ABSD
分割式浮きドック


軽荷排水量:38,500t(10 sections) 全長:283.54m(10 sections) 幅:78.02m 吃水:2.74m(light)、23.77m(flooded) 全高:8.53m(keel to welldeck) 収容幅(ドック内):40.75m 揚力収容量(力量):90,000t 乗員:690名
※A〜I、Kの合計10セクションからなる
↑USS West Virginia (BB-48). In floating drydock ABSD-1, off Aessi Island, Espiritu Santo, New Hebrides, on 13 November 1944. The battleship was docked for upkeep and repair to propellers damaged when she touched ground off Leyte on 21 October. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives.
↑USS Antelope (IX-109). In the floating drydock ABSD-1 at Espiritu Santo, New Hebrides, 8 January 1945. Also in the drydock, astern of Antelope is USS LST-120. YF-326 is the nearest of the yardcraft on the right, moored to ABSD-1. Note that Antelope appears to have an armament of only three 20mm guns, and the rest of her gun tubs are empty. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ASBD-1 Everett Shipbuilding Co.
Chicago Bridge & Iron Co., Eureka, Calif.
Pollack-Stockton Shipbuilding Co.
Chicago Bridge & Iron Co., Morgan City, La.
1943/5/10 1955/1 ◎1942〜1943 各セクション建造
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
1943/11/2 1つのセクション(セクションK?)が沈没
◎ニュー・ヘブリディーズ諸島Espiritu Santoへ曳航し組み立て(〜1945/4中旬)
◎後に分解されて、Manicani Bayへ曳航。再組み立て(〜1945/9)
◎1946/5/31 フィリピンにて退役
◎1946/8 艦種を大型浮きドック(非自走)(AFDB-1)に改める
ASBD-2 メア・アイランド海軍工廠 ◎1943〜1944 各セクション建造
◎1944/4 引き渡される
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎ニュー・ヘブリディーズ諸島Espiritu Santoへ曳航し組み立て
◎後に分解されて、Manusへ曳航。再組み立て
◎1946/8 艦種を大型浮きドック(非自走)(AFDB-2)に改める


全長:257.25m
※A〜Iの合計9セクションからなる
↑ABSD-3 at Guam, Marianas Islands. Pennsylvania (BB-38) docked in ABSD-3 after the end of World War II. Note the white boxes on the barge, these are coffins that contain the remains of Pennsylvania crewmembers killed during the Kamikaze attack on her at Okinawa, 12 August 1945. The island at upper left was built between the two drydocks, ABSD-3 and ABSD-6. (ABSD-6 is to the left of the picture.) The island was built for supplies and Enlisted and Officers Clubs, movie theater, etc. US Navy photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ASBD-3 Pollack & Stockton Shipbuilding Co., Stockton, CA. (Section A )
Everette Pacific Co., Everette, WA. (Sections B & F)
Chicago Bridge & Iron Co., Morgan City, LA. (Sections C & E)
Pittsburgh Des Moines Steel Co., Pittsburgh, PA. (Sections D, G, H & I)
1981/8/1 ◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944頃 運用開始
◎後に艦種を大型浮きドック(非自走)(AFDB-3)に改める


軽荷排水量:30,800t 全長:251.46m 幅:75.13m 吃水:2.68m(light)、20.54m(subm. max.) 兵装:40o単装対空機銃14基、20o単装対空機銃14基 乗員:187名
※A〜Gの合計7セクションからなる。ASBD-7は浮きドック(ABD-37〜ABD-40、ABD-51、ABD-52、ABD-58)の合計7セクションからなる
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ASBD-4 メア・アイランド海軍工廠 1944頃 1989/4/15 ◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎後に艦種を大型浮きドック(非自走)(AFDB-4)に改める
ASBD-5 メア・アイランド海軍工廠 1983/12/1 ◎後に艦種を大型浮きドック(非自走)(AFDB-5)に改める
ASBD-6 メア・アイランド海軍工廠 1974/1/1 ◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎退役後、予備艦隊に編入
◎後に艦種を大型浮きドック(非自走)(AFDB-6)に改める
ASBD-7 シカゴ・ブリッジ&アイアン社(ABD-37〜ABD-40)
Pollock Stockton Shipbuilding Co. (ABD-51、ABD-52)
Pittsburgh Des Moines Steel Co. (ABD-58)
◎1944/12〜1945/2 浮きドック(ABD-37)〜浮きドック(ABD-40)竣工
◎1945/1〜1945/3 浮きドック(ABD-51)、浮きドック(ABD-52)竣工
◎1944/10 浮きドック(ABD-58)竣工
◎1945/3 メア・アイランド海軍工廠へ曳航し組み立て
◎1946/8 艦種を大型浮きドック(非自走)(AFDB-7)に改める


Update 17/09/09