WAGB
砕氷船

※DPMAはDrydocking Phased-Maintenance Availabilityの略
※データは砕氷艦バートン・アイランド級の項を参照
※搭載機:ヘリコプター2機
↑USCGC Burton Island (WAGB-283); no caption/photo number; date/photographer unknown. Burton Island was originally commissioned into the US Navy in 1946 and was transferred to the Coast Guard in 1966. She remained in service until 1978.

↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
スタテン・アイランド Staten Island WAGB-278 ウェスタン・パイプ&スチール社 1944/2/26 1966/2/1 1966/3/1 ◎1942/6/9 起工
◎1942/12/28 進水
◎1944/2/26 ソヴィエトに貸与されSeverny Veterと改名
◎1951/12/19 ソヴィエトより返還され海軍に移管
◎1966/2/1 沿岸警備隊に移管され、船種記号をWAGB-278に改める
◎1974/11/15 退役
サウスウィンド
12
Southwind WAGB-280 ウェスタン・パイプ&スチール社 1944/7/15 1966/10/31 1966/11/1 ◎1944/7/15 沿岸警備隊に移管され、船種記号をWAGB-280に改め、サウスウィンドと命名
◎1945/3/25 退役、ソヴィエトに貸与されAdmiral Makarovと改名
◎1949/12/28 横須賀にてソヴィエトより返還され海軍に移管
◎1966/10/31 沿岸警備隊に移管され、船種記号をWAGB-280に改める
◎1967/1/18 再役、サウスウィンドと改名
◎1974頃 退役
バートン・アイランド Burton Island WAGB-283 ウェスタン・パイプ&スチール社 1946/12/28 1966/12 1966/12 ◎除籍後、沿岸警備隊に移管され、船種記号をWAGB-283に改める
◎1978/5/9 退役、海事局に移管
◎1980/8/17 解体のため、San JoseのLeven Metals Corp. に売却
エディスト Edisto WAGB-284 ウェスタン・パイプ&スチール社 1947/3/20 1965/10/20 1965/10/20 ◎1965/10/20 沿岸警備隊に移管され、船種記号WAGB-284に改める
◎1974/11/15 退役、海事局に移管
◎General Service Administrationに移管
◎1977/9/29 ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却
◎CareyのUnion Minerals Companyに再売却


軽荷排水量(1965年時):3,049t 満載排水量(1945年時):5,200t(1965年には5,253t) 全長:88.39m 幅:22.65m(22.68mともいわれる) 吃水(1945年時):5.79m(最大、1965年には5.86m(最大)) 主機/軸数:10-cyl. フェアバンクスモース式ディーゼルエレクトリック6基/3軸(1軸は前方) 出力:12,000馬力(後に10,000馬力) 速力(1945年時):16.0kt(1975年には18.5kt) 航続力(1965年時):17.9ktで9,720浬(1989年には9.0ktで41,000浬) 乗員(1945年時):士官10名、兵曹長2名、下士官兵132名(1965年には士官11名、兵曹長2名、下士官兵122名)
※レーダー:SL-1(1945年時)
※12tクレーン2基を搭載

↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
マッキノー Mackinaw WAGB-83 Toledo Shipbuilding Company 1944/12/20 2006/6/10 2006/6/10 ◎1966/5/1 船種を砕氷船(WAGB-83)に改める
◎除籍後、Mackinaw Cityにて記念船となる


※データは設標船ストリスの項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ストリス Storis WAGB-38 トレド・シップビルディング社 1942/9/30 ◎後に船種を砕氷船(WAGB-38)に改める
◎1972末 中距離カッターに改装、船種を中距離カッター(WMEC-38)に改める


※データは砕氷艦グラシアの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
グラシア Glacier WAGB-4 インガルス造船所 1955/5/27 1966/6/30 1966/7/1 ◎退役後、沿岸警備隊に移管され、船種記号をWAGB-4に改める
◎1987/7/7 退役
◎退役後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
後にブリッジポートにて記念船となる


基準排水量:10,430t 満載排水量:13,194t(13,623tともいわれる) 全長:121.64m 幅:25.45m(25.48mともいわれる) 吃水:8.53m(10.24mともいわれる) 主機/軸数:CODLOG(ガス・タービン3基、ディーゼル発電機6基、モーター3基)/3軸 出力:ガス・タービン60,000馬力、モーター18,000馬力 速力:18.0kt 航続力:18.0ktで18,000浬 兵装:7.62o単装機銃2基 搭載機:ヘリコプター2機 乗員:138名(157名ともいわれる、科学者33名)
※3ktの連続砕氷能力1.8m、最大砕氷厚さ6.4mの能力を持つ
↑BEAUFORT SEA (Nov. 20, 2009) - An international research expedition being conducted in the Beaufort Sea aboard the Coast Guard heavy icebreaker ship Polar Sea (WAGB-11) organized and led Naval Research Laboratory (NRL), Marine Biogeochemistry section. U.S. Coast Guard photo. (Released)

↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ポーラー・スター Polar Star WAGB-10 ロッキード・シップビルディング&コンストラクション社 1976/1/19 ◎1973/11/17 進水
◎1986 近代化改装(〜1992)
◎2006 シアトルにて延命工事(修理額$63,000,000)
ポーラー・シー Polar Sea WAGB-11 ロッキード・シップビルディング&コンストラクション社 1978/2/23 ◎1975/6/25 進水
1982/1/28 大西洋にて油槽艦ユーコン Yukon(T-AOT-152)と衝突し損傷
◎1986 近代化改装(〜1992)
◎2010/6/25 エンジン故障


満載排水量:16,400t(16,700tともいわれる) 全長:127.74m 幅:24.99m 吃水:9.02m(9.80mともいわれる) 主機/軸数:ディーゼル電気(ディーゼル発電機4基、モーター2基)/2軸 出力:46,000制動馬力 速力:17.0kt 兵装:機銃2基 搭載機:ヘリコプター2機 乗員:士官12名、下士官10名、兵53名、科学者35名
※3ktの連続砕氷能力1.4mの能力を持つ

↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヒーリー Healy WAGB-20 エイヴォンデール・インダストリーズ 1999/11/10
(2000/8/21?)
◎1996/9/16 起工
◎1997/11/15 進水
◎2009/10 シアトルのTodd-Pacific ShipyardsにてDPMA(修理額$12,500,000)


Update 16/07/31