APD
高速輸送艦

※特務艦艇籍 Auxiliary shipsの高速輸送艦 High-Speed Transportは、1968年8月14日に揚陸艦艇籍 Amphibious Warfare Shipsに編入され小型輸送揚陸艦 Amphibious Transport, Smallに変更される
※データは駆逐艦コールドウェル級の項を参照
※兵装:50口径127o単装砲3基、40o単装機銃2基、20o単装機銃5基、爆雷投射機4基、爆雷投下軌条1条 LCPL4隻を搭載
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、1234
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
マンリー
12
Manley APD-1 バス鉄工所 1917/10/15 1945/11/19 1945/12/5 ◎1940/8/2 艦種を高速輸送艦(APD-1)に改める
◎1943/6中旬 サン・フランシスコ海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1945/5下旬 サン・ディエゴにてオーヴァーホール
◎1945/6/25 艦種を駆逐艦(DD-74)に改める
◎Solomons, Kwajalein, Saipan, Leyte, Mariveles-Corregidor, Ldgs. at Nasugbu.


※データは駆逐艦ウィックス級の項を参照
※兵装:50口径127o単装砲3基、40o単装機銃2基、20o単装機銃5基、爆雷投射機4基、爆雷投下軌条1条 LCPL4隻を搭載
↑ウィックス級高速輸送艦クロスビー(APD-17、1943年時)
↑USS Colhoun (APD-2). Photographed in port, circa early 1942, while painted in pattern camouflage. Official U.S. Navy Photograph, from the collections of the Naval Historical Center.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
コルホーン
12
Colhoun APD-2 フォア・リヴァー・シップ&エンジン・ビルディング社 1918/6/13 ◎1940/8/2 艦種を高速輸送艦(APD-2)に改める
◎1940/12/11 再役
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる
◎1942/8/2 ガダルカナル島、ツラギ島にて揚陸作戦(〜1942/8/7)
◎後にガダルカナル島の奪取、防衛
1942/11/30 ガダルカナル島沖にて日本海軍機の攻撃により沈没
グレゴリー
12
Gregory APD-3 フォア・リヴァー・シップ&エンジン・ビルディング社 1918/6/1 1942/10/2 ◎1940/8/2 高速輸送艦に改装、艦種を高速輸送艦(APD-3)に改める
◎1940/11/4 再役
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる
◎1942春 サン・ディエゴにて修理
◎1942/8/2 ガダルカナル島、ツラギ島にて揚陸作戦(〜1942/8/7)
◎後にガダルカナル島の奪取、防衛
1942/9/5 サヴォ島沖にて日本海軍駆逐艦夕立の砲雷撃により沈没
リトル
12
Little APD-4 フォア・リヴァー・シップ&エンジン・ビルディング社 1918/4/6 ◎1940/8/2 高速輸送艦に改装、艦種を高速輸送艦(APD-4)に改める
◎1940/11/4 再役
◎1941/12上旬 ノーフォークにて入渠
◎1942/2? サン・ディエゴにて修理、改装
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる
◎1942/8/7 ガダルカナル島、ツラギ島にて揚陸作戦(〜1942/8/9)
◎1942/9/4 ガダルカナル島の奪取、防衛(〜1942/9/5)
1942/9/5 ガダルカナル島ルンガ・ポイントにて日本海軍駆逐艦夕立の砲雷撃により沈没
◎Guadalcanal-Tulagi, Solomons.
マッキーン
12
McKean APD-5 ユニオン鉄工所 1919/2/25 ◎1940/8/2 艦種を高速輸送艦(APD-5)に改める
◎1940/12/11 ノーフォークにて再役
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる
◎1942/8/9 ガダルカナル島、ツラギ島にて揚陸作戦
◎1942/9/5 ガダルカナル島の奪取、防衛
◎1943/6/30 New Georgia-Rendova-Vangunuの占拠
◎1943/7/4 New Georgia-Rendova-Vangunuの占拠(〜1942/7/5)
◎1943/8/11 ヴェラ・ラヴェラの占拠(〜1943/8/31)
◎1943/10/27 Treasury Islandにて揚陸作戦
◎1943/10/28 Choiseul Islandにて陽動作戦
◎1943/11/6 Cape Torokinaの占拠と防衛
◎1943/11/11 Cape Torokinaの占拠と防衛
◎1943/11/17 Cape Torokinaの占拠と防衛
1943/11/17 ブーゲンヴィル島沖にて日本海軍機の雷撃により沈没
ストリングハム Stringham APD-6 フォア・リヴァー・シップ&エンジン・ビルディング社 1918/7/2 1945/11/9 1945/12/5 ◎1940/8/2 ノーフォーク海軍工廠で高速輸送艦に改装、艦種を高速輸送艦(APD-6)に改める
◎1940/12/11 ノーフォークにて再役
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる
◎1942/8/23 ガダルカナル島、ツラギ島にて揚陸作戦(〜1942/9/5)
1943/2 座礁により損傷
◎1943/8/15 ヴェラ・ラヴェラの占拠
◎1943/10/27 Treasury Islandにて揚陸作戦
◎1943/11/5 航空支援
◎1943/11/11 Cape Torokinaの占拠と防衛(〜1943/11/17)
◎1943/12/26 Cape Gloucesterにて作戦の任務
◎1943/12/28 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1943/12/29)
◎1944/1/2 セイダーの占拠
◎1944/2/15 Green Islandにて揚陸作戦(〜1944/2/19)
◎1944/6/15 サイパンの奪取、占拠(〜1944/7/28)
◎1944/7/24 テニアン島の奪取、占拠(〜1944/7/28)
◎1944/9/6 パラオ諸島南方にて作戦の任務(〜1944/10/14)
1944/10/3 Manusにて火災事故により損傷
◎1944秋 修理、オーヴァーホール
◎1945/4/2 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/28)
1945/5/7 グアムにて駆逐艦ラ・ヴァレット La Vallette(DD-448)に衝突され損傷
◎1945/6/25 艦種を駆逐艦(DD-83)に改める
タルボット Talbot APD-7 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1918/7/20 1945/10/9 1945/10/24 ◎1942/10/31 高速輸送艦(APD-7)となる
1944/6/10 中部太平洋にて戦艦ペンシルヴェニア Pennsylvania(BB-38)と衝突し損傷、後にエニウェトクにて緊急修理
1944/11/10 アドミラルティ諸島のシーアドラー湾にて給兵艦マウント・フッド Mount Hood(AE-11)の爆発事故により損傷
◎1945/7/16 駆逐艦(DD-114)となる
ウォーターズ Waters APD-8 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1918/8/8 1945/10/12 1945/10/24 ◎1942/12/19 高速輸送艦(APD-8)となる
◎1945/8/2 駆逐艦(DD-115)となる
デント Dent APD-9 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1918/9/9 1945/12/4 1946/1/3 ◎1943/3/7 高速輸送艦(APD-9)となる
◎1946/6/13 解体のため売却
シュリー Schley APD-14 ユニオン鉄工所 1918/9/20 1945/11/9 1945/12/5 ◎1943/2/6 艦種を高速輸送艦(APD-14)に改める
◎1943/8/19 メア・アイランド海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1943/10/1、12
◎1943晩秋 真珠湾にてエンジン修理
◎1944/4下旬 プロペラ修理
◎1944/8 オーストラリアにて修理
◎1945/5末 サン・ディエゴにて修理
◎1945/7/5 艦種を駆逐艦(DD-103)に改める
◎Solomons, New Georgia, Kwajalein, Eniwetok, Admiralty Is., Hollandia, Biak, Cape Sansapor, Morotai, Leyte, Ormoc, Mindoro, Okinawa, Mariveles-Corregidor.
キルティ Kilty APD-15 メア・アイランド海軍工廠 1918/12/17 1945/11/2 1945/11/16 ◎1943/1/2 高速輸送艦(APD-15)となる
◎1945/7/20 駆逐艦(DD-137)となる
ウォード
123
Ward APD-16 メア・アイランド海軍工廠 1918/7/24 1945/1/20 ◎1943/2/6 高速輸送艦(APD-16)となる
1944/12/7 レイテ島オルモック湾にて日本軍の特攻機の攻撃を受け損傷、処分(12
3番砲はセント・ポールにて展示
◎Solomons, Vella Lavella, Treasury Is. Ldgs., Choiseul Ldgs., Cape Torokina, Cape Gloucester, Saidor, Green I. Ldgs., Hollandia, Biak, Cape Sansapor, Morotai, Leyte, Ormoc.
クロスビー Crosby APD-17 フォア・リヴァー・シップ&エンジン・ビルディング社 1919/1/24 1945/9/28 1945/10/24 ◎1943/2/22 高速輸送艦(APD-17)となる
◎1946/5/23 解体のため売却
タトノール Tattnall APD-19 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1919/6/26 1945/12/17 1946/1/8 ◎1943/7/24 高速輸送艦(APD-19)となる
◎1946/10/17 解体のため売却
ローパー Roper APD-20 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1919/2/15 1945/9/15 1945/10/11 ◎1943/10/20 高速輸送艦(APD-20)となる
◎1946/3/31 解体のため売却
ディッカーソン Dickerson APD-21 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1919/9/3 1945/4/4 ◎1943/8/21 高速輸送艦(APD-21)となる
1945/4/2 沖縄海域にて日本軍機の爆撃を受け損傷
◎1945/4/4 慶良間列島海域にて処分
ハーバート Herbert APD-22 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1919/11/21 1945/9/25 1945/10/24 ◎1943/12/1 高速輸送艦(APD-22)となる
◎1946/5/23 解体のため売却
ラスバーン Rathburne APD-25 ウィリアム・クランプ&サンズ・シップ&エンジン・ビルディング社 1918/6/24 1945/11/2 1945/11/28 ◎1944/5/20 高速輸送艦(APD-25)となる
◎1945/7/20 駆逐艦(DD-113)となる


※データは駆逐艦クレムソン級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
マクファーランド
12
McFarland APD-26 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1920/9/30 1945/11/8 1945/12/19 ◎1944/7/10 艦種を高速輸送艦(APD-26)に改める予定がキャンセル
クレムソン Clemson APD-31 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1919/12/29 1945/10/12 1945/10/24 ◎1944/3/7 艦種を高速輸送艦(APD-31)に改める
1945/1/10 リンガエン湾にて戦艦ペンシルヴェニア Pennsylvania(BB-38)攻撃兵員輸送艦ラティマー Latimer(APA-152)と衝突し損傷
◎1945/7/17 艦種を駆逐艦(DD-186)に改める


※データは護衛駆逐艦バックリー級の項を参照
※兵装:38口径127o単装両用砲1基、40o連装機銃3基、20o単装機銃8基、爆雷投射機1基、爆雷投下軌条2条 LCVP4隻、兵員士官(12名、下士官兵150名)を搭載。同級は、チャールズ・ローレンス級ともいわれる
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12
※10tクレーンを搭載

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
チャールズ・ローレンス Charles Lawrence APD-37 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/5/31 1946/6/21 1964/9/1 ◎1944/10/23 ニュー・ヨーク海軍工廠で高速輸送艦に改装、艦種を高速輸送艦(APD-37)に改める
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1966/1/28(1966/1/31?) 解体のため売却
◎後にニュー・オーリンズにて解体
ダニエル T. グリフィン Daniel T. Griffin APD-38 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/6/9 1946/5/30 1966/12/1 ◎1944/10/23 ブルックリン海軍工廠で高速輸送艦に改装、艦種を高速輸送艦(APD-38)に改める
1945/4/6 沖縄にて衝突し損傷
◎退役後、Green Cove Springsにて保管
◎1966/11/15(1967/1/17?) チリに譲渡されVirgilio Uribe(Virglio Uribe?、APD29)と改名(売却額$24,000)
◎1995 退役、除籍、解体
◎Okinawa.
バー Barr APD-39 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1944/2/15
(1944/2/16?)
1946/7/12 1960/6/1 ◎1944/7/31 艦種を高速輸送艦(APD-39)に改める
◎1945/1末? ウルシーにて修理
◎1945/4上旬? サイパンにて修理
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1963/3/23 プエルト・リコVieques Island沖にて標的として沈没
◎Iwo Jima, Okinawa, Tokyo Bay.
ボワーズ Bowers APD-40 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1944/1/27 1958/12/18 1961/5/1 ◎1945/6/25 艦種を高速輸送艦(APD-40)に改める
◎1947/2/10 Green Cove Springsにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1951/2/6 再役
◎1954/5/19 ヨーロッパにて占領作戦の任務(〜1954/9/20)
◎1954/11 チャールストン海軍造船所にてオーヴァーホール
◎退役後、オレンジにて予備艦隊に編入
◎1961/4/21 フィリピンに譲渡されRajah Soliman(D66)と改名(12
1964/6 Bataan National Shipyardにて台風により沈没
◎1964/12 引き揚げられ除籍
◎1966/1/31 解体のため、三菱商事に売却
イングランド
12
England APD-41 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1943/12/10 1945/10/15 1945/11/1 ◎終戦後、艦種を高速輸送艦(APD-41)に改める予定がキャンセル
ガントナー Gantner APD-42 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/7/23 1949/8/2 1966/1/15 ◎1945/2/23 艦種を高速輸送艦(APD-42)に改める
◎1945/12 サン・ディエゴにて海兵隊の両用戦練習艦となる
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1966/2/22 台湾に売却
1966/4/17 台湾に向かう途中に西太平洋にて高速輸送艦ウォルター B. コッブ Walter B. Cobb(APD-106)と衝突し損傷
◎1966/5 艦種を哨戒フリゲイト(PF-34)に改め、Wen Shanと改名
◎艦種記号を834に改める
◎1991(1992?) 除籍
◎1992 解体
ジョージ W. イングラム George W. Ingram APD-43 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/8/11 1947/1/15 1967/1/1 ◎1945/2/23 艦種を高速輸送艦(APD-43)に改める
◎後にTompkinsvilleで高速輸送艦に改装
◎退役後、ブレマートンにて太平洋予備艦隊に編入
◎1967/5/16 台湾に貸与され艦種を哨戒フリゲイト(PF-43)に改め、Kang Shanと改名
◎後に艦種記号を323に改める
◎1978 除籍
◎1979 解体
アイラ・ジェフリー Ira Jeffery APD-44 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/8/15 1946/6/18 1960/6/1 ◎1945/2/23 艦種を高速輸送艦(APD-44)に改める
◎1945/12上旬? フィラデルフィアにて修理
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1962/7/31 チャールストンにて標的として沈没
リー・フォックス Lee Fox APD-45 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/8/30 1946/5/13 1964/9/1 ◎1944/7/31(1945/2/23?) 艦種を高速輸送艦(APD-45)に改める
◎1946/1中旬 ボストンにて入渠
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1966/1/31 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Scrap Material Co. に売却
アメスベリー Amesbury APD-46 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/8/31 1946/7/3 1960/6/1 ◎1944/7/31(1945/2/23?) フィラデルフィア海軍工廠で高速輸送艦に改装(〜1945/5中旬)、艦種を高速輸送艦(APD-46)に改める
◎退役後、保管
◎1962/10/24 解体のため、キー・ウェストのChet Alexander Marine Salvageに売却
◎後に解体
ベイツ Bates APD-47 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/9/12 1945/6/25 ◎1944/7/31 艦種を高速輸送艦(APD-47)に改める
◎1945/3上旬 ウルシーにて修理
1945/5/25 伊江島南方海域にて日本軍の爆撃と特攻機の攻撃により沈没
◎1957/7/1 船体は琉球政府に寄贈
◎Iwo Jima, Okinawa.
ブレスマン Blessman APD-48 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/9/19 1947/1/15 1967/6/1 ◎1944/7/31 艦種を高速輸送艦(APD-48)に改める
1945/2/11 聴音機故障
1945/2/18 硫黄島沖にて日本軍機の爆撃により損傷
◎1945/2/19 掃海艇アーデント Ardent(AM-340)がサイパンへ曳航、応急修理
◎1945/4下旬 メア・アイランド海軍工廠にて修理(〜1945/8)
◎後に不活性化オーヴァーホール
◎1946/8/28 サン・ディエゴにて予備艦隊に編入
◎1967/5/17(1967/7/3?) 台湾に貸与され哨戒フリゲイトChung Shan(PF-44)と改名
◎後に艦種記号を843に改める(123
◎1995/5 除籍
◎除籍後、解体
◎Lingayen, Iwo Jima.
ジョセフ E. キャンベル Joseph E. Campbell APD-49 ベスレヘム・ヒンガム・シップヤード 1943/9/23 1946/11/15 1966/12/1 ◎1944/11/24 艦種を高速輸送艦(APD-49)に改める
◎1946/5下旬 チャールストンにて不活性化工事
◎退役後、オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1966/11/15 チリに譲渡されRiquelme(DE28(APD28?))と改名、部品供給艦となる
◎1997 除籍
◎Okinawa.
シムス Sims APD-50 ノーフォーク海軍工廠 1943/4/24 1946/4/24 1960/6/1 ◎1944/9/7 艦種を高速輸送艦(APD-50)に改める
◎1944/9下旬 チャールズタウン海軍工廠で高速輸送艦に改装(〜1944/12上旬)
◎1944/12上旬 ノーフォークにて練習艦となる(〜1945/1/24)
1945/5/18 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷、応急修理
1945/5/24 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/5下旬 レイテにて修理(〜1945/6)
◎1945/12 ニュー・ヨークにて不活性化オーヴァーホール
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1961/4/14 解体のため、ウィルミントンのNorth American Smelting Co. にて売却
◎Okinawa, Tokyo Bay.
ホッピング Hopping APD-51 ノーフォーク海軍工廠 1943/5/21 1947/5/5 1964/9/1 ◎1944/9/7 艦種を高速輸送艦(APD-51)に改める
◎1944/10 スタテン・アイランドのFrontier Baseで高速輸送艦に改装(〜1944/11)
1945/4/9 沖縄のBuekner Bayにて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1945/4下旬 ウルシーにて修理
◎退役後、大西洋予備艦隊に編入
◎1966/8/15 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
◎Okinawa.
リーヴス
12
Reeves APD-52 ノーフォーク海軍工廠 1943/6/9 1946/7/30 1960/6/1 ◎1944/9/25 艦種を高速輸送艦(APD-52)に改める
◎1945夏? フィリピンにて修理改装
◎1946/1中旬 ボストンにて不活性化工事
◎退役後、大西洋予備艦隊に編入
◎1961/7 エクアドルに貸与され発電所となる
◎Okinawa, Tokyo Bay.
ハッバード Hubbard APD-53 チャールストン海軍工廠 1944/3/6 1946/3/15 1966/5/1 ◎1945/6/1 艦種を高速輸送艦(APD-53)に改める
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1948/6/23 チャールストン海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1948/10/8)
◎1968/7/1 解体のため、ウィルミントンのNorth American Smelting Companyに売却
チェイス Chase APD-54 ノーフォーク海軍工廠 1943/7/18 1946/1/15 1946/2/7 ◎1944/11/24(1944/4/28?) チャールズタウン海軍工廠で高速輸送艦に改装(〜1945/2/5)、艦種を高速輸送艦(APD-54)に改める
1945/5/20 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷、後に慶良間列島にて修理、後にサン・ディエゴへ曳航(1945/10/11到着)
◎1946/11/13 解体のため売却
◎Okinawa.
ラニング Laning APD-55 ノーフォーク海軍工廠 1943/8/1 1957/9/13 1975/3/1 ◎1944/11/24 艦種を高速輸送艦(APD-55)に改める
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1946/6/28 Green Cove Springsにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1951/4/6 再役
◎退役後、ノーフォークにて大西洋予備艦隊に編入
◎1969/1/1 艦種を小型輸送揚陸艦(LPR-55)に改める
ロイ Loy APD-56 ノーフォーク海軍工廠 1943/9/12 1947/2/21 1964/9/1 ◎1944/10/23 艦種を艦種を高速輸送艦(APD-56)に改める
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/25)
1945/5/27 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/5/29 慶良間列島にて修理
◎1945/6中旬 レイテ湾にて修理(〜1945/7/28)
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1961 オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1966/8/15 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却(売却額$27,677.00)
バーバー Barber APD-57 ノーフォーク海軍工廠 1943/10/10 1946/5/22 1968/11/27 ◎1944/10/23 艦種を艦種を高速輸送艦(APD-57)に改める
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる(TransDiv 106所属)
◎1945/5/10 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎後に東海岸にて不活性化オーヴァーホール
◎退役後、Green Cove Springsにて予備艦隊に編入
◎1969/2/17(1969/12/22?) メキシコに売却されChihuahua(B-08)と改名
◎1993 Jose Maria Morelos y Pavon(Jose Maria Morrlos Y Pavon?、E-21)と改名
◎2002 除籍
ウィッター Witter APD-58 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1943/12/29 1945/10/22
(1945/10/29?)
1945/11/16 ◎1945/8中旬 フィラデルフィア海軍工廠にて修理、高速輸送艦に改装、艦種を高速輸送艦(APD-58)に改める
◎1945/8/22 工事中断
◎1945/9/1 フィラデルフィアにて大西洋予備艦隊に編入
◎1946/12/2 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
ニューマン Newman APD-59 チャールストン海軍工廠 1943/11/26 1946/2/18 1946/2/18 ◎1944/7/5 艦種を高速輸送艦(APD-59)に改める
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる(Transportation Division 103所属)
◎1944/11/5 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/22)
◎1944/12/12 ミンドロ島にて揚陸作戦(〜1944/12/18)
◎1945/1/11 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/1/29 San Felipeにて揚陸作戦
◎1945/1/29 Zambales-スービック湾にて作戦の任務(〜1945/1/31)
◎1945/2/28 パラワン島にて揚陸作戦(〜1945/3/1)
◎1945/3/26 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/3/27)
◎1945/6/10 ブルネイ湾にて作戦の任務
◎1945/6/29 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7/4)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1945/9/12)
◎1945/9/29 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/8)
◎1945/10/26 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/27)
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎後にオレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1966/8/15 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
リドル Liddle APD-60 チャールストン海軍工廠 1943/12/6 1967/3/18 1967/4/5 ◎1944/7/5 艦種を高速輸送艦(APD-60)に改める
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる(Transportation Division 103所属)
◎1944/11/19 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/29)
◎1944/12/7 オルモック湾にて揚陸作戦(〜1944/12/8)
1944/12/7 オルモックにて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/1中旬 サン・フランシスコにて修理
◎1945/4/17 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4/23)
◎1945/6/10 ブルネイ湾にて作戦の任務
◎1945/6/26 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7/4)
◎1945/9/2 中国方面での行動(〜1945/10/29)
◎1946/6/18 Green Cove Springsにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1950/10/27 Green Cove Springsにて再役
◎1955/3/21 ニュー・オーリンズにて予備練習艦となる
◎1959/2/2 退役
◎1961/11/29 再役
◎1968/1/25 解体のため、ウィルミントンのNorth American Smelting Co. に売却
◎Cuban Missile Crisis Oct-Dec 1962, Dominican Rep May-Jun 1965.
キプハート Kephart APD-61 チャールストン海軍工廠 1944/1/7 1946/6/21 1967/5/1 ◎1944/7/5 艦種を高速輸送艦(APD-61)に改める
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる(Transportation Division 103所属)
◎1944/11/19 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/29)
◎1944/12/7 オルモック湾にて揚陸作戦(〜1944/12/8)
◎1944/12/12 ミンドロ島にて揚陸作戦(〜1944/12/18)
◎1945/1/30 スービック湾とグランデ島にて作戦の任務(〜1945/1/31)
◎1945/3/25 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/3/30)
◎1945/6/10 ブルネイ湾にて作戦の任務
◎1945/6/26 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7/4)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1945/9/13)
◎1945/9/28 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/2)
◎1945/10/20 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/12)
◎1945/11/13 中国方面での行動(〜1945/11/20)
◎1945/11/21 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/27)
◎1946/1 オーヴァーホール
◎退役後、オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1967/5/16(1967/7/23?) 韓国に貸与されKyong Buk(Kyong Puk?、PF-82)と改名
◎1972 艦種を高速輸送艦(APD-85)に改める
◎1980 艦種記号をAPD-826に改める
◎1982 艦種を護衛艦(DE-826)に改める
◎1985/4/30 除籍、後に解体
コファー Cofer APD-62 チャールストン海軍工廠 1944/1/19 1946/6/28 1966/4/1 ◎1944/7/5 艦種を高速輸送艦(APD-62)に改める
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる(Transportation Division 103所属)
◎1944/11/19 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/29)
◎1944/12/7 オルモック湾にて揚陸作戦(〜1944/12/8)
◎1944/12/12 ミンドロ島にて揚陸作戦(〜1944/12/18)
◎1945/1/29 Zambales-スービック湾にて作戦の任務(〜1945/1/31)
◎1945/3/26 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/3/27)
◎1945/6/10 ブルネイ湾にて作戦の任務
◎1945/6/15 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7/7)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/26)
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1968/3/5 解体のため売却
◎後にニュー・オーリンズにて解体
ロイド Lloyd APD-63 チャールストン海軍工廠 1944/2/11 1958/2/18 1966/6/1 ◎1944/7/5 艦種を高速輸送艦(APD-63)に改める
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる(TRANSRON 24、TRANSDIV 103所属)
◎1944/11/19 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/29)
◎1944/12/7 オルモック湾にて揚陸作戦(〜1944/12/8)
◎1944/12/12 ミンドロ島にて揚陸作戦(〜1944/12/18)
◎1945/1/29 Zambales-スービック湾にて作戦の任務(〜1945/1/31)
◎1945/2/28 パラワン島にて揚陸作戦
◎1945/3/26 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/3/27)
◎1945/4 レイテにて修理
◎1945/6/10 ブルネイ湾にて作戦の任務
◎1945/6/26 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7/4)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1945/9/13)
◎1945/9/24 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/8)
◎1945/11/1 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/27、中国方面での行動も含む)
◎1946/1下旬 ブルックリン海軍造船所にて入渠
◎1946/7/1 Green Cove Springsにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1951/1/3 再役
◎1951/1 ボストン海軍工廠にて修理改装
◎1952/5/3 ヨーロッパにて占領作戦の任務(〜1952/10/8)
◎退役後、大西洋予備艦隊に編入
◎1968/3/5 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Scrap Material Co. に売却(売却額$30,000)
◎後にニュー・オーリンズにて解体
スコット Scott APD-64 フィラデルフィア海軍工廠 1943/7/20 1947/3/3 1965/7/1 ◎1945/9/10 艦種を高速輸送艦(APD-64)に改める予定がキャンセル
バーク
12
Burke APD-65 フィラデルフィア海軍工廠 1944/8/20 1949/6/22 1968/6/1 ◎1945/1/24 艦種を高速輸送艦(APD-65)に改める
◎1945/1/25 ブルックリンのSullivan's Drydock & Repair Corp. で高速輸送艦に改装(〜1945/4/8)
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる
◎1945/6/27 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎1949/4/16 フィラデルフィア海軍造船所にて不活性化工事
◎1949/6/23 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1968/8/12 コロンビアに売却されAlmirante Brion(DT07)と改名
◎1974 除籍、解体
エンライト Enright APD-66 フィラデルフィア海軍工廠 1943/9/21 1946/6/21 1978/3/31 ◎1945/1/21 艦種を高速輸送艦(APD-66)に改める
◎1945/6/11 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1967/7/14 エクアドルに貸与され25 de Julio(E12)と改名
◎1976〜1977頃 Moran Valverde(D01)と改名
◎後に艦種記号をD03に改める
◎後に艦種記号をD02に改める
◎1978/8/30 エクアドルに売却
◎1989 除籍、解体
ジェンクス Jenks APD-67 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/1/19 1946/6/26 1966/2/1 ◎1944 艦種を高速輸送艦(APD-67)に改める予定がキャンセル
ダリク
(12)
Durik APD-68 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/3/24 1946/6/15 1965/6/1 ◎1944 艦種を高速輸送艦(APD-68)に改める予定がキャンセル
ヨークス Yokes APD-69 コンソリデーテッド・スチール社 1944/12/18 1946/8/19 1964/4/1 ◎1944/6/27  艦種を高速輸送艦(APD-69)に改める
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる(TransDiv 104所属)
◎1944/12/18 引き渡される
◎1945/5/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎1945/11/18 極東にて占領作戦の任務(〜1946/11/28)
◎1945/12/3 中国方面での行動(〜1945/12/10)
◎1946/2/15 サン・ディエゴにて修理(〜1946夏)
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1965/4 解体のため、ターミナル・アイランドのナショナル・メタル&スチール社に売却
パヴリク Pavlic APD-70 コンソリデーテッド・スチール社 1944/12/29 1946/11/15 1967/4/1 ◎1944/6/27  艦種を高速輸送艦(APD-70)に改める
◎1944/12/29 引き渡される
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる(TransDiv 105所属)
◎1945/5/3 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1946/4/16)
◎1946晩春? チャールストンにてオーヴァーホール
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1968/7/1 解体のため、North American Smelting Co. に売却
◎Tokyo Bay.
オダム Odum APD-71 コンソリデーテッド・スチール社 1945/1/12 1946/11/15 1966/12/1 ◎1944/6/27 艦種を高速輸送艦(APD-71)に改める
◎後にオレンジのコンソリデーテッド・スチール社で高速輸送艦に改装
◎1945/1/12 引き渡される
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる(TransDiv 107所属)
◎1945/9/6 極東にて占領作戦の任務(〜1945/9/24)
◎1945/10/7 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/27)
◎1945/11/4 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/21)
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1966/11/15 チリに売却されSerrano(APD-26)と改名(12
◎1984 除籍、解体
ジャック C. ロビンソン Jack C. Robinson APD-72 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/2/2 1946/12/13 1966/12/1 ◎1944/6/27 艦種を高速輸送艦(APD-72)に改める
◎後にオレンジのコンソリデーテッド・スチール社で高速輸送艦に改装
◎1945/2/1 引き渡される
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる(TransDiv 107所属)
◎1945/6/10 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/19)
◎1945/9/15 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/17)
◎退役後、オレンジにて大西洋予備艦隊編入
◎1966/11/15 チリに売却されOrella(APD-27)と改名(12
◎1984 除籍、解体のため売却
バセット Bassett APD-73 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/2/23 1957/11/26 1967/5/1 ◎1944/6/27 艦種を高速輸送艦(APD-73)に改める
◎オレンジのコンソリデーテッド・スチール社で高速輸送艦に改装
◎1945/2/23 引き渡される
◎1945春 ノーフォークにてPSA
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる
◎1945/9/12 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/22)
◎1946/4/29  Green Cove Springsにて退役、大西洋予備予備艦隊に編入
◎1950/12/7 再役
◎1955夏 チャールストン海軍造船所にて修理改装
◎1956秋 リトル・クリークにて保全
◎1957/8/26 不活性化工事
◎退役後、ノーフォークにて大西洋予備予備艦隊に編入
◎1968/9/6 コロンビアに貸与されAlmirante Tono(DT04)と改名、後にPSA
◎1977 除籍、解体
ジョン P. グレイ John P. Gray APD-74 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1945/3/15 1946/4/29 1967/3/1 ◎1944/6/27 艦種を高速輸送艦(APD-74)に改める
◎1945/3/15 引き渡される
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる(TransDiv 107所属)
◎1945/9/3 極東にて占領作戦の任務(〜1945/9/20)
◎退役後、オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1968/9/3 解体のため売却
◎後にニュー・オーリンズにて解体
ウェーバー Weber APD-75 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1943/6/30 1946/7/30
(1947/1?、1947/6/6?、1947/6/10?)
1960/6/1 ◎1944/12/15 艦種を高速輸送艦(APD-75)に改める
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる(TransRon 23(旗艦)、TransDiv 108所属)
◎1945/6/17 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/29、中国方面での行動も含む)
1945/10/7 台風により損傷
◎1946/1/15 ニュー・ヨーク海軍造船所にて不活性化オーヴァーホール
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1962/7/15 ミサイルの標的として沈没
シュミット Schmitt APD-76 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 1943/7/24 1949/6/28 1967/5/1 1945/1/24 艦種を高速輸送艦(APD-76)に改める
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる
◎1945/6/21 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7/6)
◎1945/8/4 サン・ペドロにて修理(〜1945/8/18)
◎1945/9/20 極東にて占領作戦の任務(〜1945/9/27、123
◎1949/4 チャールストンにて不活性化工事
◎退役後、予備艦隊に編入
◎1969/2/18 台湾に貸与されLung Shan(PF-44)と改名
◎1976(1978?) 除籍、解体
ヘイター Hayter APD-80 チャールストン海軍工廠 1944/3/16 1946/3/19 1966/12/1 ◎1945/6/1 艦種を高速輸送艦(APD-80)に改める
◎1945/11 Green Cove Springsにて予備艦隊に編入
◎退役後、オレンジにて大西洋予備艦隊に編入
◎1967/7/23 韓国に貸与されChun Nam(Jon Nam?、PG-86)と改名
◎1972 艦種を高速輸送艦(APD-86)に改める
◎1974/11/15 韓国に売却
◎1980 艦種記号をAPD-827に改める
◎1982 艦種を護衛艦(DE-827)に改める
◎1986 除籍、後に標的として沈没


※データは護衛駆逐艦ラッデロー級の項を参照
※兵装:38口径127o単装両用砲1基、40o連装機銃3基、20o単装機銃6基、爆雷投下軌条2条 LCVP4隻、兵員(士官12名、下士官兵150名)を搭載。同級は、クロスリー級ともいわれる
※10tクレーンを搭載

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
クロスリー Crosley APD-87 フィラデルフィア海軍工廠 1944/10/22 1946/11/15 1960/6/1 ◎1944/7/17 艦種を高速輸送艦(APD-87)に改める
◎第二次大戦中、アジア戦域に割り当てられる(TransDiv 103所属)
◎1945/3/26 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/5/16)
◎1945/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1946/3/29、中国方面での行動も含む)
◎1946春? フィラデルフィアにてオーヴァーホール
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1961/7 エクアドルに売却され発電所となる


Update 17/04/08