PY
哨戒ヨット

※1920年7月17日、艦種記号PYが各艦に与えられる
排水量:2,690t 全長:83.21m 幅:10.97m 吃水:4.02m 速力:17.0kt 兵装:6ポンド砲6基 乗員:171名
↑USS Mayflower. Photographed in 1898. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
メイフラワー
12
Mayflower PY-1 J & O Thompson 1898/3/24 1929/3/22 ◎1898 1896年建造の蒸気推進ヨットOgden Goeletを取得し、改装
◎ニュー・ヨーク海軍工廠にて就役
◎1899/2/2 退役、ニュー・ヨークにて改装
◎1900/6/15 再役
◎1904/11/1 退役、ニュー・ヨークで大統領専用ヨットに改装
◎1905/7/25 再役
1908/7/22 ニューポートにてスクーナーMenawaと衝突、Menawaを沈没させる
◎1927頃 チャールズタウン海軍工廠にて入渠(12
◎1928初夏 South Bostonにて入渠
1931/1/24 フィラデルフィア海軍工廠にて入渠中、火災により損傷
◎1931/10/19 Leo P. Coeに売却
◎1942/7/31 War Shipping Administrationが購入し、バット Butteと改名
◎1943/9/6 沿岸警備隊に移管
◎Blockade of Cuba 1898. Presidential yacht.
☆拿捕または撃沈スコア(以下の艦船)
・1898/5/8 スペインのスクーナーSantiago Apostol
・1898/5/8 スペインのスクーナーSeverito
・1898/5/8 ノルウェーの汽船Bratsberg
・1898/7/19 イギリスの汽船Newfoundland


排水量:545t 全長:44.19m 幅:6.70m 吃水:3.35m 速力:14.0kt 兵装:3ポンド砲1基、1ポンド砲2基 乗員:47名
↑USS Hawk. At the New York Navy Yard, Brooklyn, New York, while being prepared for Spanish-American War service, circa April 1898. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ホーク
12
Hawk PY-2 Fleming & Ferguson 1898/4/5 1940/2/14 ◎1898/4 1891年建造のヨットHermioneを取得し、砲艦に改装
◎1898/9/14 退役、ノーフォークにて予備艦隊に編入
◎1900 再役、オハイオ州海軍義勇兵協会に移管
◎1909/8/3 ニュー・ヨーク州海軍義勇兵協会に移管
◎1919/5/21 予備艦隊に編入
◎1921/7/1 艦種を非分類雑役船(IX-14)に改める


排水量:775t 全長:64.64m 幅:8.56m 吃水:3.35m 速力:11.0kt 兵装:6ポンド砲4基 乗員:90名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
スコーピオン Scorpion PY-3 ジョン N. ロビンス 1898/4/11 1927/10/27 1929/3/23 ◎1898/4/7 1896年建造の蒸気推進ヨットSovereignを取得し、改装
◎1899/1/14 退役、ニュー・ヨークで哨戒砲艦に改装
◎1899/8/22 再役
◎1901/7/24 ボストンにて退役
◎1902/7/1 再役
◎1929/6/25 ボルティモアのボストン・アイアン&メタル社に売却


排水量:806t
↑USS Vixen. Photographed in 1898, with sails hoisted on both masts. Note three-masted schooner in the right distance. U.S. Naval Historical Center Photograph.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヴィクセン
12
Vixen PY-4 エリザベスポートの造船所 1898 1922/11 ◎1898/4 1896年建造のヨットを取得し、改装
◎1923/6 売却


排水量:150t 吃水線長:33.56m 幅:5.66m 吃水:2.31m 主缶:Almy缶2基 主機/軸数:vertical triple-expansion機関1基/1軸 出力(計画):350馬力 速力:12.0kt 兵装:1ポンド砲4基(1910年には3ポンド砲1基) 乗員:24名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
オネイダ
123
Oneida バス鉄工所 1898/4/30 1912/9/26 1915/11/8 ◎1898/5/31 1896年3月18日(1896年6月3日?)進水のボストンのEugene Tompkinsの蒸気推進ヨットIllawara(1898年4月22日にオネイダと改名)を購入し、改装
◎1898/9/19 退役
◎1912/9/14 再役、ワシントンD.C. 海軍義勇兵協会に移管
◎1914 ポート・ロイヤルにてBarracksとなる
◎除籍後、Pilot's Assn. of Charlestonに売却され商船Henry P. Williamsとなる
◎1917/6/27 海軍が取得し、改装、艦種を区域哨戒艇(SP-509)に改める


排水量:152t 全長:37.73m 幅:6.09m 吃水:2.31m 速力:15.0kt
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
シルフ Sylph PY-5 John Roach & Co. 1899/8/18 1929/4/27 1929/4/29 ◎1898/6 ヨットを取得し、ノーフォーク海軍工廠で改装
◎大統領専用ヨットとして就役
◎1929/11/26 ブルックリンのMr. Frank B. Clairに売却され釣り船に改装、Sheepshead Bayにて運用開始(~1939、12
◎1939/4 ブルックリンのSea Gate~マンハッタンのBattery間のフェリーとなる(~1941)


※データは区域哨戒艇ノコミスの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ノコミス
12
Nokomis PY-6 Pusey & Jones Co. 1917/12/3 1938/2/15 1938/5/25 ◎1920/7/17 艦種を哨戒ヨット(PY-6)に改める
◎1921/2/25 ニュー・ヨークにて退役
◎1921/6(1922/2/14?) 再役、Hydrographic Officeがカリブ海の調査に使用
◎除籍後、沿岸警備隊に移管、バーク Burkeと改名
◎1943 ボドキン Bodkinと改名
◎1944 解体
Surveying, Caribbean.


※データは区域哨戒艇アラミスの項を参照
↑USS Aramis (PY-7). Photographed circa 1925-1926, while serving as tender to USS Nokomis (PY-6) during surveying duty in Cuban waters. Copied from the USS Nokomis Cuban Survey album. Donation of Carter Rila, 1986. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アラミス
12
Aramis PY-7 Robert Jacob, Inc. 1918/11/2 1921/10/6 1933/7/20 ◎1920/7/17 艦種を哨戒ヨット(PY-7)に改める
◎退役後、フィラデルフィア海軍工廠へ艦隊曳船イウカ Iuka(AT-37)が曳航(1923/10/9到着)
◎1924末 艦種を非分類雑役船に改める
◎1924/12 キー・ウェストへ艦隊曳船ベイ・スプリング Bay Spring(AT-60)が曳航、後にキューバ沖の調査に使用(12
◎1933/7中旬 グアンタナモ湾にて不活性化工事
◎1933/11/13 グアンタナモ湾にてR. E. O'Fallonに売却


※データは区域哨戒艇ヴィクセンの項を参照
↑USS Despatch (PY-8). In harbor, possibly during 1920-1921. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
デスパッチ
12
Despatch PY-8 Gas Engine & Power Co., & Charles L. Seabury Co. 1917/8/10 1921/12/9 1938/5/25 ◎1920/7/17 艦種を哨戒ヨット(PY-8)に改める
◎1928/5/10 フロリダ州に移管


※データは区域哨戒艇ナイアガラの項を参照
↑USS Niagara (PY-9). In Guantanamo Bay, Cuba, circa 1920. Two battleships are in the background. Collection of Gustave Maurer, ex-Chief Photographer, 1921. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ナイアガラ
12
Niagara PY-9 Harlan & Hollingsworth Co. 1918/4/16 1931/3/3 1931/12/10 ◎1920/7/17 艦種を哨戒ヨット(PY-9)に改める
◎1922/4/21 フィラデルフィアにて退役
◎1924/6/24 再役
◎1931~1933頃 この間、フィラデルフィア海軍工廠にて装備を撤去(12
◎1933/9/13 解体のため、フィラデルフィアのノーザン・メタルズ社に売却
◎後に解体(12
◎Surveying, Caribbean.


排水量:930t 全長:74.85m 幅:8.48m 吃水:2.80m 主缶:Normand缶2基 主機/軸数:パーソンズ式ギアード・タービン2基/2軸 出力:8,400馬力 速力:28.8kt 兵装:50口径76㎜両用砲2基、23口径76㎜砲2基、20㎜対空機銃4基、ルイス式7.62㎜機銃2基、爆雷投射機1基 乗員:103名
↑USS Isabel (PY-10). Delicately water color tinted photograph of the ship in Chinese waters, circa the 1920s. Collection of Captain Glenn Howell, USN. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
イザベル
12
Isabel PY-10 バス鉄工所 1917/12/28 1946/2/11 1946/2/26 ◎1920/7/17 艦種を哨戒ヨット(PY-10)に改める
◎1921/7/18 再役
◎1933 Olongapo Naval StationのDewey Dry Dockにて入渠(12
◎1946/3/25 解体のため売却
◎Asiatic Squadron and Yangtze Patrol, 1921-1941. Yangtze River, 1926-1927, 1931-1932. China 1937-1939. Philippnes 1942.


※データは区域哨戒艇ウィノナの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ウィノナ
12
Wenonah PY-11 George Lawley & Sons 1917/10/22 1919/4/12 1928/1/20 ◎1922/10 海軍に移管
◎1923/9/22 艦種を哨戒ヨット(PY-11)に改めるも再役せず
◎1929/5/15 サンタ・バーバラのH. W. Goodallに売却され商船Strangerとなる
◎1937 Blue Waterと改名
◎1940 カナダ海軍が取得し、武装ヨットに改装、艦種を武装ヨットに改め、Wolfと改名
◎1945/12/22 前の持ち主に返却
◎1946 Gulf Streamと改名
1947/10/11 Powell Riverにて難破


排水量:340t(WWⅡ時には150t) 垂線間長:27.12m(WWII時には全長26.60m) 幅:7.62m(7.74mともいわれる、WWII時には2.74m) 吃水:2.10m(2.31mともいわれる) 主機/軸数:ディーゼル/1軸 速力(WWII時):7.0kt 兵装(WWII時):3ポンド速射砲1基(元は戦艦オレゴン Oregon(BB-3)の戦闘楼に装備されていた砲)、12.7㎜単装機銃1基、ルイス式7.62㎜単装機銃2基 乗員:26名(31名ともいわれる、WWII時には19名(内、12名はフィリピン人))
月刊「世界の艦船」1998年6月号、7月号に掲載
↑USS Hermes. At Pearl Harbor, circa 1918. Ships in the background are USS Monadnock (BM-3) and probably USS Navajo. This auxiliary schooner, built in 1914, was formerly a German vessel. Taken over at Honolulu under an executive order on 27 September 1917, she was soon put into service and formally commissioned on 1 April 1918 as USS Hermes. She was sold on 21 October 1926. The original print is in National Archives' Record Group 19-LCM. U.S. Naval Historical Center Photograph.
↑USS Lanikai. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヘルメス
123
Hermes W. F. Stone 1918/4/1 1942/8/22 ◎1918/4/1 1914年進水のWiliams-Diamond Co. のヨットを取得し、改装
◎1919/1/16 退役、ハワイ準州に移管
◎後に海軍に移管
◎1926/7/1 除籍
◎1926/10/21 Lanikai Fish Co. に売却されラニカイ Lanikaiと改名
◎1929 Hawaiian Sea Products Co. に売却
◎1931 係船
◎1933 ホノルルのNorthrup Castleに売却
◎1936 シアトルのHarry W. Crosbyに売却
1937 映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー・プロダクションに売却され映画「ハリケーン The Hurricane」撮影用に用いられる、映画完成後はMGMヨットとして使用
◎1939/4/6 マニラのLuzon Stevedoring Co., Inc. のE. M. Grimに売却
◎1941/12/5 キャヴィテ海軍工廠にて海軍がチャーターし、哨戒ヨットに改装、再役
◎1941/12中旬 掃海艇タネジャー Tanager(AM-5)の12.7㎜機銃を増設
◎1941/12/26 カモフラージュ作業
1942/1? パターノースター諸島ロンボクの小湾にて座礁、後に離礁
1942/2/3 空襲中のスラバヤ港内にて対空射撃中のオランダ海軍軽巡洋艦Trompの機銃弾が誤って前檣帆の索具を切断
◎1942/3中旬 フリーマントルにて修理
◎退役後、オーストラリアに貸与
◎1945/8/22 退役、オーストラリアから返還
◎1946 前の持ち主に返却
1947 スービック湾にて台風により沈没


排水量:810t 全長:62.48m 幅:10.08m 吃水:4.90m 主機/軸数:Winton式モデル128Aディーゼル1基/1軸 出力:1,000馬力 速力:10.0kt 兵装:50口径76㎜両用砲2基、12.7㎜機銃2基、7.62㎜機銃4基、両舷爆雷投射機(Y砲)1基、爆雷投射機(K砲)2基、爆雷投下軌条1条 乗員:88名
↑Sylph (PY-12) trained midshipmen before WW II. At the beginning of of the war, her masts and sails were removed, and she was powered by her auxiliary engines. Image courtesy of NavSource.
↑USS Sylph (PY-12) steams down the Potomac River. The skyline of Washington can be seen in the background.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
シルフ Sylph PY-12 George Lawley & Sons Corp. 1940/10/1 1945/12/19 1946/1/8 ◎1940/7/19 艦種を哨戒ヨット(PY-12)に改め、、シルフと改名
◎1940夏 ニュー・ヨークのSullivan Drydock & Repair Co. で哨戒ヨットに改装
◎1940秋 ニュー・ヨークにて第3海軍区の予備練習艦となる(~1941/12)
◎1946/12/31 War Shipping Administrationに移管


総トン数:726t 全長:65.41m 幅:8.13m 吃水:3.96m 主機/軸数:ディーゼル/1軸 出力:1,500馬力 速力:14.0kt 兵装:50口径76㎜砲2基 乗員:61名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
コーラル
123
Coral PY-15 Pusey & Jones Co. 1941/2/27 1943/9/10 1943/10/11 ◎1940/11/25 海軍が取得、艦種を哨戒ヨット(PY-15)に改め、コーラルと改名
◎1943/8/12 退役
◎1943/8/27 再役
◎除籍後、標的として沈没
◎1947/7/15 船体は解体のため売却


排水量:1,200t 全長:64.30m 幅:10.36m 吃水:3.65m(3.81mともいわれる) 主機/軸数:Krupp式ディーゼル2基/2軸 出力:1,120馬力 速力:13.5kt 兵装:50口径76㎜砲2基、20㎜機銃4基、12.7㎜機銃4基 乗員:67名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アズライト Azurlite PY-22 Friedrich Krupp Germaniawerft AG 1942/3/16 1946/1/22 1946/2/25 ◎1941/12/9 1928年進水のピッツバーグの投資家兼実業家のWilliam L. MellonのヨットVagabondiaを購入
◎1941/12/22 艦種を哨戒ヨット(PY-22)に改め、アズライトと改名、ニュー・ヨークのMarine Basin Co., Inc. で哨戒ヨットに改装(~1942/4/6)
◎ブルックリンにて就役
◎除籍後、War Shipping Administrationに移管
◎1947/1/29 Royal B. Boddenに売却
◎1969 Pacific Reeferと改名
◎8 December 1943 - Pearl Harbor Arrived - 22 October 1943, Complete - 10 December 1943 (tentative), Dock - 10 November 1943, Undock - 22 November 1943. Overhaul of main engines. Cracked block has been removed from ship, new block is being machined. Relief valves, air reversing valves, fuel injectors, connecting rods and pistons, are in machine shop for repairs. Con. rod and main bearings are to be rebabbitted, main and auxiliary exhaust mufflers and starboard main exhaust piping being repaired. Shafting will be checked during docking period. Progress satisfactory.
◎15 December 1943 - Pearl Harbor Arrived - 22 October 1943, Complete - 10 December 1943, Dock - 13 November 1943 (tentative), Undock - 15 November 1943. Main engine overhaul proceeding satisfactorily. The new cylinder block (replacing a cracked block) has been machined and is being installed. Overhaul of auxiliary engines has been approved and disassembly is now underway. Hull work as follows: test, repair and cement wash of fresh water tanks 50% complete, repair of galley range 100%. During docking period rudder post will be repacked. SL and BK radars are being installed. Progress satisfactory.
◎Hawaii.


排水量:705t 全長:56.48m 幅:8.22m 吃水:3.14m 主機/軸数:Krupp式ディーゼル2基/2軸 出力:470馬力 速力:12.0kt 兵装:50口径76㎜両用砲1基、12.7㎜機銃4基、爆雷投下軌条2条 乗員:75名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アルマンダイト Almandite PY-24 Friedrich Krupp Germaniawerft AG 1942/4/25 1946/1/22 1946/2/25 ◎1942/1/22(1942/1/27?) 1927年進水のヨットHappy Days(1942年1月9日にアルマンダイトと改名)を購入し、ロング・ビーチのCraig Shipbuilding Companyで哨戒ヨットに改装
◎サン・フランシスコにて就役
◎1945/12/5 海事委員会に移管、後に民間に売却
◎Pearl Harbor Arrived - 10 November 1943, Complete - 1 December 1943, Dock - 12 November 1943, Undock - 14 November 1943. Available for conversion to a weather ship, dry docking and machinery repairs. SF and BK radars and NJ-7 echo sound equipment being installed. New liners and rings are being manufactured for the main engine.The 50 KW generator and switchboard is to be repaired. Progress satisfactory, for new completion date.


排水量:1,000t 全長:65.53m 幅:8.41m 吃水:3.65m 主機/軸数:vertical triple-expansion機関/1軸 出力(計画):500馬力 速力:12.0kt 兵装:50口径76㎜砲3基 乗員:113名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
キュテラ
12
Cythera PY-26 Ramage & Ferguson, Ltd. ◎1941/12/31 海軍が取得し、哨戒ヨットに改装(~1942/2/28)、艦種を哨戒ヨット(PY-26)に改める
◎1942/3/3 運用開始
1942/5/2 ノース・カロライナ沖にてドイツ海軍潜水艦U402の雷撃により沈没


満載排水量:1,044t(1,135tともいわれる) 全長:50.26m 幅:9.60m 吃水:3.50m(4.21mともいわれる) 主機/軸数ディーゼルエレクトリック/1軸 出力:650馬力 速力:10.0kt 兵装(WWII時):50口径76㎜単装両用砲1基、20㎜連装対空機銃2基 乗員:92名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ハイドログラファー
12
Hydrographer PY-30 Spear Engine Works 1942/5/20 1946/7/1 ◎1942/7/14 1928年進水のヨットを取得
◎1942/4/4(1942/4/15?) 海軍に移管、艦種を哨戒ヨット(PY-30)に改める
◎後に艦種を測量艦(AGS-2)に改める


満載排水量:800t 全長:62.66m 幅:9.14m 吃水:3.30m 主機/軸数:Atlas式ディーゼル機関2基/2軸 出力:1,500制動馬力 速力:15.0kt 兵装:50口径76㎜単装両用砲1基、20㎜機銃4基 乗員:74名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
キュテラ Cythera PY-31 Germaniawerft 1942/10/26 1944/1/3 ◎1942/7/14 1930年進水のCyrus CurtissのヨットArgosyを購入
◎1945中頃 オーヴァーホール
◎1946/3/14 ニュー・ヨークにて運用終了
◎1946 Thyne Shipping Co. に売却されAbrilと改名(123
◎1947 Ben Hechtと改名
◎1948 イスラエル海軍が購入、Maoz(K24)と改名。イスラエルにて運用開始(12
◎1956 イスラエルのビジネスマンに売却されAbrilと改名
◎後にイタリアのNavigazione Libera di Golfoに売却されフェリーとなる
◎2008 高級プライヴェート・ヨットに改装、Rossy Oneと改名され売りに出される(€15,000,000)
◎Gulf SF. Eastern SF, Mar 1943. 3rd Naval District, 22 Sep 1943. Decomm 3 Jan 1944 for training and experiments.


満載排水量:1,116t 全長:69.49m 幅:9.52m 吃水:4.34m(平均) 主缶:Seabury水管缶4基 主機/軸数:triple-expansion steam機関/2軸 速力:11.0kt 兵装:20㎜機銃 乗員:47名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サザン・シーズ Southern Seas PY-32 コンソリデーテッド・シップビルディング社 1942/12/23 1945/10/24 ◎1941/12 1920年進水のCyrus Curtissのモーター・ヨットLyndonia(1939年にPan American Aviation Co. に売却されサザン・シーズと改名)を陸軍が取得
◎ニュー・カレドニア近海にて座礁、後に離礁、ニュー・ジーランドへ曳航、修理
◎1942/11/23 海軍に移管、艦種を哨戒ヨット(PY-32)に改める
1945/10/9 沖縄にて台風“ルイーズ”により座礁
◎Accommodation ship for officers at New Caledonia, then tarawa, and Kwajalein. Gillbert Is.


Update 20/01/24