主力艦用副砲/巡洋艦・駆逐艦用主砲
CAPITAL SHIP SECONDARY
&CRUISER/DESTROYER MAIN RIFLES


↑Image courtesy of Shipbucket.
※砲は4in(102o)/40口径砲Mk. 1、Mk. 3、Mk. 4、Mk. 5、Mk. 6と呼称
名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
4インチ砲 4in 101.6o 40口径 14.96s
(AP)
14.96s
(Common)
2.19s
(SP or SPD)
610m/秒 8発〜9発/分 10,515m
(仰角31.2度、14.96s HE)
約-150度〜+150度 -15度〜+20度 4.19t
(Mk. 2、Central Pivot)
4.11t
(Mk. 3、Central Pivot)
3.49t〜3.90t
(Mks. 4 to 7、Pedestal)
◎1892年頃設計、1897年運用


※砲は4in(102o)/50口径砲Mk. 7、Mk. 8、Mk. 9、Mk. 10と呼称
名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
4インチ砲 4in 101.6o 50口径 14.96s
(Common Mk. 6 Mod. 6)
14.96s
(S. P. Common Mk. 16 Mods. 1 and 2)
14.96s
(H. C. Mk. 15 Mod. 1)
15.42s
(EX 2 Mods. 0 and 1)
15.72s
(Illum Mk. 14 Mods. 1 through 6)
6.57s
(SPD 058)
6.80s
(SPD or SPDN)
6.80s
(Flashless、SPDF)
762m/秒
(Mk. 7)
853m/秒
(Mk. 8)
884m/秒
(Mk. 9)
8発〜9発/分 14,557m
(仰角20度、14.96s AP)
約-150度〜+150度 -15度〜+20度 4.53t〜5.63t
(Mk. 12)
9.41t
(Mk. 14)
◎1898年設計
(Mk. 7)
◎1905年頃設計
(Mk. 8)
◎1910年頃設計
(Mk. 9)
◎1914年設計
(Mk. 10)
◎1898年運用
(Mk. 7)
◎1906年運用?
(Mk. 8)
◎1914年運用
(Mk. 9)
◎運用されず
(Mk. 10)


名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
4.7インチ砲Mk. 3 4.7in Mk. 3 119.3o 50口径 20.41s
(Common, AP, HE, CP, Shrapnel)
675m/秒 5発〜6発/分 9,052m
(仰角20度、14.96s HE)
-3度〜+20度 約8.00t
(Single CP type Mounts)
◎1895年頃設計、1898年運用
防護巡洋艦ニュー・オーリンズ級に搭載


名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
5インチ砲Mk. 1 5in Mk. 1 127o 31口径 22.67s
(AP)
4.53s 701m/秒 6発/分 14,630m
(仰角30度)
-150度〜+150度 ◎1885年頃設計、1886年運用


※砲は5in(127o)/40口径砲Mk. 2、Mk. 3、Mk. 4と呼称
名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
5インチ砲 5in 127o 40口径 22.67s
(AP)
4.53s
(SP or SPD)
701m/秒 12発/分 14,630m
(仰角30度)
-150度〜+150度 6.44t
(Mk. 2、Center-pivot)
3.56t
(Mk. 3、Center-pivot)
6.57t
(Mk. 5、Mk. 6、Mk. 7、Mk. 8、Pedestal Mount)
◎1890年頃設計、1895年運用


※砲は5in(127o)/50口径砲Mk. 5、Mk. 6と呼称
名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
5インチ砲 5in 127o 50口径 22.67s
(AP)
27.21s
(AP)
22.67s
(Common Mk. 15 Mods. 1 through 14)
9.52s
(SPD or SPDN、22.67sAP)
8.70s
(SPD or SPDN、27.21sAP)
914m/秒
(22.67sAP)
823m/秒
(27.21sAP)
6発〜8発/分 17,373m
(仰角25.3度、22.67s AP)
約-150度〜+150度 -10度〜+15度
(Mk. 9)
-10度〜+25度
(Mk. 12)
9.25t(Mk. 9)
8.48t(Mk. 12)
◎1900年頃設計、1904年運用


※砲は5in(127o)/51口径砲Mk. 7、Mk. 8、Mk. 9、Mk. 14、Mk. 15と呼称
名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
5インチ砲 5in 127o 51口径 22.67s
(AP)
22.67s
(Common Mk. 15 Mods. 1 through 14)
22.67s
(HC Mk. 39 Mods. 1 and 2)
25.02s
(AAC Mk. 35 Mods. 1 through 12)
25.02s
(VT AA Mk. 35 Mods. 2 and 4)
24.72s
(Illum Mk. 25 Mod. 2)
11.11s
(SPD、World War I)
11.33s
(Full Charge、SPD or SPDN、World War II)
9.97s
(Full Charge for AAC and AAVT only、SPD or SPDN、World War II)
11.79s
(Full Flashless Charge、SPDF、World War II)
7.03s
(Reduced Charge、SPD or SPDN、World War II)
7.03s
(Reduced Flashless Charge、SPDF、World War II)
960m/秒
(Full Charge - New Gun、All except AAC)
792m/秒
(Full Charge - New Gun、AAC and AAVT)
701m/秒
(Reduced Charge - New Gun)
8発〜9発/分 17,190m
(仰角25度、22.67s AP)
約-150度〜+150度 -10度〜+15度
(P13 Early Versions)
-10度〜+20度
(P13 Later Versions)
-8.5度〜+25度
(Mk. 18)
9.25t
(P13)
9.25t
(P15)
8.48t
(Mk. 18)
◎1910年頃設計、1911年運用


※砲は5in(127o)/25口径砲Mk. 10、Mk. 11、Mk. 13と呼称
名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
5インチ砲 5in 127o 25口径 24.42s
(HC Mk. 36)
24.49s
(AAC Mk. 28 Mods. 1 to 8)
24.42s
(AAC Mk. 36)
23.45s
(VT AAC Mk. 28 Mod. 9)
24.49s
(VT AAC Mk. 36 Mods. 2 and 4)
24.72s
(Illum Mk. 25 Mod. 2)
24.33s
(Illum Mk. 27 Mods. 1 to 4)
24.72s
(Illum Mk. 27 Mods. 5 to 10)
24.72s
(Illum Mk. 45 Mod. 0)
4.35s
(SPD or SPDN)
657m/秒 15発〜20発/分 13,258m
(仰角45度、22.67s HE)
8,351m
(仰角85度、22.67s HE、AA Ceiling)
-150度〜+150度
-158度〜+158度
(Mk. 40)
-15度〜+85度
(Mks. 17, 19, 23 and 27)
-10度〜+85度
(Mk. 19 mods. 24, 25 and 26)
-10度〜+40度
(Mk. 40)
9.82t
(Mk. 23)
10.55t
(Mk. 27)
5.71t〜6.35t
(Mk. 40)
◎1921年設計、1926年運用


※砲塔は単装露天砲架のMk. 21、Mk. 21 Mod. 16、Mk. 24、Mk. 24 Mod. 1、Mk. 24 Mod. 2、Mk. 24 Mod. 11、Mk. 30 Mod. 1、Mk. 30 Mod. 80、単装砲塔のMk. 25、Mk. 30 Mod. 0、Mk. 30 Mod. 2、Mk. 30 Mod. 4、Mk. 30 Mod. 5、Mk. 30 Mod. 42、連装砲塔のMk. 22、Mk. 28 Mod. 0、Mk. 28 Mod. 2、Mk. 29、Mk. 32 Mod. 0、Mk. 32 Mod. 2、Mk. 32 Mod. 4、Mk. 38
名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
5インチ砲Mk. 12 5in Mk. 12 127o 38口径 25.02s
(AAC Mk. 34 Mod. 10)
25.02s
(AAC Mk. 35 Mods. 1 to 12)
25.02s
(AAC Mk. 47 Mods. 0 and 1)
25.02s
(AAC Mk. 49)
25.02s
(AAC Mk. 52)
25.02s
(AAC Mk. 56)
24.49s
(Common Mk. 32 Mods. 1 to 4)
25.00s
(AAVT Mk. 31 Mods. 1 to 11)
25.02s
(Special Common Mk. 38 Mods. 1, 2 and 3)
25.02s
(Special Common Mk. 46 Mods. 1 and 2)
24.63s
(RAP Mk. 57)
24.67s
(Illum Mks. 27, 30, 44 and 45)
24.04s
(WP Mk. 46)
25.08s
(Chaff Mk. 78)
6.89s〜7.03s
(Full Charge、SPD or SPDN D272)
7.80s
(Full Charge、Universal D264)
7.25s
(Full Flashless Charge、SPDF D274)
1.63s
(Reduced Charge、SPDN D282)
792m/秒
(Full Charge - New gun)
12発〜15発/分(Pedestal and other mounts lacking integral hoists) 15,903m
(仰角45度、AAC Mk. 49)
16,070m
(仰角45度、WP Mk. 46)
-150度〜+150度(戦艦、巡洋艦、艦首や艦尾寄りの砲塔)
-80度〜+80度(戦艦、巡洋艦、舷側の砲塔)
284度(駆逐艦)
-15度〜+85度 13.27t
(Mk. 21単装砲塔)
15.19t
(Mk. 30 Mod. 1単装砲塔)
19.05t〜20.36t
(Mk. 25単装砲塔)
34.13t
(Mk. 22 Mod. 0連装砲塔)
77.39t
(Mk. 28 Mod. 2連装砲塔)
◎1932年頃設計、1934年運用


↑Newport News (CA-148). The main deck strewn with empth 8-inch powder casings in December 1967. These cartridges required no further human handling once they were put into the ammunition hoists from the magazines. Spent casings were ejected from the open port below each gun. Image courtesy of NavSource.
名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
8インチ砲Mk. 16 8in Mk. 16 203.2o 55口径 151.95s
(AP (Super Heavy) Mk. 21 Mods. 1 to 5)
117.93s
(HC Mk. 24 Mods 1 to 5)
117.93s
(HC Mk. 25 Mod. 1)
34.92s
(Full Charge SPD or SPDN)
37.19s
(Full Flashless Charge SPCG)
762m/秒
(AP)
822m/秒
(HC)
10発/分 27,477m
(仰角41度、AP)
27,249m
(仰角41度、HC)
-150度〜+150度 -5度〜+41度 451t ◎1943年設計、1948年運用、3連装砲
重巡洋艦デ・モイン級に搭載


※ボフォース社製
※砲は8in(203o)砲Mk. 28またはMk. 32と呼称され、軽量砲架に搭載されて55口径8in砲塔Mk. 71として制式
駆逐艦ハル Hull DD-945は1975年〜1979年に前部127o単装両用砲を、203oMk. 71単装軽量自動砲に換装して洋上評価試験を行ったが、試験は1970年代末期の国防費削減の結果として、1978年においてキャンセルされた
↑USS Hull (DD-945). The destroyer's 8"/55 Mark 71 Major Caliber Lightweight Gun is test fired off San Clemente Island, California, 17 September 1975. Photographed by Photographer's Mate 1st Class Carl R. Begy. Official U.S. Navy Photograph, from the collections of the Naval Historical Center.
↑USS Hull (DD-945). Crewmen give the ship a fresh-water washdown, during operations off the Southern California Coast, 16 September 1975. Hull's experimental 8"/55 Mark 71 Major Caliber Lightweight Gun is receiving the hose man's attention in this view. Photographed by Photographer's Mate 1st Class Carl R. Begy. Official U.S. Navy Photograph, from the collections of the Naval Historical Center.
名称 NAME 口径 砲身長 砲弾
重量
装薬
重量
初速 発射
速度
射程 旋回
範囲
俯仰
範囲
砲塔
旋回部
重量
備考
8インチ砲Mk. 71
12
8in Mk. 71 203.2o 55口径 117.93s
(HC Mk. 25)
108.86s
(New design projectiles)
37.64s
(NC)
807m/秒
(HC Mk. 25)
899m/秒
(New design projectiles)
12発/分 29,260m
(仰角41度、HC Mk. 25)
-160度〜+160度 -5度〜+65度 78.42t
(旋回部のみ。弾薬を含めない全体重量は101.81t)
◎1971年設計、1975年運用、単装砲
駆逐艦フォレスト・シャーマン級ハル Hull(DD-945)に搭載


Update 17/10/31