WMEC
中距離カッター


満載排水量:1,925t(2,030t(2006年時)) 全長:70.16m 幅:13.16m 吃水:4.57m 主機/軸数:ディーゼル電気(ディーゼル発動機3基、モーター1基)/1軸 出力:3,000馬力 速力:14.0kt 兵装:25o単装機銃1基、12.7o単装機銃4基(2006年には25o単装機銃1基、12.7o単装機銃2基) 乗員:105名(2006年には士官12名、下士官兵72名)
※230フィート型
↑USCGC Storis (WAGL-38; WAG-38; WAGB-38; WMEC-38); no caption; 8 September 1986; photographer unknown. Storis was designed in the early years of World War II to supply stations in Greenland and her design closely paralleled the 180-foot buoy tenders, although she is fifty feet longer. She was commissioned on 30 September 1942. Storis was the first tender built with a double top-lift boom. Over the course of her Coast Guard service, she has performed a wide variety of tasks.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ストリス Storis WMEC-38 トレド・シップビルディング社 1942/9/30 ◎1972末 中距離カッターに改装、船種を中距離カッター(WMEC-38)に改める
◎1986 オーヴァーホール


※データは救難航洋曳船ATR-41級の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
コマンチ
12
Comanche WMEC-202 Gulfport Boiler & Welding Works 1959/2/25 1980/1/30 ◎1959/2/25 沿岸警備隊に移管、船種を中距離カッター(WMEC-202)に改め、コマンチと改名
◎1991 タコマのDave Howardに売却されMarine Commanderと改名
◎2000 タコマにて係船
後にComanche 202 Foundationに寄贈
後にOlympiaにてレストア(123456789


※データは航洋曳船ナヴァホ級の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
チェロキー
12
Cherokee WMEC-165 ベスレヘム・シップビルディング社 1946/6/29 1990/1/30 ◎1965 船種を中距離カッター(WMEC-165)に改める
◎退役後、海軍に移管
◎1991/6/25 海事局に移管
◎1993/10/6 標的として沈没
タマロア
12
Tamaroa WMEC-166 コマーシャル鉄工所 1946/6/29 1994/2/1 ◎1965 船種を中距離カッター(WMEC-166)に改める
◎1994/2/1 退役
1944/2/28 リッチモンドのTamaroa Maritime Foundationに寄贈、後にノーフォークにてレストア、ニュー・ヨークのSea Air Space Museumにて記念艦となる
2012/5 漏水とバルクヘッドの劣化、後にノーフォークのAmerican Marine Groupに引き渡される、人工環礁のため沈没処分


※データは救難艦ダイヴァー級の項を参照
※213フィート型
↑USCGC Acushnet (WMEC-167) underway in Alaskan waters, date unknown. US Coast Guard photo. Image courtesy of NavSource.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アクシネット Acushnet WMEC-167 Basalt Rock Co. ◎1978 船種を中距離カッター(WMEC-167)に改める
◎ニックネームはクイーン・オブ・ザ・フリート Queen of the Fleet
◎1980 船命延長工事
2007/12 スクリュー損失事故


満載排水量:1,110t(WMEC-620以降は1,129t) 全長:64.16m 幅:10.36m 吃水:3.20m 主機/軸数:ディーゼル2基(MMA改装時にWMEC-615〜WMEC-619はCODAGからディーゼルに換装)/2軸 出力:6,480馬力 速力:18.0kt 航続力:8,000浬 兵装:76o単装砲1基(MMA改装時に25o単装機銃1基に換装)、12.7o単装機銃2基 乗員:士官12名、下士官兵63名
※210フィート型
※1980年代後半〜1998年にかけて、全船Midlife(またはMajor) Maintenance Availabillty(MMA)と呼ばれる船齢延長工事が施されている
↑Resolute (WMEC-620)

↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
リライアンス Reliance WMEC-615 Todd Houston 1964/6/24 ◎1987/2 MMA工事完了
ディリジェンス Diligence WMEC-616 Todd Houston 1964/8/26 ◎1988/6 MMA工事完了
ヴィジラント Vigilant WMEC-617 Todd Houston 1964/10/3 ◎1989/1 MMA工事完了
アクティヴ Active WMEC-618 Christy 1966/9/17 ◎1990/6 MMA工事完了
コンフィデンス Confidence WMEC-619 Coast Guard Yard 1966/2/19 ◎1987/2 MMA工事(〜1988/10)
リゾリュート Resolute WMEC-620 アメリカン・シップビルディング社 1966/12/8 ◎1988/10 MMA工事完了
ヴァリアント Valiant WMEC-621 アメリカン・シップビルディング社 1967/10/28 ◎1991/11 退役、MMA工事
◎1994/1 再役
カレイジャス Courageous WMEC-622 アメリカン・シップビルディング社 1968/4/19 2001/9/19 ◎1992/11 MMA工事完了
◎2004 スリ・ランカに供与されP621となる
ステッドファースト Steadfast WMEC-623 アメリカン・シップビルディング社 1968/9/25 ◎1992 退役、MMA工事
◎1994/2 再役
ドーントレス Dauntless WMEC-624 アメリカン・シップビルディング社 1968/6/10 ◎1993/11 MMA工事完了
ヴェンチャラス Venturous WMEC-625 Coast Guard Yard 1968/8/16 ◎1994/5 MMA工事完了
ディペンダブル Dependable WMEC-626 アメリカン・シップビルディング社 1968/11/27 ◎1994/12 MMA工事完了
ヴィガラス Vigorous WMEC-627 アメリカン・シップビルディング社 1969/5/2 ◎1992 退役、Coast Guard YardにてMMA工事
◎1993 再役
デュラブル Durable WMEC-628 Coast Guard Yard 1967/12/8 2001/9/20 ◎1995/11 MMA工事完了
◎2003 コロンビアに貸与されValle del Cauca(44)となる
ディサイシヴ Decisive WMEC-629 Coast Guard Yard 1968/8/23 ◎1996/9 Coast Guard YardにてMMA工事
アラート Alert WMEC-630 アメリカン・シップビルディング社 1969/8/4 ◎1993/1 Coast Guard YardにてMMA工事


満載排水量:1,825t 全長:82.29m 幅:11.58m 吃水:4.26m 主機/軸数:ディーゼル2基/2軸 出力:7,290馬力 速力:19.5kt 兵装:76o単装砲1基、12.7o単装機銃ないし40oグレネード・ランチャー2基 搭載機:ヘリコプター1機 乗員:100名、短期乗船者16名
※270フィート型
※著名カッター級 Famous Classともいわれる。有事の際にはSSM、CIWS、曳航式ソナー、ソノブイのデータリンク装置等を装備できるように予め設計されている
↑CARIBBEAN SEA (March 3, 2010) - A MH-60S Sea Hawk from the littoral combat ship USS Freedom (LCS-1) conducts a vertical replenishment with the U.S. Coast Guard medium endurance cutter USCGC Campbell (WMEC-909). Freedom is conducting counter-illicit trafficking operations and theater security cooperation in the U.S. 4th Fleet area of responsibility. U.S. Navy photo by Lt. Ed Early. (Released)
↑Thetis (WMEC-910)

↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ベア Bear WMEC-901 タコマ・ボートビルディング社 1983/2/4
タンパ Tampa WMEC-902 タコマ・ボートビルディング社 1984/3/16
ハリエット・レーン Harriet Lane WMEC-903 タコマ・ボートビルディング社 1984/9/20
ノースランド Northland WMEC-904 タコマ・ボートビルディング社 1984/12/7
スペンサー Spencer WMEC-905 Robert E. Derecktor 1986/6/28
セニカ Seneca WMEC-906 Robert E. Derecktor 1987/5/4
エスカナバ Escanaba WMEC-907 Robert E. Derecktor 1987/8/27
タホマ Tahoma WMEC-908 Robert E. Derecktor 1988/4/6
キャンベル Cambell WMEC-909 Robert E. Derecktor 1988/8/19
セティス Thetis WMEC-910 Robert E. Derecktor 1989/6/30
フォワード Forward WMEC-911 Robert E. Derecktor 1990/8/4
リガーレ Legare WMEC-912 Robert E. Derecktor 1990/8/4
モホーク Mohawk WMEC-913 Robert E. Derecktor 1990/7/23


※データは音響測定艦ストルワート級の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヴィンディケーター Vindicator WMEC-3 タコマ・ボート・ビルディング社 ◎1993/6/30 運用終了、沿岸警備隊に移管、船種を中距離カッター(WMEC-3)に改める
◎2001/10 国立海洋大気局に移管され多目的観測船に改装、船種を多目的観測船(R-334)に改める


※データは救難艦(曳船型)イーデントン級の項を参照
※兵装:25o単装機銃2基、12.7o単装機銃2基 乗員:99名
↑ex Edenton (ATS-1) underway while in Coast Guard service as USCGC Alex Haley (WMEC-39), date and place unknown. US Coast Guard photo. Image courtesy of NavSource.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アレックス・ヘイリー Alex Haley WMEC-39 ブルーク・マリーン社 1999/7/10 ◎1997/11/18 沿岸警備隊に移管
◎1999/7/10 船種を中距離カッター(WMEC-39)に改め、アレックス・ヘイリーと改名


Update 17/08/12