CC
巡洋戦艦


軽荷排水量:35,300t 常備排水量:43,480t 全長:266.39m 幅:27.43m(32.13mともいわれる) 吃水:9.44m(最大、9.52mともいわれる) 主缶:ヤーロー缶20基(CC-2〜CC-4はホワイトフォースター缶20基) 主機/軸数:ジェネラル・エレクトリック式ターボエレクトリック2基(CC-2とCC-4はウェスティングハウス式ターボエレクトリック2基)/4軸 出力:180,000馬力 速力:33.0kt(33.3ktともいわれる、CC-4は35.0kt) 航続力:10ktで10,000浬 兵装:50口径406o連装砲4基、53口径152o単装砲16基、50口径76o単装対空砲4基〜6基、12.7o機銃4基 533o水中魚雷発射管4門、533o水上魚雷発射管4門 装甲:水線127o〜196.85o、砲塔前楯279.4o、砲塔側面152.4o、砲塔天蓋127o、甲板38.1o〜50.8o、隔壁177.8o、バーベット127o〜228.6o、司令塔304.8o 乗員:1,242名(1,290名ともいわれる、CC-4は1,500名)
※元々は大型偵察巡洋艦として計画。152o砲10門搭載の10,750t案から406o4門搭載の35,300t案まで多数の試案が提出されも最低でも254o以上の砲を搭載する事が決まる。名称も戦闘偵察巡洋艦と変わり、1915年10月には巡洋戦艦案の設計が進められる
↑レキシントン級巡洋戦艦(1916年度計画案)
↑レキシントン級巡洋戦艦(建造開始時案)
↑U.S. Battle Cruisers Nos. 1 - 4. Artwork by F. Muller, circa 1916, depicting the original design adopted for these ships. Original (1916) Battle Cruiser Numbers 1 - 4 design characteristics: Displacement: 34,300 tons. Dimensions: 874' (length overall); 90'11" (maximum beam). Powerplant: 180,000 horsepower steam turbines with electric drive, producing a 35 knot maximum speed. Armament (Main Battery): Ten 14"/50 guns in two twin (turret #s 1 & 4) and two triple (turret #s 2 & 3) turrets. Armament (Secondary Battery): Eighteen 5"/51 guns in single mountings (nine guns on each side of the ship). U.S. Naval Historical Center Photograph. Note: The original print for this photograph has a vertical crack through its middle.
↑Lexington Class Battle Cruiser. Artwork by F. Muller, circa 1919, depicting the definitive design for these ships, whose construction was cancelled under the Washington Naval Limitations Treaty of 1922. Definitive (1919) Lexington class (Battle Cruiser Numbers 1 - 6) design characteristics: Displacement: 43,500 tons. Dimensions: 874' (length overall); 105'5" (maximum beam). Powerplant: 180,000 horsepower steam turbines with electric drive, producing a 33.25 knot maximum speed. Armament (Main Battery): Eight 16"/50 guns in four twin turrets. Armament (Secondary Battery): Sixteen 6"/53 guns in single mountings (eight guns on each side of the ship). U.S. Naval Historical Center Photograph.

↑Image courtesy of Shipbucket.
1912年10月12日の案
1915年5月のPreliminary Design No.133案
1915年6月のPreliminary Design No.140案
1915年7月1日のPreliminary Design No.143案
1915年8月25日のPreliminary Design No.145案
1916年6月16日のPreliminary Design No.169案
1918年5月16日の案
1919年3月13日の案
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
レキシントン
12
Lexington CC-1 フォア・リヴァー・シップ&エンジン・ビルディング社 1927/12/14 1942/6/24 ◎1917/12/1 コンスティチューションと命名
◎1917/12/10 レキシントンと改名
◎1921/1/8 起工
◎1922/2/8 ワシントン軍縮条約にて建造中止
◎1922/7/1 艦種を航空母艦(CV-2)に改める
コンステレーション Constellation CC-2 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1923/8/17 ◎1920/8/18 起工
◎1922/2/8 ワシントン軍縮条約にて22.7%の完成度で建造中止
◎1923 解体のため売却
サラトガ
12
Saratoga CC-3 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1927/11/16 1946/8/15 ◎1920/9/25 起工
◎1922/2/8 ワシントン軍縮条約にて建造中止
◎1922/7/1 艦種を航空母艦(CV-3)に改める
レンジャー
12
Ranger CC-4 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1923/8/27 ◎最初の予定艦名はレキシントンだった(1917/12/10改名)
◎1921/6/23 起工
◎1922/2/8 ワシントン軍縮条約にて4%の完成度で建造中止
◎1923/8/17 キャンセル
◎1923/11/8 解体のため、フィラデルフィアのSteel Scrap Corp. に売却
コンスティチューション
12
Constitution CC-5 フィラデルフィア海軍工廠 1923/8/27 ◎最初の予定艦名はレンジャーだった(1917/12/10改名)
◎1920/9/25 起工
◎1922/2/8 ワシントン軍縮条約にて13.4%の完成度で建造中止
◎1925/7/24 解体のため売却
ユナイテッド・ステーツ
12
United States CC-6 フィラデルフィア海軍工廠 1923/8/25 ◎1920/9/25 起工
◎1922/2/8 ワシントン軍縮条約にて12.1%の完成度で建造中止
◎1923/10/25 解体のため売却


※1918年5月に提出された最大巡洋戦艦 Maximum Battlecruisersの4つの設計研究。研究のみに終わる
1918年5月8日のScheme D案
排水量:54,500t 全長:268.20m 幅:32.30m 吃水:9.80m 主缶:17基 出力:180,000馬力 速力:29.5kt 兵装:50口径406o3連装砲4基 装甲:水線304.8o、甲板76.2o、砲塔前楯406.4o、砲塔天蓋152.4o
1918年5月16日のScheme C案
排水量:54,500t 全長:274.30m 幅:32.30m 吃水:9.80m 主缶:17基 出力:180,000馬力 速力:30.0kt 兵装:50口径406o3連装砲4基 装甲:水線304.8o、甲板76.2o、砲塔前楯406.4o、砲塔天蓋152.4o
1918年5月18日のScheme C案
1918年5月18日のScheme D案


Update 17/04/05