PYc
沿岸哨戒ヨット


排水量:104t 全長:29.26m 幅:5.18m 吃水:2.31m 主機/軸数:ガソリン機関/1軸 出力:600馬力 速力:14.0kt 乗員:32名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
エメラルド Emerald PYc-1 コンソリデーテッド・シップビルディング社 1940/12/27 1942/8/11 ◎1940/10/25 1922年建造のヨットSavitarを取得し改装
◎1945/11/13 海事委員会に移管


排水量:500t 全長:50.41m 幅:7.68m 吃水:3.65m 主機/軸数:クーパー・ビッセマー式ディーゼル2基/2軸 出力:250馬力 速力:13.5kt 兵装:50口径76o単装砲2基、両舷爆雷投射機(Y砲)、爆雷投下軌条2条 乗員:59名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サファイア Sapphire PYc-2 ジョージ・ローリー&サンズ社 1941/6/6 1945/10/29 1946/11/13 ◎1940/11/1 QuonsetのLeon MandelのヨットComoco(後にMargoと改名、後にBuccaneerと改名)を取得し、ボストンで改装
◎1946/9/3 海事委員会に移管


排水量:525t 全長:44.80m 幅:7.04m 吃水:3.35m 出力:250馬力 速力:14.5kt 兵装:50口径76o単装砲1基 乗員:46名
↑Amethyst (PYc-3). c. 1943. Image courtesy of NavSource.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考 沿岸
警備隊員が
乗員していた
期間
アメジスト Amethyst PYc-3 クレイグ・シップビルディング社 1941/2/22 1946/2/27 ◎1940/9/4 ヨットSomonaUを取得し、改装
◎1944/2/2 退役
◎1944/4/19 再役、乗員が沿岸警備隊員
1944/3/10〜1946/2/27


排水量:168t 全長:30.54m 幅:6.40m 吃水:3.41m 主機/軸数:Winton式ディーゼル/1軸 出力:600馬力 速力:11.8kt 兵装:23口径76o砲2基(1ポンド砲1基ともいわれる)、7.62o機銃2基、爆雷投射機
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
アゲイト
12
Agate PYc-4 Mathis Yacht Building Co. 1941/1/31 1944/9/29 ◎1940/11/23 改装中止、艦種を沿岸哨戒ヨット(PYc-4)に改める
◎1940/12/20 NeponsetのGeorge Lawley & Sons Corp. で沿岸哨戒ヨットに改装、アゲイトと改名
◎チャールズタウン海軍工廠にて就役
◎1945/7/3 海事委員会に移管


※データは港内哨戒艇YP-261の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
サード
12
Sard PYc-23 George Lawley & Son 1944/7/29 ◎1938 1922年起工のニュー・ヨークの資本家Bertram Harold BordenのヨットAlida(1927年にニュー・ヨークのJames Cox Bradyに売却されVictoria Maryと改名、1929年にニュー・ヨークのGordon Marine Corp. に売却、1935年にAll Aloneと改名)を海洋検査局(Navigation of Bureau of Commerce)が運航、ナヴィゲーション Navigationと改名
◎1942/1/19 海軍に移管、艦種を沿岸哨戒ヨット(PYc-23)に改める
◎1942/1/22 BerkeleyのColonna's Shipyard, Inc. で沿岸哨戒ヨットに改装(〜1942/4/6)
◎1942/1/27 サード Sardと改名
◎1942/3/27 艦種を港内哨戒艇(YP-261)に改める、サードという艦名をとる(改装作業中、軽い構造であることが判明し、外洋での作業には適してい事が判明した為)


満載排水量:360t 全長:55.77m 幅:6.88m 吃水:2.95m 主機/軸数:フェアバンクスモース式モデル37D14ディーゼル1基/1軸 出力:805馬力 速力:13.5kt 兵装:76o砲1基、12.7o機銃4基、爆雷投下軌条2条 乗員:40名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
フェナカイト Phenakite PYc-25 Pusey & Jones Co. 1942/7/1 1944/11/17 1946/2/7 ◎フェナサイトともいわれる
◎1942/2/17 再取得し、シティ・アイランドのRobert Jacobs, Inc. で沿岸哨戒ヨットに改装、艦種を沿岸哨戒ヨット(PYc-25)に改める
◎1942/3/3 フェナカイトと改名
◎退役後、Tompkinsvilleにて運用開始、Flushing BayのNaval Reserve Midshipment Training Schoolの練習船となる(〜1945/8/20)
◎1945/10/2 Tompkinsvilleにて運用終了
◎1945/11/8 海事委員会に移管
◎1945/12/29 前の持ち主に返却されサッチェムと改名
◎後にニュー・ヨークのCircle Lineに売却されSightseerと改名
◎後にCircle Line Vと改名
◎1984 解体のため売却といわれる(2007年にケンタッキー州Ohio Riverにて目撃されている)


※データは雑役船YAG-14の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ツーリスト Tourist PYc-32 George Lawley & Son ◎1943/3/23 再取得し、艦種を沿岸哨戒ヨット(PYc-32)に改めるも就役せず
◎1942/5/18 前の持ち主に返却
◎1943/8/7 再取得し、スタテン・アイランドのFrank McWilliams shipyardで雑役船に改装、艦種を雑役船(YAG-14)に改める


※データは雑役船パレスの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
パレス Palace PYc-33 Delaware River Shipbuilding & Engine Works 1943/4/12 1944/6/6 1944/6/9 ◎1943/3/23 1899年建造のWeehawkenのWilliam B. Balettiの蒸気客船Idalia(後にMalay IIと改名、後にパレスと改名)を取得
◎1942/4/8 艦種を沿岸哨戒ヨット(PYc-33)に改める
◎1942/5/18 前の持ち主に返却
◎1942/8/7 再取得
◎1942/8/13 艦種を雑役船(YAG-13)に改める


※データは沿岸ヨットベッドフォードの項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
パーセヴェランス
1234
Perseverance PYc-44 George Lawley & Sons Corp. 1943/3/1 1945/4/18 1945/5/19 ◎1943/1/22 海軍に移管、モービルのアラバマ・ドライ・ドック&シップビルディング社で沿岸哨戒ヨットに改装、艦種を沿岸哨戒ヨット(PYc-44)に改め、パーセヴェランスと改名
◎除籍後、海事委員会に移管
◎1946 国務省に移管、後に諸外国に売却


※データは駆潜艇PC-454の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
インペトゥアス
12
Impetuous PYc-46 Robert Jacob, Inc. 1917/5/14 1944/9/27 1944/10/14 ◎1943/7/15 艦種を沿岸哨戒ヨット(PYc-46)に改め、インペトゥアスと命名
◎除籍後、War Shipping Administrationに移管
◎1945/6/14 売却


※データは駆潜艇PC-460の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
スターディ Sturdy PYc-50 コンソリデーテッド・シップビルディング社 1940/10/16 1944/11/20 1944/11/27 ◎1943/7/15 艦種を沿岸哨戒ヨット(PYc-50)に改め、スターディと命名
◎除籍後、海事委員会に移管


※データは駆潜艇PC-509の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ヴァリアント Valiant PYc-51 Herreshoff Manufacturing Co. 1941/12/27 1944/9 1944/10/14 ◎1943/7/15 艦種を沿岸哨戒ヨット(PYc-51)に改め、ヴァリアントと命名
◎除籍後、War Shipping Administrationに移管
◎1945/6/15 売却


Update 17/04/22