LST
戦車揚陸艦

※PSAは試験航海後の有用性(Post Shakedown Availability)の略
軽荷排水量:1,780t(LST-779は1,625t) 満載排水量:3,880t(LST-491〜は3,640t、LST-779は4,080t) 全長:99.97m 幅:15.24m 吃水:艦首0.71m(遠洋航海時2.51m)、艦尾2.28m(遠洋航海時4.29m) 主機/軸数:ジェネラル・モータース式12-567ギアード蒸気タービン2基/2軸 出力:1,700馬力 速力:12.0kt(LST-779は11.6kt) 航続力:9.0ktで24,000浬 兵装:50口径76o単装砲1基、40o機銃5基、20o機銃6基、12.7o単装機銃2基、7.62o単装機銃4基(LST-779は40o連装機銃2基、40o単装機銃4基、20o単装機銃12基) 乗員:士官8名〜10名、下士官兵100名〜115名(LCVP2隻〜6隻、中戦車20両(艦内、上甲板にも相当数の車両を搭載できる)、兵員140名を塔載(LST-779は兵員163名を塔載)、LST-16〜LST-27、LST-66〜LST-71、LST-166〜LST-170、LST-175、LST-176、LST-202〜LST-207、LST-262、LST-326、LST-327、LST-331、LST-758〜LST-771、LST-782、LST-784〜LST-786、LST-788〜LST-795、LST-829、LST-830〜LST-832、LST-884〜LST-887、LST-1148、LST-1150、LST-1152は乗員が沿岸警備隊員で内、LST-25は1943年8月23日から乗員が海軍軍人、LST-758は1950年11月3日から乗員が海軍軍人、LST-762は1950年から乗員が海軍軍人、LST-1150は1946年2月8日から乗員が海軍軍人、LST-381は海軍軍人と沿岸警備隊員が交互に使用)
※排水量の差異から、LST-491〜LST-510をLST-491級ともいわれる
※仕様の差異から、LST-511以降をLST-511級ともいわれる
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、123456
※SCAJAPは、1945年10月10日にGHQが設置した日本商船管理局 Shipping Control Authority for the Japanese Merchant Marineの略。12月9日にGHQが100総t以上の全船舶にSCAJAP番号を表示し、運行許可証携帯のうえ、日本水域の航行を許可
↑LST-1級戦車揚陸艦
↑Southern France Invasion, August 1944. USS LST-4 approaches the shore at Yellow Beach, Pampelonne Bay, France, 16 August 1944. A USS Samuel Chase (APA-26) LCVP is in the right foreground. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives.

↑Image courtesy of Shipbucket.
※緑枠は諸外国に貸与され戦後返還、または売却された艦。各艦の下枠の履歴が緑枠の場合は、諸外国艦時代の履歴
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考 沿岸
警備隊員が
乗員していた期間
LST-1
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1942/12/14 1946/5/21 1946/6/19 ◎1942/7/20 起工
◎1942/9/7 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1943/9 サレルノにて揚陸作戦
◎1944/1 Anzio-Nettunoにて揚陸作戦(〜1944/3)
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1947/12/5 解体のため、BarberのShips Power & Equipment Co. に売却
LST-2 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/2/9 1946/4/11 1946/6/5 ◎1942/6/23 起工
◎1942/9/19 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1943初め 北アフリカの占拠
◎1943/7 シシリー島の占拠
◎1943/9/9 サレルノにて揚陸作戦
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
1944/6/15 ノルマンディにて枢軸軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1944/11/28 イギリスに貸与
◎1944/11/29 イギリス海軍にて就役
◎1944/12 スコットランドにて公試
◎1944/12 Tyneにて極東での作戦行動の準備(〜1945/8)
◎1945/8/17 サザンプトン出航〜Port Said〜Bombay(1945/9/21到着)
◎後に鉄道車両の為のレールを設置
◎Madras〜Trincomalee間の種々の往来
◎1946/4/1 スービック湾に到着
◎1945/4/12(1946/4/13?) イギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-3
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/2/8 1944/12/23
(1946?)
1946/6/19 ◎1942/6/29 起工
◎1942/9/19 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1943/7/9 シシリー島の占拠(〜1943/7/15)
◎1943/7/28 シシリー島の占拠(〜1943/8/17)
1943/8/6 Palermoにてドイツ空軍爆撃機の爆撃により損傷
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1944/12/23 イギリスに貸与
◎1944/12/24 ビゼルトにてイギリス海軍にて就役
◎1945/9/28 タラントにて修理
◎1946/5/12 イギリスより返還
◎1947/9/10 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
◎Known to have visited Messina, Taranto Brindisi, Bari, Venice, Trieste, Naples, Piraeus, Malta and Gibraltar.
LST-4
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/2/14 1944/12/23
(1946?)
1946/6/19 ◎1942/7/4 起工
◎1942/10/9 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1943/7 シシリー島の占拠
◎1943/9 サレルノにて揚陸作戦
◎1944/1 Anzio-Nettunoにて揚陸作戦(〜1944/2)
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1944/12/24 ビゼルトにてイギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1945/1/14 タラント〜Piraeus間にて機雷により損傷
◎1945/10/10 マルタにて修理(〜1945/10/24)
本国に戻る途中にスクリューが脱落し海没、別の戦車揚陸艦がノーフォークへ曳航
◎1946/5/12 イギリスより返還
◎1947/9/10 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
◎Remained at Piraeus about Jun 1945 when she went to Alexandria, Egypt.
LST-5 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/2/22 1944/11/17
(1946?)
1947/8/1 ◎1942/7/12 起工
◎1942/10/3 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1943/7 シシリー島の占拠
1943/7/9 シシリー島Bracette Point南部にて戦車揚陸艦LST-389と衝突し損傷
◎1943/9 サレルノにて揚陸作戦
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1944/11/18 イギリスに貸与
◎1945/1/22 ベルファーストにて機関修理(〜1945/4/11)
◎1946/2/19 退役
◎1946/11/29 イギリスより返還
◎1947/10/7 解体のため、シンガポールのTung Hwa Trading Co. に売却
◎Sailed for Far East during the summer of 1945.
LST-6 ドラヴォ社ウィルミントン造船所 1943/1/30 1944/12/22 ◎1942/7/20 起工
◎1942/10/21 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1943/7 シシリー島の占拠
◎1943/9 サレルノにて揚陸作戦
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
1943/6/17 ビゼルトにて戦車揚陸艦LST-326と衝突し損傷
1944/11/17 Seine Riverにて機雷により沈没
LST-7 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/3/2 1946/5/21 1946/6/19 ◎1942/7/17 起工
◎1942/10/31 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1943/7 シシリー島の占拠
◎1943/9 サレルノにて揚陸作戦
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1947/10/7 解体のため、チャールストンのLewis Green, Jr. に売却
LST-8 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1946/7/3 ◎1942/7/26 起工
◎1942/10/29 進水
◎1943/3/22 イギリスに貸与
◎1944/9 リヴァプールにて改装
◎1946/5/4 スービック湾にて退役
◎1946/6/1 イギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
◎Sailed from New York for the Mediterranean in convoy UGS-8A, 14 May 1943. Took part in the invasions of Sicily, Reggio, Salerno, Anzio, Normandy and Malaya. At Barry for docking 4 to 6 May 1944.
LST-9 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1946/7/3 ◎1942/8/9 起工
◎1942/11/14 進水
◎1943/3/19 イギリスに貸与
◎1944/4/11 スコットランドのLeithにて改装(〜1944/6/3)
◎1944/6〜1945/2間 テームズとサザンプトンにて修理
1945/1/25 Tilbury Docksにて突堤と衝突し損傷
◎1945/5 Antwerpにて改装(〜1945/6)
◎1946/5/4 退役
◎1946/6/1 イギリスより返還
◎1948/9/5 フィリピンのBoseyにて売却
◎Sailed from New York for the Mediterranean in convoy UGS-8A, 14 May 1943. Took part in invasions of Sicily, Reggio, Vibo Valenta, Anzio, Normandy and Malaya. Performed a regular ferry service across the Messina Straits Noted as having made 57 crossings. Sailed from Leith in time for D-Day. Operated on the shuttle service to Normandy. At Antwerp for minor defects in April 1945, and was refitted there from May to June.
LST-10
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/4/2 1946/9/6
(1947/1/6?)
1973/6/1 ◎1942/8/15 起工
◎1942/11/25 進水
◎1943/1/13 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-1)に改め、アチェラス Achelousと命名
LST-11 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1946/6/5 ◎1942/8/8 起工
◎1942/11/18 進水
◎1943/3/22 イギリスに貸与
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
1944/5 故障、Cardiffにて修理
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1944/6〜1944/8間 テームズとサザンプトンにて修理
◎1944/9/12 Cardiffにて改装(〜1944/10/23)
◎1945/9 マラヤへの再占拠
◎1946/4/12(1946/4/13?) 退役
◎1946/5/13 イギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
◎Sailed from New York in convoy UGS-8A for the Mediterranean, 14 May 1943.
LST-12 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1947/3/20 ◎1942/8/16 起工
◎1942/12/7 進水
◎1943/3/25 イギリスに貸与
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1943/7 シシリー島の占拠(〜1943/8)
◎1943/9 Reggioへの侵攻
◎1943/9 サレルノにて揚陸作戦
1943/11/13 機雷により損傷
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1945/8 Antwerpにて改装(〜1945/10)
◎1946/1/5 ニュー・ヨークにて退役
◎1946/6/5 イギリスより返還
◎1947/9/11 解体のため、PhilipsdaleのWashburn Wire Co. に売却
◎Sailed from New York in convoy UGS-8A, 14 May 1943, for the Mediterranean via Bermuda, broke down enroute. Operated between Italy, Yugoslavia and Greece from September 1944 to January 1945.
LST-13 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1946/6/5 ◎1942/9/1 起工
◎1943/1/5 進水
◎1943/4/3 イギリスに貸与
◎1944/1 ClydebankのJohn Brown Shipbuilding & Engineering ShipyardsでFighter Direction Tenderに改装、艦種記号をFDT-13に改める(12
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/13)
◎1946/2/27 ノーフォークにてイギリスより返還
◎1947/10/14 解体のため、フィラデルフィアのLuria Brothers & Co., Inc. に売却
◎Sailed from Halifax, Nova Scotia, in convoy SC-131, 18 May 1943 carrying general cargo Returned to Halifax with defects and sailed with convoy SC-132, 26 May 1943 arriving Liverpool 11 June 1943. Sailed to Clyde area and remained there until November 1943 when she sailed for Southampton. Returned to Clyde area arriving 31 December 1943 and taken in hand at Messrs John Brown for conversion to Fighter Direction Tender.
LST-14
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/8/31 1946/1/4 1946/5/1 ◎1942/8/23 起工
◎1942/12/9 進水
◎1943/1/13 艦種を魚雷艇母艦(AGP-5)に改め、ヴァルナ Varunaと命名
LST-15
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/8/5 1947/1 1961/7/1 ◎1942/9/17 起工
◎1943/1/25 艦種を戦傷修理工作艦(ARB-3)に改める
LST-16
12
ドラヴォ社ウィルミントン造船所 1943/3/17 1946/3/8 1946/4/12 ◎1942/9/1 起工
◎1942/12/19 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる(Flotilla 18、Group 53、Division 105所属)
◎1943/7/1 チュニジアにて作戦の任務(〜1943/7/9)
◎1943/7/9 シシリー島の占拠(〜1943/7/15)
◎1943/9/9 サレルノにて揚陸作戦(〜1943/9/21)
◎1944/1/22 Anzio-Nettunoにて揚陸作戦(〜1944/2/4)
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1947/12/5 解体のため、BarberのShips & Power Equipment Co. に売却
1943/3/17〜1946/3/8
LST-17
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/4/19 1946/1/15 1956/8/15 ◎1942/9/21 起工
◎1943/1/8 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1945/9/16 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/26)
◎1945/11/20 極東にて占領作戦の任務(〜1945/12/24)
◎退役後、太平洋予備艦隊に編入
◎1946/1 SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q015)
◎1956/8/15 標的として沈没
1943/4/19〜1944/11/23
LST-18
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/4/26 1946/4/3 1946/4/17 ◎1942/10/1 起工
◎1943/2/15 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 7、Group 21、Division 41所属)
◎1943/9 Finschhafenの占拠
◎1943/12 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/1)
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/5)
◎1944/5 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務
◎1944/6 ビアク島にて作戦の任務
◎1944/7 Noemfoor Islandにて作戦の任務
◎1944/7 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 パラワン島にて揚陸作戦
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/4)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/11初め)
◎1946/10/31 ジャクソンヴィルのSuwannee Fruit & Steamship Co. に売却され商船に改装
◎1948 Rosarioと命名
1943/4/26〜1946/4/3
LST-19
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/5/15 1946/3/20 1946/5/1 ◎1942/10/22 起工
◎1943/3/11 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/11/28 マキン、タラワにて揚陸作戦(〜1943/12/8)
◎1944/6/15 サイパンの奪取、占拠
◎1944/7/24 テニアン島の奪取、占拠(〜1944/7/28)
◎1944/9/6 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10/14)
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-19)に改める
1943/5/15〜1946/3/20
LST-20
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/5/14 1946/4/3 1946/6/19 ◎1942/10/5 起工
◎1943/2/15 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 3、Group 9、Division 17所属)
◎1943/11 ギルバート諸島にて作戦の任務(〜1943/12)
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/11初め)
◎除籍後、海事委員会に移管
◎1947/10/8 解体のため売却
1943/5/14〜1946/4/3
LST-21
12
ドラヴォ社ウィルミントン造船所 1943/4/14 1946/1/25 1946/6/19 ◎1942/9/25 起工
◎1943/2/18 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1948/3/12 解体のため、FlushingのLouis Feldmanに売却
1943/4/14〜1946/1/25
LST-22
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/5/29 1946/4/1 1946/4/17 ◎1942/11/5 起工
◎1943/3/29 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 7、Group 21、Division 41所属)
◎1943/12/26 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1943/12/28)
◎1944/1/2 セイダーの占拠(〜1944/1/3)
◎1944/1/6 セイダーの占拠(〜1944/1/9)
◎1944/1/15 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/1/19)
◎1944/1/20 セイダーの占拠(〜1944/1/22)
◎1944/1/30 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2/2)
◎1944/2/4 セイダーの占拠(〜1944/2/7)
◎1944/2/15 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2/19)
◎1944/2/21 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2/23)
◎1944/2/29 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦(〜1944/3/4)
◎1944/3/7 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦(〜1944/3/11)
◎1944/3/28 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦(〜1944/4/10)
◎1944/4/21 Humboldt Bay-Tanahmerah Bayにて作戦の任務(〜1944/4/25)
◎1944/5/1 Humboldt Bay-Tanahmerah Bayにて作戦の任務(〜1944/5/7)
◎1944/5/18 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務(〜1944/5/20)
◎1944/5/23 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務(〜1944/5/25)
◎1944/5/27 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/5/30)
◎1944/6/3 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6/7)
◎1944/6/16 ビアク島にて作戦の任務
◎1944/7/10 Noemfoor Islandにて作戦の任務(〜1944/7/15)
◎1944/7/30 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/2)
◎1944/8/6 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/12)
◎1944/8/14 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/19)
◎1944/8/22 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/28)
◎1944/9/15 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10/23 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/4)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/15)
◎1947/2/3 上海のMing-Sung Industrial Co., Ltd. に売却され商船に改装、Hwai Yuan(Wan Cheng?)と命名
◎1951 Chung 127と改名
1943/6/16〜1946/4/1
LST-23
123
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/5/22 1946/5/24 1946/7/3 ◎1942/10/27 起工
◎1943/3/13 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 13、LST Group 38、LST Division 75所属)
◎1943/11/21 ギルバート諸島にて作戦の任務(〜1943/12/5)
◎1944/2/2 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2/8)
◎1944/6/28 サイパンの奪取、占拠(〜1944/7/28)
◎1944/7/24 テニアン島の奪取、占拠(〜1944/7/28)
◎1944/9/6 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10/14)
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/9/10 極東にて占領作戦の任務(〜1945/9/29)
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-23)に改める
1943/6/16〜1946/5/8
LST-24
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/6/14 1946/2/26 1946/6/5 ◎1942/11/19 起工
◎1943/4/17 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 5、Group 15、Division 30所属)
◎1944/8 グアム島の奪取、占拠
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/3 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎1947/12/23 HoustonのHumble Oil & Refining Co. に売却され艀に改装、Humble ST-5と命名
◎1964 World-Over ST-5と改名
◎1968 Diamond M Offshore ST-5と改名
1943/6/14〜1946/2/26
LST-25
12
ドラヴォ社ウィルミントン造船所 1943/5/3 1946/8/2 1946/10/8 ◎1942/10/12 起工
◎1943/3/9 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1943末頃 インド-ビルマにて作戦の任務(〜1944初め頃)
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠
◎1945/9 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10)
◎1945/10 中国方面での行動(〜1946/3)
◎1946/3 極東にて占領作戦の任務
◎1948/3/31 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
1943/5/3〜1946/8/25
LST-26
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/6/7 1946/4/1 1946/5/8 ◎1942/11/16 起工
◎1943/3/31 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/12/26 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1943/12/28)
◎1943/12/30 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/1/3)
◎1944/1/5 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/1/9)
◎1944/1/11 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/1/14)
◎1944/4/21 Humboldt Bay-Tanahmerah Bayにて作戦の任務(〜1944/4/27)
◎1944/5/1 Humboldt Bay-Tanahmerah Bayにて作戦の任務(〜1944/5/7)
◎1944/5/17 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務(〜1944/5/21)
◎1944/5/23 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務(〜1944/5/25)
◎1944/5/27 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/5/30)
◎1944/6/3 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6/7)
◎1944/6/9 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6/11)
◎1944/7/6 Noemfoor Islandにて作戦の任務(〜1944/7/10)
◎1944/7/30 Cape Sansaporにて作戦の任務
◎1944/8/2 Cape Sansaporにて作戦の任務
◎1944/8/4 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/10)
◎1944/9/15 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10/13 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/10/27)
◎1944/11/5 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/18)
◎1945/3/10 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/3/11)
◎1945/10/3 中国方面での行動(〜1945/10)
◎1945/10/11 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/1)
◎1946/6/17 シアトルのArctic Circle Exploration, Inc. に売却され商船に改装
◎1947 A.T.T. No. 2と命名
1943/6/7〜1946/4/1
LST-27
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/6/25 1945/11/9 1945/11/28 ◎1942/12/10 起工
◎1943/4/27 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/4 UGS-36船団
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻(LST Flotilla 4、Group 12所属)
◎1947/12/15 解体のため、ニューポートのロード・アイランド・ナヴィゲーション社に売却
1943/6/16〜1945/11/9
LST-28 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/6/19 1946/8/16 1946/10/29 ◎1942/12/8 起工
◎1943/4/19 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/4 UGS-36船団
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1948/5/19 解体のため、ブルックリンのGeorge H. Nutmanに売却
LST-29 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/7/10 1946/3/11 1946/5/8 ◎1943/1/8 起工
◎1943/5/17 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/11 タラワにて揚陸作戦(〜1943/12)
◎1944/1 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2)
◎1944/2 エニウェトク環礁の占拠(〜1944/3)
◎1944/7 グアム島の奪取、占拠(〜1944/8)
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠
◎1946/6/17 シアトルのFoss Launch & Tug Co. に売却され艀Foss 200となる
◎後にPelican 19と改名
◎後にDel Norte Woodsman 19と改名
LST-30 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/7/3 1946/3/6 1946/5/8 ◎1943/1/12 起工
◎1943/5/3 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/22)
◎1947/4/2 ニュー・オーリンズのW. Horace Williams Co. に売却され艀Capとなる(〜1960)
LST-31
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/7/21 1946/1/8 1955/8/11 ◎1943/2/2(1943/2/3?) 起工
◎1943/6/5 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/11 ギルバート諸島にて作戦の任務(〜1943/12)
◎1943/12上旬 真珠湾海軍工廠にて修理、オーヴァーホール(〜1944/1上旬)
◎1944/1 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2)
◎1944/2 エニウェトク環礁の占拠(〜1944/3)
◎1944/4中旬 真珠湾にて入渠、修理
◎1944/6 サイパンの奪取、占拠(〜1944/8)
◎1944/7 テニアン島の奪取、占拠(〜1944/8)
◎1944/11下旬? サン・ペドロのWest Coast Shipbuilding Co. yardsにて修理、改装(〜1945/2上旬)
◎1945/2中旬 シアトルにて修理
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務
◎退役後、SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q005)
◎1948/5 SCAJAPより返還されColumbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 エディソン・カウンティ Addison Countyと命名
◎除籍後、標的として沈没
LST-32
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/7/12 1962/6/25 1962/6/30 ◎1943/2/17 起工
◎1943/5/22 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/4/1 UGS-36船団
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/21)
◎1946/7 退役、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1951/3/7 再役
◎後に本国にて修理、改装
◎1955/7/1 アラメダ・カウンティ Alameda Countyと命名
◎1957/9/27 艦種を航空支援艦(AVB-1)に改める
LST-33 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/8/4 1943/8/18 1947/6/23 ◎1943/2/23 起工
◎1943/6/21 進水
◎1943/8/18 ギリシャに貸与
◎1947/1 ギリシャに売却されSamos(L179)と命名
◎1977 除籍
LST-34 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/7/26 1946/11/15 1947/12/23 ◎1943/3/15 起工
◎1943/6/15 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/11 ギルバート諸島にて作戦の任務(〜1943/12)
◎後にKwajaleinとマジュロ環礁の占拠
◎1944/2 エニウェトク環礁の占拠(〜1944/3)
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠
◎1946/3 極東にて占領作戦の任務(〜1946/11)

◎退役後、琉球政府に貸与
1949/1/9 極東にて座礁、放棄
LST-35 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1947/6/23 ◎1943/3/20 起工
◎1943/6/30 進水
◎1943/8/18 ギリシャに貸与
◎1947/1 ギリシャに売却されChios(L195)と命名
◎1977 除籍
LST-36 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1947/6/23 ◎1943/4/21 起工
◎1943/7/10(1943/7/21?) 進水
◎1943/8/23 ギリシャに貸与
◎1947/1 ギリシャに売却されLemnos(L158)と命名
◎1977 除籍
LST-37 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1948/8/12 ◎1943/4/1 起工
◎1943/7/5 進水
◎1943/8/18 ギリシャに貸与されLesvosと命名
1944/6/1 ビゼルトにて座礁難破
LST-38 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/9/3 1946/3/26 1946/5/1 ◎1943/4/14 起工
◎1943/7/27 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/1 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2)
◎1944/3 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦(〜1945/4)
◎1944/6/15 サイパンの奪取、占拠
◎1944/7 グアム島の奪取、占拠
◎1945/2/15 硫黄島への強襲、占拠(〜1945/3/16)
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-38)に改める
LST-39 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/9/8 1944/7/18 ◎1943/4/23 起工
◎1943/7/29 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
1944/5/21 真珠湾にて爆発事故により沈没(12
◎除籍後、引き揚げられ艀に改装
◎1944/8/21 艦種を有蓋運貨船(YF-1079)に改める
LST-40 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/9/15 1946/2/18 1947/3/5 ◎1943/6/3 起工
◎1943/8/7 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 5、Group 15、Division 30所属)
◎1943/6 ソロモン諸島南方にて作戦の任務
◎1944/6 サイパンの奪取、占拠(〜1944/8)
◎1944/7 テニアン島の奪取、占拠
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務
◎1946 SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q066)
◎1947/2/18 アメリカ軍統治下の韓国に売却
LST-41 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/9/24 1946/4/25 1946/6/19 ◎1943/5/24 起工
◎1943/8/17 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 13、Group 28、Division 76所属)
◎1944/1/31 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2/8)
◎1944/4/21 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/4/29)
◎1944/7/21 グアム島の奪取、占拠(〜1944/4/29)
◎1944/9/6 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10/14)
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-41)に改める
LST-42 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/9/30 1946/7/26 1946/9/25 ◎1943/6/17 起工
◎1943/8/17 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 3、Group 9、Division 17所属)
◎1944/1/31 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2/8)
◎1944/2/19 エニウェトク環礁の占拠(〜1944/3/2)
◎1944/6/15 サイパンの奪取、占拠(〜1944/7/28)
◎1944/7/24 テニアン島の奪取、占拠(〜1944/7/26)
◎1944/9/6 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10/14)
◎1945/2/19 硫黄島への強襲、占拠(〜1945/3/6)
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-42)に改める
LST-43 ドラヴォ社フィラデルフィア造船所 1943/10/6 1944/7/18 ◎1943/6/19 起工
◎1943/8/28 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/1/31 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2/8)
1944/5/21 真珠湾にて爆発事故により沈没、後に引き揚げられる
◎1945 沈没処分
LST-44 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/10/22 1946/2/20 1947/8/28 ◎1943/7/7 起工
◎1943/9/11 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2中旬、中国方面での行動も含む)
◎1946 SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q068)
◎1947 陸軍に移管
LST-45 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/10/15 1948/11/30 1948/12/22 ◎1943/6/27 起工
◎1943/8/31 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 13、Group 39、Division 77所属)
◎1944/1/31 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2/8)
◎1944/6/15 サイパンの奪取、占拠(〜1944/8/10)
◎1944/7/24 テニアン島の奪取、占拠(〜1944/8/10)
◎1945/3/26 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎1945/9/19 中国方面での行動(〜1945/10/28)
◎1946/2/4 極東にて占領作戦の任務(〜1946/2/14)
◎1947/8/2 中国方面での行動(〜1947/9/1)
◎1947/9/2 極東にて占領作戦の任務(〜1947/9/19)
◎1949/2/25 シアトルのFoss Launch & Tug Co. に売却され艀に改装、Foss 204と命名
◎後にSanitary 3と改名(1958年にギリシャに売却ともいわれる)
LST-46 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/11/3 1946/6/6 1946/6/19 ◎1943/7/20 起工
◎1943/9/16 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1945/3/24 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/5中旬、中国方面での行動も含む)
◎1948/2/13 解体のため、フィリピンのBoseyにて売却、T. Y. Fongに再売却
LST-47 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/11/8 1946/1/11 1975/6/30 ◎1943/7/30 起工
◎1943/9/24 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/28)
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/5/7)
◎1945秋 極東にて占領作戦の任務(〜1946/1初め)
◎1946/1/11 陸軍に移管(SCAJAP番号Q007)
◎1952/3/31 海軍に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-47)
◎1976/9/13 フィリピンに貸与されTarlac (LT-500)と命名
◎1991 除籍
LST-48 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/11/16 1946/2/8 1947/12/5 ◎1943/8/8 起工
◎1943/10/2 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1初め)
◎1946 SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q049)
◎1948/5/27 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-49 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/11/20 1946/6/11 1946/7/3 ◎1943/8/17 起工
◎1943/10/9 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1944/11 Oranにて船体の一部を再塗装(12
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/3、中国方面での行動も含む)
◎1945/9下旬 上海にて船体の一部を再塗装(1234
◎1947/12/4(1947/12/5?) フィリピンのBoseyにて売却
LST-50 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/11/27 1946/2/6 1952/9/8
(1953/9/8?)
◎1943/8/29 起工
◎1943/10/16 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/8)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2初め)
◎退役後、SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q046)
◎1951/11/14(1952/11/14?) 戦傷修理工作艦に改装、艦種を戦傷修理工作艦(ARB-13)に改める
LST-51 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/12/8 1946/3/6 1947/10/31 ◎1943/8/29 起工
◎1943/10/22 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2)
◎退役後、SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q089)
◎1948/4/20 ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-52 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/12/15 1946/8/29 1948/4/30 ◎1943/9/16 起工
◎1943/10/20 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1945秋 極東にて占領作戦の任務(〜1946/1)
◎1946/7 ビキニ環礁にて原爆実験標的として使用
◎1948/4/19 ビキニ環礁にて標的として沈没
LST-53 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/12/21 1946初め ◎1943/9/24 起工
◎1943/11/6 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎1945/9 極東にて占領作戦の任務(〜1946/1)
◎退役後、予備艦隊に編入
◎1946 SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q021)
◎1946春 三菱重工業横浜造船所で青函連絡船に改装(21船と呼ばれる)
◎1948/3 SCAJAPより返還
◎1954/9 艦種を宿泊船(非自走)(APL-59)に改める
LST-54 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1943/12/24 1945/11/5 1945/11/28 ◎1943/10/3 起工
◎1943/11/13 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6/8 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1948/3/22 解体のため、ベイヨーンのTownsend Transportation Co. に売却
LST-55 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/1/6 1945/12/11 1946/1/3 ◎1943/10/10 起工
◎1943/11/20 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1948/3/23(1948/3/26?) 解体のため、BarberのShips & Power Equipment Corp. に売却
LST-56 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/1/10 1946/5/23 1946/7/3 ◎1943/10/17 起工
◎1943/11/27 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1947/12/5 解体のため、BarberのShips & Power Equipment Corp. に売却
LST-57
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/1/15 1946/1/24 1955/8/11
(1955/9/21?)
◎1943/10/24 起工
◎1943/12/4 進水
◎1944/1/1 ニュー・オーリンズに移動
◎ペンサコラにて艤装
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
1944/3下旬 ノヴァ・スコシアのハリファックス港にて曳船が衝突し損傷
◎1945/5中旬 Houstonのブラウン・シップビルディング社にて修理
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務
◎退役後、SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q028)
◎1950/11 SCAJAPより返還
◎1950/11/9 タコマにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 アームストロング・カウンティ Armstrong Countyと命名
◎1956 標的として沈没
LST-58 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/1/22 1945/11/7 1945/11/28 ◎1943/10/31 起工
◎1943/12/11 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1947/11/30 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
LST-59 ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/1/31 1946/1/21
(1946/1/23?)
1946/2/25 ◎1943/11/7 起工
◎1943/12/18 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1947/9/18 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Shipwrecking Co. に売却
LST-60
12
ドラヴォ社ピッツバーグ造船所 1944/2/7 1946/6/27 1958/11/1 ◎1943/11/14 起工
◎1943/12/24 進水
◎1944/1/24 ニュー・オーリンズに移動
◎1944/3上旬 ニュー・オーリンズにて修理
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1945/7上旬 ニュー・オーリンズにて修理、オーヴァーホール
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 アチソン・カウンティ Atchison Countyと命名
◎除籍後、売却され商船Elmerとなる
◎1973 解体
LST-61 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/2/5 1946/6/5 1946/6/19 ◎1942/6/24 起工
◎1942/11/8 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/7 シシリー島の占拠(〜1943/7/15)
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1944/9 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10)
◎1947/6/2 フィラデルフィアのSouthern Trading Co. に売却され商船に改装
◎1948 Southern Statesと命名
◎1956 Gladysと改名
◎1960 ウィルミントンにて解体
LST-62 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1946/7/19 ◎1942/8/5 起工
◎1942/11/23 進水
◎1943/3/3 イギリスに貸与
◎1943/3/4 イギリス海軍にて就役
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1943/7/10 シシリー島の占拠
◎1943/9 Reggioへの侵攻
◎1944/1 アンツィオにて揚陸作戦(〜1944/3)
◎1944? ノルマンディ侵攻のため改装
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1946/6/10 ニュー・ヨークにてイギリスより返還
◎1948/5/12 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
LST-63 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1946/1/21 ◎1942/8/6 起工
◎1942/12/19 進水
◎1943/3/15 イギリスに貸与
◎1943/3/29 イギリス海軍にて就役
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1943/7 シシリー島の占拠(〜1943/8)
◎1943/9 サレルノにて揚陸作戦
◎1944/1 アンツィオにて揚陸作戦(〜1944/3)
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1945/12/17 ニュー・ヨークにてイギリスより返還
◎1948/5/27 フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却され商船に改装、Northamptonと命名
◎1968 Salvatierraと改名
1976/6/19 San Lorenzo Channelにて難破
◎Sailed from Halifax, Nova Scotia, 18 May 1943 in convoy SC-131 carrying general cargo. Arrived Liverpool, 31 May 1943, with HM LST-64, HM LST-164, HM LST-198 and HM LST-200. Sailed from the Clyde, 25 June 1943, as part of convoy KMS-19 for the invasion of Sicily.
LST-64 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1945/12/5 ◎1942/8/13 起工
◎1943/1/8 進水
◎1943/4/2 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1943/7 シシリー島の占拠(〜1943/8)
◎1943/9 サレルノにて揚陸作戦
1944/2/26 Naplesにて悪天候により座礁、損傷、Ferryvilleへ曳航、係船
◎1945/10/15(1945/11?) Palermoにてイギリスより返還
◎1946/7/3 解体のため、Kinaldo de Haag(Rinaldo de Haag?)に売却
◎Sailed from Halifax, Nova Scotia, 18 May 1943, in convoy SC-131 carrying general cargo. Arrived Liverpool 31 May 1943 with HM LST-63, HM LST-164, HM LST-198 and HM LST-200. Sailed from the Clyde, 25 June 1943, as part of convoy KMS-19 for the Mediterranean.
LST-65 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1946/3/20 ◎1942/8/14 起工
◎1942/12/7 進水
◎1943/3/15 イギリスに貸与
◎1943/3/18 イギリス海軍にて就役
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1943/7 シシリー島の占拠(〜1943/8)
◎1943/9/8 Vibo Valentiaにて揚陸作戦
◎1944/1 アンツィオにて揚陸作戦(〜1944/3)
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
1944? 損傷、後に鉄道車両の為のレールを設置
◎1945/7/18 メンテナンス
◎1946/1/5 ニュー・ヨークにてイギリスより返還
◎1948/5/4 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
◎Sailed from New York in Convoy UGS-8A, 14 May 1943.
LST-66
123
ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/4/12 1946/3/26 1946/5/1 ◎1942/8/14 起工
◎1943/1/16 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/12 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2)
1943/12/16 Cape Gloucesterにて日本軍機の爆撃により損傷
◎1944/1 セイダーの占拠(〜1944/2)
◎1944/3 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦(〜1944/4)
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/5)
◎1944/5 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務
◎1944/6 ビアク島にて作戦の任務
◎1944/7 Noemfoor Islandにて作戦の任務
◎1944/7 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎1945/7 バリクパパンにて作戦の任務
◎1948/4/7 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
1943/4/12〜1946/3/26
LST-67
12
ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/4/20 1946/3/28 1946/5/8 ◎1942/9/7 起工
◎1943/1/28 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9 Finschhafenの占拠
◎1943/12 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/1)
◎1944/1 セイダーの占拠
◎1944/3 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/5)
◎1944/5 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務
◎1944/6 ビアク島にて作戦の任務
◎1944/7 Noemfoor Islandにて作戦の任務
◎1944/7 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎1947/12/5 解体のため、BarberのShips & Power Equipment Corp. に売却
1943/4/19〜1946/3/28
LST-68
12
ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/6/4 1946/3/7 1946/6/5 ◎1942/9/7 起工
◎1943/3/8 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 7、LST Group 21、Division 41所属)
◎1943/12/26 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1943/12/27)
◎1944/1/3 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/1/7)
◎1944/1/11 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/1/14)
◎1944/1/15 セイダーの占拠(〜1944/1/17)
◎1944/1/19 セイダーの占拠(〜1944/1/21)
◎1944/1/28 セイダーの占拠(〜1944/1/30)
◎1944/2/13 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2/18)
◎1944/2/17 セイダーの占拠(〜1944/2/19)
◎1944/2/21 セイダーの占拠(〜1944/2/23)
◎1944/2/25 セイダーの占拠(〜1944/2/28)
◎1944/4/21 Humboldt Bay-Tanahmerah Bayにて作戦の任務(〜1944/4/27)
◎1944/6/9 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6/15)
◎1944/7/8 Noemfoor Islandにて作戦の任務(〜1944/7/14)
◎1944/8/20 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/26)
◎1944/9/15 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10/13 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/10/27)
◎1944/11/5 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/18)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/3/18 Visayan Islandにて揚陸作戦
◎1947/9/18 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Shipwrecking Co. に売却
1943/6/4〜1946/3/7
LST-69
12
ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/5/20 1944/7/18 ◎1942/9/7 起工
◎1943/2/20 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 13、Group 37、Division 73所属、後にLST Flotilla 5、Group 15、Division 30所属)
◎1943/11/13 ギルバート諸島にて作戦の任務(〜1943/12/8)
1944/5/21 真珠湾にて爆発事故により沈没
1943/5/20〜1944/5/21
LST-70
12
ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/5/28 1946/4/1 1946/5/1 ◎1942/11/13 起工
◎1943/2/8 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 5、Group 15、Division 30所属)
◎1943/11 Cape Torokinaの占拠と防衛
◎1944/2 グリーン諸島にて揚陸作戦
◎1944/7 グアム島の奪取、占拠
◎1945/2 硫黄島への強襲、占拠
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/5)
1945/4/4 沖縄にて座礁により損傷
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務
◎1946/7/1 解体のため、シアトルのArctic Circle Exploration, Inc. に売却
1943/5/28〜1946/4/1
LST-71
12
ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/6/9 1946/3/25 1946/5/8 ◎1942/11/27 起工
◎1943/2/27 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 5、Group 15、Division 30所属)
1944/4/29 Alenuihaha Channelにて損傷
◎1944/7 グアム島の奪取、占拠(〜1944/8)
◎1943/11 Treasury Islandにて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎1945/9上旬 シアトルにて修理改装
◎1948/1/23 シアトルのアトランティック&パシフィック・パッキング社に売却され商船に改装、Dona Rosaと命名
◎1968 Maria Sassoと改名
◎1974 解体
1943/6/9〜1946/3/25
LST-72 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/6/5 1946/6/4 1946/6/19 ◎1942/12/20 起工
◎1943/3/17 進水
1943/4 バミューダ沖にて座礁、後に修理
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1945/10 極東にて占領作戦の任務(〜1946/5、中国方面での行動も含む)
◎1948/6/8 フィリピンに貸与
◎1949 フィリピンのT. Enganに売却されSan Fernandoと命名
◎1959/11 解体のため、香港の業者に売却
LST-73 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/6/8 1946/7/13 1947/6/10 ◎1942/12/10 起工
◎1943/3/29 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務
◎1948/3/31 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-74 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/6/15 1945/12/21 1946/1/21 ◎1943/1/1 起工
◎1943/3/31 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/4/1 UGS-36船団
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1947/9/22 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Shipwrecking Co. に売却
LST-75 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/6/21 1947/12/22 1948/1/22 ◎1943/1/30 起工
◎1943/4/7 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1945/11 極東にて占領作戦の任務(〜1945/12)
◎1947/7 中国方面での行動(〜1947/8)
◎1947/12/30 フィリピンに貸与されCotabato(T36)と命名
◎1964 除籍、解体
LST-76 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/6/26 1944/12/24 1946/6/19 ◎1943/1/19 起工
◎1943/4/14 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/4/11 UGS-37船団(〜1944/4/12)
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1944/12/24 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1945 RosythとClydeにて修理
◎1946/2/19 Devonportにて修理(〜1946/2/25)
◎1946/4/23 ノーフォークにてイギリスより返還
◎1948/4/21 フィラデルフィアのSouthern Trading Co. に売却され貨物船に改装、Southern Islesと命名
1951/10/5 Cape Hatteras南東海域にてハリケーンにより転覆
LST-77 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/7/3 1944/12/24 1946/6/19 ◎1943/2/20 起工
◎1943/4/21 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/4/11 UGS-37船団(〜1944/4/12)
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1944/12/24 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1945/10 マルタにて入渠
◎1946/5/12 イギリスより返還
◎1947/11/7 解体のため、ニュー・ヨークのJames A. Hughesに売却
◎Operated mainly in the Adriatic as a part of the 11th Flotilla, carrying troops, partisans and civilians. Known to have visited Piraeus, Trieste, Patras, Previzia, Ancona and Taranto.
LST-78 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/7/8 1946/3/8 1946/5/8 ◎1943/2/9 起工
◎1943/4/28 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/11 マキン、タラワにて揚陸作戦(〜1943/12)
◎1944/1 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2)
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/7 グアム島の奪取、占拠
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎1948/4/13 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-79 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/7/7 1943/10/11 ◎1943/2/28 起工
◎1943/5/8 進水
◎1943/7/17 イギリスに貸与、◎1943/8/16 UGS-15船団
◎後にイギリス海軍にて就役(9th LST Flotilla所属)
1943/9/30 Ajaccio Harbourにてドイツ軍機の雷撃により沈没
LST-80 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/7/12 1946/7/11 ◎1943/3/16 起工
◎1943/5/18 進水
◎1943/7/19 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役(9th LST Flotilla所属)
◎1943/8/16 UGS-15船団
1945/3/20 Ostendにて機雷により沈没
◎Operated in the Mediterranean before returning to the United Kingdom. At Falmouth February to March 1944. Participated in the Invasion of Normandy, June 1944. Operated in the shuttle service between London, Ostend and Antwerp.
LST-81 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/7/21 1946/10/29 ◎1943/3/3 起工
◎1943/5/28 進水
◎1943/7/20 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-5)に改める
LST-82 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/7/26 1943/8/2 1946/10/29 ◎1943/3/25 起工
◎1943/6/9 進水
◎1943/7/20 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-6)に改める
LST-83
12
ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/8/6 1946/10/10
(1946/10/11?)
1960/1/1 ◎1943/3/31 起工
◎1943/6/14 進水
◎1943/8/21 退役、ベスレヘム・スチール社で揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦]に改装
◎1943/8/26 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-4)に改め、アドニス Adonisと命名
LST-84 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/8/14 1946/3/2 1947/10/31 ◎1943/4/13 起工
◎1943/6/26 進水
1944/6/17 サイパンにて味方艦の誤った砲撃により損傷
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-84)に改める
LST-85 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-86 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-87 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-88 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-89 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-90 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-91 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-92 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-93 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-94 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-95 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-96 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-97 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-98 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-99 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-100 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-101 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-102 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-103 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-104 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-105 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-106 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-107 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-108 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-109 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-110 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-111 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-112 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-113 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-114 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-115 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-116 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-117 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/8/27 1946/2/16 1973/6/10 ◎1943/4/28 起工
◎1943/7/10 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-117)に改める
◎1952/3/6 艦種を戦車揚陸艦(LST-117)に改める
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-117)
◎1974/6/27(1976/6/4?) シンガポールに貸与
◎後に民間に売却
LST-118 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/9/6 1946/2/8 1947/9/29 ◎1943/4/21 起工
◎1943/7/21 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-118)に改める
LST-119 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/9/1 1948/5/13 1946/6/10
(1946/6/19?)
◎1943/5/12 起工
◎1943/7/28 進水
1944/6/22 サイパンにて日本軍の沿岸砲台の砲撃により損傷
◎1948/5/17 ニュー・オーリンズのRobert H. Beattie, Oil Transport Co. に売却され艀に改装
LST-120
12
ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/9/22 1946/1/7 1947/3/5 ◎1943/5/3 起工
◎1943/8/7 進水
◎1945/1 Espiritu Santoの分割式浮きドック(ABSD-1)にて入渠
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q004)
◎1947/2 アメリカ軍統治下の韓国に売却されMunsanと命名
1950/9 Changsadongにて座礁(12
LST-121 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/9/29 1946/3/21 1946/5/1 ◎1943/5/23 起工
◎1943/8/16 進水
1945/2/26 硫黄島にて衝突、座礁し損傷
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-121)に改める
LST-122 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/9/3 1946/6/4 1946/7/3 ◎1943/6/4 起工
◎1943/8/9 進水
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-123 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/9/7 1946/3/22 1946/5/1 ◎1943/6/5 起工
◎1943/8/14 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-123)に改める
LST-124 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/9/24 1946/7/26 1946/8/28 ◎1943/6/7 起工
◎1943/8/18 進水
◎1947/12/13 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-125 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/9/29 1946/6/10 1946/9/25 ◎1943/6/8 起工
◎1943/8/23 進水
◎1946/8/14 砲撃標的として沈没
LST-126 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/10/2 1946/6/17 1947/6/23 ◎1943/6/11 起工
◎1943/8/28 進水
◎1948/6/14 ニュー・オーリンズのオイル・トランスポート社に売却され商船に改装
LST-127 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/10/6 1947/3/11 1947/6/10 ◎1943/6/30 起工
◎1943/8/31 進水
◎1948/6/11 解体のため、Walter W. Johnson Co. に売却
LST-128 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/10/11 1946/3/23 1946/4/17 ◎1943/6/20 起工
◎1943/9/3 進水
LST-129
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/10/23 1945/1/20 1946/6/19 ◎1943/7/1 起工
◎1943/9/8 進水
1944/10/2 ペリリューにて嵐により戦車揚陸艦LST-278と衝突し損傷
◎1944/12/5(1944/12/31?) 艦種を非分類雑役船(IX-198)に改め、コハセット Cohassetと命名
LST-130 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/11/4 1946/3/10 1947/12/5 ◎1943/7/5 起工
◎1943/9/13(1943/9/18?) 進水
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q093)(〜1946/3上旬)
◎1948/3/27 海事委員会に移管
◎1948/5/27 解体のため、シアトルのベスレヘム・スチール社に売却
LST-131 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/11/15 1946/5/20 1947/6/10 ◎1943/7/7 起工
◎1943/9/18(1943/9/19?) 進水
◎1948/4/6 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-132
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/12/23 1946/8/30 1973/6/1 ◎1943/6/17 起工
◎1943/10/26 進水
◎1943/11/6 艦種を戦傷修理工作艦(ARB-4)に改め、ゼウス Zeusと命名
LST-133 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/11/20
(1943/11/29?)
1946/8/29 1948/5/28 ◎1943/6/24 起工
◎1943/11/2 進水
1944/6/15 ノルマンディにてドイツ軍の音響機雷により損傷
◎1946/7 ビキニ環礁にて原爆実験標的として使用
◎1948/5/11 標的として沈没
LST-134 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/12/7 1946/2/17 1947/10/31 ◎1943/6/14 起工
◎1943/11/9 進水
◎1946? SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q064)(〜1946/2初め)
◎1948/4/20 解体のため、シアトルのベスレヘム・スチール社に売却
LST-135
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1944/4/25 1946/4/29 1947/4/23 ◎1943/7/8 起工
◎1943/11/3 ボルティモアのメリーランド・ドライドック社で魚雷艇母艦に改装、艦種を魚雷艇母艦(AGP-10)に改め、オレステス Orestesと命名
LST-136
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/12/18 1947/1
(1947/5/20?)
1977/10/1 ◎1943/6/19 起工
◎1943/11/3 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-8)に改め、エゲリア Egeriaと命名
LST-137 アメリカン・ブリッジ社 1944/1/26 1945/11/20 1945/12/5 ◎1943/10/29 起工
◎1943/12/19 進水
◎1948/3/26 解体のため、BarberのShips & Power Equipment Corp. に売却
LST-138 アメリカン・ブリッジ社 1944/2/5 1945/11/20 1945/12/5 ◎1943/10/27 起工
◎1943/12/30 進水
◎1947/6/17 Lake CharlesのThree Star Line, Inc. に売却され商船に改装
◎後にユダヤ民族軍事機構(Irgun Etzel)に売却され商船Altalenaとなる
1948/6/20 テル・アヴィヴの海岸にてイスラエル国防軍(Haganah)の砲撃により破壊、放棄(12345
LST-139 アメリカン・ブリッジ社 1944/2/14 1946/3/25 1946/5/8 ◎1943/11/3 起工
◎1944/1/12 進水
◎1947/4/22 ニュー・オーリンズのMcWilliams Dredging Co. に売却され艀に改装、McWillliams 734と命名
◎1948 M.O.P. 376-Bと改名
LST-140 アメリカン・ブリッジ社 1944/2/9 1946/1/5 1946/3/12 ◎1943/11/10 起工
◎1944/1/8 進水
◎1947/9/18 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Shipwrecking Co. に売却
LST-141 アメリカン・ブリッジ社 1944/2/16 1945/12/18 1946/2/7 ◎1943/11/24 起工
◎1944/1/16 進水
◎1948/5/25 解体のため、ニュー・ヨークのHughes Bros., Inc. に売却
LST-142 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-143 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-144 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-145 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-146 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-147 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-148 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-149 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-150 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-151 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-152 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-153 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-154 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-155 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-156 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-157 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/2/10 1944/12/9 1946/6/5 ◎1942/6/25 起工
◎1942/10/31 進水
◎1944/12/9 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/4/11 スービック湾にてイギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-158 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/2/10 1943/7/28 ◎1942/7/11 起工
◎1942/11/16 進水
1943/7/11 シシリー島にてドイツ軍機の攻撃により損傷、浜に引き揚げられる、放棄(12345
LST-159 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/2/13 1943/3/1 1946/6/19 ◎1942/7/19 起工
◎1942/11/21 進水
◎1943/3/3 イギリスに貸与
◎1943/3/4 イギリス海軍にて就役
◎工兵揚陸艦(LSE(LC)-54)に改装の予定がキャンセル
◎1946/4/23 ノーフォークにてイギリスより返還
◎1948/4/27 ニューポート・ニューズのニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社に売却され商船に改装
LST-160 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/2/18 1943/3/4 1946/7/3 ◎1942/7/21 起工
◎1942/11/30 進水
◎1943/3/6 イギリスに貸与
◎1943/3/10 イギリス海軍にて就役
◎1946/5/4 スービック湾にて退役
◎1946/6/1 イギリスより返還
◎1947/11/1(1947/12/5) フィリピンのBoseyにて売却
LST-161 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/2/28 1943/3/14 1946/3/20 ◎1942/7/24 起工
◎1942/12/7 進水
◎1943/3/15 イギリスに貸与
◎1943/3/16 イギリス海軍にて就役
◎後にcarriage of rolling stockに改装
◎1945/7 Clydeにて改装
◎1946/1/5 ニュー・ヨークにてイギリスより返還
◎1948/5/7 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
LST-162 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/3/15 1943/3/22 1946/6/19 ◎1942/7/24 起工
◎1943/2/3 進水
◎1943/3/22 イギリスに貸与
◎1943/3/25 イギリス海軍にて就役
◎1945 ベルファーストにて改装
◎1946/2/1 スコットランドのGreenockにてイギリスより返還
◎1947/10/9 解体のため、フィラデルフィアの Luria Brothers & Co., Inc. に売却
LST-163 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/3/24 1943/3/29 1947/8/1 ◎1942/8/10 起工
◎1943/2/4 進水
◎1943/3/29 イギリスに貸与
◎1943/4/1 イギリス海軍にて就役
◎1946/2/15 シンガポールにて退役
◎1946/11/29 イギリスより返還
◎1947/7/29 シンガポールのTung Hwa Trading社に売却され商船に改装、Chip Lamと命名
LST-164 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/3/30 1943/4/5 1947/8/1 ◎1942/8/13 起工
◎1943/2/5 進水
◎1943/4/5 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/2/8 退役
◎1946/11/29 イギリスより返還
◎1947/10/7 シンガポールのTung Hwa Trading社に売却され商船に改装
LST-165 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/4/3 1943/4/6 1946/6/5 ◎1942/9/7 起工
◎1943/2/2 進水
◎1943/4/6 イギリスに貸与
◎1943/4/7 イギリス海軍にて就役
◎1946/3/20 ニュー・ヨークにてイギリスより返還
◎1947/12/15 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
LST-166
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/4/22 1946/5/3 1946/6/19 ◎1942/9/7 起工
◎1943/2/1 進水
1945/4/4 沖縄にて座礁
◎1947/11/3 解体のため、シアトルのDulien Steel Products, Inc. に売却
1943/4/22〜1946/5/3
LST-167
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/4/27 1943/12/6 ◎1942/9/19 起工
◎1943/2/25 進水
1943/9/25 ヴェラ・ラヴェラにて日本軍機の攻撃にて損傷、全損と認定
◎後に船体は弾火薬庫となる(〜1948)
1943/4/27〜1943/9/25
LST-168
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/5/3 1946/3/14 1946/4/12 ◎1942/9/26 起工
◎1943/2/25 進水
◎1948/4/9 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
1943/5/3〜1946/3/14
LST-169
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/5/22 1946/4/12 1946/6/19 ◎1942/10/1 起工
◎1943/2/26 進水
◎1947/10/24 解体のため、ニュー・ヨークのLuria Steel & Trading Corp. に売却
1943/5/22〜1946/4/12
LST-170
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/5/31 1946/4/6 1946/7/3 ◎1942/10/9 起工
◎1943/2/27 進水
1944/2/10 Finschhafenにて日本軍機の爆撃により損傷
◎1947/11/5 解体のため、BiloxiのBiloxi Boatwrecking Co. に売却
1943/5/31〜1946/4/6
LST-171 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/6/5 1946/5/21 1946/7/3 ◎1942/10/20 起工
◎1943/2/28 進水
◎1947/9/26 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
LST-172 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/6/11 1946/6/8 1946/6/9 ◎1942/12/24 起工
◎1943/5/12(1943/5/23?) 進水
◎1944/9/29 Espiritu Santoの分割式浮きドック(ABSD-1)にて入渠
◎1947/11/5 フィリピンのBoseyにて売却され商船に改装、Chung 110と命名
◎後にフィリピン海軍が取得
LST-173 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/6/18 1944/12/24 1946/6/19 ◎1942/12/24 起工
◎1943/4/24 進水
◎1944/12/24 イギリスに貸与、ビゼルトのイギリス海軍にて就役
◎1946/4/23 ノーフォークにてイギリスより返還
◎1947/10/22 解体のため、フィラデルフィアのLuria Brothers & Co. に売却
LST-174 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/6/15 1945/12/21 1946/1/21 ◎1943/1/1 起工
◎1943/4/21 進水
◎1947/1/29(1947/1/30?) 上海のMing-Sung Industrial Co., Ltd. に売却され貨物船に改装、Sui Yuanと命名
◎1949 La Coloradaと改名
LST-175
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/5/19 1946/3/1 1946/5/8 ◎1943/1/6 起工
◎1943/4/18 進水
◎1947/12/11 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Shipwrecking Co. に売却
1943/5/19〜1946/4/6
LST-176
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/5/12 1946/1/6 1973/11/1 ◎1943/1/18 起工
◎1943/4/15 進水
◎退役後、SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q002)
◎1952/3/31 SCAJAPより返還され、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-176)
◎1973/11/1 運用終了
1943/5/12〜1944/11/23
LST-177 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/6/22 1946/2/11 1946/4/12 ◎1943/2/5 起工
◎1943/5/16 進水
◎1947/3/13 フランスに売却されLaita(K05)と命名
◎後に艦種記号をL9001に改める
◎1962/1 退役、港内集積船に改装
◎1964 除籍
LST-178 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/6/21 1944/12/24 1947/1/22 ◎1943/2/6 起工
◎1943/5/23 進水
◎1944/12/24 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1945/2/24 Patrasにて機雷により損傷、Patrasにて応急修理、全損、エジプトへ曳航
◎1945/5/28 退役
◎1946/11 エジプトに売却されAkaと命名
◎1946/12/12 イギリスより返還
1956/11 Lake Timsah近郊にて閉塞船として準備中、イギリス軍機の攻撃により沈没
◎1957/2 引き揚げられる、放棄
LST-179 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/7/3 1944/7/18 ◎1943/2/7 起工
◎1943/5/30 進水
1944/5/21 真珠湾にて爆発事故により沈没
◎1945/11 引き揚げられ標的として沈没
LST-180 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/6/29 1943/7/10 1946/1/21 ◎1943/2/8 起工
◎1943/6/3 進水
◎1943/7/9 イギリス海軍にて就役
◎1943/7/10 イギリスに貸与
◎1945/12/17 ニュー・ヨークにてイギリスより返還
◎1948/3/10 BarberのShips & Power Equipment Co. に売却され商船に改装、Leonaと命名
1954/10/31 Lake Maracaiboにて爆発事故により損傷
◎1955/3/28 沈没処分
LST-181 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/8/21 1946/3/4 1946/4/12 ◎1943/4/7 起工
◎1943/7/3 進水
◎1946/12/9 ブルックリンのConstruction Power Machinery Co. に売却され商船M.O.P. 378-Bとなる
LST-182 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-183 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-184 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-185 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-186 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-187 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-188 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-189 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-190 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-191 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-192 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-193 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-194 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-195 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-196 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-197 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/2/5 1946/4/5 1946/6/5 ◎1942/6/15 起工
◎1942/12/13 進水
1944/2? アンツィオにてドイツ軍の砲撃により損傷、後に入渠
◎1947/10/31 解体のため、ニュー・ヨークのLuria Steel & Trading Co. に売却
LST-198 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/2/15 1943/2/27 1946/5/3 ◎1942/6/22 起工
◎1943/1/17 進水
◎1943/3/5(1943/3/6?) イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1945/2〜3 衝突により損傷
◎1946/1/23 ニュー・ヨークにてイギリスより返還
◎1948/3/19 解体のため、BarberのShips & Power Equipment Corp. に売却
LST-199 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/3/1 1943/3/19 1946/4/17 ◎1942/6/27 起工
◎1943/2/7 進水
◎1943/3/19 イギリスに貸与
◎1943/3/20 イギリス海軍にて就役
1945/11/5 スラバヤにて機雷により損傷
1946/3/27 沈没
◎1946/3/29 全損と認定
LST-200 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/3/16 1943/3/25 1946/4/17 ◎1942/7/2 起工
◎1943/2/20 進水
◎1943/3/25 イギリスに貸与
◎1943/3/29 イギリス海軍にて就役
◎1946/2/27 ニュー・ヨークにてイギリスより返還
◎1948/3/26 解体のため、BarberのShips & Power Equipment Corp. に売却され商船に改装、Lindaと命名
◎1957 Ghentにて解体
LST-201
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/4/2 1946/4/2 1946/5/1 ◎1942/7/13 起工
◎1943/3/2 進水
◎Algiersにて就役
◎1943/8中旬? 魚雷艇母艦に改装
◎1944/8/15 艦種を魚雷艇母艦(AGP-20)に改め、ポンタス Pontusと命名
LST-202
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/4/9 1946/4/11 1946/8/28 ◎1942/7/15 起工
◎1943/3/16 進水
◎1948/4/16 解体のため、シアトルのベスレヘム・スチール社に売却
1943/4/9〜1946/4/11
LST-203
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/4/22 1944/3/6 ◎1942/7/2 起工
◎1943/3/25 進水
1943/10/1(1943/10/2?) エリス諸島Nanumea近海にて座礁、全損と認定
1943/4/22〜1943/10/1
LST-204
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/4/27 1946/2/23 1946/6/5 ◎1942/7/24 起工
◎1943/4/3 進水
◎1947/10/8 解体のため、シカゴのNew Orleans Shipwrecking Corp. に売却
1943/4/27〜1946/2/23
LST-205
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/5/15 1946/4/2 1946/6/5 ◎1942/8/5 起工
◎1943/4/13 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-205)に改める
1943/5/15〜1946/4/2
LST-206
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/6/7 1946/5/6 1946/6/5 ◎1942/8/7 起工
◎1943/4/21 進水
◎1948/4/7 解体のため、シアトルのベスレヘム・スチール社に売却
1943/6/7〜1946/5/6
LST-207
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/6/9 1946/3/20 1946/4/17 ◎1942/9/7 起工
◎1943/4/29 進水
◎1947/12/19 解体のため、BarberのShips & Power Equipment Corp. に売却
1943/6/9〜1946/3/20
LST-208 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/6/8 1946/6/12 1946/7/3 ◎1942/9/7 起工
◎1943/5/11 進水
1944/7 イギリス海峡にて商船と衝突し損傷
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-209
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/6/10 1956/12/10 1958/11/1 ◎1942/9/7 起工
◎1943/5/29 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1944/2中旬? Cardiffにて入渠
◎1944春? 駆逐艦母艦メルヴィル Melville(AD-2)により改装(兵装を換装)
◎1945夏 アラバマ・ドライ・ドック&シップビルディング社にて改装
◎1946/6/27 退役、予備艦隊に編入
◎1951/6/19 海軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-209)
◎1951/8/5 ノーフォークにて運用終了
◎1951/8/24 再役
◎1951/11 修理、改装
◎1953 改装
◎1955/7/1 バムバーグ・カウンティ Bamberg Countyと命名
◎除籍後、アーリントンのTolchester Lines, Inc. に売却
◎1961/2/23 ピッツバーグのドラヴォ社に売却され乾ドックとなる
LST-210 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/7/6 1945/12/8 1946/1/3 ◎1942/9/7 起工
◎1943/6/1 進水
◎1948/5/12 Weeks Stevedoring Co., Inc. に売却され艀に改装
LST-211 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/7/6 1945/11/20 1945/12/5 ◎1942/9/7 起工
◎1943/6/5 進水
◎1948/1/12(1948/3/26?) 解体のため、BarberのShips & Power Equipment Corp. に売却(1947年に中国国民党に売却されChung Shengと命名ともいわれる)
LST-212 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/7/6 1945/11/15 1945/11/28 ◎1942/12/7 起工
◎1943/6/12 進水
◎1947/7/24 ニュー・ヨークのAlfredo A. Lavalleに売却され商船に改装、El Cuisと命名
◎1948 Muriel Hと改名
◎1958 El Ponteと改名
◎1963 Neptune IVと改名
◎1967 Arabdrill Iと改名
LST-213 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/7/7 1946/3/11 1947/3/5 ◎1942/12/21 起工
◎1943/6/16 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-213)に改める
LST-214 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/7/7 1946/4/12 ◎1942/12/29 起工
◎1943/6/22 進水
◎1943/7/13 イギリス海軍にて就役
◎1943/7/24 イギリスに貸与
◎1946/1/20(1946/1/26?) ノーフォークにてイギリスより返還
◎1947/3/3(1947/12/3?) 解体のため、ノーフォークのN. Block Co. に売却
LST-215
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/7/12 1946/10/29 ◎1943/1/8 起工
◎1943/6/26 進水
◎1943/7/19 イギリスに貸与
◎1943/7/20 イギリス海軍にて就役
1944/10/24 Ostendにて閉塞船と衝突し損傷
◎1944/11 HullのAmos & Smithで工兵揚陸艦に改装(〜1945/6)、艦種を工兵揚陸艦(LSE(LC)-51)に改める
◎1946/7/27 イギリスより返還
◎1947/9/11 民間に売却され商船に改装、Pigasosと命名
◎1954 Celikと改名
◎1962 解体のため、Splitの業者に売却
LST-216 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/7/23 1944/11/13 ◎1943/1/23 起工
◎1943/7/4 進水
◎1943/8/4 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎後に退役、ClydebankのJohn Brown Shipbuilding & Engineering Shipyardsで戦闘機指揮母艦に改装
◎1944/2/13 再役、艦種を戦闘機指揮母艦(FDT-216)に改める
1944/7/7 Le Havre西方海域にてドイツ空軍機の雷撃により沈没
LST-217 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/7/30 1946/6/5 ◎1943/2/2 起工
◎1943/7/13 進水
◎1943/8/5 イギリスに貸与
◎1943/8/7 イギリス海軍にて就役
◎後に退役、ClydebankのJohn Brown Shipbuilding & Engineering Shipyardsで戦闘機指揮母艦に改装
◎1944/2/13 再役、艦種を戦闘機指揮母艦(FDT-217)に改める
◎1946/2/12(1946/4/16?) イギリスより返還
◎1947/12/12 解体のため、ニュー・ヨークのJames A. Hughesに売却
LST-218 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/8/12 1946/1/19 ◎1943/2/11 起工
◎1943/7/20 進水
◎1943/8/5 ニュー・オーリンズに運ばれる
◎1946/1 SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q020)
◎1950/1/28 SCAJAPより返還
◎1950/11/15 ブレマートンにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/5/3 韓国に貸与され秘封 Bi Bong(Bibong?、LST-809)と命名
◎後に艦種記号をLST-673に改める
◎1999 除籍
LST-219 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/8/19 1948/11/29 1948/12/22 ◎1943/2/18 起工
◎1943/7/27 進水
1943/10/27 Balboaにて魚雷艇母艦ヴァルナ(AGP-5)と衝突し損傷
1945/1/18 リンガエン湾にて座礁
◎1949/2/25 タコマのFoss Launch & Tug Co. に売却され艀Foss 205となる
LST-220 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/8/26 1946/3 1948/5/12 ◎1943/3/4 起工
◎1943/8/3 進水
◎後にビキニ環礁の原爆実験標的として使用
◎1948/5/12 標的として沈没
LST-221 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/9/2 1946/5/6 1946/7/3 ◎1943/3/9 起工
◎1943/8/7 進水
◎1948/3/4 HoustonのPort Houston Iron Works, Inc. に売却され艀Foss 208となる
LST-222 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/9/10 1946/2 ◎1943/3/16 起工
◎1943/8/17 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-222)に改める
◎1952/3/31 SCAJAPより返還され、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行。艦種を戦車揚陸艦(T-LST-222)に改める
◎1972/7/15 運用終了、フィリピンに貸与されMindoro Occidental(LT-93)と命名
◎1991 除籍
LST-223 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/9/17 ◎1943/3/31 起工
◎1943/8/24 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-223)に改める
LST-224 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/9/23 1946/3/22 1946/4/17 ◎1943/4/2 起工
◎1943/8/31 進水
1945/3/2 硫黄島にて衝突により損傷
◎1948/4/9 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-225 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/10/2 1946/7/30 1946/8/28 ◎1943/4/14 起工
◎1943/9/4 進水
1945/1/12 パラオ諸島コッソル水道にて日本海軍伊号第五三潜水艦搭載の人間魚雷回天の攻撃により損傷
◎1947/12/16 解体のため、オークランドのLearner Co. に売却
LST-226 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/10/8 1946/6/8 1946/6/19 ◎1943/4/16 起工
◎1943/9/14 進水
◎1947/11/5 フィリピンのBoseyにて売却され商船に改装、Chung 109と命名
◎後にフィリピン海軍が取得
LST-227 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/10/16 1946/1/22 1974/11/15 ◎1943/5/10 起工
◎1943/9/21 進水
◎1946/1/23 SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q025)
◎1950/6/6 SCAJAPより返還、太平洋予備艦隊に編入
◎1955/3/27(1955/3/29?) 韓国に貸与され徳峰 Duk Bong(Tukbong?、LST-808)と命名
◎1974/11/1 韓国に売却
◎後に艦種記号をLST-672に改める
◎1989 除籍
LST-228
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/10/25 1944/2/12 ◎1943/5/20 起工
◎1943/9/25 進水
1944/1/19 Bahia Angra Island近海にて座礁(12
◎1944/1/21 全損と認定
LST-229 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/11/3 1946/2/12 1947/10/31 ◎1943/5/27 起工
◎1943/10/5 進水
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q054)(〜1945/12中旬)
◎1948/4/7 解体のため、Morris Heightsのコンソリデーテッド・シップビルディング社に売却
LST-230 シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/11/3 1946/3/4 1975/6/30 ◎1943/6/10 起工
◎1943/10/12 進水
◎退役後、SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q082)
◎1952/3/31 SCAJAPより返還され、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-230)
◎1976/9/13 フィリピンに貸与されLaguna(LT-501)と命名
◎1994/3 BauanのA.G. & P. Shipyardにて入渠(12
LST-231
12
シカゴ・ブリッジ&アイアン社 1943/11/15 1956/4/5
(1956/4/13?)
1972/6/1 ◎1943/6/3 起工
◎1943/10/19 進水
◎1943/11/3 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-7)に改め、アトラス Atlasと命名
LST-232 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-233 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-234 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-235 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-236 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-237 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/6/30 1946/2/26 ◎1943/2/9 起工
◎1943/6/8 進水
◎1943/7/12 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/2/11(1946/3/16?) スービック湾にてイギリスより返還
◎1947/11/5 フィリピンのBoseyにて売却
◎1947/11 中国の業者に売却され商船Chung 113となる
LST-238 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/7/9 1946/3/12 ◎1943/3/5 起工
◎1943/6/13 進水
◎1943/7/16 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/2/12 ノーフォークにて退役
◎1946/2/13 ノーフォークにてイギリスより返還
◎1948/3/12(1948/3/13?) 解体のため、BarberのShips & Power Equipment Corp. に売却
LST-239 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/7/13 1946/6/5 ◎1943/3/6 起工
◎1943/6/18 進水
◎1943/7/19 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/2/5(1946/2/14?) 退役、イギリスより返還
◎1948/4/26 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社に売却され艀となる
LST-240 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/7/27 1946/5/3 1947/6/23 ◎1943/3/7 起工
◎1943/6/25 進水
◎1948/6/1 解体のため、チェスターのサン・シップビルディング&ドライドック社に売却
LST-241 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/7/31 1946/3/7 1946/6/5 ◎1943/3/8 起工
◎1943/6/29 進水
1945/4/6 沖縄にて味方艦の誤った砲撃により損傷
1945/4/14 沖縄にて衝突により損傷
◎1947/9/29 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Shipwrecking Co. に売却
LST-242 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/8/5 1946/2/9 1947/10/31 ◎1943/3/8 起工
◎1943/7/3 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-242)に改める
LST-243 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/8/9 1946/1/9 1947/7/17 ◎1943/4/26 起工
◎1943/7/9 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-243)に改める
LST-244 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/8/13 1946/3/28 1946/7/3 ◎1943/5/1 起工
◎1943/7/14 進水
◎1948/6/11 解体のため、チェスターのサン・シップビルディング&ドライドック社に売却
LST-245 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/8/22 1946/4/1 1946/5/8 ◎1943/5/7 起工
◎1943/7/17 進水
◎1948/4/15 海事委員会に移管、解体のため売却
LST-246 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/8/23 1946/2/14 1948/3/12 ◎1943/5/12 起工
◎1943/7/22 進水
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q061)
◎1947/6/26 陸軍輸送科に移管
LST-247 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/8/26 1946/6/27 1946/8/15 ◎1943/5/17 起工
◎1943/7/30 進水
1945/3/2 硫黄島にて衝突により損傷
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-247)に改める
LST-248 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-249 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-250 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-251 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-252 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-253 Marietta Manufacturing Co. ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-254 Marietta Manufacturing Co. ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-255 Marietta Manufacturing Co. ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-256 Marietta Manufacturing Co. ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-257 Marietta Manufacturing Co. ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-258 Marietta Manufacturing Co. ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-259 Marietta Manufacturing Co. ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-260 Marietta Manufacturing Co. ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-261
12
アメリカン・ブリッジ社 1943/5/22 1946/2/22 1946/3/28 ◎1942/9/7 起工
◎1943/1/23 進水
◎1947/11/10 解体のため、BiloxiのBiloxi Boat Wrecking Co. に売却
1943/5/22〜1946/2/22
LST-262
12
アメリカン・ブリッジ社 1943/6/15 1946/1/14 1946/6/19 ◎1942/9/7 起工
◎1943/2/13 進水
◎1947/12/9 解体のため、ノーフォークのN. Block & Co. に売却
1943/6/16〜1946/1/14
LST-263 アメリカン・ブリッジ社 1943/6/30 1946/5/29 1958/11/1 ◎1942/9/7 起工
◎1943/2/27 進水
◎退役後、大西洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ベントン・カウンティ Benton Countyと命名
◎1960 売却され艀TMT Puerto Ricoとなる
LST-264 アメリカン・ブリッジ社 1943/7/16 1946/1/11 1946/6/19 ◎1942/9/21 起工
◎1943/3/13 進水
◎1948/4/23 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社に売却され艀に改装
LST-265 アメリカン・ブリッジ社 1943/7/27 1945/12/11 1946/1/3 ◎1942/10/31 起工
◎1943/4/24 進水
◎1948/2/20 ニュー・ヘイヴンのExcello Corp. に売却され商船に改装、Excelloと命名
◎後にDeepwater No. 1と改名
◎艀San Juanとなる
◎Seadrill 10と改名
LST-266 アメリカン・ブリッジ社 1943/8/4 1947/6/25 1958/11/1 ◎1942/11/1(1942/11/11?) 起工
◎1943/5/16 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役、艤装
1944/6/15 ノルマンディにてドイツ軍の沿岸砲台の砲撃により損傷
◎1945/6/17 イギリスにて修理(〜1944/6/18)
◎1945夏 ノーフォークにて修理改装
◎1945/10/2 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎退役後、運用開始、保管
◎1947/6/25 運用終了
◎1947/7 チャールストン海軍造船所へ曳航
◎1947/9/11 メイポートへ曳航
◎1955/7/1 ベンジー・カウンティ Benzie Countyと命名
◎1959/8/4 解体のため、Fleet Storage Co. に売却
LST-267 アメリカン・ブリッジ社 1943/8/9 1946/6/25 1946/7/31 ◎1942/11/21 起工
◎1943/6/6 進水
◎1947/9/24 解体のため、William E. Skinnerに売却
LST-268 アメリカン・ブリッジ社 1943/8/19 1946/2/16 1947/10/31 ◎1942/11/26 起工
◎1943/6/18 進水
◎1944/10〜11頃 Espiritu Santoの分割式浮きドック(ABSD-1もしくはABSD-2)にて入渠(12
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-268)に改める
LST-269 アメリカン・ブリッジ社 1943/8/27 1946/2/7 1947/12/23 ◎1942/12/28 起工
◎1943/7/4 進水
1944/10/21 レイテ島にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q047)
◎1948/5/28 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-270 アメリカン・ブリッジ社 1943/9/8 1947 ◎1943/1/13 起工
◎1943/7/18 進水
1945/1/11 リンガエン湾にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎退役後、海軍予備練習船となる
◎1950/5/12 売却され艀U-303となる
◎後にMargaret Cと改名
LST-271 アメリカン・ブリッジ社 1943/9/1 1946/4/22 1946/6/5 ◎1943/1/21 起工
◎1943/7/25 進水
◎1944/10〜11頃 Espiritu Santoの分割式浮きドック(ABSD-1もしくはABSD-2)にて入渠
◎1948/4/15(1948/4/19?) 解体のため、NapaのBasalt Rock Co., Inc. に売却
LST-272 アメリカン・ブリッジ社 1943/9/17 1946/8/16 1946/9/25 ◎1943/2/9 起工
◎1943/8/1 進水
◎1948/4/5 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-273 アメリカン・ブリッジ社 1943/9/24 1946/8/12 1946/10/8 ◎1943/2/24 起工
◎1943/8/8 進水
1945/4/5 沖縄にて衝突により損傷
◎1947/11/3 解体のため、ニュー・ヨークのHugo Neu Steel Products Corp. に売却
LST-274 アメリカン・ブリッジ社 1943/9/28 1946/5/6 1947/6/23 ◎1943/3/11 起工
◎1943/8/15 進水
◎1948/6/29 ニュー・オーリンズのAlexander Shipyard, Inc. に売却され艀に改装、Barge 18と命名
LST-275 アメリカン・ブリッジ社 1943/10/5 1946/8/16 1946/9/25 ◎1943/4/22 起工
◎1943/8/22 進水
◎1948/4/5 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-276 アメリカン・ブリッジ社 1943/10/11 1946/2/15 1973/6/10 ◎1943/5/10 起工
◎1943/8/29 進水
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-276)に改める
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行。艦種を戦車揚陸艦(T-LST-276)に改める
◎1973(1974/6/27?) シンガポールに貸与の予定がキャンセル、後に民間に売却
LST-277 アメリカン・ブリッジ社 1943/10/24 1946/2/12 1973/2/1 ◎1943/5/31 起工
◎1943/9/5 進水
1945/3/31 沖縄海域にて重巡洋艦ペンサコラ Pensacola(CA-24)と衝突し損傷
◎1949/3/20 SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q055)
◎1952/3/31 SCAJAPより返還後、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-277)
◎1973/2/2 チリに売却されComandante Toro(Commandante Toro?、LST-97(AP97?))と命名
LST-278
12
アメリカン・ブリッジ社 1943/10/22 1947/5/22 ◎1943/6/16 起工
◎1943/9/12 進水
◎1943/11中旬 モービルのアラバマ・ドライ・ドック社にて修理
1944/6/15 サイパンにて日本軍の37o砲の砲撃により損傷、修理
1944/10/2 ペリリューにて嵐により戦車揚陸艦LST-129と衝突し損傷、後に郵便局となる
◎1945/1/22 退役
◎1945/1/24 除籍
◎1945/2/8 籍をもどす
◎1945/2/14 再役
◎1945/2/15(1945/2/17?) 艦種を非分類雑役船(IX-209)に改め、シーワード Seawardと命名、ウルシーにて運用開始
LST-279
12
アメリカン・ブリッジ社 1943/10/25 1955/6/14 1960/4/25 ◎1943/7/2 起工
◎1943/9/19 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎Algeris海軍基地にて艤装
◎1943/11中旬 Pendleton Ship Yardsにて改装
◎1945夏 ニュー・オーリンズにて修理改装
◎1945/10/12 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1945/6/27 Green Cove Springsにて退役
◎1951/4/5 Green Cove Springsにて再役
◎1955/2/1 太平洋予備艦隊に編入
◎1955/6/30 台湾に貸与されChung Chi(Chung Chie?、Chung Chih?、LST-218)と改名
◎1955/7/1 バークリー・カウンティ Berkley Countyと命名
◎1978(2001?) 解体
LST-280 アメリカン・ブリッジ社 1943/11/2 1946/4/13 1946/6/5 ◎1943/7/16 起工
◎1943/9/26 進水
1944/6/14 ノルマンディにてドイツ海軍潜水艦U621の雷撃により損傷
◎1944/10/26 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1944/7/8 テームズにて修理(〜1945/1/18)
◎1946/4/11(1946/4/13?) スービック湾にてイギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-281 アメリカン・ブリッジ社 1943/11/8 1946/3/9 1954/5/19 ◎1943/6/25 起工
◎1943/9/30 進水
◎1949/5/20 SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q092)
◎1952/3/31 SCAJAPより返還後、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-281)
LST-282 アメリカン・ブリッジ社 1943/11/12 1944/9/16 ◎1943/7/12 起工
◎1943/10/3 進水
1944/8/15 南フランス沖にてドイツ軍の無線誘導爆弾により損傷、浜に引き揚げられる、放棄(123456789
LST-283 アメリカン・ブリッジ社 1943/11/18 1946/6/13 1947/1/22 ◎1943/8/2 起工
◎1943/10/10 進水
◎1947/3/25 ホノルルのNorthrup H. Castleに売却され商船Rawhitiとなる
◎1951/12/21 ペルーに売却されChimbote(LST-34)と改名
LST-284 アメリカン・ブリッジ社 1943/11/25 1946/3/13 1946/6/19 ◎1943/8/9 起工
◎1943/10/17 進水
◎1947/12/11 解体のため、ニュー・オーリンズのSouthern Shipwrecking Co. に売却
LST-285 アメリカン・ブリッジ社 1943/12/13 1947/6/27 1947/8/1 ◎1943/8/16 起工
◎1943/10/24 進水
◎1948/3/26 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-286 アメリカン・ブリッジ社 1943/12/11 1946/3/26 1946/5/8 ◎1943/8/23 起工
◎1943/10/27 進水
◎1945/3頃 ニュー・ギニア島西部のフンボルト湾Challenger Coveにて入渠
◎1948/4/15 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-287 アメリカン・ブリッジ社 1943/12/15 1975/6/30 ◎1943/8/30 起工
◎1943/10/31 進水
◎1951/5/29 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-287)
◎後に除籍
◎1965/12/9 籍をもどす
◎1976/9/13 フィリピンに貸与されSamar Oriental(LT-502)と命名
◎1991 除籍
LST-288
12
アメリカン・ブリッジ社 1943/12/20 1946/3/6 1974/11/15 ◎1943/9/6 起工
◎1943/11/7 進水
◎1943/12/4 ニュー・オーリンズに運ばれる
◎1944/2上旬 ニュー・オーリンズにてPSA
◎1944/10/31 ビゼルトにて修理、メンテナンス
◎1945/7上旬 サイパンにて入渠、修理
◎1949/5/20 SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q085)
◎1950/6/14 ブレマートンにてSCAJAPより返還
◎1950/11/15 ブレマートンにて太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 バークシャー・カウンティ Berkshire Countyと命名
◎1956/3/5 韓国に貸与され開峰 Gaebong(Kae Bong?、LST-810)と改名
◎後に艦種記号をLST-675に改める
◎2006/8 退役
LST-289 アメリカン・ブリッジ社 1943/12/31 1944/11/30 1946/10/15 ◎1943/9/14 起工
◎1943/11/21 進水
1944/4/28 Lyme Bayにてドイツ海軍Sボートの雷撃により損傷
◎1944/11/30(1944/12/9?) イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/10/10(1946/10/12?) イギリスより返還
◎1947/1/30(1947/6/30?) オランダに売却
◎1948 Eendracht(Fendracht?)と命名
◎1956 民間に売却され商船に改装、Estemarと改名
◎1970 ロッテルダムにて解体
LST-290 アメリカン・ブリッジ社 1944/1/10 1945/11/15 1945/11/28 ◎1943/9/22 起工
◎1943/12/5 進水
◎1946/12/23(1946/12/25?) Conlon & Tendler Co. に売却され商船に改装
◎1947 Hopeと命名
◎1951 Guaraniと改名
◎1967 Cabral Lemeと改名
◎1971 解体
LST-291 アメリカン・ブリッジ社 1943/12/22 1947/6/18 1954/5/19 ◎1943/9/25 起工
◎1943/11/14 進水
1954 Eleutheraの岩礁にて座礁
◎1954/7 標的として沈没
LST-292 アメリカン・ブリッジ社 1944/1/5 1946/1/25 1946/4/12 ◎1943/9/30 起工
◎1943/11/28 進水
◎1948/1/21 解体のため、ニュー・ヨークのHughes Bros. に売却
LST-293 アメリカン・ブリッジ社 1944/1/17 1945/12/3 1945/12/19 ◎1943/10/5 起工
◎1943/12/12 進水
◎1949/6/1 ニュー・ヨークのJames Hughes, Inc. に売却され艀Hughes No. 100となる
◎1968 Witte 100と改名
LST-294 アメリカン・ブリッジ社 1944/1/20 1945/12/18 1946/1/8 ◎1943/10/12 起工
◎1943/12/15 進水
◎1947/10/10(1947/10/13?) フィラデルフィアのLuria Bros. & Co. に売却
◎1947/10 タイに売却されAngthongと命名
◎1978 処分
◎1994〜1995頃 レストアされ艦種記号をLST-711に改める、タイ海軍にて運用開始
LST-295 アメリカン・ブリッジ社 1944/2/7 1945/12/18 1946/4/12 ◎1943/10/19 起工
◎1943/12/24 進水
◎1947/9/12 C. W. Edwardsに売却され商船に改装、Oceanic Vと命名
◎1954 Ginyo Maruと改名
◎1962 日本にて解体
LST-296 アメリカン・ブリッジ社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-297 アメリカン・ブリッジ社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-298 アメリカン・ブリッジ社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-299 アメリカン・ブリッジ社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-300 アメリカン・ブリッジ社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-301 チャールズタウン海軍工廠 1942/11/1 1947/12 ◎1942/6/26 起工
◎1942/9/15 進水
◎1942/11/6 イギリスに貸与
◎1942/11/14 イギリス海軍にて就役
◎1946/3/20 ニュー・ヨークにてイギリスより返還
◎後にWar Shipping Administrationに移管
◎1947/12/11 解体のため売却
LST-302 チャールズタウン海軍工廠 1942/11/10 1946/3/20 ◎1942/6/27(1942/6/28?) 起工
◎1942/9/15 進水
◎1942/11/14 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎後に修理
◎1946/1/5  ニュー・ヨークにてイギリスより返還
◎1947/12/11 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
LST-303 チャールズタウン海軍工廠 1942/11/20 1946/7/3 ◎1942/7/3 起工
◎1942/9/21 進水
◎1942/11/21 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/5/14(1946/6/1?) スービック湾にてイギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-304 チャールズタウン海軍工廠 1942/11/29 1942/11/30 1947/8/1 ◎1942/7/3 起工
◎1942/9/21 進水
◎1942/11/30 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1944/10 Ostendにて閉塞船と衝突し損傷
◎1946/11/29 イギリスより返還
◎1947/10/7 シンガポールのTung Hwa Trading Co. に売却され商船に改装、Chit Seinと命名
◎1954 Chong Hsingと改名
◎1957 Libertadと改名
◎1965 シンガポールにて解体
LST-305 チャールズタウン海軍工廠 1942/12/6 1944/5/16 ◎1942/7/24 起工
◎1942/10/10 進水
◎1942/12/7 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1944/2/20 アンツィオ沖にてドイツ海軍潜水艦U230の雷撃により損傷
1944/2/21 沈没
LST-306
12
チャールズタウン海軍工廠 1942/12/11 1946/6/13 1959/2/1 ◎1942/7/24 起工
◎1942/10/10 進水
◎ボストンにて艤装
◎1943/12 ファルマスにて入渠、オーヴァーホール(〜1944/1/10)
1944/6/4 ブイと衝突しプロペラを損傷
◎1944/6中旬? サザンプトンにて修理改装
◎1944/6/17 プリマスにて修理
◎1944/6/22 プロペラ交換工事
◎1945/6中旬 ブルックリンのSullivan's Shipyardにて改装(〜1945/8/29)
◎1945/10/6 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
1955/3/11 ピュージェット・サウンドにて漁船と衝突し損傷、漁船を沈没させる
◎1955/7/1 バーナリロ・カウンティ Bernalillo Countyと命名
◎1959/10/22 マイアミのShips, Inc. に売却され艀Turkey Islandとなる
LST-307 チャールズタウン海軍工廠 1942/12/23 1946/6/13 1946/7/31 ◎1942/9/15 起工
◎1942/11/9 進水
1944/6/15 ノルマンディにてドイツ軍の沿岸砲台の砲撃により損傷
◎1948/3/30 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-308 チャールズタウン海軍工廠 1943/1/2 1946/10/17 ◎1942/9/15 起工
◎1942/11/9 進水
◎1947/12/5 国務省に移管
LST-309 チャールズタウン海軍工廠 1943/1/11 1946/6/19 1947/6/23 ◎1942/9/22 起工
◎1942/11/23 進水
◎1948/6/1(1948/6/25?) HoustonのHumble Oil & Refining Co. に売却され商船に改装、S-26と命名
◎1972 Ile de l'Europeと改名
LST-310 チャールズタウン海軍工廠 1943/1/20 1945/5/16 1946/3/12 ◎1942/9/22 起工
◎1942/11/23 進水
◎1945/5/28 チャールズタウン海軍工廠で揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦]に改装、艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-42)に改め、イオラス Aeolusと命名
◎1945/8/11(1945/9/12?) 改装中止、艦種を戦車揚陸艦(LST-310)に改める
◎1947/1/28 ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却され商船に改装
◎1948 パナマのPanama Navigation Corp に売却されMercatorと命名
◎1963 アルゼンチンのNavemar, S.A. に売却されAltamarと改名(オフィシャル・ナンバー4594)
LST-311 ニュー・ヨーク海軍工廠 1943/1/11 1946/6/5 ◎1942/9/7 起工
◎1942/12/30 進水
◎1944/11/20 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1946/3/25 シンガポールにてイギリス海軍戦車揚陸艦LST-3036(L.3036)と衝突し損傷
◎1946/4/11(1946/4/13?) スービック湾にてイギリスより返還
◎1946/12/5 売却
◎後にT. Y. Fongに売却
LST-312 ニュー・ヨーク海軍工廠 1943/1/9 1946/7/12 1946/8/15 ◎1942/9/7 起工
◎1942/12/30 進水
1944/7/8 Deptfordにてドイツ空軍V1(Fi103)飛行爆弾により損傷
◎1947/12/13 解体のため、ニュー・ヨークのJames A. Hughesに売却
LST-313 ニュー・ヨーク海軍工廠 1943/1/13 1943/7/28 ◎1942/9/7 起工
◎1942/12/30 進水
1943/7/10 シシリー島Gelaにてドイツ軍機の爆撃により沈没(12
LST-314 ニュー・ヨーク海軍工廠 1943/1/15 1944/8/22 ◎1942/9/7 起工
◎1942/12/30 進水
1944/6/9 ノルマンディ海岸にてドイツ海軍魚雷艇の雷撃により沈没
LST-315 ニュー・ヨーク海軍工廠 1943/2/3 1944/11/20 1946/2/26 ◎1942/10/15 起工
◎1943/1/28(1943/2/3?) 進水
◎1944/11/20(1944/12/9?) イギリスに貸与
◎1944/11/30 イギリス海軍にて就役
◎1946/3/16 スービック湾にてイギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-316 ニュー・ヨーク海軍工廠 1943/2/3 1945/5/24 1946/3/12 ◎1942/10/15 起工
◎1943/1/28 進水
◎退役後、ニュー・ヨーク海軍工廠で揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦]に改装、艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-43)に改め、サーベラス Cerberusと命名
◎1945/8/11(1945/9/12?) 改装中止、艦種を戦車揚陸艦(LST-316)に改める
◎1946/12/23 ニュー・ヨークのJames Hughes, Inc. に売却され商船に改装、Augustaと命名
◎1966 解体
LST-317 ニュー・ヨーク海軍工廠 1943/2/6 1945/5/18 1946/3/12 ◎1942/10/15 起工
◎1943/1/28 進水
◎退役後、ニュー・ヨーク海軍工廠で揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦]に改装、艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-44)に改め、コーナス Conusと命名
◎1945/8/11(1945/9/12?) 改装中止、艦種を戦車揚陸艦(LST-317)に改める
◎1947/1/22 A. G. Schoonmakerに売却
LST-318 ニュー・ヨーク海軍工廠 1943/2/8 1943/10/20 ◎1942/10/15 起工
◎1943/1/28 進水
1943/8/9 シシリー島コロニア海岸にてドイツ軍機の攻撃により損傷、浜に引き揚げられる、放棄
LST-319 フィラデルフィア海軍工廠 1946/1/21 ◎1942/8/10 起工
◎1942/11/5 進水
◎1942/12/15 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1944/10初め ピアと衝突し損傷
◎1945/12/17 ニュー・ヨークにてイギリスより返還
◎1948/3/9 BarberのShips & Power Equipment Corp. に売却され商船に改装、Luciaと命名
◎1957 Ghentにて解体
LST-320 フィラデルフィア海軍工廠 1946/6/19 ◎1942/8/10 起工
◎1942/11/5 進水
◎1942/12/28(1942/12/31?) イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1944夏 イングランドのポーツマスにて入渠
◎1946/4/23 ノーフォークにてイギリスより返還
◎1947/10/4 解体のため、ウィルミントンのSouthern Trading Co. に売却
LST-321 フィラデルフィア海軍工廠 1947/6/10 ◎1942/8/10 起工
◎1942/11/5 進水
◎1942/12/31 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1944/11/29 機雷により損傷、後にAntwerpにて修理
◎1946/4/11 スービック湾にてイギリスより返還
◎1947/11/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-322 フィラデルフィア海軍工廠 1946/10/29 ◎1942/8/10 起工
◎1942/11/5 進水
◎1943/1/9 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎後に鉄道車両の為のレールを設置
◎1946/7/10(1946/8/2?) Bremerhavenにてイギリスより返還
◎1947/1/6 ギリシャに売却され商船Theodorosとなる
1948/11/30 Euboea Islandにて座礁により喪失
LST-323 フィラデルフィア海軍工廠 1946/1/26 1946/6/5 1946/6/19 ◎1942/8/10 起工
◎1942/11/5 進水
◎1943/1/18 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎後に鉄道車両の為のレールを設置
◎1946/1/26 プリマスにてイギリスより返還
◎1947/10/9 解体のため、フィラデルフィアのLuria Bros. & Co. に売却
LST-324 フィラデルフィア海軍工廠 1946/7/3 ◎1942/8/10 起工
◎1942/11/5 進水
◎1943/1/22(1943/1/23?) イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/6/1(1946/6/11?) スービック湾にてイギリスより返還
◎1948/2/13 フィリピンのBoseyにて売却
LST-325
12
フィラデルフィア海軍工廠 1943/2/1 1946/7/2 1961/9/1 ◎1942/8/10 起工
◎1942/10/27 進水
◎1943/2/1 引き渡される
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1951 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-LST-325)
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に移管
◎1963/9 海軍に移管
◎1964/9/1 ギリシャに貸与されSyros(L144)と命名
◎1990年代末 運用終了
◎2000/11/13 ギリシャより返還、USS LST Memorial, Inc. が取得、艦種記号をLST-325に改める
◎2000/12 ギリシャを出港
◎2001/1/10 モービルに到着
2004初め モービルにて記念艦となる
現在はEvansvilleにて記念艦となる
LST-326
12
フィラデルフィア海軍工廠 1943/2/26 1944/12/9 1946/2/26 ◎1942/11/12 起工
◎1943/2/11 進水
1943/6/17 ビゼルトにて戦車揚陸艦LST-6と衝突し損傷
◎1944/12/9 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/2/25(1946/3/16?) スービック湾にてイギリスより返還
◎1946/4/5 フランスに売却
◎後にLiamoneと命名
後に南シナ海にて台風により破壊ともいわれる
◎1949 除籍
1943/2/26〜1944/12/18
LST-327
12
フィラデルフィア海軍工廠 1943/3/5 1945/11/19 1945/12/5 ◎1942/11/12 起工
◎1943/2/11 進水
1944/8/27 イギリス海峡にて機雷により損傷
◎1947/9/13(1948/9/15?) 解体のため、チェスターのサン・シップビルディング&ドライドック社に売却
1943/3/6〜1945/11/19
LST-328
12
フィラデルフィア海軍工廠 1943/5/22 1947/1 1961/7/1 ◎1942/11/12 起工
◎1943/1/25 艦種を戦傷修理工作艦(ARB-2)に改め、オシアナス Oceanusと命名
LST-329
12
フィラデルフィア海軍工廠 1943/5/18 1947/1/15 1961/7/1 ◎1942/11/12 起工
◎1943/1/25 艦種を戦傷修理工作艦(ARB-1)に改め、アリスタエウス Aristaeusと命名
LST-330
12
フィラデルフィア海軍工廠 1943/6/12 1946/4/18 1946/11/13 ◎1942/11/12 起工
◎1943/1/25 艦種を魚雷艇母艦(AGP-4)に改め、ポートゥナス Portunusと命名
LST-331
12
フィラデルフィア海軍工廠 1943/3/11 1944/11/20 1946/2/26 ◎1942/11/12 起工
◎1943/2/11 進水
1944/6/15 ノルマンディ海岸にて沿岸砲台の砲撃により損傷
◎1944/11/20 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎後にClyde Riverにて改装
◎1946/3/16 スービック湾にてイギリスより返還
◎1948/2/13 フィリピンのBoseyにて売却
1943/3/11〜1944/11/20
LST-332 フィラデルフィア海軍工廠 1943/2/6 1945/5/22 1946/3/12 ◎1942/10/20(1942/10/29?) 起工
◎1942/12/24 進水
◎退役後、ニュー・ヨーク海軍工廠で揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦]に改装、艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-45)に改め、フェロニア Feroniaと命名
◎1945/9/12 改装中止、艦種を戦車揚陸艦(LST-332)に改める
◎1946/10/17 チャールストンのスワニー・スチームシップ社に売却され商船に改装、Casa Blancaと命名
LST-333 ノーフォーク海軍工廠 1942/11/20 1943/7/6 ◎1942/7/17 起工
◎1942/10/15 進水
1943/6/22 Cape Corbelin北東海域にてドイツ海軍潜水艦U593の雷撃により損傷、浜に引き揚げられる、放棄(12
LST-334 ノーフォーク海軍工廠 1942/11/29 1946/4/24 1946/6/5 ◎1942/7/17 起工
◎1942/10/15 進水
1943/9/30 ヴェラ・ラヴェラにて日本軍機の爆撃にて損傷
◎1948/4/22 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-335 ノーフォーク海軍工廠 1942/12/6 1945/12/22 1946/1/8 ◎1942/7/17 起工
◎1942/10/15 進水
◎1947/12/1 解体のため、ニュー・ヨークのJames A. Hughesに売却
LST-336 ノーフォーク海軍工廠 1942/12/11 1944/11/27 1946/6/5 ◎1942/7/17 起工
◎1942/10/15 進水
1943/9/9 サレルノにて枢軸軍の沿岸砲台の攻撃により損傷
◎1944/11/27 イギリスに貸与
◎1944/11/29 Rosneathにてイギリス海軍にて就役
◎1945/6/5 Port Saidにて修理(〜1945/9/27)
◎1946/3/7 ノーフォークにてイギリスより返還
◎1947/10/22 解体のため、フィラデルフィアのLuria Bros. & Co., Inc. に売却
LST-337 ノーフォーク海軍工廠 1942/12/16 1944/12/2
(1946/3/16?)
1946/4/17 ◎1942/7/17 起工
◎1942/11/8 進水
◎1944/12/2 イギリスに貸与、Rosneathにてイギリス海軍にて就役
◎1946/3/16 スービック湾にてイギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-338 ノーフォーク海軍工廠 1942/12/20 1946/5/6 1947/6/23 ◎1942/7/17 起工
◎1942/11/8 進水
◎1947/12/3 フィラデルフィアのSouthern Trading Co. に売却され貨物船に改装
◎1948 Southern Citiesと命名
◎1956 Albertaと改名
◎1960 ウィルミントンにて解体
LST-339 ノーフォーク海軍工廠 1942/12/23 1946/5/13 1947/6/23 ◎1942/7/17 起工
◎1942/11/8 進水
◎1947/10/16 解体のため、シカゴのNew Orleans Shipwrecking Corp. に売却
LST-340
12
ノーフォーク海軍工廠 1942/12/26 1944/10/24 1945/9/1 ◎1942/7/17 起工
◎1942/11/8 進水
1943/6/16 ガダルカナルにて日本海軍機の爆撃により損傷、Espiritu Santoへ戦車揚陸艦LST-398が曳航、修理
◎1943/11下旬 サン・フランシスコにてオーヴァーホール(〜1944/4)
1944/7/29 テニアン島にて座礁により損傷
◎1944/8/13 離礁、Tanapag港へ曳航
◎1944/8中旬 Tanapagで宿泊艦に改装
◎1944/10/20 艦種を非分類雑役船(IX-196)に改め、スパーク Sparkと命名
LST-341 ノーフォーク海軍工廠 1942/12/28 1946/3/14 1946/4/12 ◎1942/8/21 起工
◎1942/11/8 進水
◎1946/9/12 ブルックリンのConstruction Power & Merchandising Co. に売却され商船に改装、Insco Merchantと命名
◎1956 LST Iと改名
◎1962 Goncaloと改名
1966/9/2 Recife南方海域にて座礁により転覆
LST-342 ノーフォーク海軍工廠 1942/12/31 1943/7/28 ◎1942/8/21 起工
◎1942/11/8 進水
1943/7/18 ガダルカナル島西方海域にて日本海軍呂号第一〇六潜水艦の雷撃により沈没(12
LST-343 ノーフォーク海軍工廠 1943/1/9 1946/1/27 1947/3/5 ◎1942/10/18 起工
◎1942/12/15 進水
1945/4/4 沖縄にて座礁により損傷
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q033)
◎1947/2/21 アメリカ軍統治下の韓国に移管、後に売却
LST-344
12
ノーフォーク海軍工廠 1943/1/14 1969/10/3 1974/9/15 ◎1942/10/18 起工
◎1942/12/15 進水
◎1945/6上旬 ブルックリンのSullivan's Shipyardにてオーヴァーホール
◎1946/6/7 Green Cove Springsにて退役、大西洋予備艦隊に編入
◎1951末 ノーフォーク海軍造船所にて再活性化工事
◎1952/1/15 ノーフォークにて再役
◎1955/7/1 ブランコ・カウンティ Blanco Countyと命名
◎1956/2/28 退役、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1965末 ボルティモアのベスレヘム・シップビルディング&ドライドック社にて再活性化工事
◎1966/6/9 リトル・クリークにて再役
◎1967/12 グアムにてオーヴァーホール(〜1968/3/3)
◎1975/7/1 W. L. Weeksに売却され商船Olmecaとなる
1983/12/24 座礁、全損と認定
◎1984 解体
LST-345 ノーフォーク海軍工廠 1943/1/21 1945/12/5 1946/1/3 ◎1942/10/17 起工
◎1942/12/15 進水
◎1948/3/23 解体のため、BarberのShips & Power Equipment Co. に売却
LST-346 ノーフォーク海軍工廠 1943/1/25 1944/11/20
(1946/5/4?)
1946/6/19 ◎1942/10/17 起工
◎1942/12/15 進水
◎1944/11/20 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎後にスコットランドのLeithにて改装
◎1946/5/2(1946/5/4?) スービック湾にてイギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-347 ノーフォーク海軍工廠 1943/2/7 1944/12/19 1949/4/28 ◎1942/10/10 起工
◎1943/2/7 進水
◎1944/12/17(1944/12/19?) イギリスに貸与
◎1944/12/19 イギリス海軍にて就役
◎後にスコットランドのLeithにて改装
◎1946/1/23 シンガポールにて退役
◎1948/1 シンガポールにてイギリスより返還
◎1948/1/23 シンガポールにてフランスに貸与、フランス海軍にて就役
◎1949/3/21 フランスより返還後、フランスに売却
◎1950 艦種記号をL9003に改め、Vireと命名
◎1957 除籍、解体
LST-348 ノーフォーク海軍工廠 1943/2/9 1944/3/6 ◎1942/11/10 起工
◎1943/2/7 進水
1944/2/20 アンツィオ南東海域にてドイツ海軍潜水艦U410の雷撃により沈没(12
LST-349 ノーフォーク海軍工廠 1943/2/11 1944/3/25 ◎1942/11/10 起工
◎1943/2/7 進水
1944/2/26 Ponza Is. にて座礁により喪失
LST-350 ノーフォーク海軍工廠 1943/2/13 1945/5/26 1946/3/12 ◎1942/11/10 起工
◎1943/2/7 進水
◎1945/5/25 ノーフォーク海軍工廠で揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦]に改装、艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-46)に改め、チャンドラ Chandraと命名
◎1945/8/11(1945/9/12?) 改装中止、艦種を戦車揚陸艦(LST-350)に改める
◎1946/12/2 チャールストンのSuwannee Steam Ship Co. に売却され商船に改装
◎1947 Doloresと命名
◎1960 解体
LST-351 ノーフォーク海軍工廠 1943/2/24 1944/12/12 1946/10/15 ◎1942/11/9 起工
◎1943/2/7 進水
◎1944/12/12 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/12/10 イギリスより返還
◎1946/12/30〜1947/6/17 オランダに売却
LST-352 ノーフォーク海軍工廠 1943/2/26 1944/12/24 1946/10/29 ◎1942/11/9 起工
◎1943/2/7 進水
◎1944/12/24 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎後にロッテルダムにて改装
◎1946/8/2 Bremerhavenにてイギリスより返還
◎1946/11/21〜1947/1/6 ギリシャに売却
LST-353 チャールストン海軍工廠 1942/11/27 1944/7/18 ◎1942/7/15 起工
◎1942/10/12 進水
1944/5/21 真珠湾にて事故により沈没
LST-354 チャールストン海軍工廠 1942/11/27 1946/4/30 1946/6/19
(1947/12/16?)
◎1942/7/15 起工
◎1942/10/13 進水
◎1947/12/16 解体のため、ピッツバーグのSouthwest Steel Corp. に売却
LST-355
12
チャールストン海軍工廠 1942/12/22 1946/3/6 1947/10/31 ◎1942/9/7 起工
◎1942/11/16 進水
1943/4下旬 Arzew近海にて座礁により損傷
◎1943/5 Arzewへ曳航、係船、修理(〜1943/7)
◎1943/7/31 Oranへ曳航、浮きドックにて入渠
1943/9/9 サレルノ湾にて揚陸作業中に錨とケーブルをなくす
◎1945/3中旬 ファルマスにて修理改装
◎1945/5下旬 ニュー・オーリンズにてオーヴァーホール
◎1945/7下旬 ニュー・オーリンズにて改装
◎1946/3 War Shipping Administrationに移管
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q084)
◎1948/4/10 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却(フィリピンに貸与された説もあり)
☆LST-355の撃破スコア
・1943/9/9 VI号戦車ティーガーI(サレルノ湾にて40o機銃で撃破)
(←ドイツ軍VI号戦車ティーガーI)
LST-356 チャールストン海軍工廠 1942/12/22 1945/9/21
(1946/7/2?)
1960/9/1 ◎1942/9/7 起工
◎1942/11/16 進水
◎ニュー・ヨーク海軍工廠にてPSA
1943/7/10 にて座礁により損傷(補助機関部屋の燃料タンクが破裂)
1943/9/9 2機のL-4Aが離艦中、40o機銃の手摺りを紛失
◎1943秋 イギリスにて改装、50口径76o単装砲を撤去
◎1945/5 Hobokenのベスレヘム・スチール社にてオーヴァーホール、改装(〜1945/7末)
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 ブレッドソー・カウンティ Bledsoe Countyと命名
◎1961/3/8 ニュー・オーリンズのメカニカル・イクイップメント社に売却され商船Brunalとなる
◎1962 Inagua Crestと改名
◎後にインドネシア海軍に売却
◎1968 Teluk Tomini(508)と改名
LST-357 チャールストン海軍工廠 1943/2/8 1946/6/8 1946/7/31 ◎1942/10/24 起工
◎1942/12/14 進水
◎1948/4/1 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-358 チャールストン海軍工廠 1943/2/8 1944/12/24 1946/8/15 ◎1942/10/24 起工
◎1942/12/15 進水
◎1944/12/24 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/2/27 ノーフォークにてイギリスより返還
◎1947/10/3 解体のため、フィラデルフィアのSouthern Trading Co. に売却
LST-359 チャールストン海軍工廠 1943/2/9 1945/2/8 ◎1942/11/21 起工
◎1943/1/11 進水
1944/12/20 アゾレス諸島北東海域にてドイツ海軍潜水艦U870の雷撃により沈没(12
LST-360 チャールストン海軍工廠 1943/2/9 1944/11/29 1946/8/15 ◎1942/11/21 起工
◎1943/1/11 進水
1944/6/15 ノルマンディにてドイツ軍の沿岸砲台の攻撃により損傷
◎1944/11/29 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1944/12/18 Wallsend Slipwayで工兵揚陸艦(LSE(LC)-52)に改装(〜1945/6/30)
◎1946/6/10 イギリスより返還
◎1947/10/8 解体のため売却
LST-361 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1946/6/5 ◎1942/8/10 起工
◎1942/10/10 進水
◎1942/11/16 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/3/7 イギリスより返還
◎1947/10/11 解体のため、フィラデルフィアのLuria Bros. & Co., Inc. に売却
LST-362 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1945/4/28 ◎1942/8/10 起工
◎1942/10/10 進水
◎1942/11/23 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1944/3/2 ビスケー湾にてドイツ海軍潜水艦U744の雷撃により沈没(12
LST-363 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1946/4/12 ◎1942/9/2 起工
◎1942/10/26 進水
◎1942/11/30 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎後にイギリスのポーツマスにて修理
◎後にテームズにて修理
◎後にAntwerpにて修理
◎1946/1/26 ノーフォークにてイギリスより返還
◎1947/12/4 解体のため、ノーフォークのN. Block & Co. に売却
LST-364 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1945/7/11 ◎1942/9/3 起工
◎1942/10/26 進水
◎1942/12/7 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1945/2/22 Ramsgateにてドイツ海軍特殊潜航艇ゼーフントの雷撃により沈没
LST-365 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1946/10/15 ◎1942/10/14 起工
◎1942/11/11 進水
◎1942/12/14 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1945/12 Greenockにて嵐により損傷
◎1946/12/10 イギリスより返還
◎1947/6/5 AyrshireのFresh Frozen Foods, Ltd. に売却され商船に改装、Mowbray Roadと命名
◎1952 Adri Iと改名
LST-366 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1946/6/5 ◎1942/10/1 起工
◎1942/11/11 進水
◎1942/12/21 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/1/26 ノーフォークにてイギリスより返還
◎1947/12/3 解体のため、ノーフォークのN. Block & Co. に売却
LST-367 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1946/1/21 ◎1942/10/13 起工
◎1942/11/24 進水
◎1942/12/29 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1944/11 衝突し揚搭用門扉を損傷
◎1945/12/17 ニュー・ヨークにてイギリスより返還
◎1948/3/18 解体のため、Great Atlantic Iron & Steel Corp. に売却
LST-368 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/3/16 1946/3/16 1946/4/17 ◎1942/10/13 起工
◎1942/11/24 進水
◎1943/1/4 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1943/3/16 スービック湾にてイギリスより返還
◎1948/6/16 破壊処分
LST-369 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/1/8 1944/11/29 1947/8/1 ◎1942/10/13 起工
◎1942/11/24 進水
◎1944/11/29 イギリスに貸与、Rosneathにてイギリス海軍にて就役
◎1946/11/29 イギリスより返還
◎1947/10/7 シンガポールのTung Hwa Trading Co. に売却
LST-370 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/1/13 1946/1/7 1946/4/12 ◎1942/10/31 起工
◎1942/12/12 進水
◎1947/2/3 Ming-Sung Industrial Co., Ltd. に売却され商船に改装、Ting Yuanと改名
◎1950 La Capirenaと改名
LST-371 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/1/16 1944/11/17 1946/2/26 ◎1942/10/29 起工
◎1942/12/12 進水
◎1944/11/17 イギリスに貸与
◎1946/3/16 スービック湾にてイギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-372 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/1/23 1946/7/9 1946/8/15 ◎1942/11/14 起工
◎1943/1/19 進水
◎1947/10/3 解体のため、ボルティモアのPatapsco Scrap Corp. に売却
LST-373 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/1/27 1944/12/9 1946/2/26 ◎1942/11/14 起工
◎1943/1/19 進水
◎1944/12/9 イギリスに貸与
◎1946/3/16 スービック湾にてイギリスより返還
◎1947/11/5 フィリピンのBoseyにて売却され商船Chung 118となる
◎1962 解体
LST-374 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/1/29 1945/5/29 1946/3/12 ◎1942/11/12 起工
◎1943/1/19 進水
◎1945/5/29 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-47)に改め、ミネルヴァ Minervaと命名
◎1945/8/11(1945/9/11?、1945/9/12?) 改装中止、艦種を戦車揚陸艦(LST-374)に改める
◎1945/10/12 ノーフォークへ曳航、後に装備を撤去
◎1947/1/14 A. G. Schoonmakerに売却され商船Estrella Australとなる
◎1968 Mar Australと改名
1968/6/14 Parana Riverにて衝突し沈没
LST-375 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/2/2 1946/7/18 1947/6/10 ◎1942/11/25 起工
◎1943/1/28 進水
1943/9/9 Salernoにて枢軸軍の沿岸砲台の砲撃により損傷
1944/6/6 ノルマンディにて衝突により損傷
◎1948/4/12(1948/12/31?) 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-376 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/2/5 1944/6/28 ◎1942/11/25 起工
◎1943/2/1 進水
1944/6/9 イギリス海峡にてドイツ海軍魚雷艇の雷撃により損傷、沈没処分
LST-377 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/2/8 1946/6/7 1946/7/31 ◎1942/11/28 起工
◎1943/2/1 進水
◎1948/4/1 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-378 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/2/10 1946/2/20 1947/3/5 ◎1942/12/12 起工
◎1943/2/6 進水
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q069)
◎1947/6/1 アメリカ軍統治下の韓国に売却
LST-379 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/2/12 1946/2/28 1946/3/20 ◎1942/12/12 起工
◎1943/2/6 進水
◎1948/4/12 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-380 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/2/15 1946/6/7 1946/7/19 ◎1942/12/10 起工
◎1943/2/10 進水
◎1944/11/20 イギリスに貸与
◎1946/4/11(1946/4/13?) イギリスより返還
◎1946/6/7  アメリカ軍統治下の韓国に売却
◎後に中国国民党に売却され商船Wan Liと命名
◎1955 台湾海軍が取得し中有 Chung Yu(LST-215)と改名
LST-381
12
ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/2/15 1944/12/19 1946/7/19 ◎1942/12/10 起工
◎1943/2/10 進水
◎1944/12/19 イギリスに貸与
◎1946/6/10 イギリスより返還
◎1947/9/11 解体のため売却
1943/8/25〜1944/12/19
LST-382 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/2/18 1944/11/29 1949/4/28 ◎1942/12/10 起工
◎1943/2/3 進水
◎1944/11/29 イギリスに貸与
◎1948/1/23 フランスに貸与
◎1949/3/21 フランスに売却
◎後にla Paillotteと命名
◎1954 カンボジアに貸与
LST-383 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/10/27
(1942/10/28?)
1944/11/20 1946/7/3 ◎1942/6/16 起工
◎1942/9/28 進水
◎1944/11/20 イギリスに貸与
◎1945 香港にて入渠、左舷プロペラ交換工事
◎1946/5/4 イギリスより返還
◎1946/6/10 オランダ領東インド諸島海事税関局に貸与(後に売却)されLST Iと命名
◎後にAlbatrosと改名
◎後に除籍
LST-384 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/11/2 1946/4/22 1946/6/5 ◎1942/6/16 起工
◎1942/9/28 進水
1944/7/8 Deptfordにてドイツ空軍V1(Fi103)飛行爆弾により損傷
◎1948/4/8 解体のため、VancouverのKaiser Co., Inc. に売却
LST-385 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/11/6 1944/11/29 1946/2/26 ◎1942/6/19 起工
◎1942/9/28 進水
1943/9/9 Salernoにて枢軸軍の沿岸砲台の砲撃により損傷
◎1944/11/29 イギリスに貸与
◎1944/11/30頃 イギリス海軍にて就役
◎1946/3/16 シンガポールにて退役、スービック湾にてイギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-386 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/11/10 1944/12/9 1946/10/15 ◎1942/6/9 起工
◎1942/9/28 進水
1943/9/9 Salernoにて機雷により損傷
◎1944/12/9 イギリスに貸与
◎1946/12/10 イギリスより返還
◎1947/6/5 スコットランドのFrozen Foods, Inc. に売却され商船に改装、Barnes Parkと命名
◎1950 Sant'Annaと改名
◎1955 El Orientalと改名
◎1965 Blas Daveniaと改名
◎1973 解体
LST-387 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/11/17 1946/5/2 1946/7/19 ◎1942/6/20 起工
◎1942/9/28 進水
1943/6/22 Cape Corbelinにてドイツ海軍潜水艦U593の雷撃により損傷、後に修理
◎1947/12/22 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
LST-388 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/11/20 1947/2/1 1947/2/25 ◎1942/6/20 起工
◎1942/9/28 進水
◎1942/11/20 引き渡される
◎1946/7 ビキニ環礁にて原爆実験標的として使用
◎1948/4/7 海事委員会に移管、アメリカ軍統治下の韓国に売却
LST-389
12
ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/11/24 1946/3/12 1959/6/1 ◎1942/6/20 起工
◎1942/9/28(1942/10/15?) 進水
1943/7/9 シシリー島Bracette Point南部にて戦車揚陸艦LST-5と衝突し損傷
◎1943/7中旬 ビゼルトにて修理
1943/9/9 サレルノ湾の“ブルー・ビーチ”にてドイツ軍の沿岸砲台の砲撃により損傷
◎1943/10上旬 Oranにて修理
◎1943/12/13 プリマスにて入渠、修理
◎1944/4下旬 Milford Havenにて修理、改装(40o機銃6基、20o機銃6基を設置)
1944/11/12 Grand Radeにて海底の突出部と接触し船体にヒビ、浸水、浜に引き揚げられる、応急修理、後にDevonportへ曳航、入渠、修理
◎1945/1中旬 揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦]アトラス Atlas(ARL-7)によりオーヴァーホール
1945/2/5 濃霧によりMarine Transport LineのVC2-S-AP2型貨物船チャペル・ヒル・ヴィクトリー Chapel Hill Victory(MCハル615)と衝突し損傷
◎1945/3末 プリマスにて入渠
◎1945/6? ニュー・ヨークにてオーヴァーホール
◎1945/10/9 Green Cove Springsにて予備艦隊に編入
◎1946/7/1 保管
◎後にチャールストンにて保管
◎1950年代 Green Cove Springsにて保管
◎1955/7/1 ブーン・カウンティ Boone Countyと命名
◎1960/5(1960/8/9?) ギリシャに貸与されLesbos(L172)と改名
◎2000 Aliagaにて解体
LST-390 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/11/28 1946/3/12 1947/9/29 ◎1942/6/20 起工
◎1942/10/15 進水
1945/2/21 硫黄島にて衝突し損傷
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q096)
◎1948/4/3 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-391 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/12/3 ◎1942/7/14 起工
◎1942/10/28 進水
1944/8/16 ノルマンディにて機雷により損傷
◎1955/7/1 ボウマン・カウンティ Bowman Countyと命名
◎1960/5(1960/8/9?) ギリシャに貸与されRodos(L157(L391?))と改名
◎1997 除籍
LST-392 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/12/7 1946/4/12 1946/6/19 ◎1942/7/14 起工
◎1942/10/28 進水
◎1947/10/8 解体のため、ピッツバーグのH. H. Buncher Co. に売却
LST-393 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/12/11 1946/3/1 1947/3/14 ◎1942/7/27 起工
◎1942/11/11 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1943/7/9 シシリー島の占拠(〜1943/7/15)
◎1943/9/9 サレルノにて揚陸作戦(〜1943/9/21)
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1948/3/20(1948/3/28?) デトロイトのSand Products Corp. に売却され貨物船に改装、Highway 16と命名(オフィシャル・ナンバー255408)
◎1948 ミルウォーキーのWisconsin & Michigan Steamship Co. に売却
2002/5頃 National Historic Siteがレストア、五大湖海軍記念博物館にて記念艦となる
◎後にLST 393 Preservation Associationが取得
現在はマスキーゴンにて記念艦となる
LST-394 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/12/15 1944/12/24 1946/6/19 ◎1942/7/27 起工
◎1942/11/11 進水
◎1944/12/24 イギリスに貸与
◎1946/5/12 イギリスより返還
◎1947/12/10 解体のため、ノーフォークのN. Block & Co. に売却
LST-395 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/12/19 1946/4/19 1946/5/1 ◎1942/9/28 起工
◎1942/11/23 進水
◎1947/9/26 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
LST-396 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/12/23 1943/9/3 ◎1942/9/28 起工
◎1942/11/23 進水
1943/8/18 ソロモン諸島沖にて事故により沈没
LST-397 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/12/28 1946/4/26 1946/6/5 ◎1942/9/28 起工
◎1942/11/22(1942/11/23?) 進水
◎1947/9/30 解体のため、ボルティモアのPatapsco Scrap Corp. に売却
LST-398 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1943/1/2 1946/2/27 1947/8/28 ◎1942/9/28 起工
◎1942/11/23(1942/11/28?) 進水
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q029)
◎1948/3/28 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-399 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1943/1/4 1945/12/8 1985/6/15 ◎1942/9/28 起工
◎1942/11/23(1942/11/28?) 進水
1943/10/27 Treasury Is. にて日本軍の沿岸砲台の砲撃により損傷
1945/4/4 沖縄にて衝突し損傷
1945/4/11 沖縄にて座礁
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q098)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行する(T-LST-399)
◎1973/11/1 除籍
◎1980/11/25 籍をもどす、太平洋ミサイル・レンジにて支援船となる
◎1982/9/30 艦種を非分類雑役船(IX-511)に改める
LST-400 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1943/1/7 1946〜1947 1960/4/25 ◎1942/9/28 起工
◎1942/11/23(1942/11/28?) 進水
◎1955/7/1 ブラッドリー・カウンティ Bradley Countyと命名
◎1958/9/30 台湾に貸与され中肇 Chung Chao(Chung Suo?、LST-667)と改名
◎後に艦種記号をLST-217に改める
◎2010/12/19 退役
LST-401 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/6/5 ◎1942/8/17 起工
◎1942/10/16 進水
◎1942/11/30 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/3/7 イギリスより返還
◎1947/10/11 解体のため、フィラデルフィアのLuria Brothers & Co. に売却
LST-402 ベスレヘム・フェアフィールド社 1947/6/10 ◎1942/8/21 起工
◎1942/10/9 進水
◎1942/12/9 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1943/1/27 ニュー・ヨーク出港〜バミューダ〜地中海(1st flotilla所属)
◎後にWallsend-On-Tyne slipwayで工兵揚陸艦(LSE(LC)-53)に改装(65th Maintenance Mobile Unit所属)
◎1945夏 極東戦域に割り当てられる
◎1946/9/24 退役、イギリスより返還
◎1947/9/30 解体のため売却
◎後にジブラルタルにて解体
◎Invasion of Sicily, Salerno landings, Anzio and Normandy.
LST-403 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/6/5 ◎1942/8/23 起工
◎1942/10/24 進水
◎1942/12/8 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/4/11 イギリスより返還
◎1947/12/5 解体のため、フィリピンのBoseyにて売却
LST-404 ベスレヘム・フェアフィールド社 1944/10/14
(1945/10/21?)
◎1942/8/27 起工
◎1942/10/28 進水
◎1942/12/16 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1944/8/15 Rydeにてドイツ海軍潜水艦U741の雷撃により損傷(12)、浜に引き揚げられる、真っ二つになる(12
◎1945/10/21 退役、イギリスより返還
◎1946/11 国務省に移管、後に解体のため売却
◎後にZeebruggeにて解体
◎HM LST-404 transported elements of the 179th Infantry Regimental Combat Team, from Termini Imerese, Sicily, 7 September 1943, debarking the troops at Beach Blue, Italy, 10 September 1943 (Salerno landings).
LST-405 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/4/17 ◎1942/8/30 起工
◎1942/10/31 進水
◎1942/12/28 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1943/9 Reggioへ侵攻
◎1944/1 アンツィオにて揚陸作戦(〜1944/3)
1945/10/29 Colomboにてアメリカ海軍兵員輸送艦ジェネラル M. M. パトリック General M. M. Patrick(AP-150)と衝突し損傷
◎1946/2 Ceylonにて退役
◎1946/3/29 沈没処分
LST-406 ベスレヘム・スチール社フェアフィールド造船所 1947/6/10 ◎1942/9/1 起工
◎1942/10/28 進水
◎1942/12/26 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/4/11(1946/4/13?) イギリスより返還
◎1947/12/5 解体のため、フィリピンのBoseyにて売却
◎後に台湾の業者に売却され商船Chung 116となる
◎後に台湾海軍が取得
HM LST-406 sailed for Europe in convoy SC 125 in company with USS LST-336 and HM LST-319 from Halifax, Nova Scotia, 31 March 1943, arriving at Liverpool, England, 14 April 1944.
LST-407 ベスレヘム・フェアフィールド社 1945/7/11 ◎1942/9/2 起工
◎1942/11/5 進水
◎1942/12/31 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1944/4/24 Baiaの浜辺にて悪天候により損傷、全損と認定
◎1945/5/6 イギリスより返還
◎1945/7 解体のため、イタリアの業者に売却
LST-408 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/6/19 ◎1942/9/9 起工
◎1942/10/31 進水
◎1942/12/23 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/5/2(1946/5/4?) イギリスより返還
◎1947/12/5 解体のため、フィリピンのBoseyにて売却
LST-409 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/10/29 ◎1942/9/9 起工
◎1942/11/15 進水
◎1943/1/6 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/1/22頃 Anzio-Nettunoにて揚陸作戦(〜1944/3/1)
◎1946/7/2 イギリスより返還
◎1946/11/21〜1947/1/9間 ギリシャの業者に売却され商船Spyrosとなる
◎1953 Attikiと改名
◎1955 Marianti Tetenesと改名
◎後にSaipemと改名
◎1972 解体
LST-410 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/2/26 ◎1942/9/13 起工
◎1942/11/15 進水
◎1943/1/14 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/3/16(1947/4/16?) スービック湾にてイギリスより返還
◎1948/2/13 解体のため、フィリピンのBoseyにて売却
◎As part of "W" Task Force HM LST-410 worked down the Arakan coast of Burma and participated in the recapture of Rangoon, before proceeding to the eventual invasion of Malaya at Morib and Port Swettenham, and so to Singapore and Bangkok etc. doing relief work repatriating ex P. O. W. s of the Japanese.
LST-411 ベスレヘム・フェアフィールド社 1944/11/13 ◎1942/9/21 起工
◎1942/11/9 進水
◎1942/12/31(1943/1/8?) イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1944/1/1 Maddalena〜Bastia間にて機雷もしくは雷撃により損傷、悪天候により放棄
LST-412 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/3/20 ◎1942/9/24 起工
◎1942/11/16 進水
◎1943/1/26 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1946/1/23 イギリスより返還
◎1947/12/16 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
◎HM LST-412 sailed from New York in company with HM LST-324 and HM LST-421, 13 March 1943 transporting refinery equipment to Curacao. From Georgetown, Curacao HM LST-412 set sail for Freetown, Sierra Leone.
LST-413 ベスレヘム・フェアフィールド社 1947/6/10 ◎1942/10/10 起工
◎1942/11/10 進水
◎1943/1/5 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/4/11 イギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-414 ベスレヘム・フェアフィールド社 1943/11/24 ◎1942/10/18 起工
◎1942/11/21 進水
◎1943/1/19 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1943/8/15 Cani Rocksにてドイツ軍機の雷撃により損傷、ビゼルトにて浜に引き揚げられる
LST-415 ベスレヘム・フェアフィールド社 1945/6/2 ◎1942/10/29 起工
◎1942/11/21 進水
◎1943/1/19 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎後にサレルノにて揚陸作戦
1945/1/16 Thurrockにてドイツ海軍Sボートの雷撃により損傷、浜に引き揚げられる
◎1945/8/21 イギリスより返還
◎1948/1 解体のため、イギリスの業者に売却
◎後に解体
◎Salerno landings. Landed elements of the 89th Field Artillery Battalion of the US 45th Infantry Division.
LST-416 ベスレヘム・フェアフィールド社 1945/6/5 ◎1942/10/25 起工
◎1942/11/30 進水
◎1943/2/3 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/2/12 イギリスより返還
◎1948/4/23 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社に売却され商船に改装
LST-417 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/7/3 ◎1942/10/29 起工
◎1942/11/24 進水
◎1943/1/29 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/5/31 イギリスより返還
◎1947/12/4 解体のため、ニュー・ヨークのJames A. Hughesに売却
◎後に解体
LST-418 ベスレヘム・フェアフィールド社 1944/5/16 ◎1942/11/2 起工
◎1942/11/30 進水
◎1943/1/29 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1944/2/16 Ponza IslandのPunta Papa北西海域にてドイツ海軍潜水艦U230の雷撃により沈没(12
LST-419 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/7/8 ◎1942/11/1 起工
◎1942/11/30 進水
◎1943/2/8 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/5/4 イギリスより返還
◎1947/12/5 解体のため、フィリピンのBoseyにて売却
◎後に解体
LST-420 ベスレヘム・フェアフィールド社 1945/6/2 ◎1942/11/6 起工
◎1942/12/5 進水
◎1943/2/15 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1944/11/7(1944/11/28?) Ostendにて機雷により沈没
◎LST-420 was ferrying RAF personnel to Belgium, but was unable to enter the port of Ostend due to adverse weather. On returning to England, she struck a mine. Killed crew and RAF passengers are buried at Ostend and Blankenberge cemeteries, Belgium.
LST-421 ベスレヘム・フェアフィールド社 1947/8/1 ◎1942/11/11 起工
◎1942/12/5 進水
◎1943/1/26 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/11/29 イギリスより返還
◎1947/10/7 シンガポールのTung Hwa Trading Co. に売却され商船に改装、Chong Tongと命名
◎1950 Maung Bamaと改名
◎1957 解体
◎HM LST-421 sailed from New York in company with HM LST-324 and HM LST-412, 13 March 1943 transporting refinery equipment to Curacao. From Georgetown, Curacao HM LST-421 set sail for Freetown, Sierra Leone. HM LST-421 participated in the following campaigns: Sicilian occupation, Salerno landings, West Coast of Italy operations-1944 - Anzio-Nettuno advanced landings, Invasion of Normandy.
LST-422 ベスレヘム・フェアフィールド社 1944/5/16 ◎1942/11/12 起工
◎1942/12/10 進水
◎1943/2/4 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1944/1/26 アンツィオにて機雷により沈没
LST-423 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/7/19 ◎1942/12/1 起工
◎1943/1/14 進水
◎1943/2/24 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/6/10 イギリスより返還
◎1947/12/29 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
LST-424 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/5/21 ◎1942/11/17 起工
◎1942/12/12 進水
◎1943/2/1 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/1/7 イギリスより返還
◎1946/7/3 解体のため、イタリアの Rinaldo De Haagに売却
LST-425 ベスレヘム・フェアフィールド社 1947/6/10 ◎1942/11/16 起工
◎1942/12/12 進水
◎1943/2/10 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎第二次大戦中、地中海戦域に割り当てられる
◎後に工兵揚陸艦(LSE(LC)-50)に改装
◎1946/8/30 イギリスより返還
◎1947/10/8 解体のため売却
LST-426 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/6/19 ◎1942/11/16 起工
◎1942/12/11 進水
◎1943/2/16 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/4/23 イギリスより返還
◎1947/12/2 解体のため、ノーフォークのN. Block & Co. に売却
LST-427 ベスレヘム・フェアフィールド社 1947/6/10 ◎1942/11/22 起工
◎1942/12/19 進水
◎1943/2/16 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/4/11 イギリスより返還
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
◎後に解体
LST-428 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/7/19 ◎1942/11/22 起工
◎1942/12/22 進水
◎1943/2/9 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/6/10 イギリスより返還
◎1947/10/10 解体のため、フィラデルフィアのLuria Bros, & Co., Inc. に売却
LST-429 ベスレヘム・フェアフィールド社 1943/11/24 ◎1942/11/16 起工
◎1943/1/11 進水
◎1943/2/20 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
1943/7/3 地中海にて火災により喪失
LST-430 ベスレヘム・フェアフィールド社 1946/5/8 ◎1942/11/25 起工
◎1943/12/31 進水
◎1943/2/19 イギリスに貸与、イギリス海軍にて就役
◎1946/1/26 イギリスより返還
◎1947/10/12 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
LST-431 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-432 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-433 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-434 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-435 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-436 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-437 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-438 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-439 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-440 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-441 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-442 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-443 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-444 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-445 ベスレヘム・フェアフィールド社 ◎1942/9/16 未着手のまま建造中止
LST-446 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1942/11/30 1946/7/13 1946/10/8 ◎1942/6/15 起工
◎1942/9/18 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/3/11 ソロモン諸島南方にて作戦の任務(〜1943/4/20)
◎1943/7/13 New Georgia-Rendova-Vangunuの占拠(〜1943/7/14)
◎1943/7/24 New Georgia-Rendova-Vangunuの占拠(〜1943/7/25)
◎1943/8/4 New Georgia-Rendova-Vangunuの占拠(〜1943/8/7)
◎1943/8/13 ヴェラ・ラヴェラの占拠(〜1943/8/19)
◎1943/11/11 Cape Torokinaの占拠と防衛
◎1943/12/3 Cape Torokinaの占拠と防衛(〜1943/12/4)
◎1943/12/15 Cape Torokinaの占拠と防衛
1944/1/1 ブーゲンヴィルにて爆発事故により損傷
◎1944/2/15 Green Islandにて揚陸作戦(〜1944/2/19)
◎1944/7/21 グアム島への強襲、占拠(〜1944/7/28)
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/5)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務
◎1947/2/10(1947/2/13?) ジャクソンヴィルのSuwannee Fruit & Steamship Co. に売却され商船に改装
◎1948 Samanaと命名
◎1964 Panama Cityにて解体
LST-447 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1942/12/13 1945/6/2 ◎1942/7/10 起工
◎1942/9/22 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 5所属)
◎1943/6 ソロモン諸島南方にて作戦の任務
◎1943/11 Cape Torokinaの占拠と防衛(〜1943/12)
◎1944/2 Green Islandにて揚陸作戦
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/7 グアム島の奪取、占拠(〜1944/8)
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
1945/4/7 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により沈没
LST-448 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1942/12/23 1943/10/26 ◎1942/7/10 起工
◎1942/9/26 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/6 ソロモン諸島南方にて作戦の任務
◎1943/10 ヴェラ・ラヴェラの占拠
1943/10/1 ブーゲンヴィル南方海域にて日本軍機の爆撃により損傷
1943/10/5 ヴェラ・ラヴェラ南方海域にて曳航するも沈没
LST-449 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1942/12/31 1946/3/16 1946/3/28 ◎1942/7/10 起工
◎1942/9/30 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 5所属)
◎1943/4 ソロモン諸島南方にて作戦の任務(〜1943/6)
◎1943/11 Cape Torokinaの占拠と防衛(〜1943/12)
◎1944/7 グアム島の奪取、占拠(〜1944/8)
◎1945/2 硫黄島への強襲、占拠
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
1945/4/10 沖縄にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1947/1/27 解体のため売却
◎1948 商船Don Franciscoとなる
◎1959 Anna G. と改名
◎1971 解体
LST-450 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/1/6 1946/4/8 1946/4/17 ◎1942/7/10 起工
◎1942/10/4 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/5/11 アッツ島の占拠(〜1943/6/2)
◎1944/6 サイパンの奪取、占拠
◎1944/7 テニアン島の奪取、占拠
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-450)に改める
LST-451 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/1/12 1946/7/22 1946/9/25 ◎1942/7/20 起工
◎1942/10/6 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6/15 サイパンの奪取、占拠(〜1944/7/30)
◎1944/7/24 テニアン島の奪取、占拠(〜1944/7/30)
◎1944/10/20 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/15)
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/9)
◎1945/12/25 極東にて占領作戦の任務(〜1946/2/20)
◎1947/12/11 オークランドのThe Learner Co. に売却
◎後に解体
LST-452
12
カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/1/16 1946/6/12 1946/7/3 ◎1942/7/20 起工
◎1942/10/10 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9 ラエの占拠
◎1943/9 Finschhafenの占拠
◎1943/12 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2)
◎1944/1 セイダーの占拠
◎1944/3 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/5)
◎1944/5 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6)
◎1944/7 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
1944/10/20 レイテにて日本軍の沿岸砲台の砲撃により損傷
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎第二次大戦後、中国方面での行動(〜1946/5中旬)
◎1947/12/5 フィリピンのBoseyにて売却
LST-453
12
カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/1/21 1946/7/15 1946/8/15 ◎1942/7/28 起工
◎1942/10/10 進水
◎1943/5 ブリズベンで揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦]に改装
◎1944/8/15 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-40)に改め、リマス Remusと命名
◎Finschhafen, Arawe.
LST-454 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/1/26 1946/3/25 1946/5/1 ◎1942/7/10 起工
◎1942/10/14 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9 ラエの占拠
◎1943/9 Finschhafenの占拠
◎1944/1 セイダーの占拠
◎1944/2 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦(〜1944/3)
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/5 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/4)
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎1947/10/3 解体のため、ボルティモアのPatapsco Scrap Corp. に売却
LST-455
12
カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/1/30 1946/7/19 1946/8/28 ◎1942/8/3 起工
◎1942/10/17 進水
◎1943/2下旬 メア・アイランド海軍工廠にて艤装
◎1943/5? オーストラリアで揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦]に改装
◎1943/9/4 ラエの占拠(〜1943/9/12)
1943/9/12 Buna東方海域にて日本軍機の爆撃により損傷
◎1944/8/21 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-41)に改め、アチールズ Achillesと命名
LST-456 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/2/3 1946/12 1973/6/15 ◎1942/7/10 起工
◎1942/10/20 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9/4 ラエの占拠(〜1944/9/8)
◎1943/9/14 ラエの占拠(〜1944/9/17)
◎1943/12/26 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1943/12/28)
1943/12 Cape Gloucesterにて日本軍機の爆撃により損傷(3発命中するも全て不発弾)
◎1944/1/2 セイダーの占拠(〜1944/1/3)
◎1944/1/6 セイダーの占拠(〜1944/1/9)
◎1944/2/12 セイダーの占拠(〜1944/2/14)
◎1944/2/17 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2/23)
◎1944/2/25 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/3/1)
◎1944/3/4 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦(〜1944/3/8)
◎1944/3/11 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦(〜1944/3/15)
◎1944/4/21 Humboldt Bay-Tanahmerah Bayにて作戦の任務(〜1944/4/25)
◎1944/5/17 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務(〜1944/5/18)
◎1944/5/23 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務(〜1944/5/25)
◎1944/5/27 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/5/29)
◎1944/5/31 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6/4)
◎1944/7/30 Cape Sansaporにて作戦の任務
◎1944/8/4 Cape Sansaporにて作戦の任務
◎1944/8/8 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/14)
◎1944/9/15 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10/13 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/10/28)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/4/17 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4/23)
◎1945/6/28 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7/7)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q043)
◎1952/3/31 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行する(T-LST-456)
◎1973/9/27 KhorramshahrのMaritime Co., Ltd. に売却され商船Karkasとなる
◎1993/2/1(1999?) アラブ首長国連邦のAl Jazya Mar. y Sh. Ag. に売却されBshairと改名、ボリヴィア船籍となる
LST-457 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/2/6 1946/3/15 1947/9/29 ◎1942/8/3 起工
◎1942/10/23 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9 ラエの占拠
◎1943/12 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2)
◎1944/1 セイダーの占拠(〜1944/2)
◎1944/3 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/5 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務
◎1944/5 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6)
◎1944/7 Noemfoor Islandにて作戦の任務
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦(〜1945/4)
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/10中旬)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q098)
◎1948/4/20 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-458 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/2/10 1946/4/15 1946/7/3 ◎1942/9/18 起工
◎1942/10/26 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9 ラエの占拠
◎1943/12 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2)
◎1944/1 セイダーの占拠(〜1944/2)
◎1944/3 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/5 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務
◎1944/5 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6)
◎1944/7 Noemfoor Islandにて作戦の任務
◎1944/8 Cape Sansaporにて作戦の任務
◎1944/9/15 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎1945/9/29 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/21)
◎1947/10/31 解体のため、フィラデルフィアのLuria Steel & Trading Corp. に売却
◎USS LST-458's AA batteries downed four Japanese Zeros when after coming under enemy air attack at Lae, Cape Cretin, and Biak Island, Leyte, Los Negroes Island, Admiralty Islands. and Noemfoor Island. Source: Personal Journal of RM1/c James Albin, USS LST-458 - 10 February 1943 to August, 1945.
LST-459 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/2/13 1946/4/12 1946/6/19 ◎1942/9/22 起工
◎1942/10/29 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/12/22 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1943/12/28)
◎1943/12/30 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/1/3)
◎1944/1/9 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/1/11)
◎1944/2/5 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2/9)
◎1944/2/18 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2/21)
◎1944/2/23 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2/26)
◎1944/3/11 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦(〜1944/3/15)
◎1944/4/21 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/4/26)
◎1944/5/1 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/5/7)
◎1944/5/9 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/5/16)
◎1944/5/27 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/5/29)
◎1944/5/31 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6/4)
◎1944/6/9 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6/13)
◎1944/6/16 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6/20)
◎1944/7/2 Noemfoor Islandにて作戦の任務(〜1944/7/4)
◎1944/7/6 Noemfoor Islandにて作戦の任務(〜1944/7/11)
◎1944/8/12 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/18)
◎1944/8/20 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/26)
◎1944/9/15 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/11/4 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/18)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/16)
◎1945/3/10 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/3/18)
◎1945/3/24 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/3/31)
◎1945/4/2 スル諸島にて揚陸作戦(〜1945/4/4)
◎1945/4/9 スル諸島にて揚陸作戦(〜1945/4/11)
◎1945/11/13 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/22)
◎1947/10/31 解体のため、ニュー・オーリンズのNew Orleans Shipwrecking Co. に売却
LST-460 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/2/15 1945/1/19 ◎1942/9/26 起工
◎1942/10/31 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/8/6 ヴェラ・ラヴェラの占拠(〜1943/8/7)
◎1943/11/1 Treasury Islandにて揚陸作戦(〜1943/11/6)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/11 レイテ島にて揚陸作戦
◎1944/12 ミンドロ島にて揚陸作戦
1944/12/21 ミンドロ島南方海域にて日本軍の特攻機の攻撃により喪失
1945/1/1 沈没
LST-461
12
カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/2/18 1947/9/2 1947/9/16 ◎1942/9/30 起工
◎1942/11/3 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/5/11 アッツ島にて作戦の任務(〜1943/6/2)
◎1944/6 サイパンの奪取、占拠(〜1944/7)
◎1944/7 テニアン島の奪取、占拠
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/1 Nasugbuにて作戦の任務
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠
◎1948/3/30 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-462 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/2/21 1946/3/21 1946/5/1 ◎1942/10/4 起工
◎1942/11/6 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/5 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/5 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6)
◎1944/7 Noemfoor Islandにて作戦の任務
◎1944/7 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8)
◎1944/9/15 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/7 バリクパパンにて作戦の任務
◎1947/12/13(1948/12/15?) 解体のため、ニュー・ヨークのHughes Brothers., Inc. に売却
LST-463 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/2/23 1946/6/6 1946/6/19 ◎1942/10/6 起工
◎1942/11/9 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/12 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/3)
◎1944/1 セイダーの占拠(〜1944/3)
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/5 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6)
◎1944/7 Noemfoor Islandにて作戦の任務
◎1944/7 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
1944末〜1945初め 日本軍の特攻機の攻撃により損傷(12
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/1 Nasugbuにて作戦の任務
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎1947/11/3 シアトルのDulien Steel Products, Inc. に売却され商船に改装
LST-464 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/2/25 1946/4/16 1946/6/19 ◎1942/10/10 起工
◎1942/11/12 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/5 第7艦隊司令部の支援業務(〜1944/10)
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-464)に改める
LST-465 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/2/27 1946/3/8 1946/4/12 ◎1942/12/17 起工
◎1943/1/9 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/12 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2)
◎1944/2 セイダーの占拠
◎1944/3 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/5 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/10 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/22)
◎1947/9/30 解体のため、ボルティモアのPatapsco Scrap Corp. に売却
LST-466 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/3/1 1946/3/8 1946/4/12 ◎1942/10/14 起工
◎1942/11/18 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9 ラエの占拠
◎1943/12 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2)
◎1944/1 セイダーの占拠
◎1944/2 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦(〜1944/3)
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/5)
◎1944/5 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務
◎1944/5 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6)
◎1944/7 Noemfoor Islandにて作戦の任務
◎1944/7 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8)
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 タラカン島にて作戦の任務(〜1945/5)
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎1945/10 極東にて占領作戦の任務
◎1945/11 中国方面での行動(〜1945/12)
◎1948/6/4 解体のため、ニュー・ヨークのHughes Bros., Inc. に売却
LST-467 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/3/3 1946/5/28 1946/6/5 ◎1942/10/17 起工
◎1942/11/21 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9 ラエの占拠
◎1943/12 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2)
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/5)
◎1944/5 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務
◎1944/6 ビアク島にて作戦の任務
◎1944/6 Noemfoor Islandにて作戦の任務(〜1944/7)
◎1944/8 Cape Sansaporにて作戦の任務
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 パラワン島にて揚陸作戦
◎1945/3 Visayan Islandにて揚陸作戦
◎1945/4 タラカン島にて作戦の任務(〜1945/5)
◎後にロング・ビーチ海軍工廠にて太平予備艦隊に編入
◎1946/11/22 ターミナル・アイランドのナショナル・メタル&スチール社に売却
◎後にMontrealのAnglo Canadian Pulp & Paper Millsの子会社St. Charles Transportation Co. に売却されLauzonのDavie Shipbuilding & Repairing Co. にて改装
◎1947 Ampowercorpと命名
◎1948 Frank J. Humphreyと改名
◎1969 Witshoal IIと改名
◎後にSt. Thomas沖にて沈没処分
LST-468 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/3/5 1946/4/2
(1946/4/12?)
1946/6/5 ◎1942/10/20 起工
◎1942/11/24 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9/4 ラエの占拠(〜1943/9/10)
◎1943/12/26 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1943/12/29)
◎1944/1/2 セイダーの占拠(〜1944/1/4)
◎1944/1/5 セイダーの占拠(〜1944/1/11)
◎1944/2/12 セイダーの占拠(〜1944/2/14)
◎1944/2/23 Cape Gloucesterにて作戦の任務(〜1944/2/26)
◎1944/3/4 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦(〜1944/3/8)
◎1944/4/21 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/4/25)
◎1944/5/27 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/5/29)
◎1944/5/31 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6/4)
◎1944/7/12 Noemfoor Islandにて作戦の任務(〜1944/7/18)
◎1944/7/21 Cape Sansaporにて作戦の任務
◎1944/8/6 Cape Sansaporにて作戦の任務
◎1944/8/8 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/14)
◎1944/8/16 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/22)
◎1944/9/15 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10/13 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/10/27)
◎1944/11/5 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11/18)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/16)
◎1945/4/17 ミンダナオ島にて揚陸作戦(〜1945/4/23)
◎1947/9/30 解体のため、ボルティモアのPatapsco Scrap Corp. に売却
LST-469 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/3/8 1946/3/27 1946/5/1 ◎1942/10/23 起工
◎1942/11/27 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
1943/6/16 Coffs Harbor南東海域にて日本海軍伊号第一七四潜水艦の雷撃により損傷
◎1943/8 シドニーにて入渠
◎1944/4/21 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/4/26)
◎1944/5/18 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務(〜1944/5/20)
◎1944/5/23 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務(〜1944/5/25)
◎1944/5/28 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/5/31)
◎1944/6/3 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6/7)
◎1944/6/9 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6/14)
◎1944/7/4 Noemfoor Islandにて作戦の任務(〜1944/7/10)
◎1944/7/12 Noemfoor Islandにて作戦の任務(〜1944/7/17)
◎1944/7/18 Noemfoor Islandにて作戦の任務(〜1944/7/22)
◎1944/7/31 Cape Sansaporにて作戦の任務
◎1944/8/6 Cape Sansaporにて作戦の任務
◎1944/8/8 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/14)
◎1944/8/22 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/28)
◎1944/9/15 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10/13 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/10/27)
◎1945/1/4 リンガエン湾にて揚陸作戦(〜1945/1/18)
◎1945/9/29 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/24)
◎1945/10/25 中国方面での行動(〜1945/11/2)
◎1947/12/13 解体のため、ニュー・ヨークのHughes Bros., Inc. に売却
LST-470 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/3/9 1946/3/4 1946/6/5 ◎1942/10/26 起工
◎1942/11/30 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9 ラエの占拠
◎1943/12 Cape Gloucesterにて作戦の任務
◎1944/1 セイダーの占拠
◎1944/3 アドミラルティ諸島にて揚陸作戦
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/5 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6)
◎1944/7 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/2 パラワン島にて揚陸作戦(〜1945/3)
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎1947/11/4(1947/11/6?) 解体のため、シアトルのDulien Steel Products, Inc. に売却
LST-471 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/3/11 1946/2/26 1946/4/12 ◎1942/10/29 起工
◎1942/12/3 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9 ラエの占拠
1943/9/4 Cape Ward Huntにて日本軍機の攻撃により損傷、後にシドニーにて入渠、修理(12
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/3 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎1948/1/21 解体のため、ニュー・ヨークのHughes Bros., Inc. に売却
後に曳航中、Rodanthe沿岸にて嵐により沈没(船体は現在でもその場に見られる
LST-472 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/3/13 1945/1/19 ◎1942/10/31 起工
◎1942/12/7 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/6 ソロモン諸島南方にて作戦の任務
◎1943/7 New Georgia-Rendova-Vangunuの占拠
◎1943/11 Cape Torokinaの占拠と防衛(〜1943/12)
◎1944/2/15 Green Islandにて揚陸作戦(〜1944/2/19)
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/5 Toem-Wakde-Sarmiエリアにて作戦の任務
◎1944/6 ビアク島にて作戦の任務
◎1944/7 Noemfoor Islandにて作戦の任務
◎1944/8 Cape Sansaporにて作戦の任務
◎1944/12 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/12 ミンドロ島にて揚陸作戦
1944/12/15 ミンドロ島南方海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷(123
1944/12/21 沈没
LST-473 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/3/16 1946/3/18 1946/4/17 ◎1942/7/10 起工
◎1942/12/9 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9 ラエの占拠
◎1943/9/4 Bunaにて日本軍機の攻撃により損傷
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/1 Zambales-スービック湾にて作戦の任務
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎1948/4/21 解体のため、ニュー・ヨークのHughes Brothers, Inc. に売却
LST-474 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/3/19 1946/3/22 1946/4/17 ◎1942/7/10 起工
◎1942/12/12 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9 ラエの占拠
◎1943/12 Cape Gloucesterにて作戦の任務
◎1944/1 セイダーの占拠
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/5 ビアク島にて作戦の任務(〜1944/6)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/4 ミンダナオ島にて揚陸作戦
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/9)
◎1947/12/5(1947/12/17?) 解体のため、BarberのShips & Power Equipment Corp. に売却
LST-475 カイザー社ヴァンクーヴァー造船所 1943/3/20 1946/4/24 1946/6/5 ◎1942/7/10 起工
◎1942/11/16(1942/12/16?) 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/9 ラエの占拠
◎1943/12 Cape Gloucesterにて作戦の任務
◎1944/1 セイダーの占拠
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/7 Noemfoor Islandにて作戦の任務
◎1944/7 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8)
◎1944/9 モロタイ島にて揚陸作戦
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦(〜1944/11)
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/6 バリクパパンにて作戦の任務(〜1945/7)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/10中旬)
◎1946/10/31 ジャクソンヴィルのSuwannee Fruit & Steamship Co. に売却され商船Bonitoとなる
◎1964 Ana Carolinaと改名
◎1971 解体
LST-476 カイザー社リッチモンド造船所 1943/4/4 1946/2/12 1947/10/31 ◎1942/8/5 起工
◎1942/10/10 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 5、LST Group 14、LST Div. 27所属)
◎1943/11/21 ギルバート諸島にて作戦の任務(〜1943/12/8)
◎1944/2/2 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2/8)
◎1944/4/21 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/4/26)
◎1944/7/21 グアム島の奪取、占拠(〜1944/8/15)
◎1944/8/4 Cape Sansaporにて作戦の任務(〜1944/8/10)
◎1945/10/21 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/6)
◎1946/1/5 極東にて占領作戦の任務(〜1946/2/12)
◎1948/6/1 解体のため、シアトルのPuget Sound Bridge & Dredging Co. に売却
LST-477 カイザー社リッチモンド造船所 1943/2/19 1946 1947/8/28 ◎1942/8/12 起工
◎1942/10/29 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 5、LST Group 13、LST Div. 25所属)
◎1943/11/21 ギルバート諸島にて作戦の任務(〜1943/12/8)
◎1944/2/2 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2/8)
◎1944/7/21 グアム島の奪取、占拠(〜1944/7/29)
◎1945/2/20 硫黄島への強襲、占拠(〜1945/2/28)
1945/2/21 硫黄島にて日本海軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-477)に改める
LST-478 カイザー社リッチモンド造船所 1943/3/13 1946/3/23 1947/8/28 ◎1942/8/17 起工
◎1942/11/7 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/11 ギルバート諸島にて作戦の任務(〜1943/12)
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/7 グアム島の奪取、占拠
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/3中旬)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q091)
◎1948/3/25 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-479 カイザー社リッチモンド造船所 1943/4/19 1946/2/28 1946/3/28 ◎1942/8/25 起工
◎1942/10/4 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 13、LST Group 39、LST Div. 78所属)
◎1943/11/21 ギルバート諸島にて作戦の任務(〜1943/12/8)
◎1944/2/2 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2/8)
◎1944/4/21 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/4/26)
◎1944/7/21 グアム島の奪取、占拠(〜1944/7/25)
◎1945/3/26 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/29)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q100)
◎1948/4/16 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-480 カイザー社リッチモンド造船所 1943/5/3 1944/7/18 ◎1942/8/31 起工
◎1942/10/29 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/11/21 ギルバート諸島にて作戦の任務(〜1943/12/8)
◎1944/2/1 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2/6)
1944/5/21 真珠湾にて爆発事故により沈没(123456789101112
LST-481
12
カイザー社リッチモンド造船所 1943/5/15 1946/2/28 1946/4/12 ◎1942/9/4 起工
◎1942/12/2 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1943/11/12 ギルバート諸島にて作戦の任務(〜1943/12/8)
◎1944/1/31 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2/8)
◎1944/4/21 Hollandiaにて作戦の任務(〜1944/4/26)
◎1944/7/21 グアム島の奪取、占拠(〜1944/7/28)
1944/7/24 グアム島にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1945/2/19 硫黄島への強襲、占拠(〜1945/2/25)
◎1945/4/1 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/4/10)
◎1945/9/23 極東にて占領作戦の任務(〜1945/9/26)
◎1945/10/20 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/15)
◎1948/4/28 解体のため、ベスレヘムのベスレヘム・スチール社に売却
LST-482 カイザー社リッチモンド造船所 1943/3/20 1946/2/23 1955/8/11 ◎1942/9/14 起工
◎1942/12/17 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/1 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠(〜1944/2)
◎1944/4 Hollandiaにて作戦の任務
◎1944/7 グアム島の奪取、占拠
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-482)に改める
◎1952/3/11 艦種を戦車揚陸艦(LST-482)に改める
◎1955/7/1 ブランチ・カウンティ Branch Countyと命名
◎1956/2/22(1956/3?) サン・ディエゴにて標的として沈没
LST-483 カイザー社リッチモンド造船所 1943/5/3 1946/2/10 1955/8/11 ◎1942/9/21 起工
◎1942/12/30 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 サイパンの奪取、占拠(〜1944/7)
◎1944/7 テニアン島の奪取、占拠
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
1944/10/21 レイテ島にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2初め)
◎退役後、予備艦隊に編入
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q050)
◎1955/7/1 ブリュースター・カウンティ Brewster Countyと命名
◎除籍後、標的として沈没
LST-484 カイザー社リッチモンド造船所 1943/4/23 1946/7/27 1946/8/28 ◎1942/9/28 起工
◎1943/1/2 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/2 Kwajaleinとマジュロ環礁の占拠
◎1944/2 エニウェトク環礁の占拠(〜1944/3)
◎1944/6 サイパンの奪取、占拠(〜1944/7)
◎1944/7 テニアン島の奪取、占拠
◎1945/3 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2中旬)
◎1947/12/13 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-485
12
カイザー社リッチモンド造船所 1943/5/19 1946/7/30 1946/8/28 ◎1942/12/17 起工
◎1943/1/9 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 5、LST Group 15、LST Div. 29所属)
◎1943/9 ヴェラ・ラヴェラの占拠
◎1943/10 Treasury Islandにて揚陸作戦(〜1943/11)
◎1944/6 サイパンの奪取、占拠(〜1944/8)
◎1944/7 テニアン島の奪取、占拠(〜1944/8)
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/3)
◎1946/1 中国方面での行動(〜1946/2)
◎1948/3/29 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-486 カイザー社リッチモンド造船所 1943/5/29 1946/1/13 1947/8/28 ◎1942/12/31 起工
◎1943/1/16 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 5、LST Group 15、LST Div. 29所属)
◎1944/6 サイパンの奪取、占拠(〜1944/7)
◎1944/7 テニアン島の奪取、占拠
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
1944/10/21 レイテ島にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-486)に改める
LST-487 カイザー社リッチモンド造船所 1943/4/27 1946/3/15 1946/5/1 ◎1943/1/2 起工
◎1943/1/23 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 5、LST Group 15、LST Div. 29所属、1945年5月にはLST Flotilla 13、LST Group 38、LST Div. 75所属)
◎1944/6/15 サイパンの奪取、占拠(〜1944/7/20)
◎1944/7/24 テニアン島の奪取、占拠(〜1944/7/28)
◎1944/9/6 パラオ諸島南方の奪取、占拠(〜1944/10/14)
◎1945/1/9 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/5/2 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/5/10)
◎1945/10/15 極東にて占領作戦の任務(〜1945/11/3)
◎1948/2/20 Houstonのブラウン&ルート社に売却され商船Dona Rosaとなる
LST-488 カイザー社リッチモンド造船所 1943/5/24 1946/1/11 ◎1943/1/11 起工
◎1943/3/5 進水
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 5、LST Group 14、LST Div. 29所属)
◎1943/11 Cape Torokinaの占拠と防衛
◎1944/7 グアム島の奪取、占拠
◎1944/10 レイテ島にて揚陸作戦
◎1945/1 リンガエン湾にて揚陸作戦
◎1945/9/15 艦種を戦車揚陸艦(病院)(LSTH-488)に改める
◎1952/3/12 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行する(T-LST-488)
◎1972/7/15 フィリピンに貸与されSuriago Del Norte(Suriago del Norte?、LT-94)と命名
◎1980/3/5 フィリピンに売却
◎1991 除籍
LST-489
12
カイザー社リッチモンド造船所 1943/7/30 1946/11/15 1970/6/1 ◎1943/1/13 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-2)に改め、アミカス Amycusと命名
LST-490
12
カイザー社リッチモンド造船所 1943/8/20 1946/11/15 1951/3/26 ◎1943/1/13 艦種を揚陸艇修理艦[揚陸艇工作艦](ARL-3)に改め、アジェノール Agenorと命名
LST-491 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/12/3 1946/1/12 1975/6/30 ◎1943/7/29 起工
◎1943/9/23 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎1952/3/31 SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q010)
◎SCAJAPより返還後、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行する(T-LST-491、12
◎1976/9/13 フィリピンに売却されLanao Del Sur(Lanao del Sur?、LT-503)と命名
◎1988後半 艀に改装
◎1991 除籍
LST-492
12
ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/12/8 1946/6/17 1947/6/23 ◎1943/8/3 起工
◎1943/9/30 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1944/8 南フランスへの侵攻
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1945/12初め)
◎1948/2/24 HoustonのGreen's Bayou Transportersに売却され非自走作業に就く
LST-493 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/12/13 1945/5/19 1945/5/19 ◎1943/8/9 起工
◎1943/10/4 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
1945/4/12 プリマスにて座礁、全損と認定(123456
LST-494 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/12/18 1946/6/29 1946/8/28 ◎1943/8/10 起工
◎1943/10/11 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1945/6 沖縄群島への強襲、占拠
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/3)
◎1946/3中旬 中国方面での行動(〜1946/5末)
◎1948/8/12 解体のため、フィリピンのBoseyにて売却
LST-495 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/12/23 1946/4/23 1946/6/5 ◎1943/8/14 起工
◎1943/10/16 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる(LST Flotilla 35、LST Group 105、LST Div. 210所属)
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1944/8/15 南フランスへの侵攻(〜1944/9/25)
◎1945/4/29 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/24)
◎1945/9/10 極東にて占領作戦の任務(〜1945/9/23)
◎1945/10/22 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/29)
◎1948/4/8 解体のため、シアトルのKaiser Co., Inc. に売却
LST-496 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/12/27 1944/8/22 ◎1943/8/24 起工
◎1943/10/22 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
1944/6/11 ノルマンディー海岸“オマハ・ビーチ”にて機雷により沈没
LST-497 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1943/12/31 1945/12/18 1946/1/8 ◎1943/8/26 起工
◎1943/10/27 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1948/1/30 ケベックのAnglo-Canadian Pulp & Paper Millsに売却され商船となる
◎1949 Robert McMichaelと命名
◎1970 Fort Gaspeと改名
◎1985 Sorelにて解体
LST-498 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/1/6 1945/11/8 1945/11/28 ◎1943/8/31 起工
◎1943/11/1 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1947/11/21 解体のため、フィラデルフィアのWashburn Wire Co. に売却
LST-499 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/1/10 1944/8/22 ◎1943/9/3 起工
◎1943/11/5 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
1944/6/8 ノルマンディー海岸にてドイツ軍の攻撃により沈没
LST-500 ミズーリ・ヴァリー・ブリッジ&アイアン社 1944/1/13 1947/7/18 1947/8/1 ◎1943/9/8 起工
◎1943/11/10 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1948/4/20 ウィルミントンのSouthern Trading Co. に売却され商船Southern Districtsとなる
1954/12/6 キー・ウェスト南西海域にて転覆
LST-501 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/11/26 1947/8/20 1947/9/29 ◎1943/6/30 起工
◎1943/9/22 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1945/5/3 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6/30)
◎1945/10/9 極東にて占領作戦の任務(〜1945/10/26)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q097)
◎1948/5/7 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-502 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/12/8 1946/2/7 1947/12/23 ◎1943/6/18 起工
◎1943/9/25 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q041)
◎1948/5/20 解体のため、シアトルのコンソリデーテッド・ビルダーズ社に売却
LST-503 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/12/8 1955/4/4 1960/4/25 ◎1943/7/29 起工
◎1943/10/8 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎1946/6/11 退役、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1950/10 再役
◎1955/4/4 台湾に貸与され中光 Chung Kuang(LST-646)と命名
◎後に艦種記号をLST-216に改める
◎2009/2/16 Kaohsiung Harborにて退役
LST-504 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/12/18 1946/1/22 1955/8/11 ◎1943/7/21 起工
◎1943/10/19 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1944/8 南フランスへの侵攻(〜1944/9)
◎1945/4 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/1)
◎退役後、予備艦隊に編入
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q016)
◎1955/7/1 ブキャナン・カウンティ Buchanan Countyと命名
◎1956/2 標的として沈没
LST-505 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1943/12/27 1946/6/11 1947/9/16 ◎1943/8/6 起工
◎1943/10/27 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる、後にアジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1944/8 南フランスへの侵攻
◎1945/5 沖縄群島への強襲、占拠(〜1945/6)
◎第二次大戦後、極東にて占領作戦の任務(〜1946/2初め)
◎後に中国方面での行動(〜1946/5中旬)
◎1948/2/13 フィリピンのBoseyにて売却
LST-506 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/1/3 1947/7/24 1947/8/28 ◎1943/8/19 起工
◎1943/11/4 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1944/9/22 ファルマスにて入渠
◎1947/12/4 フィラデルフィアのSouthern Trading Co. に売却され商船となる
◎1948 Southern Countiesと命名
◎1953 Bethcoasterと改名
◎後に艀Spadaforaとなる
LST-507 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/1/10 1944/6/9 ◎1943/9/8 起工
◎1943/11/16 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
1944/4/28 イギリス海峡にてドイツ海軍魚雷艇の雷撃により沈没
LST-508 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/1/14 1946/8/2 1947/1/28 ◎1943/9/18 起工
◎1943/11/10 進水
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
◎SCAJAPに貸与(SCAJAP番号Q087)
◎1947/3/25 国務省に移管後、フランスに貸与されOrne(L9002)と命名
◎1957 La Seyneにて解体(12
◎1962 除籍
LST-509 ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/1/20 1970/4/8 ◎1943/10/7 起工
◎1943/11/23 進水
◎1944/1/1 引き渡される
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
◎1944/6 ノルマンディへの侵攻
◎1955/7/1 バロック・カウンティ Bulloch Countyと命名
◎1967/3/15 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase II、〜1967/4/24)
◎1967/6/9 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1967/7/28)
◎1967/9/15 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1967/11/7)
◎1967/12/3 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase III、〜1967/12/19)
◎1968/2/27 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Tet Counteroffensive、〜1968/4/1)
◎1968/4/2 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase IV、〜1968/5/13)
◎1968/5/24 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase IV、〜1968/5/24)
◎1968/6/4 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Vietnamese Counteroffensive - Phase IV、〜1968/6/25)
◎1969/3/30 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Tet 69/Counteroffensive、〜1969/4/27)
◎1969/5/13 ヴェトナム戦争中、戦域に割り当てられる(Tet 69/Counteroffensive、〜1969/5/22)
◎退役後、南ヴェトナムに貸与されQui Nhon(HQ-504)と改名
◎1970 サイゴンの海軍造船所にて入渠
1975/4 北ヴェトナムに捕獲
LST-510
12
ジェファーソンヴィル・ボート&マシーン社 1944/1/31 1946/7/1 1958/11/1 ◎1943/9/27 起工
◎1943/11/30 進水
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎1944/2 ニュー・オーリンズにてPSA
◎第二次大戦中、ヨーロッパアフリカ中東戦域に割り当てられる
1944/4 大西洋にてエンジン故障
◎1944/6/6 ノルマンディへの侵攻(〜1944/6/25)
1944/9下旬 ノルマンディにてエンジン故障、後にプリマスにて入渠、修理
後にシェルブール沖にて海底の突出部と接触し機関室浸水、後にイギリスのポートランドへ曳航、一時的な修理、後にファルマスにて入渠、修理
1945/2/5 ワイト島南方海域にて濃霧によりMarine Transport LineのVC2-S-AP2型貨物船チャペル・ヒル・ヴィクトリー(MCハル615)と衝突し損傷、後にファルマスにて入渠(〜1945/5)
◎退役後、太平洋予備艦隊に編入
◎1955/7/1 バンコンベ・カウンティ Buncombe Countyと命名
◎1960(1961?) ノーフォークのChesapeake Bay Ferry Districtに売却され商船Virginia Beachとなる
◎1964(1965?) Delaware River & Pay Authorityに売却されCape Henlopenと改名
◎1966 カーフェリーに改装
◎1983 ニュー・ロンドンのCross Sound Ferry Services, Inc. に売却