戦闘機、戦闘攻撃機

※FYは会計年度 Fiscal Yearの略。kNは1kN=102.0sf=102.0s。Gは1.0G=9.80665m/s2。公式文書では“F/A-18”ではなく“FA-18”
マクドネル・ダグラス社(現ボーイング社)製 初飛行:1995年11月29日(F/A-18E-52-MC)
スペック F/A-18E F/A-18F
全幅 13.68m
全長 18.37m
全高 4.87m
翼面積 46.45u
空虚運用重量 14,007s
最大離陸重量 29,937s
パワープラント アフターバーナー作動時定格推力97.90kNのジェネラル・エレクトリック製F414-GE-400ターボファン・エンジン2基
最大速度 高高度1,915q/h以上
制限マッハ数 高高度1.8以上
戦闘上昇限度 15,240m以上
制限重力加速度
(機体重量19,094s時)
+7.5G〜-3.0G
航続距離
(AIM-9サイドワインダー2発搭載、480ガロン増槽3個使用時)
3,076q
兵装 ◎機関砲:M61A1/A2ヴァルカン20o回転式機関砲1門(携行弾薬570発)
◎空対空ミサイル:AIM-120 AMRAAM、AIM-7スパロー、AIM-9サイドワインダー
◎精密誘導兵器(PGM):AGM-65マヴェリック、AGM-84ハープーン、AGM-84E SLAM、AGM-84H SLAM-ER、AGM-88 HARM、AGM-62ウォールアイ電子光学(EO)誘導滑空爆弾、AGM-154A JSOW、AGM-158 JASSM、GBU-10/12/16/24レーザー誘導爆弾、GBU-29/32 JDAM
◎無誘導弾薬:B57及びB61自由落下熱核爆弾、Mk. 80シリーズ汎用爆弾、CBUシリーズ集束爆弾、2.75in自由飛翔空対空ロケット(FFAR)
乗員 1名 2名
ユニット・コスト 66,900,000(2012年時)
海軍のF/A-18E/Fは2021会計年度をもって調達完了。海軍が2022年度〜2024年度に36機分のF/A-18E/Fの購入を計画した資金は、次世代航空優勢(Next Generation Air Dominance: NGAD)及びその他の主要な航空全体投資の加速開発に振り向けられる
↑NORFOLK, Virginia (June 2, 2007) - Water vapor flows over the wings of an F/A-18E Super Hornet from the "Gunslingers" of Strike Fighter Squadron (VFA) 105 as it performs a high-speed pass during an air power demonstration on board the Nimitz-class aircraft carrier USS Harry S. Truman (CVN-75). Truman Sailors brought over 4000 guests on board for a day-long Friends and Family Day cruise on June 2. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Kristopher Wilson. (RELEASED)
↑PACIFIC OCEAN (April 28, 2017) - An F/A-18F Super Hornet assigned to the "Mighty Shrikes" of Strike Fighter Attack Squadron (VFA) 94 drives to a catapult prior to launch on the flight deck of the aircraft carrier USS Theodore Roosevelt (CVN-71). The ship is underway conducting a tailored ship's training availability off the coast of Calif. U.S. Navy Photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Spencer Roberts. (Released)
↑Weapons loads F/A-18E Super Hornet. The armament which shouldn't do equipped conformance test by this figure. It's described whether it's possible to load, so I pay attention. Image courtesy of FAS.

↑Image courtesy of Shipbucket.
FY Block No. Bu.No.
()内は製造番号
機数、備考1 備考2
Bu.No. 直後の()内の
番号は製造番号
F/A-18E 165164、165165
(c/n 1285/E001、1293/E002)
◎2機 開発生産・技術(EMD)機 165164はパタクセント・リヴァー海軍航空基地の博物館にて展示予定。2007年8月30日除籍
◎165165はパタクセント・リヴァー海軍航空基地antenna farmにてアンテナ・パターン試験の為に台座に設置。2006年4月24日除籍
F/A-18F 165166
(c/n 1313/F001)
◎1機 開発生産・技術(EMD)機。165166はEA-18Gデモンストレーターに改造 ◎2001年11月15日初飛行。2007年6月12日除籍。2008年にペンサコラ海軍航空基地メンテナンス学校にて地上教育航空機
F/A-18E 165167〜165169
(c/n 1324/E003、1337/E004、1344/E005)
◎3機 開発生産・技術(EMD)機 ◎165168は2003年1月15日除籍。オシアナ海軍航空基地にてメンテナンス訓練機体となる
◎165169はオシアナ海軍航空基地にてメンテナンス訓練機体となる
F/A-18F 165170
(c/n 1354/F002)
◎1機 開発生産・技術(EMD)機
1997 F/A-18E-52-MC (Lot 21) 165533〜165540
(c/n 1454/E006、1460/E007、1467/E008、1471/E009、1474/E010、1477/E011、1486/E012、1488/E013)
◎8機 低率初期生産(LRIP-1)機 ◎165534(c/n 1460/E007)は2020年9月1日に“ブルー・エンジェルス”に引き渡される(2番機)
◎165536(c/n 1471/E009)は2019年に映画会社パラマウントの映画「Top Gun: Maverick」撮影用に用いられる。2020年7月27日にペンサコラ海軍航空基地にて“ブルー・エンジェルス”に引き渡される(1番機)
◎165538(c/n 1477/E011)は2020年11月に“ブルー・エンジェルス”に引き渡される
◎165539(c/n 1486/E012)は2020年12月に“ブルー・エンジェルス”に引き渡される
◎165540(c/n 1488/E013)は2017年現在、VFA-106所属機(Modex No. AD-102)として見られる。2020年12月30日に“ブルー・エンジェルス”に引き渡される
1997 F/A-18F-52-MC (Lot 21) 165541〜165544
(c/n 1458/F003、1465/F004、1483/F005、1493/F006)
◎4機 低率初期生産(LRIP-1)機
1998 F/A-18E-53-MC (Lot 22) 165660〜165667
(c/n 1499/E014、1502/E015、1505/E016、1509/E017、1513/E018、1515/E019、1517/E020、1518/E021)
◎8機 低率初期生産(LRIP-2)機 165662は2005年6月18日にChina Lake weapons testing groundにて165670と衝突し損傷(VFA-122所属機)。乗員は脱出するも死亡
◎165663(c/n 1509/E017)は2003年5月現在、NAS LemooreにてVFA-122所属機(Modex No. NJ-171)として見られる。2017年10月5日現在、VFA-106所属機(Modex No. AD-106)として見られる。2020年12月に“ブルー・エンジェルス”に引き渡される
◎165665(c/n 1515/E019)は2017年現在、VFA-106所属機(Modex No. AD-112)として見られる。2020年に“ブルー・エンジェルス”に引き渡される
◎165666(c/n 1517/E020)は2012年1月にVFA-106所属機(Modex No. AD-114、1967年時のVA-106の塗装スキームで)として見られる。2018年4月現在、VFA-146所属機(Modex No. NH-302)として見られる。2020年に“ブルー・エンジェルス”に引き渡される
◎165667(c/n 1518/E021)は2019年に映画会社パラマウントの映画「Top Gun: Maverick」撮影用に用いられる。2021年に“ブルー・エンジェルス”所属機
1998 F/A-18F-53-MC (Lot 22) 165668〜165679
(c/n 1500/F007、1501/F008、1503/F009、1504/F010、1506/F011、1507/F012、1508/F013、1510/F014、1511/F015、1512/F016、1514/F017、1516/F018)
◎12機 低率初期生産(LRIP-2)機 165670は2005年6月18日にChina Lake weapons testing groundにて165662と衝突し損傷(VFA-122所属機)。乗員2名とも脱出するも重傷
◎165673(c/n 1507/F012)は2020年9月に“ブルー・エンジェルス”所属機
◎165674(c/n 1508/F013)は2017年5月2日現在、オシアナ海軍航空基地のVFA-106にて見られる(Modex No. AD-212)。2020年11月に“ブルー・エンジェルス”に引き渡される
◎165675(c/n 1510/F014)
◎165677(c/n 1512/F016)
◎165679(c/n 1516/F018)は2020年に“ブルー・エンジェルス”に引き渡される
1999 F/A-18E-54-MC (Lot 23) 165779〜165792
(c/n 1519/E022、1523/E023、1526/E024、1528/E025、1530/E026、1532/E027、1534/E028、1536/E029、1538/E030、1540/E031、1542/E032、1544/E033、1546/E034、1548/E035)
◎14機 低率初期生産(LRIP-3)機 ◎165782(c/n 1528/E025)は2021年3月に“ブルー・エンジェルス”に引き渡される
◎165791(c/n 1546/E034)
1999 F/A-18F-54-MC (Lot 23) 165793〜165808
(c/n 1520/F019、1521/F020、1522/F021、1524/F022、1525/F023、1527/F024、1529/F025、1531/F026、1533/F027、1535/F028、1537/F029、1539/F030、1541/F031、1543/F032、1545/F033、1547/F034)
◎16機 低率初期生産(LRIP-3)機。165793はEA-18Gデモンストレーターに改造 ◎165799(c/n 1529/F025、Modex No. NJ-125)は2001年7月にパリ航空ショーに出展(VFA-122所属機)。2008年6月現在、VFA-106所属機(Modex No. AD-214)として見られる
2000 F/A-18E (Lot 24) 165860〜165874
(c/n E036〜E050)
◎15機 ボーイング社製 ◎165861(c/n E037)
◎165869(c/n E045)
◎165874(c/n E050)
2000 F/A-18F (Lot 24) 165875〜165895
(c/n F035〜F055)
◎21機 ボーイング社製 165881は2002年10月18日にカリフォルニア州モントリー南西海域にて165889と衝突し損傷(VFA-41所属機)。乗員2名とも死亡
165889は2002年10月18日にカリフォルニア州モントリー南西海域にて165881と衝突し損傷(VFA-41所属機)。乗員2名とも死亡
◎165893(c/n F053)
165895は2005年1月29日に汎用航空母艦キティ・ホーク Kitty Hawk(CV-63)への着艦失敗により墜落(VFA-102所属機)。乗員は脱出
2001 F/A-18E (Lot 25) 165896〜165909
(c/n E051〜E064)
◎14機 ボーイング社製。ロット25から新型コックピット・ディスプレイを導入。ソフトウェアとハードウェアの容量を増加。将来の為のAESAアドヴァンスト・クルー・ステーション(ACS)統合を可能にする。高次言語(HOL)の運用フライト・プログラム(OFP)により、ソフトウェアのアップグレードを簡単に組み込む事が出来る様にした ◎165898(c/n E053)
165900は2011年9月15日に高速離陸によりブレーキー装置出火(VFA-137所属機)
165904は2017年4月21日にセレベス海にて原子力汎用航空母艦カール・ヴィンソン Carl Vinson(CVN-70)にアプローチ中、墜落。乗員は脱出しヘリコプターに救出される(VFA-137所属機)
165905は2010年3月15日にNAS Fallonから離陸後、夜間訓練飛行中に165908と衝突し損傷(VFA-137所属機)。無事着陸
165908は2010年3月15日にNAS Fallonから離陸後、夜間訓練飛行中に165905と衝突し墜落(VFA-137所属機)。乗員は脱出
◎165909(c/n E064)
2001 F/A-18F (Lot 25) 165910〜165937
(c/n F056〜F080)
◎28機 ボーイング社製。165935〜165937は生産されていない ◎165921(c/n F067)
◎165922(c/n F068)
◎165923(c/n F069)
◎165926(c/n F072)
◎165930(c/n F076)
◎165932(c/n F078)
◎165934(c/n F080)
2002 F/A-18E (Lot 26) 166420〜166448
(c/n E065〜E093)
◎29機 ボーイング社製。このロット26から、ブロックIIへの移行。再設計された前方胴体と、AN/APG-79アクティヴ電子走査アレイ(AESA)レーダー、高度乗員ステーション(ACS)、8x10ディスプレイ、ファイバー・チャンネル・ネットワーク・スイッチ及びデジタル・ヴィデオ・マップ・コンピューターを搭載。Advanced Mission Computers and Displays(AMC&D)はミッション・コンピューターをアセンブリ言語ベースのシステムからオープン・アーキテクチャの高次言語にアップグレードしロット25から導入。ECMがAN/ALQ-165がAN/ALQ-214レーダー周波数対策システムに換装。多機能情報伝達システム(MIDS-LVT)の搭載によるリンク16への対応。発達型目標指示前方赤外線ATFLIRポッドの装備能力の付加、レーダー警報装置をAN/ALR-67(V)2からAN/ALR-67(V)3に換装。AN/ALE-55光ファイバー曳航式デコイへの対応 ◎166423(c/n E068)
166426は2006年4月30日に離陸中、火災により損傷(VFA-14所属機)
◎166436(c/n E081)
◎166442(c/n E087)
166446は2015年9月21日にNAS Lemooreにアプローチ中、コントロールを失い墜落(VFA-14所属機)。パイロットは脱出
166447は2014年1月17日にNAS Lemooreから離陸中、ブレーキ部分出火(VFA-147所属機)。離陸中止
2002 F/A-18F (Lot 26) 166449〜166467
(c/n F084〜F102)
◎19機 ボーイング社製 ◎166454(c/n F089)
◎166455(c/n F090)
◎166456(c/n F091)
166463は2009年8月13日に右エンジンから出火によりNAWS China Lakeに緊急着陸(VFA-122所属機)
◎166464は2012年に保管。2020年4月19日に現役に復帰(VFA-122所属機)
2003 F/A-18E (Lot 27) 166598〜166609 ◎12機 ボーイング社製 ◎166599(c/n E095)
◎166600(c/n E096)
◎166601(c/n E097)
◎166602(c/n E098)
166603(c/n E099)は2014年1月15日にULT訓練飛行中、オシアナ近海にて喪失。パイロットは無事
◎166604(c/n E100)
◎166605(c/n E101)
◎166606(c/n E102)
◎166607(c/n E103)
◎166608(c/n E104)
◎166609(c/n E105)
2003 F/A-18F (Lot 27) 166610〜166642 ◎33機 ボーイング社製。166641、166642はEA-18Gシステム開発実証(SDD)試験機に改造 ◎166613(c/n F106)
166616は2013年4月8日にペルシャ湾にてエンジン・トラブルにより墜落(VFA-103所属機)。乗員2名とも脱出し救出される
◎166622(c/n F115)
166632は2008年1月6日にペルシャ湾北方海域にて通常任務中に166656と衝突し墜落。乗員2名とも脱出し救出される
166637は2012年2月24日にNAS Fallon北東にて機械的トラブルにより墜落(VFA-213所属機)。乗員2名とも脱出
2004 F/A-18E (Lot 28) 166643〜166657 ◎15機 ボーイング社製 166645は2009年6月8日にエル・セントロ海軍航空施設にて着陸中、右主脚が故障(VFA-106所属機)。損傷なし
166656は2008年1月6日にペルシャ湾北方海域にて通常任務中に166632と衝突し墜落(VFA-105所属機)。乗員は脱出し救出される
2004 F/A-18F (Lot 28) 166658〜166684 ◎27機 ボーイング社製 ◎166658(c/n F136)
◎166661は2013年7月にVFA-32所属機(2014年3月まで)
◎166662(c/n F140、Modex No. AD-275)は2008年7月にファーンバラ国際航空ショーに出展(VFA-106所属機)。2011年9月現在、VFA-105にて見られる(Modex No. AC-402)。2019年4月現在、オシアナ海軍航空基地のVFA-32にて見られる(Modex No. AC-114)
166663(c/n F141)は2018年3月14日にキー・ウェスト海軍航空基地にアプローチ中、墜落(VFA-213所属機)。乗員2名とも死亡
◎166677(c/n F155)
F/A-18E 166775〜166789
(c/n E121〜E135)
◎15機 ボーイング社製 ◎166777(c/n E123)
◎166778(c/n E124)
◎166779(c/n E125)
◎166780(c/n E126)
◎166781(c/n E127)
◎166789(c/n E135)
F/A-18F 166790〜166816 ◎27機 ボーイング社製 ◎166790 (c/n F163)
166795は2020年6月18日に原子力汎用航空母艦セオドア・ルーズヴェルト Theodore Roosevelt(CVN-71)から発艦後、フィリピン海にて訓練飛行中に墜落(VFA-124所属機)。乗員2名とも脱出しヘリコプター(HSC-8所属機)に救出される
◎166802 (c/n F175)
166807は2016年5月26日にノース・カロライナ州オレゴン・インレット東方海域にて訓練飛行中に166813と衝突し墜落(VFA-211所属機)。乗員2名とも脱出し救出される
◎166811(c/n F184)
166813は2016年5月26日にノース・カロライナ州オレゴン・インレット東方海域にて訓練飛行中に166807と衝突し墜落(VFA-211所属機)。乗員2名とも脱出し救出される
166814(c/n F187)は2015年5月12日にペルシャ湾北方海域にて原子力汎用航空母艦セオドア・ルーズヴェルト(CVN-71)から発艦後、墜落(VFA-211所属機)。乗員2名とも脱出し救出される。2015年7月22日に引き揚げられる(123456
F/A-18E 166817〜166841 ◎25機 ボーイング社製 166831(c/n E150)は2014年6月4日にカリフォルニア南方海域にて原子力汎用航空母艦カール・ヴィンソン(CVN-70)に夜間アプローチ中、墜落。乗員は脱出しヘリコプターに救出される(VFA-81所属機)
◎166832(c/n E151)
◎166833(c/n E152)
◎166834(c/n E153)
◎166835(c/n E154)
◎166836(c/n E155)
◎166837(c/n E156)
◎166838(c/n E157)
◎166839(c/n E158)
◎166840(c/n E159)
◎166841(c/n E160)
F/A-18F 166842〜166854 ◎13機 ボーイング社製 ◎166844(c/n F192)
◎166845(c/n F193)
◎166846(c/n F194)
◎166849(c/n F197)
◎166850(c/n F198)
◎166851(c/n F199)
◎166854(c/n F202)
F/A-18E 166859〜166872 ◎14機 ボーイング社製 ◎166859(c/n E161)
◎166860(c/n E162)
◎166861(c/n E163)
◎166867(c/n E169)
◎166871(c/n E173)
◎166872(c/n E174)
F/A-18F 166873〜166892 ◎20機 ボーイング社製 ◎166873(c/n F203)
◎166874(c/n F204)
◎166875(c/n F205)
◎166876(c/n F206)
◎166877(c/n F207)
◎166882(c/n F212)
◎166892(c/n F234)
F/A-18E 166901〜166908 ◎8機 ボーイング社製
F/A-18F 166915〜166927 ◎13機 ボーイング社製 ◎166927(c/n F235)
F/A-18E 166947〜166960 ◎14機 ボーイング社製 ◎166947(c/n E189)
166948は2013年1月23日にエンジンから出火によりNAS Lemooreに無事着陸(VFA-86所属機)
◎166949(c/n E191)
◎166951(c/n E193)
◎166952(c/n E194)
◎166953(c/n E195)
◎166954(c/n E196)
◎166955(c/n E197)
◎166956(c/n E198)
◎166957(c/n E199)
◎166958(c/n E200)
◎166959(c/n E201)
F/A-18F 166961 ◎1機 ボーイング社製
F/A-18E 166964 ◎1機 ボーイング社製
F/A-18F 166973〜166978 ◎6機 ボーイング社製 ◎166975(c/n F250)
F/A-18F 166981
(c/n F256)
◎1機 ボーイング社製
F/A-18F 167957 ◎1機 ボーイング社製。オーストラリア空軍に貸与(オーストラリア空軍のシリアル・ナンバーA44-201) ◎2009年7月8日にロール・アウト。2009年7月20日に初飛行
F/A-18F 167958〜167966
(c/n AF-2/AF-10)
◎9機 ボーイング社製。オーストラリア空軍に貸与(オーストラリア空軍のシリアル・ナンバーA44-202〜A44-210)
F/A-18E 168353〜168370 ◎18機 ボーイング社製 ◎168353(c/n E203)
◎168358(c/n E208)
◎168359(c/n E209)
◎168361(c/n E211)
◎168362(c/n E212)
◎168368(c/n E218)
F/A-18E 168463〜168466 ◎4機 ボーイング社製
F/A-18E 168469〜168484 ◎16機 ボーイング社製 ◎168469(c/n E226)
◎168470(c/n E227)
168471(c/n E228)は2013年5月14日にNAS Lemooreにてlow power turn中にエンジン損傷(VFA-122所属機)
◎168475 (c/n E232)
◎168479 (c/n E236)
◎168480 (c/n E237)
◎168481 (c/n E238)
◎168482 (c/n E239)
◎168484 (c/n E241)
F/A-18F 168485〜168493
(c/n F259〜F267)
◎9機 ボーイング社製
F/A-18E 168865〜168886 ◎23機 ボーイング社製 ◎168882はVFA-122所属機
◎168878(c/n E255)
◎168879(c/n E256)
◎168880(c/n E257)
◎168884(c/n E261)
◎168885(c/n E263)
◎168886(c/n E264)
F/A-18F 168887〜168892 ◎6機 ボーイング社製 ◎168887(c/n F268)
◎168889(c/n F270)
◎168892(c/n F272)
F/A-18E 168905〜168919
(c/n E264〜E278)
◎15機 ボーイング社製 ◎168908(c/n E267)
◎168912(c/n E271)
168914は2017年6月18日にシリアのTabqah南部近郊にてシリア空軍のSu-22M4を撃墜(VFA-87所属機)
F/A-18E 168920〜168927 ◎8機 ボーイング社製 168926(c/n E285)は200年10月20日にカリフォルニア州リッジクレスト近郊にて墜落
◎168927(c/n E286)
F/A-18F 168928〜168930 ◎3機 ボーイング社製 ◎168928(c/n F274)
◎168929(c/n F275)
168930(c/n F276)は2016年7月にファーンバラ国際航空ショーに出展(ボーイング社のデモンストレーター)。2017年2月にVFA-106所属機
F/A-18E 169114〜169121 ◎8機 ボーイング社製 ◎169117(c/n E292)
◎169119(c/n E295)
F/A-18E 169123
(c/n E297)
◎1機 ボーイング社製
F/A-18E 169399
(c/n E302)
◎1機 ボーイング社製
F/A-18E 169641 ◎1機 ボーイング社製
F/A-18F 169647
(c/n F277)
◎1機 ボーイング社製
F/A-18F 169648
(c/n F278)
◎1機 ボーイング社製
F/A-18F 169653、169654
(c/n F283、F284)
◎2機 ボーイング社製 ◎169653(c/n F283)
◎169654(c/n F284)
F/A-18E 169735 ◎1機 ボーイング社製
F/A-18E 169736 ◎1機 ボーイング社製
F/A-18E 169746、169747
(c/n E322、E323)
◎2機 ボーイング社製。169746はブロックII最終機。169747はブロックIII ◎169746(c/n E322)
169747(c/n E323)
F/A-18F 169750、169751 ◎2機 ボーイング社製。169751はブロックIII 169751(c/n F287)


Update 21/09/13