CV
航空母艦、汎用航空母艦

※1920年7月17日、巡洋艦籍 Cruisersだった一等航空母艦 Aircraft Carrier, First Lineは、1928年6月6日に航空母艦籍 Aircraft Carriersとして独立、航空母艦 Aircraft Carrierと名称が変更される。1975年から汎用航空母艦 Multi-Purpose Aircraft Carrierと変更される(直訳では多目的航空母艦だが、このサイトでは汎用航空母艦とする)
1920年11月17日のAircraft Carriers 32.75kt案(Preliminary Design No. 2)
常備排水量:35,000t 吃水線長:246.88m 吃水:9.14m 幅:水線24.38m/最大32.30m 主缶:缶14基 出力:140,000馬力 兵装:152o連装砲8基、127o単装砲4基 速力:32.75kt
※16門の152o砲と32.75ktの最高速力を備えた35,000t案の予備設計図。この計画では、キールから大型航空母艦を建造することを想定していたが、1922年のワシントン海軍軍縮条約に従って、建造中の2隻の巡洋戦艦が大型航空母艦に改造された

↑Image courtesy of Shipbucket.



Update 20/11/23