AF
給糧艦

※特務艦艇籍 Auxiliary shipsのProvision Storeshipは、後に給糧艦 Store Shipと名称が変更される。1920年7月17日、艦種記号AFが各艦に与えられる
排水量:5,207t(1945年には9,500t) 全長:128.65m 幅:16.85m 吃水:6.33m 速力:14.0kt 兵装:51口径127o単装砲4基、76o対空砲1基(1942年8月には51口径127o単装砲2基を撤去、76o対空砲1基を28o4連装機銃1基に換装、20o単装機銃8基に増強、1945年2月には51口径127o単装砲2基を38口径127o単装砲1基に換装、28o4連装機銃1基を40o連装機銃1基に換装) 乗員:士官27名、下士官18名、兵171名(1945年には士官21名、下士官兵261名)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ブリッジ
12
Bridge AF-1 チャールズタウン海軍工廠 1917/6/2 1946/6/27 ◎1916/5/18 進水
◎1947/12/22 解体のため、マニラの業者に売却


排水量:6,750t 全長:116.76m 幅:13.62m 吃水:6.40m 速力:10.0kt 乗員:182名
↑USS Celtic. At the New York Navy Yard, Brooklyn, New York, 29 May 1898. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
セルティク
12
Celtic AF-2 Workman, Clark & Co., Ltd. 1898/5/27 1922/6/23 ◎1898/5/14 1891年建造の貨物船Celtic Kingを取得し、ニュー・ヨーク海軍工廠で改装
◎1903/9/18 海軍工廠ピュージェット・サウンドにて退役
◎1905/10/2 再役
◎1907/2/23 退役
◎1908/10/23 再役
◎1923/1/23 売却


排水量:6,000t 全長:105.58m 幅:13.10m 吃水:6.67m 主機/軸数:compound機関2基/2軸 速力:13.0kt 兵装:6ポンド砲2基 乗員:122名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
カルゴア Culgoa AF-3 J. L. トムソン&サンズ社 1898/12/3 1921/12/31 ◎1898/6/4 1889年建造の貨物船を購入し、改装
◎1901/10/16 ボストンにて退役
◎1902/10/1 再役
◎1905/8/11 退役
◎1906/5/7 除籍
◎1906/6/20 籍をもどす
◎1907/9/12 再役
◎1922/7/25 売却


排水量:8,325t 全長:118.47m 幅:14.05m 吃水:7.74m 速力:12.3kt 兵装:76o砲4基 乗員:98名
↑USS Glacier. Photographed circa the early 1900s. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
デルモニコ
12
Delmonico AF-4 J. L. トムソン&サンズ社 1898/7/5 1922/3/6 ◎1898/7 1891年建造のフェデラル・ラインの商船Port Chalmersを購入し、ニュー・ヨーク海軍工廠で給糧艦に改装(1897/7/6改名)
◎1898/7/11 グラシア Glacierと改名
◎1899/3/6 ニュー・ヨーク海軍工廠にて退役
◎1899/3/31 再役
◎1903/8/1 海軍工廠ノーフォークにて退役
◎1903/12/15 再役
◎1904/7/30 退役、チャールズタウン海軍工廠にて修理
◎1904/9/15 再役
◎1906/7/10 キャヴィテにて修理(〜1906/8中旬)
◎1909/6/2 メア・アイランドにて修理
◎1922/8/17 解体のため、シアトルのBarde Steel & Machinery Co. に売却(売却額$22,000)


※データは番号識別船ラパハノックの項を参照
↑USS Rappahannock (AF-6, formerly ID # 1854). In port, circa 1922-1924. The original print is a color-tinted black & white photograph. Donation of Donald M. McPherson, 1971. U.S. Naval History and Heritage Command Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ラパハノック
12
Rappahannock AF-6 Bremer Vulcan Schiffbau & Maschinenfabrik 1917/12/8 1924/12/10 1933/7/19 ◎1920/7/17 艦種を給糧艦(AF-6)に改める
◎1922/6 再役
◎退役後、メア・アイランド海軍工廠にて太平洋予備艦隊に編入
◎1933/10/5 ニュー・ヨークのLuckenbach Steamship Co. に売却され商船William Luckenbachとなる
◎1946/11 Italian shipping Co. に売却されMaria C. と改名
◎1953 Savonaにて解体


軽荷排水量:6,100t(AF-8は4,654t) 満載排水量:12,600t(AF-8は11,700t、AF-9は12,546t) 全長:126.67m(AF-8、AF-9は126.82m) 幅:16.15m(AF-8は16.21m、AF-9は16.18m) 吃水:8.07m(AF-9は7.89m) 主機/軸数:ギアード・タービン1基/1軸 出力:2,800馬力 速力:11.0kt 兵装:51口径127o砲1基(AF-8は51口径127o砲2基)、50口径76o単装砲4基、20o単装機銃8基 乗員:211名(AF-8は244名、AF-9は229名)
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12
※載化重量は5,360t
↑USS Arctic (AF-7). In harbor, circa the 1920s. U.S. Naval Historical Center Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アークティック
12
Arctic AF-7 ムーア・ドライ・ドック社 1921/11/7 1946/4/3 1946/5/1 ◎1921/11/2 艦種を給糧艦(AF-7)に改め、アークティックと改名
◎1921/11/4 取得しニュー・ヨーク海軍工廠で改装
◎1943/11 サン・フランシスコにて修理(〜1944/1)
◎1945/9中旬 真珠湾にて修理
◎1946/7/3 海事委員会に移管
◎1947/8/19 解体のため、Southern Shipwrecking Corp. に売却
ボレアス Boreas AF-8 ムーア・ドライ・ドック社 1941/3/24 1946/2/15 ◎1921/12/6 1919年進水の汽船Yaquiaを取得しフィラデルフィア海軍工廠にて保管
◎1940/8/6 ブルックリンのTodd-Robbins Dry Dock & Repair Co. で給糧艦に改装
◎1946/7/18 海事委員会に移管され売却
ユーコン Yukon AF-9 ムーア・ドライ・ドック社 1921/12/6 1946/3/18 1946/4/17 ◎1921/11/14 1919年進水の汽船Mehannoを取得し、給糧艦に改装(1921/12/6改名)
◎1921/4/14 退役、フィラデルフィアにて大西洋予備艦隊に編入
◎1940/1/19 再役
◎1942初め? 修理
1943/7/23 商船El Mirloと衝突し損傷、アルゼンチンにて応急修理
◎1943/8上旬 ボストンにて修理
1944/9/23 北大西洋にてドイツ海軍潜水艦の雷撃により損傷
◎1944/9下旬? レイキャヴィクにて応急修理
◎1944/12上旬 ニュー・ヨーク海軍工廠にて修理(〜1945/2中旬)
◎1946/7/1 海事委員会に移管
◎1946/7/29 解体のため、ボルティモアのボストン・メタルズ社に売却


排水量:13,910t(AF-11は13,876t) 全長:139.99m(AF-11は139.93m) 幅:19.20m 吃水:7.65m(制限) 主缶:2基 主機/軸数:タービン2基/1軸 出力:6,000馬力 速力:16.4kt 兵装:38口径127o単装砲1基、50口径76o砲4基、20o機銃10基(AF-11は38口径127o単装砲1基、50口径76o砲4基) 乗員:287名(AF-11は253名)
C2型貨物船を改装
※載化重量は5,443t
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アルデバラン Aldebaran AF-10 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライドック社 1941/1/14 1968/6/28 1973/6/1 ◎1940/12/22 海軍に移管、給糧艦に改装
◎1940/12/26 艦種を給糧艦(AF-10)に改め、アルデバランと改名
◎1941春? オークランドの民間造船所にて改装(〜1941/10/21)
1949/11/9 Labradorにて疾風により潜水艦タスク Tusk(SS-426)と衝突し損傷
◎1968/10/29 James Riverにて国家防衛予備船隊に編入
◎1969/6/30 海事局に移管
◎1974/11/14 解体のため、BrownsvilleのAndy Internationalに売却
ポラリス Polaris AF-11 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1941/4/4 1957/1/12 1957/10/10 ◎1941/1/27 海軍に移管、給糧艦に改装
◎1946/1/18 サン・フランシスコにて退役
◎1946/2/7 除籍
◎1946/6/30 海事委員会に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1948/10/6 海軍に移管、籍をもどす
◎1949/7/1 再役
◎退役後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入


軽荷排水量:6,982t(AF-21、AF-22は7,068t) 満載排水量:11,880t(AF-22は11,875t) 全長:136.27m(AF-22は135.97m) 幅:18.28m(AF-21は18.40m、AF-22は18.37m) 吃水:7.68m(AF-13、AF-22は7.92m、AF-21は7.49m) 主機/軸数:ターボエレクトリック/2軸 出力:11,000馬力 速力:18.0kt(最大)(AF-21は19.0kt(最大)、AF-22は18.5kt(最大)) 兵装:51口径127o単装砲1基、50口径76o単装砲4基、20o機銃8基(AF-21。AF-22は20o機銃12基) 乗員:238名
※載化重量は2,615t
↑Tarazed (AF-13). US Navy photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ミザール Mizar AF-12 ベスレヘム・シップビルディング社 1941/6/14 1946/4/1 1946/4/17 ◎1941/6/2 1932年建造のUnited Fruit Co. の貨物船Quiriguaを取得し、スタテン・アイランドのBrewer's Drydock Co. で給糧艦に改装
◎退役後、海事委員会に移管、前の持ち主に返却され貨物船Quiriguaとなる
タラゼド Tarazed AF-13 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライドック社 1941/6/14 1946/1/4 1946/1/21 ◎1941/6/4 1932年建造のUnited Fruit Co. の貨物船Chiriquiを取得し、スタテン・アイランドのBrewer's Drydock Co. で給糧艦に改装
◎除籍後、海事委員会に移管、前の持ち主に返却され貨物船Chiriquiとなる
◎1958 BremenのUnion-Partenreeders T/Sに売却されBlexenと改名
タラマンカ Talamanca AF-15 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライドック社 1942/1/28 1945/11/29 1945/12/19 ◎1941/12/16 1931年建造のUnited Mail Steamship Co. の豪華客船兼果物貨物船を取得し、ボルティモアのメリーランド・ドライドック社で給糧艦に改装
◎1941/12/27 艦種を給糧艦(AF-15)に改める
◎1942/6 メア・アイランド海軍工廠にて改装、修理
◎1945/7下旬 ムーア・ドライ・ドック社にてオーヴァーホール、修理(〜1945/8/31)
◎退役後、War Shipping Administrationに移管、前の持ち主に返却
◎1965 解体のため売却
メラク Merak AF-21 ベスレヘム・シップビルディング社 1942/5/8 1946/6/21 ◎1942/3/20 1932年建造のUnited Fruit Co. の貨物船Veraguaを取得し、ガルヴェストンのTodd Galveston Dry Dock Co. で給糧艦に改装(〜1942/5/18、1942/3/31改名)
◎退役後、海事委員会に移管、前の持ち主に返却
エリアル Ariel AF-22 ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライドック社 1942/5/14 1946/6/21 1946/7/3 ◎1942/3/24 1933年建造のUnited Fruit Co. の貨物船Jamaicaを取得し、ガルヴェストンのTodd Galveston Dry Dock Co. で給糧艦に改装
◎退役後、War Shipping Administrationに移管
◎1946 前の持ち主に返却


満載排水量:3,348t 全長:82.17m 幅:18.37m 吃水:4.87m 主機/軸数:レシプロ蒸気機関/1軸 速力:12.0kt 兵装:50口径76o単装砲2基、20o機銃6基 乗員:93名
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12
※載化重量は1,135t
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ウラヌス Uranus AF-14 Helsingoors Shipbuilding Works 1941/10/27 1946/5/8 1946/5/21 ◎1941/8/11 1933年建造のElsinoreのJ Lauritzenの果物貨物船Helga(1938年にCaravelleと改名、1940年にMarieと改名)を取得し、ブルックリンのRobbins Drydock Co. で給糧艦に改装
◎1941/10/27 艦種を給糧艦(AF-14)に改め、ウラヌスと改名
1943/4/10 Akureyiの海岸にて座礁
◎1943/4/13 離礁、後に修理
◎1943晩秋? ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1946/5/9 War Shipping Administrationに移管、前の持ち主に返却
◎1946〜1947 Maria Danと改名


※データは識別番号船パストレスの項を参照
※兵装は38口径127o単装砲1基、50口径76o砲4基、20o機銃8基
※載化重量は2,300t
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
パストレス
12
Pastores AF-16 Workman Clark, Ltd. 1942/2/23 1946/3/14 1946/3/28 ◎1942/2/23 艦種を給糧艦(AF-16)に改める
◎退役後、War Shipping Administrationに移管
◎1946/12/19 解体のため、Walter W. Johnson, Co. に売却


排水量:6,892t 全長:136.27m 幅:18.37m 吃水:7.52m 主機/軸数:ターボエレクトリック 速力:16.5kt 兵装:38口径127o単装砲1基、50口径76o砲4基、20o機銃8基 乗員:114名
※載化重量は2,300t
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アンティグア Antigua AF-17 ベスレヘム・シップビルティング社 1944/5/26 ◎1941/12/28 1932年建造の汽船アンチグアを取得し、艦種を給糧艦(AF-17)に改めるも就役せず
◎1944/5/26 海事委員会に移管、前の持ち主に返却
◎1958 Swedish Shipping Lineに売却されTortugaと改名


満載排水量:12,625t 全長:148.31m 幅:16.76m 吃水:8.35m 主機/軸数:レシプロ機関2基/2軸 出力:6,500馬力 速力:14.3kt 兵装:127o単装砲1基、50口径76o砲4基、20o対空機銃8基 乗員:40名
※載化重量は2,300t
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
カラマレス
12
Calamares AF-18 Workman, Clark & Co. 1943/4/10 1946/4/25 ◎1941中旬? 給糧艦に改装、艦種を給糧艦(AF-18)に改める
◎退役後、War Shipping Administrationに移管
◎1947 解体のため売却


軽荷排水量:1,770t 満載排水量:2,550t 全長:97.10m 幅:13.01m 吃水:5.63m 主機/軸数:ディーゼル/1軸 出力:1,755馬力 速力:13.0kt 兵装:50口径76o単装砲2基、20o連装機銃2基 乗員:41名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ローマー Roamer AF-19 Maskinbygger Machine & Iron Works 1942/8/30 1946/5/7 1946/7/3 ◎1935秋 1935年建造の貨物船ローマーをWar Shipping Administrationが取得し、運航
◎1942/7/22 海軍が取得
◎1946/6/14 War Shipping Administrationに移管


満載排水量:5,410t 全長:136.27m 幅:18.28m 吃水:5.51m 速力:15.5kt 兵装:50口径76o単装砲2基、20o連装機銃2基 乗員:166名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ポンティアック Pontiac AF-20 Nakskov Skibs. A/C 1942/5/12 1945/5/20 1945/6/2 ◎1941夏 1937年建造のJ. Lauretzenの冷凍貨物船Australian Reeferを海事委員会が取得し、U.S. Linesが運航しポンティアックと改名
◎1942/5/11 修理後、海軍に移管
1945/1/30 MacNab Islandにて事故により沈没
◎1945/2/17 引き揚げられる、ハリファックスへ曳航
◎1945/3中旬 ノーフォークにて修理
◎1945/5/21 海事委員会に移管


満載排水量:7,171t 全長:102.50m 幅:14.63m 吃水:7.25m 主機/軸数:レシプロ機関/1軸 出力:1,975馬力 速力:13.2kt(最大) 兵装:50口径76o単装砲2基、20o単装機銃2基 乗員:112名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
シグナス Cygnus AF-23 Cammell Laird 1942/8/11 1946/7/18 ◎1942/8/12 1925年建造の貨物船La Perlaを取得
◎1945秋 西海岸にてオーヴァーホール
◎1946/7/18 War Shipping Administrationに移管


満載排水量:5,230t 全長:99.97m 幅:13.47m 吃水:7.01m 主機/軸数:レシプロ機関/1軸 出力:2,500馬力 速力:12.5kt(最大) 兵装:50口径102o単装砲1基、50口径76o単装砲1基、20o機銃6基 乗員:107名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
デルフィナス Delphinus AF-24 Workman Clark & Co., Ltd. 1942/8/11 1946/5/9 ◎1942/8/11 1915年建造の貨物船San Mateoを取得
◎1942/8/22 デルフィナスと改名
◎1946/5/9 War Shipping Administrationに移管


満載排水量:6,600t 全長:99.15m 幅:12.31m 吃水:8.80m 主機/軸数:レシプロ機関/1軸 出力:2,500馬力 速力:13.0kt(最大) 兵装:50口径102o単装砲1基、50口径76o単装砲1基、20o対空機銃6基 乗員:114名
↑Taurus (AF-25) moored at Prince's Wharf Auckland, New Zealand in 1945. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
トーラス Taurus AF-25 Workman Clark Co., Ltd. 1942/10/28 1945/12/11 1946/1/3 ◎1942/8/20 艦種を給糧艦(AF-25)に改め、トーラスと改名
◎1942/10/2 1921年建造のBalboa Shipping Co. (United Fruit Co. の子会社)の貨物船San Benitoを取得、アラメダのベスレヘム・スチール社で給糧艦に改装
◎1945/12/11 War Shipping Administrationに移管、前の持ち主に返却


満載排水量:11,030t 全長:134.11m 幅:16.58m 吃水:7.98m 主機/軸数:レシプロ機関/2軸 出力:6,000馬力 速力:13.5kt(最大) 兵装:38口径127o単装砲1基、50口径76o単装砲4基、20o機銃8基 乗員:227名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
オクタンス Octans AF-26 Workman Clark & Co., Ltd. 1943/6/11 1946/3/6 1946/3/20 ◎1943/5/8 1917年建造のUnited Fruit Co. の貨物船Uluaを取得、艦種を給糧艦(AF-26)に改め、オクタンスと改名
◎1944/11 シドニーにて修理、改装(30床の病室設置も含む)
◎1945初夏? 西海岸にてオーヴァーホール
◎退役後、前の持ち主に返却


排水量:6,000t
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ピクター Pictor AF-27 Cornwall, Laird & Co., Ltd. ◎1943/4/22 鋼製汽船Platonoを取得、艦種を給糧艦(AF-27)に改める(1943/4/22改名)
◎1944/5/22 取得中止


軽荷排水量:7,700t 満載排水量:13,893t(AF-29は14,900t) 全長:143.22m(AF-29は142.67m) 幅:19.20m 吃水:7.65m 主機/軸数:蒸気タービン/1軸 出力:6,300馬力(AF-29は6,000馬力) 速力:16.0kt 兵装:38口径127o単装砲1基、50口径76o単装砲4基、20o機銃12基(AF-29のみ) 乗員:252名(AF-29は319名)
C2-S-E1型貨物船を改装
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12
↑Graffias (AF-29) at anchor, date and place unknown. A US Navy photo now in the collections of the US Naval Institute. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ハイアデス Hyades AF-28 ガルフ・シップビルディング社 1944/8/1 1976/10/1 ◎後に海軍に移管、ボルティモアのベスレヘム・スチール社で給糧艦に改装
◎除籍後、予備艦隊に編入
◎1983/10/13 海事委員会に移管
グラフィアス Graffias AF-29 ガルフ・シップビルディング社 1944/10/28 ◎1944/2/19 海軍に移管、ボルティモアのベスレヘム・スチール社で給糧艦に改装
◎1945/11? ブレマートン海軍工廠にてオーヴァーホール
◎1964春? サン・フランシスコにてオーヴァーホール


軽荷排水量:3,139t 満載排水量:6,240t 全長:103.02m 幅:15.24m 吃水:5.48m 主機/軸数:ディーゼル機関/1軸 出力:1,700馬力 速力:12.0kt(最大) 兵装:50口径76o単装砲1基、20o単装機銃6基 乗員:84名
R1-M-AV3型冷凍貨物船を改装
※載化重量は2,120t
↑Arequipa (AF-31) under tow of Molala (ATF-106), reaches San Francisco, 31 May 1951. After her main engine had failed some 850 miles from her destination, Arequipa had used two sails for emergency "power" for several days before Molala arrived to assist. US Navy photo from DANFS. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アドリア Adria AF-30 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1944/12/26 1954/6/16 1960/7/1 ◎1944/11/30 海軍に移管、ガルヴェストンで給糧艦に改装
◎1950年代初め? ノーフォーク海軍造船所にて修理
◎1954/1上旬 フィラデルフィア海軍造船所にて修理
◎退役後、国家防衛予備船隊に編入
◎1977/6/27 海事局に移管
アレキパ Arequipa AF-31 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/1/14 1955/8/25 1961/9/1 ◎1944/12/19 海軍に移管、Todd Shipyardsで給糧艦に改装
◎1945/12/19 レイテ湾のManicani Islandにてオーヴァーホール(123456
◎1954/11 真珠湾にてオーヴァーホール(〜1955/6)
◎退役後、サン・ディエゴにて太平洋予備艦隊に編入
◎1972/12 ターミナル・アイランドのStar-Kist Food, Inc. に売却
コーブダ Corbuda AF-32 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/1/26 1955/11/18 ◎1944/12/30 海軍に移管、給糧艦に改装
◎1955/8/20 チャールストンにて保管、オーヴァーホール
カリン Karin AF-33 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/2/3 1958/12/15 1961/9 ◎1945/2/3 海軍に移管、給糧艦に改装
◎1951/2/19 メア・アイランドにてオーヴァーホール
◎1961/9 War Shipping Administrationに移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1969 民間に売却され海底掘削船に改装、Typhoonと改名
カースティン Kerstin AF-34 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/2/23 1950/5/12 1950/6/16 ◎1945/1/22 海軍に移管、給糧艦に改装
◎1949/12下旬 メア・アイランド海軍造船所にてオーヴァーホール
◎退役後、海事委員会に移管、国家防衛予備船隊に編入
ラトナ Latona AF-35 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/2/25 1949/4/15 ◎1945/1/31 海軍に移管、給糧艦に改装
◎退役後、War Shipping Administrationに移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1973 解体のため売却
リオバ Lioba AF-36 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/3/6 1955/10/14 1960/7/1 ◎1945/2/17 海軍に移管、給糧艦に改装
◎退役後、チャールストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎除籍後、海事委員会に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1973 解体のため売却
マラバー Malabar AF-37 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/3/8 1955/9/26 1960/7/1 ◎1945/2/24 海軍に移管、HoustonのTennessee Coal & Iron Dockで給糧艦に改装
1945/6/6 硫黄島にて台風により損傷
◎1945/6中旬 真珠湾にて修理
◎1955/6/20 ガルヴェストンにて大西洋予備艦隊に編入
◎除籍後、海事局に移管
◎1977/7/27 売却
メラピ Merapi AF-38 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/3/21 1959/1/18 1960/7/1 ◎1945/3/5 海軍に移管、ガルヴェストンのTodd Dry Dock Co. で給糧艦に改装
◎退役後、アストリアにて太平洋予備艦隊に編入
◎除籍後、海事局に移管
◎1966 民間に売却され魚加工船に改装
パリザーナ Palisana AF-39 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/4/16 1946/4〜5頃 1946/6/19 ◎1945/3/22 海軍に移管、給糧艦に改装
◎1946/5/22 海事委員会に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎除籍後、Alaska Steamship Co. に売却されSpiritと改名
◎1957 タコマの会社に売却
◎1985/10/2 人道支援目的のフレンドシップとなる
アタナシア Athanasia AF-41 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/4/3 1945/12/20 1946/1/8 ◎1945/3/13 海軍に移管、ガルヴェストンのTodd Galveston Dry Dock, Inc. で給糧艦に改装
1945/10/12 Nootka IslandのBajo Pointにて座礁
◎1945/10/21 離礁
◎1945晩秋 シアトルにて修理
◎1945/12/20 War Shipping Administrationに移管、国家防衛予備船隊に編入
ボンディア Bondia AF-42 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/4/17 1946/7/29 1973/5/1 ◎1945/3/31 海軍に移管、給糧艦に改装
◎1946/7/29 海事委員会に移管
◎1951/7/21 海軍の軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-AF-42)
◎除籍後、海事局に移管
ゴードニア Gordonia AF-43 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/5/14 1946/7/8 1946/1/8 ◎1945春 海軍に移管、ガルヴェストンで給糧艦に改装
◎1946/7/8 海事委員会に移管、国家防衛予備船隊に編入されホエール・ノットと改名
◎後に陸軍に移管
ローレンティア Laurentia AF-44 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/6/5 1946/6/18 ◎1945/5/19 海軍に移管、ガルヴェストンで給糧艦に改装
◎退役後、War Shipping Administrationに移管
◎1946/11/6 陸軍に移管
◎1950/7/1 海軍の軍事海上輸送部隊(MSTS)に移管され管理運行(T-AF-44)(〜1970)
◎1973 解体のため売却
ルシドール Lucidor AF-45 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/7/6 1946/5/26 ◎1945/6/16 海軍に移管、ガルヴェストンで給糧艦に改装
◎退役後、War Shipping Administrationに移管、国家防衛予備艦隊に編入
◎1967 シアトルのAlaska Steamship Co. に売却されPolar Pioneerと改名
◎1972 シアトルのSea Nutrients Corp. に売却されMermaidと改名
◎1972 ペルーのOperaciones y Servicios, S. A. (OYSSA)に売却されMochicaと改名
◎1974/11/15 ペルーのCallaoのNaviera Humboldt S. A. に売却
◎1975/7/23 ペルーのCallaoの民間会社に売却され係船
◎1977/1/12 パナマのTranaveの民間会社に売却
◎1977/3 ブエノスアイレスのClaro, S. A. に売却されPolar MCと改名
◎1977 Cayman IslandsのNorsur, S. A., Ltd. に売却
◎1977/12/28 Caribeaと改名
◎1980/4 Necocheaにて係船
1980/4/29 Quequen近郊の海岸にて嵐により座礁、全損と認定
オクタヴィア Octavia AF-46 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/6/19 1946/8/12 1946/10/8 ◎1945/5/31 海軍に移管、給糧艦に改装
◎1946/8/12 海事委員会に移管、国家防衛予備船隊に編入されヤーダム・ノット Yardarm Knotと改名
◎1972 Yardarm Knot, Inc. に売却され魚加工船に改装
ヴァレンタイン Valentine AF-47 ペンシルヴェニア・シップヤーズ社 1945/7/19 1946/8/6 1946/10/8 ◎1945/6/19 海軍に移管、ガルヴェストンのTodd-Galveston Shipyard, Inc. で給糧艦に改装
◎1945/7 ガルヴェストンにて修理改装
◎退役後、War Shipping Administrationに移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1967 民間に売却され魚加工船に改装


排水量:5,088t 全長:128.93m 幅:16.91m 吃水:7.31m 速力:17.5kt 兵装:127o砲1基、76o砲2基、40o機銃1基 乗員:207名
↑USS Saturn (AF-40). Photographed in 1944, probably immediately after completing conversion to a store ship. Official U.S. Navy Photograph, from the collections of the Naval Historical Center.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サターン
12
Saturn AF-40 Bremer Vulcan 1942/4/20 1946/7/23 1946/8/15 ◎1944/4/10 艦種を給糧艦(AF-40)に改める
◎1946/7/25 War Shipping Administrationに移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1972/9/12 解体のため、Castellon de la PlanaのIsaac Varelaに売却


軽荷排水量:6,319t(T-AF-50は6,556t、T-AF-51は6,329t、AF-55は7,050t、AF-60は7,430t) 満載排水量:15,500t(T-AF-50、T-AF-51、AF-60は13,893t、AF-61、AF-62は14,180t) 全長:139.96m(AF-60は139.90m、AF-61、AF-62はは140.20m) 幅:19.20m 吃水:8.53m(T-AF-50、T-AF-51は7.89m、AF-52、AF-62は7.92m、AF-60は8.22m、AF-61は8.13m) 主機/軸数:cross-compound turbines/1軸 出力:6,000馬力 速力:16.0kt(T-AF-50、AF-52は15.0kt、T-AF-51は15.5kt、AF-60は17.0kt(最大)) 兵装:50口径76o砲12基(AF-55のみ、AF-61は50口径76o砲1基、AF-62は12.7o機銃2基) 乗員:292名(T-AF-50、T-AF-52は64名、T-AF-51は55名、AF-60は278名)
C2-S-B1(R)型冷凍貨物船R2-S-BV1型冷凍貨物船を改装
↑USS Aludra (AF-55). Underway at sea, 17 September 1954. Photographed from USS Yorktown (CVA-10). Official U.S. Navy Photograph, from the collections of the Naval Historical Center.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アルステッド Alstede AF-48 ムーア・ドライドック社 1946/5/17 1969/10/31 1969/10/31 ◎1946/5/10 海軍に移管、メア・アイランド海軍造船所で給糧艦に改装、艦種を給糧艦(AF-48)と改め、アルステッドと改名
◎1951/7下旬 ピュージェット・サウンド海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1951/11/8)
◎1953/9中旬 メア・アイランド海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1953/11/18)
◎1955/1下旬 スタテン・アイランドのベスレヘム・スチール社にてオーヴァーホール(〜1955/3/22)
◎1955/10下旬 ノーフォーク海軍造船所にて修理(〜1955/11/9)
◎1955/11下旬 ノーフォーク・シップビルディング&ドライドック社にて修理(〜1956/1/6)
1956/3/23 Cannesにて対潜潜水艦クローカー Croaker(SSK-246)と衝突し損傷
◎1956/5上旬 ノーフォークにて修理(〜1956/8末)
◎1950年代後半 オーヴァーホール
◎除籍後、ノーフォークにてNaval Inactive Ship Maintenance Facility(NISMF)により保管
◎1970/6/2 解体のため、VancouverのN. W. Kennedy, Ltd. に売却
ゼリマ Zelima AF-49 ムーア・ドライドック社 1946/7/27 1969/9 1976/6/1 ◎1946夏 海軍に移管、メア・アイランド海軍造船所で給糧艦に改装、艦種を給糧艦(AF-49)と改め、ゼリマと改名
◎1970/6 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
ボールド・イーグル Bald Eagle T-AF-50 ムーア・ドライドック社 ◎1950 海軍に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行
◎1973 解体のため売却
ブルー・ジャケット Blue Jacket T-AF-51 ムーア・ドライドック社 1950/3/1 1970/8/19 1971/10/19 ◎1950/3/1 海軍に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行
◎1970/8/19 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1973/3/1 解体のため、HoustonのAndy International, Inc. に売却
ゴールデン・イーグル Golden Eagle AF-52 ムーア・ドライドック社 1961/11/18 1973/3/16 1976/10/1 ◎1950/3/1 海軍に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-AF-52、〜1961/11/18)
◎1961夏 ニュー・ヨーク海軍造船所にて近代化改装
◎1961/10/13 アークトゥルス Arcturusと改名
1972末 冷蔵コンプレッサー・システム故障
◎1973/10/18 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1997/7/24 標的として沈没
ピクター Pictor AF-54 ムーア・ドライドック社 1950/9/13 1969/12 1976/6/1 ◎1950/9 海軍に移管、給糧艦に改装、艦種を給糧艦(AF-54)と改め、ピクターと改名
◎1970/8 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1981/11/25 売却
アルドラ
12
Aludra AF-55 ムーア・ドライドック社 1952/6/19 1969/9/12 1976/6/1 ◎1950/11 海軍に移管、Camdenのニュー・ヨーク・シップビルディング社で給糧艦に改装、艦種を給糧艦(AF-55)と改める
◎1951/1/16 アルドラと改名
◎退役後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1977/1/19 海軍に移管、改装
◎1977/11 民間に売却され商船となる
1981 焼失
シリウス Sirius AF-60 ムーア・ドライドック社 1957/1/12 1964 1965/8/1 ◎1956/5/18 海軍に移管、サン・フランシスコで給糧艦に改装、艦種を給糧艦(AF-60)と改める
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1971/4/13 解体のため、シアトルのWest Waterway Lumber Co. に売却
プロキオン Procyon AF-61 ムーア・ドライドック社 1961/11/24 1969頃 1976/6/1 ◎1961/8/8 海軍に移管、サン・フランシスコ海軍造船所で給糧艦に改装、艦種を給糧艦(AF-61)と改める
◎1961/10/13 プロキオンと改名
◎1981 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎後に売却
ベラトリックス Bellatrix AF-62 ムーア・ドライドック社 1961/11/18 1968/9/30 1968/9/30 ◎1961/8/22 海軍に移管、ピュージェット・サウンド海軍造船所で給糧艦に改装
◎1961/10/13 艦種を給糧艦(AF-62)と改め、ベラトリックスと改名
◎サン・ディエゴにて艤装
◎1962/6 サン・フランシスコにてオーヴァーホール
◎1969 解体のため売却


軽荷排水量:2,382t 満載排水量:6,240t 全長:103.26m 幅:15.24m 吃水:6.40m 主機/軸数:ディーゼル機関/1軸 出力:1,700馬力 速力:10.5kt 乗員:民間人40名
C1-M-AV1型貨物船を改装
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
グロメット・リーファー Grommet Reefer T-AF-53 Walter Butler Shipbuilders, Inc. 1950/3/1 1953/7/23 ◎1950/3/1 海軍に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行
1952/12/15 Leghornにて嵐により座礁
1952/12/16 真っ二つになり船体後部は沈没、後に船体前部と貨物は引き揚げられる
◎1953/7/23 船体前部が海事局に移管


軽荷排水量:4,960t 満載排水量:10,850t(AF-57、T-AF-64は11,900t、T-AF-63は12,130t) 全長:138.77m(T-AF-63は138.74m) 幅:18.89m 吃水:8.71m 主機/軸数:ギアード蒸気タービン/1軸 出力:8,500馬力 速力:16.0kt(T-AF-63は17.0kt、T-AF-63は16.5kt) 兵装:50口径76o連装両用砲4基 乗員:225名(250名ともいわれる、T-AF-63は56名)
VC2-S-AP3型“ヴィクトリー・シップ”を改装
↑USS Denebola (AF-56). Steaming in Hampton Roads, Virginia, March 1971. Official U.S. Navy Photograph.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
デネボラ
12
Denebola AF-56 オレゴン・シップビルティング社 1954/1/20 1976/4 1976/4/30 ◎1952/5/1(1952/5/3?) 海軍に移管、ニュー・ヨーク海軍工廠で給糧艦に改装、艦種を給糧艦(AF-56)に改め、デネボラと改名
1975/11/20 地中海にて汎用航空母艦インディペンデンス Independence(CV-62)と衝突
◎除籍後、海事局に移管
◎1976/11/17(1976/12/1?) Defense Reutilization & Marketing Serviceにより解体のためLuria Brothers & Co., Inc. に売却
リグラス Regulus AF-57 オレゴン・シップビルティング社 1954/2/3 1971/9/10 1971/9/10 ◎1952/5/5 海軍に移管、ブルックリンのトッド・シップヤードで給糧艦に改装、艦種を給糧艦(AF-57)に改め、リグラスと改名
◎西海岸にて艤装
1971/8/16〜17 Kau I Chau Islandにてローズ台風により座礁、損傷
◎1972 香港にて解体
アステリオン Asterion T-AF-63 カリフォルニア・シップビルディング社 1973/6/15 ◎1961/11/7 海軍に移管、ポートランドのWillamette Iron & Steel Co. で給糧艦に改装
◎1961/12/4 艦種を給糧艦(AF-63)に改め、アステリオンと改名
◎1962/9 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-AF-63)
1963 サン・フランシスコにて日本の貨物船Kokoku Maruと衝突し損傷
◎除籍後、横浜にて海事局に移管
◎1973/8/31 British Columbia州VancouverのN. W. Kennedy, Ltd. に売却
◎後にDar Easten shipbreakersに売却
ペルセウス Perseus T-AF-64 オレゴン・シップビルディング社 1973/6/15 ◎1961/12/4 海軍に移管、ポートランドのWilliamette Iron & Steel社で給糧艦に改装、艦種を給糧艦(T-AF-64)に改め、ペルセウスと改名
◎1962/9 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行
◎除籍後、海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1973/8/31 解体のため、Kaohsiungの業者に売却
◎1974 Kaohsiungにて解体


満載排水量:15,150t 全長:153.00m 幅:21.94m 吃水:8.83m 主機/軸数:コンパウンド蒸気タービン/1軸 出力:8,500馬力 速力:21.0kt 兵装:50口径76o連装両用砲4基 乗員:350名
R3-S-4a型冷凍貨物船を改装
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
リゲル Rigel AF-58 インガルス・シップビルディング社 1955/9/2 1975/6/23 1994/5/16 ◎海軍に移管、給糧艦に改装、艦種を給糧艦(AF-58)に改める
◎1958/3? オーヴァーホール
◎1961 プラットフォーム設置工事
◎1963 プラットフォーム交換工事
◎退役後、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行(T-AF-58)
◎除籍後、大西洋予備艦隊に編入
◎1998/4/1 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎2003末 解体のため、TeesideのAble UKに売却
ヴェガ Vega AF-59 インガルス・シップビルディング社 1955/11/10 1977/4/29 1977/4/29 ◎海軍に移管、給糧艦に改装、艦種を給糧艦(AF-59)に改める
◎1970/1上旬 ハンターズ・ポイント海軍造船所にてオーヴァーホール(〜1970/4上旬)
◎1971/5下旬 サン・フランシスコのTriple "A" Shipyardにて修理改装(〜1971/7/23)
◎1971夏 サン・フランシスコのTriple "A" Shipyardにて改装(〜1971秋)
◎1975/8/18 修理改装(〜1975/8/19)
◎除籍後、海事局に移管
◎1977/12/1 売却


Update 16/07/09