WMEC
中距離カッター


満載排水量:1,925t(2,030t(2006年時)) 全長:70.16m 幅:13.16m 吃水:4.57m 主機/軸数:ディーゼル電気(ディーゼル発動機3基、モーター1基)/1軸 出力:3,000馬力 速力:14.0kt 兵装:25o単装機銃1基、12.7o単装機銃4基(2006年には25o単装機銃1基、12.7o単装機銃2基) 乗員:105名(2006年には士官12名、下士官兵72名)
※230フィート型
↑USCGC Storis (WAGL-38; WAG-38; WAGB-38; WMEC-38); no caption; 8 September 1986; photographer unknown. Storis was designed in the early years of World War II to supply stations in Greenland and her design closely paralleled the 180-foot buoy tenders, although she is fifty feet longer. She was commissioned on 30 September 1942. Storis was the first tender built with a double top-lift boom. Over the course of her Coast Guard service, she has performed a wide variety of tasks.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ストリス Storis WMEC-38 トレド・シップビルディング社 1942/9/30 ◎1972末 中距離カッターに改装、船種を中距離カッター(WMEC-38)に改める
◎1986 オーヴァーホール


※データは救難航洋曳船ATR-41級の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
コマンチ
12
Comanche WMEC-202 Gulfport Boiler & Welding Works 1959/2/25 1980/1/30 ◎1959/2/25 沿岸警備隊に移管、船種を中距離カッター(WMEC-202)に改め、コマンチと改名
◎1991 タコマのDave Howardに売却されMarine Commanderと改名
◎2000 タコマにて係船
後にComanche 202 Foundationに寄贈
後にOlympiaにてレストア(123456789


※データは航洋曳船ナヴァホ級の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
チェロキー Cherokee WMEC-165 ベスレヘム・シップビルディング社 1946/6/29 1990/1/30 ◎1965 船種を中距離カッター(WMEC-165)に改める
◎退役後、海軍に移管
◎1991/6/25 海事局に移管
◎1993/10/6 標的として沈没
タマロア
12
Tamaroa WMEC-166 コマーシャル鉄工所 1946/6/29 1994/2/1 ◎1965 船種を中距離カッター(WMEC-166)に改める
◎1994/2/1 退役
1944/2/28 リッチモンドのTamaroa Maritime Foundationに寄贈、後にノーフォークにてレストア、ニュー・ヨークのSea Air Space Museumにて記念艦となる
2012/5 漏水とバルクヘッドの劣化、後にノーフォークのAmerican Marine Groupに引き渡される、人工環礁のため沈没処分


※データは救難艦ダイヴァー級の項を参照
※213フィート型
↑USCGC Acushnet (WMEC-167) underway in Alaskan waters, date unknown. US Coast Guard photo. Image courtesy of NavSource.

↑USCGC Acushnet (WMEC-167) undated side profile diagram. Library of Congress, Photo No. HAER-AK-49. Image courtesy of NavSource.

↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アクシネット Acushnet WMEC-167 Basalt Rock Co. ◎1978 船種を中距離カッター(WMEC-167)に改める
◎ニックネームはクイーン・オブ・ザ・フリート Queen of the Fleet
◎1980 船命延長工事
2007/12 スクリュー損失事故


満載排水量:1,110t(WMEC-620以降は1,129t) 全長:64.16m 幅:10.36m 吃水:3.20m 主機/軸数:ディーゼル2基(MMA改装時にWMEC-615〜WMEC-619はCODAGからディーゼルに換装)/2軸 出力:6,480馬力 速力:18.0kt 航続力:8,000浬 兵装:76o単装砲1基(MMA改装時に25o単装機銃1基に換装)、12.7o単装機銃2基 乗員:士官12名、下士官兵63名
※210フィート型
※1980年代後半〜1998年にかけて、全船Midlife(またはMajor) Maintenance Availabillty(MMA)と呼ばれる船齢延長工事が施されている
↑Resolute (WMEC-620)

↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
リライアンス Reliance WMEC-615 Todd Houston 1964/6/24 ◎1987/2 MMA工事完了
ディリジェンス Diligence WMEC-616 Todd Houston 1964/8/26 ◎1988/6 MMA工事完了
ヴィジラント Vigilant WMEC-617 Todd Houston 1964/10/3 ◎1989/1 MMA工事完了
アクティヴ Active WMEC-618 Christy 1966/9/17 ◎1990/6 MMA工事完了
コンフィデンス Confidence WMEC-619 Coast Guard Yard 1966/2/19 ◎1987/2 MMA工事(〜1988/10)
リゾリュート Resolute WMEC-620 アメリカン・シップビルディング社 1966/12/8 ◎1988/10 MMA工事完了
ヴァリアント Valiant WMEC-621 アメリカン・シップビルディング社 1967/10/28 ◎1991/11 退役、MMA工事
◎1994/1 再役
カレイジャス Courageous WMEC-622 アメリカン・シップビルディング社 1968/4/19 2001/9/19 ◎1992/11 MMA工事完了
◎2004 スリ・ランカに供与されP621となる
ステッドファースト Steadfast WMEC-623 アメリカン・シップビルディング社 1968/9/25 ◎1992 退役、MMA工事
◎1994/2 再役
ドーントレス
12
Dauntless WMEC-624 アメリカン・シップビルディング社 1968/6/10 ◎1993/11 MMA工事完了
ヴェンチャラス Venturous WMEC-625 Coast Guard Yard 1968/8/16 ◎1994/5 MMA工事完了
ディペンダブル Dependable WMEC-626 アメリカン・シップビルディング社 1968/11/27 ◎1994/12 MMA工事完了
ヴィガラス Vigorous WMEC-627 アメリカン・シップビルディング社 1969/5/2 ◎1992 退役、Coast Guard YardにてMMA工事
◎1993 再役
デュラブル Durable WMEC-628 Coast Guard Yard 1967/12/8 2001/9/20 ◎1995/11 MMA工事完了
◎2003 コロンビアに貸与されValle del Cauca(44)となる
ディサイシヴ Decisive WMEC-629 Coast Guard Yard 1968/8/23 ◎1996/9 Coast Guard YardにてMMA工事
アラート Alert WMEC-630 アメリカン・シップビルディング社 1969/8/4 ◎1993/1 Coast Guard YardにてMMA工事


満載排水量:1,825t 全長:82.29m 幅:11.58m 吃水:4.26m 主機/軸数:ディーゼル2基/2軸 出力:7,290馬力 速力:19.5kt 兵装:76o単装砲1基、12.7o単装機銃ないし40oグレネード・ランチャー2基 搭載機:ヘリコプター1機 乗員:100名、短期乗船者16名
※270フィート型
※著名カッター級 Famous Classともいわれる。有事の際にはSSM、CIWS、曳航式ソナー、ソノブイのデータリンク装置等を装備できるように予め設計されている

↑PACIFIC OCEAN (July 9, 2020) - The U.S. Coast Guard Cutter (USCGC) Tampa (WMEC-902) comes alongside the fleet replenishment oiler USNS Laramie (T-AO 203) during a replenishment-at-sea. Tampa and Laramie are deployed to the U.S. Southern Command area of responsibility to support Joint Interagency Task Force South's mission, which includes counter illicit drug trafficking in the Caribbean and eastern Pacific. U.S. Navy photo by Thomas Epps. (Released)
↑CARIBBEAN SEA (March 3, 2010) - A MH-60S Sea Hawk from the littoral combat ship USS Freedom (LCS-1) conducts a vertical replenishment with the U.S. Coast Guard medium endurance cutter USCGC Campbell (WMEC-909). Freedom is conducting counter-illicit trafficking operations and theater security cooperation in the U.S. 4th Fleet area of responsibility. U.S. Navy photo by Lt. Ed Early. (Released)
↑Thetis (WMEC-910)

↑Image courtesy of Shipbucket.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ベア
12
Bear WMEC-901 タコマ・ボートビルディング社 1983/2/4
タンパ Tampa WMEC-902 タコマ・ボートビルディング社 1984/3/16
ハリエット・レーン
12
Harriet Lane WMEC-903 タコマ・ボートビルディング社 1984/9/20
ノースランド Northland WMEC-904 タコマ・ボートビルディング社 1984/12/7
スペンサー Spencer WMEC-905 Robert E. Derecktor 1986/6/28
セニカ Seneca WMEC-906 Robert E. Derecktor 1987/5/4
エスカナバ
12
Escanaba WMEC-907 Robert E. Derecktor 1987/8/27
タホマ Tahoma WMEC-908 Robert E. Derecktor 1988/4/6
キャンベル Cambell WMEC-909 Robert E. Derecktor 1988/8/19
セティス Thetis WMEC-910 Robert E. Derecktor 1989/6/30
フォワード Forward WMEC-911 Robert E. Derecktor 1990/8/4
リガーレ Legare WMEC-912 Robert E. Derecktor 1990/8/4
モホーク Mohawk WMEC-913 Robert E. Derecktor 1990/7/23


※データは音響測定艦ストルワート級の項を参照
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヴィンディケーター Vindicator WMEC-3 タコマ・ボート・ビルディング社 ◎1993/6/30 運用終了、沿岸警備隊に移管、船種を中距離カッター(WMEC-3)に改める
◎2001/10 国立海洋大気局に移管され多目的観測船に改装、船種を多目的観測船(R-334)に改める


※データは救難艦(曳船型)イーデントン級の項を参照
※兵装:25o単装機銃2基、12.7o単装機銃2基 乗員:99名
↑ex Edenton (ATS-1) underway while in Coast Guard service as USCGC Alex Haley (WMEC-39), date and place unknown. US Coast Guard photo. Image courtesy of NavSource.
船名 NAME 船種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アレックス・ヘイリー
12
Alex Haley WMEC-39 ブルーク・マリーン社 1999/7/10 ◎1997/11/18 沿岸警備隊に移管
◎1999/7/10 船種を中距離カッター(WMEC-39)に改め、アレックス・ヘイリーと改名


Update 20/11/24