DDG
ミサイル駆逐艦

※各艦の履歴や備考欄は次ページ
軽荷排水量:6,624t(DDG-52〜DDG-78は6,682t、DDG-79以降は6,600t) 満載排水量:8,315t(DDG-52〜DDG-78は8,373t、DDG-79以降は9,217t) 全長:153.72m(153.80mともいわれる、DDG-79以降は154.99m) 幅:20.39m(DDG-73は20.29m) 吃水:6.09m(DDG-73は6.33m、ソナー部9.32m) 主機/軸数:COGAG(ジェネラル・エレクトリック式LM2500ガス・タービン4基、電源はアリソン式501-K34ガス・タービン発電機3基(1号主発電機は第1機械室、2号主発電機は第2機械室、3号主発電機は後部発電機室に設置))/2軸 出力:100,000馬力(105,000馬力ともいわれる) 速力(計画):31.0kt(32.0ktともいわれる、DDG-79以降は31.0kt) 航続力(計画):20ktで4,400浬 兵装:トマホークSLCM/スタンダードMR SAM/アスロックSUM用VLS2基90セル(DDG-79以降は96セル、DDG-85以降は発展型シー・スパロー短SAMも発射可能)、ハープーンSSM4連装発射機2基(DDG-79以降はなし)、54口径127o単装両用砲1基(DDG-81以降は62口径127o単装両用砲)、76口径20oCIWS2基(DDG-85以降はなし、DDG-78は2015年〜2016年の間に後部の76口径20oCIWSをSeaRAM近接防御11連装発射機1基に換装)、324o3連装短魚雷発射管2基 搭載機:ヘリコプター2機(DDG-79以降) 乗員:316名(341名ともいわれる、DDG-73は342名、DDG-79以降は366名)
※レーダー:レイセオン式SPS-64(V)9航海レーダー1基(DDG-87〜はDecca BridgeMaster E ARPA)、AIL式SPS-67(V)3対水上捜索レーダー1基、ロッキード・マーチン式SPY-1D三次元多機能/射撃管制レーダー(DDG-79〜はSPY-1D(V)三次元多機能/射撃管制レーダー1基)、レイセオン式SPG-62ミサイル射撃指揮レーダー3基、ジェネラル・ダイナミックス式Mk. 90ファランクス射撃管制レーダー2基 ソナー:SQQ-89(V)4統合対潜システム(SQS-53C(V)1艦首ソナーとキングフィッシャー機雷探知用高周波ソナー、ジェネラル・エレクトリック/ロッキード・マーチン式SQR-19B(V)1曳航ソナーで構成、DDG-79〜DDG-90はSQQ-89(V)14統合対潜システム(SQS-53(V)1艦首ソナーとキングフィッシャー機雷探知用高周波ソナー、ノースロップ・グラマン式SLX-1マルチセンサー魚雷認識警戒プロセッサ(MSTRAP)で構成、DDG-91〜はSQQ-89(V)15統合対潜システム(SQS-53(V)1艦首ソナーとキングフィッシャー機雷探知用高周波ソナー、ノースロップ・グラマン式SLX-1マルチセンサー魚雷認識警戒プロセッサ(MSTRAP)、WLD-1(V)1/3遠隔機雷掃討システムで構成)) TAKAN:URN-25 電子戦装置:レイセオン式SLQ-32(V)5アクティヴ/パッシヴ統合電子戦装置(DDG-68、DDG-79〜DDG-84、DDG-91〜はレイセオン式SLQ-32(V)3アクティヴ/パッシヴ統合電子戦装置、DDG-85〜DDG-90はレイセオン式SLQ-32(V)2統合電子戦装置、DDG-72〜DDG-78はSanders SRS-1A総合電子戦装置)、Mk. 36Mod. 12 SRBOCデコイ・システム(Mk. 137Mk. 5 6連装発射機4基)、SLQ-25Aニクシー対魚雷デコイ(水上艦対魚雷防御システム(SSTD)フェーズIを含む)、SLQ-39デコイ・ブイ発射システム、Mk. 53連装ヌルカ・デコイ・ランチャー4基(DDG-52、DDG-91〜のみ) 電子光学:Kollmorgen式Mk. 46Mod. 0 optronic director(DDG-85〜はKollmorgen式Mk. 46Mod. 1 optronic director)
※イージス・システム搭載
※建造費管理の為3ブロック(フライト)に分け、設計変更の必要を生じた時、次のブロックに移行する建造方式がとられている。システム、兵装の差異により原型のDDG-51〜DDG-71をフライトI、戦闘情報処理システムを改良したDDG-72〜DDG-78をフライトII、ヘリコプターを2機搭載するDDG-79以降をフライトIIAという。計画当初、DDG-74以降をフライトIIIとしていたが、1991年5月にフライトIIAに変更し、DDG-79以降をフライトIIAとした。フライトIの艦は新造時、マスト・トップが後方に傾斜していたが、現在はフライトII以降の艦を同様、排煙の影響を避ける為垂直に改められている
※同級イージス・システムはベースライン4(DDG-51〜DDG-67)、ベースライン5(DDG-68〜DDG-78)、ベースライン6(DDG-79〜DDG-90)、ベースライン7(DDG-91〜)となっている
※ミサイル発射機はMk. 41 VLSで前部がMod. 0、後部がMod. 1(DDG-59からはMod. 2)である
↑アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦アーレイ・バーク(DDG-51)
↑アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦ウィンストン S. チャーチル(DDG-81)
↑アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦ピンクニー(DDG-91)
↑USS Arleigh Burke (DDG-51). Underway at sea, circa 1991. Official U.S. Navy Photograph, from the collections of the Naval History and Heritage Command. Image courtesy of HyperWar.
↑MEDITERRANEAN SEA (Dec. 6, 2015) - USS Carney (DDG-64) awaits the return of its small boat crew during a passenger transfer Dec. 6, 2015. Carney, an Arleigh Burke-class guided missile destroyer, forward deployed to Rota, Spain, is conducting a routine patrol in the U.S. 6th Fleet area of operations in support of U.S. national security interests in Europe. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 1st Class Theron J. Godbold. (Released)
↑SAN DIEGO (Sept. 21, 2010) - The guided-missile destroyer USS Decatur (DDG-73) departs San Diego for an independent deployment to the U.S. 5th Fleet area of responsibility. Decatur is assigned to Destroyer Squadron (DESRON) 7 and is designed to operate with expeditionary strike groups and carrier strike groups in high-threat environments. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Travis Mendoza. (Released)
↑PACIFIC OCEAN (Aug. 6, 2013) - The guided-missile destroyer USS Halsey (DDG-97) maneuvers off the coast of Oahu, Hawaii. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist Seaman Johans Chavarro. (Released)

↑Image courtesy of GlobalSecurity.org.
↑Image courtesy of FAS.

↑Image courtesy of mostlymissiledefense.

↑Image courtesy of Shipbucket.
※1991年4月に海軍作戦部長(CNO)は、より手頃な価格の駆逐艦を追求するだけでなく、湾岸戦争の教訓を考慮する事を原理的にDestroyer Variant (DDV) Studyを命じた。希望としてはアーレイ・バークのより簡素なヴァージョンという事。戦闘群での航行を維持出来る速度と2つのエンジン室を保有し、必要な戦闘能力を維持する為に安く建造が出来るのが目的。設計の作業は、だいたい1993年に開始し、最初の艦は早ければ1996年に発注できる事を目標としていた。各種の代替案は、そのハイ・エンドのフライトIII(DDV H)からロー・エンドのDDV 1の10種。DDV 9はフライトIIAの原型案

↑Image courtesy of Shipbucket.
※画像上2枚は冷戦終結により中止になった初代フライトIIIと下2枚の画像は今後建造される新フライトIII

↑Image courtesy of Shipbucket.