G


※コネチカット Connecticut州グロートン Grotonにて、1899年にエレクトリック・ボート社 Electric Boat(EB)が設立。1960年、ジェネラル・ダイナミックス社 General Dynamics(GD)が買収
※メイン Maine州バス Bathにて、1833年にバス鉄工所 Bath Iron Works(BIW)が設立。1986年、プラデンシャル証券 Prudential Securitiesが買収。1995年9月にBIWをGDが再買収
※EBとBIW、そしてAmerican Overseas Marine(AMSEA)を統合し、ジェネラル・ダイナミックス・マリーン・システムズ部門(GDMS)を発足した
※カリフォルニア California州サン・ディエゴ San Diegoにて、1960年代にカイザー・スチール社 Kaiser Steelとモリソンクヌーセン Morrison-Knudsenがナショナル・スチール・シップビルディング社 National Steel Shipbuilding Company(NASSCO)を設立。カイザー・スチール社は50%の持ち株をモリソンクヌーセンに売却し、モリソンクヌーセンはNASSCOを1989年まで運営した。GDは、1998年10月にNASSCOを買収してGDMSに統合した


※水上艦設計会社である本社はニュー・ヨーク New York州ニュー・ヨーク市 New York Cityに、ウィリアム・フランシス・ギブス William Francis Gibbsと彼の兄弟フレデリック H. ギブス Frederic H. Gibbsによって設立。1929年にコックス&スティーヴンス Cox & Stevens社の設立者ダニエル H. コックス Daniel H. Coxが入社の時に社名が変更。1931年にギブス&コックスは豪華な大型ヨットSavaronaを設計。同社の記録によると、第二次大戦中にアメリカで建造され進水した艦船の総トン数の70%以上はギブス&コックス社によって設計。艦船の種類は駆逐艦、戦車揚陸艦、揚陸艇、掃海艇、油槽船、巡洋艦、リバティ船、及び様々な改装船も含まれていた。1950年にギブス&コックス社は、これまでアメリカで建造された最大最速の客船であるP6-S4-DS1型客船ユナイテッド・ステーツ United Statesを設計。現在、本社はヴァージニア Virginia 州アーリントン Arlingtonに移転。オフィスはニュー・ヨーク市、ワシントンD.C. Washington, D.C. ヴァージニア州ニューポート・ニューズ Newport News、ペンシルヴェニア Pennsylvania州フィラデルフィア Philadelphia、オーストラリア Australiaのアデレード Adelaideにある
※戦艦ソヴィエツキー・ソユーズ級 Sovetsky Soyuz Classを建造する為、ソヴィエト海軍は10581号計画戦艦案として外国造船所に技術協力を求め、ギブス&コックス社は1937年11月にA案(排水量:69,142t 兵装:457o連装砲4基 速力:34.0kt 装甲:水線330.2o 搭載機:艦上機36機、水上機4機)、B案(排水量:75,187t 兵装:406o3連装砲4基 速力:34.0kt 装甲:水線330.2o 搭載機:艦上機36機、水上機4機)、1938年7月にC案(排水量:57,764t 兵装:406o3連装砲3基)の3つの航空戦艦案を提出するも後に廃案

↑Image courtesy of Shipbucket.
※1990年後半にオーストラリア海軍はミサイル駆逐艦パース級 Perth Class Guided Missile Destroyersの後継艦としてイージス艦案を採用し、ギブス&コックス社とスペイン Spainのナヴァンティア Navantia社に案を提出させた。ナヴァンティア社案が採用される

↑Image courtesy of Shipbucket.


※ギブス・ガス・エンジン社 Gibbs Gas Engine Companyは、20世紀初めに設立。第一次大戦と第二次大戦に小艦船を多数建造した造船所である。1964年にはエアロジェットジェネラル Aerojet-Generalそして、1967年にはフルハーフ社 Fruehauf Corp. に売却される。フルハーフ社は、ギブス・ガス・エンジンをジャクソンヴィル造船所 Jacksonville Shipyardsと改名し、独占的に修理専用に造船所にした。造船所は、ジャクソンヴィル Jacksonville都心部のベイ・ストリートの750 E. にあった。造船所は1989年に閉鎖、フルハーフは造船所にあった2つの巨大な浮きドックを、バーレーン Bahrainのアラブ・シップ・リペアー・ヤード Arab Ship Repair Yard(ASRY)に売却


Update 17/01/02