WAGL
設標船、灯台見回り船


満載排水量(1945年時):1,000t 全長:53.28m 幅:9.75m 吃水(1936年時):3.22m(平均、1945年には4.41m(最大)) 主缶:バブコック&ウィルコックス水管缶2基 主機/軸数:vertical triple-expansion機関2基/2軸 出力:1,000馬力 速力(1945年時):12.0kt(WAGL-252は10.0kt) 航続力(1945年時):11.5ktで2,500浬(WAGL-220は11.0ktで2,300浬、WAGL-252は10.0ktで2,500浬) 兵装(1945年時):6ポンド砲1基、80口径20o単装機銃2基、爆雷投下軌条2条(WAGL-220はなし、WAGL-252は50口径76o単装砲2基、80口径20o単装機銃4基、爆雷投下軌条2条) 乗員(1945年時):士官4名、兵曹長1名、下士官兵69名
※175フィート型
※レーダー:SO-1レーダー(1945年時) ソナー:WEA-2(WAGL-220はなし)
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ファー Fir WAGL-212 ムーア・ドライドック社 1940/10/1 1991/10/1 ◎1938/8/16(1939/1/7?) 起工
◎1939/3/22 進水
◎1951 主機交換工事
◎1965/1/1 船種を沿岸設標船(WLM-212)に改める
◎13th District. Station: Seattle, Wash.
ホーリーホック Hollyhock WAGL-220 デフォー・ボート&モーター・ワークス 1937/8/7 1982/3/31 ◎1936/4/13 起工
◎1937/3/24 進水
◎1954 主機交換工事
◎1965/1/1 船種を沿岸設標船(WLM-220)に改める
◎9th District. Station: Milwaukee, Wis.
ウォルナット Walnut WAGL-252 ムーア・ドライドック社 1939/6/27 1982/3/31 ◎1939/1/7 起工
◎1939/3/22 進水
◎1954 主機交換工事
◎1965/1/1 船種を沿岸設標船(WLM-252)に改める
◎14th District. Station: Honolulu, Hawaii.; Pearl Harbor.; Miami 1955.


満載排水量(1945年時):1,715t 全長:70.10m 幅:13.16m 吃水:4.57m(最大) 主機/軸数:8-cyl. GN-8ディーゼル電気(Cooper-Bessemer式ディーゼル発動機3基、モーター1基)/1軸 出力:1,800馬力 速力:13.0kt 航続力:12.5ktで11,300浬 兵装(1945年時):50口径76o単装砲1基、80口径20o単装機銃4基、マウストラップ2基、両舷爆雷投射機(Y砲)2基、爆雷投下軌条2条 搭載機:汎用水陸両用飛行艇1機 乗員(1945年時):士官17名、下士官兵131名
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ストリス Storis WAGL-38 トレド・シップビルディング社 1942/9/30 ◎最初の予定船名はエスキモー Eskimoだった(1942改名)
◎1941? 船種を設標船(WAGL-38)に改める
◎1941/7/14 起工
◎1942/4/4 進水
◎後に船種を雑役船(WAG-38)に改める


満載排水量:350t(1944年時) 全長:34.89m 幅:9.29m 吃水:2.74m(1944年時) 主機/軸数:フェアバンクスモース式ディーゼル3基(1970年代中頃にキャタピラー式D379ディーゼル3基に換装)/3軸 出力:960制動馬力(1970年代中頃には2,250制動馬力) 速力:9.0kt(11.3ktともいわれる、1975年には11.0kt) 航続力(1945年時):11.3ktで3,320浬 乗員(1945年時):士官1名、下士官兵23名
※114フィート型
※レーダー:Radiomarine Corporation 3.2-centimeter wave radar(1947年時)
船名 NAME 造船所
記号
船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
スーマック Sumac CG-179 WAGL-311 Peterson & Haecker, Limited 1944/11/1 1999/7/9 ◎1944/3/13 起工
◎1944/10/14 進水
◎後に船種を大型河川[河用]設標船(WLR-311)に改める


※データは有蓋運貨船YF-257級の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ホワイト・ブッシュ White Bush WAGL-542 Basalt Rock Company ◎1947/8/11 運用終了、沿岸警備隊に移管、船種を沿岸設標船(WAGL-542)に改め、ホワイト・ブッシュと命名
◎1960年代 船種記号をWLM-542に改める
◎1985/9/16 海軍に移管
ホワイト・ホーリー White Holly WAGL-543 Basalt Rock Company ◎1946 運用終了、沿岸警備隊に移管、船種を沿岸設標船(WAGL-543)に改め、ホワイト・ホーリーと命名
◎1968 船種記号をWLM-543に改める
◎1999 Canvasback Missions, Inc. に寄贈
◎2002 VallejoのSeamen's Training Centerに売却され海事産業練習船となる
◎後に海洋学研究船兼練習船となる


満載排水量:1,320t(1,323tともいわれる) 全長:57.35m(57.50mともいわれる) 幅:11.27m 吃水:3.81m(3.91mともいわれる) 主缶:コンバッションエンジニアリング缶2基 主機/軸数:Skinner Unaflow式レシプロ機関/2軸 出力:1,200馬力 速力:12.5kt 航続力:11.5ktで2,375浬 兵装:小火器(WAGL-329、WAGL-331はなし) 乗員:52名
※レーダー:SPS-53レーダー(WAGL-332はスペリー式Mk. 3レーダー)
※20tクレーンを搭載
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
マグノリア Magnolia WAGL-328 Marietta Manufacturing Co. 1947/10/19 1971/8/13 ◎1946/6/28 沿岸警備隊に移管、サン・フランシスコのベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所で大型河川[河用]設標船に改装、船種を大型河川[河用]設標船(WAGL-328)に改め、マグノリアと改名
◎1965/1/1 船種記号をWLB-328に改める
◎Station: San Francisco, Cal.
アイヴィー Ivy WAGL-329 Marietta Manufacturing Co. 1947 1969/11/26 ◎1946/6/12 沿岸警備隊に移管、大型河川[河用]設標船に改装、船種を大型河川[河用]設標船(WAGL-329)に改め、アイヴィーと改名
◎1965/1/1 船種記号をWLB-329に改める
◎Station: Miami, Fla.; Portland, Ore. 1951.
ジャンクィル Jonquil WAGL-330 Marietta Manufacturing Co. 1946/8/29 1969/9/15 ◎1946/6/18 沿岸警備隊に移管、大型河川[河用]設標船に改装、船種を大型河川[河用]設標船(WAGL-330)に改め、ジャンクィルと改名
◎1965/1/1 船種記号をWLB-330に改める
◎Station: Portsmouth, Va.; Morehead City, NC 1960.
ヘザー Heather WAGL-331 Marietta Manufacturing Co. 1947/2/1 1967/12/15 ◎1946/6/28 沿岸警備隊に移管、大型河川[河用]設標船に改装、船種を大型河川[河用]設標船(WAGL-331)に改め、ヘザーと改名
◎1965/1/1 船種記号をWLB-331に改める
◎Station: Mobile, Ala.; San Pedro, Cal. 1949.
ウィロー Willow WAGL-332 Marietta Manufacturing Co. 1947/9/20 1969/10/10 ◎1946/6/24 沿岸警備隊に移管、大型河川[河用]設標船に改装、船種を大型河川[河用]設標船(WAGL-332)に改め、ウィローと改名
◎チャールストン海軍造船所にて就役
◎1965/1/1 船種記号をWLB-332に改める
◎Station: San Juan, PR; San Francisco, Cal. 1949.


Update 15/11/27