CVE
護衛航空母艦

※PSAは試験航海後の有用性(Post Shakedown Availability)の略。RAVは限定的な有用性(Restricted Availability)の略
※データは航空機搭載護衛艦ロング・アイランド級の項を参照
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ロング・アイランド
12
Long Island CVE-1 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1941/6/2 1946/3/26 1946/4/12 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-1)に改める
◎1947/4/24 解体のため、ポートランドのZidell Ship Dismantling Co. に売却
◎1948/3/12 カナダヨーロッパ・ラインに売却
◎1949 商船Nellyとなる
◎1953 セヴン・シーズ大学に売却され所属の練習船Seven Seasとなる
◎1966 ロッテルダム大学所属の学生寮となる
◎1977/5 Ghentにて解体


※データは航空機搭載護衛艦ボーグ/プリンス・ウィリアム級の項を参照
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12345678910
↑Another view of USS Altamaha (CVE-18), 16 July 1943. USN photo.

↑Queen (D.19) ex-St. Andrews (CVE-49). Image courtesy of Shipbucket.
※緑枠はイギリスに貸与され戦後返還された艦
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アルタマハ Altamaha CVE-6 インガルス・シップビルディング社 1942/11/15 1946/3/28 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-6)に改める
◎1946/2/12 イギリスより返還
◎1946/5/14 解体のため、ベスレヘムのPatapsco Steel Scrap Co. に売却
バーンズ
12
Barnes CVE-7 ウェスタン・パイプ&スチール社 1942/9/30 1946/2/26 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-7)に改める
◎1945/12/29 ノーフォークにて退役
◎1946/1/5 イギリスより返還
◎1946/9/11 ニュー・ヨークのWilliam B. St. Johnに売却され貨物船に改装
◎1950 Vlasov organisationに売却され商船Castelforteとなる
◎1953 Castel Forteと改名
◎1957/2 ニュー・ヨークのベスレヘム・スチール社で旅客船に改装
◎1958 Alvion Shipping Corporationが運航、Fairskyと改名、パナマ船籍となる
◎後にSITMAR Lineが運航(〜1972/2)
◎1968 リベリア船籍となる
◎1972/2 サザンプトンにて係船
1977/6/23 座礁物に衝突し損傷、沈没を防ぐため浜辺に座礁
◎1977/6/29 引き揚げられる
◎1978 洋上ホテルPhilippine Touristに改装
1979/11/3 火災のため損傷
◎1980/5/24 香港にて解体
除籍後から1972年まで資料によって色々記述が異なる為、下の表を参照
ブロック・アイランド Block Island CVE-8 インガルス・シップビルディング社 1943/1/9 1946/2/26 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-8)に改める
◎1945/12/29 イギリスより返還
◎1947/1/17 民間に売却されAlmdjikと改名
◎1965 Valenciaにて解体
ボーグ
12345
Bogue CVE-9 シアトルタコマ・シップビルディング社 1942/9/26 1946/11/30 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-9)に改める
◎1946/11/30 タコマにて保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-9)に改める
◎TG 21.12, TG 21.13 (2), PUC. Operation Magic Carpet.
CVE-9の撃沈スコア(以下の艦船)
・1943/7/23 ドイツ海軍潜水艦U527(アゾレス諸島南方海域にて撃沈)
・1943/11/29 ドイツ海軍潜水艦U86(アゾレス諸島東方海域にて撃沈)
(←ドイツ海軍VIIB型潜水艦)
・1943/12/13 ドイツ海軍潜水艦U172(Cape Verde Islands北北西海域にて撃沈
(←ドイツ海軍IXC型潜水艦)
・1943/12/20 ドイツ海軍潜水艦U850(アゾレス諸島南西海域にて撃沈
(←ドイツ海軍IXD2型潜水艦)
・1944/3/13 ドイツ海軍潜水艦U575(アゾレス諸島北方海域にて撃沈
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
・1944/6/12 日本海軍伊号第五二潜水艦(Cape Verde Islands北西海域にて撃沈)
・1944/8/20 ドイツ海軍潜水艦U1229(Cape Race南南東海域にて撃沈
#CVE-9の搭載飛行隊
◎1943/9 VC-19(FM*9、TBF*13)
◎1944/2 陸軍航空軍機
◎1944/3 VC-95(FM*9、TBF*12)
◎1944/4 VC-19(FM*9、TBF*13)
◎1944/5 VC-69(FM*9、TBM*12)
◎1944/9 VC-42(FM*9、TBM*14)
◎1945/2 陸軍航空軍機
◎1945/4 VC-19(FM*3、TBM*16)
ブレトン Breton CVE-10 インガルス・シップビルディング社 1943/4/9 1946/7/3 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-10)に改める
◎1946/5/12 イギリスより返還
◎1946/12/20 民間に売却
◎1973 台湾にて解体
カード Card CVE-11 シアトルタコマ・シップビルディング社 1942/11/8 1970/3/10 1970/9/15 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-11)に改める
◎1946/5/13 退役、ノーフォークにて保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-11)に改める
コパヒー Copahee CVE-12 シアトルタコマ・シップビルディング社 1942/6/15 1946/7/5 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-12)に改める
◎1946/7/5 タコマにて保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-12)に改める
コア Core CVE-13 シアトルタコマ・シップビルディング社 1942/12/10 1969/11 1970/9/15 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-13)に改める
◎1946/10/4 退役、ポート・アンゼルスにて保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-13)に改める
クロアタン Croatan CVE-14 ウェスタン・パイプ&スチール社 1943 1947/1/28 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-14)に改める
◎1946/12/21 イギリスより返還
◎1947/12/30 民間に売却
◎1975/9 La Speziaにて解体
ハムリン Hamlin CVE-15 ウェスタン・パイプ&スチール社 1942/12/30 1946/3/20 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-15)に改める
◎1945/12/29 イギリスより返還
◎1946/12/18 モービルのウォーターマン・スチームシップ社に売却
◎1947/8 オランダの民間会社に売却され商船Riouwとなる
◎1975 Gandiaにて解体
ナッソー Nassau CVE-16 シアトルタコマ・シップビルディング社 1942/8/20 1946/10/28 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-16)に改める
◎1946/10/28 タコマにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-16)に改める
#CVE-16の搭載飛行隊
◎1943/11/13〜1943/11/28(ガルヴァニック作戦(ギルバート諸島攻略戦)、TF52、TU52.3.18) VF-1(F6F-3*22、CVE-20と合計)
◎1944/1/29〜1944/3/4(フリントロック作戦(クェゼリン攻略戦)、キャッチポール作戦(エニウェトク攻略戦)、TF51 統合遠征軍、TG51.2 メジュロ攻撃群) VC-66(FM-1*14、TBM-1*4、TBM-1C*5)
セント・ジョージ St. George CVE-17 インガルス・シップビルディング社 1942 1946/3/28 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-17)に改める
◎1946/2/12 イギリスより返還
◎1946/5/14 解体のため、ベスレヘムのPatapsco Steel Scrap Co. に売却
アルタマハ Altamaha CVE-18 シアトルタコマ・シップビルディング社 1942/9/15 1946/9/27 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-18)に改める
◎1946/9/27 保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-18)に改める
プリンス・ウィリアム Prince William CVE-19 ウェスタン・パイプ&スチール社 1943/4/29 1946/3/28 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-19)に改める
◎1946/2/12 イギリスより返還
◎1948/6/5 解体のため、ベスレヘムのPatapsco Steel Scrap Co. に売却
◎ボルティモアにて解体
バーンズ
12
Barnes CVE-20 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/2/20 1946/8/29 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-20)に改める
◎1946/8/29 ボストンにて保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-20)に改める
#CVE-20の搭載飛行隊
◎1943/11/13〜1943/11/28(ガルヴァニック作戦(ギルバート諸島攻略戦)、TF52、TU52.3.18) VF-1(F6F-3*22、CVE-16と合計)
ブロック・アイランド
12
Block Island CVE-21 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/3/8 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-21)に改める
1944/5/29 Canary Islands西北海上にてドイツ海軍潜水艦U549の雷撃により沈没
CVE-22 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/4/8 1946/2/7 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-22)に改める
◎1945/11/29 イギリスより返還
◎除籍後、民間に売却され商船Theoとなる
◎1976/7 Kaohsiungにて解体
ブレトン Breton CVE-23 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/4/12 1971/1 1972/8/6 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-23)に改める
1944/9/13 護衛駆逐艦ゲンドロー Genderau(DE-639)と衝突
◎1946/8/30 退役、タコマにて保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-23)に改める
CVE-24 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/4/25 1946/4/12 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-24)に改める
◎1946/2/27 イギリスより返還
◎1947/7/1 ニュー・ヨークのWilliam B. St. Johnに売却され商船Robin Trentとなる
◎1973 解体
クロアタン Croatan CVE-25 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/4/28 1969/10/23 1970/9/15 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-25)に改める
◎1946/5/20 退役、ノーフォークにて保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-25)に改める
プリンス・ウィリアム Prince William CVE-31 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/4/9 1946/8/29 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-31)に改める
◎1946/8/29 退役、フィラデルフィアにて保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-31)に改める
チャタム Chatham CVE-32 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/8/11 1946/4/12 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-32)に改める
◎1943/8/11 イギリスに貸与されSlinger(D.26)と改名
◎1946/2/26 イギリスより返還
◎1946/11/7 民間に売却され商船Mowbrayとなる
◎1970/2 Kaohsiungにて解体
グラシア Glacier CVE-33 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/7/12 1947/2/7 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-33)に改める
◎1943/7/31 イギリスに貸与されAtheling(D.51)と改名
◎1946/12/6 イギリスより返還
◎1947/11/26 National Bulk Carriers, Inc. に売却され商船Romaとなる
◎1967(1968?) Vadoにて解体
パイバス Pybus CVE-34 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/5/31 1943/8/6 1946/3/28 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-34)に改める
◎1943/8/6 イギリスに貸与されEmperor(D.98)と改名
◎1946/2/12 イギリスより返還
◎1946/5/14 解体のため、ボルティモアのPatapsco Scrap Co. に売却
バフィンズ Baffins CVE-35 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/6/28 1943/7/19 1946/3/20 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-35)に改める
◎1943/7/19 イギリスに貸与されAmeer(D.01)と改名
◎1946/1/17 イギリスより返還
◎1946/9/17 Seas Shipping Co., Inc. に売却
◎1948 貨物船に改装、Robin Kirkと改名
◎1969/10 Kaohsiungにて解体
ボライナス Bolinas CVE-36 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/7/22 1943/8/2 1946/6/19 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-36)に改める
◎1943/8/2 イギリスに貸与されBegum(D.38)と改名
◎1946/1/4 イギリスより返還
◎1947/4/16 民間に売却
◎1974/4 Kaohsiungにて解体
バスチアン
12
Bastian CVE-37 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/8/4 1946/6/19 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-37)に改める
◎1943/8/4 イギリスに貸与されTrumpeter(D.09)と改名
◎1946/4/6 イギリスより返還
◎除籍後、民間に売却
◎1971 Castellonにて解体
カーネギー Carnegie CVE-38 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/8/9 1943/8/12 1946/3/28 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-38)に改める
◎1943/8/12 イギリスに貸与されEmpress(D.42)と改名
◎1946/1/28 イギリスより返還
◎1946/6/21(1947?) 解体のため売却
コルドヴァ Cordova CVE-39 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/8/25 1946/7/19 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-39)に改める
◎1943/8/25 イギリスに貸与されKhedive(D.62)と改名
◎1946/1/26 イギリスより返還
◎1947/1/23 民間に売却
◎1975(1976?) Gandiaにて解体
デルガダ Delgada CVE-40 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/11/20 1946/9/25 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-40)に改める
◎1943/11/20 イギリスに貸与されSpeaker(D.90)と改名
◎1946/7/27 イギリスより返還
◎1947/4/22 民間に売却
◎1972/8 Kaohsiungにて解体
エディスト Edisto CVE-41 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/9/7 1946/3/16 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-41)に改める
◎1943/9/7 イギリスに貸与されNabob(D.77)と改名
1944/8/22 バレンツ海にてドイツ海軍潜水艦U354の雷撃により損傷
◎1944/10/10 退役、スカパ・フローにて保管船となる
◎1946/3/16 イギリスより返還
◎1946/10/26 解体のため売却
◎後に民間に売却
◎1968 売却され商船Gloryとなる
◎1976(1977?) 台湾にて解体
エステロ Estero CVE-42 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/11/3 1946/5/21 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-42)に改める
◎1943/11/3 イギリスに貸与されPremier(D.23)と改名
◎1946/4/2 イギリスより返還
◎除籍後、民間に売却
◎1972(1974/2/10?) Kaohsiungにて解体
ジャマイカ Jamaica CVE-43 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/9/27 1946/2/7 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-43)に改める
◎1943/9/27 イギリスに貸与されShah(D.21)と改名
◎1945/12/6 イギリスより返還
◎1947/6/20 民間に売却
◎1964(1966?) ブエノス・アイレスにて解体
キーウィーナー Keweenaw CVE-44 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/10/25 1947/2/7 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-44)に改める
◎1943/10/22 イギリスに貸与されPatroller(D.07)と改名
◎1946/12/9 イギリスより返還
◎1947/8/26 Waterman Steamship Corp. に売却
◎1974/3 Kaohsiungにて解体
プリンス Prince CVE-45 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943 1947/2/7 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-45)に改める
◎1943/10/17 イギリスに貸与されRajah(D.10)と改名
◎1946/12/13 イギリスより返還
◎1947/7/7 Waterman Steamship Corp. に売却
◎1948 Drenteと改名
◎1974(1975/7?) Savonaにて解体
ナイアティック Niantic CVE-46 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/11/8 1947/1/22 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-46)に改める
◎1943/11/8 イギリスに貸与されRanee(D.03)と改名
◎1946/11/21 イギリスより返還
◎1947/6/9 モービルのWaterman Steamship Corp. に売却
◎1974/6 Kaohsiungにて解体
パーディド Perdido CVE-47 シアトルタコマ・シップビルディング社 1944/1/31 1946/4/12 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-47)に改める
◎1944/1/31 コマーシャル鉄工所にて竣工、イギリスに貸与されTrouncer(D.85)と改名
◎1946/3/3 イギリスより返還
◎1947/3/6 William B. St. Johnに売却され貨物船に改造、Greystoke Castleと改名、イギリス船籍となる
◎1954 Gallicと改名
◎1959 LeithのBen Line, Ltd. に売却されBenrinnesと改名(1234
◎1972(1973/11?) Kaohsiungにて解体
サンセット
12
Sunset CVE-48 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/11/19 1947/1/22 ◎1943/7/15 進水、艦種を護衛航空母艦(CVE-48)に改める
◎1943/11/19 イギリスに貸与されThane(D.48)と改名
1945/1中旬 アイルランド沖にてドイツ海軍潜水艦の雷撃により損傷
◎1945/5/12 イギリスより返還
◎1945/10(1946/10/26?) 解体のため売却
セント・アンドリューズ St. Andrews CVE-49 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/12/7 1947/7 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-49)に改める
◎1943/7/31 進水
◎1943/12/7 イギリスに貸与されQueen(D.19)と改名
◎1946/10/31 イギリスより返還
◎1947/7 アムステルダムのN. V. Stoomv, Maats., Nederland Co. に売却され商船Roebiahとなる
◎1967 フィリピン・プレジデンツ・ラインに売却され商船President Marcosとなる
◎1972/8(1974?) Kaohsiungにて解体
セント・ジョセフ
12
St. Joseph CVE-50 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/12/22 1946/3/20 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-50)に改める
◎1943/8/21 進水
◎1943/12/22 イギリスに貸与されRuler(D.72)と改名
◎1946/1/28 イギリスより返還(翌日イギリス海軍を退役)
◎1946/5/13 解体のため売却
セント・サイモン
12
St. Simon CVE-51 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/12/31 1946/4/12 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-51)に改める
◎1943/9/9 進水
◎1943/12/31 コマーシャル鉄工所にて竣工、イギリスに貸与されArbiter(D.31)と改名
◎1946/3/3 イギリスより返還
◎1947/1/30 ニューポート・ニューズのニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社に売却され貨物船Coraceroとなる
◎1965 President Macapagalと改名
◎1972 Lucky Twoと改名
◎1972/5 Kaohsiungにて解体
ヴァーミリオン Vermillion CVE-52 シアトルタコマ・シップビルディング社 1944/1/20 1946/5/6 ◎1943/6/10 艦種を護衛航空母艦(CVE-52)に改める
◎1943/9/27 進水
◎1944/1/20 イギリスに貸与されSmiter(D.55)と改名
◎1946/4/6 イギリスより返還
◎1947/1/28 ニューポート・ニューズのニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社に売却
◎1948 Compania Argentina de Navigacion Doderoに売却され商船Artilleroとなる
◎1966(1967/12?) ハンブルクにて解体
ウィラパ Willapa CVE-53 シアトルタコマ・シップビルディング社 1944/2/5 1946/3/12 ◎1943/6/10 艦種を護衛航空母艦(CVE-53)に改める
◎1943/11/8 進水
◎1944/2/5 イギリスに貸与されPuncher(D.74)と改名
◎1946/2/16 イギリスより返還
◎1947/1/9 ニュー・ヨークのWilliam B. St. Johnに売却
◎1947/2/4 イギリスの業者に売却され貨物船に改造、Muncaster Castleと改名、イギリス船籍となる
◎1954 Bardicと改名
◎1959 LeithのBen Line, Ltd. に売却されBen Navis(Bennevis?)と改名(1234
◎1973/6 Kaohsiungにて解体
ウィンジャ Winjah CVE-54 シアトルタコマ・シップビルディング社 1944/2/21 1946/7/8 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-54)に改める
◎1943/11/22 進水
◎1944/2/18 イギリスに貸与されReaper(D.82)と改名
◎1946/5/13 イギリスより返還
◎1947/2/12 モービルのWaterman Steamship Co. に売却
◎1966(1967/6?) Mihara(三原?)にて解体


ボーグ/プリンス・ウィリアム級のバーンズ(CVE-7)は民間への売却後は資料によってマチマチなので資料別一覧表を作ってみた
アメリカ海軍歴史センター Wikipedia(12 NavSource Naval History - Photographic History Of The U.S. Navy The U.S. Navy Warship Series: THE NAVY OF WORLD WAR II, 1922-1947 (Routledge, 2007.) FROM AMERICA TO UNITED STATES The History of the long-range Merchant Shipbuilding Programme of the United States Maritime Commission PART THREE (World Ship Society, 1984)
◎1946/9/11 ニュー・ヨークのWilliam B. St. Johnに売却
◎1946/10/28 イタリアの船会社に再売却
◎1947/2 ニュー・ヨークのNational Bulk Carriersに売却され貨物船に改装するも後に中止(装備を撤去)
◎1950 Vlasovグループに売却、アメリカ子会社のNavcot Corporationが運航、ニューポート・ニュースのニューポート・ニュース造船所で冷凍貨物船に改装、Castel Forteと改名、後に改装中止、係船
◎1957 オーストラリアがチャーター(オーストラリアにイギリス人移住者を運ぶ移住船として)、ニュー・ヨークのベスレヘム・スチール社で旅客船に改装
◎1957/7 Genoaにて内装工事(〜1958/5)、Fairskyと改名
◎1958/6/26 Vlasovのイタリアの管理会社Sitmar Lineが運航(Fairline Shipping Corporation名義、パナマ船籍となる)
◎後にリベリア船籍となる
◎1970(1972/2?) チャーター完了
◎1948/10/28 ニュー・ヨークのNational Bulk Carriersに売却され貨物船に改装するも後に中止(装備を撤去)
◎1950 Vlasovグループに売却、Castelforteと改名
◎1953 Castel Forteと改名
◎1957/2 ニュー・ヨークのベスレヘム・スチール社で旅客船に改装
◎1957/12 イタリアにて改装
◎1958 Alvion Shipping Corporationが運航(Vlasov社が親会社)、Fairskyと改名、パナマ船籍となる
◎後にSITMAR Line(Sitmar Cruisesの前身会社)が運航(〜1972/2)
◎1968頃 リベリア船籍となる
◎1973/11/8 オーストラリアが運航
◎1946/10/28 売却
◎1948 商船Castel Forteとなる
◎1958 Fairskyと改名
◎後にFair Skyと改名
◎1979 Philippine Touristと改名
◎1980 香港にて解体
◎1948/10/28 ニュー・ヨークのNational Bulk Carriers, Inc. に売却されタンカーに改装するも後に中止(装備を撤去)
◎1950 Societa Italiana Transporti Marittimi SpA(SITMAR)に売却
◎1952/5 ニューポート・ニュースのニューポート・ニュース造船所で貨物船に改装、Castel Forteと改名
◎1957 ベスレヘム・スチール社スタテン・アイランド造船所で旅客船に改装
◎1958/6 Fairline Shipping Corporation名義、Fairskyと改名、パナマ船籍となる
◎後にMonrovia船籍となる
◎1959 Fair Skyと改名
◎1964 Fairskyと改名
◎1972/3 サザンプトンにて係船
1977/6/23 Djakarta Bayにて座礁したインドネシアの貨客船Kungiに衝突し損傷、沈没を防ぐため浜辺に座礁
◎1977/6/29 離礁、シンガポールにて一時的な修理
◎後に香港の解体業者に売却
◎1977/12/11 香港に移動(〜1977/12到着)
◎1978/3 Peninsula Tourist Corporationに売却
◎1978/4/27 マニラへ曳航、Bataan Shipyard & Engineering Companyで洋上ホテルに改装、Philippine Touristと改名


基準排水量(計画値):11,400t 軽荷排水量:12,000t 満載排水量(計画値):24,275t 全長:168.55m 幅:水線22.86m/最大34.83m 吃水:9.33m(満載時、9.75mと9.85mもいわれる) 主缶:バブコック&ウィルコックス缶4基 主機/軸数:ジェネラル・エレクトリック式ギアード蒸気タービン2基、ウェスティングハウス式ギアード蒸気タービン2基/2軸 出力(計画値):13,500馬力 速力:18.3kt 航続力:15ktで23,920浬 兵装:51口径127o単装砲2基、56口径40o連装機銃4基、70口径20o単装機銃12基(1945年には38口径127o単装砲2基、56口径40o4連装機銃2基、56口径40o連装機銃7基、70口径20o単装機銃21基) 搭載機(1942年時):25機(1945年には32機) 乗員(1942年時):830名(1945年には1,080名)
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、1234
↑サンガモン級護衛航空母艦サンガモン(CVE-26)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サンガモン
1234
Sangamon CVE-26 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/8/25 1945/10/24 1945/11/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-26)に改める
◎1943/9/5 メア・アイランド海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1943/10/6、12
1944/1/25 太平洋上にて艦載機の着艦ミスにより爆発損傷
◎1944/1/31 海上にて一時的な修理(〜1944/2中旬)
◎1944/2下旬 真珠湾にて修理(〜1944/3/15)
1944/10/20 レイテにて日本機の爆撃により損傷
1944/10/25 レイテ湾にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1944/11/30 ブレマートンにてオーヴァーホール(〜1945/1/24)
1945/3/25 沖縄海域にて護衛駆逐艦シーダーストロム Sederstrom(DE-31)と衝突し損傷
1945/5/4 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷(123456
◎1945/6/12 ノーフォーク海軍工廠にて修理
◎1945/8中旬 修理中止
◎1945/9 不活性化工事
◎後にサン・フランシスコのHillcone Steamship Co. に売却
◎1948/2/11 サン・フランシスコのHillcone Steamship Co. に引き渡される、タンカーに改装
◎1952/7/1 ニュー・ヨークのWorld Commerce Corp. に売却
◎1958/1/23 パナマのMaritime Transportation Co., S.A. に売却
◎1960/4/5 MonroviaのSangamon Corp. に売却
◎1960/4/5 MonroviaのSangamon Corp. に売却
1960/3/9 ガルヴェストン〜Bombay間にて座礁
◎1960/4/2 スエズへ曳航
◎1960/8 大阪にて解体
◎Gilbert Is., Kwajalein, Eniwetok, Hollandia, Saipan, Philippine Sea, Guam, Visayas Is. Raids Oct 1944, Leyte, Samar, Okinawa. PUC.
#CVE-26の搭載飛行隊
◎1943/7(CVEG-26) F4F*17、VC-26(SBD*9、TBF*9)
◎1943/11 VC-26(F6F*12、SBD*9、TBF*9)
◎1943/11/13〜1943/11/28(ガルヴァニック作戦(ギルバート諸島攻略戦)、TF53、TG53.6、CVEG-2) VF-37(F6F-3*12)、VC-37(SBD-5*9、TBM-1*6、TBM-1C*4)
◎1944/1(CVEG-37) VF-37(F6F*12)、VC-37(SBD*9、TBM*10)
◎1944/1/29〜1944/3/4(フリントロック作戦(クェゼリン攻略戦)、キャッチポール作戦(エニウェトク攻略戦)、TF53、TG53.6、CVEG-37) VC-37、VC-37
◎1944/4/21〜1944/5/13( レクレス作戦(ホーランディア上陸作戦)、パーシキューション作戦(アイタペ上陸作戦)、TF78 護衛空母軍、TG78.1、CVEG-37) VC-37(F6F*22)、VC-37(TBF-1C*9、TBM-1C*8)
◎1944/7(CVEG-37) VF-37(F6F*22)、VT-37(TBM*9)
◎1944/10(CVEG-37) VF-37(F6F*17)、VT-37(TBM*9)
◎1945/3 VC-33(F6F*24、TBM*6)
#CVE-26の搭載レーダー
◎1943/11 SC-2対空レーダー
スワニー
12
Suwannee CVE-27 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/9/24 1947/1/8 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-27)に改める
◎1943/9/11 メア・アイランド海軍工廠にて近代化改装(〜1943/10/12、12
1944/10/25 サマール島沖にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷(123456789101112131415161718
◎1944/11上旬 Seeadler Harborにて保全作業
◎1944/11/26 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて修理(〜1945/1/31、12
1945/5/24 沖縄海域にて艦載機搭載の爆弾の爆発事故により損傷(12345
◎1946/10/28 ボストンにて保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-27)に改める
◎Gilbert Is., Kwajalein, Eniwetok, Palau-Yap Raids Mar 1944, Hollandia, Saipan, Tinian, Morotai, Rennell I., Leyte, Samar, Okinawa, Balikpapan. PUC.
☆CVE-27の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/6/19 日本海軍伊号第一八四潜水艦(グアム東方海域にて艦載機の攻撃により撃沈)
#CVE-27の搭載飛行隊
◎1943/7(CVEG-27) VF-27(F4F*18)、VGS-27(TBF*15)
◎1943/11(CVEG-60) VF-60(F6F*12)、VC-60(SBD*9、TBF*9)
◎1943/11/13〜1943/11/28(ガルヴァニック作戦(ギルバート諸島攻略戦)、TF53、TG53.6、CVEG-60) VF-60(F6F-3*12、VC-60(SBD-5*9、TBM-1*9)
◎1944/1(CVEG-60) VF-60(F6F*12)、VC-60(SBD*9、TBF*9)
◎1944/1/29〜1944/3/4(フリントロック作戦(クェゼリン攻略戦)、キャッチポール作戦(エニウェトク攻略戦)、TF53、TG53.6、CVEG-60) VF-60(F6F-3*12)、VC-60(SBD-5*9、TBF-1*2、TBM-1C*7)
◎1944/4 VC-3
◎1944/4/21〜1944/5/13( レクレス作戦(ホーランディア上陸作戦)、パーシキューション作戦(アイタペ上陸作戦)、TF78 護衛空母軍、TG78.1) VC-3(FM-2*14、TBM-1C*9)
◎1944/7(CVEG-60) VF-60(F6F*22)、VC-60(SBD*9)、VT-60(TBM*9)
◎1944/10(CVEG-60) VF-60(F6F*22)、VC-60(SBD*9)、VT-60(TBM*9)
◎1945/3(CVEG-40) VF-40(F6F*17)、VT-40(TBM*10)
◎1945/11 VGF-27(F4F*18)、VGS-27(TBF*15)
#CVE-27の搭載レーダー
◎1944/1 SG対水上レーダー、SC-2対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
シェナンゴ Chenango CVE-28 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/9/19 1946/8/14 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-28)に改める
◎1943/8/18 メア・アイランドにてオーヴァーホール
◎1945/2/9 シアトルにてオーヴァーホール
1945/4/9 沖縄海域にて艦載機の着艦事故により損傷
◎1946/8/14 ボストンにて保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-28)に改める
#CVE-28の搭載飛行隊
◎1943/11/13〜1943/11/28(ガルヴァニック作戦(ギルバート諸島攻略戦)、TF53、TG53.6、CVEG-35) VF-35(F6F-3*12)、VC-35(SBD-5*9、TBM-1*9、TBM-1C*5)
◎1944/1/29〜1944/3/4(フリントロック作戦(クェゼリン攻略戦)、キャッチポール作戦(エニウェトク攻略戦)、TF53、TG53.6、CVEG-35) VF-35、VC-35
◎1944/4/21〜1944/5/13( レクレス作戦(ホーランディア上陸作戦)、パーシキューション作戦(アイタペ上陸作戦)、TF78 護衛空母軍、TG78.1、CVEG-35) VF-35、VC-35
サンティー Santee CVE-29 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/8/24 1946/10/21 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-29)に改める
1944/10/25 フィリピン沖にて日本軍機の爆撃により損傷
◎1944/10/31 Seeadler Harborにて応急修理
◎1944/11/9 真珠湾にて修理
◎1944/12/5 修理、オーヴァーホール(〜1945/1)
1945/7/7 沖縄海域にて艦載機の着艦事故により損傷
◎1946/10/21 保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-29)に改める
#CVE-29の搭載飛行隊
◎1944/4/21〜1944/5/13( レクレス作戦(ホーランディア上陸作戦)、パーシキューション作戦(アイタペ上陸作戦)、TF78 護衛空母軍、TG78.1、CVEG-26) VF-24(FM-2*24)、VT-26(TBF-1C*6、TBM-1C*3)


※データは航空機搭載護衛艦チャージャー級の項を参照
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
チャージャー
12
Charger CVE-30 サン・シップビルディング&ドライドック社 1942/3/3 1946/3/15 1946/3/28 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-30)に改める
◎1943 入渠
◎除籍後、海事委員会に移管
◎1947/1/30 パナマのAlvion SS Corp. (船主はニュー・ヨークのNavcot Corp.)に売却されベスレヘム・スチール社Hoboken造船所で定期旅客船に改装
◎1949 Fairseaと改名(12
1953/11 メルボルンにて機関室が火災
◎1958 イタリアのSocieta Italiana Transporti Mariitmi, SpAに売却、Romeにて主機交換工事
◎後にTriesteにて改装(〜1958/4)
◎後にオーストラリア政府がチャーター、サウサンプトン〜オーストラリア間のイギリスの移民を運ぶ為に移民船となる
◎1968 MonroviaのPassenger Liner Services, Inc. (イタリアのSocieta Italiana Transporti Mariitmi, SpAの子会社)が運航、パナマ船籍となる
1969/1/29 Balboa西方海域にて機関室が火災、Balboaへ商船Louis Lykesが曳航(1969/2/3到着)
◎1969 Balboaにて解体のため、イタリアの業者に売却、後にLa Speziaへイタリアの曳船Vorticeが曳航(1969/8/6到着)
◎1969 La Speziaにて解体
#CVE-30の搭載レーダー
◎1944 SG対水上レーダー、SC-2対空レーダー、YE追跡レーダー


軽荷排水量:6,730t(7,800tともいわれる) 満載排水量:10,400t 全長:156.13m(CVE-60、CVE-101は156.05m、CVE-98は156.89m) 幅:水線19.86m(CVE-56、CVE-60〜CVE-65、CVE-68、CVE-69、CVE-72〜CVE-77、CVE-81、CVE-84、CVE-91、CVE-96、CVE-97、CVE-99、CVE-104は19.81m、CVE-101は19.83m)/最大32.94m(CVE-98は33.19m) 吃水:6.85m(最大、CVE-57、CVE-80、CVE-83、CVE-85、CVE-87、CVE-101は6.09m) 主機/軸数:Nordberg Skinner Unaflow式レシプロ機関2基/2軸 出力:9,000馬力 速力:19.3kt(20.0ktともいわれる、CVE-56、CVE-59、CVE-60、CVE-63、CVE-64、CVE-65、CVE-68、CVE-71〜CVE-77、CVE-80〜CVE-82、CVE-84、CVE-86、CVE-91、CVE-94、CVE-96〜CVE-98、CVE-101、CVE-103、CVE-104は19.0kt、CVE-62は17.0kt、CVE-69は18.0kt) 航続力:15ktで10,200浬 兵装:38口径127o単装砲1基、40o連装機銃4基、20o単装機銃12基(後には40o連装機銃8基、20o単装機銃20基) 搭載機:27機(CVE-56、CVE-60〜CVE-62、CVE-65、CVE-68、CVE-71、CVE-81、CVE-86、CVE-90〜CVE-93、CVE-96、CVE-99、CVE-101、CVE-104は28機、CVE-66は24機) 乗員:860名(CVE-69は856名)
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12345678910111213141516
※スキナー・ユニフロー・レシプロ蒸気エンジン採用した同級は当時、信用第一をモットーにしてアメリカ一の通信販売網を構築したウルワース商会にちなんで“ウルワース空母”と呼ばれた。このエンジンは騒音、扱いづらい、効率の悪いエンジンで、適当な時にボイラーに水を補充するのが困難な代物だった。潤滑油の補充を疎かにすると蒸気漏れが発生。機関士はヘチマを蒸気の出る隙間に詰めたり、珪藻土のフィルターを復水器に入れたりと厄介だった(参考文献:航空戦史シリーズNo. 41「空母ガムビアベイ」(朝日ソノラマ、原著は"THE MEN OF THE GAMBIER BAY", 1984.)
↑USS Midway (CVE-63) leaving Astoria, Ore., on Nov. 13, 1943. Photo taken from USS Tripoli (CVE-64).

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
カサブランカ
12
Casablanca CVE-55 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/7/8 1946/6/10 1946/7/3 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-55)に改める
◎1945/1下旬 サン・ディエゴにて修理
◎1945/5中旬 西海岸にてオーヴァーホール
◎1947/4/23 解体のため売却
◎Training ship. Operation Magic Carpet.
#CVE-55の搭載レーダー
◎SG対水上レーダー、SC-2対空レーダー、YE追跡レーダー
リスカム・ベイ Liscome Bay CVE-56 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/8/7 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-56)に改める
◎1943/8/7 海軍に移管
1943/11/24 マキン島にて日本海軍伊号第一七五潜水艦の雷撃により沈没(12
◎Torpedoed by I-175 off Makin Is. and sank following explosion of after magazines, 24 Nov 1943 (648 killed, including RADM Henry M. Mullinix). Gilbert Is..
#CVE-56の搭載飛行隊
◎1943/7 VC-39(FM*11、SBD*2、TBM*22)
◎1943/11 VGF-56(FM*16)、VGS-56(TBM*28)
◎1943/11/13〜1943/11/28(ガルヴァニック作戦(ギルバート諸島攻略戦)、TF52、TG52.3) VC-39(FM-1*16、TBM-1*12)
#CVE-56の搭載レーダー
◎1943/7 SG対水上レーダー、SC-2対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1943/11 SG対水上レーダー、SC-2対空レーダー、YE追跡レーダー
コーラル・シー
1234
Coral Sea CVE-57 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/8/27 1946/8/5 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-57)に改める
◎アストリアにて就役
◎1944/5上旬 Espiritu Santoにて修理改装(〜1944/6上旬)
1944/6中旬 サイパン沖にて日本軍機の攻撃により損傷
◎1944/7中旬 エニウェトクにてエンジン修理
◎1944/8/31 サン・ディエゴにて入渠、オーヴァーホール
◎1944/9/15 アンツィオ Anzioと改名
◎1944/9下旬 真珠湾海軍工廠にて修理改装
◎1945/4末 ウルシーにてrudder bearingsを修理(〜1945/5下旬?)
◎退役後、ノーフォークにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/6/15 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-57)に改める
◎Gilbert Is., Kwajalein, Eniwetok, Saipan, Guam, Luzon Raids Oct 1944, Luzon Raids Jan 1945, Formosa Raids Jan 1945, Nansei Shoto Raid Jan 1945, Iwo Jima, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Operation Magic Carpet.
☆CVE-57の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/11/18 日本海軍伊号第四一潜水艦(サマール島東方海域にて撃沈(他艦と共同で))
・1945/2/26 日本海軍呂号第四三潜水艦(硫黄島北西海域にて撃沈)
・1945/2/27 日本海軍伊号第三六八潜水艦(硫黄島西方海域にて撃沈)
・1945/5/30 日本海軍伊号第三六一潜水艦(沖縄南東海域にて撃沈)
・1945/7/16 日本海軍伊号第一三潜水艦(横須賀東方海域にて撃沈(他艦と共同で))
#CVE-57の搭載飛行隊
◎1943/7 VC-33(FM*6、SBD*1、TBM*19)
◎1943/11 VC-33(FM*16、TBM*12)
◎1943/11/13〜1943/11/28(ガルヴァニック作戦(ギルバート諸島攻略戦)、TF52、TG52.3) VC-33(FM-1*16、TBF-1*12)
◎1944/1/29〜1944/3/4(フリントロック作戦(クェゼリン攻略戦)、キャッチポール作戦(エニウェトク攻略戦)、TF52、TG52.9 空母支援群) VC-33(F4F-4*9、FM-1*5、TBF-1*4、TBF-1C*6、TBM-1*2)
◎1944/4/21〜1944/5/13( レクレス作戦(ホーランディア上陸作戦)、パーシキューション作戦(アイタペ上陸作戦)、TF78 護衛空母軍、TG78.2) VC-33(F4F-4*9、FM-1*5、TBF-1*4、TBF-1C*6、TBM-1*2)
◎1944/7 VC-3(FM*14、TBM*12)
◎1944/10 VC-82(FM*?、TBM*?)
◎1945/3 VC-13(FM*12、TBM*12)
◎1945/8 VC-66(FM*?、TBM*?)
#CVE-57の搭載レーダー
◎1943/7 SG対水上レーダー、SC-2対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1943/11 SG対水上レーダー、SC-2対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/7 SG対水上レーダー、SC-2対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/10 SG対水上レーダー、SC-2対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SC-2対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/8 SG対水上レーダー、SC-2対空レーダー、YE追跡レーダー
コレヒドール
12
Corregidor CVE-58 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/8/31 1958/9/4 1958/10/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-58)に改める
◎1943/8/1 海軍に移管
◎1943/12 サン・ディエゴにて修理
◎1944夏 サン・ディエゴにてオーヴァーホール
1945/4/20 マーシャル諸島東方海域にて台風により損傷
◎1946/7/30 ノーフォークにて退役、保管
◎1951/5/19 再役、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-58)に改める
◎Gilbert Is., Kwajalein, Eniwetok, Saipan, Guam, Operation Magic Carpet.
◎Korea.
#CVE-58の搭載飛行隊
◎1943/7 VC-41(F4F*11、TBF*17)
◎1943/11 VC-44(FM*16、TBM*12)
◎1943/11/13〜1943/11/28(ガルヴァニック作戦(ギルバート諸島攻略戦)、TF52、TG52.3) VC-44(FM-1*16、TBF-1*12)
◎1944/1 VC-44(FM*6、F4F*3、TBMもしくはTBF*20)
◎1944/1/29〜1944/3/4(フリントロック作戦(クェゼリン攻略戦)、キャッチポール作戦(エニウェトク攻略戦)、TF52、TG52.9 空母支援群) VC-41(F4F-4*3、FM-1*6、TBF-1*4、TBF-1C*3、TBM-1*8)
◎1944/4/21〜1944/5/13( レクレス作戦(ホーランディア上陸作戦)、パーシキューション作戦(アイタペ上陸作戦)、TF78 護衛空母軍、TG78.2) VC-41(F4F-4*3、FM-1*6、TBF-1C*3、TBM-1*8)
◎1944/3 VC-41(FM*12、F4F*3、TBMもしくはTBF*25)
◎1944/7 VC-41(FM*14、TBM*12)
◎1944/11 VC-83
◎1945/1 VC-42
#CVE-58の搭載レーダー
◎1943/7 SG対水上レーダー、SK?対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1943/11 SG対水上レーダー、SK?対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/1 SG対水上レーダー、SK?対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK?対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/7 SG対水上レーダー、SK?対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/11 SG対水上レーダー、SK?対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/1 SG対水上レーダー、SK?対空レーダー、YE追跡レーダー
ミッション・ベイ Mission Bay CVE-59 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/9/13 1946/12/19
(1947/2/21?)
1958/9/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-59)に改める
◎1943/9/13 海軍に移管
◎アストリアにて就役
1944/6/17 ニュー・ヨーク港にて浚渫船と衝突し損傷
◎1944/6/22 ポーツマスにて修理
◎1947/2/21 ノーフォークにて大西洋予備艦隊に編入
◎1949/11/30 ニュー・ヨークにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-59)に改める
◎North Atlatic.
#CVE-59の搭載飛行隊
◎1943/7 VC-58(FM*6、TBF*10)
◎1943/12 VC-8
◎1944/9 VC-36(FM*9、TBM*12)
◎1945/3 VC-95(FM*9、TBF*10)
#CVE-59の搭載レーダー
◎1943/7 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1943/12 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/9 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ガダルカナル
12
Guadalcanal CVE-60 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/9/25 1946/7/15 1958/5/27 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-60)に改める
◎アストリアにて就役
◎1944/2中旬 ノーフォークにて修理
◎退役後、ノーフォークにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12(1955/7/15?) 艦種を雑役航空母艦(CVU-60)に改める
◎TG 21.12, TG 22.3.
☆CVE-60の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/1/17 ドイツ海軍潜水艦U544(アゾレス諸島北西海域にて撃沈)
・1944/4/9 ドイツ海軍潜水艦U515(マデイラ諸島北方海域にて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍IXC型潜水艦)
・1944/4/10 ドイツ海軍潜水艦U68(マデイラ諸島北西海域にて撃沈)
(←ドイツ海軍IXC型潜水艦)
・1944/6/4 ドイツ海軍潜水艦U505(Dakar北西海域にて拿捕(他艦と共同で)、12
(←ドイツ海軍IXC型潜水艦)
#CVE-60の搭載飛行隊
◎1943/7 VC-36(FM*6、TBF*11)
◎1944/3 VC-58(FM*9、TBMもしくはTBF*12)
◎1944/5 VC-8(FM*9、TBM*12)
#CVE-60の搭載レーダー
◎1943/7 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/5 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
マニラ・ベイ
12
Manila Bay CVE-61 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/10/5 1946/7/31 1958/5/27 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-61)に改める
◎1943/10/5 海軍に移管
◎アストリアにて就役
◎1944/5下旬? 真珠湾にてオーヴァーホール(〜1944/6)
1945/1/5 ルソンにて日本軍の特攻機の攻撃により損傷(123
◎1945/2中旬 サン・ディエゴにて修理(〜1945/4末)
◎退役後、ボストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-61)に改める
◎Bismarcks, Kwajalein, Eniwetok, Saipan, Hollandia, Leyte, Samar, Lingayen, Okinawa, Operation Magic Carpet.
#CVE-61の搭載飛行隊
◎1943/7 VC-31(FM*6、TBF*12)
◎1944/1 VC-7(FM*16、TBF*12)
◎1944/1/29〜1944/3/4(フリントロック作戦(クェゼリン攻略戦)、キャッチポール作戦(エニウェトク攻略戦)、TF52、TG52.9 空母支援群) VC-7(FM-2*16、TBF-1*9、TBF-1C*3)
◎1944/4/21〜1944/5/13( レクレス作戦(ホーランディア上陸作戦)、パーシキューション作戦(アイタペ上陸作戦)、TF78 護衛空母軍、TG78.2) VC-7(FM-2*16、TBF-1*9、TBF-1C*3)
◎1944/10 VC-80(FM*16、TBM*12)
◎1945/1 VC-80(FM*20、TBM*12)
◎1945/6 VC-71
#CVE-61の搭載レーダー
◎1943/7 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/1 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/10 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/1 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/6 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ナトマ・ベイ
12
Natoma Bay CVE-62 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/10/14 1946/5/20 1958/9/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-62)に改める
◎1943/7/20 進水
◎1944/4末 Manusにてエンジン修理
◎1944/7中旬 サン・ディエゴにて修理改装
◎1945/5 修理
1945/6/7 沖縄海域にて日本海軍の特攻機の攻撃により損傷、緊急修理(12345
◎1945/6下旬 グアムにて部分的な修理
◎1945/9 サン・ディエゴにて修理、改装、オーヴァーホール(〜1945/10)
◎1945/12/29 大西洋予備艦隊に編入
◎1949/10 ボストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-62)に改める
◎Kwajalein, Saipan, Leyte, Samar, Lingayen, Iwo Jima, Okinawa, Operation Magic Carpet.
#CVE-62の搭載飛行隊(12
◎1943/7 VC-55(FM*6、TBF*12)(計画)
◎1944/1 VC-63(FM*12、TBM*12)
◎1944/1/29〜1944/3/4(フリントロック作戦(クェゼリン攻略戦)、キャッチポール作戦(エニウェトク攻略戦)、TF51 統合遠征軍、TG51.2 メジュロ攻撃群) VC-63(FM-1*12、TBM-1*6、TBM-1C*6)
◎1944/4 VC-63(FM*28、TBM*18)(輸送)
◎1944/4/21〜1944/5/13( レクレス作戦(ホーランディア上陸作戦)、パーシキューション作戦(アイタペ上陸作戦)、TF78 護衛空母軍、TG78.2) VC-63(FM-2*28、TBM-1C*18)(輸送)
◎1944/10 VC-81(FM*16、TBM*12)
◎1945/1 VC-81(FM*20、TBM*12)
◎1945/3 VC-9
#CVE-62の搭載レーダー
◎1943/7 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/1 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/4 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/10 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/1 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ミッドウェー
12
Midway CVE-63 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/10/23 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-63)に改める
◎1943/8/17 進水
◎1944/9/15(1944/10/10?) セント・ロー St. Loと改名
1944/10/25 サマール島沖にて日本海軍の特攻機の攻撃により沈没(12
◎Saipan, Guam, Tinian, Morotai, Okinawa Raid Oct 1944, Samar.
#CVE-63の搭載飛行隊
◎1943/7 VC-42(FM*6、TBMもしくはTBF*12)
◎1944/3 VC-65(FM*12、TBM*9)
◎1944/6 VC-65(FM*12、TBM*9)
◎1944/10 VC-65(FM*17、TBM*12)
#CVE-63の搭載レーダー
◎1943/7 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/6 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/10 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
トリポリ
12
Tripoli CVE-64 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/10/31 1958/11/25 1959/2/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-64)に改める
◎アストリアにて就役
1944/1/4 サン・ディエゴの修理基地にて火災事故により損傷、後に修理
◎1944/4末 ノーフォークにて修理
◎1944/11? ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1946/1 ノーフォークにて不活性化オーヴァーホール
◎1946/5/22 ノーフォークにて退役、保管
◎1952/1/5 ニュー・ヨークにて再役、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-64)に改める
◎Operation Magic Carpet.
◎Korea 1952.
#CVE-64の搭載飛行隊
◎1943/7 VC-66(FM*10、TBF*3)
◎1944/3 VC-13(FM*9、TBF*12)
◎1944/8 VC-65(FM*13、TBM*17)
#CVE-64の搭載レーダー
◎1943/7 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/8 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ウェーク・アイランド Wake Island CVE-65 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/11/7 1946/4/5 1946/4/17 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-65)に改める
◎1943/9/15 進水
◎1943/12中旬 サン・ディエゴにてPSA
◎1943/1下旬 ノーフォークにて修理改装
◎1944/5中旬 ノーフォークにて改装、オーヴァーホール(〜1944/6)
◎1944/8中旬 ノーフォークにて改装、修理(〜1944/8/25)
◎1944/11上旬 ノーフォークにて修理改装
◎1945/1/23 ウルシーにて修理改装(〜1945/1/31)
1945/4/3 沖縄海域にて日本軍機の攻撃により損傷
◎1945/4/10 グアムのアプラ港にて入渠、修理(〜1945/5/20)
◎1946/1/1 不活性化工事
◎1946/4/19 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
◎1947 ボルティモアにて解体
◎Lingayen, Iwo Jima, Okinawa, Operation Magic Carpet.
☆CVE-65の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/7/2 ドイツ海軍潜水艦U543(Tenerife南西海域にてTBMの攻撃により撃沈)
#CVE-65の搭載飛行隊
◎1943/7 VC-63(FM*6、F4F*3、SBD*6、TBF*5)(計画)
◎1944/6 VC-58(FM*9、TBM*12)
◎1945/1 VOC-1(FM*23、TBM*12)
◎1945/3 VOC-1(FM*26、TBM*6)
#CVE-65の搭載レーダー
◎1943/7 SG対水上レーダー、SC対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/6 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/1 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ホワイト・プレインズ
12
White Plains CVE-66 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/11/15 1946/7/10 1958/7/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-66)に改める
◎1943/9/27 進水
◎1943/11/15 アストリアにて海軍に移管
◎アストリアにて艤装(〜1943/12/4)
◎1944/10 Manusにて修理
1944/10/25 フィリピン海域にて日本海軍艦艇の砲撃(至近弾)により機関室損傷、日本軍の特攻機の攻撃により損傷(1234
◎1944/11下旬 サン・ディエゴにて修理(〜1945/1中旬)
◎退役後、ボストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-66)に改める
◎Kwajalein, Saipan, Tinian, Palau, Leyte, Samar, Operation Magic Carpet. PUC.
☆CVE-66の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/10/25 日本海軍重巡洋艦鳥海(サマール島東方海域にて損傷を与える(日本海軍戦艦金剛の誤った砲撃により損傷ともいわれる))
(←日本海軍重巡洋艦鳥海(新造時))
#CVE-66の搭載飛行隊
◎1943/7 VC-68(FM*2、F4F*1、SBD*3、TBF*2)(計画)
◎1944/3 VC-68(FM*12、TBM*9)
◎1944/8 VC-4(FM*16、TBMもしくはTBF*9)
◎1944/10 VC-4(FM*16、TBM*12)
◎1945/3 F4UF6F(輸送)
#CVE-66の搭載レーダー
◎1943/7 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/8 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/10 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ナサック・ベイ
12
Nassuk Bay CVE-67 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/11/21 1946/5/15 1946/6/5 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-67)に改める
◎1943/10/6 進水
◎1943/11/6 ソロモンズ Solomonsと改名
◎後に解体のため、ベスレヘムのPatapsco Scrap Corp. に売却
◎1946/12/22 ニューポートにてベスレヘムのPatapsco Scrap Corp. に引き渡される
◎1947 ボルティモアにて解体
☆CVE-67の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/6/15 ドイツ海軍潜水艦U860(St. Helenaにて撃沈、1234
(←ドイツ海軍IXD2型潜水艦)
#CVE-67の搭載飛行隊
◎1943/7 VC-65(FM*6、F4F*2、SBD*5、TBF*5)(計画)
◎1944/3 VC-9(FM*13、TBMもしくはTBF*18)(計画)
◎1944/6 VC-9(FM*9、TBMもしくはTBF*12)
#CVE-67の搭載レーダー
◎1943/7 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/6 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
カリーニン・ベイ
12
Kalinin Bay CVE-68 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/11/27 1946/5/15 1946/6/5 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-68)に改める
◎1943/10/15 進水
1944/10/25 サマール島沖海戦にて日本海軍艦艇の砲撃と日本軍の特攻機の攻撃により損傷(12
◎1944/11上旬 Manusにて緊急修理
◎1944/11下旬 サン・ディエゴにて修理、改装(〜1945/1/18)
◎1946/12/8 解体のため、ボルティモアのPatapsco Steel Co. に売却
◎1947 解体
◎Kwajalein, Saipan, Guam, Tinian, Palau, Leyte, Samar, Operation Magic Carpet.
#CVE-68の搭載飛行隊
◎1944/4 VC-3(FM*14、TBM*9)
◎1944/10 VC-3(FM*16、TBM*12)
#CVE-68の搭載レーダー
◎1944/4 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/10 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
カサーン・ベイ Kasaan Bay CVE-69 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/12/4 1946/7/6 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-69)に改める
◎1943/10/24 進水
◎1943/12/4 引き渡される
◎退役後、ボストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-69)に改める
◎Southern France, Operation Magic Carpet.
#CVE-69の搭載飛行隊
◎1943/7 VC-69(FM*6、TBF*2)
◎1944/3 VC-12(FM*9、TBM*12)
◎1944/6 VF-74(F6F*24)
◎1945/6 VC-72(FM*16、TBM*12)
#CVE-69の搭載レーダー
◎1943/7 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/6 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/6 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ファンショー・ベイ
12
Fanshaw Bay CVE-70 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/12/9 1946/8/14 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-70)に改める
◎1943/11/1 進水
1944/6/17 サイパン東方海域にて日本軍機の爆撃により損傷
◎1944/6下旬? 真珠湾にて修理
1944/10/25 サマール島沖海戦にて日本海軍第二艦隊の砲撃により損傷
◎1944/11 サン・ディエゴにて修理
◎退役後、タコマにて保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-70)に改める
◎Saipan, Morotai, Leyte, Samar, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-70の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-4(FM*12、TBM*8)
◎1944/6 VC-68(FM*16、TBM*12)
◎1944/9 VC-66
◎1945/2 VC-8
◎1945/3 VOC-2(FM*24、TBM*6)
◎1945/8 VC-10
#CVE-70の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/6 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/9 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/2 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/8 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
キトカン・ベイ
12
Kitkun Bay CVE-71 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/12/15 1946/4/19 1946/5/8 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-71)に改める
◎1943/11/8 進水
1944/10/25 サマール島沖にて日本海軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1944/10下旬 Manusにて修理
1945/1/8 スリガオ海峡にて日本陸軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/2末 サン・ペドロにて修理
◎1946/11/18 解体のため、ポートランドのZidell Machinery & Supply Co. に売却
◎1947初め ポートランドにて解体
◎Saipan, Tinian, Guam, Palau, Leyte, Samar, Lingayen, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Operation Magic Carpet. PUC.
#CVE-71の搭載飛行隊
◎1944/5 VC-5(FM*12、TBM*8)
◎1944/8 VC-5(FM*14、TBM*12)
◎1944/11 VC-91(FM*17、TBM*11)
◎1945/5 VC-63(FM*?、TBM*?)
#CVE-71の搭載レーダー
◎1944/5 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/8 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/11 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/5 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
フォーテゼラ・ベイ Fortezela Bay CVE-72 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/12/21 1946/4/30 1946/5/8 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-72)に改める
◎1943/11/6 ツラギ Tulagiと改名
◎1943/11/15 進水
◎1944/3中旬 ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1944/9上旬 ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1945夏 西海岸にてオーヴァーホール
◎1946/2/2 不活性化工事
◎1946/12/30 解体のため売却
◎1947 西海岸にて解体
◎Southern France, Lingayen, Iwo Jima, Okinawa.
☆CVE-72の撃沈スコア(以下の艦船)
・1945/4/29 日本海軍伊号第四四潜水艦(沖縄南東海域にて撃沈)
#CVE-72の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-15(FM*9、TBM*12)
◎1944/7 VGF-1(F6F*24)
◎1944/12 VC-92(FM*11、TBM*12)
◎1945/4 VC-92(FM*19、TBM*12)
#CVE-72の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/7 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/12 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/4 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ガンビア・ベイ
12
Gambier Bay CVE-73 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/12/28 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-73)に改める
◎1943/11/22 進水
◎アストリアにて就役
1944/10/25 サマール島沖海戦にて日本海軍艦艇の砲撃により沈没(1234567891011
◎Sunk by gunfire (over 28 hits) of Japanese warships off Samar, Battle of Leyte Gulf, 25 Oct 1944 (124 killed). Saipan, Tinian, Guam, Palau, Leyte, Samar. PUC.
#CVE-73の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-10(FM*16、TBM*12)
◎1944/10 VC-10(FM*18、TBM*12)
#CVE-73の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/10 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ネヘンタ・ベイ Nehenta Bay CVE-74 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/1/3 1946/5/15 1959/8/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-74)に改める
◎1943/7/20 起工
◎1943/11/28 進水
◎1943/1/3 海軍に移管
◎アストリアにて就役
1944/12/18 フィリピン海にて台風により損傷
1945/1/17 フィリピン海にて嵐により損傷
◎1946/1末 ボストンにて不活性化工事
◎退役後、ボストンにて保管
1954/8/31 ボストンにてハリケーンにより損傷(クレーンが落下)
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-74)に改める
◎Guam, Bonins-Yap Raids, Palau, Philippnes Raids Sep 1944, N. Luzon-Formosa Raids Oct 1944, Luzon Raids Oct 1944, Formosa Raids Jan 1945, Luzon Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Nansei Shoto Raid Jan 1945, Fleet Raids 1945, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-74の搭載飛行隊
◎1944/6 VC-11(FM*12、TBM*9)
◎1945/4 VC-8(FM*?、TBM*?)
#CVE-74の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/10 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ホガット・ベイ Hoggatt Bay CVE-75 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/1/11 1946/7/20 1959/9/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-75)に改める
◎1943/8/17 起工
◎1943/12/4 進水
1945/1/15 ルソン島西方海域にて爆発事故により損傷
◎退役後、ボストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-75)に改める
◎TG 30.4, TG 12.2, Guam, Palau, Philippnes Raids Sep 1944, Luzon Raids Oct 1944, Leyte, Lingayen, Okinawa, Operation Magic Carpet.
#CVE-75の搭載飛行隊
◎1944/5 VC-14(FM*12、TBM*12)
◎1944/12 VC-88(FM*16、TBM*12)
◎1945/4 VC-99
#CVE-75の搭載レーダー
◎1944/5 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/12 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/10 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
カダシャン・ベイ Kadashan Bay CVE-76 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/1/18 1946/6/14 1959/8/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-76)に改める
◎1943/9/2 起工
◎1943/12/11 進水
◎アストリアにて就役
◎1944/5 サン・ディエゴにて修理
◎1944/11/19 Manusの浮きドックにて入渠
1945/1/8 ルソン島西方海域にて日本軍機の爆撃と日本軍の特攻機の攻撃により損傷(12
◎1945/1中旬 レイテにて一時的な修理
◎1945/2中旬 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎退役後、ボストン海軍工廠South Boston Naval Annexにて大西洋予備艦隊に編入(12
◎1956/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-76)に改める
◎Palau, Samar, Lingayen, Operation Magic Carpet.
#CVE-76の搭載飛行隊
◎1944/8 VC-20(FM*15、TBM*11)
◎1945/1 VC-20(FM*24、TBM*11)
#CVE-76の搭載レーダー
◎1944/8 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/1 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
カナルク・ベイ
12
Kanalku Bay CVE-77 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/1/26 1946/12/12 1959/9/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-77)に改める
◎1943/9/15 起工
◎1943/11/6 マーカス・アイランド Marcus Islandと改名
◎1943/12/16 進水
◎1944/1/26 海軍に移管
◎アストリアにて就役
1944/12/15 ミンドロ島にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
1946/7/13 ボストンにて火災により損傷
◎退役後、ボストン海軍工廠South Boston Naval Annexにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-77)に改める
◎Palau, Leyte, Samar, Lingayen, Okinawa, Operation Magic Carpet.
#CVE-77の搭載飛行隊
◎1944/8 VC-21(FM*12、TBM*11)
◎1945/1 VC-21(FM*24、TBM*9)
◎1945/2 VC-87(FM*20、TBM*12)
◎1945/4 VOC-1(FM*?、TBM*?)
#CVE-77の搭載レーダー
◎1944/8 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/1 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/2 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/4 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
カイタ・ベイ
12
Kaita Bay CVE-78 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/2/3 1946/12/12 1959/9/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-78)に改める
◎1943/9/27 起工
◎1943/11/6 サヴォ・アイランド Savo Islandと改名
◎1943/12/22 進水
1945/1/5 ルソンにて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/1末 ウルシーにて修理
◎1945/5? サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎1946/3中旬 ボストンにて不活性化工事
◎退役後、大西洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-78)改める
◎Palau, Leyte, Samar, Lingayen, Fleet Raids 1945, Operation Magic Carpet. PUC.
#CVE-78の搭載飛行隊
◎1944/8 VC-27(FM*16、TBM*12)
◎1945/1 VC-27(FM*19、TBM*12)
◎1945/2 VC-91(FM*20、TBM*15)
◎1945/8 VC-3(FM*?、TBM*?)
#CVE-78の搭載レーダー
◎1944/8 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/1 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/2 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/8 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
オマニー・ベイ Ommaney Bay CVE-79 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/2/11 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-79)に改める
◎1943/10/6 起工
◎1943/12/29 進水
◎1944/2/11 海軍に移管
◎アストリアにて就役、艤装
◎1944春 改装、修理
◎1944/11/22 Manusの分割式浮きドック(ABSD-2)にて入渠、修理改装
1945/1/4 ミンドロ島サンホセ南方海域にて日本陸軍の特攻機の攻撃により損傷、処分(1234567
◎Damage by Kamikaze and bombs south of Mindoro and sunk by destroyer Burns (DD-588), 4 Jan 1945 (95 killed). Palau, Samar, Lingayen.
#CVE-79の搭載飛行隊
◎1944/8 VC-75(FM*16、TBM*11)
◎1945/1 VC-75(FM*19、TBM*12)
#CVE-79の搭載レーダー
◎1944/8 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/1 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ペトロフ・ベイ Petrof Bay CVE-80 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/2/18 1946/7/31 1958/6/27 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-80)に改める
◎1943/10/15 起工
◎1944/1/5 進水
◎1944/2/18 海軍に移管
◎アストリアにて就役
1944/11/10 アドミラルティ諸島のシーアドラー湾にて給兵艦マウント・フッド Mount Hood(AE-11)の爆発事故により損傷
◎1945/6中旬? 合衆国海軍乾ドック、ルーズヴェルト基地にてオーヴァーホール(〜1945/8)
◎退役後、ボストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-80)に改める
◎Palau, Samar, Lingayen, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Operation Magic Carpet. PUC.
☆CVE-80の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/10/26 日本海軍軽巡洋艦鬼怒(ヴィサヤン海にてTBMの攻撃、他の護衛航空母艦の艦載機と共同で)
(←日本海軍軽巡洋艦鬼怒(1931年時))
・1944/10/26 日本海軍軽駆逐艦浦波(ヴィサヤン海にてTBMの攻撃、他の護衛航空母艦の艦載機と共同で)
(←日本海軍駆逐艦吹雪)
#CVE-80の搭載飛行隊
◎1944/8 VC-76(FM*16、TBM*10)
◎1945/1 VC-76(FM*20、TBM*12)
◎1945/3 VC-93FM*16、TBM*12)
◎1945/5 VC-93FM*?、TBM*?)
#CVE-80の搭載レーダー
◎1944/8 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/1 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/5 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ラディヤード・ベイ
12
Rudyerd Bay CVE-81 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/2/25 1946/6/11 1959/8/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-81)に改める
◎1943/10/24 起工
◎1944/1/12 進水
◎1944/2/25 海軍に移管
◎1945/5下旬? オーヴァーホール(〜1945/7末)
◎1946/3 ボストンにて不活性化工事
◎1946/6/11 予備役に編入
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-81)に改める
◎Palau, Philippines Raids Sep 1944, Luzon Raids Oct 1944, Lingayen, Luzon Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Nansei Shoto Raid Jan 1945, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-81の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-76(FM*12、TBM*9)
◎1945/3 VC-96FM*20、TBM*11)
#CVE-81の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
サギノー・ベイ Saginaw Bay CVE-82 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/3/2 1946/6/19 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-82)に改める
◎1943/11/1 起工
◎1944/1/19 進水
◎1944/3/2 アストリアにて海軍に移管
1944/11/10 アドミラルティ諸島のシーアドラー湾にて給兵艦マウント・フッド(AE-11)の爆発事故により損傷
◎1946/2/23 ボストン海軍工廠にて不活性化工事
◎退役後、ボストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-82)に改める
◎Palau, Leyte, Lingayen, Iwo Jima, Okinawa, Operation Magic Carpet.
#CVE-82の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-78(FM*15、TBM*12)
◎1945/1 VC-78(FM*15、TBM*12)
◎1945/3 VC-88(FM*20、TBM*12)
#CVE-82の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/1 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
サージャント・ベイ Sargent Bay CVE-83 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/3/9 1946/7/23 1958/6/27 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-83)に改める
◎1943/11/8 起工
◎1944/1/31 進水
1945/1/3 フィリピンにて護衛駆逐艦ロバート F. ケラー Robert F. Keller(DE-419)と衝突し損傷
◎1945/5/15 グアムにて修理(〜1945/6/2)
◎1945/8上旬 サン・ペドロにてオーヴァーホール
◎1946/3下旬 ボストンにて不活性化工事
◎退役後、保管
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-83)に改める(12
◎Saipan, Palau, Philippines Raids Sep 1944, Luzon Raids Oct 1944, Luzon Raids Jan 1945, Formosa Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Nansei Shoto Raid Jan 1945, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-83の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-79(FM*10、F4F*4、TBMもしくはTBF*9)
◎1945/3 VC-83(FM*16、TBM*12)
◎1945/7 VC-33(FM*?、TBM*?)
#CVE-83の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/7 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
シャムロック・ベイ
12
Shamrock Bay CVE-84 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/3/15 1946/7/6 1958/6/27 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-84)に改める
◎1944/2/4 進水
◎1945/7下旬 サン・ディエゴにて修理改装
◎1946/3上旬 ボストンにて不活性化オーヴァーホール
◎退役後、South Boston Naval Annexにて保管
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-84)改める
◎Lingayen, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-84の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-80(FM*12、TBM*9)
◎1944/11 VC-42
◎1945/1 VC-94(FM*20、TBM*12)
◎1945/3 VC-94(FM*18、TBM*12)
◎1945/5 VC-96(FM*20、TBM*11)
#CVE-84の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/11 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/1 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/5 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
シップリー・ベイ
12
Shipley Bay CVE-85 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/3/21 1946/6/28 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-85)に改める
◎1943/11/22 起工
◎1944/2/12 進水
1945/5/16 沖縄にて給油艦キャッシュ Cache(AO-67)と衝突し航空機用燃料タンク損傷、後にグアムにて修理
◎1945夏 サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎退役後、ボストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-85)改める
◎Formosa Raids Jan 1945, Luzon Raids Jan 1945, Okinawa, Operation Magic Carpet.
#CVE-85の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-81(FM*12、TBM*9)
◎1945/3 VC-97(FM*14、TBM*12)
#CVE-85の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
シトコー・ベイ Sitkoh Bay CVE-86 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/3/28 1954/7/27 1960/4/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-86)に改める
◎1943/11/23(1943/11/28?) 起工
◎1944/2/19 進水
◎アストリアにて就役
◎1945/10下旬 サン・ディエゴにて修理改装
◎1946/11/30 ブレマートンにて退役、保管
◎1950/7/29 再役、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行
◎退役後、サン・フランシスコにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-86)に改める
◎Palau, Philippines Raids Sep 1944, N. Luzon-Formosa Raids Oct 1944, Luzon Raids Oct 1944, Okinawa, Operation Magic Carpet.
#CVE-86の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-82(FM*7、F4F*5、TBM*6)
◎1945/3 輸送(F4UF6F
#CVE-86の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎Korea 1950-1953.
スチーマー・ベイ Steamer Bay CVE-87 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/4/4 1947/1 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-87)に改める
◎1943/12/4 起工
◎1944/2/26 進水
1945/4/27 沖縄海域にて駆逐艦ヘイル Hale(DD-642)と衝突し損傷
◎1945/5下旬 グアムのアプラ港にて修理
1945/6/16 沖縄海域にて艦載機着艦ミスの爆発事故により損傷
◎1945/8中旬? サン・ディエゴにて入渠
◎1946/2/4 太平洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-87)に改める
◎Palau, Philippines Raids Sep 1944, N. Luzon-Formosa Raids Oct 1944, Luzon Raids Oct 1944, Lingayen, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-87の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-83(FM*4、F4F*8、TBM*8)
◎1944/12 VC-90(FM*16、TBM*12)
◎1945/3 VC-90(FM*19、TBM*12)
#CVE-87の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/12 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
タナネク・ベイ
12
Tananek Bay CVE-88 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/4/9 1959/1/15 1959/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-88)に改める
◎1943/11/6 ケープ・エスペランス Cape Esperanceと改名
◎1943/12/11 起工
◎1944/3/3 進水
◎1944/4/9 海軍に移管
1944/12/18 フィリピン海にて台風により損傷
◎1946/8/22 ブレマートンにて退役、保管
◎1950/8/5 再役、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(12345
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-88)に改める
◎Luzon Raids Oct 1944, Formosa Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-88の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-84(FM*7、F4F*5、TBM*9)
#CVE-88の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎Korea.
タカニス・ベイ Takanis Bay CVE-89 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/4/15 1946/5/1 1959/8/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-89)に改める
◎1943/12/16 起工
◎1944/3/10 進水
◎後に入渠
◎1946/4 ピュージェット・サウンド海軍造船所にて不活性化工事
◎退役後、保管(123
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-89)に改める
◎Operation Magic Carpet.
#CVE-89の搭載飛行隊
◎1944/5 VC-85(FM*5、F4F*6、TBM*9)
#CVE-89の搭載レーダー
◎1944/5 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
セティス・ベイ
12
Thetis Bay CVE-90 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/4/21 1964/3/1 1964/3/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-90)に改める
◎1943/12/22 起工
◎1944/3/16 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1945/7/10 日本に対する第3艦隊の任務(〜1945/7/18)
◎1945/7/25 日本に対する第3艦隊の任務(〜1945/8/15)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1945/9/8)
◎1945/11/23 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/27)
◎1946/1/5 極東にて占領作戦の任務(〜1946/1/12)
◎1946/1 不活性化工事
◎1946/8/7 ブレマートンにて退役、保管
◎1955/5 サン・フランシスコ海軍造船所へ曳航、強襲ヘリコプター母艦に改装(〜1956/9/1)
◎1955/7/1 艦種を強襲ヘリコプター航空母艦(CVHA-1)に改める
◎Raids on Japan Jul-Aug 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-90の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-86(FM*11、TBMもしくはTBF*9)
#CVE-90の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ウリトカ・ベイ
12
Ulitka Bay CVE-91 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/4/27 1946/8/9 1958/9/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-91)に改める
◎1943/11/6 マカッサル・ストレイト Makassar Straitと改名
◎1943/12/29 起工
◎1944/3/22 進水
◎退役後、タコマにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-91)に改める
◎Iwo Jima, Okinawa, Operation Magic Carpet.
#CVE-91の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-87(FM*12、TBM*9)
◎1945/2 VC-97(FM*14、TBM*12)
#CVE-91の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/2 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
ウィンダム・ベイ Windham Bay CVE-92 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/5/3 1959/1/15 1959/2/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-92)に改める
◎1944/1/5 起工
◎1944/3/29 進水
1945/6/5 沖縄海域にて台風により損傷
◎1945/7中旬 サン・ディエゴにて修理(〜1945/8)
◎1946/8/23 タコマにて退役、予備艦隊に編入
◎1950/8/7 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行
◎1950/10/28 ブレマートンにて再役
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(T-CVU-92)に改める
◎Saipan, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-92の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-88(FM*2、F4F*10、TBMもしくはTBF*9)
#CVE-92の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎Korea 1951-1953.
ウッドクリフ・ベイ
12345678910111213
Woodcliff Bay CVE-93 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/5/9 1946/4/19 1946/7/11 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-93)に改める
◎1943/12/17 マキン・アイランド Makin Islandと改名
◎1944/1/12 起工
◎1944/4/5 進水
◎1945/6/8 グアムの分割式浮きドック(ABSD-6)にて入渠
◎1947/1/1 解体のため売却
◎後に西海岸にて解体
◎Leyte, Lingayen, Iwo Jima, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
#CVE-93の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-90(FM*14、TBMもしくはTBF*9)
◎1944/11 VC-84(FM*16、TBM*12)
◎1945/3 VC-84/91(FM*11、TBM*11)
#CVE-93の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/11 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
アラゾン・ベイ
123
Alazon Bay CVE-94 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/5/14 1946/10/24 1960/4/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-94)に改める
◎1943/11/6 ルンガ・ポイント Lunga Pointと改名
◎1944/1/19 起工
◎1944/4/11 進水
1945/2/21 硫黄島にて日本海軍の特攻機の攻撃により損傷(12
◎退役後、タコマにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-94)に改める
◎Leyte, Lingayen, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Raids on Japan Jul-Aug 1945. PUC.
#CVE-94の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-91(FM*4、F4F*8、TBMもしくはTBF*9)
◎1944/11 VC-85(FM*14、TBM*12)
◎1945/3 VC-85(FM*18、TBM*12)
◎1945/6 VC-98(FM*?、TBM*?)
#CVE-94の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/11 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/6 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
アリクラ・ベイ
123
Alikula Bay CVE-95 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/5/20 1945/3/30 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-95)に改める
◎1944/1/31 起工
◎1944/4/17 進水
◎1944/5/16 ビスマーク・シー Bismarck Seaと改名
◎1944/5/20 アストリアにて海軍に移管
◎1944/8上旬 サン・ディエゴにてオーヴァーホール
1945/2/21 硫黄島南方海域にて日本海軍の特攻機の攻撃により沈没
◎Leyte, Lingayen, Iwo Jima.
#CVE-95の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-92(FM*11、F4F*1、TBMもしくはTBF*9)
◎1945/1 VC-86(FM*16、TBM*12)
◎1945/2 VC-86
#CVE-95の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/1 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/2 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
アンガイラ・ベイ
123
Anguilla Bay CVE-96 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/5/26 1946/5/9 1946/5/21 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-96)に改める
◎1943/11/6 サラマウア Salamauaと改名
◎1944/2/4 起工
◎1944/4/22 進水
1945/1/13 リンガエンにて日本海軍の特攻機の攻撃により損傷、後に一時的な修理
◎1945/2下旬 サン・フランシスコにて修理(〜1945/4)
1945/6/5 フィリピン海にて台風により損傷、後にグアムにて修理
◎1946/11/18 解体のため、ポートランドのZidell Ship Dismantling Co. に売却
◎1947 解体
◎Leyte, Lingayen, Fleet Raids 1945, Tokyo Bay, Operation Magic Carpet.
#CVE-96の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-93(FM*4、F4F*6、TBMもしくはTBF*10)
◎1944/11 VC-87(FM*14、TBM*10)
◎1945/5 VC-70(FM*?、TBM*?)
#CVE-96の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/11 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/5 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
アストロレーブ・ベイ
12
Astrolabe Bay CVE-97 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/6/1 1947/1/17 1960/4/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-97)に改める
◎1944/2/12 起工
◎1944/4/28 進水
◎1944/5/30 ホーランディア Hollandiaと改名
◎退役後、保管
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-97)に改める
◎Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-97の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-94(FM*3、F4F*9、TBMもしくはTBF*10)
◎1945/3 輸送(F4UF6F
#CVE-97の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1945/3 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、YE追跡レーダー
クェゼリン
123
Kwajalein CVE-98 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/6/7 1946/8/16 1960/4/1 ◎1943/7/15  艦種を護衛航空母艦(CVE-98)に改める
◎1944/2/19 起工
◎1944/5/4 進水
◎1944/6/7 海軍に移管
◎1944夏 サン・ディエゴにて修理
1944/12/18 フィリピンにて台風により損傷
◎退役後、タコマにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12  艦種を雑役航空母艦(CVU-98)に改める
◎Guam, Formosa Raids Jan 1945, Luzon Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Nansei Shoto Raid Jan 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-98の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-96(FM*11、TBM*9)
#CVE-98の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK-2対空レーダー、YE追跡レーダー
チャピン・ベイ Chapin Bay CVE-99 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/6/13 1946/4/24
(1946/4/26?)
1946/5/8 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-99)に改める
◎1944/4/26 アドミラルティ・アイランズ Admiralty Islandsと改名
◎1944/2/26 起工
◎1944/5/10 進水
◎アストリアにて就役
◎1945/4下旬 グアムにてボイラー修理
◎1947/1/2 解体のため、ポートランドのZidell Machinery & Supply Co. に売却
◎Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-99の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-97(FM*4、F4F*8、TBMもしくはTBF*9)
#CVE-99の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK-2対空レーダー、YE追跡レーダー
ブーゲンヴィル
12
Bougainville CVE-100 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/6/18 1946/11/3 1960/4/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-100)に改める
◎1944/3/3 起工
◎1944/5/16 進水
1945/6/5 沖縄海域にて台風により損傷
◎退役後、タコマにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12(1955/6/16?) 艦種を雑役航空母艦(CVU-100)に改める
◎Iwo Jima, Fleet Raids 1945.
#CVE-100の搭載飛行隊
◎1943/3 VC-98(FM*2、F4F*10、TBM*3)
#CVE-100の搭載レーダー
◎1943/3 SG対水上レーダー、SK-2対空レーダー、YE追跡レーダー
ドロミー・ベイ
12
Dolomi Bay CVE-101 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/6/24 1946/10/11 1960/4/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-101)に改める
◎1944/3/10 起工
◎1944/4/26 マタニカウ Matanikauと改名
◎1944/5/22 進水
◎1944/6/24 海軍に移管、アストリアにて就役
◎1946/11 タコマにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-101)に改める
◎Operation Magic Carpet.
#CVE-101の搭載飛行隊
◎1944/3 VC-99(FM*?、F4F*3、TBM*?)
◎1944/10 VC-93
#CVE-101の搭載レーダー
◎1944/3 SG対水上レーダー、SK-2対空レーダー、YE追跡レーダー
◎1944/10 SG対水上レーダー、SK-2対空レーダー、YE追跡レーダー
アッツ Attu CVE-102 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/6/30 1946/6/8 1946/7/3 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-102)に改める
◎1944/3/16 起工
◎1944/5/27 進水
◎1944/9中旬? ターミナル・アイランドにてPSA(〜1944/9/28)
◎1945/1/5 サン・ディエゴにて修理改装(〜1945/1/20)
1945/6/5 沖縄海域にて台風により損傷
◎1945/7上旬 サン・ディエゴにて修理(〜1945/7/24)
◎1947/1/3 解体ため売却、後にニュー・ヨークのPrat SS Co. に売却され商船Gayとなる、後に商船に改装の予定がキャンセル
◎1949 解体のため売却、Flying Wと改名
◎後にボルティモアにて解体
◎Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-102の搭載レーダー
◎194? SG対水上レーダー、SK-2対空レーダー、YE追跡レーダー
ルーラー
123
Ruler CVE-103 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/7/6 1946/5/9 1946/5/21 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-103)に改める
◎1943/9/23 アラヴァ・ベイ Alava Bayと改名
◎1944/3/22 起工
◎1944/4/26 ロイ Roiと改名
◎1944/6/2 進水
◎1944/12? アラメダにてオーヴァーホール
◎1946/12/31 解体のため、ポートランドのZidell Machinery & Supply Co. に売却
◎1947 解体
◎Raids on Japan Jul-Aug 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-103の搭載レーダー
◎194? SG対水上レーダー、SK-2対空レーダー、YE追跡レーダー
セイン
123
Thane CVE-104 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1944/7/8 1946/9/13 1958/9/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-104)に改める
◎1943/9/23 トノウェク・ベイ Tonowek Bayと改名
◎1943/11/6 ムンダ Mundaと改名
◎1944/3/29 起工
◎1944/5/27(1944/6/2?、1944/6/8?) 進水
◎1946/1/18 Port Angelesにて不活性化工事
◎1946/9 タコマにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を雑役航空母艦(CVU-104)に改める
◎Raids on Japan Jul-Aug 1945, Operation Magic Carpet.
#CVE-104の搭載レーダー
◎194? SG対水上レーダー、SK-2対空レーダー、YE追跡レーダー


軽荷排水量:10,900t(11,373tともいわれる) 満載排水量:24,275t(CVE-112は23,100t、CVE-119は24,560t) 全長:169.79m(CVE-117、CVE-118は169.77m) 幅:水線22.86m/最大32.05m(CVE-111、CVE-118は31.69m) 吃水:9.38m(最大、9.75mともいわれる、CVE-112、CVE-117、CVE-118は9.44m、CVE-116は9.34m、CVE-119は10.05m) 主缶:コンバッション・エンジニアリング缶4基 主機/軸数:アリスチャルマー式ギアード・タービン2基/2軸 出力:16,000馬力 速力:19.0kt(CVE-106、CVE-107、CVE-111、CVE-115、CVE-116は19.1kt(公試)) 航続力:15.0ktで8,300浬 兵装:38口径127o単装砲2基、56口径40o4連装機銃3基、56口径40o連装機銃12基、70口径20o単装機銃20基 搭載機:33機(CVE-106、CVE-110、CVE-113は30機、CVE-108、CVE-111、CVE-115〜CVE-117、CVE-120、CVE-123は34機) 乗員:1,066名(CVE-112は1,076名、CVE-118は1,170名)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
セント・ジョセフ・ベイ
12
St. Joseph Bay CVE-105 トッド・パシフィック造船所 1944/11/27 1946/11/30 1971/4/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-105)に改める
◎1943/9/23 起工
◎1944/5/9 進水
◎1944/7/10 コメンスメント・ベイ Commencement Bayと改名
◎1945/2/1 シアトルにて練習艦となる(〜1946/10/2)
◎退役後、保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-105)に改める
ブロック・アイランド
12
Block Island CVE-106 トッド・パシフィック造船所 1944/12/30 1954/8/27 1959/7/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-106)に改める
◎1943/10/25 起工
◎1944/5/10 進水
1945/6/15 沖縄海域にて護衛駆逐艦オフラハーティ O'Flaherty(DE-340)と衝突
◎1946/5/28 退役、保管
◎1946/6/7 アナポリスにて練習艦となる
◎1950/10/3 大西洋予備艦隊に編入、ノーフォークへ曳航、入渠、後にフィラデルフィアへ曳航(1950/10/25到着)
◎1951/4/28 フィラデルフィアにて再役
◎1953/2下旬 ニュー・ヨーク海軍造船所にて修理
◎1954/1/15 フィラデルフィア海軍造船所にて保管
◎後に強襲揚陸艦に改装
◎1957/12/22 艦種を強襲揚陸艦(LPH-1)に改める
◎1959/2/17 艦種を護衛航空母艦(CVE-106)に改める
◎1959/5/7 艦種を貨物航空機運搬艦(AKV-38)に改める
◎Okinawa, Balikpapan.
#CVE-106の搭載飛行隊(MCVG-1)
◎1945/2/3 VMF-511(F6F-5N*8、F4U-1D*8)、1945/2/7 VMTB-233(TBM-3
セント・アンドリューズ・ベイ
1234
St. Andrews Bay CVE-107 トッド・パシフィック造船所 1945/2/5 1969/12/20 1976/10/15 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-107)に改める
◎1943/11/29 起工
◎1944/4/26 ギルバート・アイランズ Gilbert Islandsと改名
◎1944/7/20 進水
◎1945/6中旬 サン・ペドロ湾にて修理
◎1946/5/21 退役、保管
◎1949/11 フィラデルフィアのInactive Ship Facilityへ曳航
◎1951/9/7 フィラデルフィアにて再役
◎1951/11/25 ボストン海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1953初冬? ボストンにてオーヴァーホール
◎1955/1/15 ボストンにて退役、保管
◎1959/5/7 艦種を貨物航空機運搬艦(AKV-39)に改める
◎Okinawa, Balikpapan, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
◎Korea 1952.
#CVE-106の搭載飛行隊(MAG-2)
◎1945/4 VMF-512(F6F*2、F4UもしくはFG*18)、VMB-143(TBM*12)
ヴァーミリオン・ベイ
123
Vermillion Bay CVE-108 トッド・パシフィック造船所 1945/5/12 1955/12/15 1970/9/15 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-108)に改める
◎1943/11/6 クラ・ガルフ Kula Gulfと改名
◎1943/12/16 起工
◎1944/8/15 進水
◎ポートランドのWilliamette Iron & Steel Corp. にて竣工
◎ポートランドにて就役
◎1946/7/3 ボストンにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1951/2/15 ボストンにて再役
◎1953/1 近代化改装、オーヴァーホール(〜1953/7)
◎1955/5中旬 ボストン海軍工廠にて不活性化オーヴァーホール
◎1955/8中旬 フィラデルフィア海軍造船所にて不活性化オーヴァーホール
◎退役後、大西洋予備艦隊に編入
◎1959/5/7 艦種を貨物航空機運搬艦(AKV-8)に改める
◎Operation Magic Carpet.
ウィラパ・ベイ
12
Willapa Bay CVE-109 トッド・パシフィック造船所 1945/3/5 1946/11/5 1971/4/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-109)に改める
◎1944/1/10 起工
◎1944/4/26 ケープ・グローセスター Cape Gloucesterと改名
◎1944/9/12 進水
◎1945/3/5 引き渡される
◎退役後、保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-109)に改める
◎Raids on Japan Jul-Aug 1945, Operation Magic Carpet.
ウィンジャー・ベイ
123
Winjah Bay CVE-110 トッド・パシフィック造船所 1945/5/19 1954/2/16 1961/6/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-110)に改める
◎1943/11/6 サレルノ・ベイ Salerno Bayと改名
◎1944/2/7 起工
◎1944/9/26 進水
◎1944/4/29 ポートランドのコマーシャル鉄工所にて竣工
◎1947/10/4 退役、予備艦隊に編入
◎1951/6/20 再役
◎退役後、大西洋予備艦隊に編入(〜1961/12/14)
◎1959/5/7 艦種を貨物航空機運搬艦(AKV-10)に改める
#CVE-110の搭載飛行隊(MCVEG-5)
◎1945/6末 VMF-514、VTMB-144
◎1945/8/17 VC-68
トーテム・ベイ
12
Totem Bay CVE-111 トッド・パシフィック造船所 1945/4/9 1946/8/9 1970/12/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-111)に改める
◎1944/3/7 起工
◎1944/4/26 ヴェラ・ガルフ Vella Gulfと改名
◎1944/10/19 進水
◎1945/5? PSA
◎1946/3/30 タコマにて不活性化工事(〜1946/4/7)
◎退役後、タコマにて保管
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-111)に改める
#CVE-111の搭載飛行隊
◎1945夏 F6FFG-1DTBM-3E
シボニー
123
Siboney CVE-112 トッド・パシフィック造船所 1945/5/14 1956/7/31 1970/6/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-112)に改める
◎1944/4/1 起工
◎1944/11/9 進水
◎シアトルにて艤装(〜1945/5/23)
◎1947/11 不活性化工事
◎1948/3 再活性化工事
◎1948/10 ボストン海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1949/12/6 フィラデルフィアにて退役、予備艦隊に編入
◎1950/11/22 再役
◎1952 ノーフォーク海軍造船所にて近代化改装(〜1953/1)
◎1954/9/28 フィラデルフィア海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1955/1/22)
◎退役後、フィラデルフィアにて大西洋予備艦隊に編入
◎1959/3/7 艦種を貨物航空機運搬艦(AKV-12)に改める
#CVE-112の搭載飛行隊
◎1952/1 F4UAD
ピュージェット・サウンド
122
Puget Sound CVE-113 トッド・パシフィック造船所 1945/6/18 1946/10/18 1960/6/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-113)に改める
◎1944/5/12 起工
◎1944/6/5 ピュージェット・サウンド Puget Soundと改名
◎1944/11/20(1944/11/30?) 進水
◎タコマにて就役
◎後に海軍工廠ピュージェット・サウンドにて艤装
◎1946/1上旬 ピュージェット・サウンド海軍造船所にて不活性化工事
◎退役後、タコマにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-113)に改める
◎Operation Magic Carpet.
#CVE-113の搭載飛行隊(MAG-6)
モッサー・ベイ
1234
Mosser Bay CVE-114 トッド・パシフィック造船所 1945/10/22 1955/6/30 1971/4/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-114)に改める
◎1943/11/6 レンドヴァ Rendovaと改名
◎1944/6/15 起工
◎1944/12/28 進水
◎1949/10 ブレマートンにてオーヴァーホール
◎1950/1/27 退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1951/1/3 再役
◎1954/10/28 メーア・アイランドにて不活性化オーヴァーホール(〜1955/2/2)
◎1955/2/2 サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1959/3/7(1959/5/7?) 艦種を貨物航空機運搬艦(AKV-14)に改める
Korea.
#CVE-114の搭載飛行隊
◎1951/9/22 VMF-212(F4U
ポルテージ・ベイ
123
Portage Bay CVE-115 トッド・パシフィック造船所 1945/7/16 1955/2/18 1960/4/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-115)に改める
◎1944/6/5 バイロコ Bairokoと改名
◎1944/7/25 起工
◎1945/1/25 進水
◎タコマにて艤装
◎1945/9/3 サン・ペドロにて修理
◎1946/2上旬 改装
◎1946/4下旬 メンテナンス
◎1946/9/15 再活性化工事
◎1946/10/30 ターミナル・アイランドにてオーヴァーホール
◎1948/12中旬 サン・フランシスコ海軍造船所にて不活性化工事
◎1950/4/14 退役、保管
◎1950/9/12 再役、アラメダにて艤装
1951/5/9(1951/5/10?) 横須賀にて爆発事故により損傷、修理(〜1951/6末)
1951/12/28 横須賀にてブイと衝突し右舷スクリューを損傷(2枚のプロペラが曲がる)、入渠、修理
◎1952/6下旬 ロング・ビーチ海軍造船所にてエンジン修理(〜1952/10/1)
◎1953/9上旬 ロング・ビーチ海軍造船所にてオーヴァーホール、改装
◎1954/7中旬 ロング・ビーチ海軍造船所にて不活性化オーヴァーホール
◎1954/10/8 サン・フランシスコ海軍造船所にて不活性化オーヴァーホール
◎退役後、サン・フランシスコにて太平洋予備艦隊に編入
◎1959/3/7(1959/4/7?、1959/5/7?) 艦種を貨物航空機運搬艦(AKV-15)に改める
Korea, OpCastle 1954.
#CVE-115の搭載飛行隊
◎1946/3上旬〜1946/4/26 VF-41(FR-1
◎1947/4下旬〜1957/5/9 VMF-218(F4U
◎1950/11 VMF-311
◎1950/11末 VS-21(TBM-3S
◎1951/7/3 VS-23(TBM-3S
◎1951/9中旬 VS-25(AF)
◎1952/1/5〜1952/1/20 VMF-312(F4U
◎1952/2/11 VMF-312(F4U
◎1952末? VMA-312(F4U
◎1954/1/9 VC-6(F4U)、HMR-362
サン・アルバート・ベイ
123
San Alberto Bay CVE-116 トッド・パシフィック造船所 1945/11/14 1957/5/17 1970/12/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-116)に改める
◎1943/11/6 バドエン・ストレイト Badoeng Straitと改名
◎1944/8/18 起工
◎1945/2/15 進水
◎1945/11/14 ポートランドのコマーシャル鉄工所にて竣工
◎ポートランドにて就役
◎1946/4/20 サン・ディエゴにて退役、保管
◎1947/1/6 再役
◎1947/7上旬 サン・フランシスコ海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1947/11)
◎1948/5下旬 サン・フランシスコ海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1948/6中旬)
◎1949/3末 ピュージェット・サウンド海軍造船所にて入渠(〜1949/7初め)
1950/7/27 マリアナ近海にてドック型揚陸艦ガンストン・ホール Gunston Hall (LSD-5)と衝突し損傷
◎1951/2 ピュージェット・サウンド海軍造船所にて修理(〜1951/7初め)
◎1953/2末 サン・フランシスコ海軍造船所にてオーヴァーホール
◎1953/8 サン・ディエゴにて保管(〜1954/2)
◎1955/10上旬 サン・フランシスコ海軍造船所にて修理
◎1957/1中旬 ブレマートンにて不活性化工事
◎退役後、ブレマートンにて太平洋予備艦隊に編入
◎1959/3/7(1959/4/7?、1959/5/7?) 艦種を貨物航空機運搬艦(AKV-16)に改める
Korea.
#CVE-116の搭載飛行隊
◎1949/1初め VC-21(TBM-3E
◎1949/9 VC-11、VC-21
◎1950/7(MAG-33) VMF-323(F4U-4B
◎1952春 VS-23、VS-871
◎1952/8/10 VS-931
◎1955/4 VS-38、HS-2 DET.
セイダー
12
Saidor CVE-117 トッド・パシフィック造船所 1945/9/4 1947/9/12 1970/12/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-117)に改める
◎1944/6/5 セイダー Saidorと改名
◎1944/9/29 起工
◎1945/3/17 進水
◎1947 サン・ディエゴにて不活性化工事
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-117)に改める
◎Operation Crossroads.
サンディー・ベイ
123
Sandy Bay CVE-118 トッド・パシフィック造船所 1946/2/27 1954/7/5 1960/7/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-118)に改める
◎1944/6/5 シシリー Sicilyと改名
◎1944/10/23 起工
◎1945/4/14 進水
◎Willamette Iron & Steel Corp. にて竣工
◎ポートランドにて艤装
◎退役後、太平洋予備艦隊に編入
◎1959/5/7 艦種を貨物航空機運搬艦(AKV-18)に改める
Korea.
#CVE-118の搭載飛行隊
◎1950夏 VMF-214(F4U
トロカデロ・ベイ
123
Trocadero Bay CVE-119 トッド・パシフィック造船所 1945/10/16 1956/8/31 1970/9/15 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-119)に改める
◎1944/6/5 ポイント・クルーズ Point Cruzと改名
◎1944/12/4 起工
◎1945/5/18 進水
◎1947/3上旬 ピュージェット・サウンド海軍造船所にて不活性化工事
◎1947/6/30 ブレマートンにて退役、太平洋予備艦隊に編入
◎1951/7/26 再役
◎1952? オーヴァーホール
◎1953/12末? サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎退役後、ブレマートンにて太平洋予備艦隊に編入
◎1957/5/17 艦種を貨物航空機運搬艦(AKV-19)に改める
Korea, Passage to Freedom 1954.
ミンドロ Mindoro CVE-120 トッド・パシフィック造船所 1945/12/4
(1945/12/24?)
1958/8/4 1959/12/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-120)に改める
◎1945/1/2 起工
◎1945/6/27 進水
◎タコマにて就役
◎退役後、大西洋予備艦隊に編入
◎1959/5/7 艦種を貨物航空機運搬艦(AKV-20)に改める
ラバウル Rabaul CVE-121 トッド・パシフィック造船所 1971/9/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-121)に改める
◎1945/1/29 起工
◎1945/7/14 進水
◎後にポートランドのコマーシャル鉄工所にて竣工
◎1946/8/30 引き渡される
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-121)に改める
パラオ
12
Palau CVE-122 トッド・パシフィック造船所 1946/1/15 1954/6/15 1960/4/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-122)に改める
◎1945/2/19 起工
◎1945/8/6 進水
◎1946初春? ボストンにてPSA
◎1947/8 ボストンにて修理改装
◎退役後、フィラデルフィアにて大西洋予備艦隊に編入
◎1959/5/7 艦種を貨物航空機運搬艦(AKV-22)に改める
◎Korea 1953.
テニアン
12
Tinian CVE-123 トッド・パシフィック造船所 1970/6/1 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-123)に改める
◎1945/3/20 起工
◎1945/9/5 進水
◎1946/7/30 引き渡される
◎タコマにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/6/12 艦種を護衛ヘリコプター航空母艦(CVHE-123)に改める
バストーニュ Bastogne CVE-124 トッド・パシフィック造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-124)に改める
◎1945/4/2 起工
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止
◎後に解体
エニウェトク Eniwetok CVE-125 トッド・パシフィック造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-125)に改める
◎1945/4/20 起工
◎1945/8/12 建造中止
◎後に解体
リンガエン Lingayen CVE-126 トッド・パシフィック造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-126)に改める
◎1945/5/1 起工
◎1945/8/12 建造中止
◎後に解体
オキナワ Okinawa CVE-127 トッド・パシフィック造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-127)に改める
◎1945/5/22 起工
◎1945/6/29 オキナワと命名
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止
◎後に解体
CVE-128 トッド・パシフィック造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-128)に改める
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止
CVE-129 トッド・パシフィック造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-129)に改める
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止
CVE-130 トッド・パシフィック造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-130)に改める
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止
CVE-131 トッド・パシフィック造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-131)に改める
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止
CVE-132 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-132)に改める
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止
CVE-133 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-133)に改める
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止
CVE-134 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-134)に改める
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止
CVE-135 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-135)に改める
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止
CVE-136 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-136)に改める
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止
CVE-137 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-137)に改める
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止
CVE-138 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-138)に改める
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止
CVE-139 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 ◎1943/7/15 艦種を護衛航空母艦(CVE-139)に改める
◎1945/8/11(1945/8/12?) 建造中止


Update 17/08/07