DD
駆逐艦

※PSAは試験航海後の有用性(Post Shakedown Availability)の略
軽荷排水量:1,630t 満載排水量:2,000t(2,525tともいわれる) 全長:106.47m(DD-456は106.01m、DD-461、DD-483、DD-497は106.17m、DD-484は106.14m)  幅:10.99m(DD-456は10.97m、DD-461、DD-497は9.16m) 吃水:4.01m(DD-456は4.26m(平均)、DD-461は4.77m、DD-483は5.33m、DD-484は5.30m、DD-497は3.60m)  主缶:バブコック&ウィルコックス式水管缶(重油専焼)4基 主機/軸数:ウェスティングハウス式オール・ギアード蒸気タービン2基(DD-441〜DD-444、DD-453〜DD-456、DD-461〜DD-464、DD-493〜DD-497、DD-632〜DD-641、DD-645はジェネラル・エレクトリック式オール・ギアード蒸気タービン)/2軸 出力(計画):50,000馬力 速力(計画):35.0kt(37.4ktともいわれる、DD-461は38.0kt、DD-497は37.0kt) 燃料搭載量(計画):重油500t 航続力(計画):12ktで6,500浬 兵装:38口径127o単装両用砲5基、12.7o単装機銃10基、533o5連装魚雷発射管2基(DD-453以降は38口径127o単装両用砲4基、28o4連装機銃1基、12.7o単装機銃10基、533o5連装魚雷発射管1基に改正、後期艦はさらに機銃兵装を40o連装機銃2基、20o機銃8基に増強)、爆雷投射機1基、爆雷投下軌条2条、爆雷10個 乗員:276名(DD-456は270名、DD-461、DD-497は208名、DD-483は272名)
※同じギブス&コックス社製の図面によったため、ベンソン級のDD-423、DD-424と本級を一緒にしてグリーヴス級ともいわれる
※兵装の差異から、DD-453以降をブリストル級ともいわれる

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
リヴァモア Livermore DD-429 バス鉄工所 1940/10/7 1947/1/24 1956/7/19 ◎最初の予定艦名はグレイソンだった(1938/12/23改名)
◎1946/5/1 予備役に編入
◎1961/3/3 解体のため売却
エバール Eberle DD-430 バス鉄工所 1940/12/4 1951/1/22 1951/1/24 ◎1946/6/3 予備役に編入
◎1950/11/21 再役
◎1951/1/22 ギリシャに譲渡されNikiと改名
◎1972 除籍、解体のため売却
プランケット Plunkett DD-431 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1940/7/17 1946/5/3 1972/11/1 ◎1946/5/3 予備役に編入
◎1954/2/16 台湾に譲渡されNan Yang(DD-17)と改名
◎1975 除籍、解体のため売却
キアニー Kearny DD-432 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1940/9/13 1946/3/7 1971/6/1 ◎1946/3/7 予備役に編入
◎1972/10/6 解体のため売却
グウィン Gwin DD-433 チャールズタウン海軍工廠 1941/1/15 1943/7/13 コロンバンガラ島沖夜戦にて日本海軍艦艇の雷撃により損傷、処分
メレディス Meredith DD-434 チャールズタウン海軍工廠 1941/3/1 1942/10/15 サン・クリストバル沖にて日本海軍機の攻撃により沈没
グレイソン Grayson DD-435 チャールストン海軍工廠 1941/2/14 1947/2/4 1972/6/1 ◎最初の予定艦名はリヴァモアだった
◎1947/2/4 予備役に編入
◎1974/6/12 解体のため売却
モンセン
12
Monssen DD-436 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1941/3/14 1942/11/13 第三次ソロモン海戦にて日本海軍艦艇の砲雷撃により沈没
ウールゼー Woolsey DD-437 バス鉄工所 1941/5/7 1946/6/13 1971/7/1 ◎1946/3/8 予備役に編入
◎1974/6/12 解体のため売却
ラドロー Ludlow DD-438 バス鉄工所 1941/3/5 1951/1/22 1951/1/24 ◎1946/5/20 予備役に編入
◎1951/1/22 ギリシャに譲渡されDoxaと改名
◎1972 除籍、解体のため売却
エディソン Edison DD-439 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1941/1/31 1946/5/18 1966/4/1 ◎1946/5/18 予備役に編入
◎1966/12/29 解体のため売却
エリクソン Ericsson DD-440 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1941/3/13 1946/3/15 1970/6/1 ◎1946/3/15 予備役に編入
◎1970/11/17 標的として沈没
ウィルクス Wilkes DD-441 チャールズタウン海軍工廠 1941/4/22 1946/3/6 1971/3/1 ◎1946/3/4 予備役に編入
◎1972/6/29 解体のため売却
ニコルソン Nicholson DD-442 チャールズタウン海軍工廠 1941/6/3 1951/1/15 1951/1/22 ◎1946/2/26 退役
◎1948/11/30 予備役に編入
◎1950/7/17 再役
◎1951/1/15 イタリアに譲渡されAviereと改名
◎1970 試験砲艦となる
◎1975 標的として沈没
スワンソン Swanson DD-443 チャールストン海軍工廠 1941/5/29 1946/3/6 1971/3/1 ◎1945/12/10 予備役に編入
◎1972/9/29 解体のため売却
イングラハム Ingraham DD-444 チャールストン海軍工廠 1941/7/17 1942/9/11 1942/8/22 ノヴァ・スコシア沖にて給油艦シェマング Chemung(AO-30)と衝突し沈没
ブリストル Bristol DD-453 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1941/10/22 1943/10/13 アルジェ沖にてドイツ海軍潜水艦U371の雷撃により沈没
エリソン Ellyson DD-454 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1941/11/28 1954/10/19 1970/2/1 ◎1944/11/15 艦種を掃海駆逐艦(DMS-19)に改める
◎1954/5/4 艦種を駆逐艦(DD-454)に改める
◎1954/10/19 日本に貸与され警備艦あさかぜ(DD-181)となる
◎1960/10/1 艦種を護衛艦に改める
◎1969/10/19 除籍
◎1969/12/3 日本より返還
◎1970/8 台湾に売却され部品供給艦となる
ハンブルトン Hambleton DD-455 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1941/12/22 1955/1/15 1971/6/1 ◎1944/11/15 掃海駆逐艦(DMS-20)となる
◎1955/1/15 予備役に編入
◎1955/1/16 駆逐艦(DD-455)となる
◎1972/11/22 解体のため売却
☆DD-455の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/5/17 ドイツ海軍潜水艦U616(Cartagenaにて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
ロッドマン Rodman DD-456 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/1/27 1955/7/28 1972/11/1 ◎1940/12/26 起工
◎1941/9/26 進水
◎1942秋 ボストンにてオーヴァーホール
◎1942/11下旬 ボストンにて改装(〜1942/12、28o機銃から40o機銃、20o機銃に換装)
◎1944/11 ボストンで掃海駆逐艦に改装(〜1944/12)
◎1944/11/15 艦種を高速掃海艇(DMS-21)に改める◎1955/1/15 艦種を駆逐艦(DD-456)に改める
◎1955/7/28 台湾に譲渡され咸陽 Hsuen Yang(DD-16)と改名
1970/5/22 Matsu Islandにて座礁
◎1973/4/4 売却
1976 映画撮影用にロケに用いられ沈没
◎North Africa, Normandy, Southern France.
☆DD-456の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/5/17 ドイツ海軍潜水艦U616(Cartagenaにて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
エモンズ
12
Emmons DD-457 バス鉄工所 1941/12/5 ◎1940/11/14 起工
◎1941/8/23 進水
◎1942/12? ボストンにてオーヴァーホール
◎1944/11上旬 ボストンで高速掃海艇に改装
◎1944/11/15 艦種を高速掃海艇(DMS-22)に改める
☆DD-457の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/5/17 ドイツ海軍潜水艦U616(Cartagenaにて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
メイコム Macomb DD-458 バス鉄工所 1942/1/26 1954/10/19 1970/2/1 ◎1944/11/15 艦種を掃海駆逐艦(DMS-23)に改める
◎1954/5/4 艦種を駆逐艦(DD-458)に改める
◎1954/7 予備役に編入
◎1954/10/19 日本に貸与され警備艦はたかぜ(DD-182)となる
◎1960/10/1 艦種を護衛艦に改める
◎1969/10/19 除籍
◎1969/12/3 日本より返還
◎1970/8/6 台湾に売却され咸陽と改名(〜1974)
☆DD-458の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/5/17 ドイツ海軍潜水艦U616(Cartagenaにて撃沈(他艦と共同で))
(←ドイツ海軍VIIC型潜水艦)
フォレスト
12
Forrest DD-461 チャールズタウン海軍工廠 1942/1/13 1945/11/30 1945/12/9 ◎1941/1/6 起工
◎1941/6/14 進水
◎1943/12/3 ボストンにてオーヴァーホール
1944/10/1 Marseilleにて衝突し損傷
◎1944/11/8 ノーフォークで高速掃海駆逐艇に改装
◎1944/11/15 艦種を高速掃海艇(DMS-24)に改める
◎North Africa, Norway Raid, Task Group 21.12, Normandy, Southern France.
フィッチ Fitch DD-462 チャールズタウン海軍工廠 1942/2/3 1956/2/24 1971/7/1 ◎1944/11/15 掃海駆逐艦(DMS-25)となる
◎1955/7/16 駆逐艦(DD-462)となる
◎1956/2/24 予備役に編入
◎1973/11/15 フロリダの東海岸にて標的として沈没
コリー Corry DD-463 チャールストン海軍工廠 1941/12/18 1944/6/6 ノルマンディの“ユタ・ビーチ”にて機雷により沈没
ホブソン Hobson DD-464 チャールストン海軍工廠 1942/1/22 ◎1944/11/15 掃海駆逐艦(DMS-26)となる
1952/4/26 アゾレス諸島西方海域にて航空母艦ワスプ Wasp(CV-18)と衝突し沈没
アーロン・ウォード
12
Aaron Ward DD-483 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/3/4 ◎1941/2/11 起工
◎1941/11/22 進水
◎1942春 ニュー・ヨーク海軍工廠にてPSA(〜1942/5)
1942/11/13 第三次ソロモン海戦にて日本海軍艦艇の砲雷撃により損傷
◎1942/12/20 真珠湾にて修理(〜1943/2)
1943/4/7 ツラギ島南方海域にて日本軍機の攻撃により沈没(1234
1994/9/4 海底にて船体がダイヴァーにより発見
◎Battle of Guadalcanal, Solomons.
ブキャナン
12
Buchanan DD-484 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/3/21 1949/4/28 ◎1941/2/11 起工
◎1941/11/22 進水
1942/11/12 サヴォ島沖海戦にて味方艦の誤った砲撃により損傷
1943/4/30 ガダルカナル島南沿岸にて座礁、後に離礁、後にEspiritu Santoにて修理
1943/7/13 コロンバンガラ島沖海戦にて駆逐艦ウッドワース Woodworth(DD-460)と衝突し損傷、後にNoumeaにて修理
1944/2/24 カヴィエンにて日本軍の沿岸砲台の砲撃により損傷
◎1944/4/20 メア・アイランド海軍工廠にてオーヴァーホール(〜1944/6/24、123
1944/12/18 フィリピン海にて台風により損傷(ジャイロコンパス使用不能航空戦史シリーズNo. 55「神風、米艦隊撃滅」(朝日ソノラマ)より)
◎1945晩秋 チャールストンにて不活性化オーヴァーホール
◎1946/5/21 退役、保管
◎1948/12/11 再役
◎1949/3/29 トルコに譲渡されGelibolu(G_1)と改名(12
後に艦種記号をD23に改める
後に艦種記号をD346に改める(12345678910
◎1976(1977?) 除籍、解体
◎Damaged in error by gunfire of U.S. warships, Battle of Guadalcanal, 12 Nov 1942 (5 killed). Guadalcanal-Tulagi (1, 2), Cape Esperance, Battle of Guadalcanal, Solomons, New Georgia, Kolombangara, Green I. Ldgs., Rabaul and Kavieng Bombard., Buka Raid, 1st Rabaul Raid, Palau, Philippines Raids Sep 1944, Luzon Raids Oct 1944, Luzon Raids Jan 1945, Formosa Raids Jan 1945, China Coast Raids Jan 1945, Iwo Jima, Okinawa, Raids on Japan Jul-Aug 1945. PUC.
☆DD-484の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/1/22 日本海軍呂号第三七潜水艦(サン・クリストバル南方海域にて撃沈)
ダンカン Duncan DD-485 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/4/16 1942/10/12 サヴォ島沖夜戦にて日本海軍艦艇の砲雷撃により沈没
ランズダウン Lansdowne DD-486 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/4/29 1946/5/2 1949/8/15 ◎1946/5/2 予備役に編入
◎1949/6/10 トルコに譲渡されGaziantep(D344)と改名
◎1973 除籍、解体のため売却
ラードナー Lardner DD-487 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/5/13 1946/5/16 1949/8/15 ◎1946/5/16 予備役に編入
◎1949/6/10 トルコに譲渡されGemlik(D347)と改名
◎1974 除籍
◎1982/11/21 東地中海にて標的として沈没
マッカラ MaCalla DD-488 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/5/27 1949/4/28 1949/6/7 ◎1946/5/17 予備役に編入
◎1948/12/11 再役
◎1949/4/28 トルコに譲渡されGiresun(D345)と改名
◎1973 除籍、解体のため売却
マーヴィン Mervine DD-489 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/6/17 1949/5/27 1968/7/31 ◎1945/5/30 掃海駆逐艦(DMS-31)となる
◎1949/5/27 予備役に編入
◎1955/7/15 駆逐艦(DD-489)となる
◎1969/10/27 解体のため売却
クイック Quick DD-490 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/7/3 1949/5/28 1972/1/15 ◎1945/6/23 掃海駆逐艦(DMS-32)となる
◎1949/5/28 予備役に編入
◎1955/7/15 駆逐艦(DD-490)となる
◎1973/8/27 解体のため売却
カーミック Carmick DD-493 シアトルタコマ・シップビルディング社 1942/12/28 1954/2/15 1971/7/1 ◎1945/6/23 掃海駆逐艦(DMS-33)となる
◎1954/2/28 予備役に編入
◎1955/7/15 駆逐艦(DD-493)となる
◎1972/8/7 解体のため売却
ドイル
12
Doyle DD-494 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/1/27 1955/5/19 1970/12/1 ◎1945/6/23 掃海駆逐艦(DMS-34)となる
1953 映画会社コロンビアの映画「ケイン号の叛乱 The Caine Mutiny」撮影用に用いられる
◎1955/5/19 予備役に編入
◎1972/10/6 解体のため売却
エンディコット Endicott DD-495 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/2/25 1955/8/17 1969/11/1 ◎1945/5/30 掃海駆逐艦(DMS-35)となる
◎1955/7/15 駆逐艦(DD-495)となる
◎1955/8/17 予備役に編入
◎1970/10/6 解体のため売却
マックック
12
McCook DD-496 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/3/15 1949/5/27 1972/1/15 ◎1941/5/1 起工
◎1942/4/30 進水
1944/5/28 Weymouthにて枢軸軍機の爆撃(至近弾)により損傷、後に駆逐艦母艦メルヴィル Melville(AD-2)により修理
1944/6/6 ノルマンディ海岸にて艦底を損傷(上陸部隊援護の為にギリギリまで海岸に接近し、ドイツ軍陣地を砲撃、海岸に接近しすぎた為に艦底を擦る程度の損傷)
◎1945/5下旬 フィラデルフィア海軍工廠で高速掃海艇に改装(〜1945/7/12)
◎1945/5/30 艦種を高速掃海艇(DMS-36)に改める
◎1955/7/15 艦種を駆逐艦(DD-496)に改める
◎1973/8/1 Defense Reutilization & Marketing Serviceにより解体のため売却
Normandy, Southern France.
フランクフォード
12
Frankford DD-497 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/3/31 1946/3/4 1971/6/1 ◎1941/6/5 起工
◎1942/5/17 進水
◎1944/10/3 ニュー・ヨークにてオーヴァーホール
◎退役後、チャールストンにて保管
◎1973/12/4 プエルト・リコ沖にて標的として沈没
◎Normandy, Southern France.
☆DD-497の撃沈スコア(以下の艦船)
・1944/8/18 ドイツ海軍魚雷艇3隻(南フランスにて撃沈(他艦と共同で))
ダヴィソン Davison DD-618 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/9/11 1949/6/24 1972/1/15 ◎1945/6/23 掃海駆逐艦(DMS-37)となる
◎1949/6/24 予備役に編入
◎1955/7/15 駆逐艦(DD-618)となる
◎1973/8/27 解体のため売却
エドワーズ Edwards DD-619 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/9/18 1946/4/11 1971/7/1 ◎1973/5/25 解体のため売却
グレノン Glennon DD-620 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/10/8 1944/6/8 ノルマンディ沖にて機雷により損傷
1944/6/10 沈没
ジェファーズ Jeffers DD-621 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/11/5 1955/5/23 1971/7/1 ◎1944/11/15 掃海駆逐艦(DMS-27)となる
◎1955/5/23 予備役に編入
◎1955/7/15 駆逐艦(DD-621)となる
◎1973/5/25 解体のため売却
マドックス Maddox DD-622 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/10/31 1943/8/19 1943/7/10 シシリー島沖にてドイツ空軍機の爆撃により沈没
ネルソン Nelson DD-623 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/11/26 1947/1 1968/3/1 ◎1947/1 予備役に編入
◎1969/7/18 解体のため売却
ボールドウィン Baldwin DD-624 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/4/30 1946/6/20 ◎1946/6/20 予備役に編入
1961/4/19 モントーク・ポイントにて座礁
1961/6/5 放棄
ハーディング Harding DD-625 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/5/25 1945/11/2 1945/11/16 ◎1944/11/15 掃海駆逐艦(DMS-28)となる
1945/4/16 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1947/4/16 解体のため売却
サターリー Satterlee DD-626 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/7/1 1946/3/16 1970/12/1 ◎1946/3/16 予備役に編入
◎1972/5/8 解体のため売却
トムソン
12
Thompson DD-627 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/7/10 1955/5/23 1971/7/1 ◎1945/5/30 掃海駆逐艦(DMS-38)となる
1953/6/8 映画会社コロンビアの映画「ケイン号の叛乱 The Caine Mutiny」撮影用に用いられる
◎1955/5/23 予備役に編入
◎1955/7/15 駆逐艦(DD-627)となる
◎1972/8/7 解体のため売却
ウェルズ Welles DD-628 シアトルタコマ・シップビルディング社 1943/8/16 1946/2/4 1968/3/1 ◎1946/2/4 予備役に編入
◎1969/7/18 解体のため売却
コウィー Cowie DD-632 チャールズタウン海軍工廠 1942/6/1 1947/4/27 1970/12/1 ◎1945/5/30 掃海駆逐艦(DMS-39)となる
◎1947/4/27 予備役に編入
◎1955/7/15 駆逐艦(DD-632)となる
◎1972/2/22 解体のため売却
ナイト Knight DD-633 チャールズタウン海軍工廠 1942/6/23 1947/3/19 1966/12/1 ◎1945/6/23 掃海駆逐艦(DMS-40)となる
◎1947/3/19 予備役に編入
◎1955/7/15 駆逐艦(DD-633)となる
◎1967/10/27 カリフォルニア沖にて標的として沈没
ドラン Doran DD-634 チャールズタウン海軍工廠 1942/8/4 1947/1/29 1972/1/15 ◎1945/5/30 掃海駆逐艦(DMS-41)となる
◎1947/1/29 予備役に編入
◎1955/7/15 駆逐艦(DD-634)となる
◎1973/8/27 解体のため売却
アール Earle DD-635 チャールズタウン海軍工廠 1942/9/1 1947/5/17 1969/12/1 ◎1945/6/23 掃海駆逐艦(DMS-42)となる
◎1947/5/17 予備役に編入
◎1955/7/15 駆逐艦(DD-635)となる
◎1970/10 解体のため売却
バトラー Butler DD-636 フィラデルフィア海軍工廠 1942/8/15 1945/11/8 1945/11/28 ◎1944/11/15 掃海駆逐艦(DMS-29)となる
1945/5/25 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1948/1/10 解体のため売却
ゲラルディ Gherardi DD-637 フィラデルフィア海軍工廠 1942/9/15 1955/12/17 1971/6/1 ◎1944/11/15 掃海駆逐艦(DMS-30)となる
◎1955/7/15 駆逐艦(DD-637)となる
◎1955/12/17 予備役に編入
◎1973/6/3 プエルト・リコ沖にて標的として沈没
ハーンドン Herndon DD-638 ノーフォーク海軍工廠 1942/12/20 1946/5/8 1971/6/1 ◎1946/5/8 予備役に編入
1945/1/11 ボストン港にて機動掃海艇YMS-14と衝突、YMS-14を沈没させる
◎1973/5/24 フロリダ沖にて標的として沈没
シャブリック Shubrick DD-639 ノーフォーク海軍工廠 1943/2/7 1945/10/19 1945/11/28 1943/8/4 Palermoにてドイツ空軍機の爆撃により損傷(12
1945/5/29 沖縄海域にて日本軍の特攻機の攻撃により損傷
◎1948/9/27 解体のため売却
ビーティ Beatty DD-640 チャールストン海軍工廠 1942/5/7 1943/11/6 アルジェリア沖にてドイツ軍機の雷撃にて沈没
ティルマン Tillman DD-641 チャールストン海軍工廠 1942/6/4 1946/3/16 1970/6/1 ◎1972/5/8 解体のため売却
スティーヴンソン Stevenson DD-645 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/12/15 1946/4/27 1968/6/1 ◎1946/4/27 予備役に編入
◎1970/6/2 解体のため売却
ストックトン Stockton DD-646 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1943/1/11 1946/5/15 1971/7/1 1944/4/28 ビアク島にて日本軍の陸上砲台の砲撃により損傷
◎1946/5/15 予備役に編入
◎1973/5/25 解体のため売却
ソーン Thorn DD-647 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1943/4/1 1946/5/6 1971/7/1 ◎1946/5/6 予備役に編入
◎1974/8/26 フロリダ沖にて海軍機の爆撃標的として沈没
ターナー
12
Turner DD-648 フェデラル・シップビルディング&ドライ・ドック社 1943/4/16 1944/4/8 1944/1/3 ニュー・ヨーク沖にて事故により沈没(12345


Update 20/07/11