BB
戦艦


軽荷排水量:35,000t 満載排水量:46,216t(46,218tともいわれる、BB-58は45,610t、BB-59は47,006t、BB-60は45,200t) 全長:207.26m(207.40mともいわれる、BB-59は207.51m) 幅:32.96m 吃水:10.30m(10.99mとも11.07mともいわれる、BB-58、BB-59は8.91m、BB-60は11.02m) 主缶:バブコック&ウィルコックス缶8基(BB-58、BB-60はフォスターホイーラー缶8基) 主機/軸数:ジェネラル・エレクトリック式ギアード蒸気タービン4基(BB-58、BB-60はウェスティングハウス式ギアード蒸気タービン)/4軸 出力:130,000馬力 速力:27.0kt(27.8ktともいわれる) 燃料搭載量:重油6,950t(BB-58、BB-60は7,340t) 航続力:15ktで15,000浬(15ktで17,000浬ともいわれる) 兵装:45口径406o3連装砲3基、38口径127o連装両用砲8基(BB-58〜BB-60は38口径127o連装両用砲10基)、75口径28o4連装機銃7基(BB-58、BB-60は56口径40o4連装機銃6基)、70口径20o単装機銃35基(BB-58は70口径20o単装機銃16基、BB-60は70口径20o単装機銃22基、1945年には45口径406o3連装砲3基、38口径127o連装両用砲8基(BB-58〜BB-60は38口径127o連装両用砲10基)、56口径40o4連装機銃17基(BB-58、BB-60は56口径40o4連装機銃14基)、70口径20o単装機銃41基〜77基) 装甲:装甲:水線309.88o(クラスA、50.8oセメントおよび22.22oSTS隔壁プレートに薄片化し、垂直で19度傾斜し内部に設置、31.75o垂直STS外殻、主要水線の前方は12.7oHTSまたは50.8oマイルド・スチール隔壁プレート、船体中央部である25.4oSTS、38.1o弾薬庫周囲(後部対魚雷隔壁の上方拡張部)、38.1oSTS上部側殻、内部の2×15.875oSTS outboard sloped(19度、internal armored bulkheadを拡張)、船体内側水線287.02oSTS〜下端41.27oSTS(テーパー状、2.5' above the triple layer bottom、19.05oHTS(bottom hull))、砲塔前楯457.2o(クラスB、30度〜40度の後傾斜)、砲塔側面241.3oクラスB、砲塔後面304.8oクラスB、砲塔天蓋184.15o、内部装甲(19.05o〜25.4oHTS隔壁(ボイラーと機関室の側に沿っている)、38.1oSTSプレート(弾薬庫エリアを取り囲んでいる)、3×19.05oHTS(吃水線下隔壁))、バーベット292.1o〜439.42oクラスA、甲板(露天甲板38.1oSTS、19.05oSTSがラミネートされた134.62oSTSは、甲板外3.65m装着、19.05oSTSがラミネートされた127oSTSは船体中央部に、スプリンター・デッキ(15.87oSTS(spaced 3' below the main armor deck))、マイルド・スチール・デッキ(7.62o、10' below splinter deck)、3rd deck(25.4oSTS(弾薬庫防護壁、in place of splinter deck over magazines))、司令塔(側面406.4oクラスB、上部184.15o) 搭載機:水上偵察機2機 乗員:士官115名、下士官兵1,678名(士官、下士官兵合わせて2,354名ともいわれる、BB-58は士官、下士官兵合わせて2,500名)
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから)
↑サウス・ダコタ級戦艦サウス・ダコタ(BB-57)
↑USS Indiana (BB-58); USS Massachusetts (BB-59); and USS Alabama (BB-60). Drawing prepared by the Bureau of Ships for use in preparing camouflage designs, circa 1943. This plan shows the ship's starboard side, superstructure ends and exposed decks. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives.
↑Alabama (BB-60). As above. Note the two empty gun tubs on the main deck beside the aft superstructure between Turret 3 and the secondary battery. These were each for a quad 40mm Bofors mount which were in short supply at that time. Image courtesy of NavSource.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サウス・ダコタ
12345
South Dakota BB-57 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1942/3/20 1947/1/31 1962/6/1 ◎1939/7/5 起工
◎1941/6/7 進水
◎1942/3/20 引き渡される
◎フィラデルフィア海軍工廠にて就役、艤装
1942/9/6 トンガ島Lahai Passageにて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1942/9中旬 真珠湾海軍工廠にて修理
1942/10/26 南太平洋海戦にて日本軍機の攻撃により損傷
1942/10/27 Noumeaにて駆逐艦マハン Mahan(DD-364)と衝突し損傷、後に工作艦ヴェスタル Vestal(AR-4)により修理
1942/11/15 第三次ソロモン海戦にて日本海軍艦艇の砲撃により損傷(123456789101112131415161718192021222324252627282930313233343536373839404142)、後にNoumeaにて工作艦プロメテウス Prometheus(AR-3)により修理(123
◎1942/12中旬 ニュー・ヨークにてオーヴァーホール、修理(〜1943/2、12345
◎1943/8 ノーフォーク海軍工廠にて改装
1944/6/19 マリアナ沖海戦にて日本軍機の攻撃により損傷(1234567
◎1944/7中旬 海軍工廠ピュージェット・サウンドにてオーヴァーホール
1945/5/6 沖縄海域にて砲塔内爆発事故
◎1945/5/11 グアムの分割式浮きドック(ABSD-6)にて入渠(1234
◎1946/1 フィラデルフィア海軍造船所にて不活性化オーヴァーホール(123
◎1946/6 大西洋予備艦隊に編入(12345
◎1962/10/25 解体のため、Luria Bros. & Co., Inc. のLipsett Divisionに売却
◎後にKearnyにて解体(12345
◎Santa Cruz, Battle of Guadalcanal (1, 2, 3), Gilbert Is., Kwajalein, Raid on Truk, Marianas Raid Feb 1944, Palau-Yap Raids Mar 1944, Hollandia, Truk Raid Apr 1944, Saipan, Philippine Sea, Philippines Raids Sep 1944, Okinawa Raid Oct 1944, N. Luzon-Formosa Raids Oct 1944, Luzon Raids Oct 1944, Visayas Is. Raids Oct 1944, Formosa Raids Jan 1945, Luzon Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Honshu Raid Feb 1945, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Tokyo Bay.
#BB-57の搭載レーダー
◎1942 SG対水上レーダー、SC対空レーダー、Mk. 3対水上射撃指揮レーダー、Mk. 4対空射撃指揮レーダー
◎1943 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対水上射撃指揮レーダー
◎1944末 SG対水上レーダー、Mk. 27対水上レーダー、SK-2対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対空射撃指揮レーダー
◎1945 SG対水上レーダー、Mk. 27対水上レーダー、SK-2対空レーダー、SR対空レーダー、SP対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対空射撃指揮レーダー
インディアナ
12345
Indiana BB-58 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/4/30 1947/9/11 1962/6/1 ◎1939/11/1(1939/11/20?) 起工
◎1941/11/21 進水
◎1942/4/30 引き渡される
◎1942/9/8 ハンプトン・ローズにて船体を再塗装(1234
1944/2/1 Kwajalein南方海域にて戦艦ワシントン(BB-56)と衝突し損傷、後にマジュロにて一時的な修理
◎1944/2中旬 真珠湾にて修理(12345
1944/6/19 フィリピン海にて日本軍機の爆撃により損傷
1945/6/5 沖縄海域にて台風により損傷
◎退役後、太平洋予備艦隊に編入(123
◎1963/9/6 解体のため売却
◎後にリッチモンドにて解体(123456
マストはBloomingtonのインディアナ大学にて展示
錨はFort Wayneにて展示
艦首はバークリーの駐車場にて展示
その他いくつかの装備品は博物館や学校に展示
◎Marcus I. Raid 1943, Gilbert Is., Kwajalein, Truk Raid Apr 1944, Philippine Sea, Saipan, Guam, Palau-Yap Raids Jul 1944, Philippines Raids Sep 1944, Honshu Raid Feb 1945, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
#BB-58の搭載レーダー
◎1942 SG対水上レーダー、SC対空レーダー、Mk. 3対水上射撃指揮レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 4対空射撃指揮レーダー
◎1943 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対水上射撃指揮レーダー
◎1944 SG対水上レーダー、Mk. 27対水上レーダー、SK対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対空射撃指揮レーダー
◎1945 SG対水上レーダー、Mk. 27対水上レーダー、SK対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対空射撃指揮レーダー
マサチューセッツ
123
Massachusetts BB-59 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1942/5/12 1947/3/27 1962/6/1 ◎ニックネームはビッグ・マミー Big Mamie
◎1939/7/20 起工
◎1941/9/23 進水
◎1942/5/12 引き渡される
1942/11/8 カサブランカにてヴィシー・フランス軍のエル・ハンク沿岸砲台の砲撃により損傷、後にSGレーダー故障、ヴィシー・フランス海軍駆逐艦Boulonnaisの砲撃により損傷
◎1944/5 ピュージェット・サウンドにてオーヴァーホール(〜1944/6)
1945/6/5 沖縄海域にて台風により損傷
◎1945/9 ピュージェット・サウンドにてオーヴァーホール(〜1946/1)
◎退役後、ノーフォークにて大西洋予備艦隊に編入(12345
1965/6/8 マサチューセッツ記念委員会に寄贈
1965/8/14 Fall Riverにて記念艦となる
◎1998/11/4 錆によるダメージを修理する工事(〜1998/11/7)
◎2013/9/6 保全とレストア(123
◎North Africa, Gilbert Is., Kwajalein, Raid on Truk, Marianas Raid Feb 1944, Palau-Yap Raids Mar 1944, Hollandia, Truk Raid Apr 1944, Palau, Okinawa Raid Oct 1944, N. Luzon-Formosa Raids Oct 1944, Luzon Raids Oct 1944, Visayas Is. Raids Oct 1944, Surigao Strait, Formosa Raids Jan 1945, Luzon Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Nansei Shoto Raid Jan 1945, Honshu Raid Feb 1945, Iwo Jima, Fleet Raids 1945, Raids on Japan Jul-Aug 1945.
☆BB-59の撃沈スコア(以下の艦船)
・1942/11/8 ヴィシー・フランス海軍戦艦Jean Bart(カサブランカにて損傷を与える、123
(←フランス海軍戦艦リシュリュー)
(←フランス海軍戦艦リシュリュー(1943年時))
・1942/11/8 ヴィシー・フランス大型海軍駆逐艦Le Malin(カサブランカにて撃沈、後に引き揚げられ修理)
(←フランス海軍大型駆逐艦ル・ファンタスク(1937年時))
・1942/11/8 ヴィシー・フランス海軍駆逐艦Boulonnais(カサブランカにて撃沈(軽巡洋艦ブルックリン Brooklyn(CL-40)と共同で))
(←フランス海軍駆逐艦ル・マルス(1941年時))
・1942/11/8 ヴィシー・フランス海軍軽巡洋艦Primaguet(カサブランカにて損傷を与える)
(←フランス海軍軽巡洋艦プリモゲ(1930年頃時))
#BB-59の搭載レーダー
◎1942 SG対水上レーダー、SC対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 4対空射撃指揮レーダー
◎1943 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対空射撃指揮レーダー
◎1944末 SG対水上レーダー、Mk. 27対水上レーダー、SK-2対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対空射撃指揮レーダー
◎1945 SG対水上レーダー、Mk. 27対水上レーダー、SK-2対空レーダー、SR対空レーダー、SP対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対空射撃指揮レーダー
アラバマ
12
Alabama BB-60 ノーフォーク海軍工廠 1942/8/16 1947/1/9 1962/6/1 ◎1940/2/1 起工
◎1942/2/16 進水
◎1942/11/10 引き渡される
◎1943/1中旬? ノーフォークにて修理改装
◎1943/8/10 ノーフォークにてオーヴァーホール、修理(〜1943/8/20)
◎1944/1中旬 真珠湾海軍工廠にて入渠(右舷プロペラの交換、その他メンテナンス)
1944/2/21 127o5番砲が127o9番砲の誤った砲撃により損傷
◎1944/12上旬 ウルシーにてメンテナンス
◎1945/1/18 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて入渠(〜1945/2/25、1234
1945/6/5 フィリピン海にて台風により損傷
◎退役後、ブレマートンにて太平洋予備艦隊に編入
1964/6/16 USSアラバマ戦艦委員会に寄贈
1964/9/14 モービルにて記念艦となる
1986 アメリカ合衆国国定歴史建造物に指定
◎North Atlantic May-Aug 1943, Gilbert Is., Kwajalein, Raid on Truk, Marianas Raid Feb 1944, Palau Raid Mar 1944, Truk Raid Apr 1944, Saipan, Philippine Sea, Guam, Palau-Yap Raids Jul 1944, Bonins-Yap Raids, Hollandia, Palau, Philippines Raids Sep 1944, Okinawa Raid Oct 1944, N. Luzon-Formosa Raids Oct 1944, Luzon Raids Oct 1944, Visayas Is. Raids Oct 1944, Surigao Strait, Fleet Raids 1945, Raids on Japan Jul-Aug 1945, Operation Magic Carpet.
#BB-60の搭載レーダー
◎1942 SG対水上レーダー、SC対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 4対空射撃指揮レーダー
◎1943 SG対水上レーダー、SK対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対空射撃指揮レーダー
◎1944末 SG対水上レーダー、Mk. 27対水上レーダー、SK-2対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対空射撃指揮レーダー
◎1945 SG対水上レーダー、SU対水上レーダー、Mk. 27対水上レーダー、SK-2対空レーダー、SR対空レーダー、SP対空レーダー、Mk. 8対水上射撃指揮レーダー、Mk. 12/22対空射撃指揮レーダー


Update 17/10/12