YP
練習哨戒艇、港内哨戒艇

※支援船艇籍 Service CraftだったPatrol Vesselは、後に[District] Patrol Craftと名称が変更される。YP-1は欠番
排水量:10t 全長:15.69m 幅:3.50m 吃水:1.32m 主機/軸数:ガソリン機関 出力:40馬力 乗員:6名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-2 Yarmouth ◎1917/6/13 1911年建造の民間船Reliefをウォルター G. リチャードソン少尉 Navy Ens. Walter G. Richardsonが購入
◎Crumple Islandのlookout stationにて補給船となる
◎1921/6/4 YonkersのGus Potterに売却
◎1921 William H. MacMillanに売却され旅客船となる(〜1945、オフィシャル・ナンバー221178)
◎1949 Joseph Frontiera, Inc. に売却され旅客船として再登録
◎1963 解体
◎Purchased for Navy Ens. Walter G. Richardson with funds furnished by the Bar Harbor War Relief Committee, 13 June 1917.


排水量:9t 全長:11.02m 幅:2.18m 吃水:0.68m 主機/軸数:ガソリン機関? 速力:10.0kt
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サンダ Sanda YP-3 William E. Haff 1945/2/8 ◎1917/9/26 1917年建造のニュー・ヨークのH. C. Cushing, Jr. の民間船M.V.H. を購入
◎1920/1/2 運用終了
◎1920/7/17 艦種を港内哨戒艇(YP-3)に改める
◎1920/11 ニュー・ヨーク市ドック部が運用
◎1941/4/26 海軍に移管
◎1941/1/10 艦種を小型艇に改める
1942/3/4 Tompkinsvilleにて焼失
◎Used as a despatch boat by the Provisions and Clothing Depot, New York, no SP or ID number assigned. (This depot was operated by the Bureau of Supplies & Accounts, often abbreviated as BuSANDA, thus her name, 1, 2 ,3)


総トン数:49t 全長:20.11m 幅:4.62m 吃水:1.14m 主機/軸数:ディーゼル機関 出力:250馬力
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-4 1945/2/8 ◎1933/6/20 Curtis Bayにて海軍に移管
◎1946/5/6 海事委員会に移管
◎1953 レキシントンのTom K. Richardsに売却され漁船Kaniksuとなる(オフィシャル・ナンバー265186)
◎1954 Gales FerryのRaymond H. Abellに売却
◎1955 ナラガンセットのPoint Judith Fishing Co. に売却
◎1958 ニュー・ロンドンのCharlotte N. Morpethに売却
◎1959 ボストンのRobert C. Walshに売却
◎1960 ボストンのKingfisher, Inc. に売却されKingfisherと改名
◎1961 Loboと改名
◎1st Naval District.


※データは巡視艇75フィート型の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-5 John H. Mathis Co. 1945/4/28 ◎1933/12/12 海軍に移管、艦種を港内哨戒艇(YP-5)に改め、運用開始
1938/8/19 ニューポートにて訓練中、練習魚雷により沈没
◎1938末 引き揚げられる、修理
◎第二次大戦後、GloucesterのAnthony J. D'Antonioに売却され艀Amvetとなる(〜1956、オフィシャル・ナンバー176777)
◎YP-5 spent most of her career as a diving tender/torpedo retriever attached to the Torpedo Station, Newport, R.I.
スカニースルズ Skaneateles YP-6 Kingston Drydock & Construction Co. ◎1933/12/11(1933/12/12?) 海軍に移管、運用開始
◎1934/6/1 スカニースルズと命名
◎1937/10/20 ミラン Milanと改名(ミランはオハイオ州にある村で発明王トーマス A. エジソン Thomas Alva Edisonの生地)
◎ワシントン海軍工廠にて運用
◎第二次大戦中、ニュー・ヨーク市が運用
◎後に海軍に移管、ダールグレンにて運用
◎1946/4/5 運用終了
◎1946/7/7 War Shipping Administrationに移管
◎1946/7/27 民間に売却
YP-7 レイク・ユニオン・ドライドック&マシーン・ワークス 1933/11/14 1946/5/8 ◎1933/11/14 海軍に移管
◎Allocated to the 13th Naval District at Puget Sound Navy Yard.
YP-8 ポーツマス海軍工廠 1945/10/11 ◎1934/1/15 海軍予備部隊に移管、運用開始
◎During World War II YP-8 was assigned to the Eastern Sea Frontiers, 3rd Naval District Anti-submarine Patrol, Cape Race area.
YP-9 John H. Mathis Co. 1946/2/25 ◎1934/1/15 海軍予備部隊に移管、運用開始(12
◎1948 GloucesterのJoseph Frontieraに売却され艀Blythe Spritとなる(〜1965、オフィシャル・ナンバー253262)
YP-10 Chance Marine Construction Co. ◎1934/1/1 海軍予備部隊に移管、運用開始


※データは区域哨戒艇プシュケV世の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
プシュケV世
12
Psyche V YP-68 Fred S. Nock 1917/6/15 ◎1923 海軍に移管され艦種を港内哨戒艇(YP-68)に改める(〜1935)
◎1941/11/14 Sea Scoutsに移管 


※データは哨戒ヨット・シルフの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
イントレピッド Intrepid YP-71 George Lawley & Sons Corp. 1940/10/1 1945/12/19 1946/1/8 ◎1940/7/16 1929年建造のヨットを購入
◎1940/7/19 艦種を哨戒ヨット(PY-12)に改め、シルフ Sylphと改名


※データは区域哨戒艇ザンブロッタの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ザンブロッタ
12
Zumbrota YP-93 Matthews Boat Co. 1917/8/11 1926/11/5 ◎1920/7/17 艦種を港内哨戒艇(YP-93)に改める
◎1926/11/8 除籍
◎1927/5/3 キー・ウェストのThompson Fish Co. に売却
◎1943 海軍が再取得、籍をもどす、艦種記号をYP-595に改める


全長:24.68m 幅:4.57m 吃水:1.82m 主機/軸数:ガソリン機関1基 出力:600馬力
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-105 コンソリデーテッド・シップビルディング社 ◎1941/9/22(1941/10/8?) 艦種を港内哨戒艇(YP-105)に改める
◎1946/8/30 海事委員会に移管
◎後にフィラデルフィアのJohn Boroに売却


※データは魚雷艇PT-7級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-110 フィラデルフィア海軍工廠 ◎1941/10/14 イギリスより返還され艦種を港内哨戒艇(YP-110)に改める
◎除籍後、民間に売却


排水量:90t 全長:26.51m 幅:6.73m(6.75mともいわれる) 吃水:3.09m 主機/軸数:ディーゼル/1軸 出力:300馬力 速力:10.0kt 兵装:12.7o機銃2基、爆雷投下軌条2条 乗員:11名(漁船時代)

↑Caption: Another view of YP-151 in February 1942, underway on a foggy day in the Pacific Northwest. At that point she has one .50-caliber Browning machine gun mounted aft and two depth charge tracks. The foundation is in place for the .50-caliber Browning atop the pilot house, but the gun itself has not yet been mounted. (U.S. Navy Bureau of Ships Photograph 19-LCM-28502, National Archives and Records Administration, Still Pictures Branch, College Park, Md.)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-151 Western Boat Building Co. 1946/5/8 ◎1941/12/19 Everettにて1931年建造のSunrise Fishing Co. の小型貨物船Sunriseを購入
◎1941/12/22 Olson and Winge Marine Worksで港内哨戒艇に改装(〜1942/2/26)、艦種を港内哨戒艇(YP-151)に改める
◎1942/2/17 運用開始
◎除籍後、前の持ち主に返却され漁船Sunriseとなる(〜1965)
◎Allocated to the 13th Naval District.


※データは区域哨戒艇プライヴァティアの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
プライヴァティア
12
Privateer YP-179 Gas Engine & Power Co. & Charles L. Seabury & Co. 1917/8/15 1930/2/5 1930/3/7 ◎1920 艦種を港内哨戒艇(YP-179)に改める
◎1930/6/30 United States Shipping Board(USSB)に移管


※データは区域哨戒艇ヘロリの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヘロリ
12
Helori YP-181 Johnson Brothers & Blanchard 1917/5/21
(1917/6/21?)
1922/3 ◎1920 艦種を港内哨戒艇(YP-181)に改める
◎1925/9/17 サン・フラシスコのLaunch & Tugboat Companyに売却


※データは区域哨戒艇エディシアの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
エディシア
12
Edithia YP-214 C. L. Seabury Co. 1917/8/23 1921/12/13 1933/7/19 ◎1920/7/17 艦種を港内哨戒艇(YP-214)に改める
◎1922/7 ニュー・ジャージー州に移管
◎1932 海軍に移管
◎1933/10/3 売却


排水量:212t 全長:41.14m 幅:6.09m 吃水:1.52m 主機/軸数:ディーゼル2基/2軸 速力:15.0kt 兵装:12.7o機銃2基
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-261
12
George Lawley & Son 1944/7/29 ◎1942/3/27 艦種を港内哨戒艇(YP-261)に改める、サード Sardという名称をとる(改装作業中、軽い構造であることが判明し、外洋での作業には適してい事が判明した為)
1942/10/24 ノーフォークのNaval Operating Baseにて停泊中、右舷エンジン故障、漂流し重油船(YO-31)と衝突
1944/2/25 Smith Islandの浅瀬にて座礁、後にノーフォーク海軍工廠にてジャイロ・レピーター方位盤修理
1944/3/24 貨物船Thomas P. Bealと衝突
◎1944/6/21 係船
◎1945初秋? リトル・クリーク海軍揚陸基地にてWar Shipping Administrationに移管
◎1946/1/10 売却
◎Allocated to the 5th Naval District.


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-284 ◎1942 取得
◎後に運用開始
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1942/10/25 ガダルカナルの占拠と防衛
1942/10/25 ツラギ沖にて日本海軍駆逐艦の砲撃により沈没


※データは基地内掃海艇AMb-5の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-363 タコマ ◎1942 艦種を港内哨戒艇(YP-363)に改める
◎1945 海事委員会に移管


※データは特設沿岸掃海艇AMc-202の項を参照
↑WASHINGTON (Sept. 9, 2009) - In this composite side-scan sonar image released by the National Oceanographic and Atmospheric Administration (NOAA), the wreckage of a World War II patrol boat is seen in approximately 300 feet of water off the coast of Cape Hatteras, N. C. YP-389, a converted trawler used by the Navy for Atlantic coastline protection during World War II, sank June 19, 1942 off North Carolina during a battle with German submarine U-701. U.S. National Oceanographic and Atmospheric Administration photo. (Released)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-389 ベスレヘム・シップビルディング社クインシー造船所 ◎1942/5/1 艦種を港内哨戒艇(YP-389)に改める
1942/6/19 Cape Hatteras沖にてドイツ海軍潜水艦U701の砲撃により沈没
2009/9/9 海底にて船体が国立海洋大気局(NOAA)により発見


※データは識別番号船ド・グラースの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ド・グラース
12
De Grasse YP-506 George Lawley & Son Corp. ◎1942 海軍に取得され艦種を港内哨戒艇(YP-506)に改める


全長:39.01m 幅:9.32m 吃水:4.26m 主機/軸数:1軸 出力:560馬力 兵装:20o単装対空機銃3基(艇首1基、艇尾2基) 乗員:士官3名、下士官兵22名
↑YP-628 underway, date and location unknown. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-628 Western Boat Building Co. 1945/5/25


※データは区域哨戒艇コンスタンスII世の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
コンスタンスII世
12
Constance II YP-633 Holmes Motor Boat Company 1922/9/5 ◎1920/7/17 艦種を港内哨戒艇(YP-633)に改める
◎1922/9/5 艦種を内火艇に改める


満載排水量:70t 全長:39.01m 幅:8.83m 吃水:4.26m 速力:12.0kt 兵装:20o機銃4基 乗員:19名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-636 Ballard Marine Railway Co. 1946/9/25 ◎1944/7/10 起工
◎1945/1/27 進水
◎1945/6/14 引き渡される、シアトル海軍基地にて運用開始
1946/9/5 カリフォルニアのハーフ・ムーン湾にて濃霧により沈没


※データは区域哨戒艇ガラティアの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ガラティア
12
Galatea YP-714 Pusey & Jones Co. 1917/8/25 1919/7/15 1919/8/14 ◎後に艦種を港内哨戒艇(YP-714)に改める
◎1921/12/20 ポーツマスにてニュー・ヨークのCaptain A. A. Tanosに売却
◎1922/2/14 引き渡され、商船となる
◎1922末 ウィルミントンのJames M. Bucknerに売却
◎後にVille des Cayesと改名
◎1924 ハイチに売却されJamaicaと改名?
◎1931 除籍


※データは区域哨戒艇イーグレットの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
イーグレット
12
Eaglet YP-909 George Lawley & Sons Corp. 1917/6/29 1919/5/12 ◎1920 艦種を港内哨戒艇(YP-909)に改める
◎1921/7/14 売却する予定がキャンセル
◎1922/5/12 再売却


軽荷排水量:172t(173tともいわれる) 満載排水量:176t 全長:32.91m 幅:7.31m 吃水:1.83m(2.43mともいわれる) 主機/軸数:GMデトロイト・ディーゼル式12V-71Nディーゼル2基/2軸、60軸馬力バウ・スラスター 出力:437軸馬力 速力:12.0kt 航続力:12.0ktで1,400浬 乗員:士官2名、下士官兵4名
※仕様の差異から、YP-696以降をYP-696級ともいわれる
↑Annapolis, Md. (July 12, 2010) - Approximately 100 U.S. Naval Academy Midshipmen get underway in four yard patrol (YP) crafts from Annapolis, Md., en route to Newport, R.I., as part of summer training evolutions. While in Newport, the midshipmen will learn damage control skills in damage investigation, pipe patching, shoring, structural damage repair and the importance of these skills in a shipboard damage control environment. U.S. Navy photo by Midshipman 3rd Class Dominic Montez. (Released)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-676 Petersen Boatbuilders ◎1983/4/7 起工
◎1984/4/9 進水
◎1984/11/14(1984/11/27?) 引き渡される
◎後に沿岸警備隊に移管
YP-677 Petersen Boatbuilders ◎1983/10/10 起工
◎1984/6/23 進水
◎1984/12/5(1984/12/19?) 引き渡される
◎後に沿岸警備隊に移管
YP-678 Petersen Boatbuilders 1998/11/20 ◎1983/12/12 起工
◎1984/11/3 進水
◎1985/5/13 引き渡されアナポリスの海軍兵学校にて運用開始
◎1998/11/20 運用終了
◎1999/5/4 他の政府機関、学校、Sea Scoutsに移管
YP-679 Petersen Boatbuilders 2007/3/29 ◎1984/4/18 起工
◎1984/12/11 進水
◎1985/6/3 引き渡されアナポリスの海軍兵学校にて運用開始
◎1998/11/20 除籍
◎1999/6/25 籍をもどす
◎2001/8/7 艦種を非分類雑役船(IX-531)に改める
YP-680 Petersen Boatbuilders ◎1984/7/2 起工
◎1985/3/23 進水
◎1985/7/29(1984/8/8?) 引き渡される
YP-681 Petersen Boatbuilders ◎1984/10/29 起工
◎1985/6/1 進水
◎1985/9/30 引き渡されアナポリスの海軍兵学校にて運用開始
YP-682 Petersen Boatbuilders ◎1985/1/7 起工
◎1985/8/3 進水
◎1985/11/18(1985/11/19?) 引き渡される
YP-683 Marinette Marine Corp. ◎1985/7/23 起工
◎1986/6/16(1986/6/19?) 進水
◎1986/10/13(1986/10/21?) 引き渡されアナポリスの海軍兵学校にて運用開始
YP-684 Marinette Marine Corp. ◎1985/8/29 起工
◎1986/8/14 進水
◎1986/10/21(1986/12/10?) 引き渡される
YP-685 Marinette Marine Corp. ◎1985/10/8 起工
◎1986/9/25 進水
◎1986/11/23(1986/11/25?) 引き渡される
YP-686 Marinette Marine Corp. ◎1986/1/23 起工
◎1986/10/25 進水
◎1986/12/8 引き渡される
YP-687 Marinette Marine Corp. ◎1986/2/27 起工
◎1987/3/17 進水
◎1987/5/22 引き渡される
YP-688 Marinette Marine Corp. ◎1986/4/7 起工
◎1987/3/13 進水
◎1987/5/22 引き渡されアナポリスの海軍兵学校にて運用開始
YP-689 Marinette Marine Corp. ◎1986/7/15 起工
◎1987/3/20(1987/5?) 進水
◎1987/6/10 引き渡されアナポリスの海軍兵学校にて運用開始
YP-690 Marinette Marine Corp. ◎1986/8/18 起工
◎1987/4/17 進水
◎1987/6/10 引き渡される
YP-691 Marinette Marine Corp. ◎1986/10/27(1986/10/28?) 起工
◎1987/5/19 進水
◎1987/7/2 引き渡される
YP-692 Marinette Marine Corp. ◎1986/12/10 起工
◎1987/6/18 進水
◎1987/7/27 引き渡されアナポリスの海軍兵学校にて運用開始
YP-693 Marinette Marine Corp. 2001/3/13 ◎1987/1/26 起工
◎1987/8/14 進水
◎1987/9/21 引き渡される
◎2003/12/18 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により民間に売却
YP-694 Marinette Marine Corp. ◎1987/2/25 起工
◎1987/9/21 進水
◎1987/10/27 引き渡される
YP-695 Marinette Marine Corp. ◎1987/3/24 起工
◎1987/10/26 進水
◎1987/12/1 引き渡される
YP-696 Marinette Marine Corp. ◎1987/4/23 起工
◎1988/3/31 進水
◎1988/5/10 引き渡される
YP-697 Marinette Marine Corp. ◎1987/5/26 起工
◎1988/2/1(1988/4/1?) 進水
◎1988/5/26 引き渡される
YP-698 Marinette Marine Corp. ◎1987/6/22 起工
◎1988/3/29 進水
◎1988/6/16(1988/6/26?) 引き渡されアナポリスの海軍兵学校にて運用開始
YP-699 Marinette Marine Corp. 2001/3/13 ◎1987/8/17 起工
◎1988/4/11 進水
◎1988/6/30 引き渡される
◎2001/10/31 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により民間に売却
YP-700 Marinette Marine Corp. ◎1987/9/22 起工
◎1988/5/12 進水
◎1988/7/21 引き渡されアナポリスの海軍兵学校にて運用開始
YP-701 Marinette Marine Corp. ◎1987/10/28 起工
◎1988/6/14 進水
◎1988/8/9 引き渡される
YP-702 Marinette Marine Corp. ◎1987/12/10 起工
◎1988/7/19 進水
◎1988/9/2 引き渡される
◎1998/11/20 除籍
◎2000/4/3 籍をもどす


満載排水量:176t 全長:35.35m 幅:8.45m 吃水:2.35m 主機/軸数:キャタピラー式C-18ディーゼル2基/2軸 出力:600馬力 速力:12.6kt 航続力:1,882浬 乗員:士官4名、海軍兵学校生6名

↑New York (May 20, 2015) - A U.S. Navy yard patrol boat enters New York harbor for Fleet Week New York (FWNY). FWNY is the city's celebration of the sea service. It is a unique opportunity for the citizens of New York and visitors to interact with Sailors, Marines and Coast Guardsmen from May 20-26. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 1st Class Andre N. McIntyre. (Released)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YP-703 C. & G. Boat Works ◎2010/4/20 引き渡されアナポリスの海軍兵学校にて運用開始
YP-704 C. & G. Boat Works ◎2011/2/14 引き渡されアナポリスの海軍兵学校にて運用開始
YP-705 C. & G. Boat Works ◎2012/7/24 引き渡されアナポリスの海軍兵学校にて運用開始
YP-706 C. & G. Boat Works ◎2012/8/21 引き渡されアナポリスの海軍兵学校にて運用開始


Update 17/04/21