VX
航空試験評価飛行隊 Air Test and Evaluation Squadron

アイコン 意味
戦闘や事故で失った場合(沈没、墜落)や損傷した場合、艦船などの内部で事故や事件がおこった場合の意味です。自軍や同盟軍、所属機関、所有会社が行った沈没処分や破壊処分、漁礁としてまたは演習で使用して沈めた場合にはこのアイコンは付けません
戦果や功績、各機関に寄贈された場合の意味です。戦争等など沈没し、何十年後に発見された場合もこのアイコンです
映画やTVドラマ、ドキュメンタリーに使用された場合の意味です
参考文献、小説や書籍に登場する事柄です
インターネットやTVゲームに登場する事柄です
UFOなど超常現象に遭遇した事柄です
※MCAAFは海兵航空補助施設(Marine Corps Auxiliary Air Facility)の略。NASは海軍航空基地(Naval Air Station)の略。NAASは海軍航空補助基地(Naval Auxiliary Air Station)の略。NAWSは海軍航空兵器基地(Naval Air Weapons Station)の略。NSは海軍基地(Naval Station)の略(ABC順)
※航空試験評価第23飛行隊(Air Test and Evaluation Squadron 23: VX-23)は、アメリカ・メリーランド州のパタクセント・リヴァー海軍航空基地 NAS Patuxent Riverを拠点とするアメリカ海軍の航空部隊。1995年7月22日に設立された。テイル・コード“SD”を使用し、テストと評価の目的でアメリカ海軍の複数の航空機を運用している

↑Image courtesy of en.wikipedia.org.
所在地 駐留日
NAS Patuxent River 1995/7/22
主な出来事
VX-23に所属する航空機はEA-6BF/A-18EF/A-18CT-45である。 VX-23は固定翼戦術機とUAVの研究、試験、評価を行う航空機試験飛行隊である。VX-23は、航空機、パイロット、メンテナンスサービス、安全監視、施設サポートを提供する。主な任務は、飛行品質と性能評価、船舶搭載適合性、推進システム試験、戦術機ミッション・システム試験 tactical aircraft mission systems testing、兵器適合性と弾道学的取り組み、信頼性と保守性評価、飛行忠実度シミュレーションと飛行制御ソフトウェア開発 flight fidelity simulation and flight control software developmentである。この飛行隊はまた、政府飛行代表、試験監視、追跡機支援、戦術機と関連システムを含む請負業者の実証、検証、開発作業のための施設も提供している
VX-23は1995年7月22日に海軍打撃航空機試験飛行隊 Naval Strike Aircraft Test Squadronとして設立され、2002年5月1日にVX-23に改称された。この間、VX-23はEA-6B、F-14、F/A-18、T-45などの固定翼戦闘機、攻撃機、そのほか指定された航空機の試験と評価を行ってきた。VX-23は、統合打撃戦闘機 Joint Strike FighterのX-32X-35のコンセプト実証機、およびX-31 VECTOR試験機をホストし、飛行試験搭乗員を提供した

↑ロックウェル/MBB X-31A
飛行隊は、米海軍と米海兵隊から集められた約40名の士官と90名の下士官で構成され、340名の請負業者と公務員が整備、計画、安全監督に携わっている。これらの人々は飛行隊の40機のF/A-18A〜G、EA-6B、T-45をサポートしている。さらに飛行隊は、NAVAIRSYSCOM 5.1.6(試験評価エンジニアリング)やそのほかのさまざまな請負業者から提供される数百人の飛行試験エンジニアによって支えられている。飛行隊は毎年2,600回以上の飛行を行い、その総飛行時間はおよそ3,500時間に達する。VX-23は3つの大型格納庫を含む施設で運用を行い、TC-7カタパルトとMk. 7アレスティングギア施設も運用・維持している
2021年6月4日、ドローン給油機MQ-25がF/A-18E/Fスーパー・ホーネットに燃料を供給する初の給油試験評価飛行が実施された。このテストでは、MQ-25がイリノイ州マスコータ Mascoutahのミッドアメリカ空港 MidAmerica Airportを出発し、F/A-18はVX-23からだった。ミッションは約4.5時間続き、2機はドライまたはウェット接続のために何度も接続され、合計時間は10分以上、合計325ポンドの燃料が渡された

↑ATLANTIC OCEAN (Oct. 11, 2023) - U.S. Marine Corps test pilot Maj. Paul Gucwa, from Air Test and Evaluation Squadron (VX) 23, flies an F-35B during the final first of class sea trials for F-35B test (DT-3) aboard the Royal Navy aircraft carrier HMS Prince of Wales (R.09), Oct. 11, 2023. The Queen Elizabeth-class (QEC) Prince of Wales's participation in WESTLANT 23 encompasses a range of United Kingdom and U.S. naval aircraft trials in the western Atlantic Ocean throughout the autumn of 2023. Prince of Wales continues to push the boundaries of naval aviation capabilities and operations from QEC aircraft carriers, including increasing the range and lethality of F-35 operations. The U.K. is the only Tier I partner in the F-35 Joint Strike Fighter (JSF) Program. U.K. and U.S. interactions during this deployment are characterized by cooperation and reinforce international relationships, as well as enhance interoperability between the U.S. Navy and the Royal Navy. The F-35 Joint Program Office is the Defense Department's focal point for the 5th-generation strike aircraft for the Navy, Air Force, Marines, and our allies. The F-35 is the premier multi-mission, 5th-generation weapon system. Its ability to collect, analyze and share data is a force multiplier that enhances all assets in the battle space, with stealth technology, advanced sensors, weapons capacity, and range. The F-35 has been operational since July 2015 and is the most lethal, survivable, and interoperable fighter aircraft ever built. (U.S. Navy photo by Dane Wiedmann)


Update 23/10/15