※FYは会計年度 Fiscal Yearの略。kNは1kN=102.0sf=102.0s
ノース・アメリカン社(現ボーイング・ディフェンス、スペース&セキュリティー部門)製 初飛行:1949年9月26日(XT-28初号機) T-28Bデータ=全幅:12.22m 全長:10.06m 全高:3.86m 翼面積:24.90u 空虚運用重量:2,914s 最大離陸重量:3,856s パワープラント:定格出力1,425hpのライト製R-1820-86サイクロン星型ピストン・エンジン1基 最大速度:552q/h 実用上昇限度:10,820m 航続距離:1,706q 乗員:2名
※社内呼称モデル159(NA-159)
↑T-28C

↑Image courtesy of Shipbucket.


ノース・アメリカン社(現ボーイング・ディフェンス、スペース&セキュリティー部門)製 初飛行:1958年1月31日(YT2J-1) 退役日:2008年9月1日 T-2Cデータ=全幅(翼端増槽含む):11.63m 全長:11.79m 全高:4.57m 翼面積:23.69u 空虚運用重量:3,680s 最大離陸重量:5,978s パワープラント:離昇推力1,338sのジェネラル・エレクトリック製J85-GE-4ターボジェット・エンジン2基 最大速度(7,620m):838q/h 海面上昇率:1,890m/min 実用上昇限度:12,318m 航続距離:1,685q 兵装:無誘導弾薬:Mk. 15 Mod. 4/Mk. 75/Mk. 86/Mk. 106訓練用爆弾、ロケット弾ポッド(69.85o7発入りAero 6A、またはシングル発射用Areo 1Aランチャー)、ガンポッド(12.7oM2機銃、携行弾薬100発)  乗員:2名
※社内呼称モデル241(NA-241)
※1962年9月18日の3軍統一命名法によりT2JはT-2になる
↑Key West, Fla. (Mar. 3, 2004) - Lt. Allen Karlson, a student pilot assigned to the "Tigers" of Training Squadron Nine (VT-9), with instructor Cdr. Joe Kerstiens (USNR) sits "shotgun"(rear seat) evaluating Lt. Allen Karlson before his solo formation training. 1st Lt. Tim Miller flies his T-2C Buckeye down to cross under the lead, on his first formation solo, during a formation training mission over Key West, Fla. VT-9 came to Key West to teach Navy and Marine Corps student pilots formation flying and gunnery techniques. The instructors are part of Squadron Augment Unit Nine (SAU-9), the Reserve component for Training Squadron Nine (VT-9), one of two training squadrons that operate from Naval Air Station Meridian, Miss., under Training Wing One (TW-1). U.S. Navy photo by Ens Darin K. Russell. (RELEASED)

↑Image courtesy of Shipbucket.
FY Block No. Bu.No.
()内は製造番号
機数、備考1 備考2
Bu.No. 直後の()内の
番号は製造番号
YT2J-1 144217〜144222 ◎6機
T2J-1 145996〜146015 ◎20機 1962年以降の名称はT-2A。145997はYT-2Bに改造 ◎144221(c/n 249-5)はMilitary Aircraft Storage & Disposal Centerにて保管
T2J-1 147430〜147530
(c/n 253-21〜253-121)
◎101機 1962年以降の名称はT-2A
T2J-1 148150〜148239
(c/n 266-1〜266-90)
◎90機 1962年以降の名称はT-2A


マクドネル・ダグラス社/ブリティッシュ・エアロスペース社(現ボーイング社/BAEシステムズ社)製 初飛行:1991年12月16日(量産型T-45A初号機) T-45Aデータ=全幅:9.39m 全長:11.97m 全高:4.27m 翼面積:16.69u 空虚運用重量:4,263s 最大離陸重量:5,787s パワープラント:定格推力26.00kNのロールスロイス/チュルボメカ製F405-RR-401ターボファン・エンジン1基 最大速度(2,438m):997q/h 初期上昇率:2,128m/min 実用上昇限度:12,875m 航続距離:1,854q 兵装:無誘導弾薬:訓練爆弾、ロケット弾ポッド  乗員:2名 ユニット・コスト:$17,440,000(平均)
↑Atlantic Ocean (Jul. 18, 2003) -- A T-45C Goshawk assigned to the Eagles of Training Squadron Seven (VT-7) makes an arrested landing aboard USS Harry S. Truman (CVN-75). Truman is conducting Carrier Qualifications (CQ) and an ammo offload on the Eastern Seaboard of the United States. U.S. Navy photo by Photographer's Mate 2nd Class Danny Ewing Jr. (RELEASED)

↑Image courtesy of Shipbucket.


Update 16/03/30