WPG
砲艦


満載排水量:1,005t(1934年時) 全長:50.29m 幅:10.97m 吃水:3.74m(平均) 主缶:フォスターホイーラー缶2基(WPG-77はバブコック&ウィルコックス缶2基) 主機/軸数:ウェスティングハウス式double-reductionギアード・タービン1基(WPG-77はド・ラヴァル式double-reductionギアード・タービン1基)/1軸 出力:3,350馬力 速力:17.5kt(最大) 航続力:12.8ktで1,350浬 兵装:50口径76o砲2基、6ポンド砲2基(1942年には50口径76o砲2基、80口径20o単装機銃2基、マウストラップ2基、両舷爆雷投射機(Y砲)4基、爆雷投下軌条2条) 乗員(1934年時):士官6名、下士官兵56名(1942年には士官6名、下士官兵72名)
※165フィート(A)型
↑USS Algonquin, CG; "Coast Guard Cutter ALGONQUIN on trial trip in Delaware River."; 3 October 1934; photographer unknown.

↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アルゴンクィン Algonquin WPG-75 Pusey & Jones Company 1934/10/20 1947/4/18 ◎1934/7/25 進水
◎1941/7 海軍に移管
◎1944/3末 4枚のプロペラが曲がっていたため切り詰める工事
◎1944/5/10 Argentiaにてスクリュー交換工事
◎1944/5中旬 ボストンにて修理改装(〜1944/5/30)
◎1945/3前半 ポーツマスにて入渠
◎1948/7/13 ベスレヘムのPatapsco Scrap Corporationに売却
コマンチ Comanche WPG-76 Pusey & Jones Company 1934/12/1 1947/7/29 ◎1934/9/6 進水
◎1941/7/1 海軍に移管
◎1942/7中旬? steering gear修理
◎1943/4 チャールズタウン海軍工廠にて修理改装
◎1943/11上旬 ボストンにて修理改装(〜1943/11/27)
◎1944/5上旬 ボストンにて修理改装
◎1944/8上旬 ボストンにて発電機修理
◎1945/3 修理改装
◎1946/4下旬 保管(〜1947/2)
◎1948/11/10 Virginia Pilots Associationに売却
エスカナバ Escanaba WPG-77 Defoe Boat Works 1932/11/23 ◎1932/9/17 進水
◎1942/12上旬 ボストンにて修理(〜1942/12下旬)
1943/6/13 北大西洋にてドイツ海軍潜水艦の雷撃により沈没
モホーク Mohawk WPG-78 Pusey & Jones Company 1935/1/19 1947/10/8
(1948/1/8?)
◎1934/10/1 進水
◎1942/6 チャールズタウン海軍工廠にて改装(〜1942/7上旬)
◎1943/2中旬 Coast Guard Yardにてオーヴァーホール
◎1943/9上旬 ボストンにて修理改装(〜1943/9下旬)
◎1943/11上旬 ボストンにて修理改装(〜1943/11上旬)
◎1944/1中旬 St. John'sにて修理改装
◎1944/3/10? ボストンにて修理改装(〜1944/3/24)
◎1944/9/19 Atlantic Worksにて修理
1944/12/20 小氷山と衝突し損傷
◎1944/12下旬 Gronne Dalにて応急修理
◎1945/2上旬 アルゼンチンにて修理改装(〜1945/2/7)
◎1945/2中旬 ボストンにて修理改装(〜1945/2下旬)
◎1945/10中旬 Curtis Bayにて修理改装(〜1945/11)
◎1946/4/6 Cape Mayにて保管
◎1948/11/1 Delaware Bay & River Pilots' Associationに売却
後にMiami Dade Historical Maritime Museumに売却され記念船となる
オノンダガ Onondaga WPG-79 Defoe Boat Works 1934/9/11 1947/7/24 ◎1934/8/2 進水
◎1943/3? Women's Bayにて修理
◎1943/3/14 Seattle plant of Todd Drydocks, Inc. にてオーヴァーホール(〜1943/3/31)
◎1943/9/1? ダッチ・ハーバーにて修理、メンテナンス(〜1943/9/8)
◎1954/12/7 売却
タホマ Tahoma WPG-80 Defoe Boat Works 1934/10/22 1953/6/5
(1953/7/1?)
◎1934/9/5 進水
◎1942/12下旬 アルゼンチンにて修理
◎1943/9下旬 アルゼンチンにて修理
◎1947/9/18(1947/10/24) 退役、保管
◎1952/5/1 船種を調査船(WAGE-10)に改める


※データは税関監視船部蒸気船タラポーサ級の項を参照

↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
タラポーサ Tallapoosa WPG-52 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1915/8/12 1945/11/8 ◎後に船種を砲艦(WPG-52)に改める
◎1942末 Merrill-Stevens Companyにて修理、改装
◎1943/1? 修理(〜1943/2/28)
◎1946/7/22  Caribbean Fruit & Steamship Companyに売却され商船Santa Mariaとなる


※データは哨戒ヨット・メイフラワーの項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
メイフラワー
123
Mayflower WPG-183 J & O Thompson 1943/10/20 1946/7/1 ◎1943/9/6 沿岸警備隊に移管
◎1943/10/19 船種記号をWPG-183に改め、メイフラワーと改名
◎退役後、War Shipping Administrationに移管
◎1947/1/8 ボルティモアのFrank M. Shawに売却されアザラシ猟船となる
1947/初め Point Lookoutにて火災より損傷
◎1948初め Collins Distributer's, Inc. に売却されニュー・ヨークにてボイラー交換工事、Mallaと改名、パナマ船籍となる
◎後にGenoaにて沿岸貿易用に改装
◎1950 Taborと改名
◎1950 Genoaにて解体
◎Used for radar training (USCG).


公試排水量:2,350t(1936年時) 軽荷排水量:2,216t(1965年には1,837t) 満載排水量:2,750t(1945年時、1954年には2,656t) 全長:99.66m 幅:12.54m(最大) 吃水:3.81m(平均、1945年には4.57m(最大)、1966年には4.64m(最大)) 主缶:バブコック&ウィルコックス缶2基 主機/軸数:ウェスティングハウス式ギアード・タービン2基/2軸 出力(1936年時):5,250馬力(1945年には6,200馬力) 速力:19.5kt 航続力(1945年時):19.0ktで4,200浬(1965年には19.5ktで3,640浬) 兵装(1936年時):51径127o単装砲3基、6ポンド砲2基、1ポンド砲1基、(WPG-31は1945年には38口径127o単装両用砲1基、56口径40o連装機銃3基、80口径20o単装機銃4基。1965年には38口径127o単装両用砲1基、Mk. 13迫撃砲(high altitude parachute flare mortar)1基、12.7o機銃2基、Mk. 32 Mod. 5魚雷発射管2基、Mk. 44 Mod. 1魚雷発射管4基) 搭載機:水上偵察機 乗員(1936年時):士官12名、准士官4名、下士官兵107名(1941年には士官16名、准士官5名、下士官兵200名、1945年には士官24名、准士官2名、下士官兵226名、1965年には士官10名、准士官3名、下士官兵134名、1966年には士官10名、准士官3名、下士官兵133名)
※327フィート型
※セキュレタリー級 Secretary Classともキャンベル級ともビブ級ともハミルトン級ともいわれる
※レーダー:HF/DF(1942年初めもしくは1943年時、WPG-31は1945年にはSC-4、SGa、SK、SG-1、1965年にはSPS-23、SPS-29、1966年にはSPS-29D、SPA-52)、Mk. 26射撃管制レーダー(1945年時、1966年にはMk. 26Mod. 4) ソナー:QCシリーズ(1945年時、WPG-31は1965年にはSQS-11)

↑Image courtesy of Shipbucket.

↑They represent one of the 32 preliminary designs for the 327 ft cutters. These blueprints were submitted in 1935 to the Philadelphia Navy Yard where 4 of the cutters, including Taney, were built. They are the only such plans I have found or even know to exist. They may represent the original contract plans submitted to the Philadelphia, New York, and Charleston Navy Yards, which was then modified later to the configuration the ships were commissioned in. The design specifications called for a 20 knot ship, able to stay at sea for at least 30 days, and able to carry a float plane and hanger, and able to be upgraded into gunboats that could operate with the navy, using the hull and machinery of the Erie class gunboats. The ships that emerged in 1936 did not have a hanger but one is present in this design. WhyMe was nice enough to let me modify his Treasury Class picture to show this original design, as well as the proposed wartime upgrade design. Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 造船所
記号
船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ジョージ M. ビブ
12
George M. Bibb CG-71 WPG-31 チャールストン海軍工廠 1937/3/10 1985/9/30 ◎1935/8/15 起工
◎1937/1/14 進水
◎1937/5(1937/6?) ビブ Bibbと改名
◎1942/4 チャールズタウン海軍工廠にて修理(〜1942/5/4)
◎1942/12/15 サウス・ボストンにて修理(〜1943/1/16)
◎1944/1中旬 St. Helena Navy Yardにてオーヴァーホール(〜1944/2/10)
◎1944/3/23 ニュー・ヨーク海軍工廠にて修理改装(〜1944/4/2)
◎1944/5/30 ニュー・ヨーク海軍工廠にて修理改装(〜1944/6/10)
◎1944/10/17(1944/11?) チャールストン海軍工廠で揚陸指揮船に改装(〜1945/1/29)、船種を揚陸指揮船(WAGC-31)に改める
◎1945/12 船種を砲艦(WPG-31)に改める
◎1945/12中旬 サン・ディエゴにて一時的な修理
◎1946/1 ボストン海軍工廠で気象観測船に改装
◎1964 改装
◎1965/5/1 船種を長距離カッター(WHEC-31)に改める
◎Initially assigned to the 5th Coast Guard District at Norfolk, VA. Assigned, 5 September 1939, to joint Navy-Coast Guard neutrality patrol in the Atlantic Ocean. Reassigned as to ocean weather patrol in the Atlantic in February 1940. Transferred, 11 September 1940, to US Navy jurisdiction. Eastern Sea Frontier in December 1941. Convoy SC-121. Returned to Coast Guard jurisdiction and converted for duty as an ocean weather station at Boston Navy Yard in January 1946. Rescued 69 people from flying boat Bermuda Sky Queen which forced to land in mid-Atlantic west of Bermuda, 14 Oct 1947.
CG-65 WPG-32 フィラデルフィア海軍工廠
CG-67 WPG-33 フィラデルフィア海軍工廠
CG-69 WPG-34 ニュー・ヨーク海軍工廠
CG-66 WPG-35 フィラデルフィア海軍工廠
CG-70 WPG-36 ニュー・ヨーク海軍工廠
CG-68 WPG-37 フィラデルフィア海軍工廠


軽荷排水量:1,342t(1966年時) 満載排水量:2,010t(1945年時、1966年には1,978t) 全長:77.41m(77.72mともいわれる) 幅:13.10m(13.13m(最大)ともいわれる) 吃水:4.87m(1945年時、5.18mともいわれる、1966年には5.25m(最大)) 主缶:フォスターホイーラーdrum-top fired Express-type缶2基 主機/軸数:ウェスティングハウス式タービン1基、発電機、電動機/1軸 出力:4,000馬力(1945年時) 速力:16.0kt 航続力(1945年時):19.0ktで5,800浬 兵装:38口径127o砲2基、56口径40o4連装機銃2基、80口径20o単装機銃4基、マウストラップ1基、両舷爆雷投射機(Y砲)6基、爆雷投下軌条2条(1966年には38口径127o砲1基、12.7o機銃1基、Mk. 10 Mod. D爆雷投射機1基。WPG-40は1966年には38口径127o砲1基、ヘッジホッグ2基、Mk. 32魚雷発射管2基。1973年には38口径127o砲1基、81o迫撃砲2基、12.7o機銃6基。WPG-42は38口径127o砲1基、81o迫撃砲1基、12.7o機銃2基、Mk. 32 Mod. 5魚雷発射管2基、Mk. 10 Mod. 1爆雷投射機1基) 乗員(1945年時):士官18名、准士官2名、下士官兵256名(1966年には士官10名、准士官3名、下士官兵130名)
※255フィート型
※インディアン・トライブス級 Indian Tribes Classともいわれる
※レーダー:SR、SUレーダー(1945年時、1965年にはSPS-23、SPS-29-B、SPA-52。WPG-40、WPG-41は1966年にはSPS-23、SPS-29、WPG-42は1965年にはSPS-23)、Mk. 26射撃管制レーダー(WPG-40、WPG-41は1966年にはMk. 26、Mk. 27) ソナー:QJA(1945年時、1965年にはSQS-1、SQA-2、55134-B、UQC-1C、WPG-42は1965年にはSQS-1)
船名 NAME 造船所
記号
船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
オワスコ Owasco CG-105 WPG-39 Western Pipe & Steel Co. 1945/5/18 1973/6/27 ◎最初の予定船名はオネイダ Oneidaだった(起工後改名)
◎1943/11/17 起工
◎1944/6/18 進水
◎1946 Coast Guard Yardにて改装(〜1946/5)
◎1951 退役、Coast Guard Yardにて係船
◎1955/8/15 再役
1962/1 嵐により損傷
1965/8/24 Little Goshen Reefにて座礁により損傷
◎1966/5/1 船種を長距離カッター(WHEC-39)に改める
ウィネベーゴ Winnebago CG-106 WPG-40 Western Pipe & Steel Co. 1945/6/21 1973/2/27 ◎1943/12/1 起工
◎1944/7/2 進水
◎1948/2 Coast Guard Yardにて係船(〜1948/9)
1962/3/26 真珠湾入り口にて座礁(数日後に離礁)
◎1966/5/1 船種を長距離カッター(WHEC-40)に改める
チョートークア Chautauqua CG-107 WPG-41 Western Pipe & Steel Co. 1945/8/4 1973/8/1 ◎1943/12/22 起工
◎1944/5/14 進水
1947/4/30 火災により損傷
◎1966/5/1 船種を長距離カッター(WHEC-41)に改める
セバゴ Sebago CG-108 WPG-42 Western Pipe & Steel Co. 1945/9/20 1972/2/29 ◎最初の予定船名はワチュセット Wachusettだった(起工後改名)
◎1943/6/7 起工
◎1944/5/28 進水
◎1949/10/31 退役、Coast Guard Yardにて保管
◎1952/12/17 再役
◎後にCoast Guard Yardにてオーヴァーホール(〜1959/2)
1959/7/7 Algiers海軍基地にて貨物航空機運搬艦クロアタン Croatan(T-AKV-43)と衝突
1964/10/15 エンジン室出火(修理額$50,000)
◎1966/5/1 船種を長距離カッター(WHEC-42)に改める
CG-109 WPG-43 Western Pipe & Steel Co.
CG-110 WPG-44 Western Pipe & Steel Co.
CG-111 WPG-64 Western Pipe & Steel Co.
CG-112 WPG-65 Western Pipe & Steel Co.
CG-113 WPG-66 Western Pipe & Steel Co.
CG-114 WPG-67 Western Pipe & Steel Co.
CG-115 WPG-68 Western Pipe & Steel Co.
CG-116 WPG-69 Coast Guard Yard
CG-117 WPG-70 Coast Guard Yard


満載排水量:3,500t(1945年時) 全長:91.64m 幅:16.76m 吃水:5.79m(最大、1945年時) 主缶:スコッチ缶6基 主機/軸数:パーソンズ式LPタービン3基/3軸 出力:5,000馬力 速力:15.7kt(1945年時) 航続力(1945年時):14.7ktで3,300浬 兵装:38口径127o単装砲2基、80口径20o単装機銃6基、マウストラップ2基、両舷爆雷投射機(Y砲)4基、爆雷投下軌条2条 乗員(1945年時):士官9名、下士官兵114名
※レーダー:SA、SLレーダー ソナー:QCL-8
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
コッブ Cobb WPG-181 Delaware River Iron Shipbuilding & Engine Works
(Delaware River Iron & Ship Building Works?)
1943/7/20 1946/1/31 ◎1942/6/5 フィラデルフィアにて1906年4月21日進水、1906年10月23日竣工のEastern Steamship Company(後にP & O Steamship Companyが運航、第一次大戦中、United States Shipping Boardが取得し、練習船となる、1937年にRomance Lineに売却されるも商務省所管の航行汽船検査局(U.S. Bureau of Navigation & Steamboat Inspectionが不合格とし係船)の商船Governor CobbをWar Shipping Administrationが取得
◎1943/8/2 コッブと改名
◎後に沿岸警備隊に移管、ボルティモアのGeneral Ship Repair Companyでヘリコプター着陸船に改装
後に機関故障、海軍工廠にて修理
◎1947/3/6 売却
Used as helicopter test ship, 1944. Had machinery failures.


※データは沿岸警備隊カッター・レイク級の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
モコマ Mocoma WPG-163 ユナイテッド・ドック社 1932/3/22 1950/5/8 ◎1947/3/20 再役
1950 マイアミにて座礁
◎1955/7/15 売却
セベック Sebec WPG-164 ジェネラル・エンジニアリング&ドライドック社 1930/10/2 1954/8/10 ◎1946/2/27 イギリスより返還され船種を砲艦(WPG-164)に改め、セベックと改名
◎1947/5/27 再役、タンパ Tampaと改名
◎1959/2/16 売却
シャンプレーン Champlain WPG-319 ベスレヘム・シップビルディング社 1929/1/24 ◎1946/3/27 イギリスより返還され船種を砲艦(WPG-319)に改める
◎1948/3/25 売却
アイタスカ Itasca WPG-321 ジェネラル・エンジニアリング&ドライドック社 1930/7/12 1941/5/30 ◎1946/4/23 イギリスより返還され船種を砲艦(WPG-321)に改める、再役する予定だったがキャンセル
◎1950/9/28(1950/10/4?) 解体のため、ボルティモアのPatapsco Scrap Corporationに売却


Update 17/04/30