DD
駆逐艦

※駆逐艦籍 Destroyersの一等駆逐艦 Destroyer, First Lineはのちに駆逐艦 Destroyerに変更される。1920年7月17日、艦種記号DDが各艦に与えられる
常備排水量:1,190t 軽荷排水量:1,215t 満載排水量:1,308t 全長:95.80m(DD-219、DD-237は95.83m) 幅:9.42m(DD-218は9.34m、DD-219は9.67m、DD-237は9.65m) 吃水:2.84m(平均、DD-218は4.11m、DD-219、DD-237は2.81m、DD-288は船尾2.97m(満載時)) 主缶:ホワイトフォースター式水管缶(重油専焼)4基(DD-251〜DD-335はヤーロー式水管缶(重油専焼)、DD-336〜DD-347はノルマン式水管缶(重油専焼)) 主機/軸数:ウェスティングハウス式オール・ギアード蒸気タービン2基/2軸(DD-206〜DD-230、DD-336〜DD-347はパーソンズ式オール・ギアード蒸気タービン、DD-251〜DD-295、DD-297〜DD-335はカーチス式オール・ギアード蒸気タービン、DD-296はカーチス式直結蒸気タービン) 出力(計画):27,000馬力 速力(計画):35.0kt(DD-237は34.47kt(公試)) 燃料搭載量(計画):重油225t(戦時は371t) 航続力(計画):20ktで2,500浬 兵装:50口径102o単装砲4基(DD-208、DD-209は50口径102o連装砲4基、DD-231〜DD-235は51口径127o単装砲4基、102o砲塔載艦はWWII時に50口径76o単装砲6基に換装)、1ポンド単装砲2基(後に何隻かは23口径76o単装対空砲2基に換装)、533o3連装魚雷発射管4基、爆雷投射機1基、爆雷投下軌条2条 乗員:114名(DD-218は157名、DD-219は101名、DD-237、DD-337は122名、DD-288は120名)
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12
↑イギリス海軍タウン級駆逐艦クレア(I.14、元クレムソン級駆逐艦エイブル P. アップシャー(DD-193))
↑クレムソン級駆逐艦スチュワート(DD-224)
↑日本海軍第一〇二号哨戒艇(元クレムソン級駆逐艦スチュワート(DD-224)、返還時)
↑クレムソン級駆逐艦ベインブリッジ(DD-246、1944年時)
↑USS Mason (DD-191). Off the U.S. east coast, circa 1920-1922. Official U.S. Navy Photograph, from the collections of the Naval Historical Center.

↑USS Parrott (DD-218). August 29, 1942 photos showing early war modifications to the Parrott as completed at Mare Island Navy Yard. These include: (1) removal of both aft banks of torpedo tubes and addition of two depth charge throwers to starboard and a single 20mm gun and splinter shield to port, (2) addition of two depth charge throwers just forward of the original depth charge racks, at the stern, (3) the addition of two 20mm guns and shields just aft of remaining starboard torpedo tube bank, where the boat used to be carried, and (4) the engine room sky-lights between the torpedo tube launchers, the former position of the aft stack, which has been removed, along with one boiler, below decks. The inboard ship is the USS Bulmer (DD-222). Image courtesy of NavSource.

↑Image courtesy of Shipbucket.

↑Ptrol Boat No. 102 ex-Stewart (DD-224). Image courtesy of Shipbucket.

艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
クレムソン
123
Clemson DD-186 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1919/12/29 1945/10/12 1945/10/24 ◎1922/6/30 退役
◎1939/11/15 小型水上機母艦(AVP-17)となる
◎1940/7/12 再役
◎1940/8/24 水上機母艦(AVD-4)となる
◎1943/12/1 駆逐艦(DD-186)となる
◎1944/3/7 高速輸送艦(APD-31)となる
◎1945/7/17 駆逐艦(DD-186)となる
◎1946/11/21 解体のため売却
ダールグレン Dahlgren DD-187 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1920/1/6 1945/12/14 1946/1/8 ◎1922/6/30 退役
◎1932/10/25 再役
◎1945/3/1 雑役艦(AG-91)となる
◎1946/6/17 解体のため売却
ゴールズボロ Goldsborough DD-188 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1920/1/26 1945/10/11 1945/10/24 ◎1922/7/14 退役
◎1939/11/15 小型水上機母艦(AVP-18)となる
◎1940/7/12 再役
◎1940/8/24 水上機母艦(AVD-5)となる
◎1943/12/1 駆逐艦(DD-188)となる
◎1944/3/7 高速輸送艦(APD-32)となる
◎1945/7/10 駆逐艦(DD-188)となる
◎1946/11/21 解体のため売却
セムズ Semmes DD-189 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1920/2/21 1946/6/2 1946/7/3 ◎1922/7/17 退役
◎1932/4/25 沿岸警備隊に移管され船種をCG-20に改める
◎1934/4/20 海軍に返還、再役
◎1935/7/1 艦種を雑役艦(AG-24)に改める
サターリー Satterlee DD-190 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1919/12/23 1940/10/8 1941/1/8 ◎1922/7/11 予備役に編入
◎1939/12/18 再役
◎1940/10/9 イギリスに貸与されBelmontと改名
1942/1/31 北大西洋にてドイツ海軍潜水艦U82の雷撃により沈没
メイソン
12
Mason DD-191 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1920/2/28 1940/10/8 1941/1/8 ◎1922/7/3 退役
◎1939/12/4 再役
◎1940/10/9 イギリスに貸与されBroadwater(H.81)と改名
1941/10/18 北大西洋にてドイツ海軍潜水艦U101の雷撃により沈没
グレイアム Graham DD-192 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1920/3/13 1922/3/31 1922/5/4 1921/12/16 ニュー・ジャージー沖で商船パナマ Panamaと衝突し損傷、後に修理(同じく衝突して損傷したハルバートの修復用に艦首部を流用)
◎1922/9/19 解体のため売却
エイブル P. アップシャー Abel P. Upshur DD-193 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1920/11/23 1940/9/9 1941/1/8 ◎1922/8/7 退役
◎1930/11/5 沿岸警備隊に移管されCG-15となる
◎1934/5/21 海軍に返還
◎1939/12/4 再役
◎1940/9/9 イギリスに貸与されClare(I.14)と改名
◎1944/5 航空機用標的艦となる
◎1945/8 予備役に編入
◎1947/3 解体ため売却
ハント Hunt DD-194 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1920/9/30 1940/10/8 1941/1/8 ◎1922/8/11 退役
◎1930/9/13 沿岸警備隊に移管されCG-18となる
◎1934/5/28 海軍に返還
◎1940/1/26 再役
◎1940/10/9 イギリスに貸与されBroadwayと改名
◎1947/2/18 解体ため売却
ウェルボーン C. ウッド Welborn C. Wood DD-195 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1921/1/14 1940/9/9 1941/1/8 ◎1922/8/8 予備役に編入
◎1930/10/1 除籍、沿岸警備隊に移管
◎1931/4/15 CG-19となる
◎1934/5/21 退役、海軍に返還、籍をもどす
◎1939/9/4 再役
◎1940/9/9 イギリスに貸与されChesterfield(I.28)と改名
◎1945/1/17 予備役に編入
◎1947/5/4 解体ため売却
ジョージ E. バジャー George E. Badger DD-196 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1920/7/28 1945/10/3 1945/10/24 ◎1922/8/11 退役
◎1930/10/1 沿岸警備隊に移管されCG-16となる
◎1934/5/21 海軍に返還
◎1939/10/1 小型水上機母艦(AVP-16)となる
◎1940/1/8 再役
◎1940/8/2 水上機母艦(AVD-3)となる
◎1943/12/1 駆逐艦(DD-196)となる
◎1944/4/10 高速輸送艦(APD-33)となる
◎1945/7/20 駆逐艦(DD-196)となる
◎1946/6/3 解体のため売却
ブランチ Branch DD-197 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1920/7/26 1940/10/8 1941/1/8 ◎1922/8/11 退役
◎1939/12/4 再役
◎1940/10/9 イギリスに貸与されBeverley(H.64)と改名
1943/4/11 大西洋にてドイツ海軍潜水艦U188の雷撃により沈没
ハーンドン Herndon DD-198 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1920/9/14 1940/9/9 1941/1/8 ◎1922/6/6 退役
◎1930/9/13 沿岸警備隊に移管されCG-17となる
◎1934/5/28 海軍に返還
◎1939/12/4 再役
◎1940/9/9 イギリスに貸与されChurchill(I.45)と改名
◎1944/7/16 ソヴィエトに貸与されDelatelnyiと改名
1945/1/16 白海にてドイツ海軍潜水艦U286の雷撃により沈没
ダラス Dallas DD-199 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1920/10/29 1945/7/28 1945/8/13 ◎1922/6/26 退役
◎1925/4/14 再役
◎1939/3/25 退役
◎1939/9/25 再役
◎1945/3/31 アリグザンダー・ダラス Alexander Dallasと改名
◎1945/11/30 解体のため売却
DD-200 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 ◎1919/2/3 未着手のまま建造中止
DD-201 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 ◎1919/2/3 未着手のまま建造中止
DD-202 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 ◎1919/2/3 未着手のまま建造中止
DD-203 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 ◎1919/2/3 未着手のまま建造中止
DD-204 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 ◎1919/2/3 未着手のまま建造中止
DD-205 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 ◎1919/2/3 未着手のまま建造中止
チャンドラー Chandler DD-206 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1919/9/5 1945/11/21 1945/12/5 ◎1919/3/19 進水
◎1922/10/20 退役、メア・アイランド海軍工廠にて太平洋予備艦隊に編入
◎1930/3/31 再役
◎1941/10/19 メア・アイランド海軍工廠で高速掃海艇に改装、艦種を高速掃海艇(DMS-9)に改める
サウサード Southard DD-207 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1919/9/24 1945/12/15 1946/1/8 ◎1922/2/7 予備役に編入
◎1930/1/6 再役
◎1941/11/19 高速掃海艇(DMS-10)となる
1945/10/9 台風により座礁
◎1946/1/14 放棄
ホーヴェイ Hovey DD-208 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1919/10/2 ◎1923/2/1 退役
◎1930/2/20 再役
◎1940/11/19 高速掃海艇(DMS-11)となる
1945/1/6 リンガエン湾にて日本軍機の雷爆撃により沈没
ロング Long DD-209 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1919/10/20 ◎1922/12/30 退役
◎1930/3/29 再役
◎1940/11/19 高速掃海艇(DMS-12)となる
1942/6/27 キスカ島にて濃霧により駆逐艦モナハン(DD-354)と衝突し損傷
1945/1/6 リンガエン湾にて日本海軍の特攻機の攻撃により沈没
ブルーム Broome DD-210 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1919/10/31 1946/5/20 1946/6/19 ◎1922/12/30 退役
◎1930/2/5 再役
◎1945/5/23 雑役艦(AG-96)となる
◎1946/11/20 解体のため売却
オールデン Alden DD-211 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1919/11/24 1945/7/20 1945/8/13 ◎1923/1/24 退役
◎1930/5/8 再役
◎1945/11/30 解体のため売却
スミス・トムソン Smith Thompson DD-212 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1919/12/10 1936/5/15 1936/5/19 1936/4/14 マニラ〜上海間にて駆逐艦ホイップル(DD-217)と衝突し損傷
1936/7/25 スービック湾にて沈没、放棄
バーカー Barker DD-213 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1919/12/27 1945/7/18 1945/8/13 ◎1945/11/30 解体のため売却
トレイシー Tracy DD-214 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/3/9 1946/1/16 1946/2/7 ◎1937/6/30 軽敷設艦(DM-19)となる
◎1946/5/16 解体のため売却
◎Mediterranean 1920-1921. Black Sea 1920-1921. Evacuation of Sevastopol 1920. Asiatic Fleet 1921-1922. Pearl Harbor (3 killed), Guadalcanal-Tulagi, Guadalcanal, Cape Torokina, Iwo Jima, Okinawa, Minesweeping 1945.
ボリー Borie DD-215 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/3/24 1943/11/2 ドイツ海軍潜水艦U405と衝突し沈没
ジョン D. エドワーズ
12
John D. Edwards DD-216 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/4/6 1945/7/18 1945/8/13 ◎1945/11/30 解体のため売却
◎Eastern Mediterranean 1920-1921. Evacuation of Sevastopol, Nov 1920. Asiatic Fleet 1921-1922. Nicaragua 1927. Asiatic Fleet 1929-1942. Yangtze River 1930-1932. China 1937-1939. Philippines 1941-1942, Badoeng Strait. Java Sea, Convoy UGS-36.
ホイップル Whipple DD-217 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/4/23 1945/11/9 1945/12/5 ◎1945/6/30 雑役艦(AG-117)となる
◎1946 解体のため売却
パロット
12
Parrott DD-218 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/5/11 1944/6/14 1944/7/18 ◎1919/7/23 起工
◎1919/11/25 進水
◎1942/7/30 メア・アイランド海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1942/8/31、1234
1944/5/2 エリザベス川にてEC2-S-C1型貨物船ジョン・モートン John Morton(MCハル258)に衝突され損傷、浜に引き上げられる、後にノーフォーク海軍工廠へ曳航
◎1947/4/5 解体のため、リッチモンドのMarine Salvage Co. に売却
◎Eastern Mediterranean 1922-1923. Asiatic Fleet 1923-1942 (1, 2, 3). Yangtze River 1927-1932. China 1937-1939. Philippines 1941-1942, Makassar Strait, Badoeng Strait.
エドソル
12
Edsall DD-219 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/11/26 ◎1919/9/15 起工
◎1920/7/29 進水
1942/3/1 ジャワ海にて日本海軍艦艇の砲撃と日本海軍機の爆撃により沈没(12
◎Eastern Mediterranean 1922-1924. Evacuation of Smyrna, Turkey, Sep 1922. Asiatic Fleet 1923-1942. Yangtze River 1927-1932. China 1937-1939 (1, 2). Sunk by gunfire from Japanese surface warships south of Java, 1 Mar 1942 (〜150 killed; no survivors). Philippines 1941-1942.
☆DD-219の撃沈スコア(以下の艦船)
・1942/1/20 日本海軍伊号第一二四潜水艦(クラレンス海峡西方海域にて撃沈(他艦と共同で))
マックレイシュ MacLeish DD-220 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/8/2 1946/3/8 1946/11/13 ◎1932/3/11 予備役に編入
◎1939/9/25 再役
◎1945/1/5 雑役艦(AG-87)となる
◎1946/12/3 解体のため売却
シンプソン Simpson DD-221 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/11/3 1946/3/29 1946/6/19 1934/5/8 グアンタナモにて軽巡洋艦ミルウォーキー Milwaukee(CL-5)と衝突し損傷
◎1945/5/25 雑役艦(AG-97)となる
◎1946/11/21 解体のため売却
バルマー Bulmer DD-222 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/8/16 1946/8/16 1946/9/25 ◎1944/12/1 雑役艦(AG-86)となる
◎1947/2/27 解体のため売却
マコーミック McCormick DD-223 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/8/16 1945/10/4 1945/10/24 ◎1938/10/14 予備役に編入
◎1939/9/26 再役
◎1945/6/30 雑役艦(AG-118)となる
◎1946/12/15 解体のため売却
スチュワート
12
Stewart DD-224 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/9/15 1946/5/23 1946/4/17 1942/3/2 スラバヤの浮きドックにて日本に拿捕
◎1942/3/25 除籍
◎1943/6/15 第一〇二号哨戒艇と改名
◎1943/9/20 第一〇二工作部で整備完成
◎1945/10/29 日本より返還、駆逐艦(DD-224)となり籍をもどす
◎1946/5/24 サン・フランシスコ沖にて海軍機の爆撃標的として沈没
ポープ
12
Pope DD-225 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/10/27 1942/5/8 ◎1920 予備役に編入
◎1921 再役
1942/3/1 スラバヤ沖海戦にて日本海軍艦艇の砲撃と日本海軍機の爆撃により沈没(12
◎Asiatic Fleet 1921-1942. Yangtze River 1926-1932. China 1937-1939. Philippines 1941-1942, Makassar Strait, Badoeng Strait. PUC.
ピアリー Peary DD-226 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/10/22 1942/5/8 1933/10/7 上海にて重巡洋艦ヒューストン Houston(CA-30)と衝突し損傷
1942/2/19 ダーウィンにて日本軍機の爆撃により沈没(12345
102o砲はダーウィンにて展示(123456
ピルスベリー Pillsbury DD-227 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/12/15 1942/3/1 バリ島南西海域にて日本海軍重巡洋艦高雄、愛宕の砲撃により沈没
フォード Ford DD-228 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1920/12/30 1945/11/2 1945/11/16 ◎1921/11/17 ジョン D. フォード John D. Fordと改名
◎1945/6/30 雑役艦(AG-119)となる
◎1947/9/30 解体のため売却
◎Asiatic Fleet 1922-1942. Yangtze River 1926-1932. China 1937-1939. Philippines 1942-1942, Makassar Strait, Badoeng Strait, Java Sea, Convoy UGS-36. PUC.
トラクスタン Truxtun DD-229 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1921/2/16 1942/3/25 1942/2/18 ニューファンドランド島プラセンチア湾にて座礁、放棄
ポール・ジョーンズ Paul Jones DD-230 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1921/4/19 1945/11/5 1945/11/28 ◎1945/6/30 雑役艦(AG-120)となる
◎1947/10/5 解体のため売却
ハットフィールド Hatfield DD-231 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/4/16 1946/12/13 1947/1/28 ◎1931/1/13 退役
◎1932/4/1 予備役に編入
◎1932/6/29 再役
◎1938/4/28 退役
◎1939/9/25 再役
◎1944/10/1 雑役艦(AG-84)となる
◎1947/5/9 解体のため売却
ブルックス Brooks DD-232 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/6/18 1945/8/2 1945/9/17 ◎1920/6/18 引き渡される
◎1931/1/20 予備役に編入
◎1932/6/18 再役
◎1938/9/2 予備役に編入
◎1939/4/25 再役
◎1942/10/1 高速輸送艦(APD-10)となる
◎1946/1/30 解体のため売却
ギルマー Gilmer DD-233 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/4/30 1946/2/5 1946/2/25 ◎1920/4/30 引き渡される
◎1938/8/31 退役
◎1939/9/25 再役
◎1943/1/22 高速輸送艦(APD-11)となる
◎1946/12/3 解体のため売却
フォックス Fox DD-234 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/5/17 1945/3/29 1945/12/19 ◎1931/2/2 退役
◎1932/4/1 予備役に編入
◎1932/6/18 再役
◎1938/9/16 退役
◎1939/9/25 再役
◎1944/10/1 雑役艦(AG-85)となる
◎1946/11/12 解体のため売却
ケーン Kane DD-235 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/6/11 1946/1/24 1946/2/25 ◎1920/6/11 引き渡される
◎1930/12/31 退役
◎1932/4/1 再役
◎1938/4/28 退役
◎1939/9/23 再役
◎1943/3/25 高速輸送艦(APD-18)となる
◎1946/6/21 解体のため売却
ハンフリーズ Humphreys DD-236 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/7/21 1945/10/26 1945/11/13 ◎1930/1/10 退役
◎1932/6/13 再役
◎1939/9/14 退役
◎1939/9/26 再役
◎1942/12/18 高速輸送艦(APD-12)となる
◎1945/7/20 駆逐艦(DD-236)となる
◎1946/8/26 解体のため売却
マクファーランド
12
McFarland DD-237 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/9/30 1945/11/8 1945/12/19 ◎1918/7/31 起工
◎1920/3/30 進水
1923/9/19 Cape Codにて戦艦アーカンソー Arkansas(BB-33)と衝突し損傷
◎1931/1/30 フィラデルフィアにて退役、保管
◎1932/6/13 再役
1934/11/5 Magdalena Bayにて駆逐艦エリス Ellis(DD-154)と衝突
◎1935/6/10 退役
◎1940/8/2 水上機母艦にて改装、艦種を水上機母艦(AVD-14)に改める
◎1943/12/1 艦種を駆逐艦(DD-237)に改める
◎1944/7/10 艦種を高速輸送艦(APD-26)に改める予定がキャンセル
◎1946/10/29 解体のため、フィラデルフィアのNorth American Smelting Co. に売却
◎Mediterranean 1920-1923. Nicaragua 1927. Solomons. PUC.
ジェームズ K. ポールディング James K. Paulding DD-238 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/11/29 1931/2/10 1937/1/25 ◎1939/3/16 解体のため売却
オヴァートン Overton DD-239 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/6/30 1945/7/28 1945/8/13 ◎1920/6/30 引き渡される
◎1931/2/3 予備役に編入
◎1937/11/20 退役
◎1939/9/26 再役
◎1943/8/23 高速輸送艦(APD-23)となる
◎1945/11/30 解体のため売却
スターテヴァント Sturtevant DD-240 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/9/21 1942/5/8 ◎1931/1/30 退役
◎1932/3/9 再役
◎1935/11/20 退役
◎1939/9/26 再役
1942/4/26 キー・ウェスト沖にて機雷により沈没
チャイルズ Childs DD-241 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/10/22 1945/12/20 1946/1/3 ◎1934/11/9 予備役に編入
◎1935/6/15 再役
◎1938/7/1 小型水上機母艦(AVP-14)となる
◎1940/8/2 水上機母艦(AVD-1)となる
◎1946/5/23 解体のため売却
キング King DD-242 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/12/16 1945/10/23 1945/11/16 ◎1931/3/10 退役
◎1932/6/13 再役
◎1938/9/21 退役
◎1939/9/26 再役
◎1946/9/29 解体のため売却
サンズ Sands DD-243 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/11/10 1945/10/19 1945/11/1 ◎1920/11/10 引き渡される
◎1931/2/13 退役
◎1932/7/21 再役
◎1938/9/15 退役
◎1939/9/26 再役
◎1942/12/17 高速輸送艦(APD-13)となる
◎1946/5/23 解体のため売却
ウィリアムソン Williamson DD-244 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/10/29 1945/11/8 1945/12/19 ◎1938/7/1 小型水上機母艦(AVP-15)となる
◎1940/8/2 水上機母艦(AVD-2)となる
◎1943/12/1 駆逐艦(DD-244)となる
◎1944/7/10 高速輸送艦(APD-27)となる予定がキャンセル
◎1946/10/17 解体ため売却
ルーベン・ジェームズ Reuben James DD-245 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/9/20 ◎1931/1/20 退役
◎1932/3/9 再役
1941/10/31 アイスランド西方にてドイツ海軍潜水艦U562の雷撃により沈没
ベインブリッジ
12
Bainbridge DD-246 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1921/2/9 1945/7/21 1945/8/13 ◎1930/12/23 退役
◎1932/3/9 予備役に編入
◎1933/9/5 再役
◎1937/11/20 予備役に編入
◎1939/9/26 再役
◎1945/11/30 解体のため売却
ゴフ Goff DD-247 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1921/1/19 1945/7/21 1945/8/13 ◎1931/1/13 退役
◎1932/3/2 再役
◎1945/11/30 解体のため売却
バリー
12
Barry DD-248 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/12/28 1945/6/21 ◎1920/12/28 引き渡される
◎1921/11/15 完全竣工(1920/12/28時点では50%の完成度だった)
◎1932/12/20 予備役に編入
◎1933/6/20 再役
◎1944/1/15 高速輸送艦(APD-20)となる
1945/5/25 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/6 デコイ用ハルクとして沈没処分
ホプキンス Hopkins DD-249 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1921/3/21 1945/12/21 1946/1/8 ◎1940/11/19 高速掃海艇(DMS-13)となる
◎1946/11/8 解体のため売却
ローレンス Lawrence DD-250 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1921/4/18 1945/10/24 1945/8/13 ◎1931/1/6 退役
◎1932/6/13 再役
◎1938/9/13 退役
◎1939/9/26 再役
◎1946/10/1 解体のため売却
ベルナップ Belknap DD-251 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/4/28 1945/8/4 1945/8/13 ◎1919/4/28 引き渡される
◎1922/6/28 退役
◎1940/8/2 水上機母艦(AVD-8)となる
◎1940/11/22 再役
◎1943/12/1 駆逐艦(DD-251)となる
◎1944/6/22 高速輸送艦(APD-34)となる
◎1945/11/30 解体のため売却
マックック McCook DD-252 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/4/30 1940/9/24 1941/1/8 ◎1922/6/30 退役
◎1939/12/18 再役
◎1940/9/24 イギリスに貸与されカナダ海軍籍となり、St. Croix(I.81)と改名
1943/9/20 北大西洋にてドイツ海軍潜水艦U305の雷撃により沈没
マッカラ McCalla DD-253 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/5/19 1940/10/23 1941/1/8 ◎1922/6/30 退役
◎1939/12/18 再役
◎1940/10/23 イギリスに貸与されStanley(I.73)と改名
1941/12/19 大西洋にてドイツ海軍潜水艦U574の雷撃により沈没
ロジャース Rodgers DD-254 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/7/22 1940/10/23 1941/1/8 ◎最初の予定艦名はカルク Kalkだった(1918/12/23改名)
◎1922/7/20 予備役に編入
◎1939/12/18 再役
◎1940/10/23 イギリスに貸与されSherwood(I.80)と改名
◎1943/5 航空機用標的艦となる
◎1945 航空機の標的として沈没
オズモンド・イングラム Osmond Ingram DD-255 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/6/28 1946/1/8 1946/1/21 ◎1919/6/28 引き渡される
◎1919/11/11 イングラム Ingramと改名
◎1922/6/24 予備役に編入
◎1940/8/2 水上機母艦(AVD-9)となる
◎1940/11/22 再役
◎1943/12/1 駆逐艦(DD-255)となる
◎1944/6/22 高速輸送艦(APD-35)となる
◎1946/6/17 解体のため売却
バンクロフト Bancroft DD-256 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/6/30 1940/9/24 1941/1/8 ◎1919/11/26 予備役に編入
◎1922/7/24 退役
◎1939/12/18 再役
◎1940/9/24 イギリスに貸与されカナダ海軍籍となり、St. Francis(I.93)と改名
1945/7/14 商船ウィンディング・ガルフ Winding Gulfと衝突し沈没
ウェルズ Welles DD-257 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/9/2 1940/9/9 1941/1/8 ◎1922/6/15 退役
◎1939/11/6 再役
◎1940/9/9 イギリスに貸与されCameron(I.05)と改名
◎1944/11 解体のため売却
オーリック Aulick DD-258 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/7/26 1940/10/9 1941/1/8 ◎1922/5/22 退役
◎1939/6/18 再役
◎1940/10/9 イギリスに貸与されBurnham(H.82)と改名
◎1944/11 予備役に編入
◎1947 解体のため売却
ターナー Turner DD-259 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/9/24 1922/6/7 1946/4/17 ◎1936/8/5 除籍
◎1936/11 水船(YW-56)となる
◎1942/7/24 籍をもどす
◎1943/2/10 非分類雑役船(IX-98)となり、ムースヘッド Mooseheadと改名
◎1947/2/20 解体のため売却
ギリス Gillis DD-260 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/9/3 1945/10/15 1945/11/1 ◎1922/5/26 退役
◎1940/8/2 水上機母艦(AVD-12)となる
◎1941/3/25 再役
◎1946/1/29 解体のため売却
デルファイ Delphy DD-261 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1918/11/30 1923/10/26 1923/9/8 サンタ・バーバラ海峡ポイント・ホンダにて座礁
◎1925/10/29 解体のため売却
マクダーマット McDermut DD-262 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/3/27 1929/5/22 1931/11/11 ◎1932/2/2 解体のため売却
ローブ Laub DD-263 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/3/17 1940/10/9 1941/1/8 ◎1922/6/15 予備役に編入
◎1939/12/18 再役
◎1940/10/9 イギリスに貸与されBurwell(H.94)と改名
◎1947/3/4 解体のため売却
マクラナハン McLanahan DD-264 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/4/5 1940/10/9 1941/1/8 ◎1922/6/15 予備役に編入
◎1939/12/18 再役
◎1940/10/9 イギリスに貸与されBradford(H.72)と改名
◎1946/6/19 解体のため売却
エドワーズ Edwards DD-265 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/4/24 1940/10/9 1941/1/8 ◎1920/2 予備役に編入
◎1922/6/15 退役
◎1939/12/18 再役
◎1940/10/9 イギリスに貸与されBuxton(H.96)と改名
◎1943/11/4 カナダ海軍籍となる
◎1946/3/21 解体のため売却
グリーン Greene DD-266 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/5/9 1945/11/24 1945/12/5 ◎最初の予定艦名はアンソニー Anthonyだった
◎1919/5/9 引き渡される
◎1920/3 予備役に編入
◎1922/6/17 退役
◎1940/6/28 再役
◎1940/8/2 水上機母艦(AVD-13)となる
◎1944/2/1 高速輸送艦(APD-36)となる
1945/10/9 沖縄にて座礁
◎1946/2/11 放棄処分
バラード Ballard DD-267 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/6/5 1945/12/5 1946/1/3 ◎1922/6/17 予備役に編入
◎1940/8/2 水上機母艦(AVD-10)となる
◎1941/1/2 再役
◎1946/5/23 解体のため売却
シャブリック Shubrick DD-268 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/7/3 1940/11/26 1941/1/8 ◎1922/6/8 退役
◎1939/12/18 再役
◎1940/7/2 予備役に編入
◎1940/8/30 再役
◎1940/11/26 イギリスに貸与されRipley(G.79)と改名
◎1944/1 予備役に編入
◎1945/3/20 解体のため売却
ベイリー Bailey DD-269 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1919/6/27 1940/11/26 1941/1/8 ◎1922/6/15 退役
◎1939/9/30 再役
◎1940/11/26 イギリスに貸与されReading(G.71)と改名
◎1945/7/24 解体のため売却
ソーントン Thornton DD-270 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/7/15 1945/5/2 1945/8/13 ◎1922/5/24 予備役に編入
◎1940/8/2 水上機母艦(AVD-11)となる
◎1941/3/5 再役
1945/5/2 慶良間列島にて座礁
◎1957/7 ハルクを琉球政府に寄贈する
◎Europe 1919-1920. Pearl Harbor, Solomons, Okinawa.
モリス Morris DD-271 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/7/21 1922/6/15 1936/5/19 ◎1936/9/29 解体のため売却
ティンゲー Tingey DD-272 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/7/25 1922/5/24 1936/5/19 ◎1936/9/29 解体のため売却
スウェイゼー Swasey DD-273 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/8/8 1940/11/26 1941/1/8 ◎1922/6/10 予備役に編入
◎1939/12/18 再役
◎1940/11/26 イギリスに貸与されRockingham(G.58)と改名
1944/9/27 アバディーンの南東沖にて機雷により沈没
ミード Meade DD-274 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/9/8 1940/11/26 1941/1/8 ◎1922/5/25 予備役に編入
◎1939/12/18 再役
◎1940/11/26 イギリスに貸与されRamsey(G.60)と改名
◎1947/7 解体のため売却
シンクレア Sinclair DD-275 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/10/8 1930/6/1 1935/6/5 ◎1920/5/25 予備役に編入
◎1923/9/27 再役
◎1930/11/22 非分類雑役船(IX-37)となる予定がキャンセル、軽標的第3号 Light Target No. 3と改名
◎1931/4/24 シンクレアと改名
◎1931/8/11 駆逐艦(DD-275)となる
◎1935/8/30 解体のため売却
マッコーリー
12
McCawley DD-276 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/9/22 1930/4/1 1930/8/13 ◎1920/6/7 退役
◎1923/9/27 再役
◎1931/9/2 解体のため売却
ムーディ
12
Moody DD-277 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/12/10 1930/6/2 1930/11/3 ◎1922/6/15 退役
◎1923/9/27 再役
◎1931/6/10 映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー・プロダクションに売却
1933/2/21 カリフォルニア海岸沖にて映画「ヘル・ビロウ Hell Below」撮影用に海戦、沈没シーンのロケに用いられ沈没
ヘンショー Henshaw DD-278 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/12/10 1930/3/11 1930/7/22 ◎1922/6/15 退役
◎1923/9/27 再役
◎1930/11/14 解体のため売却
メイヤー Meyer DD-279 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/12/17 1929/5/15 1930/11/25 ◎1932/2/25 解体のため売却
ドイヤン Doyen DD-280 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/12/17 1930/2/25 1930/7/12 ◎1922/6/8 退役
◎1923/9/26 再役
◎1930/12/20 解体のため売却
シャーキー Sharkey DD-281 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/11/28 1930/5/1 1930/10/22 ◎1931/1/17 解体のため売却
トウシー Toucey DD-282 ベスレヘム・シプビルディング社スクアンタム造船所 1919/12/9 1930/5/1 1930/10/22 ◎1931/1/17 解体のため売却
ブリック Breck DD-283 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/12/1 1930/5/1 1930/10/22 ◎1920/7/15 予備役に編入
◎1921/6 再役
◎1931/1/17 解体のため売却
イシャーウッド Isherwood DD-284 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/12/4 1930/5/1 1930/10/22 ◎1920/10/21 予備役に編入
◎1921/8/4 再役
◎1925/5/7 予備役に編入
◎1925/8/31 再役
◎1927/7/15 予備役に編入
◎1931/1/17 解体のため売却
ケイス Case DD-285 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/12/8 1930/5/1 1930/10/22 ◎1931/1/17 解体のため売却
ラードナー Lardner DD-286 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/12/10 1930/5/1 1930/10/22 ◎1920/8/28 予備役に編入
◎1921/4 再役
◎1931/1/17 解体のため売却
パトナム Putnam DD-287 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/12/18 1930/5/1 1930/10/22 ◎1920/9/22 予備役に編入
◎1921/5/1 再役
◎1931/1/17 民間に売却されバナナ・ボートTeapaとなる
◎1942 陸軍輸送科が徴用し輸送船となる
ウォーデン Worden DD-288 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1920/2/24 1930/5/1 1930/10/22 ◎1919/6/30 起工
◎1919/10/24 進水
◎チャールズタウン海軍工廠にて就役、艤装
◎1921秋? チャールズタウン海軍工廠にて修理(〜1921/11初め)
◎1922晩秋 チャールズタウン海軍工廠にて修理(〜1922末)
◎1923/6中旬 フィラデルフィア海軍工廠にて修理
1923/11中旬 ボイラー破裂、フィラデルフィア海軍工廠にて修理
◎1924晩春? ボストンにて修理
◎1925/9/13 フィラデルフィア海軍工廠にて修理
◎1926/7/2 フィラデルフィア海軍工廠にて修理
◎19291/1 ノーフォークにてタービン修理
◎1931/1/17 ボルティモアのボストン・アイアン&メタル社に売却
◎後にニュー・オーリンズのStandard Fruit & Steamship Companyに売却、Todd Engineering, Dry Dock & Repair Companyでバナナ・ボートに改装、Tabascoと改名
1933/4/17(1933/5/18?) Progreso北方海域Alacran Reefにて座礁
◎Europe 1924.
フラッサー Flusser DD-289 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1920/2/25 1930/5/1 1930/10/22 ◎1931/1/17 解体のため売却
デイル
12
Dale DD-290 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1920/2/16 1930/5/1 1930/10/22 ◎1931/1/17 民間に売却されバナナ・ボートMasayaとなる
◎1942 陸軍輸送科が徴用し輸送船となる
コンヴァース
123
Converse DD-291 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1920/4/28 1930/5/1 1930/10/22 ◎最初の予定艦名はスチュワートだった
◎1920/6/11 予備役に編入
◎1922/7/1 再役
◎1926 予備役に編入
◎1927 再役
◎1931/1/17 解体のため売却
リード
12
Reid DD-292 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1919/12/3 1930/5/1 1930/10/22 ◎最初の予定艦名はスチュワートだった
◎1931/1/17 解体のため売却
ビリングズリー Billingsley DD-293 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1920/3/1 1930/5/1 1930/10/22 ◎1920夏 予備役に編入
◎1922/6 再役
◎1929夏 予備役に編入
◎1931/1/17 解体のため売却
チャールズ・オースバーン Charles Ausburn DD-294 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1920/3/23 1930/5/1 1930/10/22 ◎最初の予定艦名はオースバーン Ausburnだった
◎1931/1/17 解体のため売却
オズボーン Osborne DD-295 ベスレヘム・シップビルディング社スクアンタム造船所 1920/5/17 1930/5/1 1930/10/22 ◎1931/1/17 民間に売却されバナナ・ボートMatagalpaとなる
◎1941 陸軍輸送科が徴用し輸送船となる
チョーンシー
12
Chauncey DD-296 ユニオン鉄工所 1919/6/25 1923/10/26 1923 ◎1920/7/15 予備役に編入
◎1921/10/14 再役
1923/9/8 サンタ・バーバラ海峡ポイント・ホンダにて座礁、難破
◎1925/9/25 ハルクを解体のため売却
フラー Fuller DD-297 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/2/28 1923/10/26 1923/9/8 サンタ・バーバラ海峡ポイント・ホンダにて座礁、難破
◎1925/9/25 ハルクを解体のため売却
パーシヴァル Percival DD-298 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/3/1 1930/4/6 1930/11/18 ◎1931 解体のため売却
ジョン・フランシス・バーンズ John Francis Burnes DD-299 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/5/1 1930/2/25 1930/7/22 ◎最初の予定艦名はスワシー Swaseyだった(ジョン・フランシス・バーンズは3番目に命名された艦名)
◎1928 予備役に編入
◎1929 再役
◎1931/6/10 解体のため売却
ファラガット
12
Farragut DD-300 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/6/4 1930/4/1 1930/7/22 ◎1930/10/31 解体のため売却
サマーズ Somers DD-301 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/6/23 1930/4/10 1930/11/18 ◎1930 解体のため売却
ストッダート Stoddert DD-302 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/6/30 1933/1/10 1935/6/5 ◎1930/5/20 退役
◎1931/4/6 再役
◎1931/6/30 艦種を雑役艦(AG-18)に改める
◎1932/4/16 艦種を駆逐艦(DD-302)に改める
◎1935/8/30 解体のため売却
リノ
12
Reno DD-303 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/7/23 1930/1/18 1930/7/8 ◎1931 解体のため売却
ファークハー Farquhar DD-304 ユニオン鉄工所 1920/8/5 1930/2/20 1930/11/18 ◎1932/4/23 解体のため売却
トムソン Thompson DD-305 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/8/16 1930/4/4 1930/7/22 ◎1931/6/10 解体のため売却
ケネディ Kennedy DD-306 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/8/28 1930/5/1 1930/11/18 ◎1931/3/19 解体のため売却
ポール・ハミルトン Paul Hamilton DD-307 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/9/24 1930/1/20 1930/7/8 ◎1931 解体のため売却
ウィリアム・ジョーンズ William Jones DD-308 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/9/30 1930/5/24 1930/8/13 ◎1932/2/25 解体のため売却
ウッドバリー Woodbury DD-309 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/10/20 1923/10/26 1923/11/20 ◎1922/7 予備役に編入
◎1922/9 再役
1923/9/8 サンタ・バーバラ海峡ポイント・ホンダにて座礁、難破
◎1925/10/19 解体のため売却
S. P. リー S. P. Lee DD-310 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/10/30 1923/11/20 1923/9/8 サンタ・バーバラ海峡ポイント・ホンダにて座礁、難破
◎1925/10/19 解体のため売却
ニコラス Nicholas DD-311 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/11/23 1923/10/26 1923/11/20 ◎1920/12/17 予備役に編入
◎1922 再役
1923/9/8 サンタ・バーバラ海峡ポイント・ホンダにて座礁、難破
◎1925/10/19 解体のため売却
ヤング Young DD-312 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/11/29 1923/10/26 1923/11/20 1923/9/8 サンタ・バーバラ海峡ポイント・ホンダにて座礁、難破
◎1925/10/19 解体のため売却
ゼイリン Zeilin DD-313 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/12/10 1930/1/22 1930/7/8 ◎1930/7/8 解体のため売却
ヤーボロ Yarborough DD-314 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/12/20 1930/5/29 1930/11/3 ◎1932/2/25 解体のため売却
ラ・ヴァレット La Vallette DD-315 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/12/24 1930/4/19 1930/7/22 ◎1931/6/10 解体のため売却
スロート Sloat DD-316 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/12/30 1930/6/2 1935/1/28 ◎1935/6/26 サン・ディエゴ沖にて標的として沈没
ウッド Wood DD-317 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/1/28 1930/3/31 1930/7/22 ◎1930/11/14 解体のため売却
シャーク Shirk DD-318 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/2/5 1930/2/8 1930/7/22 ◎1931/1/27 解体のため売却
キッダー Kidder DD-319 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/2/7 1930/3/18 1930/7/22 ◎1930/10/31 解体のため売却
セルフリッジ Selfridge DD-320 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/2/17 1930/2/8 1930/11/3 ◎1931/9/2 解体のため売却
マーカス Marcus DD-321 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/2/23 1930/5/31 1935/1/28 ◎1935/6/25 サン・ディエゴ沖にて標的として沈没
マーヴィン Mervine DD-322 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/3/1 1930/6/4 1930/11/3 ◎1931 解体のため売却
チェイス Chase DD-323 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/3/10 1930/5/15 1930/8/13 ◎1928 予備役に編入
◎1929 再役
◎1931 解体のため売却
ロバート・スミス Robert Smith DD-324 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/3/17 1930/3/1 1930/7/12 ◎1931/6/10 解体のため売却
マラニー Mullany DD-325 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/3/29 1930/5/1 1930/11/30 ◎1931/3/19 解体のため売却
コグラン Coghlan DD-326 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/3/31 1930/5/1 1930/10/22 ◎1931/1/17 解体のため売却
プレストン Preston DD-327 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/4/21 1930/5/1 1931/11/6 ◎1932/8/23 解体のため売却
ラムソン Lamson DD-328 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/4/19 1930/5/1 1930/10/22 ◎1931/1/17 解体のため売却
ブルース Bruce DD-329 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1920/9/29 1930/5/1 1931/11/6 ◎1932/8 解体のため売却
ハル Hull DD-330 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/4/26 1930/3/31 1930/7/22 ◎1931/6/10 解体のため売却
マクドノー MacDonough DD-331 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/4/30 1930/1/8 1930/7/8 ◎1930/12/20 解体のため売却
ファーレンホルト Farenholt DD-332 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/5/10 1930/2/20 1930/7/12 ◎1931/6/10 解体のため売却
サムナー Sumner DD-333 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/5/27 1930/2/5 1930/11/18 ◎1934/6/12 解体のため売却
コリー Corry DD-334 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/5/25 1930/2/5 1930/7/22 ◎1930/10/18 解体のため売却
メルヴィン Melvin DD-335 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1921/5/31 1930/5/8 1930/7/22 ◎1930 解体のため売却
リッチフィールド Litchfield DD-336 メア・アイランド海軍工廠 1920/5/12 1945/11/5 1945/11/28 ◎1945/3/31 雑役艦(AG-95)となる
◎1946/3/29 解体のため売却
ゼイン
12
Zane DD-337 メア・アイランド海軍工廠 1921/2/15 1945/12/15 1946/1/8 ◎1919/1/15 起工
◎1919/8/12 進水
1922/6/6 Whangpo Riverにて蒸気船Tse Kiangと衝突し損傷
◎1922/6/15 Yangtsepoo drydockにて入渠(〜1922/6/16)
◎1923/2/1 サン・ディエゴにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1930/2/25 再役
◎1940/11/19 真珠湾海軍工廠で高速掃海艇に改装、艦種を高速掃海艇(DMS-14)に改める
Asiatic Fleet 1922-1923.
ワスムス Wasmuth DD-338 メア・アイランド海軍工廠 1921/12/16 1943/9/3 ◎1922/7/26 予備役に編入
◎1930/3/11 再役
◎1940/11/19 高速掃海艇(DMS-15)となる
1942/12/19 難破、沈没
Pearl Harbor.
トリヴァー
12
Trever DD-339 メア・アイランド海軍工廠 1922/8/3 1945/11/23 1945/12/5 ◎1923/1/17 退役
◎1930/6/2 再役
◎1940/11/19 高速掃海艇(DMS-16)となる
◎1945/6/4 雑役艦(AG-110)となる
◎1946/11/26 解体のため売却
ペリー Perry DD-340 メア・アイランド海軍工廠 1922/8/7 ◎1923/1/17 予備役に編入
◎1930/4/1 再役
◎1940/11/19 高速掃海艇(DMS-17)となる
1944/9/13 パラオ沖にて触雷により沈没
Pearl Harbor, Attu, Kwajalein, Hollandia, Saipan, Guam, Palau.
ディケイター Decatur DD-341 メア・アイランド海軍工廠 1922/8/9 1945/7/28 1945/8/13 ◎1923/1/17 退役
◎1923/9/26 再役
◎1945/11/30 解体のため売却
ハルバート Hulbert DD-342 海軍工廠ノーフォーク 1920/10/27 1945/11/2 1945/11/28 ◎1934/10/17 予備役に編入
◎1940/8/2 再役、小型水上機母艦(AVP-19)(水上機母艦(AVD-6))となる
◎1943/12/1 駆逐艦(DD-342)となる
◎1946/10/31 解体のため売却
Pearl Harbor, Attu.
ノア Noa DD-343 海軍工廠ノーフォーク 1921/2/15 ◎1921/2/15 引き渡される
◎1934/11/11 予備役に編入
◎1940/4/1 再役
◎1943/8/10 高速輸送艦(APD-24)となる
1944/9/12 パラオ沖にて駆逐艦フラム Fullam(DD-474)と衝突し沈没
ウィリアム B. プレストン William B. Preston DD-344 海軍工廠ノーフォーク 1920/8/23 1945/12/6 1946/1/3 ◎1934/10/15 退役
◎1939/11/18 小型水上機母艦(AVP-20)となる
◎1940/6/14 再役
◎1940/8/2 水上機母艦(AVD-7)となる
◎1946/11/26 解体のため売却
プレブル
12
Preble DD-345 バス鉄工所 1920/3/19 1945/12/7 1946/1/3 ◎1932/9/24 予備役に編入
◎1934/5 再役
◎1937/6/30 軽敷設艦(DM-20)となる
◎1945/6/5 雑役艦(AG-99)となる
◎1946/10/26 解体のため売却
シカード
12
Sicard DD-346 バス鉄工所 1920/6/9 1945/11/22 1945/12/19 ◎1937/6/30 軽敷設艦(DM-21)となる
◎1945/6/5 雑役艦(AG-100)となる
◎1946/6/22 解体のため売却
プルーイット Pruitt DD-347 バス鉄工所 1920/9/2 1945/11/16 1945/12/5 ◎1937/6/30 軽敷設艦(DM-22)となる
◎1945/6/5 雑役艦(AG-101)となる
◎1946 解体のため売却


Update 17/10/16