潜水支援艇、潜水作業母船(非自走)、潜水作業支援船(非自走)、水中処分母船


※データは戦車揚陸艇LCT(6)型の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YDT-9 Darby Products of Steel Plate Corp. ◎1955 艦種を潜水作業支援艇(YDT-9)に改める
◎1959 Ft. Lauderdaleの海軍兵器研究所試験施設(Naval Ordnance Lab Test Facility: NOLTF)にて運用開始(少なくとも1970年まで)
◎1970年代 ノーフォークにて運用終了
後にTangier Island沖の爆撃目標にする為、York Spit Channelにて救難艦ホイスト Hoist(ARS-40)が曳航中、沈没、真っ二つになる
◎1974/6/1 船首部分はHarbor Clearence Unit 2と水上機救難デリック船YSD-53によって引き揚げられ、翌日爆撃レンジへ曳航され、標的として処分。船尾部は救難艦(曳船型)イーデントン Edenton(ATS-1)によって引き揚げられ、1974年6月17日に船首部を曳航した爆撃レンジへ曳航


※データは救難雑船母船(非自走)YRST-1の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YDT-11 Everett Pacific Shipbuilding & Drydocking Co. ◎1966 スービック湾で潜水作業支援艇に改装、艦種を潜水作業支援艇(YDT-11)に改める
◎1966〜1967頃 艦種を救難雑船母船(非自走)(YRST-1)に改める


艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
YDT-16 1995/4/4 ◎艦種を潜水作業支援艇(YDT-16)に改める


軽荷排水量:300t 満載排水量:650t 全長:40.23m 幅:8.22m 吃水:1.82m 速力:20.0kt 乗員:8名、教官7名、訓練生25名
※132フィート型潜水支援艇。各船のネームボードに記載されているネプチューンとポセイドンの名称は、非公式なものと思われる

↑Personnel from the Naval Diving and Salvage Training Center moor YDT-18 in Alligator Bayou at Naval Support Activity Panama City, Panama, 09 November 2009. Preparations were being made throughout the base to withstand the high winds expected from tropical storm Ida. Defense Visual Imagery Distirbution System photo 1573235, taken by David Didier MC2. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ネプチューン Neptune YDT-17 スウィフトシップ社 ◎1997 起工
◎1999/2/25(1999/3/1?) 引き渡され運用開始
◎Active in service, Naval Diving and Salvage Training Center, Panama City, FL, operated under contract by Cetacean Marine, Inc.
ポセイドン Poseidon YDT-18 スウィフトシップ社 ◎1997 起工
◎1999/5/19 引き渡され運用開始
◎Active in service, Naval Diving and Salvage Training Center, Panama City, FL, operated under contract by Cetacean Marine, Inc.


Update 22/01/20