AOE
高速戦闘支援艦


軽荷排水量:18,884t 満載排水量:51,400t〜53,600t 全長:241.70m 幅:32.61m 吃水:11.58m(最大) 主缶:缶4基 主機/軸数:ジェネラル・エレクトリック式ギアード蒸気タービン2基/2軸 出力:100,000馬力 速力:30.0kt 兵装:シー・スパロー短SAM8連装発射機1基、40o連装機銃2基、76口径20oCIWS2基、12.7o単装機銃4基 搭載機:ヘリコプター2機 乗員:士官22名、下士官兵530名
※AOE-1、AOE-2に搭載された主機は、建造中止になったアイオワ級戦艦6番艦ケンタッキー Kentucky(BB-66)用の主機の余剰品の流用
↑Detroit (AOE-4) underway, date and place unknown. US Navy photo. Image courtesy of NavSource.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サクラメント Sacramento AOE-1 ピュージェット・サウンド海軍造船所 1964/3/14 2004/10/1 2004/10/1 ◎1961/6/30 起工
◎1963/9/14 進水
◎1964/5/29 引き渡される
◎1964/8/27 ブレマートンにて修理改装(〜1964/10/9)
◎1968後半 ブレマートンにてオーヴァーホール
◎1971/12/1 ピュージェット・サウンド海軍造船所にてオーヴァーホール
1995/6/5 ペルシャ湾にて原子力汎用航空母艦エイブラハム・リンカーン Abraham Lincoln(CVN-72)と衝突し損傷、後にドバイにて入渠、修理(修理額約$1,000,000〜2,000,000)
◎退役後、ブレマートンのNAVSEA Inactive Ships On-site Maintenance Officeにて保管
◎2007/4/13 BrownsvilleのESCO Marine, Inc. に売却
◎後にESCO Marine, Inc. に引き渡される(12
◎2007/12/4 解体
◎2008/7/11 解体終了
キャムデン Camden AOE-2 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1967/4/1 2005/9/29
(2005/10/14?)
2005/9/29
(2005/10/14?)
◎1964/2/17 起工
◎1965/5/29 進水
◎1967/3/11 引き渡される
1968/11/26 ヴェトナムにて攻撃航空母艦ハンコック Hancock(CVA-19)と衝突し損傷
◎2007/4/13 BrownsvilleのESCO Marine, Inc. に売却
◎2007/8/14 ESCO Marine, Inc. に引き渡される(12
◎後に解体(12
◎2008/5/13 解体終了
シアトル Seattle AOE-3 ピュージェット・サウンド海軍造船所 1969/4/5 2005/3/15 2005/3/15 ◎1965/10/1 起工
◎1968/3/1 進水
◎1969/9/1 引き渡される
1969/2/26 ノーフォークにて曳船と衝突し損傷(燃料タンクが漏れる)
1995/3/29 強襲揚陸艦(多目的)ワスプ Wasp(LHD-1)と衝突
◎除籍後、フィラデルフィアにてNaval Inactive Ship Maintenance Facility(NISMF)により保管
◎2005/9 BrownsvilleのESCO Marine, Inc. に売却
◎2006/2/9 ESCO Marine, Inc. に引き渡される
◎2007/1/26 解体終了
デトロイト Detroit AOE-4 ピュージェット・サウンド海軍造船所 1970/3/28 2005/2/17 2005/2/17 ◎1966/11/29 起工
◎1969/6/21 進水
◎1970/7/30 引き渡される
1971/2/23 給油艦ワッカマー Waccamaw(AO-109)と衝突し損傷
2000/8/27 ヴァージニア沖にて駆逐艦ニコルソン Nicholson(DD-982)と衝突し損傷、後に修理(修理額$166,000)
2000/9/14 ニュー・ジャージー沖にて曳船と衝突
◎除籍後、フィラデルフィアのNAVSEA Inactive Ships On-site Maintenance Officeにて保管(12345
◎2005/9 BrownsvilleのESCO Marine, Inc. に売却
◎2005/10/17 ESCO Marine, Inc. に引き渡される
◎2006/11/3 解体終了
AOE-5 ◎未着手のまま建造中止


満載排水量:48,800t 全長:229.81m 幅:32.61m 吃水:12.19m 主機/軸数:COGAG(ジェネラル・エレクトリック式LM2500ガス・タービン4基)/2軸 出力:105,000馬力 速力:30.0kt 兵装:シー・スパロー短SAM8連装発射機1基、76口径20oCIWS2基、25o単装機銃2基、12.7o単装機銃4基(T-AOE-6、T-AOE-8は兵装なし) 搭載機:ヘリコプター3機 乗員:士官40名、下士官35名、兵591名(T-AOE-6、T-AOE-8には民間人176名、軍人59名)
※補給物件の搭載量はディーゼル・フュエル・マリーン(Diesel Fuel Marine)7,439,796L、JP-5航空燃料9,919,728L、Lube Oil 208.175Lドラム500個、Bottled Gas 800ボトル、弾薬1,800t、糧食400t、清水75,700L
↑サプライ級高速戦闘支援艦
↑Pacific Ocean (Mar. 19, 2003) -- The fast combat support ship USS Bridge (AOE-10) underway following replenishment operations with elements of USS Nimitz battle group currently deployed in support of Operation Enduring Freedom. U.S. Navy photo by Photographer's Mate 3rd Class Yesenia Rosas. (RELEASED)

↑Image courtesy of Shipbucket.

艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サプライ Supply AOE-6 ナショナル・スチール&シップビルディング社 1994/2/26 2001/7/13 ◎1989/2/24 起工
◎1990/10/6(1990/10/26?) 進水
◎1994/1/31 引き渡される
◎2001/7/13 軍事海上輸送軍団(MSC)が、管理運行(T-AOE-6)
◎2010/8 ノーフォークのMarine Hydraulics International, Inc. にて入渠整備(〜2011/1、修理額$13,540,957、高速ギア等主要機器の交換も実施)
◎2014/1 モービルのBAE Systems Southeast Shipyards Alabama, LLCにて定期整備、オーヴァーホール(〜2014/10、修理額$42,499,988)
レイニア Rainier AOE-7 ナショナル・スチール&シップビルディング社 1995/1/21 2003/8/29 ◎1990/5/31 起工
◎1991/9/28 進水
◎1994/8/25 引き渡される
◎2003/8/29 軍事海上輸送軍団(MSC)が、管理運行(T-AOE-7)
◎2009? グアムのGuam Industrial Services, Inc. にて入渠、定期修理、オーヴァーホール(修理額$7,423,380)
◎2012/7 ポートランドのVigor Marine, LLCにて入渠・オーヴァーホール作業(〜2012/9、修理額$9,563,687、JP-5用ヴァルヴの補修、タンクの再コーティング、ディーゼル発電機の漏れ対策、スクリューや舵の整備、主機のクラッチ等を対象とするオーヴァーホール、配管の更新等の作業を実施)
◎2015/7 サン・フランシスコのBAE Systems San Francisco Ship Repairにて定期修理・入渠整備(〜2015/8/27、修理額$13,592,510)
アークティック Arctic AOE-8 ナショナル・スチール&シップビルディング社 1995/9/11 2002/6/14 ◎1991/12/2 起工
◎1993/10/30 進水
◎1995/5/11 引き渡される
◎2002/6/14 軍事海上輸送軍団(MSC)が、管理運行し(T-AOE-8)
2008? 減速ギアにクラック発見
◎2009/6末? ノーフォークのBAE Systems Norfolk Ship Repairにて補修工事(〜2009/8/1、修理額$8,685,509、タンク等の清掃・検査、水線下の船体の清掃・再塗装、その他検査作業)
◎2011/12? ノース・チャールストンのDetyens Shipyard, Inc. にて整備・補修・アップグレード改修(〜2012/9/10、修理額$21,498,523)
◎2014/8 ノース・チャールストンのDetyens Shipyards, Inc. にて整備・補修・アップグレード改修(〜2014/10、修理額$11,631,622)
AOE-9 ◎未着手のまま建造中止
ブリッジ Bridge AOE-10 ナショナル・スチール&シップビルディング社 1998/8/5 2004/6/24 ◎1994/8/2 起工
◎1996/8/24 進水
◎1998/3/31 引き渡される
◎シアトルにて就役
◎2004/6/24 軍事海上輸送軍団(MSC)が、管理運行し(T-AOE-10)
◎2007/9 Santa RitaのGuam Industrial Services, Inc. にて定期修理作業(修理額$9,760,936、空調機器の交換、下水処理施設を間の前後の設置、喫水線より下の腐食対策、スクリューの検査とポリッシング、推進軸・梯子・キールの検査作業等を実施)
◎2010/9下旬 ポートランドのCascade General, Inc. にてオーヴァーホール(〜2010/12、修理額$7,661,224)
◎2014/9/30 運用終了、海事局に移管
AOE-11 ◎未着手のまま建造中止
AOE-12 ◎未着手のまま建造中止
AOE-13 ◎未着手のまま建造中止


Update 16/09/22