PC
駆潜艇(鋼製船体)


排水量:270t 全長:51.72m 幅:6.58m 吃水:2.37m 主機/軸数:ジェネラル・モータース式16-258Sディーゼル2基(シリアル・ナンバー5584、5585)、ジェネラル・モータース式6-233Aディーゼル2基(75kWジェネレーター2基付き、シリアル・ナンバー5586、5587) 出力:3,760馬力 速力:21.8kt 航続力:12.0ktで3,000浬 兵装:50口径76o砲2基 乗員:士官3名、下士官43名
※1938年5月17日にExperimental Small Craft programとして立案された。この計画では165フィート型Xボート X-Boatsと呼ばれた
↑PC-451. US Navy Photo from a Post Card. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
PC-451 デフォー・シップビルディング社 1940/8/10 1945/12/2 ◎建造所ではハル・ナンバー166
◎1939/9/25 起工
◎1940/5/23 進水
◎1946/12/5 海事委員会に移管


排水量:284t 全長:52.97m 幅:7.01m 吃水:2.02m 主缶:Beasler缶2基 主機/軸数:ド・ラヴァル式タービン2基 出力:4,000馬力 速力:21.8kt 航続力:12.0ktで3,000浬 兵装:50口径76o砲2基 乗員:士官3名、下士官55名
※1938年5月17日にExperimental Small Craft programとして立案された。この計画では165フィート型Xボート X-Boatsと呼ばれた
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
PC-452 デフォー・シップビルディング社 1944/5/1 1945/10/3 ◎建造所ではハル・ナンバー167
◎1940/3/14 起工
◎1941/8/23 進水
◎1945/3/10 艦種を非分類雑役艦(IX-211)に改め、カスティーン Castineと命名


排水量:140t 全長:36.88m 幅:4.41m 吃水:1.82m 主機/軸数:ディーゼル2基/2軸 出力:1,000馬力 速力:16.0kt 兵装:7.62o機銃6基
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
PC-454
12
Robert Jacob, Inc. 1940/10/16 1944/9/27 1944/10/14 ◎1940/8/12 海軍が取得、艦種を駆潜艇(鋼製船体)(PC-454)に改める
◎1943/7/15 艦種を沿岸哨戒ヨット(PYc-46)に改め、インペトゥアス Impetuousと命名


排水量:380t 全長:46.93m 幅:7.31m 吃水:2.59m 主機/軸数:Winton式6-cyl. ディーゼル2基/2軸 速力:17.0kt
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
PC-460 コンソリデーテッド・シップビルディング社 1940/10/16 1944/11/20 1944/11/27 ◎1940/9/4 1930年建造のニュー・ヨークのArthur DavisのヨットEldaを取得し、ニュー・ヨーク海軍工廠で駆潜艇(鋼製船体)に改装
1942/1/24 パナマ湾にて潜水艦S-26(SS-131)と衝突し損傷、S-26を沈没させる
◎1943/2? モービルにて修理(12
◎1943/7/15 艦種を沿岸哨戒ヨット(PYc-50)に改め、スターディ Sturdyと命名


軽荷排水量:280t(PC-465は300t) 満載排水量:450t 全長:52.93m(PC-465は53.26m、PC-467は53.34m、PC-495、PC-616、PC-1247は54.33m) 幅:7.01m 吃水:3.30m(PC-465は2.28m) 主機/軸数:フェアバンクスモース式38D8 1/8ディーゼル機関2基(PC-471〜PC-482はジェネラル・モータース式16-258Sディーゼル機関2基、PC-815はHooven-Owen-Rentschler R-99DAディーゼル機関2基、PC-1548はジェネラル・モータース式16-278Aディーゼル機関2基)/2軸 出力:2,880制動馬力 速力:20.2kt(PC-465、PC-467、PC-468、PC-483は20.0kt) 兵装:50口径76o単装両用砲1基(PC-465は50口径76o単装両用砲2基)、40o単装対空機銃1基、20o機銃3基(PC-465、PC-470は20o機銃2基、PC-1247は20o機銃5基、PC-1548は20o機銃6基)、12.7o機銃2基、7.62o機銃2基、ロケット・ランチャー1基(PC-1548)、Mk. 32 Mod. 3単装魚雷発射管2基(PC-616)、対潜ロケット発射機2基(PC-462〜PC-484、PC-495、PC-616、PC-815、PC-1247)、爆雷投射機2基(PC-462〜PC-464、PC-466、PC-469、PC-471〜PC-484、PC-489、PC-495、PC-616は爆雷投射機4基)、爆雷投下軌条2条 乗員:65名(PC-467は士官6名、下士官兵53名、PC-483は士官、下士官兵合わせて58名、PC-469は乗員が沿岸警備隊員)
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12

↑Image courtesy of Shipbucket.

↑Sarasin (PC1) ex-PC-495. Image courtesy of Shipbucket.

↑Tongpliu (PC6) ex-PC-616. Image courtesy of Shipbucket.

↑Tuo Jiang (PC104) ex-PC-1247. Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考 沿岸
警備隊員が
乗員していた期間
PC-461 George Lawley & Son Corp. 1942/3/19 1946/8/15 1957/9/5 ◎1941/7/10 起工
◎1941/12/23 進水
◎1942/3/18 竣工
◎チャールズタウン海軍工廠にて就役
◎1946/2/8 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1956/2/15 ブラフトン Blufftonと命名
◎1958/8/5 マイアミのShips & Power, Inc. に売却(売却額$72,000.00)
PC-462 George Lawley & Son Corp. 1942/4/15 1945/12/14 ◎1941/7/22 起工
◎1942/1/24 進水
◎1942/4/15 竣工
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(PCC-462)に改める
◎Leyte, Okinawa.
PC-463 George Lawley & Son Corp. 1942/4/29 1946/8/16
(1947/3/1?)
◎1941/8/1 起工
◎1942/2/27 進水
◎1942/4/29 竣工
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(PCC-463)に改める
◎Iwo Jima, Okinawa.
PC-464 George Lawley & Son Corp. 1942/5/15 1946/6/7 1946/7/3 ◎1941/8/8 起工
◎1942/2/27 進水
◎1942/5/15 竣工
◎1947/1/12(1947/3/12?) ニュー・ヨークのA. G. Schoonake Co. に売却
◎Leyte.
PC-465 George Lawley & Son Corp. 1942/5/25 1946 1960/7/1 ◎1941/8/19 起工
◎1942/3/28 進水
◎1942/5/25 竣工
◎チャールズタウン海軍工廠にて就役
◎1942後半 オーヴァーホール
◎1944夏 キー・ウェストにてオーヴァーホール
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1956/1/15 パラグールド Paragouldと命名
◎1961/4/11 ヴェネズエラに貸与されPulpo(P07)と改名
◎1968 保管
◎1978 除籍
PC-466
123
George Lawley & Son Corp. 1942/6/3 1947/3/1 1960/7/1 ◎1941/9/1 起工
◎1942/4/29 進水
◎1942/6/3 竣工
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(PCC-466)に改める
◎1955/10/27 艦種を駆潜艇(鋼製船体)(PC-466)に改める
◎1956/2/1 カーミ Carmiと命名
◎1960 解体のため売却
◎Palau, Okinawa, Tokyo Bay.
PC-467 George Lawley & Son Corp. 1942/6/20 ◎1941/10/22 起工
◎1942/4/29 進水
◎1942/6/20 竣工
◎1942/9/16 ノルウェーに貸与されKing Haakon VII (P390)と命名
◎後に艦種記号をA423に改められる
◎1951/1/2 退役
◎1952 除籍
◎1957/8/10 whaling interestsに売却
◎Presented to Crown Princess Martha of Norway by President Franklin D. Roosevelt 19 September 1942 at the Washington Navy Yard, Washington, DC. King Haakon was assigned to the Canadian Coastal Zone during World War II working out of Halifax, Nova Scotia, Canada. Sailed for Norway in May 1945.
PC-468 George Lawley & Son Corp. 1942/7/10 ◎1942/1/1 起工
◎1942/5/30 進水
◎1942/7/10 竣工
◎1942/8/6 オランダに貸与されQueen Wilhelmina(PO1)と改名
◎後に艦種記号をRO1に改められる
◎後に艦種記号をHE1に改められる
◎後に艦種記号をP14に改められる
◎後に艦種記号をP801に改められる
◎1944/10 マイアミにてメンテナンス(〜1945/2)
◎1963/7/26 ナイジェリアに貸与されOgojaと改名
1969/10 Brass東方海域にて難破
◎Presented to Queen Wilhelmina of The Netherlands by President Franklin D. Roosevelt, 8 August 1942. She was assigned to the Carribbean area, operating between Guantanamo Bay, Cuba, Trinidad and Curacao, Dutch West Indies. The ship rescued two American aviatiors 19 June 1944 north of Curacao. On 8 July 1944 she rescued 31 survivors from the tanker Esso Harrisburg, sunk by U516 on 6 July 1944. Returned to Miami, FL in October 1944 for maintenance. Maintenance completed in February 1945 and prepared for crossing the Atlantic. Arrival in Plymouth, England in March 1945.
PC-469 George Lawley & Son Corp. 1942/7/13 1946/12 1949 ◎1942/1/30 起工
◎1942/6/10 進水
◎1942/7/13 竣工
◎1945/8/20 艦種を指揮駆潜艇(PCC-469)に改める
1942/7/13〜1946/4/15
◎During World War II, PC-469 was assigned to the Caribbean Sea Frontier and engaged the U154 in a 5-hour battle in November 1942, damaging the submarine and emerging unscarth. She then went on to the Asiatic-Pacific theater and participated in the following operations: Assault and Occupation of Iwo Jima, 19 - 28 February 1945; and the assault and occupation of Okinawa Gunto, 1 April - 28 June 1945 sinking two suicide motor boats and driving off a third in May 1945, and shooting down two Japanese aircraft six weeks later. Convoy TAG-18, Iwo Jima, Okinawa.
PC-470 George Lawley & Son Corp. 1942/7/31 1946/3
(1950?)
1960/7/1 ◎1942/2/27 起工
◎1942/6/27 進水
◎1942/7/31 竣工
1944/10下旬 日本軍の沿岸砲台の砲撃により損傷
◎1945/7 真珠湾にてオーヴァーホール
◎1945秋? ポートランドにて不活性化工事
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1956/2/15 アンティゴ Antigoと命名
◎除籍後、処分
◎Leyte, Lingayen.
PC-471 デフォー・シップビルディング社 1941/11/3 ◎1941/4/21 起工
◎1941/9/15 進水
◎1941/10/6 竣工
◎1944/6/9 カサブランカにてフランスに貸与されL'Eveille(W31)と命名
◎艦種記号をP610に改める
◎1959/12/5 退役
◎1959 解体
◎During World War II, PC-471 was the first PC to enter service and was assigned to the East Coast, Moroccan Sea Frontier, Mediterranean and Eastern Sea Frontier, performing convoy and patrol duty.
PC-472 デフォー・シップビルディング社 1941/12/9 1959/7/21 ◎1941/7/1 起工
◎1941/11/14 進水
◎1941/12/6 竣工
◎1944/6/30 カサブランカにてフランスに貸与されLe Ruse(W41)と命名
◎除籍後、解体
◎During World War II, PC-472 was assigned to the European theater of operations in the Moroccan Sea Frontier and Mediterranean.
PC-473 デフォー・シップビルディング社 1941/12/9 1944/7/7 1945/3/10 ◎1941/8/18 起工
◎1941/11/19 進水
◎1941/12/6 竣工
◎1944/7/7 カサブランカにてフランスに貸与されL'Ardent(W39)と命名
◎後に艦種記号をP653に改める
1945/1/31(1945/2/15?) Cora Harborにて商船Empire Abbeyと衝突し沈没、真っ二つになる
◎1945/2/20 船体後部は引き揚げられる
◎Departed Bay City, MI on 9 December 1941, passed through the Great Lakes into the St. Lawrence River and arrived at Boston, MA, 5 January 1942. PC-473 and two other PCs were the only PCs ever to use this route, all others used the Mississippi River. During World War II, PC-473 was assigned to the European theater of operations in the Moroccan Sea Frontier and Mediterranean.
PC-474 デフォー・シップビルディング社 1941/12/19
(1942/2/11?)
1944/6/1 1960/1/25 ◎1941/8/20 起工
◎1941/9/15(1941/12/5?) 進水
◎1941/12/19 竣工
◎Algiers海軍基地にて就役
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6/1 カサブランカにてフランスに貸与されL'Indiscret(W32)と命名
◎後に艦種記号をP622に改める
◎1950年代 売却され係留練習船Dragonとなる
◎1960 解体
◎Assigned to the European theater of operations in the Moroccan and Eastern Sea Frontiers.
PC-475 デフォー・シップビルディング社 1941/12/27 1944/6/23 ◎1941/9/11 起工
◎1941/12/16 進水
◎1941/12/27 竣工
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/6/23 カサブランカにてフランスに貸与されLe Resolu(W33)と命名
◎1951/1/6 退役
◎1951 解体
PC-476 デフォー・シップビルディング社 1942/3/18 1947/12/23 ◎1941/10/2 起工
◎1942/1/1 進水
◎1942/2/9 竣工
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1948/7/1 海事委員会に移管、解体のため、ロサンゼルスのDulien Steel Products, Inc. に売却
◎Solomons, Noemfoor, Morotai.
PC-477 デフォー・シップビルディング社 1942/3/30 1946/8/15 ◎1941/11/21(1941/11/22?、1941/11/26?) 起工
◎1942/1/29(1942/2/28?) 進水
◎1942/2/19 竣工
◎1946/12/4(1947/1/17?) 解体のため、ニュー・ヨークのJ. C. Berkwit & Co. に売却
◎Assigned to the Asiatic-Pacific theater of operations and participated in the Noemfoor Island operation, 2 - 3 July 1944; and the Cape Sansapor operation, 16 - 22 August 1944. Visited Aukland, New Zealand on 21 June and 6 July 1945.
☆PC-477の撃沈スコア(以下の艦船)
・1942/12/6 日本海軍特殊潜航艇(甲標的)(ルンガ泊地にて撃沈)
PC-478 デフォー・シップビルディング社 1942/4/1 1946/5/10 1946/10/25 ◎1941/12/17 起工
◎1942/2/20 進水
◎1942/2/25 竣工
◎ニュー・オーリンズにて就役
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1946/11/14 解体のため、ポートランドのZidell Shipbreakersに売却
PC-479 デフォー・シップビルディング社 1942/4/30 1946/5/13 1946/11/13 ◎1942/1/14 起工
◎1942/3/10 進水
◎1942/4/7 竣工
◎Algiers海軍基地にて就役
◎第二次大戦中、アジア太平洋戦域に割り当てられる
◎1946/12/5 海事委員会に移管
◎1946/12/6 Port Republicにて解体のため売却
◎During World War II, PC-479 was assigned to the Asiatic-Pacific theater of operations and took part in the following operations: Bismark Archipelago; Arawe, New Britain, 15, 30 - 31 December 1943 and Vella LaVella occupation; and the eastern New Guinea operations, Saidor occupation, 5 - 7 and 25 - 27 February 1944. Following World War II, PC-479 was assigned to occupation and China service, 8 September - 29 October 1945.
PC-480 デフォー・シップビルディング社 1942/4/7 1944/7/21 1960/7/21 ◎1942/1/22 起工
◎1942/3/25 進水
◎1942/4/7 竣工
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/7/21 カサブランカにてフランスに貸与されL'Emporte(W43)と命名
◎1959 解体
PC-481 デフォー・シップビルディング社 1942/4/24
(1942/4/30?)
1944/4/16 1953/5/2 ◎1942/2/3 起工
◎1942/3/31 進水
◎1942/4/24 竣工
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/4/16 カサブランカにてフランスに貸与されL'Effronte(W42)と命名
◎1953/4/29 標的として沈没
PC-482 デフォー・シップビルディング社 1942/4/30 1944/7/15 1945/2/8 ◎1942/2/16 起工
◎1942/4/9 進水
◎1942/4/30 竣工
◎第二次大戦中、ヨーロッパ戦域に割り当てられる
◎1944/7/15 カサブランカにてフランスに貸与されL'Enjoue(W44)と命名
1945/1/9 Cape Spartel近海にてドイツ海軍潜水艦U870の雷撃により沈没(12
PC-483 コンソリデーテッド・シップビルディング社 1942/3/12 1946/6/18 1960/7/1 ◎1940/12/31 起工
◎1941/10/25 進水
◎1942/3/9 竣工、引き渡される
◎ブルックリンにて艤装
◎1946/3/1 不活性化工事(〜1946/4/3)
◎1946/4/6 Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1956/1/15 ローラ Rollaと命名
◎1960/10(1961/4/11?) ヴェネズエラに貸与されCamaron(P08)と改名
◎1968 保管
◎1978 除籍
PC-484 コンソリデーテッド・シップビルディング社 1942/4/3 1947/1
(1947/3?)
1960/1 ◎1941/4/7 起工
◎1941/12/6 進水
◎1942/3/31 竣工
◎退役後、Green Cove Springsにて大西洋予備艦隊に編入
◎1956/1/15 クーパーズタウン Cooperstownと命名
◎1961/4/11 ヴェネズエラに貸与されTogogo(P09)と改名
◎1971〜1972 保管
◎1978 除籍
◎Normandy.
PC-489 Sullivan Dry Dock & Repair Corp. 1942/7/14 1945/12/21 1946/1/8 ◎1941/3/17 起工
◎1941/12/20 進水
◎1942/7/13 竣工
◎ブルックリン海軍工廠にて就役
◎後に入渠(12
◎1948/11/5 海事委員会に移管、解体のため、InglesideのW. B. Fpuntainに売却
PC-495 ドラヴォ社ウィルミントン造船所 1942/4/23 1946/2/16 1946/4/25 ◎1941/6/10 起工
◎1941/12/30 進水
◎1942/4/23 竣工
◎1947/5/10(1947/6?) Foreign Liquidation Commissionに移管
◎1947/6/12 タイに売却されSarasin(PC1)と命名(12345
◎1992/9/30 退役、後に標的として沈没
◎Convoy TAG-18.
PC-616 George Lawley & Son Corp. 1942/8/19 1947/1
(1950?)
◎1942/2/27 起工
◎1942/7/4 進水
◎1942/8/19 竣工
◎退役後、Columbia Riverにて太平洋予備艦隊に編入
◎1952/6/4 タイに貸与されTongpliu(PC6)と命名(12
◎1993(1994/4/1?) 除籍
◎Minesweeping 1945.
PC-815 Albina Engine & Machine Works, Inc. 1943/4/20 1945/10/11 ◎1942/10/10 起工
◎1942/12/5 進水
◎1943/1/8 竣工
1945/9/11 サン・ディエゴ北方海域にて濃霧により駆逐艦ラフェー Laffey(DD-724)と衝突し沈没(真っ二つになる)
◎1945/11 海底の船体は航行する船舶に危険のため解体
PC-1247 ナッシュヴィル・ブリッジ社 1943/12/20 1946/10/2 ◎1943/5/28 起工
◎1943/8/7 進水
◎1943/12/4 竣工
◎1948/6/15(1948/6/30?) Subic Bayにて中国国民党に貸与されChia Ling(Chialing?)と命名
◎後にTuo Jiang(To Kiang?、Tokiang?PC104)と改名(1234
◎1958/11/1 退役
◎1964 除籍
PC-1548 コンソリデーテッド・シップビルディング社 1944/7/1 1946/1/3 ◎1943/12/19 起工
◎1944/2/13 進水、竣工
◎1944/2/4 艦種を機動砲艇(PGM-9)に改める


排水量:190t 全長:45.72m 幅:7.31m 吃水:2.62m(平均、満載時) 主機/軸数:ディーゼル機関/2軸 速力:15.0kt 兵装:50口径76o砲1基
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
PC-509 Herreshoff Manufacturing Co. 1941/12/27 1944/9 1944/10/14 ◎1940/10/7 1929年建造のHarold Stirling "Mike" VanderbiltのヨットVaraを取得し、ニュー・ヨーク海軍工廠で駆潜艇(鋼製船体)に改装
◎1943/7/15 艦種を沿岸哨戒ヨット(PYc-51)に改め、ヴァリアント Valiantと命名


※データは港内哨戒艇YP-105の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
PC-510 コンソリデーテッド・シップビルディング社 ◎1940/10/18 1927年建造のヨットSybaritaを取得し、駆潜艇(鋼製船体)に改装
◎1941/9/22(1941/10/8?) 艦種を港内哨戒艇(YP-105)に改める


Update 17/01/06