偵察機

※FYは会計年度 Fiscal Yearの略
カーチス社製 初飛行:1944年2月16日(XSC-1) SC-1データ=全幅:12.50m 全長:11.09m 全高:3.89m 翼面積:26.01u 空虚運用重量:2,867s 最大離陸重量:4,080s パワープラント:定格出力1,350hpのライト製R-1820-62サイクロン9星型ピストン・エンジン1基 最高速度(高度8,715m):504q/h 実用上昇限度:11,370m 航続距離:1,000q 兵装:機関銃:12.7o機銃2挺 無誘導弾薬:組み合わせ容量295sの翼下爆弾架2台 乗員:1名
※社内呼称モデル97
↑USS Alaska (CB-1). Recovering a Curtiss SC-1 floatplane on 6 March 1945, during the Iwo Jima operation. The aircraft is awaiting pickup by the ship's crane after taxiing onto a landing mat. The pilot was Lieutenant Jess R. Faulconer, Jr., USNR. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives.

↑Image courtesy of Shipbucket.


マクドネル社(現ボーイング社)製 初飛行:1965年3月12日(RF-4B-20-MC) 退役日:1990年9月30日 RF-4Bデータ=全幅:11.707m 全長:19.177m 全高:5.004m 翼面積:49.239u 空虚運用重量:14,152s 最大離陸重量:24,857s パワープラント:アフターバーナー使用時定格推力7,711sのジェネラル・エレクトリック製J79-GE-8Bターボジェット・エンジン2基 水平飛行最大速度(12,190m):2,264q/h 制限マッハ数:高高度2.4 海面上昇率:14,478m/min 実用上昇限度:18,288m フェリー航続距離:2,816q 乗員:2名
※社内呼称モデル98DH
FY Block No. Bu.No. 機数、備考1 備考2
Bu.No. 直後の()内の
番号は製造番号
RF-4B-20-MC 151975〜151977 ◎3機 全機海兵隊へ 151975は1980年4月25日にMesquite近郊にて他のRF-4Bと衝突し墜落
151976は1968年10月22日に北ヴェトナム軍の攻撃により撃墜(VMCJ-1所属機)
◎151977は1989年3月10日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0325として保管
RF-4B-21-MC 151978、151979 ◎2機 全機海兵隊へ ◎151978は1989年5月24日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0328として保管
151979(c/n 897)は1983年1月25日に汎用航空母艦ミッドウェー Midway(CV-41)上にてバリア・トラップにより前脚を損傷。除籍。現在はエル・セントロ海軍航空施設のブルー・エンジェズ・パークにて展示
RF-4B-22-MC 151980、151981 ◎2機 全機海兵隊へ ◎151980は1989年7月12日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0333として保管
151981(c/n 1012)はミラマーのFlying Leathernecks Museumにて展示。1993年3月13日にエル・トロ海兵航空基地の海兵隊博物館にて展示
RF-4B-23-MC 151982、151983 ◎2機 全機海兵隊へ 151982は1971年1月12日にNAS Lemooreにて墜落
◎151983は1989年5月25日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0330として保管
RF-4B-24-MC 153089〜153094 ◎6機 全機海兵隊へ 153089は1969年1月13日に悪天候によりSanta Ana Mts. のSitton Pk. にて墜落
153090は1966年6月5日にアクロバティック飛行中に墜落
◎153091は1989年8月2日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0337として保管
◎153092は1989年9月19日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0339として保管
◎153093は1989年8月9日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0338として保管
◎153094は1989年7月19日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0335として保管
RF-4B-25-MC 153095〜153100 ◎6機 全機海兵隊へ ◎153095は1989年5月24日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0327として保管
◎153096は1989年5月25日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0329として保管
◎153097は1972年3月13日除籍
153098は1975年10月22日に砂漠にて墜落
153099は1976年10月にティンカー空軍基地近郊にてエンジンがストールし墜落
153100は1968年8月6日にアクロバティック飛行中に墜落
RF-4B-26-MC 153101〜153107 ◎7機 全機海兵隊へ 153101は1981年5月22日にネヴァダ砂漠にてアクロバティック飛行中に墜落(VMFP-3所属機)。乗員2名とも死亡
◎153102は1989年7月26日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0336として保管
◎153103は1989年7月12日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0332として保管
153104は1967年9月11日に南ヴェトナムにて共産軍の攻撃により撃墜
◎153105は1989年7月19日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0334として保管
◎153106は1989年4月18日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0326として保管
◎153107は1989年5月25日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0331として保管
RF-4B-27-MC 153108〜153115 ◎8機 全機海兵隊へ ◎153108は1988年12月23日にAerospace Maintenance & Regeneration Centerにて8F0324として保管
153109は1987年10月19日にフィリピンのCrow Valleyにてphoto flash cartridgeが暴発し墜落。乗員2名とも脱出
◎153110はエル・トロ海兵航空基地にてcrash & rescue trainingに使用。現在はミラマーのFlying Leathernecks Museumにて展示
153111は1974年11月3日に攻撃航空母艦ミッドウェー(CVA-41)にアプローチ中、墜落(VMCJ-1所属機)
153112は1972年5月10日にNAS Fallon近郊にて離陸中、オーヴァーローテーションにより墜落
153113は1967年7月20日に森林地帯に墜落
153114は1967年12月15日に南ヴェトナムのダ・ナン航空基地にて着陸中に墜落
153115は1968年3月2日に南ヴェトナムにて共産軍の攻撃により撃墜


ノースロップ・グラマン社製 初飛行:2000年1月(RQ-8A) RQ-8Aデータ=主ローター直径:8.41m 全長:6.73m 全高:2.89m 空虚運用重量:660.88s 最大離陸重量:1,202s パワープラント:出力175kWのロールスロイス/アリソン製250-C20Wターボシャフト・エンジン1基 最大速度:231q/h 実用上昇限度:6,096m 航続時間:5時間 ユニット・コスト:$14,600,000(FY2015)
※垂直離着陸戦闘無人機(Vertical Takeoff and Landing Tactical Unmanned Aerial Vehicle: VTUAV)といわれる
 ↑Naval Air Station Oceana, Va. (Sept. 24, 2004) - A Northrop Grumman RQ-8B Fire Scout Vertical Take-Off and Landing Tactical Unmanned Aerial Vehicle (VTUAV) System sits on the flight line as a static display at the 2004 "In Pursuit of Liberty," Naval Air Station Oceana Air Show. The Fire Scout has the ability to autonomously take off and land on any aviation-capable warship and at unprepared landing zones in proximity to the forward edge of the battle area. The air show, held Sept. 24-26, showcased civilian and military aircraft from the Nation's armed forces, which provided many flight demonstrations and static displays. U.S. Navy photo by Photographer's Mate 2nd Class Daniel J. McLain. (RELEASED)
↑Yuma, Ariz. (July 25, 2005) - Northrop Grumman's RQ-8A Fire Scout Vertical Takeoff and Landing Tactical Unmanned Aerial Vehicle (VTUAV) System test fires the second of two Mark-66 2.75-inch unguided rockets during weapons testing at Arizona's Yuma Proving Grounds. Fire Scout fired the first 2.75-inch rocket earlier that day. Fire Scout has the ability to autonomously take off and land from any aviation-capable warship and at unprepared landing zones. With an on-station endurance of over four hours, the Fire Scout system is capable of continuous operations, providing coverage at 110 nautical miles from the launch site. Utilizing a baseline payload that includes electro-optical/infrared sensors and a laser rangefinder/designator, Fire Scout can find and identify tactical targets, track and designate targets, accurately provide targeting data to strike platforms, employ precision weapons, and perform battle damage assessment. Photo courtesy of Northrop Grumman Corporation. (RELEASED)
↑Atlantic Ocean (Jan. 17, 2006) - A RQ-8A Fire Scout Vertical Takeoff and Landing Tactical Unmanned Aerial Vehicle (VTUAV) System prepares to land aboard the amphibious transport dock ship USS Nashville (LPD-13). This is the first autonomous landing of the Fire Scout aboard a Navy vessel at sea. With an on-station endurance of over four hours, the Fire Scout system is capable of continuous operations, providing coverage at 110 nautical miles from the launch site. Utilizing a baseline payload that includes electro-optical/infrared sensors and a laser rangefinder/designator, Fire Scout can find and identify tactical targets, track and designate targets, accurately provide targeting data to strike platforms, employ precision weapons, and perform battle damage assessment. U.S. Navy photo by Kurt Lengfield. (RELEASED)
↑Point MUGU, Calif. (Oct. 31, 2013) - An MQ-8C Fire Scout unmanned aerial vehicle takes off from Naval Base Ventura County at Point Mugu. The Navy's newest variant of the Fire Scout unmanned helicopter completed its first day of flying Oct. 31 with two flights reaching 500 feet altitude. The MQ-8C air vehicle upgrade will provide longer endurance, range and greater payload capability than the MQ-8B. Initial operating capability for the MQ-8C is planned for 2016, with the potential for an early deployment in 2014. U.S. Navy photo courtesy of Northrop Grumman. (Released)

↑Image courtesy of Shipbucket.
FY Block No. Bu.No. 機数、備考1 備考2
RQ-8A 166400、166401 ◎2機 ◎166400は2008年12月31日除籍。現在はペンサコラの国立海軍航空機博物館にある
◎166401は2008年12月31日除籍
RQ-8A 166414〜166416 ◎3機 166415は2008年12月31日除籍。2012年にNAVSUP Weapon Systems Support Philadelphiaにて展示
166416は船に搭載中に落下により損傷。現在はMcMinnvilleのEvergreen Aviation & Space Museumにて展示
MQ-8B 167784〜167788 ◎5機 ◎167788は2012年4月6日除籍
MQ-8B 167791、167792 ◎2機
MQ-8B 167986〜167988 ◎3機 ◎167987は2012年7月26日除籍
◎167988は2012年12月13日除籍
MQ-8B 168210〜168213
(c/n N-13〜N-16)
◎4機 ◎168211は2011年6月22日除籍
MQ-8C 168455、168456 ◎2機 プロトタイプ ◎168456は2014年2月12日に初飛行
MQ-8C 168808、168809 ◎2機


Update 16/07/17