爆雷投射/投下兵器、対潜ロケット弾
DEPTH CHARGES、DEPTH CHARGE RACKS、DEPTH CHARGE PROJECTORS、AHEAD−THROWING WEAPON PROJECTORS、ASW ROCKET LAUNCHERS


※アメリカ海軍最初の爆雷。頭部の十字型の穴にクランク状のハンドルを差し込んで回し爆発する深度を設定。形状から“ゴミ缶(ashcan)”と呼ばれる。以後これがドラム缶型爆雷の通称となる。まだ専用の投下装置は無く、乗員が艦尾から海面めがけて放り投げるシステムだった。Mkk. 1は信頼性がイマイチで威力も不足していたので、第一次大戦参戦前後にイギリス海軍のType D爆雷を国産化したMk. 2に移行していく

↑Mark I depth charge. In the left photograph, the sailor is adjusting the depth setting. Image courtesy of NavWeaps.
名称 NAME 重量 弾頭 沈下速度
終末速度
設定深度 備考
Mk. 1 Mk. 1 45.35s 10.43s wet gun-cotton(?) 7.62m〜30.48m ◎1916年設計、1917年2月運用開始
◎フロート雷管を使用


名称 NAME 重量 弾頭 沈下速度
終末速度
設定深度 備考
Mk. 2 Mk. 2 190.50s 136.07s TNT 秒速1.82m 15.24m〜60.96m ◎より原始的なヒューズ・メカミズムを使用したイギリス製Type D爆雷の改良型を使用


名称 NAME 重量 弾頭 沈下速度
終末速度
設定深度 備考
Mk. 3 Mk. 3 190.50s 136.07s TNT 秒速1.82m 15.24m〜91.44m ◎Mk. 2の深深度型


名称 NAME 重量 弾頭 沈下速度
終末速度
設定深度 備考
Mk. 4 Mk. 4 337.92s 272.15s TNT 秒速1.82m 15.24m〜91.44m ◎1918年運用


名称 NAME 重量 弾頭 沈下速度
終末速度
設定深度 備考
Mk. 5 Mk. 5 ◎1921年設計
◎結局は使用されず


名称 NAME 重量 弾頭 沈下速度
終末速度
設定深度 備考
Mk. 6 Mk. 6 190.50s 136.07s TNT 秒速2.43m 15.24m〜91.44m ◎1937年設計、1938年運用
◎Mk. 3の再設計型で第二次大戦初期に使用
◎信管は水圧式
◎後期型の沈下速度は秒速3.65m、設定深度は182.88mまで設定可能


名称 NAME 重量 弾頭 沈下速度
終末速度
設定深度 備考
Mk. 7 Mk. 7 337.96s 272.15s TNT 秒速1.82m 15.24m〜91.44m ◎1937年設計、1938年運用
◎Mk. 4の再設計型で第二次大戦初期に使用
◎1942年8月に登場してMod. 1は設定深度は182.88mまで設定可能。後期型の沈下速度は秒速3.96m


名称 NAME 重量 弾頭 沈下速度
終末速度
設定深度 備考
Mk. 8 Mk. 8 238.13s 122.46s TNT 秒速3.50m 15.24m〜152.40m ◎1941年設計、1943年運用
◎magnetic pistolを使用した最初の爆雷


↑Mark 9 Depth Charge on USS Cassin Young (DD-793) Note rings meant to fit standard DC racks. Photograph copyrighted by Alan Raven. Image courtesy of NavWeaps.
名称 NAME 重量 弾頭 沈下速度
終末速度
設定深度 備考
Mk. 9 Mk. 9 91.71s Torpex 秒速6.91m 15.24m〜91.44mまたは182.88m ◎1941年設計、1943年運用
◎第二次大戦後半の主力爆雷
◎信管は水圧式
◎いくつかの後期型では設定深度は304.80mまで設定可能


名称 NAME 重量 弾頭 沈下速度
終末速度
設定深度 備考
Mk. 10 Mk. 10 13.15s 11.33s Torpex 秒速1.37m 7.62m、15.24m、22.86mまたは30.48m ◎1942年設計、1944年運用
◎フロッグメンと小型潜航艇用に開発
◎少数生産


Update 19/08/15