AKR
車両輸送艦、車両貨物輸送艦


※データは貨物輸送艦コメットの項を参照
※貨物積載床面積は7,767.90平方m
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
コメット Comet T-AKR-7 サン・シップビルディング&ドライ・ドック社 1958/1/27 ◎1970年代 艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-7)に改める
◎後に海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入


軽荷排水量:9,154t 満載排水量:21,480t 全長:164.59m 幅:25.29m 吃水:7.31m 主缶:コンバッション・エンジニアリング缶4基 主機/軸数:ジェネラル・エレクトリック式ギアード・タービン2基/2軸 出力:17,000馬力 速力:20.0kt 乗員:民間人74名(高級船員16名、船員46名、乗客12名)(貨物7,140tを搭載)
※貨物積載床面積は8,150.84平方m
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
シー・リフト Sea Lift T-AKR-9 ロッキード・シップビルディング&コンストラクション社 1967/5/19 ◎1969/8/14 艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-9)に改める
◎1975/9/12 ミーティア Meteorと改名
◎1980 緊急展開部隊(RDF)に編入
◎1985/10/30 国家防衛予備船隊(事前予備部隊)に編入


軽荷排水量:15,000t 満載排水量:33,900t 全長:208.78m 幅:31.08m 吃水:9.75m 主缶:缶2基 主機/軸数:蒸気タービン2基/2軸 出力:37,000馬力 速力:18.7kt 乗員:民間人74名(高級船員16名、船員46名、乗客12名)(貨物7,140tを搭載)
C7-S-95a型貨物船を改装
※ケープI級 Cape I Classともいわれる
※貨物積載床面積は15,421.90平方m

↑Cape Island (T-AKR-10) underway in San Francisco, Bay, date unknown. US Navy photo. Image courtesy of NavSource.
艦名NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
マーキュリー Mercury T-AKR-10 バス鉄工所 ◎1977/6/2 海軍が取得し車両貨物輸送艦に改装、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行(Near Term Prepositioning Force)。艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-10)に改め、マーキュリーと改名
◎1993/4/1 海事局に移管
◎1993/11/22 艦種記号をAKR-10に改め、ケープ・アイランド Cape Islandと改名
◎後に海軍事前予備部隊に編入
◎後にタコマにて国家防衛予備船隊に編入(123
ジュピター Jupitor T-AKR-11 バス鉄工所 ◎1976/6/8 海軍が取得し車両貨物輸送艦に改装、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行(Near Term Prepositioning Force)。艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-11)に改め、ジュピターと改名
◎1986/4/26 海事局に移管
◎1993/11/22 艦種記号をAKR-11に改め、ケープ・イントレピッド Cape Intrepidと改名
◎後に海軍事前予備部隊に編入
◎後にタコマにて国家防衛予備船隊に編入(123
ケープ・イザベル Cape Isabel AKR-5062 バス鉄工所 ◎1976/11/30 海軍が取得し車両貨物輸送艦に改装、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行(Near Term Prepositioning Force)。艦種を車両貨物輸送艦(AKR-5062)に改め、ケープ・イザベルと改名
◎後に海事局に移管
◎後に海軍事前予備部隊に編入
◎後にタコマにて国家防衛予備船隊に編入
ケープ・インスクリプション Cape Inscription AKR-5076 バス鉄工所 ◎1976/4/27 海軍が取得し車両貨物輸送艦に改装、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行(Near Term Prepositioning Force)。艦種を車両貨物輸送艦(AKR-5076)に改め、ケープ・インスクリプションと改名
◎後に海事局に移管
◎後に海軍事前予備部隊に編入
◎後にロング・ビーチにて国家防衛予備船隊に編入


軽荷排水量:9,687t 満載排水量:24,555t 全長:193.33m 幅:27.03m 吃水:8.62m 主機/軸数:ディーゼル2基/1軸 出力:18,890馬力 速力:15.7kt 乗員:民間人27名
※ケープT級 Cape T Classともいわれる
※貨物積載床面積は5,072.50平方m
↑Cape Texas (T-AKR-112) underway, date and place unknown. US Maritime Administration photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ケープ・テキサス Cape Texas T-AKR-112 佐世保重工業 ◎1994/8/19 1977年起工のDDG Hansa-Lineの貨物船Reichenfels(後にLykes Bros. Linesに売却されLyraと改名(123))を海事局が取得し改装、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行(事前予備部隊)しケープ・テキサスと改名
◎Houstonのlayberthにて係船(12
ケープ・テイラー Cape Taylor T-AKR-113 佐世保重工業 ◎1994/7/27 1977年起工のHansa Linesの貨物船Rabenfels(後にCygnusと改名、さらにASL Cygnus Thakwiniと改名)を海事局が取得し改装、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行(事前予備部隊)しケープ・テイラーと改名
◎Houstonのlayberthにて係船
ケープ・トリニティ Cape Trinity T-AKR-9711 Howaldtswerke ◎1994/11/15 1977年起工、1977年7月19日進水のHansa Linesの貨物船Rheinfels(1981年にハンブルクのCh. F. Ahrenkielに売却されNorefjordと改名、1981年7月にLeerのHeyo Janssenに売却されRadbodと改名、1987年11月にVericaribe CAに売却されSantosと改名、1990年にKent Lineにチャーター、Canadian Forestと改名、1991年9月にパナマのConro Shipping, Ltd. に売却されSantosと改名)を海事局が取得し改装、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行(事前予備部隊)しケープ・トリニティと改名
◎Houstonのlayberthにて係船


軽荷排水量:29,692t 満載排水量:61,987t 全長:288.64m 幅:32.30m 吃水:11.27m 主缶:フォスターホイーラー缶2基 主機/軸数:ジェネラル・エレクトリック式MST-19蒸気タービン2基/2軸 出力:120,000馬力 速力:33.0kt 乗員:民間人43名(車両520両を搭載)
※貨物積載床面積は17,187.06平方m
↑Regulus (T-AKR-292) underway departing San Diego, CA., date unknown. US Navy photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アルゴル Algol T-AKR-287 Rotterdamsche D.D. Mij N.V. ◎1982/9/10 艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-287)に改める
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2007/10/1 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航(1234
ベラトリックス Bellatrix T-AKR-288 Rheinstahl Nordseewerke ◎1982/9 艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-288)に改める
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2007/10/1 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航、Marreroにて係船
デネボラ Denebola T-AKR-289 Rotterdamsche D.D. Mij N.V. ◎1982/9 艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-289)に改める
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2007/10/1 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航、ボルティモアにて係船
ポラックス Pollux T-AKR-290 A.G. Weser ◎1982/9 艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-290)に改める
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2007/10/1 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航、ボルティモアにて係船
◎2009初め? フィラデルフィアのAker Philadelphia Shipyardにて入渠(1234
アルタイル Altair T-AKR-291 Rheinstahl Nordseewerke ◎1983/11/1 Westwegoのアヴォンデール・シップビルディング社で改装、艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-291)に改める
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2007/10/1 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航、Marreroにて係船
リギュラス Regulus T-AKR-292 A.G. Weser ◎1983/11/1 艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-292)に改める
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2007/10/1 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航(12
カペラ Capella T-AKR-293 Rotterdamsche D.D. Mij N.V. ◎1983/11/1 艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-293)に改める
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2007/10/1 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航(123
◎2016/9/29 120-hour turbo activation(1234567
アンタレス Antares T-AKR-294 A.G. Weser ◎1982/9/10(1983/11/1?) 艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-294)に改める
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
1990/8中旬? “砂漠の盾”作戦中に東大西洋にてボイラーを2基故障、艦隊航洋曳船がスペインのロタ海軍基地へ曳航
◎2007/10/1 海事局に移管、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航


軽荷排水量:32,589t(T-AKR-296、T-AKR-298は33,168t、T-AKR-297、T-AKR-299は33,971t) 満載排水量:54,298t(55,298tともいわれる、T-AKR-296、T-AKR-298は55,422t(65,000tともいわれる)) 全長:276.42m(277.00mともいわれる、T-AKR-296、T-AKR-298は290.77m(291.38mともいわれる)) 幅:32.18m(32.37mともいわれる、T-AKR-296、T-AKR-298は32.23m(32.25mともいわれる)) 吃水:10.60m(最大、10.61mともいわれる、T-AKR-296、T-AKR-298は10.94m(10.97m(最大)ともいわれる)) 主機/軸数:Burmeister&Wain式12L90 GFCAディーゼル1基(T-AKR-296、T-AKR-298はBurmeister&Wain式12K84EFディーゼル1基、Burmeister&Wain式9K84EFディーゼル2基)/1軸、バウ・スラスター、スターン・スラスター(T-AKR-296、T-AKR-298は3軸、バウ・スラスター) 出力:46,653制動馬力(T-AKR-296、T-AKR-298は26,000馬力+39,000馬力(計78,600制動馬力ともいわれる) 速力:24.0kt 航続力:24.0ktで12,200浬 乗員:民間人12名〜45名、海軍軍人士官2名、下士官兵48名(車両520両を搭載、T-AKR-296、T-AKR-298は民間人26名〜45名、海軍軍人士官2名、下士官兵48名)
※仕様の差異から、T-AKR-296、T-AKR-298はゴードン級ともいわれる
※貨物積載床面積は26,390.40平方m、甲板上積載4,644.31平方m
↑Shughart (T-AKR-295) underway, date and place unknown. US Navy photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
シュガート Shughart T-AKR-295 Odense Staalskibsvaerft A/S ◎1996/5/7 1980年7月9日進水のBay ship Management Co. の高速コンテナ船Laura Maersk(1987年に現代重工業にて船体延長工事)をチャーター
◎サン・ディエゴのナショナル・スチール&シップビルディング社で改装、艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-295)に改め、ランドール D. シュガート一等軍曹 1ST SGT Randoll D. Shughartと改名、後にシュガートと改名
◎1997/2/8 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
ゴードン Gordon T-AKR-296 A/S Burmeister & Wains Skibsbyggeri
(Burmeister & Wain?)
◎1972年9月22日進水の高速コンテナ船Jutlandia(1984年に現代重工業にて船体延長工事)をチャーター
◎1993 ニューポート・ニューズのニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社で改装、艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-296)に改め、ゲアリー I. ゴードン曹長 MSGT Gary I. Gordonと改名、後にゴードンと改名
◎1996/8/23 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
ヤーノ Yano T-AKR-297 Odense Staalskibsvaerft A/S ◎1997/2/8 1980年9月19日進水のBay ship Management Co. の高速コンテナ船Leise Maersk(1987年に現代重工業にて船体延長工事)をチャーター
◎サン・ディエゴのナショナル・スチール&シップビルディング社で改装、艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-297)に改め、ロドニー J. T. ヤーノ一等軍曹 1ST SGT Rodney J. T. Yanoと改名、後にヤーノと改名
1996/2/25 サン・ディエゴにてミサイル・フリゲイト・ヴァンデグリフト Vandegrift(FFG-48)と衝突し損傷
◎軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
ギリランド Gilliland T-AKR-298 A/S Burmeister & Wains Skibsbyggeri
(Burmeister & Wain?)
◎1972年4月20日進水の高速コンテナ船Selandia(1984年に現代重工業にて船体延長工事)をチャーター
◎1993 ニューポート・ニューズのニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック社で改装、艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-298)に改め、チャールズ I. ギリランド伍長 CPL Charles I. Gillilandと改名、後にギリランドと改名
1996/6 改装中、嵐により係留設備が壊れ漂流、駆逐艦デヨ Deyo(DD-989)原子力攻撃型潜水艦ツーソン Tucson(SSN-770)に衝突し損傷
◎1997/5/23(1997/5/24?) 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
ソダーマン Soderman T-AKR-299 Odense Staalskibsvaerft A/S ◎1997/11/11 1981年3月20日進水のBay ship Management Co. の高速コンテナ船Lica Maersk(1987年に現代重工業にて船体延長工事)をチャーター
◎サン・ディエゴのナショナル・スチール&シップビルディング社で改装、艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-299)に改め、ウィリアム A. ソダーマン上等兵 PFC William A. Sodermanと改名、後にソダーマンと改名
◎1998 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2000 運用終了、改装(〜2001)
◎2001/3/1 艦種を貨物輸送艦(T-AK-3017)に改め、フレッド W. ストックハム特務曹長 GYSGT Fred W. Stockhamと改名、運用開始


軽荷排水量:35,500t 満載排水量:62,069t 全長:289.98m 幅:32.30m 吃水:10.36m(最大) 主機/軸数:Colt-Pielstick式10PC4.2Vディーゼル4基、GE Marine式LMガス・タービン2基/2軸 出力:65,160馬力(m)/64,000馬力 速力:24.0kt 乗員:民間人26名〜45名、海軍軍人50名(兵員300名を搭載)
※貨物積載床面積は35,303.15平方m、甲板上積載4,644.31平方m
↑PACIFIC OCEAN (July 22, 2008) - The Military Sealift Command large, medium-speed roll-on/roll-off ship USNS Pililaau (T-AKR-304) is anchored off the coast of Red Beach in Camp Pendelton, Calif., with the roll-on/roll-off discharge facility extending aft of the ship during Joint Logistics Over-The-Shore (JLOTS) 2008. JLOTS 2008 is an engineering, logistical training exercise between Army and Navy units under a joint force commander as a means to load and unload ships without the benefit of deep draft-capable, fixed port facilities. U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 2nd Class Brian P. Caracci. (Released)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ボブ・ホープ Bob Hope T-AKR-300 リットン・エイヴォンデール・インダストリーズ ◎1995/5/29 起工
◎1997/3/27 進水
◎1998/11/18 引き渡され、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
フィッシャー Fisher T-AKR-301 リットン・エイヴォンデール・インダストリーズ ◎1996/4/15 起工
◎1997/10/21 進水
◎1999/8/4 引き渡され、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
シー Seay T-AKR-302 リットン・エイヴォンデール・インダストリーズ ◎1997/3/24 起工
◎1998/6/25 進水
◎2000/3/28 引き渡され、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
メンドーサ Mendonca T-AKR-303 リットン・エイヴォンデール・インダストリーズ ◎1997/11/3 起工
◎1999/5/25 進水
◎2001/1/30 引き渡され、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
ピリロー Pililaau T-AKR-304 リットン・エイヴォンデール・インダストリーズ ◎1998/6/29 起工
◎2000/1/28 進水
◎2001/7/24 引き渡され、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
ブリティン Brittin T-AKR-305 リットン・エイヴォンデール・インダストリーズ ◎1999/5/3 起工
◎2000/10/21 進水
◎2002/7/11 引き渡され、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
ベナヴィデス Benavidez T-AKR-306 リットン・エイヴォンデール・インダストリーズ ◎1999/12/15 起工
◎2001/8/11 進水
◎2003/9/10 引き渡され、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
T-AKR-307 リットン・エイヴォンデール・インダストリーズ ◎発注されず
T-AKR-308 リットン・エイヴォンデール・インダストリーズ ◎発注されず
T-AKR-309 リットン・エイヴォンデール・インダストリーズ ◎発注されず


軽荷排水量:29,000t 満載排水量:62,644t 全長:289.56m 幅:32.30m 吃水:10.36m(最大) 主機/軸数:GE Marine式LM2500ガス・タービン2基/2軸 出力:64,000馬力 速力:24.0kt 乗員:民間人30名(兵員300名を搭載、T-AKR-312〜T-AKR-314は民間人30名、海軍軍人5名)
※貨物積載床面積は36,638.45平方m、甲板上積載4,644.31平方m
↑Pomeroy (T-AKR-316) underway, date and place unknown. US Navy photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ワトソン Watson T-AKR-310 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1996/5/23 起工
◎1997/7/26 進水
◎1998/6/23 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
シスラー Sisler T-AKR-311 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1997/4/15 起工
◎1998/2/28 進水
◎1998/12/1 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
ダール Dahl T-AKR-312 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1997/11/12 起工
◎1998/10/2 進水
◎1999/7/13 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
レッド・クラウド Red Cloud T-AKR-313 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1998/6/29 起工
◎1999/8/7 進水
◎2000/1/18(2000/1/19?) 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
2015/8/12 沖縄東方海域にて陸軍MH-60M(10-20274)が船体に接触しハード・ランディング
チャールトン Charlton T-AKR-314 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1999/1/4(1999/1/19?) 起工
◎1999/12/11 進水
◎2000/5/23 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
ワトキンス Watkins T-AKR-315 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎1999/8/24 起工
◎2000/7/28 進水
◎2001/3/2(2001/3/6?) 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
ポメロイ Pomeroy T-AKR-316 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎2000/4/25 起工
◎2001/3/10 進水
◎2001/8/14 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
ソダーマン Soderman T-AKR-317 ナショナル・スチール&シップビルディング社 ◎2000/10/31 起工
◎2002/4/26 進水
◎2002/9/24(2002/9/25?) 軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行


軽荷排水量:13,161t 満載排水量:26,537t 全長:211.62m 幅:28.04m 吃水:8.83m(最大) 主機/軸数:ガス・タービン/2軸 速力:21.3kt 乗員:最大15名
※貨物積載床面積は10,628.20平方m
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アドミラル W. M. キャラハン Admiral W. M. Callaghan T-AKR-1001 ◎1967 起工
◎後に海事局が取得、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
1990秋? “砂漠の盾”作戦中に東地中海にて船底を損傷
◎1990/11/20 ギリシャにて修理
◎アラメダのlayberthにて係船


軽荷排水量:13,166t(T-AKR-9672、T-AKR-9673は13,200t) 満載排水量:32,799t(T-AKR-9672、T-AKR-9673は34,617t) 全長:193.54m(193.62mともいわれる、T-AKR-9672、T-AKR-9673は207.56m) 幅:27.99m(28.04mともいわれる、T-AKR-9672、T-AKR-9673は29.56m) 吃水:8.99m(9.14m(最大)ともいわれる、T-AKR-9672、T-AKR-9673は11.27m(最大)) 主機/軸数:Cegielski-Sulzer式6RND68Mディーゼル2基/2軸 出力:21,230馬力 速力:19.7kt(22.0ktともいわれる、T-AKR-9672、T-AKR-9673は16.2kt) 航続力:19.0ktで16,000浬 乗員:9名〜25名(T-AKR-9672、T-AKR-9673は9名〜27名)
※ケープO級 Cape O Classともいわれる
↑Cape Orlando (T-AKR-2044) underway, date and place unknown. MARAD photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ケープ・オーランド Cape Orlando T-AKR-2044 Kockums Varv Shipyard A.B. ◎1983/8/22 1980年2月20日起工、1980年11月29日進水、1981年2月18日竣工のO. T. Rederiernaの貨物船Finneagle(1983年にZenit Dry Cargo Corp. に売却されZenit Eagleと改名、1983年6月17日(1986年?)にウィルミントンのAutoMar II Corp. に売却されAmerican Eagleと改名(12345))を海事局がチャーター
◎1992/12 購入
◎1993/7/12 ケープ・オーランドと改名
◎1994/9/12 国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎アラメダ海軍基地のlayberthにて係船
◎Iraq War 2002-2003.
アメリカン・ファルコン American Falcon T-AKR-9672 Kockums Varv Shipyard A.B. ◎1981年10月24日進水、1981年12月4日竣工の貨物船Zenit Clipper(後にFinnclipperと改名、1983年にZenit Falconと改名、1986年にアメリカン・ファルコンと改名、1987年12月29日にAmerican Transportation Lineが運行)を海事局を取得、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に国家防衛予備船隊に編入
◎1994 商船Stena Partnerとなる
◎1998 Tor Flandriaと改名
◎2006 Eurocargo Africaと改名
アメリカン・コンドル American Condor T-AKR-9673 Kockums Varv Shipyard A.B. ◎1981年1月24日進水、1981年3月31日竣工のLara Johanssonの貨物船Zenit Express(1984年11月5日にAmerican Automar Corp. に売却されKuwait Expressと改名、1986年にAmerican Transport Lineに売却、後にアメリカン・コンドルと改名)を海事局を取得、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に国家防衛予備船隊に編入
◎1992 商船Stena Porterとなる
◎1998 Tor Scandiaと改名
◎2006 Eurocargo Europaと改名


軽荷排水量:13,220t 満載排水量:34,617t 全長:207.56m(T-AKR-5052は207.26m) 幅:29.56m(T-AKR-5052は30.17m) 吃水:11.27m(最大)(T-AKR-5052は9.44m(最大)) 主機/軸数:ディーゼル/1軸 速力:16.2kt 乗員:9名〜27名
※ケープD級 Cape D Classともいわれる
↑Cape Ducato (T-AKR-5051) underway, date and place unknown.MARAD photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ケープ・デュカート Cape Ducato T-AKR-5051 Eriksberg ◎後に1972年起工の貨物船Barrandunaを海事局が取得、ケープ・デュカートと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎チャールストンのlayberthにて係船、国家防衛予備船隊に編入
ケープ・ダグラス Cape Douglas T-AKR-5052 Eriksberg ◎後に1973年起工の貨物船Lalandiaを海事局が取得、ケープ・ダグラスと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎チャールストンのlayberthにて係船、国家防衛予備船隊に編入
ケープ・ドミンゴ Cape Domingo T-AKR-5053 Gironde ◎後に1972年起工のWilhelmsen Lineの貨物船Taragoを海事局が取得、ケープ・ドミンゴと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎チャールストンのlayberthにて係船、国家防衛予備船隊に編入
ケープ・ディシジョン Cape Decision T-AKR-5054 Eriksberg ◎後に1972年起工の貨物船Tombarraを海事局が取得、ケープ・ディシジョンと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎チャールストンのlayberthにて係船、国家防衛予備船隊に編入
ケープ・ダイアモンド Cape Diamond T-AKR-5055 Gironde ◎後に1972年起工のWilhelmsen Lineの貨物船MS Tricolorを海事局が取得、ケープ・ダイアモンドと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎チャールストンのlayberthにて係船、国家防衛予備船隊に編入


軽荷排水量:18,900t 満載排水量:55,660t 全長:267.00m 幅:32.30m 吃水:12.19m(最大) 主機/軸数:蒸気タービン2基/2軸 速力:16.2kt 乗員:9名〜34名(艀24隻、CAFS19隻を搭載(T-AKR-5064は艀24隻、CAFS14隻を搭載))
※ケープM級 Cape M Classともいわれる
↑Cape Mohican (T-AKR-5065) moored pierside, date and place unknown. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ケープ・メイ Cape May T-AKR-5063 ジェネラル・ダイナミックス社クインシー造船所 ◎1986 1971年10月31日起工、1972年2月27日進水のLykes Bros Steamship Co. のC8-S-82a型貨物船アルメリア・ライクス Almeria Lykes(MAハル242、12345)を海事局が取得、ケープ・メイと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎ノーフォーク海軍基地のlayberthにて係船
◎Gulf War 22 Aug 1990.
ケープ・メンドシーノ Cape Mendocino T-AKR-5064 ジェネラル・ダイナミックス社クインシー造船所 ◎1986 1970年7月15日起工、1971年7月10日進水のLykes Bros Steamship Co. のC8-S-82a型貨物船ドクター・ライクス Doctor Lykes(MAハル241、12345)を海事局が取得、ケープ・メンドシーノと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2008/10/10 James Riverにて国家防衛予備船隊に編入(12
◎2011/10/15 Beaumontにて国家防衛予備船隊に編入
◎Gulf War.
ケープ・モヒカン Cape Mohican T-AKR-5065 ジェネラル・ダイナミックス社クインシー造船所 ◎1986 1971年7月15日起工、1972年9月23日進水のLykes Bros Steamship Co. のC8-S-82a型貨物船ティリー・ライクス Tillie Lykes(MAハル243、123)を海事局が取得、ケープ・モヒカンと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎アラメダにて国家防衛予備船隊に編入
◎Gulf War 21 Aug 1990.


軽荷排水量:15,000t 満載排水量:51,836t(35,357tともいわれる) 全長:228.29m(228.44mともいわれる) 幅:32.25m(32.30mともいわれる) 吃水:10.79m(10.97m(最大)ともいわれる) 主機/軸数:ディーゼル1基/1軸 出力:17,288馬力 速力:18.5kt(21.0ktともいわれる) 乗員:9名〜27名
※ケープH級 Cape H Classともいわれる
※39tクレーンを搭載
※貨物積載床面積は16,722.54平方m
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ケープ・ハドソン Cape Hudson T-AKR-5066 Aker Group Kragro
(Tangen Verft A/S?)
◎1986/10/30(1986/12?) 1978年9月20日進水、1979年5月30日引き渡されたBarber Steamship Co. の貨物船Barber Taifを海事局が購入、ケープ・ハドソンと改名、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎Gulf War, active at Diego Garcia, Iraq War 2002-2003.
ケープ・ヘンリー Cape Henry T-AKR-5067 三菱重工業 ◎1986/9/28(1986/9/30?) 1978年11月17日進水、1979年4月12日引き渡されたOcean Transport & Trading Co. (Barber Steamship Lines Ship Management Co.)の貨物船Barber Priamを海事局が購入、ケープ・ヘンリーと改名、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎Gulf War, active at Diego Garcia, Iraq War 2002-2003.
ケープ・ホーン Cape Hone T-AKR-5068 Kaldnes Me., Verk.
(Kaldnes M/V A/S?)
◎1986/12/10 1979年1月31日進水、1979年5月30日引き渡されたWilh. Wilhelmsen Line(Barber Steamship Lines Ship Management Co.)の貨物船Barber Tonsbergを海事局が購入、ケープ・ホーンと改名、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
2002/3/31 ハワイ当方海域にてエンジン室出火により損傷、後に修理(〜2002/7/1)
◎Gulf War, active at Diego Garcia, Iraq War 2002-2003.


軽荷排水量:12,000t 満載排水量:32,543t 全長:207.87m 幅:28.65m 吃水:9.44m(最大) 主機/軸数:ディーゼル1基/1軸 速力:15.7kt 乗員:9名〜27名
※ケープE級 Cape E Classともいわれる
↑Cape Edmont (T-AKR-5069) underway, date and place unknown. MARAD photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ケープ・エドモント Cape Edmont T-AKR-5069 Eriksberg ◎後に1971年建造の貨物船Parallaを海事局が取得、ケープ・エドモントと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行


軽荷排水量:12,000t 満載排水量:33,360t 全長:207.87m 幅:22.86m 吃水:9.29m(最大) 主機/軸数:ディーゼル2基/2軸 出力:18,000馬力 速力:16.2kt 乗員:30名
※ケープL級 Cape L Classともいわれる
↑Cape Lobos (T-AKR-5078) underway, date and place unknown. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ケープ・ランバート Cape Lambert T-AKR-5077 ◎1973年建造の貨物船Avon Forest(後にFederal Lakeと改名)を海事局が取得、ケープ・ランバートと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2006/7/28 国家防衛予備船隊に編入
ケープ・ロボス Cape Lobos T-AKR-5078 ◎1971年建造の貨物船Laurentian Forest(後にGrand Encounterと改名、さらにFederal Seawayと改名)を海事局が取得、ケープ・ロボスと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎2000/2/25 国家防衛予備船隊に編入


軽荷排水量:15,718t 満載排水量:44,466t 全長:212.14m 幅:32.30m 吃水:10.66m(最大) 主機/軸数:ディーゼル1基/1軸 速力:16.6kt 乗員:9名〜25名
※ケープK級 Cape K Classともいわれる
↑MV Cape Kennedy (T-AKR-5083) underway, date and location unknown. MARAD photo. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ケープ・ノックス Cape Knox T-AKR-5082 ◎1978年建造の貨物船Nedlloyd Rouen(後にRouenと改名)を海事局が取得、ケープ・ノックスと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎ニュー・オーリンズのlayberthにて係船
◎Iraq War 2002-2003.
ケープ・ケネディ Cape Kennedy T-AKR-5083 ◎1979年建造の貨物船Nedlloyd Rosario(後にRosarioと改名)を海事局が取得、ケープ・ケネディと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎ニュー・オーリンズのlayberthにて係船
◎Iraq War 2002-2003.


※データは貨物輸送艦ストロング・ヴァージニアンの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヴァージニアン Virginian T-AKR-9205 Bremer Vulkan Schiffbau & Maschinenfabrik ◎後に海軍がチャーター、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行、艦種を車両貨物輸送艦(T-AKR-9205)に改める
◎2011/10 契約終了、前の持ち主に返却
◎2012/8 解体のため、シンガポールの業者に売却


軽荷排水量:10,581t 満載排水量:30,644t 全長:192.35m 幅:26.24m 吃水:8.65m(最大) 主機/軸数:ディーゼル1基/1軸 出力:9,184馬力 速力:14.0kt 乗員:9名〜25名
※ケープV級 Cape V Classともいわれる
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ケープ・ヴィンセント Cape Vincent T-AKR-9666 Italcantieri S.P.A.
(Fincantieri-Cant. Nav. Italiani S.p.A.?)
◎1994/8/19 貨物船Marzario Italia(後にTaabo Italiaと改名)を海事局が取得、ケープ・ヴィンセントと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎Beaumontにて国家防衛予備船隊に編入
◎Iraq War 2002-2003.
ケープ・ヴィクトリー Cape Victory T-AKR-9701 Italcantieri S.P.A.
(Fincantieri-Cant. Nav. Italiani S.p.A.?)
◎1994/8/19 CMB T. Italyの貨物船Marzario Britainnaを海事局が取得、ケープ・ヴィクトリーと改名、国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に海軍が取得、軍事海上輸送軍団(MSC)が管理運行
◎Beaumontにて国家防衛予備船隊に編入
◎Iraq War 2002-2003.


満載排水量:5,454t 全長:81.68m(81.78mともいわれる) 幅:15.54m(15.69mともいわれる) 吃水:5.48m(5.56mともいわれる) 主機/軸数:ディーゼル2基/2軸 出力:2,500制動馬力 速力:12.0kt 乗員:9名〜27名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ストロング・テキサン Strong Texan T-AKR-9670 Arnhemsche Schps. Maats.
(Arnhemsche Scipswerf Maats.?)
◎1990/2/1 1976年10月22日進水のCia. Maritima Sequoia, Lloyd, S.A. の貨物船Door Express Texas(1984年2月24日にConnecticut National Bankに引き渡される、Happy Runnerと改名、1989年にストロング・テキサンと改名)を海事局が取得、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後に国家防衛予備船隊に編入
◎2003 商船Pergeとなる


軽荷排水量:12,872t 満載排水量:32,054t(35,357tともいわれる) 全長:197.45m(197.51mともいわれる) 幅:32.15m(32.25mともいわれる) 吃水:10.00m(10.05m(最大)ともいわれる) 主機/軸数:MAN式Vディーゼル2基/2軸 出力:17,350馬力(28,000制動馬力ともいわれる) 速力:17.6kt(19.75ktともいわれる) 乗員:9名〜25名
※ケープR級 Cape R Classともいわれる
↑PORTSMOUTH, Va. (Aug. 26, 1994) - A file photo taken Aug. 26, 1994 shows a port quarter view of the Ready Reserve Force (RRF) vehicle transport ship Cape Ray (T-AKR-9679) moored at the Moon Engineering Company near Norfolk, Va. U.S. Navy photo by Don S. Montgomery. (Released)
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ケープ・ライズ Cape Rise T-AKR-9678 川崎重工業 ◎1993/8/9 1976年10月29日進水の貨物船Seaspeed Arabia(1981年にSaudi Riyadhと改名)を海事局が取得
◎1993(1994/2/1?) ケープ・ライズと改名
◎1994/11/21 国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後にBala CynwydのKeystone Shipping Co. が、管理運行
◎ポーツマスのlayberthにて係船
◎1 Feb 1996, Joint Venture. Iraq War 2002-2003.
ケープ・レイ Cape Ray T-AKR-9679 川崎重工業 ◎1977年進水の貨物船Seaspeed Asia(1981年にサウジ・アラビアのNational Ship Co. に売却されSaudi Makkahと改名)を海事局が取得
◎1993(1994/2/1?) ケープ・レイと改名
◎1994/12/17 国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後にBala CynwydのKeystone Shipping Co. が、管理運行
◎ポーツマスのlayberthにて係船
◎2014/1? ポーツマスにてシリアの化学兵器を船上で処分する為機材を設置(123456
◎2014/1/10 ポーツマス出航、試験航海を開始(乗組員とFDHS(Field-Deployable Hydrolysis System)のオペレーターが、様々な海洋条件下でシステムの動作をテスト、123
◎2014/7/2 Gioia TauroにてデンマークのRo-Ro貨物船Ark Futuraが運んできたシリアの化学兵器600tを搭載し出航(123456
◎2014/7/7 処分作業(〜2014/8/18、処分したのは化学兵器約600t、サリンの前駆体DF581.5t、サルファマスタードの前駆体HDが19.8t)
◎Iraq War 2002-2003.
ケープ・レース Cape Race T-AKR-9960 川崎重工業 ◎1993/4/28 1977年3月15日進水の貨物船Seaspeed America(1987年にG & C Admiral(G & G Admiral?)と改名、1993年にStena Americaと改名)を海事局が取得
◎1993(1994/2/1?) ケープ・レースと改名
◎1994/9/11 国家防衛予備船隊に編入、Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎後にBala CynwydのKeystone Shipping Co. が、管理運行
◎ポーツマスのlayberthにて係船
◎1 Feb 1996, Joint Venture. Iraq War 2002-2003.


軽荷排水量:22,145t 満載排水量:53,500t 全長:212.44m(212.54mともいわれる) 幅:32.28m(32.30mともいわれる) 吃水:11.58m(11.63mともいわれる) 主機/軸数:ディーゼル/1軸 出力:17,400馬力 速力:14.7kt(17.0ktともいわれる) 乗員:民間人27名
※ケープW級 Cape W Classともいわれる
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ケープ・ワシントン Cape Washington T-AKR-9961 Stocznia im. "Komuny Paryskiej" ◎1993/4/7 1981年進水(1982年起工?)のGrace Marine Co., S.A. の貨物船Hual Transporterを海事局が取得
◎1993(1994/1/1?) ケープ・ワシントンと改名
◎1994/4/5 Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎ボルティモアのlayberthにて係船
◎active at Diego Garcia. Iraq War 2002-2003.
ケープ・レース Cape Wrath T-AKR-9962 Stocznia im. "Komuny Paryskiej" ◎1993/4/7 1981年進水(1982年起工?)のGrace Marine Co., S.A. の貨物船Hoegh Trader(1982年にHual Traderと改名)を海事局が取得
◎1993(1994/1/1?) ケープ・レースと改名
◎1994/3/3(1994/9/30?) Ready Reserve Fleet(RRF)が管理運航
◎ボルティモアのlayberthにて係船
◎後に入渠
◎Iraq War 2002-2003.


Update 17/11/18