YO
重油船、燃料補給船

※1920年7月、艦種記号YOが各艦に与えられる。1立法ヤード(bbl)=764.555リットル(l)
全長:26.51m 幅:8.22m
※貨物搭載量は1,995 bbls
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YO-1 海軍工廠ピュージェット・サウンド ◎1909 建造


排水量:335t 全長:49.07m 幅:7.65m 吃水:1.21m
※貨物搭載量は3,562 bbls(YO-4は6,183 bbls、YO-5は3,804 bbls、YO-5は3,804 bbls、YO-6は重油140,081ガロン、ディーゼル・オイル21,745ガロン、YO-8、YO-9は4,547 bbls(YO-9は水41,528ガロン、重油2,880 bbls))
↑USS Shawmut (CM-4). In the Hudson River, New York, with YO-5 alongside, 2 May 1927. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YO-2 メリーランド・スチール社 ◎1911 建造
YO-3 メリーランド・スチール社 ◎1911 建造
YO-4 海軍工廠ピュージェット・サウンド ◎1912〜1913 建造
YO-5 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1946/2/25 ◎1913〜1914 建造
◎3th Naval District.
YO-6 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 ◎1913〜1914 建造
◎1937 ディーゼル・オイル搭載用に改装
◎5th Naval District.
YO-7 海軍工廠ノーフォーク ◎1915 建造
YO-8 メア・アイランド海軍工廠 ◎1915 建造
YO-9 メア・アイランド海軍工廠 ◎1915 建造


軽荷排水量:335t 満載排水量:911t 全長:49.07m 幅:7.65m
※貨物搭載量は3,563 bbls
↑YO-32 at Mare Island, 9 November 1945. The bow ARD-11 is visible at left and YD-33 is to the right. Navy Yard Mare Island photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YO-20 タンク・シップ・ビルディング社 ◎1918 海軍が取得し艦種を重油船第20号に改める
YO-21 タンク・シップ・ビルディング社 ◎1918 海軍が取得し艦種を重油船第21号に改める
YO-22 タンク・シップ・ビルディング社 ◎1918 海軍が取得し艦種を重油船第22号に改める
YO-23 タンク・シップ・ビルディング社 ◎1918 海軍が取得し艦種を重油船第23号に改める
YO-24 タンク・シップ・ビルディング社 ◎1918 海軍が取得し艦種を重油船第24号に改める
YO-26
YO-29
YO-30 タンク・シップ・ビルディング社 ◎1918 海軍が取得し艦種を重油船第30号に改める
YO-31 タンク・シップ・ビルディング社 ◎1918 海軍が取得し艦種を重油船第31号に改める
1942/10/24 ノーフォークのNaval Operating Baseにて漂流中の港内哨戒艇YP-261に衝突される
◎1987/9/10 ニュー・ジャージー沿岸にて人工環礁のため沈没処分
YO-32 トッド・シップビルディング社


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YO-43 チャールストン海軍工廠 ◎1937 建造
◎1975/3/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
YO-44
YO-45 ◎1974/8/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却


軽荷排水量:950t 満載排水量:1,731t(YO-47は2,660t) 全長:71.62m 幅:11.27m 吃水:4.57m(最大) 主機/軸数:ディーゼル/2軸 速力:10.6kt 兵装:20o単装対空機銃2基(YO-48) 乗員:士官4名、下士官兵30名
↑Casinghead (YO-47) heads out to sea from Yokohama to refuel a ship, date unknown. US Navy photo from "All Hands" magazine. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ブルホイール Bullwheel YO-46 Lake Superior Shipbuilding Co. 1942/10/21 ◎1941/12/20 進水
◎1942/12上旬 チャールズタウン海軍工廠にて艤装
◎1964/11末 マニラのLuzon Stevedoring Corp. に売却
ケーシングヘッド Casinghead YO-47 Lake Superior Shipbuilding Co. 1942/11/12 1947/7/23 1997/8/21 ◎1941/5/15 起工
◎1942/4/25 進水
◎1942/12上旬? チャールズタウン海軍工廠にて艤装
◎1999/12/15 Local Redevelopment Agency(LRA)に移管
クラウンブロック Crownblock YO-48 Basalt Rock Co., Inc. 1942/8/28 1948/9/14 ◎1942/2/14 進水
◎退役後、ノーフォークにて保管
◎1977/7/1 演習にて標的として使用
ホイップストック Whipstock YO-49 Basalt Rock Co., Inc. 1942/9/23 1975 ◎1941 建造
◎1942中頃 海軍が取得
◎1975/9/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却


軽荷排水量:440t 満載排水量:1,400t 全長:53.03m 幅:10.05m 吃水:3.96m(最大) 主機/軸数:ユニオン式ディーゼル1基/1軸 出力:500馬力 乗員:士官1名、下士官兵20名

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YO-65 George Lawley & Son ◎1943 起工
◎除籍後、Petro Petroleum Corp. に売却されPetrostar XIと命名
◎1968 ギリシャのJet Oilに売却されJet Iと改名
◎2006 解体
YO-68 ◎1974/1/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
YO-69 RTC Ship Building Corp. ◎1943 起工
◎1975/3/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
◎5th Naval District at Norfolk, VA. homeported at the Naval Fuel Annex, Craney Island, Portsmouth, VA.
YO-70 ◎1973/3/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
YO-71 RTC Ship Building Corp. 1946/5/8 ◎1943 起工
◎1943/12/7 引き渡され運用開始
YO-72 ◎1974/6/1 Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により解体のため売却
YO-75 Brunswick Marine Construction Co. 1973/12/1 ◎1943 起工
◎1943/7/4 進水
◎1943/12 運用開始
◎1974/6/1(1975/3?) Defense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により民間に売却
◎1977頃 Dominoと命名、ホンジュラス船籍となる(IMO 76047414)
◎後にCarl Phillipと改名
◎1992 ベリーズ船籍となる
◎2004 ボリヴィア船籍となる
◎2012年11月19日現在、ハイチにて見られる
◎5th Naval District at Norfolk, VA, homeported at Naval Fuel Annex, Craney Island, Portsmouth, VA.


総トン数:5,410t 全長:114.30m 幅:17.06m 吃水:11.58m(YO-184は9.14m(最大))  兵装:20o単装対空機銃2基(YO-144、YO-145、YO-160〜YO-162のみ、YO-184は20o単装対空機銃4基) 乗員:12名(YO-184は21名)
B7-A2型艀を改装
※コンクリート製船体

↑YO-145 under tow in San Diego harbor with the assistance of tug Wenonah (YT-148), 14 June 1943. US Navy Photo 19-N-47837, courtesy shipscribe.com. Image courtesy of NavSource.

↑YO-145 under tow in San Diego harbor shortly after completion, 14 June 1943. The tug is Pocahontas (YT-266). The function of the additional deckhouse with the smokestack (absent on YO-144) just forward of the pumproom has not been determined, but it is not for propulsion. US Navy Photo 19-N-48080, courtesy shipscribe.com. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YO-143 Concrete Ship Constructors, Inc. ◎1943/4 海軍に移管、艦種を重油船(YO-143)に改める
YO-144 Concrete Ship Constructors, Inc. 1967/7/1 ◎1943/5 海軍に移管、艦種を重油船(YO-144)に改める、運用開始
◎1946/5 艦種を重油船(非自走)(YON-144)に改める
YO-145 Concrete Ship Constructors, Inc. 1960/2/1 ◎1943/7/3 海軍に移管、艦種を重油船(YO-145)に改める、運用開始
◎1946/5 艦種を重油船(非自走)(YON-145)に改める
YO-146 Concrete Ship Constructors, Inc. ◎1943/7/3 海軍に移管、艦種を重油船(YO-146)に改める、運用開始
◎後に艦種を重油船(非自走)(YON-146)に改める
YO-159 Concrete Ship Constructors, Inc. ◎1943 海軍に移管、艦種を重油船(YO-159)に改める
1944/1/14 ニュー・ヘブリディーズ諸島にて日本海軍呂号第四二潜水艦の雷撃により沈没
YO-160 Concrete Ship Constructors, Inc. 1946/8/15 ◎1943/8/31 海軍に移管(第11海軍区に売却(売却額$2,900,000))、艦種を重油船(YO-160)に改める
◎後に真珠湾へ曳航(1943/11/5到着)
◎後に艦種を重油船(非自走)(YON-160)に改める
YO-161 Concrete Ship Constructors, Inc. 1946/12/31 ◎1943/9 海軍に移管、艦種を重油船(YO-161)に改める、運用開始
◎後に艦種を重油船(非自走)(YON-161)に改める
YO-162 Concrete Ship Constructors, Inc. ◎1943/10 海軍に移管、艦種を重油船(YO-162)に改める、運用開始
◎後に艦種を重油船(非自走)(YON-162)に改める
YO-163 Concrete Ship Constructors, Inc. ◎1943/10 海軍に移管、艦種を重油船(YO-163)に改める、運用開始
◎後に艦種を重油船(非自走)(YON-163)に改める
YO-182 Concrete Ship Constructors, Inc. ◎1943/11 海軍に移管、艦種を重油船(YO-182)に改める、運用開始
YO-183 Concrete Ship Constructors, Inc. ◎1943/11 海軍に移管、艦種を重油船(YO-183)に改める、運用開始
YO-184 Concrete Ship Constructors, Inc. 1946/10/8 ◎1944/1/6 海軍に移管、艦種を重油船(YO-184)に改める
◎1946/5 艦種を重油船(非自走)(YON-184)に改める
YO-185 Concrete Ship Constructors, Inc. 1946/3/28 ◎1944/1 海軍に移管、艦種を重油船(YO-185)に改める、運用開始
◎1947 処分
YO-186 Concrete Ship Constructors, Inc. ◎1944/2 海軍に移管、艦種を重油船(YO-186)に改める、運用開始
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
YO-187 Concrete Ship Constructors, Inc. ◎1944/2 海軍に移管、艦種を重油船(YO-187)に改める、運用開始
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる


軽荷排水量:370t(YO-215は440t) 満載排水量:1,095t(YO-215は1,100t) 全長:47.54m 幅:9.14m 吃水(YO-215):3.65m(最大) 主機/軸数:ディーゼル機関/1軸 兵装:20o単装対空機銃2基 乗員:士官1名、下士官兵22名

↑Wizard ex-YO-210. Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YO-153 Bushey, Ira S. & Sons, Inc. 1992/3/27 ◎1945/2/10 起工
◎1945/8/14 引き渡され運用開始
◎除籍後、海事局に移管
◎2005/5/17 Harvey Cedars沖にて人工環礁のため沈没処分
◎4th Naval District, Philadelphia Navy Yard.
YO-154 ◎1976/6/1 民間に売却
YO-168 ◎1975/4/1 民間に売却
YO-169 ◎1974/10/1 民間に売却
YO-170 ◎1975/3/1 民間に売却
YO-210 Bushey, Ira S. & Sons, Inc. 1974/4/1 ◎1945/8/4 引き渡され運用開始
◎後に運用終了
◎1974/12 ボストンにてDefense Reutilization & Marketing Service(DRMS)により民間に売却され糖蜜船に改装、Clifford Kと命名(オフィシャル・ナンバー594470)
◎1978 John Jorgensonに売却されモービルのBender SBで改装、Wizardと改名(12345
後にケーブルTVネットワーク・チャンネルのディスカバリー・コミュニケーションズ社(ディスカバリー・チャンネル)のドキュメント番組「ベーリング海の一攫千金 Deadliest Catch」撮影用に用いられる
◎5th Naval District.
YO-211
YO-212 Bushey, Ira S. & Sons, Inc.
YO-213 Bushey, Ira S. & Sons, Inc. ◎1945/2/1 起工
◎1945/6/1 進水
◎1945/8/1 引き渡され運用開始
◎後に運用終了
◎1973/3/1 ドミニカにリースされCapitan W. Arvelo(BT-4)と命名
1989/2/1 Samana Bayにて沈没
◎5th Naval District.
YO-215 Bushey, Ira S. & Sons, Inc. 1946/5/8 ◎1945/4/1 起工
◎1945/8/1 進水
◎1945/12/17 引き渡される
◎1964 運用終了、ドミニカに貸与されCaptain Beotequi(BT-5)と命名


※データは液体用貨物船(ディーゼル、鉄製船体)294型の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YO-237 Odenbach Shipbuilding ◎1946 海軍に移管、艦種を重油船(YO-237)に改める、後に運用開始
◎除籍後、スタテン・アイランドのReinauer Transportation Companiesに売却されFranklin Reinauer IIと命名
YO-238 Odenbach Shipbuilding ◎1946 海軍に移管、艦種を重油船(YO-238)に改める、後に運用開始
◎除籍後、モロッコに貸与されTaroudantと命名


Update 17/08/18