ATO
旧型航洋曳船

※この艦種記号は、当初はAT(O)だったが後にATOと変更される
※データは航洋曳船ソノマ級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ソノマ Sonoma ATO-12 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1912/9/6 1944/11/27 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-12)に改める
◎1944/7中旬 Milne Bayにて修理
1944/9中旬 クランクシャフトを故障、Gila Bayにて修理
◎1944/9下旬  ニュー・ギニア島西部のフンボルト湾にて修理改装
1944/10/24 サン・ペドロ湾にて日本軍の特攻機の攻撃により沈没
オンタリオ Ontario ATO-13 ニュー・ヨーク・シップビルディング社 1912/9/4 1946/6/3 1946/6/19 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-13)に改める
◎1947/4/4 ウィルミントンのFloyd Harringtonに売却


※データは航洋曳船バガデュース級の項を参照
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
バガデュース
12
Bagaduce ATO-21 Ferguson Steel & Iron Company
(Ferguson Steel & Iron Works?)
1919/9/18 1946/6/22 1946/7/31 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-21)に改める
◎1947/1/9 海事委員会に移管
ATO-23 Ferguson Steel & Iron Company
(Ferguson Steel & Iron Works?)
ATO-24 Ferguson Steel & Iron Company
(Ferguson Steel & Iron Works?)
ATO-25 Ferguson Steel & Iron Company
(Ferguson Steel & Iron Works?)
ワンダンク
12
Wandank ATO-26 Ferguson Steel & Iron Company
(Ferguson Steel & Iron Works?)
1920/3/23 1946/9/20 1946/11/13 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-26)に改める
◎1947/7/17 海事委員会に移管
◎後にニュー・オーリンズのW. A. Bisso(New Orleans Coal & Bisso Towboat Co.)に売却され曳船W. A. Bissoとなる(〜1971)
ATO-27 海軍工廠ピュージェット・サウンド
ATO-28 海軍工廠ピュージェット・サウンド
ATO-29 海軍工廠ピュージェット・サウンド
ATO-30 海軍工廠ピュージェット・サウンド
ATO-33 海軍工廠ピュージェット・サウンド
ATO-34 スタテン・アイランド・シップビルディング社
ATO-37 スタテン・アイランド・シップビルディング社
ATO-38 スタテン・アイランド・シップビルディング社
ATO-39 スタテン・アイランド・シップビルディング社


排水量:1,350t 全長:57.25m 幅:10.85m 吃水:3.99m 主缶:バブコック&ウィルコックス缶(重油専焼)2基 主機/軸数:ニューポート・ニューズ・シップビルディング&ドライ・ドック式直立式三段膨張レシプロ蒸気機械1基(ATO-133、ATO-135〜ATO-142、ATO-145はハーラン&ホリングスワース式直立式三段膨張レシプロ蒸気機械1基、ATO-143、ATO-144はチェスター・シップビルディング式直立式三段膨張レシプロ蒸気機械1基)/1軸 出力(計画):1,400馬力 速力:11.8kt(ATO-133は11.5kt、ATO-135は12.3kt、ATO-136、ATO-137、ATO-145は11.2kt、ATO-139、ATO-169は13.0kt、ATO-141は12.6kt、ATO-142、ATO-143は12.0kt、ATO-144は12.4kt) 兵装:50口径76o単装両用砲1基、20o機銃4基(ATO-133、ATO-135、ATO-139、ATO-140、ATO-142〜ATO-144、ATO-169は50口径76o単装両用砲2基、ATO-136〜ATO-139、ATO-145は40o機銃1基) 乗員:75名
艦名 NAME 艦種記号 建造所 就役日 退役日 除籍日 備考
ボボリンク Bobolink ATO-131 ボルティモア・ドライ・ドック&シップビルディング社 1919/1/28 1946/2/22 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-131)に改める
◎1946/10/5 海事委員会に移管、売却
コルモラン Cormorant ATO-133 トッド・シップビルディング社 1919/5/15 1946/3/29 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-133)に改める
◎1944/9末? プリマスにてオーヴァーホール
◎1945/3 ノーフォークにてオーヴァーホール
◎1947/1/8 売却
キングフィッシャー Kingfisher ATO-135 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1918/5/27 1946/2/6 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-135)に改める
◎退役後、太平洋予備艦隊に編入
◎1947/6/3 海事委員会に移管、Suisun BayのM. E. Bakerに売却
オリオール Oriole ATO-136 スタテン・アイランド・シップビルディング社 1918/11/5 1946/2/6 1946/3/12 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-136)に改める
◎1947/1/6 海事委員会に移管、M. E. Bakerに売却
◎1947/1/8 Scow Bayにて引き渡され、商船となる
◎1952 解体のため売却
オウル Owl ATO-137 トッド・シップビルディング社 1918/7/11 1946/7/26 1946 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-137)に改める
◎1946/4 不活性化工事
◎1947/6/27 解体のため、NorlandのPacific Metal & Salvage Co. に売却
◎Normandy.
パートリッジ Partridge ATO-138 チェスター・シップビルディング社 1919/6/17 1944/7/29 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-138)に改める
1944/6/11 ノルマンディにてドイツ海軍Sボートの雷撃により沈没
◎Normandy.
レイル Rail ATO-139 海軍工廠ピュージェット・サウンド 1918/6/5 1946/4/29 1946/4/29 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-139)に改める
◎1945/2 Hollandiaにてオーヴァーホール
◎1947/1/19 海事委員会に移管
◎Leyte, Lingayen, Subic Bay.
ロビン Robin ATO-140 トッド・シップヤード社 1918/8/29 1945/11/9 1945/11/28 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-137)に改める
◎1945/4下旬 ロング・ビーチにてオーヴァーホール
シーガル Seagull ATO-141 Gas Engine & Power Co. 1919/3/6
(1919/3/7?)
1946/9/5 1946/10/15 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-141)に改める
◎1947/5/2 海事委員会に移管
ターン Tern ATO-142 Gas Engine & Power Co. 1919/5/17 1945/11/23 1945/12/5 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-142)に改める
◎1948 売却され商船となる
ターキー Turkey ATO-143 チェスター・シップビルディング社 1918/12/13 1945/11/6 1945/11/28 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-143)に改める
◎1944/8/29 マジュロにて工作艦エイジャックス Ajax(AR-6)によりオーヴァーホール(〜1944/9/2)
1944/11 航空母艦エセックス Essex(CV-9)の傍を航行中、エセックスのフライト・デッキのアンテナと接触し損傷(前檣が折れる)
◎1944/12 ウルシーにてオーヴァーホール
◎1945/1/9 入渠(〜1945/1/13)
◎1946/12/30 解体のため、サン・フランシスコのHawley Forge & Manufacturing Co. に売却
ヴィレオ Vireo ATO-144 フィラデルフィア海軍工廠 1919/10/16 1946/4/18 1946/5/8 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-144)に改める
◎1947/2/4 海事委員会に移管、売却
◎Solomons, Cape Sansapor, Leyte, Ormoc.
ウッドコック Woodcock ATO-145 チェスター・シップビルディング社 1919/2/19 1946/9/30 1947/4/23 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-145)に改める
◎1946/8/4 海事委員会に移管
◎1947/12/19 解体のため、Pope's CreekのPotomac Shipwrecking Co., Inc. に売却
ラーク Lark ATO-168 ボルティモア・ドライ・ドック&シップビルディング社 1919/4/12 1946/2/7 1946/7/3 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-168)に改める
◎1944/5下旬 ブリズベンにてオーヴァーホール、改装(〜1944/7上旬)
1944/10下旬? レイテにて台風によりスクリュー損傷、錨をなくす
◎1944/11上旬 Hollandiaの駆逐艦母艦ドビン Dobbin(AD-3)によりスクリュー交換工事
◎1947/1/15 海事委員会に移管
◎Leyte.
ウィップーアウィル Whippoorwill ATO-169 アラバマ・ドライ・ドック&シップビルディング社 1919/4/1 1946/4/17 1946/6/10 ◎1944/5/15 艦種を旧型航洋曳船(ATO-169)に改める
◎1946/11/5 海事委員会に移管


Update 17/05/14