BATTLESHIPS/BATTLECRUISERS MAIN RIFLES


名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
12インチ砲Mk. 8 12in Mk. 8 304.8o 50口径 517.09s
(AP Mk. 18)
426.37s
(HC Mk. 17、MK. 22)
123.67s
(NC、Full charge)
61.07s
(NC、Reduced charge)
762m/秒
(AP、Full charge)
548m/秒
(AP、Reduced charge)
807m/秒
(HC、Full charge)
598m/秒
(HC、Reduced charge)
2.4発〜3発/分 35,271m
(仰角45度、517.09s AP Mk. 18、Full charge)
20,669m
(仰角45度、517.09s AP Mk. 18、Reduced charge)
34,766m
(仰角45度、426.37s HC Mk. 17、Mk. 22、Full charge)
-150度〜+150度 -3度〜+45度 922t〜934t ◎1939年設計、1944年運用、3連装砲
大型巡洋艦アラスカ級搭載


↑USS Indiana (BB-1). View on the forecastle, circa 1897, showing some of her crewmen, her pilothouse, forward 13-inch gun turret and forward port 8-inch gun turret. Halftone photograph, copied from the contemporary publication Uncle Sam's Navy, 1898. U.S. Naval Historical Center Photograph.
名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
13インチ砲Mk. 1 13in Mk. 1 330.2o 35口径 512.55s
(AP)
81.64s 609m/秒 約1発/分 約10,972m
(仰角15度、512.55s AP)
約-150度〜+150度 -5度〜+15度 Mk .2砲塔(440t)
Mk .3砲塔(712t)
Mk .4砲塔(503t)
◎1895年運用、連装砲
戦艦インディアナ級(Mk. 2砲塔)、キアサージ級(Mk .3砲塔)、イリノイ級搭載(Mk .4砲塔)


名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
14インチ砲Mk. 1 14in Mk. 1 355.6o 45口径 635.02s
(AP)
165.56s
(NCT、Original charge)
190.50s
(NCT、Enlarged chamber)
792m/秒
(AP、With original charge)
822m/秒
(AP、With enlarged charge)
約1.25発〜1.75発/分 21,031m
(仰角15度、635.02s AP)
約-150度〜+150度 -5度〜+15度 連装砲塔(506t(戦艦ニュー・ヨーク級
532t(戦艦ネヴァダ級))
3連装砲塔(748t(戦艦ネヴァダ級
714t〜724t(戦艦ペンシルヴェニア級))
◎1910年頃設計、1914年運用
戦艦ニュー・ヨーク級ネヴァダ級ペンシルヴェニア級搭載
14インチ砲Mk. 2 14in Mk. 2 355.6o 45口径 635.02s
(AP)
165.56s
(NCT、Original charge)
190.50s
(NCT、Enlarged chamber)
792m/秒
(AP、With original charge)
822m/秒
(AP、With enlarged charge)
約1.25発〜1.75発/分 21,031m
(仰角15度、635.02s AP)
約-150度〜+150度 -5度〜+15度 連装砲塔(506t(戦艦ニュー・ヨーク級
532t(戦艦ネヴァダ級))
3連装砲塔(748t(戦艦ネヴァダ級
714t〜724t(戦艦ペンシルヴェニア級))
◎1910年頃設計、1914年運用
戦艦ニュー・ヨーク級ネヴァダ級ペンシルヴェニア級搭載
14インチ砲Mk. 3 14in Mk. 3 355.6o 45口径 635.02s
(AP)
165.56s
(NCT、Original charge)
190.50s
(NCT、Enlarged chamber)
792m/秒
(AP、With original charge)
822m/秒
(AP、With enlarged charge)
約1.25発〜1.75発/分 21,031m
(仰角15度、635.02s AP)
約-150度〜+150度 -5度〜+15度 連装砲塔(506t(戦艦ニュー・ヨーク級
532t(戦艦ネヴァダ級))
3連装砲塔(748t(戦艦ネヴァダ級
714t〜724t(戦艦ペンシルヴェニア級))
◎1910年頃設計、1914年運用
戦艦ニュー・ヨーク級ネヴァダ級ペンシルヴェニア級搭載
14インチ砲Mk. 4 14in Mk. 4 355.6o 50口径 635.02s
(AP)
213.18s 853m/秒
(AP)
1.75発/分 約21,945m
(仰角15度、635.02s AP)
306度
(最大)
-5度〜+15度
戦艦ニュー・メキシコ級
-5度〜+30度
戦艦テネシー級
◎1916年設計、1918年運用、3連装砲
戦艦ニュー・メキシコ級テネシー級搭載
14インチ砲Mk. 5 14in Mk. 5 355.6o 45口径 635.02s
(AP)
165.56s
(NCT、Original charge)
190.50s
(NCT、Enlarged chamber)
792m/秒
(AP、With original charge)
822m/秒
(AP、With enlarged charge)
約1.25発〜1.75発/分 21,031m
(仰角15度、635.02s AP)
約-150度〜+150度 -5度〜+15度 連装砲塔(506t(戦艦ニュー・ヨーク級
532t(戦艦ネヴァダ級))
3連装砲塔(748t(戦艦ネヴァダ級
714t〜724t(戦艦ペンシルヴェニア級))
◎1910年頃設計、1914年運用
戦艦ニュー・ヨーク級ネヴァダ級ペンシルヴェニア級搭載
14インチ砲Mk. 6 14in Mk. 6 355.6o 50口径 635.02s
(AP)
213.18s 853m/秒
(AP)
1.75発/分 約21,945m
(仰角15度、635.02s AP)
306度
(最大)
-5度〜+15度
戦艦ニュー・メキシコ級
-5度〜+30度
戦艦テネシー級
◎1916年設計、1918年運用、3連装砲
戦艦ニュー・メキシコ級テネシー級搭載
14インチ砲Mk. 7 14in Mk. 7 355.6o 50口径 680.38s
(AP Mk. 16)
578.32s
(HC Mk. 22)
190.50s
(NC)
823m/秒
(AP)
861m/秒
(HC)
1.75発/分 39,502m
(仰角45度、680.38s AP Mk. 16)
38,939m
(仰角45度、578.32s HC Mk. 22)
306度
(最大)
-5度〜+30度 911.35t〜973.21t ◎1930年頃設計、1935年頃運用、3連装砲
戦艦ニュー・メキシコ級テネシー級搭載
14インチ砲Mk. 8 14in Mk. 8 355.6o 45口径 680.38s
(AP Mk. 16、Mk. 20)
578.32s
(HC Mk. 19、Mk. 22)
190.50s
(NC)
823m/秒
(AP(旧式))
792m/秒
(AP Mk. 16)
834m/秒
(HC)
約1.25発〜1.75発/分 39,502m
(仰角45度、680.38sAP Mk. 16)
約-150度〜+150度 -5度〜+30度 連装砲塔(532t(戦艦ニュー・ヨーク級
618t(戦艦ネヴァダ級))
3連装砲塔(748t(戦艦ネヴァダ級
714t〜724t(戦艦ペンシルヴェニア級))
◎1928年頃設計、改良、1933年頃運用、改良(12
戦艦ニュー・ヨーク級ネヴァダ級ペンシルヴェニア級搭載
14インチ砲Mk. 9 14in Mk. 9 355.6o 45口径 680.38s
(AP Mk. 16、Mk. 20)
578.32s
(HC Mk. 19、Mk. 22)
190.50s
(NC)
823m/秒
(AP(旧式))
792m/秒
(AP Mk. 16)
834m/秒
(HC)
約1.25発〜1.75発/分 39,502m
(仰角45度、680.38sAP Mk. 16)
約-150度〜+150度 -5度〜+30度 連装砲塔(532t(戦艦ニュー・ヨーク級
618t(戦艦ネヴァダ級))
3連装砲塔(748t(戦艦ネヴァダ級
714t〜724t(戦艦ペンシルヴェニア級))
◎1928年頃設計、改良、1933年頃運用、改良
戦艦ニュー・ヨーク級ネヴァダ級ペンシルヴェニア級搭載
14インチ砲Mk.10 14in Mk. 10 355.6o 45口径 680.38s
(AP Mk. 16、Mk. 20)
578.32s
(HC Mk. 19、Mk. 22)
190.50s
(NC)
823m/秒
(AP(旧式))
792m/秒
(AP Mk. 16)
834m/秒
(HC)
約1.25発〜1.75発/分 39,502m
(仰角45度、680.38sAP Mk. 16)
約-150度〜+150度 -5度〜+30度 連装砲塔(532t(戦艦ニュー・ヨーク級
618t(戦艦ネヴァダ級))
3連装砲塔(748t(戦艦ネヴァダ級
714t〜724t(戦艦ペンシルヴェニア級))
◎1928年頃設計、改良、1933年頃運用、改良
戦艦ニュー・ヨーク級ネヴァダ級ペンシルヴェニア級搭載
14インチ砲Mk. 11 14in Mk. 11 355.6o 50口径 680.38s
(AP Mk. 16)
578.32s
(HC Mk. 22)
190.50s
(NC)
823m/秒
(AP)
861m/秒
(HC)
1.75発/分 39,502m
(仰角45度、680.38s AP Mk. 16)
38,939m
(仰角45度、578.32s HC Mk. 22)
306度
(最大)
-5度〜+30度 911.35t〜973.21t ◎1935年頃設計、1940年頃運用、3連装砲(12
戦艦ニュー・メキシコ級テネシー級搭載
14インチ砲Mk. 12 14in Mk. 12 355.6o 45口径 680.38s
(AP Mk. 16、Mk. 20)
578.32s
(HC Mk. 19、Mk. 22)
190.50s
(NC)
823m/秒
(AP(旧式))
792m/秒
(AP Mk. 16)
834m/秒
(HC)
約1.25発〜1.75発/分 39,502m
(仰角45度、680.38sAP Mk. 16)
約-150度〜+150度 -5度〜+30度 連装砲塔(532t(戦艦ニュー・ヨーク級
618t(戦艦ネヴァダ級))
3連装砲塔(748t(戦艦ネヴァダ級
714t〜724t(戦艦ペンシルヴェニア級))
◎1928年頃設計、改良、1933年頃運用、改良(12
戦艦ニュー・ヨーク級ネヴァダ級ペンシルヴェニア級搭載
14インチ砲Mk. B 14in Mk. B 355.6o 50口径 680.38s
(AP Mk. 16)
578.32s
(HC Mk. 22)
190.50s
(NC)
823m/秒
(AP)
861m/秒
(HC)
2発/分 39,502m
(仰角45度、680.38s AP Mk. 16)
38,939m
(仰角45度、578.32s HC Mk. 22)
306度
(最大)
-5度〜+30度 ◎1937年頃設計、4連装砲
戦艦ノース・カロライナ級搭載(計画時)


↑USS Wisconsin (BB-64). View of the battleship's forward 16"/50 guns and superstructure, taken 21 March 1952, while she was serving with Task Force 77 in Korean waters. Note her Mk. 38 main battery director and various radar antennas. Photographed by AF3c M. R. Adkinson. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives.
↑Sixteen-inch, 50 Caliber, Mark 2, Mod. 1 Gun Barrel. On display in East Willard Park, Washington Navy Yard, D.C., in October 1972. This gun is Number 111, built at the Washington Navy Yard in 1922 for planned installation on the abortive South Dakota class battleships and Lexington class battle cruisers. Note railway trucks supporting the gun barrel. The two sixteen-inch projectiles displayed alongside the gun are inert shells fired by USS New Jersey into San Clemente Island, California, during shore bombardment practice in 1968. U.S. Naval Historical Center Photograph.

↑Image courtesy of Shipbucket.
名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
16インチ砲Mk. 1 16in Mk. 1 406.4o 45口径 957.07s
(AP Mk. 3)
267.61s
(NC)
792m/秒
(AP)
1.5発/分 36,210m
(仰角45.25度、957.07s AP)
300度
(最大)
-4度〜+30度 880t〜920t ◎1913年設計、1921年運用、連装砲
戦艦コロラド級搭載
16インチ砲Mk. 2 16in Mk. 2 406.4o 50口径 954.54s
(AP Mk. 3)
317.51s
(AP)
853m/秒
(AP)
2発/分 40,691m
(仰角45度、952.54s AP)
-150度〜+150度 -5度〜+40度 ◎1916年設計、1923年運用する事になっていた、連装砲および3連装砲
戦艦サウス・ダコタ級巡洋戦艦レキシントン級搭載予定だった
16インチ砲Mk. 3 16in Mk. 3 406.4o 50口径 954.54s
(AP Mk. 3)
317.51s
(AP)
853m/秒
(AP)
2発/分 40,691m
(仰角45度、952.54s AP)
-150度〜+150度 -5度〜+40度 ◎1916年設計、1923年運用する事になっていた、連装砲および3連装砲
戦艦サウス・ダコタ級巡洋戦艦レキシントン級搭載予定だった
16インチ砲Mk. 4 16in Mk. 4 406.4o 56口径 954.54s
(AP Mk. 3)
367.40s
(NC)
914m/秒
(AP)
45,156m
(仰角40度、952.54s AP)
◎1920年設計、1927年試験、試験用
16インチ砲Mk. 5 16in Mk. 5 406.4o 45口径 1,016.04s
(AP Mk. 5)
861.82s
(HC Mk. 13)
247.03s
(NC)
768m/秒
(徹甲弾)
803m/秒
(榴弾)
1.5発/分 36,760m
(仰角45度、861.82s AP Mk. 5)
300度
(最大)
-4度〜+30度 894.08t〜934.72t ◎1935年頃設計、1938年運用、連装砲
戦艦コロラド級搭載
16インチ砲Mk. 6 16in Mk. 6 406.4o 45口径 1,224.69s
(AP Mk. 8)
861.82s
(HC Mk. 13)
247.03s
(NC)
701m/秒
(AP)
803m/秒
(HC)
2発/分 33,741m
(仰角45度、1,224.69s AP Mk. 8)
36,740m
(仰角45度、861.82s HC Mk. 13)
-150度〜+150度 -2度〜+45度 1,407t〜1,437t ◎1936年設計、1941年運用、3連装砲
戦艦ノース・カロライナ級サウス・ダコタ級搭載
16インチ砲Mk. 7 16in Mk. 7 406.4o 50口径 1,224.69s
(AP Mk. 8)
861.82s
(HC Mk. 13)
861.82s
(核砲弾Mk. 23)
861.82s
(HE-CVT Mk. 143)
861.82s
(ICM Mk. 144)
861.82s
(HE-ET/PT Mk. 145)
301.45s
(NC、第二次大戦時)
114.96s
(NC、第二次大戦時Reduced charge)
299.18s
(SPD、第二次大戦後)
147.41s
(SPD/N/CG、第二次大戦後Reduced charge)
762m/秒
(AP)
820m/秒
(HC)
2発/分 38,720m
(仰角45度、1,224.69s AP Mk. 8)
38,059m
(仰角45度、1,224.69s HC Mk. 13)
-150度〜+150度 -5度〜+45度 1,728.4t〜1,735.4t ◎1939年設計、1943年運用、3連装砲
◎核砲弾Mk. 23の弾頭はW23で15kt〜20kt(1959年退役)
戦艦アイオワ級搭載
戦艦モンタナ級搭載予定だった
16インチ砲Mk. 8 16in Mk. 8 406.4o 45口径 1,016.04s
(AP Mk. 5)
861.82s
(HC Mk. 13)
252.19s
(NC)
768m/秒
(AP)
803m/秒
(HC)
1.5発/分 36,760m
(仰角45度、861.82s AP Mk. 5)
300度
(最大)
-4度〜+30度 894.08t〜934.72t ◎1935年頃設計、1938年運用、連装砲
戦艦コロラド級搭載


※現在の18インチ砲Mk. Aの情報、画像を送って頂いたA氏に感謝致します
※下の画像、中央の2門は8インチ砲
↑Display at Dahlgren Naval Surface Warfare Center in Virginia. The 18"/47 Mark "A" is the leftmost gun and a 16"/50 Mark 7 gun as used on the Iowa's is just to its right. Photo by Mr. A.
↑Display at Dahlgren Naval Surface Warfare Center in Virginia. The 18"/47 Mark "A" is the leftmost gun and a 16"/50 Mark 7 gun as used on the Iowa's is just to its right. Photo by Mr. A.
↑Armor plate in battleship Alabama. 17 inches of thickness strikes and though the distance is unclear, 14 inch bullet is eaten, it's stopped and 18 inch bullet is pierced. Photo by Mr. A.
↑Armor plate in battleship Alabama. 17 inches of thickness strikes and though the distance is unclear, 14 inch bullet is eaten, it's stopped and 18 inch bullet is pierced. Photo by Mr. A.
名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
18インチ砲Mk. 1 18in Mk. 1 457.2o 48口径 1,315.41s
(AP)
403.69s
(NC)
823m/秒
(AP)
◎1920年設計、試験用
18インチ砲Mk. A 18in Mk. A 457.2o 47口径 1,746.32s
(AP)
403.69s
(NC)
732m/秒
(AP)
39,734m
(仰角40度、1,746.32s AP)
◎1920年設計、1942年試験、試験用


Update 19/01/04