陸軍輸送船

※United States Army Transport(合衆国陸軍輸送船)の略
軽荷排水量:2,382t 満載排水量:7,450t 全長:118.46m 幅:15.24m 吃水:6.42m 主機/軸数:Nordberg式TSM6ディーゼル機関1基/1軸 出力:1,750馬力 速力:11.5kt
C1-M-AV1型貨物船を改装
※貨物搭載量は積貨重量トン数:3,945積貨重量t、冷凍貨物が278.35立方m、ドライ・カーゴが6,448.59立方m
※30tクレーンを搭載
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ジョー R. ヘイスティングス二等兵 Pvt. Joe R. Hastings Leatham D. Smith Ship Building Co.
(Leatham D. Smith Shipbuilding Co.?)
◎1947 陸軍に移管、ジョー R. ヘイスティングス二等兵 Pvt. Joe R. Hastingsと改名
◎1950 海事局に移管
◎1955 コースタル・クルーセーダーと改名
◎1963 空軍に移管、ミサイル実験支援艦[ミサイル追跡艦]に改装、艦種をミサイル実験支援艦[ミサイル追跡艦](E-45-1851)に改める、大西洋の空軍東部試験場(Air Force Eastern Test Range)にて運用
エイコーン・ノット Acorn Knot Walter Butler Shipbuilders, Inc. ◎1946/7/28 海事委員会に移管、陸軍輸送科に移管
◎1948/7 オークランドのムーア・ドライ・ドック社で兵員輸送船に改装(1949/3上旬)
◎1949/3/15 ジョージ D. キースリー三等軍曹 Sgt. George D. Keathleyと改名
◎1950/7/1 海軍に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行
スピンドル・アイ Spindle Eye Kaiser Company, Inc., Richmond No. 4 Yard ◎1946/7/26 陸軍がチャーター
◎1947末 カーティス F. シャウプ三等軍曹 Sgt. Curtis F. Shoupと改名
◎1950/1/25 海事委員会に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1963/1/16 軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行
◎1963/3/1 海軍に移管
ヒッコリー・ノール Hickory Knoll コンソリデーテッド・スチール社 ◎1950/11/24 陸軍輸送科に移管
◎1974 ウィリアム J. サットン大将 General William J. Suttonと改名
◎1987/5 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入
◎1988/6/10 解体のため売却
ベル・リンガー Bell Ringer J. A. Jones Construction Company ◎1946/8/30 陸軍輸送科に移管
◎1971/3/4 解体のため、American Ship Dismantlers, Inc. に売却(売却額$35,105.00)
◎1978 解体
ジョン F. ソーソン二等兵 vt. John F. Thorson サウスイースタン・シップビルディング社 ◎1946/7/23 ニュー・オーリンズにて陸軍に移管、ジョン F. ソーソン二等兵 Pvt. John F. Thorsonと改名
◎1946/7/25 運用開始
◎1947/10/31 ジョン F. ソーソン二等兵 Pvt. John F. Thorsonと改名
◎1950/3/1 運用終了、海軍に移管
リンク・スプライス Link Splice サウスイースタン・シップビルディング社 ◎1946/6/20 海事委員会に移管、陸軍輸送科に移管
◎1947/10/31 ジョナ E. ケリー三等軍曹 Sgt. Jonah E. Kelleyと改名
◎1948春 兵員輸送船に改装
◎1950/3/1(1950/7/1?) 海軍に移管、軍事海上輸送部隊(MSTS)が管理運行


Update 22/01/10