沿海域戦闘艦

※PSAは試験航海後の有用性(Post Shakedown Availability)の略。IPDAはIndustrial Post-Delivery Availabilityの略。CMAはContinuous Maintenance Availabilityの略。DSRAはDrydock Selected Restricted Availabilityの略。PMAはPreventive Maintenance Availabilityの略。RAVはRestricted Availabilityの略。CMAVはContinuous Maintenance Availabilityの略
※2001年11月に発表された先進技術水上戦闘艦(Advanced Tecnology Surface Combatant)計画の1つ。2002年7月、海軍から提出された運用要求書に基づき、企業から18件の応募があった。そのうち6件についてLCS開発を念頭においたFMS(Focused Mission Ship)と称するコンセプトスタディ契約がなされる。2003年4月に、このスタディ結果が検討企業グループから海軍に対して提案されていて、第1案は単胴船A(ノースロップ・グラマン社が中心のグループ)、第2案は単胴船B(ギブス&コックス社が中心のグループ)、第3案はSES A(JJMA社が中心のグループ)、第4案はSES B(テクストロン・システムズ社、同社ではハイブリッド双胴型エア・クッション艦(HCAS)と呼ぶ)、第5案は変形SWATH(ロッキード・マーチン社が中心のグループ)、第6案は三胴船(ジェネラル・ダイナミックス社傘下のバス鉄工所が中心のグループ)であった。2003年7月に第1案・第3案・第6案が選定され、予備設計が進められることになった。2004年5月頃に3件の中から1~2件を選定して詳細設計を行い、建造に着手する事になっている。
※2004年5月27日にフライト0の開発契約をロッキード・マーチン社が中心のグループ(契約額$46,501,821)と、ジェネラル・ダイナミックス社傘下のバス鉄工所が中心のグループ(契約額$78,798,188)に対してそれぞれ発注。LCSフライト0を担当する2社とも、ロールスロイス式MT30ガス・タービン2基、ウォータージェット4基という組み合わせを採用
※2014年1月5日に国防長官官房(OSD: Office of the Secretary of Defense)が海軍に、調達を当初予定の52隻から32隻に削減するよう指示


軽荷排水量:2,135t 満載排水量:2,862t 全長:115.48m 幅:17.37m(extreme) 吃水:3.96m(navigational draft) 主機/軸数:CODAG(ロールスロイス式MT30ガス・タービン2基、FM Colt-Pielstick式16PA6B STCディーゼル2基(123))/ロールスロイス式ウォータージェット4基(LCS-5はONR(Office of Naval Research)FNC(Future Naval Capabilities)部門/NSWC(Naval Surface Warfare Center)Carderock Division/Rolls-Royce Naval Marine式Axial-Flow Waterjet Mk. 1) 出力:113,710馬力 速力:45.0kt 兵装:RAM近接防御SAM21連装発射機1基、57㎜単装砲1基、12.7㎜単装機銃4基 搭載機:ヘリコプター2機、垂直発着艦戦術無人機(VTUAV)3機 乗員:26名~50名
※レーダー:スペリー式Sバンド航海レーダー1基、スペリー式Xバンド航海レーダー1基、レイセオン/EADS式TRS-3D/16対三次元対空捜索レーダー1基(LCS-17以降はエアバス・ディフェンス&スペース式TRS-4D対空・対水上両用AESA(Active Electronically Scanned Array)レーダー) ソナー:NDS-3070ヴァンガード対機雷・戦闘泳者ソナー、SQR-20多機能式曳航ソナー 電子戦装置:COMBATSS-21統合電子戦装置、Terma DLS Mk. II DL-12Tデコイ・システム(12連装発射機1基) 電子光学:FABA Dorna EO/IR optronic weapons f.c. 1基
↑Washington, D.C. (May 27, 2004) - The U.S. Navy announced today that Lockheed Martin Corporation - Maritime Systems & Sensors, Moorestown, N.J., will be one of two defense contracting teams awarded contract options for final system design with options for detail design and construction of up to two Flight 0 Littoral Combat Ships (LCS). The LCS is an entirely new breed of U.S. Navy warship. A fast, agile, and networked surface combatant, LCS's modular, focused-mission design will provide Combatant Commanders the required warfighting capabilities and operational flexibility to ensure maritime dominance and access for the joint force. LCS will operate with focused-mission packages that deploy manned and unmanned vehicles to execute missions including, Special Operations Forces (SOF) support, high-speed transit, Maritime Interdiction Operations (MIO), Intelligence, Surveillance and Reconnaissance (ISR), and Anti-Terrorism/Force Protection (AT/FP). Artist concept provided to the U.S. Navy courtesy Lockheed Martin Corporation. (RELEASED)
↑MARINETTE, Wis. (July 28, 2008) - The future USS Freedom (LCS-1), the first ship in the Navy's new Littoral Combat Ship (LCS) class, is underway Monday, July 28, 2008 to begin Builder's Trials in Lake Michigan. Builder's Trials test propulsion, communications, navigation and mission systems. LCS is a fast, agile, focused-mission ship designed to defeat threats such as mines, quiet diesel submarines and fast surface craft. The 378-foot future USS Freedom is being designed and built by a Lockheed Martin-led industry team. Following the completion of Builder's Trials, Freedom will return to Marinette Marine to prepare for Acceptance Trials that will be conducted by the U.S. Navy's Board of Inspection and Survey. LCS-1 is scheduled to be delivered to the Navy later this year and will be homeported in San Diego, Calif. The LCS-1 Freedom class consists of two different hullforms - a semiplaning monohull and an aluminum trimaran - designed and built by two industry teams, respectively led by Lockheed Martin and General Dynamics. The seaframes will be outfitted with reconfigurable payloads, called Mission Packages, which can be changed out quickly. These mission packages focus on three mission areas: mine counter measures (MCM), surface warfare (SUW) and anti-submarine warfare (ASW). Photo courtesy Lockheed-Martin. (Released)
↑MARINETTE, Wis. (July 30, 2008) - The first U.S. Navy Littoral Combat Ship, Freedom (LCS-1), the inaugural ship in an entirely new class of U.S. Navy surface warships , is seen underway during day two of Builders Trials. The ship is designed for littoral, or close-to-shore, operations and to provide access and dominance in coastal-water areas. Photo provided courtesy Lockheed Martin. (Released)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
フリーダム
12
Freedom LCS-1 Marinette Marine Corp. 2008/11/8 ◎LCSフライト0
◎2005/6/2 起工
◎2006/9/23 進水
2007/4/25 溶接作業中、火災及び消火放水により損傷(被害場所は兵員居住区、医務室、電気系統、トイレ及びシャワー区画4ヶ所、修理額$3,500,000)
◎2008/9/18 引き渡される
◎ミルウォーキーにて就役
◎2008/11? ボルティモアのロッキード・マーチン・マリタイム・システムズ&センサーズにてPSA(修理額$37,500,000)
◎2009/7 ノーフォークのColonna's ShipyardにてIPDA(~2009/9/8)
◎2010/1? ノーフォークのColonna's ShipyardにてCMA(~2010/1中旬)
2010/5初め 右舷・外舷側のウォータージェットに不具合、後にサン・ディエゴのナショナル・スチール&シップビルディング社にて入渠、修理
2010/9/12 カリフォルニア南方海域にて右舷エンジン損傷
2011/3? カリフォルニア沖にて荒天時の耐航性試験中に船体中央部、溶接部にクラック発生、後に修理(~2011/3/12)
◎2011/6/27 サン・ディエゴのBAE Systems San Diego Ship Repair facilityにてPSA(~2011/9、修理額$1,800,000、123
2012/2/1 カリフォルニア南方海域にて左舷推進器駆動軸のシールから微量の漏水
◎2012/2/26 サン・ディエゴにて2-month PSA-2(~2012/3/28)
◎2012/7/9 サン・ディエゴの32nd Street Naval Stationにてfinal, 10-week, PSA(~2012/10/19)
◎2013/1/15 サン・ディエゴ海軍基地にてmonth-long dry dock availability(~2013/2/21)
2013/5/21 チャンギ海軍基地沖にてエンジン・トラブル、後に修理(~2013/6?)
2013/7/20 Cooperation Afloat Readiness and Training(CARAT)演習にてエンジン・トラブル
◎2013/7/21 シンガポールにて修理
2013/10/21 チャンギ海軍基地にてビルジ部浸水(海水配管から漏出が発生(0.91m浸水)してガス・タービン主機損傷)、後に修理
後に右舷側ウォータージェットを操作する油圧系統で海水汚染発生
2013/11/10 舵機の表示器に不具合が発生
◎2014/6/17 サン・ディエゴ海軍基地のピア4にてSRA(~2014/10)
◎2015/6/17 ボルティモアのロッキード・マーチン社にてDSRA(~2015/9/19、修理額$10,276,743)
2016/7/11 No. 2ディーゼル主機の海水ポンプから漏れ出た海水が潤滑系統に入り込むトラブルが発生。対策を講じる
2016/8/3 SWRMC(Southwest Regional Maintenance Center)の DEI(Diesel Engine Inspector)部門が検査したところ、ディーゼル主機のダメージが判明。リビルドまたは換装が必要な事態
◎2016/12/1 サン・ディエゴにて入渠、主機交換工事(123
◎2017/5/4 サン・ディエゴにて出渠(12
フォート・ワース Fort Worth LCS-3 ボリンジャー・シップヤード社(フライト0)
Marinette Marine Corp.(フライト0+)
2012/9/22 ◎LCSフライト0
◎2007/1中旬 建造中断(一時中断(90日間)を指令。先行するLCS-1のコスト超過問題が原因の為)
◎2007/3中旬 建造再開
◎2007/4/12 建造中止
◎2009/3/6 艦名をフォート・ワースにすると発表
◎2009/3/23 LCSフライト0+として建造開始
◎2009/7/11 起工
◎2010/12/4 進水
◎2012/6 引き渡される
◎2012/9/1 メイポートにてPMA(~2012/9/12)
◎ガルヴェストンにて就役
◎2013/5/1 サン・ディエゴ海軍基地にてボルティモアのLockheed Martin, Mission System & TrainingによるPSA(~2013/7/1?、修理額$17,077,638、12
◎2013/11/5 ポイント・マグー・テスト・レンジにてMQ-8艦上運用試験(~2013/11/13)
◎2015/4中旬 チャンギ海軍基地のバース7にてRAV
◎2015/9/9 Sembawang Terminalのバース2にてPMAとRAV(~2015/9下旬)
2016/1/12 チャンギ海軍基地のバース7にて両舷ディーゼル主機で使用しているギア装置に不具合、後に調査・補修作業中(12345
◎2017/5 サン・ディエゴのナショナル・スチール&シップビルディング社にてDSRA(~2017/11予定、修理額$22,714,780)
ミルウォーキー Milwaukee LCS-5 Marinette Marine Corp. 2015/11/21 ◎2011/3/18 艦名をミルウォーキーにすると発表
◎2011/10/27 起工
◎2013/12/18 命名式
◎2015/10/16 引き渡される
◎ミルウォーキーのVeterans Parkにて就役
2015/12/11 Joint Expeditionary Base Little Creek-Fort Storyにて左舷機の減速ギアボックス用フィルターから微細な金属片が見つかる。清掃を実施し、予防措置として左舷機を停止、右舷機で油圧系の圧力低下が発生
◎2016/2/26 Fanning IslandのBAE Systems Jacksonville Ship Repair facilityにて入渠
◎2016/5/1? Fanning IslandのBAE Systems Jacksonville Ship Repair facilityにて出渠
◎2016/8 ボルティモアのLockheed Martin, Mission Systems & TrainingにてPSA(~2017/6予定、修理額$21,210,491、PSA に加えてスターンランプ関連の作業や居住施設増強改修、逆浸透圧式浄水装置の改修も実施)
デトロイト Detroit LCS-7 Marinette Marine Corp. 2016/10/22 ◎2011/3/18 艦名をデトロイトにすると発表
◎2012/11/8 起工
◎2014/10/18 命名式
◎2016/8/12 引き渡される
◎デトロイトにて就役
2017/2/28 ノーフォーク沖にて複数のAGM-114L-8Aロングボウ・ヘルファイア・ミサイルを発射し、艦対艦ミサイル・モジュール(Surface-to-Surface Missile Module(SSMM))の構造試験を成功。この試験では、SSMMからのミサイル発射とLCSからの最初の垂直ミサイル発射が水上戦(Surface Warfare(SUW))ミッション・パッケージ(Mission Package(MP))の開発テストプログラムの一環として行われた(123
◎2017/3 メイポートのBAE Systems Southeast Shipyards MayportにてPSA(~2017/10予定、修理額$11,351,440)
リトル・ロック Little Rock LCS-9 Marinette Marine Corp. 2017予定 ◎2011/7/15 艦名をリトル・ロックにすると発表
◎2013/6/27 起工
◎2015/7/18 進水
◎2015末 引き渡される予定
スー・シティ Sioux City LCS-11 Marinette Marine Corp. 2017予定 ◎2012/2/15 艦名をスー・シティにすると発表
◎2012/6/23 Sioux CityのPublic Safety Memorialにて艦名を祝う式典
◎2014/2/19 起工
◎2016/1/30 命名式
ウィチタ Wichita LCS-13 Marinette Marine Corp. 2017予定 ◎2013/4/12 艦名をウィチタにすると発表
◎2015/2/9 起工
◎2016/9/17 命名式
ビリングズ Billings LCS-15 Marinette Marine Corp. 2018予定 ◎2013/6/6 艦名をビリングズにすると発表(12
◎2015/9/2 ビリングズにて艦名を祝う式典(1234
◎2015/11/2 起工
インディアナポリス Indianapolis LCS-17 Marinette Marine Corp. 2018予定 ◎2013/8/16 艦名をインディアナポリスにすると発表
◎2016/7/18 起工
セント・ルイス St. Louis LCS-19 Marinette Marine Corp. 2019予定 ◎2015/4/17 艦名をセント・ルイスにすると発表
◎2017/5/17 起工
ミネアポリスセント・ポール Minneapolis-St. Paul LCS-21 Marinette Marine Corp. 2019予定 ◎2015/9/3 艦名をミネアポリスセント・ポールにすると発表
クーパーズタウン Cooperstown LCS-23 Marinette Marine Corp. 2020予定 ◎2015/7/25 クーパーズタウンのアメリカ野球殿堂(National Baseball Hall of Fame)にて艦名をクーパーズタウンにすると発表(1234
マリネット Marinette LCS-25 Marinette Marine Corp. 2020予定 ◎2016/9/22 ワシントンD.C. にて艦名をマリネットにすると発表


軽荷排水量:2,176t 満載排水量:2,784t 全長:127.40m 幅:28.40m(extreme) 吃水:3.96m(Maximum Navigational Draft) 主機/軸数:CODAG(ジェネラル・エレクトリック式LM2500ガス・タービン2基、MTU式20V 8000 M71ディーゼル2基)/Wartsila式ウォータージェット4基 速力:50.0kt+ 航続力:45.0ktで1,150浬 兵装:ハープーンSSM単装発射機1基(LCS-4は2016年6月~)、RAM近接防御SAM21連装発射機3基、57㎜単装砲1基、12.7㎜単装機銃4基 搭載機:ヘリコプター2機、垂直発着艦戦術無人機(VTUAV)3機 乗員:26名~50名
※レーダー:スペリー式Bridgemaster-E航海レーダー1基、Ericsson Microwave Systems式シー・グラッフェABD三次元Cバンド測量レーダー1基 ソナー:対機雷・戦闘泳者ソナー、SQR-20多機能式曳航ソナー 電子戦装置:EDO ES3601レーダー迎撃装置、Mk. 36 SRBOCデコイ・システム(Mk. 137 6連装発射機)、Mk. 53ヌルカ・デコイ・ランチャー2基 電子光学:Seastar Safire III EO/IR f.c. 1基
↑Washington, D.C. (May 27, 2004) - The U.S. Navy announced today that General Dynamics - Bath Iron Works, Bath, Maine, will be one of two defense contracting teams awarded contract options for final system design with options for detail design and construction of up to two Flight 0 Littoral Combat Ships (LCS). The LCS is an entirely new breed of U.S. Navy warship. A fast, agile, and networked surface combatant, LCS's modular, focused-mission design will provide Combatant Commanders the required warfighting capabilities and operational flexibility to ensure maritime dominance and access for the joint force. LCS will operate with focused-mission packages that deploy manned and unmanned vehicles to execute missions including, Special Operations Forces (SOF) support, high-speed transit, Maritime Interdiction Operations (MIO), Intelligence, Surveillance and Reconnaissance (ISR), and Anti-Terrorism/Force Protection (AT/FP). Artist concept provided to the U.S. Navy courtesy General Dynamics. (RELEASED)
↑Washington, D.C. (May 27, 2004) - The U.S. Navy announced today that General Dynamics - Bath Iron Works, Bath, Maine, will be one of two defense contracting teams awarded contract options for final system design with options for detail design and construction of up to two Flight 0 Littoral Combat Ships (LCS). The LCS is an entirely new breed of U.S. Navy warship. A fast, agile, and networked surface combatant, LCS's modular, focused-mission design will provide Combatant Commanders the required warfighting capabilities and operational flexibility to ensure maritime dominance and access for the joint force. LCS will operate with focused-mission packages that deploy manned and unmanned vehicles to execute missions including, Special Operations Forces (SOF) support, high-speed transit, Maritime Interdiction Operations (MIO), Intelligence, Surveillance and Reconnaissance (ISR), and Anti-Terrorism/Force Protection (AT/FP). Artist concept provided to the U.S. Navy courtesy General Dynamics. (RELEASED)
↑ATLANTIC OCEAN (April 9, 2012) - The littoral combat ship USS Independence (LCS-2) transits off the coast of Florida. Sailors from Independence's Gold Crew and embarked Mine Countermeasures (MCM), Detachment 1, are underway for the ship's maiden voyage to San Diego after completing testing on the MCM mission package. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Trevor Welsh. (Released)
↑ATLANTIC OCEAN (April 9, 2012) - The littoral combat ship USS Independence (LCS-2) is underway in the Atlantic Ocean off the coast of Florida. Sailors assigned to Independence's Gold crew and embarked Mine Countermeasures Squadron, Detachment 1, departed Naval Station Mayport for the transit to San Diego after successfully completing testing on the mine countermeasures mission package. U.S. Navy Photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Trevor Welsh. (Released)

↑SOUTH CHINA SEA (Feb. 12, 2017) - The littoral combat ship USS Coronado (LCS-4) transits the South China Sea. The ship is a fast and agile warship tailor-made to patrol the region's littorals and work hull-to-hull with partner navies, providing the U.S. 7th Fleet with the flexible capabilities it needs now and in the future. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Amy M. Ressler. (Released)

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
インディペンデンス Independence LCS-2 Austal USA 2010/1/16 ◎LCSフライト0
◎2006/1/19 起工
◎2006/4/4(2006/4/6?) インディペンデンスと命名
◎2008/4/26(2006/4/29?) 進水
◎2008/10/4 命名式
2009/7/5 試験航海中、左舷側タービン軸シールに漏れ
◎2009/12/18 モービルにて引き渡される
◎モービルにて就役
◎2010/5/6 ノーフォークのBAE Ship Repair YardにてIPDA(~2010/8)
◎2011/1 BAE Systems Southeast Shipyardsにてメンテナンス(~2011/2中旬)
2011/6/23 ウォータージェット取り付け部の周辺で船殼に腐食問題発生、後に一時的な修理(~2011/8)
◎2012/8/13 サン・ディエゴのナショナル・スチール&シップビルディング社にてPSA(修理額$14,875,016)
◎2012/9/5 サン・ディエゴのナショナル・スチール&シップビルディング社にて入渠
◎2013/1 出渠、サン・ディエゴ海軍基地へ
◎2012/9/3 バスのジェネラル・ダイナミックス・バス鉄工所にてPSAフェーズ2(~2014/1中旬、修理額$9,011,625)
◎2016/4/4 サン・ディエゴのナショナル・スチール&シップビルディング社(サン・ディエゴのSWRMC(Southwest Regional Maintenance Center)の監督下で実施)にてDSRA(~2016/12/9、修理額$12,668,280)
◎2016/9/21 サン・ディエゴのナショナル・スチール&シップビルディング社にて出渠
コロナド Coronado LCS-4 Austal USA 2014/4/5 ◎LCSフライト0
◎2007/11/1 建造中止(海軍とジェネラル・ダイナミックス社が、沿海域戦闘艦LCS-3と同様に固定価格契約への変更について協議してきたが、折り合いがつかなかった為)
◎2009/3/12 艦名をコロナドにすると発表
◎2009/5/1 LCSフライト0+として建造開始
◎2009/12/17 起工
◎2012/1/11 進水
◎2012/1/14 命名式
2013/4/12 メキシコ湾にて火災(左舷ディーゼル主機にて排気部の断熱材が炎上)
◎2013/9/27 引き渡される
◎ノース・アイランド海軍航空基地にて就役
◎2014/10? ナショナル・スチール&シップビルディング社にてPSA(~2015/3、修理額$28,919,204)
◎2015/3 出渠、サン・ディエゴ海軍基地へ
2016/7/19 リムパック2016演習に、RGM-84ハープーン・ブロック1C SSMを標的に向けて初発射(1234567
2016/8/26 真珠湾沖にて主機のトラブル、後に真珠湾にて修理(~2016/9/2?)
◎2017/1 チャンギ海軍基地にてCMAV(~2017/1/31、予防整備のチェック項目は900件にものぼる)
◎2017/2/3 Sembawang Terminalにて保全(~2017/2/10、海軍COMLOG SRU(Commander, Logistics Group Western Pacific Ship Repair Unit)が艦の乗組員と共同で整備作業を実施)
◎2017/3/6 チャンギ海軍基地にて57㎜砲メンテナンス
◎2017/3/8 チャンギ海軍基地にてSeaRAMをメンテナンス
◎2017/4/21 チャンギ海軍基地にてエンジンを視覚的検査
ジャクソン Jackson LCS-6 Austal USA 2015/12/5 ◎2011/3/25 艦名をジャクソンにすると発表
◎2012/10/19 起工
◎2013/12/14 進水
◎2014/3/22 命名式
◎2015/8/11 モービルにて引き渡される
◎ガルフポートにて就役
◎2016/6/10 大西洋にて対衝撃試験(FSST: Full Ship Shock Trials)
◎2016/7 Austal USAにて新手の補修計画立案・実行(対衝撃試験(FSST)に関連する損傷補修と計測機材の撤去(~2016/8/31、修理額$11,239,032)
◎2016/10 BAE Systems San Diego Ship RepairにてPSA(~2017/8予定、修理額$9,821,638、モントゴメリー(LCS-8)と2隻合わせた金額)
◎2017/4/22 カリフォルニア南部沿岸にてSeaRAMの試射を実施(12
モントゴメリー Montgomery LCS-8 Austal USA 2016/9/10 ◎2011/3/25 艦名をモントゴメリーにすると発表
◎2013/6/26 起工
◎2014/8/6 進水
◎2014/11/8 命名式
◎2016/6/23 引き渡される
◎モービルにて就役
2016/9/13 メキシコ湾にて油圧冷却系統へ海水混入、ガス・タービン主機の不具合(24 時間の間に2件のトラブル)
◎2016/9/20 メイポート海軍基地のAlpha Wharfにて緊急修理
2016/10/4 メイポート海軍基地沖にてハリケーン“マシュー”から避難中、曳船と衝突し損傷、浸水(軽微な浸水が発生するも乗員が応急措置)
2016/10/29 パナマ運河を航行中、コンクリートの構造物に衝突し損傷(船体水面上2.43m~3.04mに約45㎝の亀裂)
◎2017/4/3 MQ-8Cの艦上運用試験(Initial Operational Test and Evaluation: IOT&E、~2017/4/10、12
◎2017/5/19 BAE Systems San Diego Ship RepairにてPSA(~2017/8予定、修理額$9,821,638、ジャクソン(LCS-6)と2隻合わせた金額、1234
ガブリエル・ギフォーズ Gabrielle Giffords LCS-10 Austal USA 2017予定 ◎2012/2/10 艦名をガブリエル・ギフォーズにすると発表
◎2014/4/16 起工
◎2015/2/25 進水
◎2015/6/13 命名式
◎2016/12/23 引き渡される
オマハ Omaha LCS-12 Austal USA 2017予定 ◎2012/2/15 艦名をオマハにすると発表
◎2015/2/18 起工
◎2015/11/20 進水
◎2015/12/19 命名式
マンチェスター Manchester LCS-14 Austal USA 2017予定 ◎2013/4/12 艦名をマンチェスターにすると発表
◎2015/6/29 起工
◎2016/5/7 命名式
タルサ Tulsa LCS-16 Austal USA 2018予定 ◎2013/6/6 艦名をタルサにすると発表(12
◎2015/9/15 タルサにて艦名を祝う式典(12
◎2016/1/11 起工
◎2017/2/11 命名式
◎2017/3/16 進水
チャールストン Charleston LCS-18 Austal USA 2018予定 ◎2015/1/9 艦名をチャールストンにすると発表
◎2016/6/28 起工
シンシナティ Cincinnati LCS-20 Austal USA 2019予定 ◎2015/7/20 艦名をシンシナティにすると発表
◎2017/4/10 起工
カンザス・シティ Kansas City LCS-22 Austal USA 2019予定 ◎2015/7/20 艦名をカンザス・シティにすると発表
オークランド Oakland LCS-24 Austal USA 2020予定 ◎2015/8/19 艦名をオークランドにすると発表
モービル Mobile LCS-26 Austal USA 2020予定 ◎2016/9/22 ワシントンD.C. にて艦名をモービルにすると発表


Update 17/05/24