DD
駆逐艦


軽荷排水量:1,620t  満載排水量:2,000t 全長:106.17m 幅:11.00m 吃水:4.01m 主缶:バブコック&ウィルコックス式水管缶(重油専焼)4基(DD-425、DD-427、DD-428はフォスターホイーラー式水管缶(重油専焼)) 主機/軸数:ウェスティングハウス式オール・ギアード蒸気タービン2基/2軸 出力(計画):50,000馬力 速力(計画):35.0kt 燃料搭載量(計画):重油500t 航続力(計画):12ktで6,500浬(戦時は12ktで5,580浬、20ktで3,880浬) 兵装:38口径127o単装両用砲4基、28o4連装機銃1基、12.7o単装機銃10基、533o5連装魚雷発射管2基(DD-459以降は38口径127o単装両用砲5基、12.7o単装機銃10基、533o5連装魚雷発射管1基に改正、後期艦はさらに機銃兵装を40o連装機銃2基、20o機銃4基〜7基に増強)、爆雷投射機1基、爆雷投下軌条2条、爆雷22個 乗員:191名
※同じギブス&コックス社製の図面によったため、本級のDD-423、DD-424とリヴァモア級を一緒にしてグリーヴス級ともいわれる
※メジャー迷彩(アメリカ海軍歴史センターのサイトから、12345678910111213
↑ベンソン級駆逐艦(戦前時)
↑ベンソン級駆逐艦グリーヴス(DD-423、1944年時)
↑USS Farenholt (DD-491). Comes alongside USS Wasp (CV-7) to receive supplies, during operations in the south Pacific, 24 August 1942. Note her camouflage scheme. Official U.S. Navy Photograph, now in the collections of the National Archives.
1941年7月のScheme A案
基準排水量:1,810t
↑"Scheme "A" - Destroyer Study." Preliminary design plan prepared for the General Board during consideration of updated versions of the Benson and Gleaves classes for further production during World War II. This plan, dated July 1941, provides a pair of twin 40mm anti-aircraft guns, while retaining two banks of five 21-inch torpedo tubes. Standard displacement of the ship is 1,810 tons, an increase of some 190 tons over the original DD-421 class. Scale of the original drawings is 1/16" = 1'. The original plan is in the 1939-1944 "Spring Styles Book" held by the Naval Historical Center. U.S. Naval Historical Center Photograph.
1941年7月のScheme A-I案
基準排水量:1,795t
↑"Scheme "A-I" - Destroyer Study." Preliminary design plan prepared for the General Board during consideration of updated versions of the Benson and Gleaves classes for further production during World War II. This plan, dated July 1941, provides a pair of twin 40mm anti-aircraft guns in an arrangement intended to reduce crowding, with somewhat increased space between the after 5"/38 gun mounts. Searchlights are also located separately, one on each smokestack. Only one bank of five 21-inch torpedo tubes is fitted, but a pair of single 20mm guns is installed to provide close-in anti-aircraft fire forward. Standard displacement of the ship is 1,795 tons, an increase of some 175 tons over the original DD-421 class. Scale of the original drawings is 1/16" = 1'. The original plan is in the 1939-1944 "Spring Styles Book" held by the Naval Historical Center. U.S. Naval Historical Center Photograph.

↑Image courtesy of Shipbucket.
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ベンソン Benson DD-421 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1940/7/25 1946/3/18 1974/11/1 ◎1946/3/18 予備役に編入
◎1954/2/25 台湾に譲渡されLo Yangと改名
◎1975 除籍、解体のため売却
メイヨー Mayo DD-422 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1940/9/18 1946/3/18 1972/12/1 ◎1946/3/18 予備役に編入
◎1972/5/8 解体のため売却
グリーヴス Gleaves DD-423 バス鉄工所 1940/6/14 1946/5/8 1969/11/1 ◎1946/5/8 予備役に編入
◎1972/6/29 解体のため売却
ニブラック Niblack DD-424 バス鉄工所 1940/8/1 1946/6 1968/7/31 ◎1946/6 予備役に編入
◎1973/8/16 解体のため売却
マディソン Madison DD-425 チャールズタウン海軍工廠 1940/8/6 1946/3/13 1969/6/1 ◎1946/3/13 予備役に編入
◎1969/10/14 フロリダ南東沖にて標的として沈没
ランスデイル Lansdale DD-426 チャールズタウン海軍工廠 1940/9/17 1944/4/20 アルジェリアにてドイツ空軍機の攻撃により沈没
ヒラリー P. ジョーンズ Hilary P. Jones DD-427 チャールストン海軍工廠 1940/9/6 1947/2/6 1974/11/1 ◎1947/2/6 予備役に編入
◎1954/2/26 台湾に譲渡されHan Yang(DD-15)と改名
◎1975 除籍、後に解体のため売却
チャールズ F. ヒューズ Charles F. Hughes DD-428 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1940/9/5 1946/3/18 1969/6/1 ◎1946/3/18 予備役に編入
◎1969/3/26 ヴァージニア沖にて標的として沈没
ラフェー Laffey DD-459 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1942/3/31 1942/11/13 第三次ソロモン海戦にて日本海軍戦艦比叡の砲撃により沈没
ウッドワース Woodworth DD-460 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1942/4/30 1951/1/14 1951/1/22 ◎1946/4/11 予備役に編入
◎1950/11/22 再役
◎1951/1/14 イタリアに譲渡
◎1951/6/11 Artigilere(D553)と改名
◎1971/1 除籍、解体のため売却
ファーレンホルト Farenholt DD-491 ベスレヘム・スチール社スタテン・アイランド造船所 1942/4/2 1946/4/26 1971/6/1 ◎1946/4/26 予備役に編入
◎1972/11/22 解体のため売却
ベイリー Bailey DD-492 ベスレヘム・スチール社スタテン・アイランド造船所 1942/5/11 1946/5/2 1968/6/1 ◎1946/5/2 予備役に編入
◎1969/11/4 解体のため売却
バンクロフト Bancroft DD-598 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1942/4/30 1946/2/1 1971/6/1 ◎1946/2/1 予備役に編入
◎1973/3/16 解体のため売却
バートン Barton DD-599 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1942/5/29 1942/11/13 第三次ソロモン海戦にて日本海軍駆逐艦天津風の砲雷撃により沈没
ボイル Boyle DD-600 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1942/8/15 1946/3/29 1971/6/1 ◎1946/3/29 予備役に編入
◎1973/5/3 フロリダ沖にて標的として沈没
チャンプリン
12
Champlin DD-601 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1942/9/12 1947/1/31 1971/1/2 ◎1947/1/31 予備役に編入
◎1972/5/8 解体のため売却
ミード Meade DD-602 ベスレヘム・スチール社スタテン・アイランド造船所 1942/6/22 1946/6/17 1971/1/1 ◎1946/6/17 予備役に編入
◎1973/2/18 フロリダ沖にて標的として沈没
マーフィ Murphy DD-603 ベスレヘム・スチール社スタテン・アイランド造船所 1942/7/27 1946/3/9 1970/11/1 ◎1946/3/9 予備役に編入
◎1972/10/6 解体のため売却
パーカー Parker DD-604 ベスレヘム・スチール社スタテン・アイランド造船所 1942/8/31 1947/1/31 1971/7/1 ◎1947/1/31 予備役に編入
◎1973/5/25 解体のため売却
コールドウェル Caldwell DD-605 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1942/6/10 1946/4/16 1965/5/1 ◎1946/4/16 予備役に編入
◎1966/11/4 解体のため売却
コグラン Coghlan DD-606 ベスレヘム・シップビルディング社サン・フランシスコ造船所 1942/7/10 1947/3/31 1971/7/1 ◎1947/3/31 予備役に編入
◎1974/6/12 解体のため売却
フレイジア Frazier DD-607 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1942/7/30 1946/4/14 1971/7/1 ◎1946/4/14 予備役に編入
◎1972/10/6 解体のため売却
ガンスヴォールト Gansevoort DD-608 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1942/8/25 1946/2/1 1971/7/1 ◎1946/2/1 予備役に編入
◎1972/3/23 フロリダ沖にて標的として沈没
ギルスピー Gillespie DD-609 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1942/9/18 1946/4/17 1971/7/1 ◎1946/4/17 予備役に編入
◎1973/7/16 プエルト・リコ沖にて標的として沈没
ホビー Hobby DD-610 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1942/11/18 1946/2/1 1971/7/1 ◎1946/2/1 予備役に編入
◎1972/6/28 サウス・カロライナ沖にて標的として沈没
カーク Kalk DD-611 ベスレヘム・スチール社サン・フランシスコ造船所 1942/10/17 1946/5/3 1968/6/1 ◎1946/5/3 予備役に編入
◎1969/3/20 フロリダ沖にて標的として沈没
ケンドリック Kendrick DD-612 ベスレヘム・スチール社サン・ペドロ造船所 1942/9/12 1947/3/31 1966/5/1 ◎1947/3/31 予備役に編入
◎1968/3/2 キー・ウェスト沖にて標的として沈没
ローブ Laub DD-613 ベスレヘム・スチール社サン・ペドロ造船所 1942/10/24 1946/2/2 1971/7/1 1944/5/22 アンツィオにて軽巡洋艦フィラデルフィア Philadelphia(CL-41)と衝突し損傷
◎1946/2/2 予備役に編入
◎1975/1/14 解体のため売却
マッケンジー Mackenzie DD-614 ベスレヘム・スチール社サン・ペドロ造船所 1942/11/21 1946/2/4 1971/7/1 ◎1946/1 予備役に編入
◎1974/5/6 フロリダ沖にて標的として沈没
マクラナハン McLanahan DD-615 ベスレヘム・スチール社サン・ペドロ造船所 1942/12/19 1946/2/2 1971/7/1 ◎1946/2/2 予備役に編入
◎1974/6/1 解体のため売却
ニールズ Nields DD-616 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/1/15 1946/3/26 1970/9/15 ◎1946/3/26 予備役に編入
◎1972/5/8 解体のため売却
オードノー Ordronaux DD-617 ベスレヘム・スチール社クインシー造船所 1943/2/13 1947/1 1971/7/1 ◎1947/1 予備役に編入
◎1973/3/16 解体のため売却


Update 17/07/02