AOT
油槽艦


※データは給油艦スアミコ級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
タルラー Tallulah T-AOT-50 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1942/9/5 1946/4/2 1986/3/31 ◎1978/9/30 艦種を油槽艦(T-AOT-50)に改める
◎1986/11/8 解体のため、 サン・フランシスコのC.J.W. Shipping & Trading, Inc. に売却(売却額$238,000)
◎1988 台湾のChi Shun Hua Steel Co., Ltd. にて解体
シュイールキル Schuylkill T-AOT-76 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1943/4/9 1946/2/14 1986/3/31 ◎1978/4/30 艦種を油槽艦(T-AOT-76)に改める
◎1988/3/4 解体のため売却
◎後に台湾にて解体
コワネスク Cowanesque T-AOT-79 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1943/5/1 1946/1/30 1972/6/1 ◎後に艦種を油槽艦(T-AOT-79)に改める
1972/4/23 沖縄の金湾にて座礁、全損と認定
◎1972 Kaohsiungにて解体


※データは軽質油艦アラトナ級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アラトナ Alatna T-AOT-81 ベスレヘム・スチール社スタテン・アイランド造船所 ◎後に艦種を油槽艦(T-AOT-81)に改める
◎後にReady Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎2006/12/16 日本のTeroaka Companyに売却
チャタフーチー Chattahoochee T-AOT-82 ベスレヘム・スチール社スタテン・アイランド造船所 ◎後に艦種を油槽艦(T-AOT-82)に改める
◎後に海事局が取得、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎2006/12/16 日本のTeroaka Companyに売却


※データは給油艦ミスピリオン級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ワッカマー Waccamaw T-AOT-109 サン・シップビルディング&ドライドック社 1946/6/25 1975/2/24 1991/10/11 ◎後に艦種を油槽艦(T-AOT-109)に改める
1978/4/3 コルシカ島北方海域にてドック型揚陸艦フォート・スネリング Fort Snelling(LSD-30)と衝突し損傷、Naplesにて修理
1978/11/21 Crete南方海域にて汎用航空母艦サラトガ Saratoga(CV-60)と衝突し損傷
1981/9/24 Sardinia南方海域にて強襲揚陸艦ガダルカナル Guadalcanal(LPH-7)と衝突し損傷
1981/10/13 地中海にてドック型輸送揚陸艦[ドック揚陸輸送艦]ローリー Raleigh(LPD-1)と衝突し損傷
◎1989/10/22(1991頃?) 運用終了
◎2005/8/26 解体のため、BrownsvilleのInternational Shipbreaking, Ltd. に売却


満載排水量:39,624t 全長:187.45m 幅:27.43m 吃水:7.55m(平均、10.36mともいわれる) 主機/軸数:三菱重工スルザー式5RTA-76ディーゼル1基(AOT-1123〜AOT-1125は石川島播磨重工スルザー式5RTA-76ディーゼル1基)/1軸 出力:15,300制動馬力(18,400馬力ともいわれる) 速力:16.0kt 航続力:12.0ktで12,000浬 乗員:24名
T5-M-PVT022型タンカーを改装
※氷海での行動を考慮して、船体は耐氷能力がある。この船体前部のセクションはエイヴォンデールにて建造。AOT-1123、AOT-1124は洋上給油装置を装備
※燃料搭載量は237,766バレル
↑Gus W. Darnell (T-AOT-1121) underway, date and place unknown. US Navy photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ガス W. ダーネル Gus W. Darnell T-AOT-1121 アメリカン・シップ・ビルディング社 ◎後に軍事海上輸送軍団(MSC)がチャーター
◎1985/9/11 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2005/9/10 HoustonのOcean Spirit, Inc. に返却
ポール・バック Paul Buck AOT-1122 アメリカン・シップ・ビルディング社 ◎後に軍事海上輸送軍団(MSC)がチャーター
◎1985/7/7(1986/4/22?) 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2003/1/15 購入(T-AOT-1122)
◎2010/10/30 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
サミュエル L. コッブ Samuel L. Cobb AOT-1123 アメリカン・シップ・ビルディング社 ◎後に軍事海上輸送軍団(MSC)がチャーター
◎1985/9/11 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2003/1/15 購入(T-AOT-1123)
◎2010/10/30 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
リチャード G. マシーセン Richard G. Matthiesen AOT-1124 アメリカン・シップ・ビルディング社 ◎後に軍事海上輸送軍団(MSC)がチャーター
◎1986/2/18 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎1999 ギリシャにて改装
◎2003/1/15 購入(T-AOT-1124)
◎2011/3/31 海事局に移管
ローレンス H. ジアネッラ Lawrence H. Gianella AOT-1125 アメリカン・シップ・ビルディング社 ◎後に軍事海上輸送軍団(MSC)がチャーター
◎1985/11/15(1986?) 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2003/1/15 購入(T-AOT-1125)


軽荷排水量:17,000t 満載排水量:30,886t 主機/軸数:ディーゼル/1軸 出力:14,200馬力
※燃料搭載量は248,000バレル
↑MT New York Sun (T-AOT-1201) moored pierside, date and place unknown. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ニュー・ヨーク・サン New York Sun T-AOT-1201 サン・シップビルディング社 ◎1985 1981年建造のタンカーをチャーター
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行(〜1997)
◎1997/7 Maritransに売却されアリージャンス Allegianceと改名
◎後にチャーター、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎後にチャーター契約終了


軽荷排水量:37,250t(T-AOT-1204、T-AOT-1205は37,750t) 主機/軸数:蒸気タービン2基/1軸
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
オーヴァーシーズ・アリス Overseas Alice T-AOT-1203 ベスレヘム・スチール社スパローズ・ポイント造船所 ◎1968年2月22日進水のOverseas Shipholding Co. のタンカーを取得
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎後に解体
オーヴァーシーズ・ヴァルデス Overseas Valdez T-AOT-1204 ベスレヘム・スチール社スパローズ・ポイント造船所 ◎1968年建造のOverseas Shipholding Co. のタンカーを取得
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎後に解体
オーヴァーシーズ・ヴィヴィアン Overseas Vivian T-AOT-1205 ベスレヘム・スチール社スパローズ・ポイント造船所 ◎1968年8月15日進水のOverseas Shipholding Co. のタンカーを取得
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行(〜1990年代中頃)
◎後に軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行、艦種記号をT-AOT-2006に改める
◎後に解体


満載排水量:36,552t 全長:203.05m 幅:25.60m 吃水:9.63m 主機/軸数:ディーゼル/1軸 出力:14,500馬力 速力:16.0kt 航続力:16.0ktで27,000浬 乗員:28名
T6-M-136a型タンカーを改装
※燃料搭載量は225,000バレル
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ファルコン・リーダー Falcon Leader T-AOT-1208 バス鉄工所 ◎1983/8/18 海軍に移管、艦種を油槽艦(T-AOT-1208)に改め、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎1989/1 運用終了
◎1996 売却され商船Asphalt Commanderとなる
ファルコン・チャンピオン Falcon Champion T-AOT-1209 バス鉄工所 2006 ◎1984/1/19 海軍に移管、艦種を油槽艦(T-AOT-1209)に改め、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎1988/8 運用終了
◎後に海事局が取得、国家防衛予備船隊に編入
◎1992 民間がチャーター?、商船Sabine Eagleとなる
◎2001/6 売却
◎2005 Seabrookと改名


満載排水量:44,480t 全長:201.50m 幅:27.40m 吃水:7.55m(平均) 主缶:コンバッション・エンジニアリング缶2基 主機/軸数:ベスレヘム式蒸気タービン2基/1軸 出力:15,000馬力 速力:15.0kt 乗員:24名
※港湾施設の貧弱な海岸部へのパイプ・ラインの敷設と給油を任務としている
※1987年から足掛け2年の改造工事を施され、バージ射出システムと4点係留装置を新設。作業時にはバージを海面に降ろし、これを足場としてパイプ・ラインを展張する
※燃料搭載量は235,000バレル
↑American Osprey (T-AOT-5075) at anchor, date and place unknown. US Navy photo.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アメリカン・オスプリー American Osprey T-AOT-5075 ベスレヘム・スチール社スパローズ・ポイント造船所 1989/6/12 ◎1987 1958年建造のGulf Oil Co. のガルフプリンス Gulfprinceを取得し改装
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行


満載排水量:65,800t 全長:224.33m(224.38mともいわれる) 幅:31.08m(31.34mともいわれる) 吃水:12.19m(最大、12.26mともいわれる) 主缶:缶2基 主機/軸数:蒸気タービン2基/1軸 出力:21,500馬力 速力:15.3kt(17.5ktともいわれる) 乗員:38名(係船保管中は9名)
※燃料搭載量は364,000バレル
↑Mount Washington (T-AOT-5076) being moved by tugs, date and place unknown. MARAD photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
マウント・ワシントン Mount Washington T-AOT-5076 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 ◎1987/11/5 海事局が1963年起工、1963年9月20日進水のMount Washington Tanker Co. のタンカーを取得
◎1989/10 海事局Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2005 Suisun Bayにて国家防衛予備船隊に編入
マウント・ヴァーノン Mount Vernon T-AOT-5083 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 ◎1990/3/31 海事局がタンカーMount Vernon Victory(1989年にマウント・ヴァーノンと改名)を取得
◎1990 海事局Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎1994/10/7 国家防衛予備船隊に編入


軽荷排水量:14,977t 満載排水量:48,993t 全長:224.33m(224.38mともいわれる) 幅:31.08m(31.34mともいわれる) 吃水:11.88m(最大、12.11mともいわれる) 主缶:コンバッション・エンジニアリング缶2基 主機/軸数:ベスレヘム式タービン2基/1軸 出力:15,000馬力 速力:14.0kt(15.0ktともいわれる) 乗員:37名(T-AOT-9101は38名)
※燃料搭載量は257,000バレル
↑PACIFIC OCEAN (July 22, 2008) - The Military Sealift Command offshore petroleum discharge systems ship SS Chesapeake (T-AOT-5084) is anchored off the coast of Red Beach in Camp Pendelton, Calif. as an UH-60 Black Hawk helicopter flies over head during Joint Logistics Over-The-Shore (JLOTS) 2008. JLOTS 2008 is an engineering, logistical training exercise between Army and Navy units under a joint force commander (JFC) as a means to load and unload ships without the benefit of deep draft-capable, fixed port facilities. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Brian P. Caracci. (Released)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
チェサピーク Chesapeake T-AOT-5084 ベスレヘム・スチール社スパローズ・ポイント造船所 ◎1987/12/15 1964年4月18日進水のHess Shipping Corp. のタンカーHess Voyager(1980年7月22日にチェサピークと改名)を取得
◎1991/7/20 Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎2000 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎VoorheesのInterocean Ugland Management Corp. が運行
◎Iraq War 2002-2003.
ピーターズバーグ Petersburg T-AOT-9101 ベスレヘム・スチール社スパローズ・ポイント造船所 ◎1987/12/15 1963年4月2日進水のSinclair Oil Co. のタンカーSinclair Texas(1963年6月28日にDover Tanker Corp. に引き渡される、1979年1月8日にCharles Kutz & Co., Inc. に引き渡される、1979年1月8日にCharles Kutz & Co., Inc. に引き渡される、1981年7月27日にピーターズバーグと改名)を取得
◎1991/8/1 Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎VoorheesのInterocean Ugland Management Corp. が運行
◎Iraq War 2002-2003.


軽荷排水量:9,528t 満載排水量:25,487t 全長:180.44m 幅:32.00m 吃水:11.58m 主機/軸数:ディーゼル 速力:13.0kt(15.0ktともいわれる) 乗員:民間人21名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
マースク・ピアリー Maersk Peary T-AOT-5246 STX Offshore & Shipbuilding ◎2011 2004年建造、2004年11月24日に引き渡されたノルウェーのタンカーJutul(後にMaersk Line, Ltd. に売却、2011年9月30日にチェサピークと改名)をチャーター
◎2011 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行


Update 17/02/25