8/10 起工
◎1942/10/14 進水
◎1942/11 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのStockard SS Co. が運航
1943/7/7 ブラジル沖にてドイツ海軍潜水艦U185の雷撃により沈没
ジョナサン・スタージェス Jonathan Sturges 17 136 デルタ・シップビルディング社 1942/11/10 ◎1942/8/20 起工
◎1942/10/20 進水
◎1942/11 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのMississippi Shpg. Co. が運航
1943/2/23 北大西洋にてドイツ海軍潜水艦U707の雷撃により沈没
ジョナサン・トランブル Jonathan Trumbull 18 137 デルタ・シップビルディング社 1942/11/28 ◎1942/9/8 起工
◎1942/11/7 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョン・ヴィニング John Vining 19 138 デルタ・シップビルディング社 1942/12/7 ◎1942/9/27 起工
◎1942/11/23 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
アリグザンダー・ホワイト Alexander White 20 139 デルタ・シップビルディング社 1942/12/24 ◎1942/10/11 起工
◎1942/12/7 進水
◎1964 ポートランドにて解体
ヘンリー・ホワインクープ Henry Wynkoop 21 140 デルタ・シップビルディング社 1942/12/11 ◎1942/10/10 起工
◎1942/11/26 進水
◎1942/12 War Shipping Administrationに移管されボストンのUnited Fruit Co. が運航
1943 北大西洋にてドイツ海軍潜水艦の雷撃により損傷
◎1958 ボルティモアにて解体
サミュエル・ジョーダン・カークウッド Samuel Jordan Kirkwood 22 141 デルタ・シップビルディング社 1942/12/18 ◎1942/10/15 起工
◎1942/12/3 進水
◎1942/12 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのA. H. Bull & Co. が運航
1943/5/7 Ascension Island南東海域にてドイツ海軍潜水艦U195の雷撃により沈没
エイブラハム・リンカーン Abraham Lincoln 23 142 デルタ・シップビルディング社 1942/12/30 ◎1942/10/21 起工
◎1942/12/12 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
パット・ハリソン Pat Harrison 24 143 デルタ・シップビルディング社 1943/1/15 ◎1942/11/8 起工
◎1942/12/24 進水
◎1943/1 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのStandard Fruit & SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
レオニダス・ポーク Leonidas Polk 25 144 デルタ・シップビルディング社 1943/1/21 ◎1942/11/24 起工
◎1943/1/7 進水
◎1965 ニュー・オーリンズにて解体
ゼブロン B. ヴァンス Zebulon B. Vance 1 145 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1944/7/27 ◎1941/3/22 起工
◎1941/12/6 進水
◎1943 陸軍輸送科に移管、病院船ジョン L. ミーニー John L. Meanyと改名
ナザネイアル・グリーン Nathanael Greene 2 146 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/3/12 ◎1941/5/22 起工
◎1942/1/17 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのUnited States Linesが運航
1943/2/23 Oranの海岸にてドイツ海軍潜水艦U565の雷撃により沈没
ヴァージニア・デイル Virginia Dare 3 147 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/3/27 ◎1941/5/28 起工
◎1942/2/3 進水
◎1942/3 War Shipping Administrationに移管されSavannahのSouth Atlantic SS Co. が運航
1944/3/12 Bizertaにて機雷により損傷、Tunisへ曳航、真っ二つになる
◎1948 バルセロナにて解体
ウィリアム・フーパー William Hooper 4 148 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/4/7 ◎1941/8/22 起工
◎1942/2/21 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican South African Lineが運航
1942/7/4 バレンツ海にてドイツ空軍機の雷撃により損傷、放棄、後にドイツ海軍潜水艦U334の雷撃により沈没(PQ-17船団所属)
ダニエル・モーガン Daniel Morgan 5 149 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/4/16 ◎1941/9/3 起工
◎1942/3/8 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican South African Lineが運航
1942/7/5 ソヴィエト北方海域にてドイツ空軍機の攻撃により損傷、放棄、後にドイツ海軍潜水艦U88の雷撃により沈没
フランシス・マリオン Francis Marion 6 150 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/4/27 ◎1941/9/4 起工
◎1942/3/22 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
チャールズ C. ピンクニー Charles C. Pinckney 7 151 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/5/28 ◎1941/12/11 起工
◎1942/5/10 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican South African Lineが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・クルッパー John Cropper 8 152 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/6/4 ◎1942/1/20 起工
◎1942/5/17 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ウィリアム・マールトリー William Moultrie 9 153 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/6/11 ◎1942/2/5 起工
◎1942/5/22 進水
◎後にモービルにて係船
◎1970 Panama Cityにて解体
トーマス・サムター Thomas Sumter 10 154 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/6/17 ◎1942/2/25 起工
◎1942/5/31 進水
◎War Shipping Administrationに移管され兵員輸送船に改装
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジェレマイア・ヴァン・レンスセルラー Jeremiah Van Rensselaer 11 155 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/6/24 ◎1942/3/10 起工
◎1942/6/7 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAgwilines, Inc. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
アルテマス・ウォード Artemus Ward 12 156 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/6/30 ◎Artemas Wardと綴る場合もあり
◎1942/3/24 起工
◎1942/6/14 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican Export Linesが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ヒュー・ウィリアムソン Hugh Williamson 13 157 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/7/24 ◎1942/5/11 起工
◎1942/7/4 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ウィリアム R. デイヴィー William R. Davie 14 158 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/7/29 ◎1942/5/18 起工
◎1942/7/12 進水
◎後にモービルにて係船
◎1972 Panama Cityにて解体
ウィリアム・ガストン William Gaston 15 159 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/8/5 ◎1942/5/23 起工
◎1942/7/19 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican West African Linesが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ウィリアム A. グラハム William A. Graham 16 160 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/8/15 ◎1942/6/1 起工
◎1942/7/26 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジェームズ K. ポルク James K. Polk 17 161 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/8/21 ◎1942/6/8 起工
◎1942/8/2 進水
◎1942/8 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican South African Lineが運航
1943/3/9 オランダ領ギアナ沖にてドイツ海軍潜水艦U510の雷撃により損傷、Trinidadへ曳航、モービルにて係船、全損と認定
◎1946 解体
アリグザンダー・マーチン Alexander Martin 18 162 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/8/28 ◎1942/6/15 起工
◎1942/8/16 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
リチャード D. スパイト Richard D. Spaight 19 163 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/9/23 ◎1942/7/8 起工
◎1942/9/11 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican West African Lineが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
サミュエル・アッシュ Samuel Ashe 20 164 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/9/29 ◎1942/7/12 起工
◎1942/9/17 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ベンジャミン・ウィリアムズ Benjamin Williams 21 165 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/10/4 ◎1942/7/19 起工
◎1942/9/23 進水
◎1966 フィラデルフィアにて解体
ジェームズ・ターナー James Turner 22 166 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/10/10 ◎1942/7/26 起工
◎1942/9/29 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ナザネイアル・アルグザンダー Nathaniel Alexander 23 167 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/10/15 ◎1942/8/2 起工
◎1942/10/4 進水
◎1942/10 War Shipping Administrationに移管されボルティモアのMerchants & Miners Transp. Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
デイヴィッド・ストーン David Stone 24 168 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/10/21 ◎1942/8/16 起工
◎1942/10/10 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ベンジャミン・スミス Benjamin Smith 25 169 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/11/7 ◎1942/9/11 起工
◎1942/10/28 進水
◎1942/11 War Shipping Administrationに移管されSavannahのSouth Atlantic SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
メリウェザー・ルイス Meriwether Lewis 170 170 オレゴン・シップビルディング社 1942/1/27 ◎1941/5/19 起工
◎1941/10/19 進水
◎1942/1 War Shipping Administrationに移管されシアトルのAmerican Mail Lineが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
スター・オブ・オレゴン Star of Oregon 171 171 オレゴン・シップビルディング社 1941/12/31 ◎1941/5/19 起工
◎1941/9/27 進水
◎War Shipping Administrationに移管されポートランドのStates SS Co. が運航
1942/8/30 Trinidad沖にてドイツ海軍潜水艦U162の雷撃により沈没
ウィリアム・クラーク William Clark 172 172 オレゴン・シップビルディング社 1942/2/3 ◎1941/5/31 起工
◎1941/10/26 進水
◎1942/2 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのIsthmian SS Co. が運航
1942/11/4 Greenland Seaにてドイツ海軍潜水艦U354の雷撃により沈没
ロバート・グレイ Robert Gray 173 173 オレゴン・シップビルディング社 1942/2/11 ◎1941/5/31 起工
◎1941/11/16 進水
◎1942/2 War Shipping Administrationに移管されモービルのWaterman SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・バリー John Barry 174 174 オレゴン・シップビルディング社 1942/2/17 ◎1941/7/11 起工
◎1941/11/23 進水
◎1942/2 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのLykes Bros SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
トーマス・ジェファーソン Thomas Jefferson 175 175 オレゴン・シップビルディング社 1942/2/24 ◎1941/7/18 起工
◎1941/12/7 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・ハンコック John Hancock 176 176 オレゴン・シップビルディング社 1942/2/28 ◎1941/7/18 起工
◎1941/12/14 進水
◎War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのLykes Bros SS Co. が運航
1942/8/18 キューバ沖にてドイツ海軍潜水艦U553の雷撃により沈没
フィリップ・リヴィングストン Philip Livingston 177 177 オレゴン・シップビルディング社 1942/3/7 ◎1941/7/18 起工
◎1941/12/21 進水
◎1942/3 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのAmerican-Hawaiian SS Co. が運航
◎1945 係船
◎1947 OsloのRederi A/S Nidarosに売却されNidardalと改名
◎1950 OsloのSkibs A/S Karaibienに売却されTindraと改名
◎1952 ソウルのKorea Shpg. Corp. に売却されDong Hae Hoと改名
◎1956 Donghaeと改名
1967/5/4 瀬戸内海にて岩礁により座礁、後に離礁、全損と認定
◎1969 釜山にて解体
ジョン・ジェイ John Jay 181 178 オレゴン・シップビルディング社 1942/3/28 ◎1941/9/30 起工
◎1942/2/4 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
トーマス・マクドノー Thomas MacDonough 182 179 オレゴン・シップビルディング社 1942/3/24 ◎1941/10/21 起工
◎1942/1/28 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ウィリアム・デイス William Dawes 183 180 オレゴン・シップビルディング社 1942/4/1 ◎1941/10/26 起工
◎1942/2/7 進水
◎1942/4 War Shipping Administrationに移管されタコマのWeyerhaeuser SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
フィリップ・スカイラー Philip Schuyler 184 181 オレゴン・シップビルディング社 1942/4/4 ◎1941/11/19 起工
◎1942/2/15 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョージ・クライマー George Clymer 185 182 オレゴン・シップビルディング社 1942/4/8 ◎1941/11/26 起工
◎1942/2/19 進水
◎1942/4 War Shipping Administrationに移管されシアトルのAmerican Mail Lineが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジェームズ・ウィルソン James Wilson 186 183 オレゴン・シップビルディング社 1942/4/11 ◎1941/12/9 起工
◎1942/2/22 進水
◎1943/3/27 海軍に移管、艦種を貨物輸送艦(AK-96)に改め、ステロープ Steropeと改名
ジョン・ハート John Hart 187 184 オレゴン・シップビルディング社 1942/4/15 ◎1941/12/16 起工
◎1942/2/25 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ヘンリー W. ロングフェロー Henry W. Longfellow 188 185 オレゴン・シップビルディング社 1942/4/18 ◎1941/12/22 起工
◎1942/3/5 進水
◎War Shipping Administrationに移管され兵員輸送船に改装
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
エドガー・アラン・ポー Edgar Allan Poe 192 186 オレゴン・シップビルディング社 1942/4/28 ◎1942/1/29 起工
◎1942/3/26 進水
◎1942/4 War Shipping Administrationに移管されタコマのWeyerhaeuser SS Co. が運航
◎1942 海軍が運航
1942/11/8 ニュー・カレドニア沖にて日本海軍伊号第二一潜水艦の雷撃により損傷、 Noumeaへ曳航
◎1943/8/30 海軍に移管
ナザネイアル・ハウゾーン Nathaniel Hawthorne 193 187 オレゴン・シップビルディング社 1942/5/2 ◎1942/2/5 起工
◎1942/3/31 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されポートランドのPacific Atlantic SS Co. が運航
1942/11/7 Trinidad沖にてドイツ海軍潜水艦U508の雷撃により沈没
ジョン G. ホワイティア John G. Whittier 194 188 オレゴン・シップビルディング社 1942/5/4 ◎1942/2/8 起工
◎1942/4/5 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ウィリアム・カレン・ブライアント William Cullen Bryant 195 189 オレゴン・シップビルディング社 1942/5/7 ◎1942/2/16 起工
◎1942/4/7 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されシアトルのJames Griffiths & Sonsが運航
1942/7/21 キー・ウェスト南西海域にてドイツ海軍潜水艦U84の雷撃により損傷、後に修理
◎1963 フィラデルフィアにて解体
ジェームズ・ラッセル・ローウェル James Russell Lowell 196 190 オレゴン・シップビルディング社 1942/5/9 ◎1942/2/19 起工
◎1942/4/12 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのMcCormick SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ヘンリー D. ソリュー Henry D. Thoreau 197 191 オレゴン・シップビルディング社 1942/5/13 ◎1942/2/23 起工
◎1942/4/16 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ラルフ・ウォルド・エマーソン Ralph Waldo Emerson 198 192 オレゴン・シップビルディング社 1942/5/15 ◎1942/2/26 起工
◎1942/4/19 進水
◎1960 フィラデルフィアにて解体
ジェームズ・ホワイトコム・リリー James Whitcomb Riley 199 193 オレゴン・シップビルディング社 1942/5/17 ◎1942/3/5 起工
◎1942/4/23 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
オリヴァー・ウェンデル・ホームズ Oliver Wendell Holmes 231 194 オレゴン・シップビルディング社 1942/5/25 ◎1942/3/26 起工
◎1942/5/7 進水
◎1970 ニュー・オーリンズにて解体
ウォルト・ホイットマン Walt Whitman 232 195 オレゴン・シップビルディング社 1942/5/28 ◎1942/3/31 起工
◎1942/5/11 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されタコマのWeyerhaeuser SS Co. が運航
◎後にBeaumontにて係船
◎1972 Brownsvilleにて解体
マーク・トゥウェイン Mark Twain 233 196 オレゴン・シップビルディング社 1942/5/31 ◎1942/4/5 起工
◎1942/5/16 進水
◎1959 ポートランドにて解体
ワシントン・アーヴィング Washington Irving 234 197 オレゴン・シップビルディング社 1942/6/5 ◎1942/4/7 起工
◎1942/5/22 進水
◎後にJames Riverにて係船
◎1972 Castellonにて解体
ジェームズ・フェニモア・クーパー James Fenimore Cooper 235 198 オレゴン・シップビルディング社 1942/6/8 ◎1942/4/12 起工
◎1942/5/22 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのAmerican President Linesが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
トーマス・ベイリー・アルドリッチ Thomas Bailey Aldrich 236 199 オレゴン・シップビルディング社 1942/6/1 ◎1942/4/16 起工
◎1942/5/22 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ブレット・ハート Bret Harte 237 200 オレゴン・シップビルディング社 1942/6/12 ◎1942/4/19 起工
◎1942/5/29 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョン・ダヴェンポート John Davenport 201 201 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1942/6/30 ◎1941/9/24 起工
◎1942/5/15 進水
◎1960 フィラデルフィアにて解体
ジョン・ウィンスロップ John Winthrop 202 202 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1942/7/28 ◎1941/9/24 起工
◎1942/6/7 進水
◎1942/7 War Shipping Administrationに移管されボストンのUnited Fruit Co. が運航
1942/9/24 北大西洋にてドイツ海軍潜水艦U619の雷撃により沈没
トーマス・フーカー Thomas Hooker 203 203 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1942/8/11 ◎1941/10/14 起工
◎1942/7/13 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican West African Lineが運航
1943/3/5 北大西洋にて荒天により真っ二つになり沈没
イーサン・アレン Ethan Allen 204 204 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1942/8/31 ◎1942/1/7 起工
◎1942/8/16 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョサイア・バートレット Josiah Bartlett 205 205 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1942/10/8 ◎1942/5/18 起工
◎1942/9/27 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ウィリアム・キング William King 206 206 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1942/10/31 ◎1942/6/9 起工
◎1942/10/21 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのMarine Transport Linesが運航
1943/6/6 Durban東方海域にてドイツ海軍潜水艦U198の雷撃により沈没
ジョン・カーヴァー John Carver 207 207 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1942/11/21 ◎1942/7/14 起工
◎1942/10/31 進水
◎1942/11 War Shipping Administrationに移管
1945/4/23 フィラデルフィアにて修理中、燃料タンクの爆発により沈没、後に引き揚げられボルティモアへ曳航、係船
◎1949 Hobokenにて解体
ウィリアム・ブラッドフォード William Bradford 208 208 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1942/12/8 ◎1942/8/17 起工
◎1942/11/14 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ウィリアム・ブリュースター William Brewster 209 209 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1942/12/31 ◎1942/9/27 起工
◎1942/12/8 進水
◎1963 Kearnyにて解体
ロウ・ゲーリグ Lou Gehrig 210 210 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1943/1/30 ◎1942/10/21 起工
◎1943/1/17 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ダニエル・ウェブスター Daniel Webster 211 211 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1943/2/10 ◎1942/11/1 起工
◎1943/1/28 進水
◎1943 War Shipping Administrationに移管されボストンのSprague SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ウィリアム・ピアース・フライ William Pierce Frye 212 212 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1943/2/23 ◎1942/11/15 起工
◎1943/2/11 進水
◎1943/2 War Shipping Administrationに移管されボストンのMystic SS Co. が運航
1943/3/29 北大西洋にてドイツ海軍潜水艦U610の雷撃により沈没
ハンニバル・ハムリン Hannibal Hamlin 213 213 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1943/3/20 ◎1942/12/8 起工
◎1943/3/5 進水
◎後にBeaumontにて係船
◎1971 Brownsvilleにて解体
ジョン・サリヴァン John Sullivan 214 214 ニュー・イングランド・シップビルディング社西造船所 1943/4/12 ◎1943/1/17 起工
◎1943/3/28 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョン・チャンドラー John Chandler 215 215 ニュー・イングランド・シップビルディング社西造船所 1943/4/20 ◎1943/1/29 起工
◎1943/4/8 進水
◎1943/4 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican Export Linesが運航
◎1947 パリのDelmas Vieljeuxに売却されRochefortと改名
◎1970 FamagustaとキプロスのLaodice Shpg. Co. に売却されEphimeronと改名
◎1971 台湾にて解体
ジョン・ホームズ John Holmes 216 216 ニュー・イングランド・シップビルディング社西造船所 1943/4/28 ◎1943/2/12 起工
◎1943/4/18 進水
◎1943/4 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのA. L. Burbank & Co. が運航
◎1947 オスロのRederi A/S Nidarosに売却されNidarholmと改名
◎1950 オスロのSkibs A/S Karaibienに売却されTistaと改名
◎1953 ソウルのKorea Shpg Corp. に売却されSu Hae Hoと改名
◎1956 Suhaeと改名
◎1969 釜山にて解体
ジョセフ・ヒューズ Joseph Hewes 26 217 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/5/6 ◎1941/9/22 起工
◎1942/3/29 進水
◎War Shipping Administrationに移管され兵員輸送船に改装
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・ペン John Penn 27 218 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/5/11 ◎1941/9/23 起工
◎1942/4/12 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのLykes Bros SS Co. が運航
1942/9/13 グリーンランド沖にて枢軸軍機の雷撃により損傷、放棄
ジョン C. カルホーン John C. Calhoun 28 219 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/5/21 ◎1941/10/1 起工
◎1942/4/26 進水
1944/9/7 Finschavenにて爆発により沈没、後にMadan Islandの浜に引き揚げられる、モービルへ曳航、さらにノーフォークへ曳航、全損と認定
◎1947 解体
エドワード・ラトリッジ Edward Rutledge 29 220 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/7/8 ◎1942/3/30 起工
◎1942/6/21 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
エイブル・パーカー・アプショー Abel Parker Upshur 30 221 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/7/14 ◎1942/4/13 起工
◎1942/6/28 進水
◎1966 ウィルミントンにて解体
ウィリアム・ホーキンス William Hawkins 31 222 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/7/20 ◎1942/4/27 起工
◎1942/7/3 進水
◎1958 ボルティモアにて解体
トーマス・ピンクニー Thomas Pinckney 32 223 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/9/7 ◎1942/6/22 起工
◎1942/8/23 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ロジャー・ウィリアムズ Roger Williams 33 224 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/9/12 ◎1942/6/29 起工
◎1942/8/30 進水
◎1942/9 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのInternational Freighting Corp. が運航
◎1947 GothenburgのRederi A/B Dalenに売却されSonataと改名
◎1952 パナマのRio Palmea Cia. Nav., S.A. (船主はニュー・ヨークのSeacrest Shpg. Co.)に売却されAvraと改名
◎1961 パナマのOrient Marine, S.A. (船主はロンドンのOrient Mid-East Lyd.)に売却されThrasyvoulosと改名
1965/6/29 消失(09.03N、56.25Eにて本船が浸水し始めたのを無線報告してきたのが最後)
ジョン・ドライトン John Drayton 34 225 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/9/17 ◎1942/7/4 起工
◎1942/9/5 進水
◎1942/9 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのA. H. Bull & Co. が運航
1943/4/21 Durban沖にてイタリア海軍潜水艦Leonardo da Vinciの雷撃により沈没
ジェームズ B. リチャードソン James B. Richardson 35 226 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/10/24 ◎1942/8/23 起工
◎1942/10/15 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ポール・ハミルトン Paul Hamilton 36 227 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/10/29 ◎1942/8/30 起工
◎1942/10/20 進水
◎1942/10 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのBlack Diamond SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ヘンリー・ミドルトン Henry Middleton 37 228 ノース・カロライナ・シップビルディング社 1942/11/4 ◎1942/9/5 起工
◎1942/10/25 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
アリグザンダー・ハミルトン Alexander Hamilton 180 229 オレゴン・シップビルディング社 1942/3/10 ◎1941/9/20 起工
◎1941/12/28 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ロバート・フルトン Robert Fulton 179 230 オレゴン・シップビルディング社 1942/3/15 ◎1941/9/20 起工
◎1942/1/10 進水
◎1969 モービルにて解体
スティーヴン A. ダグラス Stephen A. Douglas 178 231 オレゴン・シップビルディング社 1942/3/20 ◎1941/9/18 起工
◎1942/1/21 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョン・ディッキンソン John Dickinson 189 232 オレゴン・シップビルディング社 1942/4/21 ◎1941/12/29 起工
◎1942/3/11 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
フィッシャー・エイムス Fisher Ames 190 233 オレゴン・シップビルディング社 1942/4/24 ◎1942/1/12 起工
◎1942/3/17 進水
◎後にハドソン川にて係船
◎1970 Kearnyにて解体
ロバート G. ハーパー Robert G. Harper 191 234 オレゴン・シップビルディング社 1942/4/27 ◎1942/1/22 起工
◎1942/3/22 進水
◎1942/4 War Shipping Administrationに移管されポートランドのPacific-Atlantic SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
サミュエル・ムーディ Samuel Moody 200 235 オレゴン・シップビルディング社 1942/5/22 ◎1942/3/12 起工
◎1942/4/27 進水
◎1964 リッチモンドにて解体
ジョン・シーヴァー John Sevier 229 236 オレゴン・シップビルディング社 1942/5/22 ◎1942/3/18 起工
◎1942/4/30 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのStates SS Co. が運航
1943/4/6 Great Inagua Island南西海域にてドイツ海軍潜水艦U185の雷撃により沈没
ジョナサン・エドワーズ Jonathan Edwards 230 237 オレゴン・シップビルディング社 1942/5/22 ◎1942/3/23 起工
◎1942/5/5 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
アン・八チンソン Anne Hutchinson 238 238 オレゴン・シップビルディング社 1942/6/16 ◎1942/4/23 起工
◎1942/5/31 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのSudden & Christensenが運航
1942/10/26 南アフリカのイースト・ロンドン東方海域にてドイツ海軍潜水艦U504の雷撃により沈没(1943年に南アフリカにて雷撃により損傷、後に解体ともいわれる)
ジョン・ハーヴァード John Harvard 239 239 オレゴン・シップビルディング社 1942/6/20 ◎1942/4/27 起工
◎1942/6/4 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのAmerican-Hawaiian SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
エリフ・イェール Elihu Yale 240 240 オレゴン・シップビルディング社 1942/6/24 ◎1942/4/30 起工
◎1942/6/7 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのMcCormick SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジェームズ・オーティス James Otis 41 241 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/2/23 ◎1941/9/17 起工
◎1941/12/31 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのStates SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・アダムス John Adams 42 242 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/3/16 ◎1941/9/17 起工
◎1942/1/18 進水
◎1942/3 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのSudden & Christensenが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
キット・カーソン Kit Carson 43 243 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/3/31 ◎1941/9/17 起工
◎1942/2/6 進水
◎1966 ポートランドにて解体
ザカリー・テイラー Zachary Taylor 44 244 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/4/13 ◎1941/10/6 起工
◎1942/2/28 進水
◎1961 スタテン・アイランドにて解体
アンソニー・ウェイン Anthony Wayne 45 245 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/4/23 ◎1941/10/6 起工
◎1942/3/15 進水
◎1960 ボルティモアにて解体
ティモシー・ピッカーリング Timothy Pickering 46 246 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/4/30 ◎1941/10/8 起工
◎1942/3/28 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのAmerican President Linesが運航
1943/7/13 シシリーのAvolaにて枢軸軍機の攻撃(雷撃?)により損傷、沈没処分により難破
◎1948 Genoaにて解体
スティーヴン・ホプキンス Stephen Hopkins 47 247 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/5/11 ◎1942/1/2 起工
◎1942/4/14 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのLuckenbach SS Co. が運航
1942/9/27 南大西洋にてドイツ海軍仮装巡洋艦Stierの砲撃により沈没(Stierもスティーヴン・ホプキンスの砲撃により損傷、放棄、後に沈没)
☆MCハル247の撃沈スコア(以下の艦船)
・1942/9/27 ドイツ海軍仮装巡洋艦Stier(南大西洋にて損傷を与える、後に放棄、沈没)
サミュエル・ハンティントン Samuel Huntington 48 248 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/5/18 ◎1942/1/20 起工
◎1942/4/26 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのOliver J. Olson & Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ウィリアム・エラリー William Ellery 49 249 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/5/28 ◎1942/2/9 起工
◎1942/5/9 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのMcCormick SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ルイス・モリス Lewis Morris 50 250 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/6/19 ◎1942/3/3 起工
◎1942/5/22 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・ワイズ John Wise 51 251 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/6/30 ◎1942/3/16 起工
◎1942/6/14 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョージ・ロス George Ross 52 252 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/7/14 ◎1942/3/30 起工
◎1942/6/29 進水
◎1966 ポートランドにて解体
ジェームズ・スミス James Smith 53 253 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/7/22 ◎1942/4/15 起工
◎1942/7/4 進水
◎1942/7 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのMatson Navigation Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョージ・テイラー George Taylor 54 254 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/7/28 ◎1942/4/27 起工
◎1942/7/9 進水
◎1961 アラメダにて解体
ウィリアム・ホイップル William Whipple 55 255 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/8/7 ◎1942/5/9 起工
◎1942/7/14 進水
◎1958 ボルティモアにて解体
オリヴァー・ウォルコット Oliver Wolcott 56 256 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/8/26 ◎1942/5/22 起工
◎1942/8/7 進水
◎1961 オークランドにて解体
フランシス・ルイス Francis Lewis 57 257 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/8/13 ◎1942/5/22 起工
◎1942/7/24 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・モートン John Morton 58 258 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/8/3 ◎1942/5/22 起工
◎1942/7/21 進水
1944/5/2 ノーフォークにて駆逐艦パロット Parrott(DD-218)と衝突
◎後にJames Riverに係船
◎1972 Kearnyにて解体
ジョージ・リード George Read 59 259 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/8/19 ◎1942/6/7 起工
◎1942/7/30 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ロジャー・シャーマン Roger Sherman 60 260 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/8/24 ◎1942/6/15 起工
◎1942/8/3 進水
◎1961 ボルティモアにて解体
リチャード・ストックトン Richard Stockton 61 261 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/8/31 ◎1942/6/21 起工
◎1942/8/17 進水
◎1945 ベルギーに貸与されBelgian Loyaltyと改名
◎1947 ベルギーより返還、海事委員会に移管、ハドソン川にて係船、リチャード・ストックトンと改名
◎1951 商務省に移管されニュー・ヨークのAmerican-Foreign SS Corp. が運航
◎1952 James Riverにて係船
◎1972 Castellonにて解体
マシュー・ソーントン Matthew Thornton 62 262 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/8/29 ◎1942/6/30 起工
◎1942/8/12 進水
◎後にBeaumontに係船
◎1971 Brownsvilleにて解体
ウィリアム・ウィリアムズ William Williams 63 263 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/9/8 ◎1942/7/5 起工
◎1942/8/21 進水
◎1942/9/8 War Shipping Administrationに移管されIsthmian Steamship Linesが運航
1942/5/2 フィジー諸島のスヴァ近海にて日本海軍伊号第一九潜水艦の雷撃により損傷
◎1943/11/6 海軍に移管、ニュー・ジーランドのAucklandで修理、改装
エリ・ホイットニー Eli Whitney 64 264 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/9/12 ◎1942/7/10 起工
◎1942/8/26 進水
◎1956 海軍に移管、艦種を雑役船(YAG)に改める
◎後にBeaumontに係船
◎1974 Brownsvilleにて解体
スティーヴン F. オースチン Stephen F. Austin 26 265 ヒューストン・シップビルディング社 1942/7/13 ◎1941/10/23 起工
◎1942/5/22 進水
◎1942/7 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのLykes Bros SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ウィリアム B. トラヴィス William B. Travis 27 266 ヒューストン・シップビルディング社 1942/7/22 ◎1941/12/30 起工
◎1942/6/12 進水
◎1942/7 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのLykes Bros SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ミラボー B. ラマー Mirabeau B. Lamar 28 267 ヒューストン・シップビルディング社 1942/7/28 ◎1941/12/30 起工
◎1942/6/19 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
セオドア・セジウィック Theodore Sedgwick 29 268 ヒューストン・シップビルディング社 1942/9/9 ◎1942/6/2 起工
◎1942/8/19 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
トーマス T. タッカー Thomas T. Tucker 30 269 ヒューストン・シップビルディング社 1942/9/21 ◎1942/6/16 起工
◎1942/8/31 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されボルティモアのMerchants & Miners Transp. Co. が運航
1942/11/28 Olifants Bosch Pointの浜にて難破、船体が三つに折れる、全損
ジェレマイア・ワズワース Jeremiah Wadsworth 31 270 ヒューストン・シップビルディング社 1942/9/24 ◎1942/6/23 起工
◎1942/9/7 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのMarine Transport Linesが運航
1942/11/27 Cape Agulhas南方海域にてドイツ海軍潜水艦U178の雷撃により沈没
ジェームズ・ボウィ James Bowie 32 271 ヒューストン・シップビルディング社 1942/11/16 ◎1942/8/19 起工
◎1942/10/27 進水
◎1942/11 War Shipping Administrationに移管
◎後にBeaumontに係船
◎1971 Brownsvilleにて解体
トーマス J. ラスク Thomas J. Rusk 33 272 ヒューストン・シップビルディング社 1942/11/26 ◎1942/9/3 起工
◎1942/11/11 進水
◎後にモービルに係船
◎1972 Panama Cityにて解体
ランバート・カドワラダー Lambert Cadwalader 34 273 ヒューストン・シップビルディング社 1942/11/28 ◎1942/9/8 起工
◎1942/11/16 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジェームズ・マディソン James Madison 35 274 ヒューストン・シップビルディング社 1943/1/6 ◎1942/10/28 起工
◎1942/12/21 進水
◎1966 オークランドにて解体
ウィリアム L. スミス William L. Smith 36 275 ヒューストン・シップビルディング社 1943/1/20 ◎1942/11/12 起工
◎1943/1/6 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
スティーヴン C. フォスター Stephen C. Foster 37 276 ヒューストン・シップビルディング社 1943/1/28 ◎1942/11/17 起工
◎1943/1/12 進水
◎1961 オークランドにて解体
アルバート・ギャラティン Albert Gallatin 9 277 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/4/30 ◎1941/9/11 起工
◎1942/2/12 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのIsthmian SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
オリヴァー・ハザード・ペリー Oliver Hazard Perry 11 278 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/5/9 ◎1941/9/15 起工
◎1942/2/18 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
エルブリッジ・ジェリー Elbridge Gerry 12 279 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/5/20 ◎1941/9/22 起工
◎1942/2/28 進水
◎War Shipping Administrationに移管
◎1966 ニュー・オーリンズにて解体
ルーファス・キング Rufus King 14 280 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/5/29 ◎1941/10/6 起工
◎1942/3/11 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのPacific Far East Linesが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
エビエル・フォスター Abiel Foster 15 281 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/5/16 ◎1941/10/13 起工
◎1942/3/22 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ベンジャミン・グッドヒュー Benjamin Goodhue 16 282 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/5/20 ◎1941/10/20 起工
◎1942/3/31 進水
◎War Shipping Administrationに移管され兵員輸送船に改装
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・ハーソーン John Hathorn 24 283 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/6 ◎1942/2/12 起工
◎1942/4/30 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
エドウィン・マーカム Edwin Markham 25 284 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/9 ◎1942/2/18 起工
◎1942/5/5 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョージ・マシューズ George Matthews 26 285 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/11 ◎1942/2/28 起工
◎1942/5/9 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・ペイジ John Page 29 286 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/18 ◎1942/3/11 起工
◎1942/5/19 進水
◎1959 リッチモンドにて解体
ジェームズ・シューアマン James Schureman 30 287 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/20 ◎1942/3/22 起工
◎1942/5/23 進水
◎1962 ボルティモアにて解体
ピーター・シルヴェスター Peter Silvester 31 288 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/6/22 ◎1942/3/31 起工
◎1942/5/27 進水
◎1942/6 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのPacific Far East Linesが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・スティール John Steele 38 289 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/7/14 ◎1942/4/30 起工
◎1942/6/21 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョージ・サッチャー George Thacher 39 290 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/7/16 ◎1942/5/5 起工
◎1942/6/23 進水
◎1942/7 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのMoore-McCormack SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ファン・カブリヨ Juan Cabrillo 40 291 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/7/19 ◎1942/5/9 起工
◎1942/6/27 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
フニペロ・セラ Junipero Serra 43 292 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/7/23 ◎1942/5/20 起工
◎1942/6/30 進水
◎1959 シアトルにて解体
ジョン A. サッター John A. Sutter 44 293 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/7/27 ◎1942/5/23 起工
◎1942/7/10 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
リチャード・ヘンリー・ダナ Richard Henry Dana 45 294 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/7/31 ◎1942/5/27 起工
◎1942/7/12 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ウィリアム F. コーディー William F. Cody 50 295 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/8/15 ◎1942/6/14 起工
◎1942/7/26 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ロバート F. ストックトン Robert F. Stockton 51 296 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/8/18 ◎1942/6/19 起工
◎1942/7/29 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
スター・キング Starr King 52 297 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/8/20 ◎1942/6/21 起工
◎1942/7/31 進水
◎1942/8 War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
リーランド・スタンフォード Leland Stanford 53 298 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/8/25 ◎1942/6/23 起工
◎1942/8/4 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
フランシス・ドレーク Francis Drake 54 299 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/8/27 ◎1942/6/27 起工
◎1942/8/8 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ピーター H. バーネット Peter H. Burnett 55 300 カリフォルニア・シップビルディング社 1942/8/29 ◎1942/6/29 起工
◎1942/8/10 進水
◎1942/8/29 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのAmerican President Linesが運航
1943/1/22 ニューキャッスル東沖にて日本海軍伊号第二一潜水艦の雷撃により損傷、オーストラリア海軍護衛掃海艇Mildura(J207)がシドニーへ曳航
◎1943 海軍に移管、修理、改装
トーマス・マッキーン Thomas McKean 2051 301 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/5/29 ◎1941/11/5 起工
◎1942/4/30 進水
◎1942/5 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのCalmar SS Co. が運航
1942/6/29 Caribbeanにてドイツ海軍潜水艦U505の雷撃により沈没
ウィリアム・パカ William Paca 2052 302 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/6/19 ◎1941/12/13 起工
◎1942/5/30 進水
1944 Terneuzenにて衝突し損傷、後に修理
◎1969 モービルにて解体
ベンジャミン・ラッシュ Benjamin Rush 2053 303 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/7/11 ◎1941/12/13 起工
◎1942/6/25 進水
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョセフ・スタントン Joseph Stanton 2054 304 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/7/18 ◎1942/5/2 起工
◎1942/7/4 進水
◎1964 フィラデルフィアにて解体
ジョン・ウォーカー John Walker 2055 305 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/7/30 ◎1942/6/1 起工
◎1942/7/22 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ピアース・バトラー Pierce Butler 2056 306 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/8/27 ◎1942/6/27 起工
◎1942/8/18 進水
◎1942/8 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのCalmar SS Co. が運航
1942/11/20 インド洋にてドイツ海軍潜水艦U177の雷撃により沈没
トリストラム・ダルトン Tristram Dalton 2057 307 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/9/9 ◎1942/7/6 起工
◎1942/8/27 進水
◎1942/9 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのA. H. Bull & Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
ジョナサン・エルマー Jonathan Elmer 2058 308 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/9/14 ◎1942/7/11 起工
◎1942/8/31 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ウィリアム・ヒュー William Few 2059 309 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/9/10 ◎1942/7/14 起工
◎1942/8/28 進水
◎1942/9 War Shipping Administrationに移管されボルティモアのMerchants & Miners Transportation Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
ウィリアム・グレイソン William Grayson 2060 310 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/9/14 ◎1942/7/16 起工
◎1942/8/31 進水
◎1942/9 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのBlack Diamond SS Corp. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・ミッチェル John Mitchell 2061 311 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/9/16 ◎1942/7/23 起工
◎1942/9/7 進水
◎1967 ニュー・オーリンズにて解体
ジョン W. ブラウン
1234
John W. Brown 2062 312 ベスレヘムフェアフィールド・シップヤード社 1942/9/19 ◎1941/5/1 海事委員会記号MCハル312を与えられる
◎1942/7/28 起工
◎1942/9/7 進水
◎1942/9/19 竣工、運用開始
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
チャールズ・ブラントリー・エイコック Charles Brantley Aycock 26 313 デルタ・シップビルディング社 1942/9/30 ◎1942/5/9 起工
◎1942/9/7 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ウィリアム・ブラント William Blount 27 314 デルタ・シップビルディング社 1942/9/26 ◎1942/5/14 起工
◎1942/8/30 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ウェイド・ハンプトン Wade Hampton 28 315 デルタ・シップビルディング社 1942/11/24 ◎1942/9/8 起工
◎1942/11/6 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されニュー・オーリンズのMississippi Shpg. Co., Inc. が運航
1943/2/28 グリーンランド沖にてドイツ海軍潜水艦U405の雷撃により沈没
リッチモンド・マムフォード・ピアソン Richmond Mumford Pearson 29 316 デルタ・シップビルディング社 1942/11/18 ◎1942/8/31 起工
◎1942/10/27 進水
◎1963 タコマにて解体
デイヴィッド G. ファラガット David G. Farragut 30 317 デルタ・シップビルディング社 1943/1/11 ◎1942/11/7 起工
◎1942/12/23 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
メイヨー・ブラザーズ Mayo Brothers 31 318 デルタ・シップビルディング社 1942/12/31 ◎1942/10/28 起工
◎1942/12/14 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ウィリアム・ハーパー William Harper 32 319 デルタ・シップビルディング社 1943/2/24 ◎1942/12/29 起工
◎1943/2/10 進水
◎後にモービルにて係船
◎1973 Panama Cityにて解体
ピエール・ソウル Pierre Soule 33 320 デルタ・シップビルディング社 1943/2/17 ◎1942/12/15 起工
◎1943/1/30 進水
◎1943/2 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのMoore-McCormack Linesが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
アーヴィン・マクドウェル Irvin MacDowell 65 321 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/6/10 ◎1942/1/24 起工
◎1942/5/22 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョージ B. マクレラン George B. McClellan 66 322 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/6/27 ◎1942/2/16 起工
◎1942/6/6 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョセフ・フーカー Joseph Hooker 67 323 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/7/8 ◎1942/3/2 起工
◎1942/6/20 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
アンブローズ E. バーンサイド Ambrose E. Burnside 68 324 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/9/16 ◎1942/7/15 起工
◎1942/9/4 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ピーター J. マクガイア Peter J. McGuire 69 325 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/9/21 ◎1942/7/22 起工
◎1942/9/7 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
フィリップ H. シェリダン Philip H. Sheridan 70 326 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/9/29 ◎1942/7/24 起工
◎1942/9/9 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
デイヴィッド・ブッシュネル David Bushnell 71 327 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/9/28 ◎1942/7/31 起工
◎1942/9/15 進水
◎1942/9 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのLuckenbach SS Co. が運航
◎1951 ニュー・ヨークのNorth American Shpg. & Trdg. Co. に売却されMojaveと改名
◎1956 パナマとリベリアのCia. Ulysses(船主はニュー・ヨークのTrans-Ocean SS Agency)に売却されUlysses IIと改名
◎1957 改装(船体は155.90mに延長、排水量は8,608tに)
◎1962 ギリシャのUlysses Cia. Maritimaに売却されUlyssesと改名
◎1965 スイスとリベリアのAstra Carriers Corp. に売却されNarceaと改名
◎1971 Faslaneにて解体
ジョン・フィッチ John Fitch 72 328 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/9/2 ◎1942/8/4 起工
◎1942/8/28 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジェームズ・ラムゼー James Rumsey 73 329 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/9/30 ◎1942/8/8 起工
◎1942/9/19 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・スティーヴンス John Stevens 74 330 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/10/8 ◎1942/8/13 起工
◎1942/9/22 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
サミュエル F. B. モース Samuel F. B. Morse 75 331 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/10/9 ◎1942/8/18 起工
◎1942/9/28 進水
1943 衝突し損傷、後に修理
1943 さらに衝突し損傷、後に修理
◎1943 陸軍輸送科に移管、病院船ジャレット M. ハドルストン Jarrett M. Huddlestonと改名
サイラス H. マコーミック Cyrus H. McCormick 76 332 Permanente Metals Richmond, California Yard #2 1942/10/13 ◎1942/8/22 起工
◎1942/10/2 進水
◎1942/10 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのAmerican President Linesが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジェームズ G. ブレーン James G. Blaine 217 333 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1942/9/21 ◎1942/3/7 起工
◎1942/9/7 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ハーマン・メルヴィル Herman Melville 218 334 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1942/10/20 ◎1942/3/7 起工
◎1942/10/6 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジュリア・ウォード・ハウ Julia Ward Howe 219 335 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1942/12/23 ◎1942/9/8 起工
◎1942/11/26 進水
◎1942/12 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAmerican West African Lineが運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
アン・ブラッドストリート Anne Bradstreet 220 336 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1943/1/18 ◎1942/10/6 起工
◎1942/12/27 進水
◎1943/1 War Shipping Administrationに移管されニュー・ヨークのAgwilines, Inc. が運航
◎1947 パリのCie. Delmas Vieljeuxに売却されLa Palliceと改名
◎1969 ハンブルクにて解体
ジョン・トランブル John Trumbull 221 337 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1943/3/13 ◎1942/11/26 起工
◎1943/2/25 進水
◎1943/3 War Shipping Administrationに移管されボストンのSprague SS Co. が運航
◎後に陸軍輸送科がチャーターもしくは運行、限定的な兵員輸送船に改装
リチャード・ホーヴェイ Richard Hovey 222 338 サウス・ポートランド・シップビルディング社西造船所 1943/3/31 ◎1942/12/27 起工
◎1943/3/14 進水
◎1943 War Shipping Administrationに移管されボストンのSprague SS Co. が運航
1944/3/29 インド洋にて日本海軍伊号第二六潜水艦の雷撃により沈没
エミリー・ディッキンソン Emily Dickinson 223 339 ニュー・イングランド・シップビルディング社西造船所 1943/5/7 ◎1943/2/26 起工
◎1943/4/26 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ユージン・フィールド Eugene Field 224 340 ニュー・イングランド・シップビルディング社西造船所 1943/5/22 ◎1943/3/15 起工
◎1943/5/13 進水
◎1960 ボルティモアにて解体
ジェームズ・オグルソープ James Oglethorpe 1 341 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/2 ◎1943/2 War Shipping Administrationに移管されSavannahのSouth Atlantic SS Co. が運航
1943/3/17 大西洋にてドイツ海軍潜水艦U91の雷撃により沈没
ジョージ・ハンドリー George Handley 2 342 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/3/4 ◎1942/5/22 起工
◎1942/12/7 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジェームズ・ジャクソン James Jackson 3 343 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/3/18 ◎1942/6/4 起工
◎1942/12/27 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョージ・ウォルトン George Walton 4 344 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/3/30 ◎1942/6/18 起工
◎1943/1/21 進水
1951/11/6 Cape Flattery西方海域にて炎上放棄、曳航
1951/11/18 曳航綱が切れ、Cape Flattery北西海域にて沈没
ライマン・ホール Lyman Hall 5 345 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/4/9 ◎1942/6/23 起工
◎1943/2/6 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
ジョン・ミレッジ John Milledge 6 346 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/4/19 ◎1942/6/27 起工
◎1943/2/21 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ロバート・トゥームズ Robert Toombs 7 347 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/4/30 ◎1942/11/24 起工
◎1943/3/19 進水
◎1959 ボルティモアにて解体
ロバート M. T. ハンター Robert M. T. Hunter 8 348 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/5/11 ◎1942/12/11 起工
◎1943/3/28 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
クロフォード W. ロング Crawford W. Long 9 349 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/5/22 ◎1942/12/31 起工
◎1943/4/10 進水
◎1969 Kearnyにて解体
ジョン C. ブリッケンリッジ John C. Breckenridge 10 350 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/5/22 ◎1943/1/27 起工
◎1943/4/22 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
バトン・グウィネット Button Gwinnett 11 351 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/5/31 ◎1943/2/10 起工
◎1943/5/2 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
フェリクス・グランディ Felix Grundy 12 352 サウスイースタン・シップビルディング社 1943/6/12 ◎1943/2/22 起工
◎1943/3/12 進水
◎War Shipping Administrationに移管され陸軍輸送科
ジョージ・ヴァンクーヴァー George Vancouver 1 353 カイザーヴァンクーヴァー 1942/7/22 ◎1942/4/15 起工
◎1942/7/4 進水
陸軍輸送科がチャーターもしくは運行
エリアス・ハウ Elias Howe 2 354 カイザーヴァンクーヴァー 1942/8/9 ◎1942/4/22 起工
◎1942/7/19 進水
◎1942 War Shipping Administrationに移管されサン・フランシスコのPacific Atlantic SS Co. が運航
1943/9/24 アデン湾にて日本海軍伊号第一〇潜水艦の雷撃により沈没
355 カイザーヴァンクーヴァー ◎建造中止、解体(部品供給のため)
356 カイザーヴァンクーヴァー ◎建造中止、解体(部品供給のため)
357 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
358 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
359 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
360 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
361 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
362 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
363 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
364 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
365 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
366 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
367 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
368 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
369 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
370 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
371 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
372 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
373 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
374 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
375 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
376 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
377 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
378 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
379 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
380 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
381 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
382 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
383 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
384 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
385 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
386 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
387 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
388 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
389 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
390 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
391 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止
392 カイザーヴァンクーヴァー ◎未着手のまま建造中止