BB
戦艦


軽荷排水量:27,000t(1927年には28,700t) 満載排水量:28,367t(28,820tともいわれる、1927年には30,000t、1945年には32,200t(戦時通常)) 全長:174.65m 幅:29.00m(29.03mともいわれる、1927年には32.30m、BB-35は29.01m(水線)) 吃水:8.68m(BB-35は9.01m) 主缶:バブコック&ウィルコックス缶14基(近代化改装時にビューロー・エクスプレス缶6基に換装) 主機/軸数:4サイクルvertical triple-expansion機関2基/2軸 出力(計画):28,100馬力 速力:21.0kt(19.7kt(近代化改装時。1945年には19.0kt)、BB-35は21.05kt(公試)) 燃料搭載量:石炭2,850t、重油267t(近代化改装時には重油2,810t。1945年には重油5,467t(戦時最大)) 航続力:12ktで7,684浬(1927年には15ktで15,400浬、1945年には19ktで6,300浬、15ktで10,600浬) 兵装:45口径356o連装砲5基、51口径127o単装砲21基、533o水中魚雷発射管4門(1916年には50口径76o対空単装砲2基を増強、51口径127o単装砲5基を撤去。1927年には45口径356o連装砲5基、51口径127o単装砲16基、50口径76o単装対空砲8基。1945年には45口径356o連装砲5基、51口径127o単装砲6基、56口径40o4連装機銃10基、70口径20o連装機銃1基(BB-35)、70口径20o単装機銃44基〜48基(BB-35)) 装甲:水線254o〜304.8o、砲塔前楯355.6o、砲塔天蓋101.6o(近代化改装時には146.05o)、砲郭254o〜279.4o、甲板50.8o(近代化改装時には95.25o、139.7o(主要部))、隔壁165.1o〜279.4o、バーベット127o〜304.8o、司令塔304.8o 搭載機:なし(近代化改装時には水上偵察機5機(最大。1945年には2機〜3機(通常)) 乗員:士官58名、下士官兵994名(士官、下士官兵合わせて1,042名〜1,540名ともいわれる、BB-35は士官、下士官兵合わせて954名ともいわれる)
メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから)
※当初は305o砲搭載艦として計画
※1925年〜1927年に篭マストを三脚檣に換装、煙突を1本撤去。戦時中、メインマストをカット・ダウン
※装甲、兵装、装備、改装変遷はこちら
↑ニュー・ヨーク級戦艦テキサス(1918年時)
↑ニュー・ヨーク級戦艦テキサス(1930年時)

↑Image courtesy of Shipbucket.
1913年4月1日のBattleships Nos. 34 & 35案
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ニュー・ヨーク
12
New York BB-34 ニュー・ヨーク海軍工廠 1914/4/15 1946/8/29 1948/7/13 ◎1911/9/11 起工
◎1912/10/30 進水
◎1914/4/26 引き渡される
◎1919 メンテナンス
◎1925 海軍工廠ノーフォークにて入渠、近代化改装(〜1927/10/10、12
◎1945/3初め Manusの分割式浮きドック(ABSD-4)にて入渠、プロペラ修理(12
1945/4/14 沖縄海域にて日本軍機の特攻機の攻撃により損傷
◎1946/7/1 ビキニ環礁にて原爆実験標的として使用
◎1946/7/25 ビキニ環礁にて原爆実験標的として使用
◎1948/7/8 オアフ島近海にて航空機と艦砲標的として沈没(12
◎Mexican Intervention, 1914. Grand Fleet 1917-1918. Pacific Fleet 1919-1925. Gunnery TS 1943-1944. North Africa, Iwo Jima, Okinawa, Operation Magic Carpet.
#BB-34の搭載レーダー
◎1938 XAF対空レーダー
◎1941/11 SC対空レーダー、Mk. 3対水上射撃指揮レーダー
◎1945 SK対空レーダー、Mk. 3対水上射撃指揮レーダー
テキサス
12
Texas BB-35 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1914/3/12 1948/4/21 1948/4/30 ◎1911/4/17 起工
◎1912/5/18 進水
◎1914/3/12 引き渡される
◎1914/3/27 ニュー・ヨーク海軍工廠にて射撃管制機器を設置
◎1914/12/28 ニュー・ヨーク海軍工廠にて修理(〜1915/2/16)
◎1917/8中旬 ニュー・ヨーク海軍工廠にて修理(〜1917/9/26)
1917/9/27 Block Islandにて座礁
◎1917/9/30 離礁、後に修理(〜1917/12)
◎1918/12下旬 ニュー・ヨークにてオーヴァーホール
1923/9/13 Point Arguelloにて商船Steel Seafarerと衝突
◎1925/8/1 海軍工廠ノーフォークにて近代化改装(〜1926/11/23(1927?)、123
◎1929初め ニュー・ヨークにてオーヴァーホール(〜1929/3)
1944/6/25 シェルブールにてドイツ軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1944/9中旬 ニュー・ヨークにて修理
◎1946/2中旬 ノーフォークにて不活性化工事
1948/4/21 テキサス州サン・ジャシント古戦場公園にて記念艦となる(12
◎Mexican Intervention, 1914. Grand Fleet 1918. Texas fitted with flying off ramps on superfiring turrets, Mar 1919. Pacific Fleet 1919-1925. North Africa, Normandy, Southern France, Iwo Jima, Okinawa, Operation Magic Carpet.
#BB-35の搭載レーダー
◎1938 CXZ対空レーダー
◎1942 Mk. 3対水上射撃指揮レーダー
◎1943 SC対空レーダー、Mk. 3対水上射撃指揮レーダー
◎1948 SK対空レーダー、Mk. 3対水上射撃指揮レーダー


Update 19/06/13