CV
航空母艦、汎用航空母艦


軽荷排水量:19,800t(CV-8は19,900t) 満載排水量:25,500t(32,060tともいわれる、CV-8は25,600t) 全長:246.73m(252.19mともいわれる、CV-6は246.76m、CV-8は246.19m(251.42mともいわれる)) 幅:水線25.32m/最大29.15m(33.37mともいわれる、CV-6(1945年時)、CV-8は34.74m) 吃水:8.53m(CV-8は6.64m) 主缶:バブコック&ウィルコックス缶9基 主機/軸数:ウェスティングハウス式ギアード・タービン4基(カーチス式ギアード・タービン2基、パーソンズ式ギアード・タービン2基ともいわれる)/4軸 出力:120,000馬力 速力:32.5kt(CV-6、CV-8は33.0kt) 航続力:15ktで12,000浬 兵装:38口径127o単装砲8基、75口径28o4連装機銃4基、12.7o機銃24基(1941年末には一部の12.7o機銃を20o機銃に換装、CV-6は1942年3月には38口径127o単装砲8基、75口径28o4連装機銃4基(1942年9月には75口径28o4連装機銃3基を撤去)、20o機銃(1942年8月には20o機銃38基、1942年11月には20o機銃46基)、12.7o機銃(〜1942末)、1943年には38口径127o単装砲8基、40o4連装機銃6基(1942年11月〜、1943年11月には40o4連装機銃10基)、40o連装機銃8基、20o単装機銃50基、1945年には38口径127o単装砲8基、40o4連装機銃6基、40o連装機銃8基、20o連装機銃8基、20o単装機銃16基、1945年8月には38口径127o単装砲8基、40o4連装機銃11基、40o連装機銃5基、20o連装機銃16基。CV-8は38口径127o単装砲8基、28o4連装対空機銃4基、12.7o機銃24基、太平洋艦隊配備前には12.7o機銃を20o機銃に換装、ミッドウェー海戦後には28o4連装対空機銃を増強(艦首部)、1942年8月には20o機銃32基を増強) 搭載機:81〜90機(CV-8は85〜90機) 装甲:水線63.5o〜101.6o、隔壁101.6o、司令塔50.8o〜101.6o 乗員:平時1,889名、戦時2,921名(CV-6は2,919名、CV-8は2,900名)
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12
※CV-6は1943年にブリスター(船体側面4分の3に、対魚雷防御用の鋼鉄のバルジ)を設置
↑ヨークタウン級航空母艦ヨークタウン(CV-5、珊瑚海海戦時)
↑USS Enterprise (CV-6). En route to New York to take part in the Navy Day Fleet Review, October 1945. She is steaming in company with a light carrier (CVL) -- in the right distance-- and another warship. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives.
↑Doolittle Raid on Japan, April 1942. USS Hornet (CV-8) launches Army Air Force B-25B bombers, at the start of the first U.S. air raid on the Japanese home islands, 18 April 1942. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the U.S. National Archives.
↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヨークタウン
123
Yorktown CV-5 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1937/9/30 1942/10/2 ◎1934/5/21 起工
◎1936/4/4 進水
◎ノーフォークのNaval Operating Baseにて就役
◎1938/3/7 ノーフォーク海軍工廠にて修理改装
◎1938初秋 ノーフォーク海軍工廠にて修理
1942/5/8 珊瑚海海戦にて日本海軍機の雷爆撃により損傷
◎1942/5下旬 真珠湾海軍工廠のDrydock No. 1にて入渠、修理
1942/6/4 ミッドウェー海戦にて日本海軍機の雷爆撃により損傷
1942/6/6 日本海軍伊号第一六八潜水艦の雷撃により損傷
1942/6/7 沈没
◎Neutrality patrol. Marshall-Gilberts Raid 1942, Salamaua-Lae Raid, Coral Sea, Midway.
#CV-5の搭載飛行隊
◎1941/12/7 CAG(SBD-3*1)、VF-42(F4F-3*18)、VB-5(SBD-3*19)、VS-5(SBD-3*19、SNJ-3*2)、VT-5(TBD-1*14)、VU(J2F-5*2、SOC-1*1)
◎1942/2/1 VF-42(F4F-3*18)、VB-5(SBD-3*19)、VS-5(SBD-3*19)、VT-5(TBD-1*14)
◎1942/5/4 VF-42(F4F-3/4*20)、VB-5(SBD-2/3*19)、VS-5(SBD-2/3*19)、VT-5(TBD-1*13)
◎1942/6/3 VF-13(F4F4*25)、VB-3(SBD-3*18)、VB-5(SBD-3*19)、VT-3(TBD-1*13)
エンタープライズ
12
Enterprise CV-6 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1938/5/12 1947/2/17 1956/10/2
(1956/10/20?)
◎ニックネームはビッグE Big E、グレイ・ゴースト Grey Ghost、ラッキーE Lucky E
◎1934/7/16 起工
◎1936/10/3 進水
1942/2/1 マーシャル諸島にて日本海軍機の爆撃(至近弾)により損傷
◎1942/3? 真珠湾にて修理、改装
◎1942/6中旬 真珠湾にてオーヴァーホール(〜1942/7中旬)
1942/8/24 第二次ソロモン海戦にて日本海軍機の爆撃により損傷
◎1942/9/10 真珠湾にて修理(〜1942/10/16)
1942/10/26 南太平洋海戦にて日本海軍機の爆撃により損傷
◎1942/10末 Noumeaにて修理
◎1942/11/11 修理中断(航行中、工作艦ヴェスタル Vestal(AR-4)の修理要員が修理を応援)
◎1942/11中旬 Noumeaにて修理(〜1942/12上旬)
1943/5/27 真珠湾にてチェスター・ウィリアム・ニミッツ大将 Fleet Admiral Chester William Nimitzから大統領感状を授与
◎1943/7/20 海軍工廠ピュージェット・サウンドにてオーヴァーホール(〜1943/10(1943/11中旬?)、飛行甲板を5m延長、試作型の20o3連装機銃と20o連装機銃各1基が搭載されたがオーヴァーホール直後に20o単装機銃に換装)
1944/6/15 サイパン近海にて日本海軍機と交戦中、味方艦の誤った砲撃により損傷
◎1944/7 真珠湾にてオーヴァーホール(〜1944/8)
1945/3/18 九州南端東方海域にて日本軍機の爆撃により損傷
1945/3/20 日本近海にて味方艦の誤った砲撃により損傷
◎1945/3下旬 ウルシーにて修理(〜1945/4上旬)
1945/4/11 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
1945/5/13(1945/5/14?) 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷(1234
◎1945/6上旬 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて修理
◎1945/10中旬 ボストンにて“マジック・カーペット”作戦のため宿泊設備を増強
◎1947/2/17 ニュー・ヨーク海軍造船所にて保管
◎1952/10/1 艦種を攻撃航空母艦(CVA-6)に改める
◎At sea en route to Pearl Harbor 7 Dec 1941 (1, 2). Marshall-Gilberts Raid 1942, Wake I. Raid 1942, Marcus I. Raid 1942, Midway, Guadalcanal-Tulagi, Eastern Solomons, Santa Curz, Rennell Is., Gilbert Is., Kwajalein, Raid on Truk, Jaluit Attack, Palau-Yap Raids Mar 1944, Hollandia, Truk Raid Apr 1944, Saipan, Philippine Sea, Bonins-Yap Raids, Palau, Philippines Raids Sep 1944, Okinawa Raid Oct 1944, N. Luzon-Formosa Raids Oct 1944, Luzon Raid Oct 1944, Surigao Strait, Formosa Raids Jan 1945, Luzon Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Honshu Raid Feb 1945, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Operation Magic Carpet. PUC.
☆CV-6の撃沈スコア(以下の艦船)
・1941/12/10 日本海軍伊号第七〇潜水艦(真珠湾北東海域にてSBDの爆撃)
・1942/10/26 日本海軍航空母艦瑞鳳(ソロモン海域にてSBDの爆撃により損傷を与える)
(←日本海軍航空母艦瑞鳳(1942年時))
・1942/10/26 日本海軍重巡洋艦筑摩(ソロモン海域にてSBDの爆撃により損傷を与える)
(←日本海軍重巡洋艦利根(新造時))
・1942/11/13 日本海軍戦艦比叡(サヴォ島沖にてTBFの雷撃により損傷を与える、後に自沈)
(←日本海軍戦艦比叡(1941年時))
・1944/6/20 日本海軍航空母艦龍鳳(マリアナ諸島周辺海域にてTBF/TBMの爆撃により損傷を与える)
(←日本海軍航空母艦龍鳳(1942年時(空母改装完了時)))
・1944/10/24 日本海軍戦艦武蔵(12、シブヤン海にてTBMの雷撃により撃沈(他艦と共同で))
(←日本海軍戦艦武蔵(1944年時))
#CV-6の搭載飛行隊
◎1941/12/7 CAG(SBD-2*1)、VF-6(F4F-3*1、F4F-3A*17)、VB-6(SBD-2*18)、VS-6(SBD-2*10、SBD-3*8)、VT-3(TBD-1*18、SNJ-3*2)、VU(F4F-3*2、SBD-2*3、SBD-3*2、TBD-1*4、J2F-2*2、SOC-3*2)
◎1942/2/1 VF-6(F4F-3*1、F4F-3A*17)、VB-6(SBD-2*18)、VS-6(SBD-2*10、SBD-3*8)、VT-6(TBD-1*18)
◎1942/2/20 VF-6(F4F-3*1、F4F-3A*17)、VB-6(SBD-2*18)、VS-6(SBD-2*10、SBD-3*8)、VT-6(TBD-1*18)
◎1942/4/18 VF-6(F4F-3/4*27)、VB-6(SBD-2/3*18)、VB-3(SBD-2/3*18)、VT-6(TBD-1*18)
◎1942/6/3 VF-6(F4F-4*27)、VB-6(SBD-2/3*18)、VS-6(SBD-2/3*19)、VT-6(TBD-1*14)
◎1942/8/7 VF-6(F4F-4*36)、VB-6(SBD-3*18)、VS-5(SBD-3*18)、VT-3(TBF-1*14)
◎1942/8/23 VF-6(F4F-4*36)、VB-6(SBD-3*18)、VS-5(SBD-3*18)、VT-3(TBF-1*14)
◎1942/10/26(CVG-10) VF-10(F4F-4*34)、VB-10(SBD-3*18)、VS-10(SBD-3*18)、VT-10(TBF-1*12)
◎1942/11/12(CVG-10) VF-10(F4F-4*34)、VB-10(SBD-3*18)、VS-10(SBD-3*18)、VT-10(TBF-1*12)
◎1943/1/1(CVG-10) VF-10(F4F-4*34)、VB-10(SBD-3*18)、VS-10(SBD-3*18)、VT-10(TBF-1*12)
◎1944/1/29(CVG-10) VF-10(F6F-3*32)、VB-10(SBD-5*30)、VT-10(TBF-1C*16)
◎1944/2/17(CVG-10) VF-10(F6F-3*32)、VB-10(SBD-5*30)、VT-10(TBF-1C*16)
◎1944/3/30(CVG-10) VF-10(F6F-3*32)、VB-10(SBD-5*30)、VT-10(TBF-1C*16)
ホーネット
12
Hornet CV-8 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1941/10/20 1943/1/13 ◎1939/9/25 起工
◎1940/12/14 進水
◎1942/6? 真珠湾にて改装
1942/10/26 南太平洋海戦にて日本海軍機の雷爆撃により損傷、重巡洋艦ノーザンプトン Northampton(CA-26)が曳航するも放棄、後に砲雷撃処分するも沈没せず(1234567
1942/10/27 日本海軍が曳航を試みるも断念、日本海軍駆逐艦秋雲、巻雲の雷撃により沈没
◎Carried 16 Army B-25 bombers for Raid on Tokyo (commanded Lt. Col. James H. Doolittle), 18 Apr 1942 (1, 2, 3). Midway (1, 2), Buin Raid 1942, Solomons, Santa Cruz.
#CV-8の搭載飛行隊
◎1941/12/7 VF-8(F4F-3*19、F4F-3A*2、SNJ-3*2)、VB-8(SBC-4*19)、VS-3(SBC-4*20)、VT-8(TBD-1*8、SBN-1*7)、VU(J2F-5*2、OS2U-2*2)
◎1942/4/18 17th BG DET.(B-25B*16)、VF-8(F4F-3/4*18)、VB-8(SBD-3*16)、VS-3(SBD-3*16)、VT-8(TBD-1*16)
(←陸軍航空軍所属ノース・アメリカンB-25Bミッチェル)
◎1942/6/3 VF-8(F4F-4*27)、VB-8(SBD-2/3*19)、VS-8(SBD-2/3*18)、VT-8(TBD-1*15)
◎1942/10/26 VF-8(F4F-4*27)、VB-8(SBD-2/3*19)、VS-8(SBD-2/3*18)、VT-8(TBD-1*15)


Update 17/02/26